初の宇宙旅行が始まりましたね。このニュースを聞いてふと思い出したのですが、虫歯のある人、歯の悪い人は宇宙船に乗れないと聞いた事があります。本当でしょうか?また、何故なんでしょうか?知っている方いらしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

宇宙船内の気圧が地球の地上の気圧より低いために虫歯があると中に入り込んだ空気が膨張して歯痛や最悪の場合はが割れたりします。


ですからしっかり治療しておけば問題はありません。

これは戦闘機のパイロットなどにも当てはまること与圧しないで高度を取ったときにはが割れて気絶しそのまま墜落したケースがあるそうです。

余談ですが同様にお腹の中のガスが膨張して気絶したケースもあるそうです。

ただこれは宇宙飛行士としての話で将来一般人が宇宙に行くときは気圧をある程度旅客機並にするでしょうから問題はなくなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいっ!!納得しました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/28 16:18

参考 URL のペ-ジに類似の質問がありました。




そこの回答によると,虫歯があっても治療すれば問題はなく,歯に詰め物があっても大丈夫だそうです。で,宇宙飛行士は打上げの前に歯科医師に検診を受けるそうです。

参考URL:http://jem.tksc.nasda.go.jp/iss_faq/faq_ast.html …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。治療すれば大丈夫なんですね。
それにしても、このような質問が「よくある質問」になってしまったのは何故でしょうかね…。

お礼日時:2001/04/28 13:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q虫歯治療後の痛みについて

虫歯治療後の痛みについて
こんにちは。
昨日冷たい物がしみるので、軽い程度の虫歯治療をしてきました。麻酔をしてけずってかぶせて光りあてて終了でした。三時間くらいしたら麻酔のしびれがとれましたが、その後軽くズキズキ痛みいまだに痛みます。後、冷たい水を飲んでみたんですが、治療前と変わらずしみます。
これは、結構時間がたたないと、治らないものなのでしょうか?それとも虫歯以外に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

歯科医です。

虫歯治療後に痛みが出るのは珍しいことではありません。
通常は1~2日で引きますが、どうしても痛みが続く場合、以下の原因が考えられます。

1.虫歯が神経に近いところまで進行していたため、虫歯を除去したときに神経がダメージを受けた。
2.虫歯が神経にすでにダメージを与えていた。
3.詰め物が収縮して歯と詰め物の間に隙間が生じ、そこから冷たいものが入って浸みる。

1.と2.の場合、歯の神経を取らないといけません。
深い虫歯になればなるほど、虫歯を除去したときに痛みが出やすくなります。

3.の場合は、もう一度、詰めなおしてもらえば治ります。

Q宇宙にから帰還する時。宇宙船やシャトルが大気圏に突入しますが、空気の摩

宇宙にから帰還する時。宇宙船やシャトルが大気圏に突入しますが、空気の摩擦で船体が大変な温度になりミッション中最大の危険だとも聞きます。幾つかの事故もあったようです。信じられない程の速度で計算された角度で大気圏と言う空気の壁にぶつかるのですから、その過酷さは理解出来ます。ではなぜ…たとえば時速数百キロとか、つまり燃え尽きたりしない程の速度ではダメなんですか? 大気の壁に跳ね返される…その感覚は理解できますが、なら、ゆっくり入って行けばいいのに、と思います。それとも宇宙空間では減速する事が困難なのでしょうか? スペースシャトルが何故燃え尽きなければならなかったのか。そ~と大気圏に入れそうなのに…よくわかりません。その辺りを教えて下さい。

