たとえば一株1円で資本金1円(発行株式1株)の会社が、
その株式を一株1銭にして100株に分割することなどは出来るのでしょうか?

もっといっちゃって、一株0.1銭にして1000株なんてことも可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本の最小貨幣単位は1円であるため、1株が1円未満となるような株式分割は不可能と思います。


但し、5万円×2株=10万円の資本金で設立した確認株式会社の株式を、1株を5万株に分割することにより、発行済み株式数を10万株とすることは可能です。
株式分割を行っても企業価値に変化は無く、当然、登記が必要となり、コストがかかる話ですので、なぜそうしたいのかメリットをしっかりと考えておかないとあまり意味はありません(ストックオプション発行?第三者への割当増資での創業者シェアの低下防止?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が大変遅れて申し訳ございません。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/11/03 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地の分筆費用

土地の分筆に必要は費用を知りたいと思って調べたところ「兵庫・大阪、登記・測量・相続案内」http://www.h6.dion.ne.jp/~haru_stj/irai.html
というHPに、「40万円+分筆登記費用5万円」と書いてあり、高いのにビックリしています。40万円の大部分は測量に係わる費用と思いますが、地域によってかなり違うのでしょうか?
分筆を予定している土地は山口県です。地目は田で約330m2、これを2つに分割しようと思っています。
分筆費用についてご存知の方がおられましたら、お教え願います。

Aベストアンサー

神奈川で17条地区(境界が確定している)ところで30~40万円(登記費用込み)でしたので法外な金額ではないように思われます。
いずれにせよ複数業者に見積はとった方が無難です。

Q資本金500万円の株式会社設立は1株1万円でOK?

質問です。9月中旬をめどに取締役1名の株式会社を設立する予定です。
資本金500万円ですが、1株1万円で大丈夫ですか?
他の株単位に設定するメリットとデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

私の会社では、額面は5万円ですね。
最近の会社では、5万円や1万円が多いと思いますが、昔からの会社はもっと小さい額面だったようですね。法律などでは、額面単位などは定めがなかったはずですので、自由に決めてかまわないことでしょう。

額面が変わったりした際にはやむをえないことかもしれませんが、そのような理由もなく、端株などを作ることは普通考えられないと思います。
ですので、額面を大きくし過ぎると、増資や株の売買などの名義変更で分けにくくなってしまいます。
大きい額面から小さい額面であれば、端株のでないようにすることも可能だと思いますし、変更も難しいものでもないと思います。しかし、登記事項だと思いますので、変更などをする際には登記費用なども生じる可能性があるので、注意が必要でしょうね。

Q一筆の土地の一部に付着する法定地上権の分筆登記

一筆の土地の一部に付着する法定地上権について教えてください。

土地全体の役50%に競売の物件明細に法定地上権が成立する旨の説明が
ある法定地上権付建物を競落する予定です。

この建物(登記あります)の所有者は土地に法定地上権の登記
(平成**年**月**日競売による売却に基づく法定地上権設定)という登記を
するためには分筆が必要になりますが、土地所有者が協力しない場合は
裁判して判決もらって単独申請ということになると思いますが、この場合の
土地分筆費用は土地所有者に請求することはできるのでしょうか?

たとえば土地家屋調査士への費用請求が100万であったとして、その全額を
請求して認められるものなんでしょうか?

建物の登記があるから地上権を第三者へ対抗できるのはわかるのですが、将来の
ために土地を分割して地上権の登記もしておきたいと考えております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前、これと同じようなご質問があったように思います。
その時にも私がお答えしましたが、法定地上権の登記をするよう裁判するときには、その請求の趣旨では、
「被告は原告に対し、別紙図面のうちA部分に付き、・・・を原因とした法定地上権の設定登記をせよ。」
と言うようにし、勝訴すれば、法定地上権の設定登記の前に、分筆登記しなければなりませんが、それは債権者代位でできます。
ただし、現実問題として、原則として分筆登記は近隣の土地所有者の承諾が必要です。
例外は、筆界確認書があれば承諾書は必要ないので、事前の調査も必要です。
分筆登記につき近隣の承諾が必要か否かは、分筆登記すれば、新旧の筆になります。
その新旧の面積の合計が、分筆前の面積と合致すれば承諾は必要なく、分筆前の面積と違えば承諾が必要です。
要は、全体を測量し分筆時との差異を確認する必要があります。
それらの測量するためには、当然と当該土地所有者の承諾が必要となりますが、承諾が得られなければ仮処分から始めなくてはならなくなり、困難極まることになります。
なお、費用については、敗訴の者の負担です。

