『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

トロンボーンを始めて1年ちょっとになる者です。私は高音が苦手で(高いG位が限界)、Google等で色々と調べて見た結果自分なりに練習メニューを作ってみたのですが、皆さんの感想を聞かせてください。
(1)学校での練習(週3)
・ロングトーン(B♭~G)
・B♭スケールの音階の練習
・タンギング練習
・曲練習
・リップスラー
曲練習がある程度済んだら、ひたすらリップスラーの練習をしようと考えています

(2)家での練習(毎日)
・マウスピースでの最高音でひたすらタンギング練習(30分間)


高音域にはリップスラーが重要だという意見が多数あったので、リップスラーを重点的にやろうと思いました。家での練習の方は理由の一つとして毎日吹いていないとすぐ口が忘れて、戻ってしまうと書いてあり、カラオケに毎日は行けないので、せめてマウスピースで口を慣らそうと考えました。また、高音域には唇の穴の大きさ、形が重要だとも書いてあり、それをタンギングしながらだとより意識してできると思いこのメニューを考えました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ジャズ専門のトロンボーン吹きオヤジです。


リップスラーは効果的だと思いますが、インターバルにペダルトーンを入れるともっといいですよ。
筋肉が柔軟になって更に高音が出しやすくなります。
ぼくはウォーミングアップにリップスラー、ペダルトーン、タンギングを必ず入れるようにしています。
    • good
    • 1

若いころ、バストロ奏者でした。


現役の頃は、5オクターブ弱だったかな?上はハイFまで出ました。
下は、ベダルの遥か下まで出ました。

1年目ではその位が限界でしょうね。

スケールは、12音階全ての調でやったほうがいいです。
最高音のためというよりは、今後のためになります。

リップスラーもちろんですが、フツーのスラーも練習しましょう。
どの音からでも、目的の音へ飛べるようにしましょう。
少しずつ広げて、最終的には1オクターブ以上ジャンプできると良いですね。

しかし、あまり高音の練習を重視するのはお勧めしません。

普通の音域を上手に吹けるように練習しましょう。

正しく練習をしていけば、自然とハイB♭位までは出せるようになると思います。

マウスピースの練習は、意味がないと思います。
これは、初心者用の練習です。

練習、頑張って下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトロンボーンのアドバイスをください

自分は楽器・トロンボーンを吹いています。ですが、未だにチューニングB♭の上Gが出ません。かすり程度なら出るのですが。原因は、自分の厚い唇にあると思います。ハイB♭も出したいのです。
どなたか助言をお願いします。

Aベストアンサー

小~中~高 とトロンボーンをやっていました

asmarianさんは始めての金管楽器でトロンボーンなのでしょうか?

私も唇は厚めだと思いますが、あの「金沢茂氏」よりも遥か上を出せます。
高校時代に1日限定なスクールがありましてそこへ金沢氏が講師として来ておりまして目の前で、トランペット領域を超えた高音を出してびっくりを通り越してあきれ返させた経験を持っています

とお膳立てはこの辺にして、
高音を出すときのは、唇をひっぱったり硬くしたりするのではありません、震えさせる部分を小さくする方向です
震える部分はあくまでも柔らかく、柔軟な状態で
震えさせない部分を軽く閉じて震えさせない

ためしにトランペットのマウスピースを当ててみてください、唇の震える領域が驚くほど小さいのに気がつきます
その幅を覚えて、指二本(ピースサイン状態)で唇を押さえて、バジィングしてみてください

トロンボーンのマウスピースの内側にトランペットのマウスピースがあるようなイメージで唇の中央部だけを使うような感じです

コツさえ掴めばどこまででも高音だせますよ

高音を出すよりも1音1音丁寧に出す事が大切ですよ
日々練習あるのみです!

小~中~高 とトロンボーンをやっていました

asmarianさんは始めての金管楽器でトロンボーンなのでしょうか?

