農家。米作ってますが、手間ひまかけてどぶろくをつくって市場にながして利益をだすためにはどのようにすれば?まったくのゼロからのスタート。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どぶろく「役人ごろし」、ヤミ米販売で有名な川崎さんに関する情報を集めたHPです


http://lavender.fortunecity.com/psycho/99/kawasa …

参考URL:http://lavender.fortunecity.com/psycho/99/kawasa …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。川崎さん、貯金ないのがとりあえずわかりました。

お礼日時:2003/10/30 02:06

 各種法律の規定をクリアしなければなりませんので,莫大な設備投資をしなければなりません。

 
 平成7年の酒税法改正による規制緩和で,全国に地ビール会社が100社以上できましたが,もうすでにいくつもの会社が倒産しています。
 地ビールやどぶろくのような小規模生産のものは,高コストになりますので,市場に流して利益を出すのは,かなり難しいと思います。

この回答への補足

ありがとう、ではどうしたらいいでしょう?

補足日時:2003/10/29 23:08
    • good
    • 0

自分で製造して自分で飲むくらいは・・・・・・


ただ利益を出そうとしたら酒税法その他が絡んできますので難しいのでは・・・・・
    • good
    • 0

 こんばんわ。


 まず,アルコールを製造するわけですから,前提として,アルコール事業法第3条第2項により許可がいると思いますよ。

 http://www.meti.go.jp/application/ONESTOP/HA4120 …

参考URL:http://www.meti.go.jp/application/ONESTOP/HA4120 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。いっぱい法律が...

お礼日時:2003/10/29 22:26

失礼、合法にての方法ですかね!。


だとしても、
個人では資本金や酒税の関係で、かなり新たに免許を取るのは困難です。
早く、規制緩和して欲しいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。では農家なんで自民に投票して、待ってみるか。

お礼日時:2003/10/29 22:25

法律違反になります。


ここでは、違反ですヨ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あらら

お礼日時:2003/10/29 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどぶろく・・・って

どぶろく・・・って・・・
昔はどぶろくを闇で造って販売はもちろん、自分で楽しむも犯罪でしたが、現在はどうでしょうか?
昔、亡くなったおばあちゃんが造ったどぶろくが懐かしく、自分で楽しむために造ってみたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分一人で作った物を自分一人で黙って飲む分には大目に見ているようです。
自家醸造イコールどぶろく的になってきていますが、どぶろくは濾さずにもろみ毎飲むのがどぶろくだったと思います。
でも、今はもろみを濾して清酒に近い状態や白酒みたいにして飲むのもどぶろく扱いかな。

色々探すと、製造方法は見つかると思います。
米は普通の白米で良いかと思います、酵母は、火入れしていない生酒をそのまま使えば、酵母の発酵が進みますので、酒になります。
保温器はジャーかな。
もろみを濾すなら、さらしや手ぬぐいで袋を作ってかな。もろみも一緒に飲みたければ、濾さずに飲めます。

酸味が無い方が良いという人もいれば、酸味があってこそのどぶろくだという人も居ます。(宴会やなんかでこういう話をすること自体が違反と言われています)

ビールなんかだと、自ビール製造器が販売されています。原材料の麦芽も。
一応ノンアルコールビールが出来る割合で作り方が書いてありますが、あれも原材料の割合を多くすると、アルコールのあるビールになりますが、それも大目に見ているようです。

酒粕で酒を造って、それを蒸留して焼酎にする人も居ます。

ブドウも居ますよね。

口をつぐんで楽しんで下さい。

自分一人で作った物を自分一人で黙って飲む分には大目に見ているようです。
自家醸造イコールどぶろく的になってきていますが、どぶろくは濾さずにもろみ毎飲むのがどぶろくだったと思います。
でも、今はもろみを濾して清酒に近い状態や白酒みたいにして飲むのもどぶろく扱いかな。

色々探すと、製造方法は見つかると思います。
米は普通の白米で良いかと思います、酵母は、火入れしていない生酒をそのまま使えば、酵母の発酵が進みますので、酒になります。
保温器はジャーかな。
もろみを濾すなら、さ...続きを読む

Q利益ゼロの飲食店

もし年収が一億ぐらいあれば、趣味、道楽として文字通り利益がゼロの飲食店をチェーン展開したいな、とよく妄想します。
そのようなことをしている金持ち、全国チェーンの店はないんですか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

芸能人で飲食店の経営者などというのは良くある話でしょう。
それなりの稼ぎや貯蓄をさらに増やそうと考えたり、飲食店経営などによる認知や人気を上げようと考えてかは、人それぞれです。