Aベストアンサー

 何故、大気に入る前に減速しないのかと言えば、ロケットに積めるペイロード(荷物)の量が、ロケット総重量と比べて少ないからです。
 真空中の宇宙空間で減速するためにはロケットを使うしかありません。(ソーラーセイル等は減速するのに時間が掛かりすぎるため、大気圏再突入する前に充分減速する事は出来ません)
 例えば、7.9km/sで進んでいる宇宙船の速度を、ロケットの逆噴射だけで0km/sまで減速させる場合を考えてみます。
 速度の差は7.9km/sですから、静止した宇宙船を7.9km/sまで加速するのと同程度のロケットが必要になります。
 これは宇宙船を大気圏外で減速させるには、打ち上げるのに使ったロケットに匹敵するロケットが、推進剤が満タンの状態で衛星軌道上に存在しなければならない事を意味します。
 全体の重さに比べてペイロードを積める割合が大きいとされる、JAXAのHIIAロケットでさえ全備質量250tもありますが、高度250kmの低軌道に10tの衛星を打ち上げられるだけです。
 10tの人工衛星を大気圏外で減速させるために、250tのロケットをそのまま荷物として打ち上げるには、単純計算でHIIAロケットの25倍の6250tものロケットが必要です。
 月に人間を送ったサターンV型ロケットでさえ、重量3039tで、低軌道に118tのペイロードを打ち上げられるだけですから、直接打ち上げるのは無理のようです。
 では分解したロケットを、軌道上で組み立てるのはどうでしょうか。
 HIIAロケット25機分以上の部品と推進剤に加えて、軌道上で組立作業を行う作業員と、作業員の必要とする食料と水、酸素、炭酸ガス除去材、及び工具や作業用電源、そしてなにより作業員の帰還用宇宙船等も合わせて打ち上げなくてはなりません。
 このように、大気圏外で減速しきる事は、話にならないほど非効率的で、技術的にも困難なため、宇宙からの帰還時は、ロケットによる減速は大気の上層部まで降下可能になる程度で留め、残りの減速は空気抵抗を利用しているのです。

 何故、大気に入る前に減速しないのかと言えば、ロケットに積めるペイロード(荷物)の量が、ロケット総重量と比べて少ないからです。
 真空中の宇宙空間で減速するためにはロケットを使うしかありません。(ソーラーセイル等は減速するのに時間が掛かりすぎるため、大気圏再突入する前に充分減速する事は出来ません)
 例えば、7.9km/sで進んでいる宇宙船の速度を、ロケットの逆噴射だけで0km/sまで減速させる場合を考えてみます。
 速度の差は7.9km/sですから、静止した宇宙船を7.9km/sまで加速するのと同...続きを読む

Q虫歯治療後の痛み

虫歯があって、痛みは無いけれど早めに治療した方がいいと思い治療することってありますよね。
で、その時に、治療前は痛みが無かったのに治療したらかえって痛くなったということが私自身よくあったのですが、今回私の夫が初めての虫歯治療をしたら硬い物をかむ時に痛いと言っています。
これは、どういうことなのでしょうか。
治療をしない方が良かったのですか。
あと、今回の夫の虫歯治療で治療前にレントゲンを撮っていないのですが、今時レントゲンを撮らないで歯の治療をしたというのも、不安です。

Aベストアンサー

oatさんの言うように私もそんな経験があります。
たいして痛くも無かったのに、いじくられているうちに
かえってひどく為ってしまった事があります。(>_<)
つい医師に「治療しに来ているのに、悪く為った。浸みない歯まで浸みる様になった」と言って事があります。
私の主治医は結構本音?を言う人で
「そうでしょうね。確かに浸みたり・痛い事ありますね。
しかし、今治療しないと後でこの程度の痛みじゃ済みませんよ(*^_^*)」なんて言われました。
私は、医師では無いので詳しい事は分かりませんが、この先生に言わせれば
「継続的に痛みが加わっていると、痛みを避けようと?神経の方が後退します。その間チョット痛いですけどね」
ここでこの「チョット」とはどの位なのか?心配になったので聞くと
「チョットはチョットです」と何とも答えに為ってない答えでした。
ただ私の場合の一本はあまりに深く削ってしまったので
神経の後退を期待する前にあまりに痛いので神経を抜いてしましました。(医師は神経を抜きたく無かった様ですが・何とか我慢して神経の後退を・・と言ってましたがとてもそんな悠長な事を言ってる状況じゃなかったので)
やはり早めに治療した方が良いんじゃないですか?
後でもっと痛くなるかもしれませんよ☆⌒(>。≪)イテェ
レントゲンは程度によって撮る場合と撮らない場合があるんじゃないでしょうか?
医師に聞かれては・・・

oatさんの言うように私もそんな経験があります。
たいして痛くも無かったのに、いじくられているうちに
かえってひどく為ってしまった事があります。(>_<)
つい医師に「治療しに来ているのに、悪く為った。浸みない歯まで浸みる様になった」と言って事があります。
私の主治医は結構本音?を言う人で
「そうでしょうね。確かに浸みたり・痛い事ありますね。
しかし、今治療しないと後でこの程度の痛みじゃ済みませんよ(*^_^*)」なんて言われました。
私は、医師では無いので詳しい事は分かりませんが、この...続きを読む