私も唇は厚めだと思いますが、あの「金沢茂氏」よりも遥か上を出せます。
高校時代に1日限定なスクールがありましてそこへ金沢氏が講師として来ておりまして目の前で、トランペット領域を超えた高音を出してびっくりを通り越してあきれ返させた経験を持っています

とお膳立てはこの辺にして、
高音を出すときのは、唇をひっぱったり硬くしたりするのではありません、震えさせる部分を小さく...続きを読む

Q吹奏楽 金管楽器担当者の唇のバテ解消方法

吹奏楽の指導をしている者です。指導をしているといっても,専門的な知識はあまりないので教えて下さい。

トランペットを担当している生徒が,毎日の練習で唇がバテてしまったらしく,音が十分に出なくなってしまいました。特に高音はかすれた音ばかりで,まったくでません。本人もつらそうです。
コンクールが来週の土曜日にあるので,何とかバテを解消して,練習に取り組みたいのですが,唇のバテをなるべく早く解消する方法はありませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。今の生徒さんの状態は「バテ」ではなく,#2さんがおっしゃるように,疲労した状態で吹きすぎてバランスを崩したか,あるいは,唇の粘膜を痛めてしまっている,という状態だと思います。

まず,今の生徒さんの状態は,運動部で言うところの「けが・故障」に近い状態である事をご理解ください。今はとにかく,無理をさせないことが大事だと思います。特に指導者側からのプレッシャーは絶対に禁物です。出ない音を無理して吹かせない,というのは絶対に守ってください。粘膜の部分はデリケートですが,一方で回復も早いですから,あせらずに数日リラックスすれば,きっとかなりの部分回復すると思います。

コンクール間近であれもこれもやりたい,というのはお察しいたしますが,これは金管楽器奏法の本質的に関わる部分ですので,都合のよい特効薬はない,というところはご理解ください。

<以下,直接ご質問とは関係ないとは思いますが>
この時期,コンクールを目指す学校・団体は,どこも練習時間を長く取っていると思います。しかし,金管楽器奏者の唇は紛れもなく「消耗品」ですので,過剰な練習は禁物です。疲れて音が出なくなったら休む,というのは大原則です。耐久力(唇の筋力)をつけるためには,ある程度の負荷は必要ですが,それ以上は唇の粘膜を痛めたり,奏法のバランスを崩したり,と何もいい事はありません。
今さらかもしれませんが,必要以上に体(唇)をいじめない,というのは,本番直前のコンディション悪化を予防するための非常に重要なポイントですので,ご指導の際はお気をつけください。
本番当日の練習も,生徒さんの耐久力に応じて加減してください。

---
以上,長文失礼いたしました。ご参考になりましたら幸いです。
ご健闘お祈り申し上げます。

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。...続きを読む

Qトロンボーンの基礎練習法が知りたい!

僕はトロンボーンを始めて2年の中学2年生です。週3回しか練習がないので演奏会などで他の学校の演奏を聞くたびに落ち込んでしまいます。そこで!30分ぐらいでできる基礎練習法を教えてください!とにかく速く上手になりたいんです!!!!!!!!!!僕の気持ちをわかっていただけた方は少しでも良いんで教えてください。

Aベストアンサー

週3回の練習で早く上手になりたいですか…結構厳しいですね~
私の練習1週間の日数は、中学週3日・高校はほぼ毎日(部活は週3日であとは個人練)・大学週3~4日・現在一般バンドで週2~3日ですね。
週3日の練習だった中学の頃よりも、毎日楽器に触っていた高校の頃のほうが上達スピードは速かったですね。
結論からいって週3日ではなかなか速攻でうまくなったりできないです。
楽器の上達速度は練習内容と、毎日少しでも吹くことと、楽器に愛情を注いでやることですかね。

週3日では現状維持程度にしかならないでしょうが、効果的な練習法を少しお教えします。
fujimon5515さんの現在のレベルにもよるかとは思うのですが、

●ロングトーン
 テンポ遅め(60~80)で
 4拍吹く→4拍休み→4拍吹く→4拍吹く→4拍休み→4分音符4拍→4拍吹く  (繰り返し)
  を中音F・チューニング♭B・ロー♭B・中音F・チューニング♭B・D・チューニング♭B  で連続して吹く。
 ※必ずブレス・ピッチ・音の伸び・音の移り変わり等、注意しながら。
●リップスラー(テンポ80ぐらい)
  ロー♭B→中音F→ロー♭B(1ポジション)~7ポジションまで
  ロー♭B→中音F→チューニング♭B→中音F→ロー♭B ~7ポジションまで
   こんな感じで1つづつ音を上げていって、いけるようなら1ポジションでハ   イ♭Bまであがってみる。
 ※自分のできる範囲の音域で、確実に次の音に移れるように、いろんな事を確認
  しながら。
●タンギング
  いろいろ方法はありますがテンポ132ぐらいで16分音符ができるようにし  ときましょう。
●その他
  12音階、アルペジオなど、スライディング・音程を確認できるもの。

