「日韓併合は朝鮮人が望んだもの」と某氏が発言して世間を騒がせていますが、

史実をどう解釈するとこういう結論になるのでしょうか?

A 回答 (2件)

日ロ戦争中の1904年に親日御用団体の一進会というものが組織され植民地化の動きが本格化するにつれ日本政府および軍の特別の庇護を受け日本の政策を支持する運動を活発に行っていました。



この団体が当時朝鮮内にも日韓併合支持勢力があるという宣伝に使われていましたが併合が実現すると解散させられました。

多分、この事を言っているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
他の史実は無視してこのことだけに着目すれば、こういう結論になりそうですね。

お礼日時:2003/10/29 18:36

 ”責任転嫁”もしくは、精神分析で言うところの


 ”投影”ではないかと思います。
 人格レベルが低いのが根本的な原因かも知れませんね。

 こういうことでは日本の国際化はまだまだ遠い…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/29 18:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の政治家、メディアはなぜ、韓国にしか配慮しないのか?歴史を知らない

日本の政治家、メディアはなぜ、韓国にしか配慮しないのか?歴史を知らないのか?

本日の夜、NHKで日韓で未来を語り合うという趣旨の番組があります。
先日は「在日韓国人の戦後」という番組もありました。

政治の世界では管首相による日韓併合についての発言がありました。

なぜ、いつも"韓国"なんですか?

日本統治が韓国より長かった台湾に対して日本の首相が発言したり、NHKによる「在日台湾人の戦後」や日台100年史のような番組を放送しないのでしょうか?

また、それに対して「いつも配慮の対象が韓国だけというのはおかしいのではないか?」
と発言する政治家、政治評論家、コメンテーターなどがいないのが不思議です。

それから台湾や在日台湾人からも「韓国には配慮して台湾にはなぜ、配慮しないのか?」と抗議がこないのも不思議です。

何か裏事情があるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も観ました。
特に不愉快から怒りに感じたのが崔監督の日本側出演者を罵倒した事です。
隣の東大準教授が諫めても耳を貸しませんでした。
NHKに抗議のメールをしましたが何だか通り一辺の返事が来ただけです
ね。
親しい友人の友人にNHK関係者がいたので質問したのですが苦渋に満ちた
顔してその話題を忌避したので敢えて突っ込みませんでしたが前の回答者の
回答も遠からず当たっているみたいです。
皆でNHKに抗議しましょう。
100年前の事より今抱えている竹島問題を何とかして欲しいですね。

Qオーストリア併合下のユダヤ人と日韓併合下の朝鮮人

ナチスドイツがオーストリアを合法的に併合した際、すむ場所や土地を失ったユダヤ人は日本やアメリカに亡命しました。
ドイツに亡命したユダヤ人はいなかったと思います。
日本が朝鮮を合法的に併合した際、住む場所や土地を失った朝鮮人は日本に移住しました。
この違いは何故でしょうか?
ナチスはユダヤ人を差別弾圧しましたし、日本は朝鮮人を差別弾圧しましたが、何故朝鮮人が日本にきたのか理由がわかりません。朝鮮人はユダヤ人よりも判断力が低いバカなのでしょうか?

Aベストアンサー

>この違いは何故でしょうか?

この違いは、ひとえに「弾圧」と「差別」の違いです。

ある国が別の国を併合する(占領するでもいいですが)場合、その後の統治にはいくつかの種類があります。
Aひとつはその国の政府を認め、統治を任せる代わりに本国に一定の金額(または資源など)を治めさせる
Bその国の政府を解体し本国から統治者を送るが、行政や法律などは統治機能は原則的にそのままにする
Cその国の政府も統治機構も完全に解体し、本国の完全統治を行う。その場合は、市民権の剥奪や財産権の剥奪などもある
Dその国の国民はすべて奴隷扱い(二級市民)扱いにし、本国からやってきた入植者にすべての権利を与える
などです。

日本の朝鮮併合はBからCに順次移行し、その代り朝鮮市民の財産権などは可能な限り保護しています。
ナチスはユダヤ人に対してはほぼDの状態を導入し、その後虐殺していくわけです。

