出産前後の痔にはご注意!

来月、演歌を歌うのですが、その曲が「天城越え」で、とてもむずかしいですww

声を震わせたり、ためたり(?)・・・の仕方がわかりませんww

よろしければ、歌い方を教えてください!・・・歌い方が載っている本とかも知りたいです(あったらww)

よろしくお願いしますm(_ _)m

参考:

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

●カバー




天城越え 中森明菜さん

http://www.youtube.com/watch?v=nrpdqqll_gI
天城越え 坂本冬美

http://www.youtube.com/watch?v=lUjQfemXHjs
天城越え 田川寿美

http://www.youtube.com/watch?v=_Oogv3xBz6s
天城越え 島津亜矢

http://www.youtube.com/watch?v=RPVi-tGzC7o&featu …
本田美奈子が天城越え
    • good
    • 0

石川さゆりさん風に唄おうと思うととても難しいです。


「天城越え」をカバーされている歌手が何人かいらっしゃいます。アレンジなどは変えてありますが、その歌手らしい解釈、唄い方をされていて、参考になると思いますよ。
YouTubeで検索してみてください。

中森明菜さん風に唄えば唄いやすいかも。
小柳るみ子さん風に唄われるとスゴスギテ引くかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

参考にしてみますね!!

お礼日時:2011/08/14 21:42

そっか(^^♪あのね(^・^)ものまねで歌ってみて,聞いてあげる。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんww ネット上にあげることはできないのですが・・・。

お礼日時:2011/08/14 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男性が女性ヴォーカルの曲を歌う際のキーについて

男性が女性ヴォーカルの曲を歌う際に関してですが、僕は2~3程キーを下げて歌います。

しかし他の過去の質問を見るところによると、キーを上げて低く歌う方が大半のようです。

普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?

僕が他人とは違うだけなのでしょうか。

意味不明かもしれませんが、よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

>僕は2~3程キーを下げて歌います。
あなたは一般男性に比べ、相当に高い声の出る人です。
>僕が他人とは違うだけなのでしょうか。
上記のとおり、あなたは一般の人よりも上のほうに声域が広いので、「他人と違う」現象になっています。
>普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?
一般的には、そのとおりです。キーコンでプラス3~5にして「下のオクターブ」で歌います。
先生について習っている人なら、ほぼ100%そうしていると思います。
専門家は、見苦しい歌い方・聞き苦しい歌い方にならないことを第一にするので、上のとおりに指導すると思います。その上で個々の声域・力量に合わせて微調整すると思います。

男性と女性の声域の差は、およそ半音7ヶで、もちろん女性のほうが高いです。
キーは、12種類ありますが、それは階段のように上下に長くつながったものではなく、時計の文字盤のように、12進めば元に戻ります。
従って、高い声・低い声というはあっても、高いキー・低いキーというのは本来はありません。
12進めば元にもどりますから、現在12時に居るとして6時間進めば6時ですが、6時間戻っても6時です。同じ6時になるので、どちらに回っても良いのです。
そのためカラオケのキーコンは、プラス6、マイナス6までしかありませんし、それ以上は必要ありません。プラス7が欲しければ、マイナス5でよいし、プラス11が欲しければマイナス1で良いのです。
各々まったく同じキーになります。
男性が女性の歌を歌う場合は、キーを7段下げれば本来の声域と合致しますが、マイナス7というのは、キーコンにないので、プラス5にします。先ほど時計の文字盤で説明したとおり、7時間前と5時間先はどちらも「5時」の位置になるので、まったく同じキーになります。もちろん男性の場合は、プラス5にして「下のオクターブ」で歌います。これでキーが7段階下がったことになります。
しかし、もともと男性の歌でも、プロのキー(原曲キー)では高過ぎて歌えないというケースが多いので、同じ意味合いから、プラス5にせずにプラス3あたりに設定して下のオクターブで歌うのが良いのです。
弾き語りでギターをされるのなら、女性の歌を男性が歌う場合、左手の押さえ方を変えずに、カポを第5フレットに装着すれば良いのです。もちろん伴奏のギターの音は高くなりますが、声は1オクターブ落とします。これで気持ちよく歌えます。カラオケのキーコンとはギターのカポのことです。

>僕は2~3程キーを下げて歌います。
あなたは一般男性に比べ、相当に高い声の出る人です。
>僕が他人とは違うだけなのでしょうか。
上記のとおり、あなたは一般の人よりも上のほうに声域が広いので、「他人と違う」現象になっています。
>普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?
一般的には、そのとおりです。キーコンでプラス3~5にして「下のオクターブ」で歌います。
先生について習っている人なら、ほぼ100%そうしていると思います。
専門家は、見苦しい歌い方・聞き苦しい歌い方にならないこと...続きを読む