こんだけやってたらすぐに30分たっちゃうかと思います。
練習方法はほかにもいろいろあると思います。
教則本を参考にしてください。

何を練習するにしても大切なのは、“意識しながら吹く”ということです。
そして可能な限り毎日吹きましょう。

最後に一言。
今が一番伸びる時期のはず。
愛情かければ楽器は必ず応えてくれます。
がんばってくださいね。





 

週3回の練習で早く上手になりたいですか…結構厳しいですね~
私の練習1週間の日数は、中学週3日・高校はほぼ毎日(部活は週3日であとは個人練)・大学週3~4日・現在一般バンドで週2~3日ですね。
週3日の練習だった中学の頃よりも、毎日楽器に触っていた高校の頃のほうが上達スピードは速かったですね。
結論からいって週3日ではなかなか速攻でうまくなったりできないです。
楽器の上達速度は練習内容と、毎日少しでも吹くことと、楽器に愛情を注いでやることですかね。

週3日では現状維持程度...続きを読む

Q音と口の形(金管楽器)

27歳にして、初めての金管楽器・トロンボーンを始めて半年です。
社会人になってから始めると色々大変ですが、凄く楽しいです。

さて、金管楽器では、出す音によってマウスピースの口の形を変えますよね。
最近、トロンボーンの基本音(F)から、音階を上げていっているのですが、
F → G → A♭ 
までは出るのですが、それ以上が難しいです。

唇を少し口の中に入れると出るのですが、習っている先生によると、
それで覚えない方がいいと言われました。
先生は、口笛と同じで・・・と言っていましたが、口笛吹けないんですよ。

どんなイメージか分からず、困惑気味です。
唇に力を入れるんですか?

習っている先生だけでなく、色んな方の教えを乞いたいです。

また、タンギングも分かりません。
少しフルートを吹いたことがありますが、フルートでは、
『トゥ、トゥ』としていれば、はっきりした音が出ました。
しかし、トロンボーンで全音符で、『トゥ』と音を出すと、
出だしの音だけが強く(場合によっては、音が潰れます)出てしまいます。
実際は、どんのようなイメージなのでしょうか。

この2点のイメージついて、楽器を始めたばかりの私に教えて下さい。

27歳にして、初めての金管楽器・トロンボーンを始めて半年です。
社会人になってから始めると色々大変ですが、凄く楽しいです。

さて、金管楽器では、出す音によってマウスピースの口の形を変えますよね。
最近、トロンボーンの基本音(F)から、音階を上げていっているのですが、
F → G → A♭ 
までは出るのですが、それ以上が難しいです。

唇を少し口の中に入れると出るのですが、習っている先生によると、
それで覚えない方がいいと言われました。
先生は、口笛と同じで・・・と言っていました...続きを読む

Aベストアンサー

紹介させていただいた本が役に立ったようでうれしいです。
私も、あの本を読んだとき目からウロコでしたので。。。

ヤ○ーの掲示板も今度見に行かせていただきますね。

最後の「質問返し」・・・でしたね。

>先日、トロンボーンを習いに行った際、
『高音は、唇に力を入れず、遠くに息を吐く感じで~』
と、言われました。それはそれで良いのですが、では、唇の周りの筋肉って、何のためにつけるのでしょうか。何をするために必要なのかを知りたいです。
よろしくお願いします。

そうですね。確かに高い音を出すときには唇に力を入れがちになってしまいますね。
唇の周りに筋肉ができていたら唇に力を入れることはなくなるのですが・・・しかも無意識に。
>唇の周りの筋肉はなんのために必要なのか。
私は、高い音を出すため・・・と思っています。
または、音質をよくするため。と感じています。
もちろんこれは私の感覚なので正しいかどうかはわかりません。
ただ、自分の経験上、毎日嫌でも吹くことになる本番前が私の楽器演奏生活の中で一番上手い時期になります。
そんなとき「あ、筋肉ついてるな。」と感じます。
それによる効果は、
・力を入れなくても呼吸のような息で音が遠くまで届く。
・音域が広がる(普段出ない高い音がでる。)
・「え?トランペット!?」っていうようなpppの音から、fffの音まで上に挙げた「呼吸の息」で出せる。
↑筋肉が出来ているので音が支えられるのだと思います。