Q資本金1円の株式会社を

起業するとき通常の株式会社のように資本金1円を銀行に入れてその証明書をもらわないといけないのでしょうか?
1円だからこの手続きを省いても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

資本金特例で株式会社を設立する場合、金融機関に資本金を保管して株式払込保管証明をもらうかわりに、創業者の金融機関口座に資本金を振り込むことで払い込みとすることができます。
ですから振込手数料がかかるだけです。

Q分筆登記

県や市町村に土地の一部を買い上げてもらう際に、その部分の分筆や登記などの手続きは費用も含めて自治体でやってもらうことは可能なのでしょうか?おしえてくださいお願いします。

Aベストアンサー

>県や市町村に土地の一部を買い上げてもらう際に<
という事は、公共事業によるものでしょうか。
もし公共事業でしたら、自治体が分筆登記と所有権移転登記は嘱託登記でおこないますので、貴方は一銭も費用が掛かりません。

Q資本金1円株式会社の

設立に使った創業・開業費は繰り延べ資産となり
いつでも好きなだけ償却できるそうですが
創業・開業費は一括償却時P/Lの「費用」の欄に記すのでしょうか?
それともB/Sの「資産」の欄に記すと同時に現金預金から同額のマイナスを記し償却を待つようにするのでしょうか?
またはどちらでもいいのでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

創業費・開業費は、設立年度で経費として全額償却することも、繰延資産に計上して、任意の年数で償却することも、どちらの方法でも選択できます。

設立年度に経費として処理する場合。
仕訳は次のようになります。
創業費 ***** / 現金 *****
開業費 ***** / 現金 *****

B/Sの現金が減り、P/Lの費用が増えます。

繰延資産として計上して、償却する場合。
支払ったときの仕訳

繰延資産 ***** / 現金 *****
B/Sの現金が減り、B/Sの繰延資産が増えます。

償却する場合
創業費 ***** / 繰延資産 *****
開業費 ***** / 繰延資産 *****

B/Sの繰延資産が減り、P/Lの費用が増えます。

Q分筆登記について

絶縁状態の兄弟で共同所有(登記も2人です)というのでしょうか?で、60坪ずつの土地があるのですが、当方側の土地を転売したく分筆登記にしたいのですが・・・・
方法も費用も全く解りません。
事細かくお教え頂けませんか?
宜しく願いします

Aベストアンサー

>絶縁状態の兄弟で共同所有(登記も2人です)というのでしょうか?

共有名義、または単に共有と言います。

>で、60坪ずつの土地があるのですが

恐らくこの解釈は間違いです。「ご兄弟で2分の1ずつの持分を有する120坪の土地がある」ということだと思います。共有持分というのは概念的に2分の1ということであり、物理的に60坪分の権利を有することとは違います。

>土地を転売したく分筆登記にしたいのですが・・・・

まず、単純に「分筆登記」(今回は1筆を2筆に分ける)することと、「共有物の分割」とは分けて考えてください。今のまま分筆登記しても、それぞれ2分の1の持分を有する土地が2筆になるだけです。

分筆登記は土地家屋調査士が専門ですが、権利に関する登記は司法書士が専門です。両方の看板を掲げている事務所もありますので、そういうところがあれば相談しましょう。
順序としてはまずその土地の境界を確定させ、測量し、実測図を作成します。それに基づき分筆登記は可能です。
そしてそれぞれ持分を移転させます。
このとき注意しないと贈与を指摘される可能性もあります。(60坪ずつ分けても評価が必ずしも同一とは限らない)

共有ですから手続を進める上では何をするにも印鑑は2つ必要です。
絶縁状態にあるとのことで、すんなり協議が整わなければ裁判所に分割請求を行う必要があるかもしれません。費用については土地の状況や評価額にもよりますので、その点も含め専門家によく相談してください。

>絶縁状態の兄弟で共同所有(登記も2人です)というのでしょうか?