Q宇宙船のセンサー

宇宙船のセンサーの性能(有効距離など)はどの程度なのでしょう
SF映画などからでも構いませんので教えてください
また、センサーとレーダーとは違うのでしょうか

Aベストアンサー

センサーとは「センス=感じる」働きをする機械の総称。
なので、単にセンサーと言われましても、なにをどうやって測るものなのかわかりません。
宇宙船ならば、機体の表面温度を測るセンサーもあるでしょうし、目標とする恒星までの距離を測るのもセンサーです。前者なら有効距離はゼロですし、後者なら有効距離は光年単位でしょう。

またレーダー(radar)は英語のRAdio Detection And Rangingからきた言葉で、対象物に向けて電磁波を発射し、その反射を測定することによって、対象物までの距離やその形状を調べる装置のことです。これもセンサーの一種ですね。

Q虫歯治療後も痛みが・・・

こんばんは。先週の金曜日に右上の虫歯の治療をしたのですが、痛みが同じようにあります。
鈍痛なのですが、痛み止めを内服しないと我慢できない状態です。予定は来週なのですが、痛みがあるので今日いってみてもらいました。
仮のかぶせものをしてるのですが、とることもなく、痛み止めの処方をだすだけで診察はおわりました。「痛みは個人の感じ方なので、痛みが続くようなら神経の処置をするしかないですね。虫歯は神経に近いわけではないですがまれに炎症をおこして痛みが続くこともあります。」と説明をうけました。
このまま、痛みが落ち着けばいいのですが、そうでない場合、どのようにしたらよいのか、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

治療後に痛みが出る歯の原因は神経(歯髄)の炎症です。
歯髄は神経と血管で出来ており、刺激によって神経が興奮したり、血管が充血して膨れ、神経を刺激する事で痛みを感じます。

炎症の経過は次の通りです。
<予後良好の場合>
次第に炎症が収まり、健康の状態になります。

<予後不良の場合>
神経は刺激が続くと、自発的に伝達物質を放出し続けるようになります。つまり刺激がなくなっても痛み続けるのです。
充血による場合は次第に充血が酷くなり、硬い組織内で膨張するので神経への刺激が強くなるだけでなく、血流も滞って最終的には歯髄は死んでしまいます。
単なる歯髄死なら症状は出ませんが、感染すると痛みを出し始めます。

以上の事から、当初は「観察」や「薬剤投与」を行なって内科的に改善し、予後不良の場合は「抜髄」になります。また若い人では「歯髄切断」という処置もありますが、加齢とともに成功率は下がっていきます。

いずれにせよ、ちゃんと説明していらっしゃる先生のようなので、先生とよく相談して決めればよいと思います。

Q宇宙船の加速法

 思いつきの質問なのですが、、、

 いまの科学技術で、(お金のことは考えずに)
最高どれぐらいの速さを出せる、人の乗れる宇宙船を作ることが可能なのかに興味があります。

 そこで、現在の宇宙船の、宇宙空間での加速方法にはどのような方式があるのか、また、どれぐらいの能力があるのかをご存知の方、教えてください。

 くわえて、実現されていない宇宙船の推進技術のアイディア(未来技術)があれば教えてください。

(質問をうまく書くことって難しいですね。わかりにくい質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。)

Aベストアンサー

>現在の宇宙船の、宇宙空間での加速方法にはどのような方式があるのか、

現在我々が知っている推進原理は作用反作用の法則を利用するものです.
上記ソーラーセイル以外では通常,推進剤を噴射して,
その反作用を推進力とするものです.
いかに推進剤を効率よく速い速度で噴射するか,が推進機の要となります.
推進剤を速い速度まで加速するためのエネルギーとして,
化学反応を用いたり(化学推進),電気を用いたり(電気推進),
レーザーを用いたり(レーザー推進)します.
大別すると,
・化学推進
・非化学推進
の2つになります.

>また、どれぐらいの能力があるのか

推進機はおおまかに言って,「推力」と「比推力」で性能評価されます.
推力は出せる力の大きさ,
比推力は推進剤の持ちの良さと言いますか,そんなパラメータです.
一般に,推力と比推力の両方を同時に大きくすることは非常に困難ですし,限界があります.
両極端にある推進機には,下記のものがあります.
全ての推進機は,大体のところこの両者の間にあると考えて頂いて良いでしょう.

・化学推進
 化学反応のエネルギーを推進力に変えるもの.
 どどどと炎を噴いて上昇するロケットなどです.
 推力はエンジン次第で大きくとれます.
 比推力は最も性能の良い液体酸素-液体水素エンジンで450秒程度です.