具体的には、1931年のニュルンベルク法によって、ユダヤ人の公民権停止、企業活動の停止、公職追放などが規定され、ドイツ国内でのユダヤ人は南北戦争以前のアメリカの奴隷と同等の価値になっていたのです。
そして1938年にオーストリアがナチスに併合されるわけですから、オーストリアに住むユダヤ人にとってはドイツに逃げることは、奴隷になりに行くのと同じだったわけで、それはありえない選択だったのです。

日本の場合は、ドイツとオーストリアの併合そのもの(ユダヤ人を除く)と同じで、朝鮮人であっても権利は守られましたし、教育も受けることが出来ました。オリンピックには(日本人としてですが)普通に出ることもできたのです。
併合された側から見て、これが「善」だったといえるのかは分かりませんが(少なくとも日本人が善意だったというのは傲慢すぎると思う)朝鮮人にも市民権があり、国民として守られたことは事実です(同時に義務として徴兵などもされました)

ですので、ドイツと日本の併合は言葉は同じでもとりわけユダヤ人にとっては意味がまったく違います。もちろん日本人も朝鮮人を差別したのですが、ユダヤ人差別のように公民権を取上げ企業活動を出来なくしたりはしていません。そのようなことをしたら、生きていくことができなくなるわけですから、ユダヤ人がドイツに逃げることはありえなかったのです。

>この違いは何故でしょうか?

この違いは、ひとえに「弾圧」と「差別」の違いです。

ある国が別の国を併合する(占領するでもいいですが)場合、その後の統治にはいくつかの種類があります。
Aひとつはその国の政府を認め、統治を任せる代わりに本国に一定の金額(または資源など)を治めさせる
Bその国の政府を解体し本国から統治者を送るが、行政や法律などは統治機能は原則的にそのままにする
Cその国の政府も統治機構も完全に解体し、本国の完全統治を行う。その場合は、市民権の剥奪や財産権の剥奪など...続きを読む

Q日韓併合に対する韓国人の歴史認識は?

日韓併合に関しては様々な意見があるかと思いますが、韓国の人達は、もし日韓併合がなかったら韓国の現在はどうなっていたと考えているのでしょうか?
日韓併合がなかったら韓国は今頃先進国の仲間入りを果たしていたのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
 >本音を聞くのも大変みたいですが、韓国人同時でもこの問題はタブーなのでしょうか?

 私は仕事として彼の国の人とコミュニケーションをとっていますのでしらふではタブーですね。親しくなって酔っ払えば多少そういった話が出てくるといったところです。(私はそんなに韓国語が話せないので何度も聞き返したりバイリンガルを通して通訳してもらうことが多く、そういった話題は場の雰囲気の腰を折ってしまうためあまり深くは突っ込めませんが。)
 仕事としてですので、歴史上の過去のことではなくこれからどう成長していくかが専らの会話です。
 過去の歴史の話は、少なくともエリートではないただのサラリーマンにとっては学者の話で飯のタネにはなりません。留学生の間ではそういった議論もあるのかもしれませんが。
 あとは内政上問題が生じたときのある種のスケープゴートとして過去の日本との関係を時の政権が持ち出す感じでしょうか?世論として一見反日が盛り上がることもあるようですが、その裏で、企業間では変わらず取引をしていますし、市中のデモを見ても(私が見た範囲でしかありませんが)反日なんかより内政絡みのデモの方が数も多く規模も大きかったですね。

 >私が知っている限り、韓国には当時独立国家を維持する国力が無かったと勉強しました。
 非常に大雑把な理解でかつ結果論的なものとしてはそんなところだと思います。逆に日本並みの速さで先進国に肩を並べることができるのならそもそも併合されるなどといったことはなかったと感覚的には感じますね。
 タラレバなので適切さを欠きますが、当時に派閥争いに明け暮れることの無い聡明な統治者(あるいは統治集団)がいれば、大国間のせめぎあいを逆手にとって併合を免れたかもしれませんし、一時的に属国となっても搾取されることを最小限に免れ、早期に独立を回復して国土開発や社会資本の充実を図ることができたかもしれません。所詮は空想でしかありませんが。

>そういった事実を韓国の方がはたして知っているのかな?という素朴な疑問から質問させていただきました。
 私の接触した範囲では、こういった歴史の知識は学校のお勉強の範囲でしか無いようでした。日本と同様に。時の政権の政策にもよるようですが、被害者意識の強い教育は多くなされているようでしたがあんまり覚えていないようでもありました。いわゆるエリートの学校を出ていれば事情は異なるのでしょうけれどあいにく私の付き合いのある企業はエリートがいませんでしたから。

#2です。
 >本音を聞くのも大変みたいですが、韓国人同時でもこの問題はタブーなのでしょうか?