だから私は「I need 筋肉!!」「I want 筋肉!!」で、集中して合奏練習ができる本番前が大好きでした。
同じ毎日練習する・でも集中してやるのとただの無駄吹きは違いますしね。。。
今は学生のときのような集中した練習を毎日こなすことがないため、「力を入れなくても音が遠くまで届く」気持ちよさを感じることがなくなってしまいましたが、
一時、お風呂に入りながら(筋肉が柔らかくなっている状態で)マウスピースで音域練習をしていました。
筋肉をつけるために。。。

長くなってしまいました。
またどこかで楽器のこと、お話できたら、と思います。
ありがとうございました。

紹介させていただいた本が役に立ったようでうれしいです。
私も、あの本を読んだとき目からウロコでしたので。。。

ヤ○ーの掲示板も今度見に行かせていただきますね。

最後の「質問返し」・・・でしたね。

>先日、トロンボーンを習いに行った際、
『高音は、唇に力を入れず、遠くに息を吐く感じで~』
と、言われました。それはそれで良いのですが、では、唇の周りの筋肉って、何のためにつけるのでしょうか。何をするために必要なのかを知りたいです。
よろしくお願いします。

そうですね。確か...続きを読む

Qトロンボーンのマウスピースの選び方

現在、吹奏楽団でトロンボーンを吹いています。
楽器は4年目に入りましていまだに初心者状態だと思ってます。

今まで楽団では2ndを吹くことが多かったのですが、
最近1番を吹く機会が増えてきました。
しかし、高音が得意ではなく、1番ばかり吹いていると
すぐにバテてしまい、痩せたような細い音しか出せません。
もちろん、日々の訓練やテクニックが必要になってくるのは
わかっているのですが、マウスピースを変えることを考えています。
マウスピースだけで変わるとは思っていませんし、
また、それに頼りすぎてもいけないと思います。
しかし、試しに変えてみるのも一つの手かなと思っています。

そこで、皆様にアドバイスを頂きたいのですが、
・高音域が多くてもバテにくい
・痩せ細った音を何とかしたい
・高音域を充実させたいけど、中低音をおろそかにしたくない
この要望を満たすのに一番近いマウスピースがありましたら
教えていただきたいと思います。
ちなみに、ジャズやオーケストラはやりません。吹奏楽です。
また、口は小さめです。
色々細かいことを書いてしまってすみませんが、よろしくお願い致します。

現在、吹奏楽団でトロンボーンを吹いています。
楽器は4年目に入りましていまだに初心者状態だと思ってます。

今まで楽団では2ndを吹くことが多かったのですが、
最近1番を吹く機会が増えてきました。
しかし、高音が得意ではなく、1番ばかり吹いていると
すぐにバテてしまい、痩せたような細い音しか出せません。
もちろん、日々の訓練やテクニックが必要になってくるのは
わかっているのですが、マウスピースを変えることを考えています。
マウスピースだけで変わるとは思っていませんし、
また、そ...続きを読む

Aベストアンサー

自分に合ったリム(口を当てる部分)のMPは見つかるかもしれません。
ですが補足して頂いた内容を見ると、MPを変えることによってバテや高音の問題が解決することは無いと思いますよ。
「MPではなく練習で解決すべき」ではなく、「MPを変えても解決しません」ということです。

楽器とMPは変な組み合わせではないし、音域的にも平均的な水準には十分達していると思います。
練習の仕方、奏法の見直しで十分に対応出来る可能性もあると思うんですが・・・・・。

MPを探してみるのは良いとは思います。ですが、カップの大きさや形状、リムの大きさを変更する必要は無いと思います。
いくつかのメーカーが同じようなサイズのMPを作っているのですが、リムの形状が微妙に違うんです。リムの形状による演奏者との相性はありますから、より吹きやすい形状のリムを持つMPに変えることによって、若干のメリットはあると思います。何かが大きく変わるというよりは、全体的なレベルが底上げされるといった感じです。低音や高音が良くなる可能性、バテにくくなる可能性もありますが、質問者様の問題解決にはなりません。
MPを変えることによって得られることと言ったら、この程度です。