・電気推進
 電気の力で推進剤を非常に高速に加速して噴射するもの.
 いま小惑星イトカワを目指している「はやぶさ」のイオンエンジンに代表されます.
 比推力は1000秒から10000秒と大きいのですが,
 推力は数g~数10gと非常に小さいです.

>実現されていない宇宙船の推進技術のアイディア
 (未来技術)があれば教えてください。

レーザー推進のメリットは,エネルギー源を地上におけるので,ロケットが軽く出来る点です.
学会(Beamed Energy Propulsion)では盛んに研究成果が発表されていますが,
しかし大きなレーザー施設が必要,非常に高精度のレーザー追跡技術が必要,などから,
実用化はまだ先です.推力はエンジンとレーザー次第,比推力は1000秒程度です.

核融合エンジンは更に遠い未来の技術です.
核融合を利用して,推進剤4万トンを搭載して,アルファケンタウリを目指す
構想もあります.非常に高い比推力となりますが,推力はそう大きくありません.

以上は,能動的に推進力を得る推進機です.

それ以外には,#1さまおっしゃるように,天体の公転の運動エネルギーをもらって
加速する「スイングバイ」がボイジャーやカッシーニなど,よく使われています.
現在の技術では,ボイジャーが秒速40kmとかの最高の速度を達成しています.

お金のことを考えず,
現行の技術ですぐにも可能なものの中で,
推進装置それ自体で最も速い速度まで加速できるものは,
「ソーラーセイル(太陽帆)」です.
太陽光の圧力を受けて,ほんとーにちょっとずつちょっとずつですが,
継続的に加速できるので,例えば最も速く冥王星に達することが出来ます.
太陽の影響が支配的なヘリオポーズ内であれば,ずっと加速可能であると思います.
ソーラーセイルはかなり研究が進んでいます,厚さ9ミクロンのアルミ蒸着高分子膜の
帆を広げて加速を得る実証ミッションが活発に提案されています.

世界最大の推進系の学会は,アメリカで毎年行われる
Joint Propulsion Conference and Exhibit
ですが,ここでは「ワープ(Warp Drive)」とかも真面目に発表されています.
でもワープはやはり本当に人間が実現できるのか不明です.
でも宇宙や推進機を研究している人達はSFにも造詣が深いですから,
名物にもなっていて,これらのセッションは夜7時からビールやおつまみ片手に
聴講する,名物セッションとなっています.

ポイントを絞って頂けますと,もう少し深くお話することも出来ます.

>現在の宇宙船の、宇宙空間での加速方法にはどのような方式があるのか、

現在我々が知っている推進原理は作用反作用の法則を利用するものです.
上記ソーラーセイル以外では通常,推進剤を噴射して,
その反作用を推進力とするものです.
いかに推進剤を効率よく速い速度で噴射するか,が推進機の要となります.
推進剤を速い速度まで加速するためのエネルギーとして,
化学反応を用いたり(化学推進),電気を用いたり(電気推進),
レーザーを用いたり(レーザー推進)します.
大別すると,
・化...続きを読む

Q虫歯治療後4日経っても痛みと麻酔が残ってます

4日前、初めて行く歯医者で虫歯治療をしました。
私は、子どもの頃からほとんど虫歯がなく今まで虫歯治療をした経験がないに等しいのですが、今回はかなり進行しているらしく、また私の歯の生え方が横を向いていて削って詰めましょうと言うことになりました。

最初麻酔をして時間を置いてから削り始めたのですが、全く痛くないと聞いていたのにかなり痛く、そのことを言うと「では、追加するからね」と麻酔を追加し、治療をしました。

治療自体もかなり痛く、またその後4日経ってもまだ痛くて食事もなかなかできない感じです。

何より麻酔をした側の頬や唇に未だ違和感があり、手で触ってもしびれている感じが残っています。

今まで麻酔を打ったのもかなり以前に親知らずを抜歯した時だけで、よくわからないのですが、虫歯治療の麻酔ってこんなにも残るものなんですか?