 私は仕事として彼の国の人とコミュニケーションをとっていますのでしらふではタブーですね。親しくなって酔っ払えば多少そういった話が出てくるといったところです。(私はそんなに韓国語が話せないので何度も聞き返したりバイリンガルを通して通訳してもらうことが多く、そういった話題は場の雰囲気の腰を折ってしまうためあまり深くは突っ込めませんが。)
 仕事としてですので、歴史上の過去のことではな...続きを読む

Q韓国人の新「日韓同祖論」は日韓併合の正当化か?

ネット上で見た意見についての賛否を問いたくて質問します。韓国人はしきりに日本の皇室の起源は韓国(あるいは朝鮮)にあり、日本人はもともと韓国人だと説いてるようですが、これは戦前の「日韓(あるいは日鮮)同祖論」と同じで日韓併合を正当化するものになりますよね。まさかそんなことに気付かないほど愚かなのでしょうか?まあ、そう論破されても認めないでしょうけど。だからこそ頭がおかしくなるのでしょうけど

Aベストアンサー

歴史の皮肉というかなんというか、、、。
戦前は日本側が日韓併合の根拠として、「天皇家に朝鮮の血統が流れている」という事実(これは古事記や日本書紀に書かれてる)を持ちだした。
これが、いわゆる「日鮮同祖論」です。

ところが、戦後になって有史前の民族移動経路の研究が盛んに行われるようになって来ました。
最近ではDNA鑑定なんかを使って分析し、近しい民族をカテゴライズするなんて事も行われています。(これに対して、人種差別につながるとして抵抗する勢力もいますが)
その文脈の中で、「日本人の祖先は朝鮮半島から渡ってきた」>「朝鮮が起源なんだから民族的に上」なんていう短絡的で単純化されたナショナリズムを唱える人が出てくるんですよね。
否、そもそもナショナリズムを意識すらしていないんでしょう。
単純に自分に都合の言いように解釈しちゃってる。

確かに、日本人の祖先(天皇家にも)朝鮮系の血筋は流れています。
が、今は全く別の根拠によって両国は成り立っています。
両国とも国際社会から主権を持った国家として認められているのだから、どちらが上とかいう身分差みたいなのはないんですけどね。(現実には国力の差とか色色あるけど)

日本の祖先(の一部)、しかも天皇家に朝鮮系の血が流れているというのを

・朝鮮系の血が流れているのだから、朝鮮人は天皇に服従すべき>戦前の「日朝同祖論」=日本に都合よく解釈

・朝鮮系の血が流れているのだから、我々の祖先から見れば同じ子孫だ>質問者の言う「日韓同祖論」=韓国(朝鮮)に都合よく解釈

って感じでしょうね。

まぁ、日本人と韓国人(朝鮮人)が同じ民族かは歴史の問題じゃなく古代生物学の問題なんですけどね。
それを歴史と結びつけるから、偏狭なナショナリズムやプロパガンダにつながり争いの元になっていくんでしょうね。

最後に、興味深いページを見つけたのでそのURL貼って回答を閉じたいと思います。
ではでは、参考になれば幸いです

http://japanese.joins.com/article/817/123817.html?sectcode=400&servcode=400
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/1362666/

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/kodaishi.html

歴史の皮肉というかなんというか、、、。
戦前は日本側が日韓併合の根拠として、「天皇家に朝鮮の血統が流れている」という事実(これは古事記や日本書紀に書かれてる)を持ちだした。
これが、いわゆる「日鮮同祖論」です。

ところが、戦後になって有史前の民族移動経路の研究が盛んに行われるようになって来ました。
最近ではDNA鑑定なんかを使って分析し、近しい民族をカテゴライズするなんて事も行われています。(これに対して、人種差別につながるとして抵抗する勢力もいますが)
その文脈の中で、「日本人...続きを読む

Q日韓併合は朝鮮を植民地とするものか?