■バック 6 1/2AL
■ヤマハ 48
この2つはだいたい質問者様のMPと近いものです。
まずはこの2つを試してみるのは良いと思います。安いし、ほとんどの楽器屋にあると思います。
その後は大きさと形状がこれらに近いMPを出してもらい、吹き比べてみてください。店員に話せばわかるはずです。

2万円程度するような高価なMPをすすめられるかもしれませんが、もしご自身で良いと思わないのであれば、きっちり断ってくださいね。
上記のMPの他に、だいたい2~3つくらい別のメーカーのMPを出してくれる楽器屋が多いと思います。
MPを選びに行く日は楽器を持って行き、試奏したい旨を店員に伝えて実際に吹いてみてください。
もしその日初めて吹くのであればいつものウォーミングアップを、もしも吹いた後であれば、基本練習と吹奏楽のパートの一部分を吹いてみてください。
おそらく好みはほんの2、3分で分かります。
良いと思えたものがあれば買い、もし手ごたえがないようであれば、もう帰りましょう。MPを変える必要はないです。





長くなったのでまとめます。

■MP変更によって大きな変化は期待できないと思う。
■サイズの近いMPを選ぶのが良いと思う。
■好みの形状のリムを持つMPに変更すれば、若干の問題解決になる可能性はあると思う。



ご参考まで。

自分に合ったリム(口を当てる部分)のMPは見つかるかもしれません。
ですが補足して頂いた内容を見ると、MPを変えることによってバテや高音の問題が解決することは無いと思いますよ。
「MPではなく練習で解決すべき」ではなく、「MPを変えても解決しません」ということです。

楽器とMPは変な組み合わせではないし、音域的にも平均的な水準には十分達していると思います。
練習の仕方、奏法の見直しで十分に対応出来る可能性もあると思うんですが・・・・・。

MPを探してみるのは良いとは思います。です...続きを読む

Qトロンボーンが上手く吹けないんです

私は、中学の吹奏楽部でトロンボーンをしているのですが、クラブがある日は毎日練習しているのですが、全然上達しません。
7月には演奏会があるのでそれまでには上手くなりたいです。
お願いします。上手くなる方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
アマチュアのトロンボーン経験者です。

まず,何より大切なのが,こういう音を出したい!というイメージを持つ事です。
例えば,近くに上手な先輩とかがいれば,その人みたいな音が出したい!,でもいいですし,プロの人のCDを聴いて,こんな音が出したい!でもいいと思います。

次に,練習方法の前に,下に書いたような基本中の基本,知っていますか?
・正しい姿勢,正しい楽器の構え方
・正しい呼吸法
・自分にとって最適なアンブッシュア(唇の形)
ここがきちんとしないままにやみくもに練習しても,なかなか上達することはできないと思います。ここで説明すると大変な分量になってしまいますが,過去に同じようなご質問に答えたものがありますので,よろしければ参考にしてみてください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382
(この質問はトランペットですが,トロンボーンでも基本は同じです。というか,私がトロンボーンを吹いているときに気にしていることなので,本来はトロンボーン用のものです^^)


練習内容については,ごく当たり前のもので大丈夫です。つまり,
・ロングトーン
・リップスラー
・タンギング
・音階
などです。学校に何か教則本があるならば,それを使ってもよいと思います。


自分の出したい音のイメージをはっきりさせて,上に書いたような基本に常に注意しながらバランスよく練習していれば,一月くらいでぐっと変わってくるはずですよ。

---
以上,具体的なことが質問文になかったので,本当に基本の基本だけ説明しました。
何か細かいことで聞きたいことがもしもあれば,できる限り協力しますので,また補足ください。

*ただし,もしも質問者さんが4月にはじめたばかりであるならば,吹けなくて当たり前です。演奏会があるからと焦らず,じっくりと基本を作っていってください。その上で,もしも無理な部分があれば,それは仕方がないと思いますよ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1421382