痛みもまだあるし(治療前よりも痛いです)、とりあえず3日後また行くまで都合がつかないので待つしかないのですが、こんな状態が普通なのかご存知の方ありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら、治療後の痛みが発生する場合は十分にあり得ると思います。

気になる頬や唇のしびれですが、麻酔の針の痕が口内炎のようになっただけなら心配ないです。
治療箇所が下顎の犬歯の少し後方の歯の場合、オトガイ孔(参考url)の部位を傷つけている可能性もあります。この場合も、切断したわけではないので知覚は元に戻りますが、数週間は違和感があるかもしれません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/オトガイ孔

Q宇宙船の原子炉

木星探査衛星ガリレオが木星に落下したというニュースを読んでいたら、
Europaという衛星に衝突の恐れがあり、そこに落ちると、
ガリレオが地球から運んだかもしれない微生物で汚染される恐れがあるので、
木星の大気圏に突入させ消滅(燃やす)させたらしいと書いてありました。
そこで思ったのですが。
地球でもたまに人工衛星が落ちますよね。
なかには原子炉を積んでいるものがあったりしますが、
大気圏突入時の高温になると、核物質はどうなるんでしょうか?
消えてしまうんでしょうか?
それだと、核廃棄物の処理に応用できないんでしょうか?

Aベストアンサー

>核廃棄物の処理に応用できないんでしょうか?

それは無理でしょう。確かに、原子炉を積んだ人工衛星は飛んでいるし過去に墜落した物もいくつかあります。大問題にはならなかったようですが、放射能汚染の危険はあります。過去の墜落事故も含めてこちらのページが参考になると思います。


http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakky/talk/space/atmreactor.htm

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/nakky/talk/space/atmreactor.htm

Q虫歯治療後の痛み

一年前治療した奥歯が痛くなり、詰め物を外してもらったら中が虫歯だったので先週仮詰めし本日朝治療が終了しました。
通常時は全く痛くありませんが、夕方少し硬いもの(よっちゃんイカ)を噛んだらズキンと来る痛みがありました。
心配で歯科に相談すると当日は痛くても薬が浸透し2、3日で
治まる人が多いから様子を見て欲しい、もし治まらないようなら
虫歯が深かったので神経を抜くと言われました。
素人でよく分かりませんがこんな事は有りがちなんですかね?
イマイチ信用出来ないので歯科を替えようか検討しています。
(神経を抜かずに治療してくれる歯科を探したい。)

Aベストアンサー

歯医者は技術者と同様です。

まともな歯科医院でしたら虫歯の深さをレーザーで測定します。

あなたの近くの歯科医院を捜して見て下さい。

参考URL:http://www.denternet.jp/link.htm

Q宇宙船に穴が開いた時……。

映画などで空気が漏れる演出は良くありますが
その時、宇宙船内部の温度はどうなるのでしょうか?
宇宙空間は絶対零度なので、一瞬で内部も冷やされそうです
ヒーターがあるかとは思いますが、それで間に合うのでしょうか?

Aベストアンサー

勘違いされている方が多いので説明をしておきます。

まず、真空中に空気を放出してもほとんど温度は下がりません。
かなり気圧の低い空間に空気を吹き込み断熱膨張すると急激に温度が下がるため真空中での自由膨張でもおなじことが起こると勘違いしそうです。

断熱膨張で気体の温度が下がるのは、膨張の際に周りの気体を押しのけるという仕事をするためその仕事の分内部エネルギーを失うことが原因です。
真空中で自由膨張をさせるとその気体は周りの真空に対しても何も仕事をしません。なにせ何もないのですから仕事をしようがないのです。ですので気体の内部エネルギーは変化せず気体の温度も変化しません。(実際には宇宙船を押しているためその分の仕事だけエネルギーを失うでしょう。ただ、大きさにもよりますが宇宙船の動きの変化は微々たるものでしょうからさほど大きい仕事ではないでしょう。)

ただし、気圧が急激に下がるため水が沸騰してしまい気化熱を奪う、ということはあります。気化熱を奪われれば当然温度は下がります。

質問にあるような場合、周りの真空の温度は非常に低い(<10K)としても内部が瞬時に冷やされることはありません。たとえ温度が低くても比熱がほとんど"0"であるため、宇宙船の周りの空間はすぐに温度平衡するでしょう。

勘違いされている方が多いので説明をしておきます。

まず、真空中に空気を放出してもほとんど温度は下がりません。
かなり気圧の低い空間に空気を吹き込み断熱膨張すると急激に温度が下がるため真空中での自由膨張でもおなじことが起こると勘違いしそうです。

断熱膨張で気体の温度が下がるのは、膨張の際に周りの気体を押しのけるという仕事をするためその仕事の分内部エネルギーを失うことが原因です。
真空中で自由膨張をさせるとその気体は周りの真空に対しても何も仕事をしません。なにせ何もないのですか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報