日韓併合から100年が経ちます。
日韓併合は朝鮮を植民地とし、日本が朝鮮において圧政を行うものであったのでしょうか?
信用出来るソースがあれば提示お願いします。

回答お願いします。

Aベストアンサー

> 日韓併合は朝鮮を植民地とするものか?

朝鮮半島は、日本における北海道などと同じ行政区分になります。したがって、行政区分上、朝鮮を植民地とするのはおかしいわけです。日本の植民地としては、行政区分としては準植民地である台湾、純然たる植民地である関東州などがあります。
一応、違いとしては、両者とも総督府がおかれ制令を発することができる(総督府を県庁などに置き換えれば国内でも同じ)だが、朝鮮半島ではあくまでも原則としては中央からのものであるのに対し、台湾では制令が原則であるという違いがあります。

この辺の事情は
http://www.weblio.jp/content/%E5%A4%96%E5%9C%B0
がコンパクトにまとまっていて良いと思われます。


> 日韓併合は朝鮮を植民地とし、日本が朝鮮において圧政を行うものであったのでしょうか?

何を持って圧政と呼ぶのかは分かりませんが、例えば、日本語を強制、ハングルを弾圧などは間違いです。
朝鮮半島に赴任する日本人官吏は、まず朝鮮語を学ばなければなりませんでした。ハングルの新聞は太平洋戦争後まで発刊されていますし、少なくとも1944年までハングルで電報を打つことが可能でした。
電報についてはここを参照してください。
http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey/49789995.html

この他にも、人口は大幅な増加をしていたり、経済的にもそれなりに発展をしていたりします。
因みに、1930年当時で朝鮮半島を含めた日本国内最貧地域は東北地方です。

> 日韓併合は朝鮮を植民地とするものか?

朝鮮半島は、日本における北海道などと同じ行政区分になります。したがって、行政区分上、朝鮮を植民地とするのはおかしいわけです。日本の植民地としては、行政区分としては準植民地である台湾、純然たる植民地である関東州などがあります。
一応、違いとしては、両者とも総督府がおかれ制令を発することができる(総督府を県庁などに置き換えれば国内でも同じ)だが、朝鮮半島ではあくまでも原則としては中央からのものであるのに対し、台湾では制令が原則であるという...続きを読む

Q朝鮮併合時、なぜまず朝鮮語を教えたの?

 タイトルの通りですが、ここの歴史を習ったときに疑問に思ったことです。ウィキペディアでは、「併合時代になると日本は朝鮮語教育にも力を入れ、ハングルを必修科目とした。その結果、朝鮮民衆にハングルが広まった。*1」と書いてあるんですが、この趣旨がいまいち見えてきません。後に朝鮮語教育は廃止されましたが、始めの何年か朝鮮語を教育していたそうです。日本は何が目的でこのような教育をしたんでしょうか?普通、併合(植民地化)するならばオーストラリア植民地化の時のように真っ先に、言語を日本語だけに指定すると思うんですが。わかる方は教えてください。また、この併合時の朝鮮語教育のおかげで、ハングル文字が広まったということも記述してますけど、これは真実なんでしょうか?ご回答おねがいします。

*1 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%9C%9D%E9%AE%AE

Aベストアンサー

誕生当初
この文字が作られた当時は、正字として漢文が使用されていた。そのため漢文で十分だとする保守派(反対派)の存在により訓民正音は蔑まされてきた。

しかし朝鮮民族の民衆に漢文は難しすぎたため、一部の知識階級の人しか利用できず、大衆は不満を持っていた。朝鮮では民衆の識字率は極めて低かった。

そこで李氏朝鮮の王(世宗大王)や学者達によって訓民正音が作られたのである。学者の言葉によると、賢人なら一朝で、そうでなくとも10日で修得できる、とされた。

普及阻害要因
だが、漢字に慣れ親しんできた学者や上流階級は、全く読み書きが出来無かった女性でも文字の修得が可能だった訓民正音を「女文字」などと呼ぶなどして嘲り、普及に反対した。