Q歌詞の内容の良い演歌の曲を教えてください。

はじめまして。40代女性です。
今まで洋楽やJPOPばかり聴いていて、演歌に全く興味がなかったのですが、最近演歌の良さに目覚めました。

ある機会があって、おじさんが「星影のワルツ」を朗々と歌っているのを耳にし、心にしみじみ伝わってくるものがありました。本当に心が癒されたというか、ぐっとくるものがあったのです。

あらためて歌詞を読んでみると、なんとすばらしい言葉が選ばれていることでしょうか!
何か短い歌詞の背景に物語が広がって見えるようでした。 演歌って、すばらしい。初めてなんです。こんな気持ちになったのって。

そこで、皆様にぜひ、歌詞のすばらしい演歌の曲を教えていただきたいと思います。
心にしみじみ伝わる歌詞、元気がでてくる歌詞、なぐさめてくれる歌詞、応援してくれる歌詞、
どんなものでも結構です。 老若男女どの世代の歌手でもいいです。おすすめの曲を教えてください。 どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ご存じない方はいないと思いますが、石川さゆりの「天城越え」が一推しです。
天城峠と言いますのは伊豆半島を南北に縦断する天城山麓にあり、昔は伊豆内陸部から対岸の人口密集地へ向かう商人などにとっては旅の難所でした。ところが、どうやらこの歌は逆コースであり、不倫の男女が天城を越えて人目に付かない山間の隠れ宿に逃げ延びるという話です。明治の時代に造られた天城隧道は、川端康成の「伊豆の踊り子」の舞台にもなっています。

余計なウンチクを並べましたが、良く知っている曲でも、そんな背景みたいなものも考えながら聴き直してみではどうでしょうか。この「天城越え」には、恐ろしいほどの女の情念が歌い込まれていると思います。
因みに、私は学生時代からロックやブルースのバンドをやっておりました。三十年も音楽を続けながら、演歌を理解できるようになったのは、恥ずかしながらつい最近です。

付録
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-23076.html

Qロック好きにも聴ける演歌!

自分はロックがすごい好きなんですけど、紅白歌合戦を見て石川さゆりさんの「天城越え」がすごい気に入ってしまいました。
前奏とか間奏でのギターの短いフレーズやら、石川さゆりさんの時に強く時に切ない感じの歌声やらが好きで、年が明けて早速ツタヤまで行って借りてきて、毎日のように聞いてます。

そこで思ったんですけど、このように「ロックが好きな人が聴きやすい感じの、カッコイイ演歌」って、他にあるんでしょうか。
演歌に詳しい方いらっしゃったら、ぜひ教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

石川さゆりさんの「天城越え」は名曲ですよねー!
私もロック(洋楽全般)好きですが、最近は
親の影響か隠れ演歌ファンになりつつあります。
「カッコイイ演歌」といえば、やっぱりサブちゃん
こと、北島三郎は外せないと思います(笑)
「北の漁場」「風雪ながれ旅」「まつり」なんか
どうでしょうかね。(^_^)
その他だと、欧陽菲菲の「雨の御堂筋」や
八代亜紀さん「舟歌」「おんな港町」
坂本冬美さん「あばれ太鼓」長山洋子さんの
「じょんから女節」…などもかっこいいと思います。
あまり気に入らなかったら、ごめんなさい。

Qどうもキーの理解ができません。

よくカラオケでキーが高いだの低いだのっていいますけど、なんかよく理解できません。
たとえはCメジャースケールから4度の音を半音上げてGメジャースケールにしたからって何が変わるがさっぱりわかりません。

また、なぜCの隣の調がC#やBではいけないのかも理解に苦しんでいます。
(導音がどうのとか全音半音がどうとか、って言うのがあるんでしょうか?)
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カラオケにおいてキーを変えるというのは、楽曲全体の音程を変えることになります。スケールがどうとかという問題はカラオケでは全く関係ないですし、一般の人はそんなこと気にしてません。
キー調整は歌いやすくするためだけにあると言って良いでしょう。

皆さんが歌うボーカルはキーによって音程が上下します。
キーが高いといわれている曲はいわゆるボーカルの音程が高いので声が出ず歌えないということになります。
そこでキーを下げれば今まで出なかった音程を出さずに自分の歌いやすい音程まで下がっているので楽に歌えるということです。