ですので、多少の赤字ぐらいであれば継続しているような芸能人経営者も多いですし、ある程度の赤字を出しても、所得の損益通算などによる税負担の軽減などもあるため、そのままにしていることもあると思います。

一部の芸能人ですが、短期間で赤字などを理由に飲食店を廃業し、また別ない飲食店の経営を始めるような人もいます。

利益ゼロと言われても、利益というのは段階的にあります。
売上から仕入れを引いた粗利益などもありますし、店舗の維持などの費用なども引いた利益というのもあることでしょう。この費用に自分自身の労力やリスクに対する自分の報酬部分をどの程度含めて考えるかも、人それぞれですからね。

そもそも、年収1億というのも人それぞれです。給与などの支給額で見ているのか、手取りで診ているのかもあるでしょう。事業の売上、いわゆる年商を見ているのか、年商などであれば、そこでも経費などをどこまで入れて考えるのかも人それぞれです
多くの人が年収と言えば、それなりの時間数に対して労力を使っているため、道楽であっても飲食店経営をどこまでできるのかも怪しくなります。これが不労所得での収入が1億円ということであれば別でしょう。

そもそも、そのような経営をしていますと公言するメリットは少なく、デメリットの方が大きいようにも感じます。私のような考えであれば、基本公言しないため、自らも教えないですし、その周りの人も教えないと思います。商売ですので、反感を買うだけで客が減り、利益ゼロどころか、赤字になるでしょうからね。

芸能人で飲食店の経営者などというのは良くある話でしょう。
それなりの稼ぎや貯蓄をさらに増やそうと考えたり、飲食店経営などによる認知や人気を上げようと考えてかは、人それぞれです。

ですので、多少の赤字ぐらいであれば継続しているような芸能人経営者も多いですし、ある程度の赤字を出しても、所得の損益通算などによる税負担の軽減などもあるため、そのままにしていることもあると思います。

一部の芸能人ですが、短期間で赤字などを理由に飲食店を廃業し、また別ない飲食店の経営を始めるような人もい...続きを読む

Qどぶろくを作っていいの?

どぶろくの作り方を書いた本が
ありますが違法なのでは?

Aベストアンサー

酒造り自体は違法ではありません。酒造技術の専門書も多数あります。

免許のない者が製造するのが違法なだけです。酒類の密造は没収、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。未遂罪も同様です。

自家用の製造(個人で楽しむ)も認められていません。国税庁を甘く見てはいけません。

酒造免許は一定の要件を満たせば取得できますが、年間の最低製造量の制限があるので、個人レベルでの免許取得は事実上不可能です。
「どぶろく」は酒税法上「その他の雑酒」に分類され、年間6キロリットル以上を継続的に製造すること、製造技術と製造設備を有することなどの条件があります。

なお、政府の構造改革特区制度により、「特定農業者による濁酒の製造事業」(いわゆる「どぶろく特区」)の認定を受けた地域では、「年間6キロリットル以上」の制限が免除されます。
ただし、どぶろく特区での製造は、民宿や飲食店を経営する農家(特定農業者)が、自家栽培米を使って製造する場合に限られます。

------------

一般個人が合法的に製造できるのは、アルコール分が1%未満のものだけです。これは酒税法上の「酒類」ではないので、酒造免許なしで自由に製造できます。

DIY用品店で売っている「手造りビールキット」などには、オリジナルのレシピで作ると1%を超えるので、水の分量を守るように、などという注意書きがあったりします。守っている人がどの程度いるかは不明ですが。

-----------

なお、家庭で作る梅酒などの「果実酒」も、決められた条件に違反すると酒税法違反になります。
・売ってはいけない。
・もとの酒類のアルコール分が20度以上であること。
・新たにアルコール分1度以上の醗酵がないこと。
・米、麦、アワ、トウモロコシ、コウリャン、キビ、ヒエ、でん粉、これらのこうじを加えないこと。
・ブドウ、ヤマブドウを加えないこと。
  <以下略>

酒造り自体は違法ではありません。酒造技術の専門書も多数あります。

免許のない者が製造するのが違法なだけです。酒類の密造は没収、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。未遂罪も同様です。

自家用の製造(個人で楽しむ)も認められていません。国税庁を甘く見てはいけません。

酒造免許は一定の要件を満たせば取得できますが、年間の最低製造量の制限があるので、個人レベルでの免許取得は事実上不可能です。
「どぶろく」は酒税法上「その他の雑酒」に分類され、年間6キロリッ...続きを読む

Q株式会社・LLC・NPO 経営の手間が少ないのは?