こんにちは。
アマチュアのトロンボーン経験者です。

まず,何より大切なのが,こういう音を出したい!というイメージを持つ事です。
例えば,近くに上手な先輩とかがいれば,その人みたいな音が出したい!,でもいいですし,プロの人のCDを聴いて,こんな音が出したい!でもいいと思います。

次に,練習方法の前に,下に書いたような基本中の基本,知っていますか?
・正しい姿勢,正しい楽器の構え方
・正しい呼吸法
・自分にとって最適なアンブッシュア(唇の形)
ここがきちんとしないままにやみ...続きを読む

Qテナートロンボーンとテナーバストロンボーン

テナートロンボーンとテナーバストロンボーンの違い、長所、短所を教えてください。吹奏楽でトロンボーンを始めましたが、楽器は借り物です。いずれ購入するつもりですがどちらがいいのかわかりません。

Aベストアンサー

テナートロンボーンは、見てお分かりのように、
管が少ないので、楽器自体が軽くて楽です。
また、高い音が出やすい…と言われています。

テナーバストロンボーンは、テナーについていない管が
ついていますので、楽器自体は重めです。
でも、その管(ロータリー)のおかげで、第6,7ポジションの音を、
レバーを押しながら第1,2ポジション…で出せるので、
早いフレーズ演奏する時には随分楽です。
また、テナーでは出せない低い音も出せます。

吹奏楽などで演奏する場合、
トロンボーンパートは、1st~4thに分かれていますが、
テナーが1本だと、必然的に1stになる事が多いですね。
テナーバスは、バストロンボーンが居ない際には4thを
吹く事も出来ますので、幅広く活躍できます。

高い音~低い音までカバーできるのと、
ロータリーレバー使用により、楽なポジションで演奏できる
という点から、テナーバスが主流です。

特にテナーがいい!というこだわりが無いのであれば、
テナーバスを買われた方がいいかなぁ…と思います。

参考URL:http://www.nagae-g.co.jp/trombone.html

テナートロンボーンは、見てお分かりのように、
管が少ないので、楽器自体が軽くて楽です。
また、高い音が出やすい…と言われています。

テナーバストロンボーンは、テナーについていない管が
ついていますので、楽器自体は重めです。
でも、その管(ロータリー)のおかげで、第6,7ポジションの音を、
レバーを押しながら第1,2ポジション…で出せるので、
早いフレーズ演奏する時には随分楽です。
また、テナーでは出せない低い音も出せます。

吹奏楽などで演奏する場合、
トロンボーンパートは、...続きを読む

Qトロンボーンの基礎を教えてください

娘が、小学校の吹奏楽でトロンボーンをはじめました。

もらってきた楽譜にヘ音記号のソをラに、ミ♭をファに書き直していました。

先輩に教わったそうなのですが、楽譜どおりの音ではいけないのでしょうか。

先生に聞いたら、先輩が合っていると言われたようです。


あるサイトで、トロンボーンの音階をみたところ、ト音記号のドは6と書いて
ありましたが、学校では、1の場所だそうです。

どのように音階や覚えればよいのでしょうか。

ピアノとは、ちがうのでしょうか。

小学生でも、わかりやすいように教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ピアノとは違います。
といっても、譜面の読みは同じですが、ベースの調が違います。

これはトロンボーンに限らず、さまざな楽器で異なります。

トロンボーンはシ♭でチューニングします。

6ポジションは大人でも、腕長い男性が取れるくらい難しいです。

ですから、ドを1ポジにしたのでしょう。

ちなみに娘さんのトロンボーンにはF管がついていませんか?

普通のトロンボーンだと何もついてなくて1ポジがファになります。

F管がついていたら、ずいぶん演奏しやすいですよ。

ピアノとは違う楽器ですから、トロンボーン専門で覚えるだけです。

先生にお任せして、ちゃんとポジションを安定して覚えることが先決です。

譜面を間違えて覚える不安がありますか?

譜面は万国共通。変わりません。
それに音階練習で、ドレミファソラシドは全音階、練習しますから、大丈夫ですよ。

Q吹奏楽 金管楽器で唇がはれた?!