朝鮮が日本に併合されてから「大いなる文字」という意味の「ハングル」という名が考案されたが、なお地位の改善も識字率の改善も無かった。

普及期
これに悲観したのは民族文化を誇る朝鮮人ではなく、実は日本人である慶応義塾塾長、福澤諭吉だった。

彼は、朝鮮を文明国にするためには世界で起こっていることを知り、文明開化の意味を知る必要があると考えた。そこで自腹でハングル活字を作り、漢字ハングル混じりの新聞を発行して普及に勤めた。

清国官憲や朝鮮人の一部から激しい反発があったものの、福澤の弟子、井上が朝鮮で初の新開「漢城旬報」の発行に成功した。この新聞は漢文の読めない多くの民衆でも読めるとあって人気を博した。後期には漢文の比率が高まり、やがて廃刊に追い込まれるが、後に漢字・ハングル混合文の新聞や雑誌などが登場することになり、漢城旬報がハングルの普及に一役買ったことは疑いようがない。

漢字の駆逐
こうして散々貶されていたハングルだったが、後に民族の誇りとして扱われるようにまで地位が向上、遂に漢字を駆逐してしまった。

現在では簡単な漢字の読み方などの教育が復活しているが、それでも漢字に対する需要意識の少ない南鮮では、自分の名前すら漢字で書けない南鮮人は普通に存在する。

以上 抜粋

http://www.wdic.org/w/CUL/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB

誕生当初
この文字が作られた当時は、正字として漢文が使用されていた。そのため漢文で十分だとする保守派(反対派)の存在により訓民正音は蔑まされてきた。

しかし朝鮮民族の民衆に漢文は難しすぎたため、一部の知識階級の人しか利用できず、大衆は不満を持っていた。朝鮮では民衆の識字率は極めて低かった。

そこで李氏朝鮮の王(世宗大王)や学者達によって訓民正音が作られたのである。学者の言葉によると、賢人なら一朝で、そうでなくとも10日で修得できる、とされた。

普及阻害要因
だが、漢字に慣...続きを読む

Q日韓併合について

靖国参拝にどうして韓国、北朝鮮、中国が反対なのか調べています。(学校の宿題です。)中国は日中戦争でたくさんの市民を殺したからだと知りました。韓国と北朝鮮については1910年に日韓併合したからだと理解しました。でも日韓併合がよくわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

そうですね。
一言で言えば、「自分の国に対する不満を日本に向けている」と言えますが、これを中国と朝鮮に分けて考えましょう。

日本は戦争の時に中国の人を殺しました。
これがあって戦争を指導した人をまつる靖国神社に参拝するのを批判しているのですね。
中国人を多く殺した指導者をたてまつっているなんて、日本はまた同じように中国人を殺すんじゃないか? と。
日本人は人が死んだら罪が無くなるなんて言うけれど、冗談じゃない、今の私達がそういう目に合ったらどうなる、と。
※日本は罪を憎んで人を憎まず、となりますが、
 中国は罪も人も憎むという風土になるのでこうした考えになる。

ただ、私が考えるに、日本人は戦争をしてから戦争アレルギーというものが出来てしまったので、もうそうそう戦争が起こる可能性がかなり低いという事、そもそもが一般市民を含めた中国人全員を殺害するなんていう考え方で戦争をしなかった事(戦争をする土地の人が皆死んでしまったら戦争の意味が無い、最終的に倒すのは政府)、等が挙げられ、中国人が心配する日本人による中国人殺害はもはや起きないと確信しています。
むしろ、日本に住む私としては、中国人が国策としてチベット人を殺している現状を心配しています。

それでは、当時の日本が中国人を積極的に殺して回ったのか、という事なのですが、これはよくよく考えて下さい。
人が混乱の中多く動くと(戦争になると)人は多く死に、その当時は混乱の中、日本人も中国人も生き延びなければならない状況で、そんな中、日本が中国に進出していったのですね。

私の親戚も戦争で中国の兵隊を殺したと言っていました。優しい人でしたが、やむをえない状況でした。ただ、そこで相手を殺さなかったらどうなっていたか? その人が死んでいたでしょう。
これが最善の結果かどうかは、自分自身でちょっと考えて下さい。