専門の知識が備わっている質問者さんには「キー」というワードが誤解を生んでいるのかもしれませんが、CメジャーとかGメジャーという意識は捨ててください。

例えば、低いドから高いソ(鍵盤で言えば、ドから数えて二回目のソ)までの音域をボーカルが使う曲があったとします。
しかし、カラオケでその歌を歌う自分は高いソが出ないとします。 でも自分が高いミまでなら出せるとしたら、その高いソがミなら歌えるわけですよね。
この場合カラオケではキーの♭のボタンを3回押せばソはミになり、もちろんそれに合わせて低い方のドはラに下がり、この曲でボーカルが使う音域は低くなりました。鍵盤で言えば左に移動です。
これなら自分が出ない音程は曲の中から無くなったので問題なく歌えるということになります。

こんな感じで世間の人たちは自分が歌いたいのに声が高すぎて歌えなかった歌手の曲を歌っているわけです。もちろん低すぎる時は高くすれば良いんです。

極端に言えば、割と声の低い福山雅治が音程が高いことで知られるB'zの曲をボーカルの稲葉さんと同じ音程のまま歌う事はあくまで予想ですけど出来ないと思いますが、キーを5か6個くらい下げれば歌えるようになりますよね?(たぶん^^;)

桜坂を歌う人がウルトラソウルを無理なく歌うにはキーを変えることが必要だということです。

あと、恐らく体調などが原因だと思いますが実際のアーティストでも歌番組などで自分の曲でもキーを下げて歌うことはありますよ。

カラオケにおいてキーを変えるというのは、楽曲全体の音程を変えることになります。スケールがどうとかという問題はカラオケでは全く関係ないですし、一般の人はそんなこと気にしてません。
キー調整は歌いやすくするためだけにあると言って良いでしょう。

皆さんが歌うボーカルはキーによって音程が上下します。
キーが高いといわれている曲はいわゆるボーカルの音程が高いので声が出ず歌えないということになります。
そこでキーを下げれば今まで出なかった音程を出さずに自分の歌いやすい音程まで下がっ...続きを読む

Q演歌歌手の歌い方

思いっきりどうでもいい内容ですが・・・。

音楽はクラシックから、歌謡曲まで何でも好きなのですが、演歌で気に入らないことが一つあります。

ベテランの演歌歌手が昔の持ち歌を歌うとき、如何にも物慣れた風に、小節の一拍目を半拍くらい休止符にして出だしますよね。あれが嫌いです。

作曲家はプロとして、必然性を持って旋律を作ったのでしょうに、それを勝手に変える必要があるのでしょうか?勝手に歌詞を追加したと、怒っていた作詞家(川内康範氏)もいました。

何故、そうするのか?

自分の考えでは、歌い手は何年も同じ歌を歌っていると飽きてしまい、勝手に変えてしまうのではないのか?演歌歌手は楽譜が読めないので、その内、元の旋律を忘れてしまわないか心配です。

このことに関し、何かお考えをいただければ幸いです。

Aベストアンサー

>如何にも物慣れた風に、小節の一拍目を半拍くらい休止符にして出だしますよね。
あれが嫌いです。

全く同感です。
わざと出だしを遅らせたり、途中では不必要に伸ばしたり次ぎを詰めたりして、ベテランと
言われる歌手ほどその傾向がありますね。

NHKのラジオ番組でベテラン歌手の若い頃の歌を放送しているのを時々聴きますが、当時
の声は若々しく声量はたっぷりで、高音の張りは素晴らしく音程も正確で流石と思わせるも
のがあります。
それから数十年・・・歌手も歳を取り声量は落ち、音域は狭まり・・でしょう。

落ちた声量と狭まった音域をカバーするためにそんな歌い方をするのでしょう。
そして、そんな小手先のごまかしを「高等なテクニック」と勘違いしているのでは?。
または、そういう歌い方をする事で「おれは、(わたしは)上手いんだ、駆け出しの新人とは
違うんだよ」と言いたいのかな?

同じ歌を数十年に渡り、何万回も歌っていれば飽きちゃうのも分かりますが・・・。
作詞家は歌詞を勝手に変えられれば怒るでしょうが、作曲家と歌手は「持ちつ持たれつ」の
関係なので多少崩されても作曲家が怒ることは無いのでしょう(心の中は分かりませんが)。

>如何にも物慣れた風に、小節の一拍目を半拍くらい休止符にして出だしますよね。
あれが嫌いです。

全く同感です。
わざと出だしを遅らせたり、途中では不必要に伸ばしたり次ぎを詰めたりして、ベテランと
言われる歌手ほどその傾向がありますね。

NHKのラジオ番組でベテラン歌手の若い頃の歌を放送しているのを時々聴きますが、当時
の声は若々しく声量はたっぷりで、高音の張りは素晴らしく音程も正確で流石と思わせるも
のがあります。
それから数十年・・・歌手も歳を取り声量は落ち、音域は狭ま...続きを読む


人気Q&Aランキング