初めて質問します。

現在高校でホルンを吹いています。
コンクールまであと1週間しかないのですが、唇が厚くなってしまい、どうも腫れてしまっているようなのです。
前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
ハッキリした音が必要とされる曲なのでなんとかしたいのですが。
どなたか同じ経験をしたことはありませんか?
よければ対処法を教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
そういえば今はコンクールシーズンですね。懐かしいです(笑)。

まず,余計なお世話かもしれませんが,
>腫れてしまっているようなのです。
>前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。もう一度,自分の体の状態,吹き方,出てくる音を冷静に観察してみてください。ちょっとした調子の変動の範囲内の事が過剰に気になっているだけかもしれませんよ。

ただ,実際のところは,吹きすぎによる疲労が原因の可能性が高いと思います(もちろん,断定はできませんが)。私も同様の経験あります。

この時期,どうしても練習時間は長くなると思いますが,金管奏者の唇は「消耗品」ですので,疲労してしまったら休めるしか回復方法はありません。きちんと休息を取れば,すぐにコンディションは戻ると思います。また,回復を早めるには,#2さんがおっしゃっている「冷やす」は効果あると思います。
*ちなみに,またしても余計なお世話ですが,ある程度負荷をかけた練習は耐久力アップのために必要ですが,音が出なくなってしまってもしつこく練習を続けるのは逆効果です。

なお,練習後の疲労した唇は,粘膜が弱くなっていますので,場合によっては#1さんがおっしゃっているような状態にもなりかねません。日常の手入れにも気を配ってください。といっても,
 ・唇周辺についた汗や唾液をきれいにする
  (できればリップクリームくらいをつけておく)
 ・マウスピースも同様にきれいにする
くらいのことに気をつけていれば十分と思いますが。

もしも,原因が分からなくて&本番までに治るかどうか不安でしたら,今のうちに一度病院に行っておく事をお勧めします。大したことなくても,それが分かるだけでも気分的にはずいぶん楽になるでしょうし,ちょっとした腫れならば,薬で比較的簡単に治ると思います(これも私からは断定できませんが)。

---
長文失礼しました。素敵な音楽が楽しめるよう,がんばってくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
そういえば今はコンクールシーズンですね。懐かしいです(笑)。

まず,余計なお世話かもしれませんが,
>腫れてしまっているようなのです。
>前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。もう一度,自分の体の状態,吹...続きを読む

Qトロンボーンのウォーターコルクの交換

トロンボーンのウォーターコルク(つば抜きのコルク)を交換したいんですが、どう交換したらいいかわかりません。
交換の仕方が載ってるページや仕方などを教えてください

Aベストアンサー

> 具体的にどのような物で取り除けばいいのでしょうか?

コルクはウォーターキーに接着剤で固定されているので、ウォーターキーとコルクの間に少し小さめのマイナスドライバー(※先端が薄い方が隙間に食い込ませ易いため)を差し込んで少しこじるとコルクが剥がれます。

ウォーターキーにこびり付いて残っている接着剤とコルク片を、マイナスドライバーの先で擦り落とします。

仕上げに(あるいはコルクで隠れて見えなくなる部分でもドライバーによる引掻き傷が付くのが嫌だという神経質な人は最初から)、アルコールを含ませた布をマイナスドライバーの先に被せて、接着剤および汚れを丁寧に落とします。

ウォーターキーのコルク取付面がきれいになったら、No.1に書いてある接着剤を取付面に少し塗ってコルクを接着します。(接着方法は、接着剤の説明書に従うこと。)

一連のコルク交換作業をする時には、ウォーターキーのレバーと管とを「ねじりっこ」(ビニール袋等の口を縛ったりする時に捻って使うビニール被覆された針金)で縛って、ウォーターキーが開いた状態を保持しておくと作業が楽です。

> 具体的にどのような物で取り除けばいいのでしょうか?

コルクはウォーターキーに接着剤で固定されているので、ウォーターキーとコルクの間に少し小さめのマイナスドライバー(※先端が薄い方が隙間に食い込ませ易いため)を差し込んで少しこじるとコルクが剥がれます。

ウォーターキーにこびり付いて残っている接着剤とコルク片を、マイナスドライバーの先で擦り落とします。

仕上げに(あるいはコルクで隠れて見えなくなる部分でもドライバーによる引掻き傷が付くのが嫌だという神経質な人は最初から)...続きを読む


人気Q&Aランキング