ただ市民は積極的に殺さなかった事は確かです。
戦争になると戦闘員同士の殺し合いが主体になり、
市民には手を出さないという形になりますが、
上に書いた人からの体験によると、中国人の市民の結婚式やら葬式を傍目で見ており、中国のやり方はこうなんだな、日本とは違うのだな、と思ったのだと事です。
この話しを聞いた時に、私は意外でした。
中国大陸に戦争をする為に行った日本の人は、一般市民も殺して回るのが仕事のように教えられてきましたから(傍目で見るなんて事があるのか? と)。

戦争が終わって帰国する際に、その人が帰国する際に、中国の人から日本軍が来てくれて混乱はしたが良かった事もある。山賊に襲われる事も無かったとお礼をされたとの事でこれにもびっくりしました。
(山賊なんていたのか? というのと、進駐していた日本軍にお礼をする中国人について。)

私が思うに、一番の奇麗事を言わせて貰えば、そうした混乱が起きなければ、兵士の中国人を殺す事もなかったのですね。ただその当時はそうした混乱が起こるのを避けられなかった。私達はこの過去を二度と起こさないよう反省しつつ、未来に向けて、そうした混乱を起こさないようにする事が大事なのだと思います。

また、市民を殺した、とありますが、
あ:中国兵士と戦って殺害した。一般市民も積極的に殺すよう作戦が取られた。被害者は30万人。ただ、この数字は「中国政府の政策決定によって決まった数字である」との指摘もあります(実数ではないという見方です)。
い:兵士と戦って殺害した。戦争の中で一般市民も積極的に殺す兵隊が出てきた。被害者は最大4万人(猛烈に巻き添えを喰らってしまった)。
う:兵士と戦って殺害した。一般市民にも被害が出てしまった。被害者は二人。
の内、どれなのかを検証中の段階なのです。

ちなみに中国の人達は「あ」を積極的に中国の政府から教えられています。被害は30万人と言っています。中国人は元々数を多く言う気質があるので、そこに注意した方がいいですね。
ちなみに中国でのテレビ番組は、
戦争時に日本に対してこう抵抗したぞ、という反日ものの番組(抗戦(カンチャン)もの)を流すのですが、
・ニュース:抗日勝利記念行事の発表
・ドラマ:抗戦ドラマ
・クイズ番組:抗戦クイズ
とテレビ番組まで徹底して日本を嫌っています。
必ずどこかのチャンネルでは抗日ものを放送しているそうです。
何故ここまで日本を叩いているかというと、
中国では年間に数万件の暴動が起きており、その不満を政府ではなく日本に向ける必要があるのです。ひどい話ですよね。

そうした日本に対する恐怖の煽りと、中国は日本より優れているのは当たり前だというプライド、そして、中国政府に対する中国人の不満を日本へ逸らす為に、反日感情に行っているのですね。

ちなみに、秦郁彦という日本の研究家は「い」で被害は4万人、但し、これは推測できる最大の人数で実際にはこれより大幅に下回る、と言っています。
「あ」の広報がデタラメだ、と市民を殺害したという証拠写真が合成であると証明する人もいますので、選択肢は「い」か「う」なのですが、戦争が起きているのに「う」は流石に無いかと思うので私としては「い」ではないか、と思っています。

-----------------------------------------------------------
次に韓国北朝鮮の人達ですが、
まずこれはロシアから考える必要があります。
当時はロシアが領土をどんどん拡大していく帝国であり、
日本は征服されるかされないかの瀬戸際に立たされていたのです。
勿論征服されていたら、日本はロシアの奴隷のように働かされていました。
これを何としても防がなければならない。