ヘルパー派遣の事業を起こしたいと思っています。

株式会社、LLC、NPO法人のうち、経営にもっとも手間がかからなさそうのはどれでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社とLLCは変わりはないでしょう。設立時の費用はLLCの方が安いですが。

NPOは通常の決算のほかに所轄庁への決算報告義務があるのでその分手間がかかります。設立手続を自分でやれば費用(印紙代等)はかかりませんが、時間はかかります。定款を変更する時もいちいち所轄庁の認可を受けなければならず、時間と手間がかかります。ただ、訪問介護事業所でヘルパーの有償運送を行うなら株式会社・LLCに比べて有利な取扱になっています。

Qどぶろくは、なぜ、どぶろくというのですか?

「どぶろく」をgoodで調べると

■[どぶろく]の大辞林第二版からの検索結果 
どぶろく 【〈濁酒〉・〈濁醪〉】
醪(もろみ)を濾(こ)し取らない、白く濁った酒。白馬(しろうま)。にごりざけ。もろみざけ。どぶ。だくしゅ。

と出てきました。
どぶろくの意味はもともと知っていましたが、なぜ、どぶろくというのか、「どぶ」「ろく」両方の語源について教えてください。 特に「ろく」について

Aベストアンサー

日本国語大辞典によれば、
濁醪(ダクラウ)が訛ったもの〔松屋筆記・梅園日記・和訓栞・大言海〕
[酉余][酉摩]緑(ドビロク)が訛ったもの〔類聚名物考〕
等、諸説あるようです。

* [酉余][酉摩]…それぞれ1字。[摩]の下は手ではなく糸です。

Q私の家は農家なんですが穫れた野菜を漬け物に加工し販売したいと思っていま

私の家は農家なんですが穫れた野菜を漬け物に加工し販売したいと思っています ゆくゆくは通信販売も出来ればと考えております
素人なので分からないのですがどうすれば販売できるようになりますか?
その道に詳しい方がいれば教えて下さい

Aベストアンサー

漬け物は都道府県によって食品営業許可の扱いが異なります。
ちょっと調べただけですけれど、東京・長野は加工食品製造業の許可が必要。
愛媛・広島・愛知は不要です。

「漬物を主体に30品目以上の加工品を販売」
http://www.ienohikari.net/data/noubunka/meisai/tukemonokoubou-jun.htm
ここなどにも聞いて見たらどうでしょうか、手続きなどどう進めてきたか教えて貰えると思います。

基本的に直売でなければ利益は望めないと思います、どこかに直売所を設けたり道の駅に出店したり。
一農家だけでは量や品目、また時間的のも限られるので近隣の農家と一緒にやるというのも方法かと。
普及センターにも相談されてはどうでしょうか。

Qどぶろくを作る

農家ですので材料の米のみはありあまるほどあります。どぶろくのアルコール度数は何%までできますか。あとコストの面に関して 特に大量生産を出来る手段もない素人です どぶろくを自家製するよりでしたら酒屋で日本酒を買ったほうが手間隙をふくめ安上がりでしょうか。素人自家製どぶろくは安く酒を飲みたいという希望にはそぐわないですか。

Aベストアンサー

>め安上がりでしょうか。
安上がりです。腐敗防止にかなり金を使いますから。
夏でもそくじょうほう(最初にヨーグルトを入れて乳酸醗酵させながらの糖化...)で作れないことはないのですが.「とにかくすっばい」酒になります(戦争直後.都内で同僚は「もう生きた人間を火葬する必要がなくなった」(火の中から助けてくれと叫ぶ声が耳に残っていた)と食べ物がなくなるまで飲んでいた)。すっぱいワインをグイグイいけるかたらば何とか飲めるでしょうが甘い酒を好みの大多数の日本人には向きません。

>安く酒を飲みたいという
探せば1升ビンで3桁の酒が打っています。こちらを購入したほうが確実に安いです。

Q自らが雇用主となり雇ったバイトを農家に派遣するビジネスは法律的に可能ですか?

田舎の果樹栽培が盛んな地域に暮らしており、収穫時期には何件かの農家さんに手伝いのアルバイトに行っています。
どの農家さんでも収穫期には人手不足で、収穫が間に合わなくて果実の破棄が大量に出てしまっています。
農家さんも高齢化が進んでおり、体力的に限界があり、また、人材を確保するために広告を個人で打つこともできません。

収穫期しか仕事がほぼないので、通年で人を雇うことができず収入が安定しない。
収穫期には毎日のように来てほしいが、すでに他の仕事があるため来られる人がいない。
というのが現状です。