共有名義、または単に共有と言います。

>で、60坪ずつの土地があるのですが

恐らくこの解釈は間違いです。「ご兄弟で2分の1ずつの持分を有する120坪の土地がある」ということだと思います。共有持分というのは概念的に2分の1ということであり、物理的に60坪分の権利を有することとは違います。

>土地を転売したく分筆登記にしたいのですが・・・・

まず、単純に「分筆登記」(今回は1筆を2筆に分ける)することと、「共有物...続きを読む

Q資本金1円株式会社を

創業して1期目が費用が売上を上回ることが予想されるときに
1期目は消費税課税業者の申請をして消費税差額の還付金を受け
2期目と3期目は消費税非課税業者になるといった
おいしいとこ取りはできるのでしょうか?
一旦消費税課税業者になると以降はずっと消費税課税業者にならざるを得ないのでしょうか?

4期目は2期目の売上高が1000万円を超えれば消費税課税業者になってしまうのは覚悟の上です

Aベストアンサー

 消費税に関して、原則課税の届けを出すと連続2年間はその立場に拘束されますので、それは無理です。3期目は1期目の課税売上が1千万円以下なら免税事業者となります。1期目が1年に満たない場合、売上を営業月数で割り、それに12をかけて年間の数字に換算して基準とします。

Q相続における分筆の費用負担について

よろしくお願いいたします。

あくまでも一般論やよくあるパターンで教えてください。

土地を相続するにあたり、相続人の一人が分筆による相続を求めるような場合には、その測量や分筆登記などの費用は、その土地を相続する相続人すべてで負担するものなのでしょうか?

具体的には、相続人間同士で仲が悪く、一人の相続人が相続する以前より親の土地というだけで親の了承のうえで建物を建て、住んでいる。共有持ち分では気持ちも悪いですし、いろいろな手続きで顔を合わせたくないというだけで、住んでいる人間が分筆したいというだけです。相続する他の相続人は、その土地の利用予定もなく、今後分筆されても草刈り等の手間があるだけです。分筆されるされない関係なく草刈りは必要だと感じています。

分筆の必要性を感じているのは一人だけで、他の相続人は感じていません。他の遺産で調整するほどの遺産もないため、不動産も分ける必要があります。住んでいる相続人が他の相続人の権利を買い取るようなことは、金銭的に難しいです。測量等の専門家費用も相続する預貯金などからぎりぎり出すだけです。

相続での分筆費用は、一般にだれが負担するのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

あくまでも一般論やよくあるパターンで教えてください。

土地を相続するにあたり、相続人の一人が分筆による相続を求めるような場合には、その測量や分筆登記などの費用は、その土地を相続する相続人すべてで負担するものなのでしょうか?

具体的には、相続人間同士で仲が悪く、一人の相続人が相続する以前より親の土地というだけで親の了承のうえで建物を建て、住んでいる。共有持ち分では気持ちも悪いですし、いろいろな手続きで顔を合わせたくないというだけで、住んでいる人間...続きを読む

Aベストアンサー

分筆の必要性を感じている人が負担するのが現状です。
現実、土地家屋調査士に分筆を依頼するのは、必要性を感じている人ですから、その方が費用負担するのが自然です。

他の相続人は、書類に判子を押すだけとなります。

Q出資金を資本金と資本準備金に分けた場合の1株の価値

法人が出資して株式会社を設立した時の株券の簿価について教えて下さい。
会社法445条では、株主が出資した額の半分を資本金、半分を資本準備金とすることが出来ることとなっています。
例えば、1000万円出資して500万円の資本金、500万円の資本準備金で会社を設立し、100株の株式を発行した時、1株の簿価はいくらになるのでしょうか。
株券の簿価は資本金/株数と考えると5万円になります。
しかしこれでは出資者は1000万円出資したのに、5000万円の有価証券しか手に入らないことになるのではないでしょうか?
また、現物出資した場合でも、資本金と資本準備金に分けることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

1点目。有価証券とか投資有価証券とかの取得時の簿価は、購入対価と取得に直接かかった費用との合計だ。だから1千万出資したらその簿価は少なくとも1千万。100株なら1株当たりはその100分の1。

2点目。445条の「給付」には現物出資が含まれる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報