当時ロシアと日本の中間地点にあった国が朝鮮(今の北朝鮮と韓国)でした(地図をちょっと見てみましょう。地理的にはロシア→中国→朝鮮半島→日本となっていますね。中国はこの話しでは省略します)。
ロシアから見れば、征服の順序は朝鮮→日本です。
この国がしっかりしていれば、ロシアは日本を征服する事ができないのでオールOKだったのですが、朝鮮の政府はかなり弱かったのです。
そこで日本は危機感をつのらせます。
「このままではあっさりと朝鮮が征服されて次は日本だ」と。
これを防ぐには朝鮮を日本の一部にしてロシアの拡大を防ぐしかない、と。はっきり言えば日本のワガママですが、日本としては奴隷になるかどうかの瀬戸際。しのごの言っていられません。
そこで、朝鮮の政府に「日本の一部になってよ」と言いに行きます。
ただ、朝鮮の政府もそんな事はしたくない、とつっぱねる事もできました。
が、朝鮮政府も中国につくべきか、ロシアにつくべきか、日本につくべきか、人それぞれに意見があってまとまっておらず、政府も弱腰という現在の日本のような状態だったのですね。

そこで日本と組みたい、という人達が優勢だったのでこの人達を組む事にしました。ここが日韓併合です。

ただ、朝鮮の人達は、自分は上から何番目なんだ、という事を非常に大切にする民族です。
北朝鮮・韓国(コリア)の人達は中国No.1。コリアNo.2。日本No.3という認識でいるので、対等に組むならまだしも、三等国家の日本が親になる形で吸収合併された歴史が過去にあるというのは、プライドが許さないんですね。
そこで日本が併合して進めた政策をひどい、ひどいと訴える訳です。
(実際には人口増加、生産増加、死亡率低下で良い政治でしたが、朝鮮の人達のプライド・心情は考慮していなかった)。
そして、実際に日本は酷いことをしてきたんだよ、と親から子へ伝わるので、「酷いこと」の政策を進めたとされる象徴の靖国に反対しているんですね。実際にはそんな事は全くないんですが・・・。

そうですね。
一言で言えば、「自分の国に対する不満を日本に向けている」と言えますが、これを中国と朝鮮に分けて考えましょう。

日本は戦争の時に中国の人を殺しました。
これがあって戦争を指導した人をまつる靖国神社に参拝するのを批判しているのですね。
中国人を多く殺した指導者をたてまつっているなんて、日本はまた同じように中国人を殺すんじゃないか? と。
日本人は人が死んだら罪が無くなるなんて言うけれど、冗談じゃない、今の私達がそういう目に合ったらどうなる、と。
※日本は罪を憎ん...続きを読む

Q日韓併合について

日本は明治時代に朝鮮を植民地化した、と歴史で習いました。でも、韓国は伊藤博文を殺した安重根をヒーローのように祭り上げているのですが、実際は日韓併合を早めた、と聞きました。また、合併前と後で環境、政治、経済がどのように変わったのでしょうか。もし、併合がなかったら朝鮮はどのようになっていたのか。雑な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「当時、朝鮮人に対する日本人の扱いです」
日本は韓国を植民地にしたのではなく「併合」しました。
これは言葉だけの話ではなく、「日本人と朝鮮人を基本的に同様に扱う」ことを意味します。
例えば、朝鮮人であっても、

* 日本人と同等の日本語能力を身につければ、学校教育を受ける際に差別はない。日本が京城に設置した京城帝国大学には、多数の朝鮮人学生が入学していました。他にも、朝鮮には日本の官費で多数の専門学校(今の大学に相当)が設置され、日本人・朝鮮人の区別なく受験できました。
旧制専門学校
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%88%B6%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AD%A6%E6%A0%A1
の「外地」の項を参照してください。

* その中には、日本人と同じく高等文官試験(現在の公務員一種試験)を受験・合格して、日本国の高級官僚になる者もいました。朝鮮総督府には、そうして入府(入省に同じ)した朝鮮籍の高等官が相当数いたようです。

* 朝鮮人には徴兵制度は適用されませんでしたが、日本陸海軍に志願することはできました。人数は制限があったようです。陸海軍に入れば、苦しい訓練の代わりに三食が保証されますし、下士官に昇進して職業軍人になればとりあえず安定した生活が保障されますので、朝鮮での志願兵募集の際は常に志願者が殺到して高倍率になったそうです。

* さらに、朝鮮人であっても陸軍士官学校や海軍兵学校を志願・合格し、卒業すれば陸海軍の将校として日本人の下士官兵を指揮する立場になりました。
陸士や海兵の入試は現在の東大入試並の難関ですし、「朝鮮人枠」などというものはないので実際に朝鮮人が陸士や海兵に入学した例は僅かしかないですが、実在します。
(朝鮮より約40年前に日本に併合された沖縄県の場合も、陸士・海兵に入校した沖縄県民は、戦前の70年を累計して10人くらいしかいないようです)