そこで、月に1回~、2,3時間~の超単発のアルバイトの人を農家さんにマッチングする紹介派遣のような仕事が成り立つのでは?と考えました。
私自身もそうなのですが、毎日長時間の労働はできないけれど、週末の数時間や、家事や家業の隙間にアルバイトをして、月に2万円くらいの収入がほしい人も多いと思うからです。
果樹農家さんだけでなく、他の農家さんにもお声かけすれば、通年何かしらの仕事はあるのではないかと感じています。
仕事の内容は、収穫や草刈り、出荷作業など、専門性の低い仕事で、即日から現場で働くイメージです。

そこで、派遣業や職業紹介業など調べてみましたが、多くの資本金が必要で、兼業主婦では捻出が難しいとわかりました。
私が個人事業主となり、単発短時間で働きたい人を私が雇用し、アルバイト先に出向いてもらい、賃金は農家さんから私を通じ支払う形でも、これは派遣や職業紹介ということになりるのでしょうか?

ちなみに、わたしは在宅で仕事をしており、そちらで収入があるため、これで大きく儲けようとは考えていません。
農家さんから手間賃+ちょっとくらいを年額でいただいて、そのお金で運営し、アルバイトへの賃金は丸々支払うような形で充分だと思っています。
農家さんへの応援、働きたい人のサポートができたら嬉しいなぁという希望です。

私は農業は素晴らしい仕事だと思っています。
新規就農支援などありますが、まだまだハードルが高過ぎ、リスクが高過ぎで、農業をやってみるには強い覚悟が求められている気がします。
でも、専業農家、兼業農家より更にカジュアルに農業に関われる仕組みがあれば、もっともっと農業に関わり、興味を持つ人が増えてくれると思うのです。
私は28歳女性で、農家さんには、今時めずらしがられます。でも、農家に働きに行く、ということが、コンビニやスーパーでバイトするくらい、当たり前になってほしいと思うのです。

すみません、熱くなり本題から逸れてしまいました。
質問は、
「私が雇用主となり、アルバイトを農家さんに単発短時間で派遣する、というビジネスが可能かどうか」
ということです。
もし可能でしたら、それにかかる費用や資格など助言を頂けましたら幸いです。
よろしくお願いいたします!

田舎の果樹栽培が盛んな地域に暮らしており、収穫時期には何件かの農家さんに手伝いのアルバイトに行っています。
どの農家さんでも収穫期には人手不足で、収穫が間に合わなくて果実の破棄が大量に出てしまっています。
農家さんも高齢化が進んでおり、体力的に限界があり、また、人材を確保するために広告を個人で打つこともできません。

収穫期しか仕事がほぼないので、通年で人を雇うことができず収入が安定しない。
収穫期には毎日のように来てほしいが、すでに他の仕事があるため来られる人がいない。
...続きを読む

Aベストアンサー

あなたがすべての従業員に指揮命令を出すか、指揮命令出せる従業員も雇うなどしないと無理でしょう。

あなたの質問文を読めば、私も実家は農家で農作業も行いますし、会社経営で派遣も行います。可能性はあるかもしれません。しかし、どこの派遣業をしている会社でも、農業の分野に進んでいるところは見当たりませんよね。
派遣業に該当しますし、派遣業は敷居が高いのです。営業地域を増やすだけでも派遣業の許可要件が高くなります。

さらに農家のじいさんばあさんに派遣従業員の法律上の立場を諭したり、法律に従った指揮命令や監督してもらうのも難しいでしょう。
農作業は機械も使います。爺さんに引かれることもありますし、派遣社員などが爺さんを引くかもしれません。労災問題も大変な管理監督責任が生まれます。また、刈払機の作業ひとつとっても資格が必要となるのです。

ですので、やるとすれば、あなたが雇うと考えている人をそれぞれ個人事業主になってもらうしかないのです。あなたが請け負った農作業を下請けに出すのです。ただ、表面上クリアしただけで、事実上雇用しているとか言われかねませんし、労災事故で死人が出れば契約や実態を知らない遺族に訴えられるのです。

派遣法改正により派遣業の敷居も高くなりました。
通年仕事を想定でいる地域の農家は少ないはずです。しかし、一時期でも稼ぎたいという人もいないことはありません。もうけがでなければ維持もできないし、儲けを求めれば農家はつぶれると思います。

農業に興味があり、あなた自身が手伝うのは良いと思います。しかし、それをビジネスにしたり、事業として農業に支援したいというのは、派遣業を取る以上にリスキーでハードルも高いと思います。

あなたがすべての従業員に指揮命令を出すか、指揮命令出せる従業員も雇うなどしないと無理でしょう。

あなたの質問文を読めば、私も実家は農家で農作業も行いますし、会社経営で派遣も行います。可能性はあるかもしれません。しかし、どこの派遣業をしている会社でも、農業の分野に進んでいるところは見当たりませんよね。
派遣業に該当しますし、派遣業は敷居が高いのです。営業地域を増やすだけでも派遣業の許可要件が高くなります。