* 日本陸軍では、将官に昇進するには陸士を卒業して陸軍少尉になった後、非常に難しい試験を突破して陸軍大学校に入学・卒業することが概ね必須でした。朝鮮籍の陸軍将校で、唯一陸軍大学校を卒業して陸軍中将に栄進した洪思翊中将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%AA%E6%80%9D%E7%BF%8A
は、陸軍軍人として勤務する際に常に朝鮮名を名乗っていたそうです。表面的には何の差別もありませんでした。

「日本人同様の日本語能力が前提」とはいえ、「朝鮮出身者」が、日本人と同等に帝国大学や陸士・海兵に学び、高等官(高級官僚)や陸軍将校・海軍士官になる機会を与えられていたと言うのは、「朝鮮は日本の一部であり、植民地ではない」というのがお題目ではなかった例証になると思います。

「創氏改名」ですが、これについては説明は他の人に譲ります。なお、別に「創氏改名」の結果として日本風に「金田忠一」と名乗る必要は全くなく、「金大中」と朝鮮名そのままを名乗っていて何の問題もなかった、ことは覚えておいて下さい。

「そもそも朝鮮には戸籍があったのでしょうかね」
日韓併合前の大韓帝国には公的な行政制度がなきに等しい状態でしたので、戸籍などは存在しなかったと思われます。

そもそも、国民のかなりの部分が奴隷身分であり、人間ではなくモノとして扱われていました。少数の貴族身分(両班階級)の者は、所有する奴隷を殴ろうが殺そうが性の玩具にしようが全く自由でした。

ちなみに、現在の韓国人のほぼ全員が「先祖は両班だった」と称しているそうです。日本人のほぼ全員が「先祖は武士だった」と称するのと同じことで、理屈上まったく有り得ないことなのですが。(笑)

「当時、朝鮮人に対する日本人の扱いです」
日本は韓国を植民地にしたのではなく「併合」しました。
これは言葉だけの話ではなく、「日本人と朝鮮人を基本的に同様に扱う」ことを意味します。
例えば、朝鮮人であっても、

* 日本人と同等の日本語能力を身につければ、学校教育を受ける際に差別はない。日本が京城に設置した京城帝国大学には、多数の朝鮮人学生が入学していました。他にも、朝鮮には日本の官費で多数の専門学校(今の大学に相当)が設置され、日本人・朝鮮人の区別なく受験できました。
旧制...続きを読む

Q現憲法で日韓併合は可能か

1910年当時の憲法が明治憲法ではなく現在の憲法だったとして、
憲法9条的に日韓併合は合憲でしょうか。

Aベストアンサー

日韓併合は、韓国から依頼されてやったもので
別に武力を行使してやった訳ではありません。

だから、日本国憲法のもとでも、憲法に触れる
ことはないでしょう。

政治的妥当性は問題で、私は反対ですがね。
犯罪が増えるだけ。

Q日韓併合後のコリアンの選挙権

日韓併合した後、コリアンも日本人と同等の義務と権利が与えられたという
ホームページを見ました。
その時、コリアンも選挙権を与えられたのですか?

Aベストアンサー

敗戦直前(1945年4月)に選挙法が改正され、これにより朝鮮・台湾・樺太の国民も選挙権を得たそうです。
(選挙は結局行われなかったそうですが。)
もっとも、そのきっかけは来るべき一億玉砕に向けての「国家総動員」の一環だったとのこと。
ただ、在日朝鮮人・台湾人への被選挙権ならば以前より与えられていたらしく、東京からも当選者が出ているようです。そのときの公約には「朝鮮人にも選挙権を!」もあったとか。

尚、選挙権とは関係ありませんが(勅選)、貴族院の方には10名の朝鮮・台湾出身議員がいたそうです。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/senkyo00/senkyo93/kuwari45.htm,http://plaza2.mbn.or.jp/~duplex/giten/k11.htm


人気Q&Aランキング