さらに農家のじいさんばあさんに派遣従業員の法律上の立場を諭したり、法律...続きを読む

Qどぶろく

昔のどぶろくの作り方を教えて下さい。
昔は、味噌を造るので、麹は、手に入れることがでたと思うのですが、
イーストは手に入れることは、大変だったと思います。
戦前のどぶろく造りを教えて下さい。

Aベストアンサー

イーストの方が入手は簡単ですよ。
殺菌しなければ勝手に発酵を始めるのです。
ワインの作り方を書くと、ワインを収穫したら壺に入れて潰すだけです。
ブドウや葉っぱに付着している(ブドウに限らず何にでもイーストは付着してます。空気中にも漂ってるぐらいですから人の手にも付着してますね。当然、無菌状態で作らない限り麹にもあります)イーストが、勝手に増えて発酵を始めてワインが出来上がります。
最初に絞っておけば白ワインが出来て、発酵した後絞れば赤ワイン。発酵途中で絞ればロゼワインになります。
で、発酵の途中で絞って瓶につめればシャンパンですね。

どぶろくの作り方は、基本的に、ご飯を60℃ぐらいまで冷やして、ここに麹と乳酸菌(ヨーグルトの上澄み液とか)と念のためにイーストを加え、壺に入れて冷暗所(床下とかですね。床下の地面に、口だけ出して埋めることもあったそうですよ)に置いて、1日一回かき混ぜるだけです。
ただ、蓋をきっちり閉めると発酵する時に出る炭酸ガスの圧力で爆発しますので注意です。発酵が悪い場合は、イーストを入れちゃえばいいです。

で、戦前の場合は、乳酸菌とイーストの代わりには、瓶にご飯を包んだ袋を漬けておくと、乳酸発酵が始まりますので、こいつをモトとして入れるのです。

ただし現在の法ではお酒の醸造は禁止されていますから、アルコール度数は1パーセント未満(アルコールが1%を超えるものがアルコール飲料となります)に抑えなければならないとされています。
1パーセント未満なら、ビールでもワインでもどぶろくでも自由に作れます。
http://homepage2.nifty.com/7m1lot/doburoku.htm
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/1994/d_what.html

イーストの方が入手は簡単ですよ。
殺菌しなければ勝手に発酵を始めるのです。
ワインの作り方を書くと、ワインを収穫したら壺に入れて潰すだけです。
ブドウや葉っぱに付着している(ブドウに限らず何にでもイーストは付着してます。空気中にも漂ってるぐらいですから人の手にも付着してますね。当然、無菌状態で作らない限り麹にもあります)イーストが、勝手に増えて発酵を始めてワインが出来上がります。
最初に絞っておけば白ワインが出来て、発酵した後絞れば赤ワイン。発酵途中で絞ればロゼワインになります...続きを読む

Q貸店舗の保証金ゼロについて

保証金ゼロで格安の飲食店舗の空きを
見つけたのですが、

私は今、飲食店オーナーを育成するスクール
に通っているのですが、

そこの校長に相談しても、
「安いからうさんくさいに決まっている」
みたいな感じで相手にしてもらえません。

同じビルに店を出している人の話では、
特に問題はなさそうな感じなのですが、
(その人も保証金なしで借りている)

学校は「出る時にトラブルになる」とか
言っています。

では具体的に出る時にどんなトラブルが
起きそうか?

または、店舗を借りて出る時までの注意等
ご存知の方、ぜひご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

先に回答されていますお二人の内容は有得る話ですが、基本は「賃貸契約書」の条項次第です。解約時の手直しについては、どこまで借主が責任を持つのか、決めておけば良いのです。業者も指定では無く、2社以上の見積もりを取るとかも決めておく事です。心配される事項を、契約書で明示してくれるように、借主又は代理の業者と話をする事です。
 皆さん、昔からの感覚でトラブルと思うのでしょうが、基本的には、借りるときに、借りたい気持ちが先にたって、貸主の条件や契約内容をよく検討しないで、そのまま受け入れてしまうからです。(受け入れざるを得ないことが多いですけど)でも、基本は、「賃貸契約書」であり、契約時に取り決めた事項が、双方に係わるのです。出るときに、トラブルことが多いのは、借主が家賃を滞納していたりすることが多く、その為の保証金ですから、リスクは貸主にあるのです。出るときに、無理な請求をされても、納得できない請求は、払わなければ良いのです。


人気Q&Aランキング