月末締め翌月末支払(2/3手形1/3現金支払)の支払条件で、
90日サイトの手形の振出を行っていますが、
(8月31日締め9月30日支払⇒9月30日に 12月31日支払期日(満期日)の手形を振出 と 振込)

90日サイト⇒3か月として、必ず末日を支払期日としています。
(商慣行かと思います。)

2011年9月30日に2011年12月31日の支払期日(満期日)の支払手形を振り出した場合、
満期日が92日後になり、12月31日は土曜日で休日なので実際に入金されるのは95日後となります。

そこで
下請法で、「繊維業に対して親事業者は,下請代金の支払のために振り出す手形のサイトを原則として90 日以内」とされていますが、支払期日(満期日)が92日後になること及び入金が95日後になることはこれに抵触するものでしょうか。

下請法でも5日ぐらいの差は、商慣行で大丈夫なのでしょうか。
なるべくなら、月末ということで支払期日(満期日)を決めるのではなく、日数で考え90日後満期の手形を発行したほうがいいのでしょうか(2011年12月29日支払期日)?

なお、一括決済方式(ファクタリングなど)についても、同様の疑問がありますが、支払手形と同じ考え(基準)でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それは、あなたが勝手に決めるものでも、商取引法でも決めるものではありません、休みが長期間かかる場合は、相手の取引先と話し合って、何月何日に引き落とし日にするのか話し合っ決めるのが間違いないと思いますし、相手様に勝手に行う事は失礼かと思います、相手との話し合いで決める事が一番良いと思いますよ。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裏書手形と受取手形の関係について教えてください

ある会社の7月の月次試算表を見ていると、負債の部の裏書手形勘定に残高8,000,000円あります。7月末に買掛金の支払に裏書手形を使用したようです。(手形期日は10月末)
私の考えでは、例えば6月に受領した手形を7月に裏書した場合、次のような仕訳になると思います。
   6/E 受取手形 8,000/売掛金  8,000
   7/E 買掛金  8,000/裏書手形 8,000
  10/E 裏書手形 8,000/受取手形 8,000
まず、この考えが間違っていないか教えていただきたいです。

次に、受取手形の残高が2,000,000円しかありません。
上記の考え方で正しいのなら、7月末時点での受取手形の残高が裏書手形の残高より少ないということはあり得ないと思うのですが・・・。
どなたか、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>まず、この考えが間違っていないか教えていただきたいです。

間違っていません。
一般的な考え方だと思われます。

>次に、受取手形の残高が2,000,000円しかありません。

これが7月末の受取手形の残高であるならば、何か間違って仕訳しているのでは
ないでしょうか。
評価勘定法では受取手形の残高より裏書手形の残高が多いことはありません。

<可能性の探究>
裏書譲渡の勘定を使用するのは、偶発債務(裏書手形が不渡りになる場合)が
発生する可能性が有ることを認識するためです。
偶発債務を認識しなくてよいのであれば
   買掛金 800万円/受取手形 800万円
 となります。
 但し、これでは受取手形を減少させるだけですから、偶発債務が発生する可
 能性を認識できません。

よって、このような仕訳をする場合は対照勘定法で認識する事ができます。

   買掛金 800万円/受取手形 800万円
   裏書義務見返 800万円/裏書義務 800万円
http://www.mezase-bokizeirishi.jp/kouza2/boki4.html
   この場合受取手形の残高はなくなりますが、備忘として裏書手形を
   支払いに回した事を勘定で把握できます。

しかしながら本件では、裏書手形 勘定に残高があるのですから、対照勘定法
でも無いようですね。
対照勘定法と評価勘定法、両方の勘定を誤って使って仕訳しているのではない
でしょうか。(勝手な推測ですが)
   例 裏書義務見返 800万円/裏書手形 800万円
     なんて、仕訳でしょうか・・・・。

>まず、この考えが間違っていないか教えていただきたいです。

間違っていません。
一般的な考え方だと思われます。

>次に、受取手形の残高が2,000,000円しかありません。

これが7月末の受取手形の残高であるならば、何か間違って仕訳しているのでは
ないでしょうか。
評価勘定法では受取手形の残高より裏書手形の残高が多いことはありません。

<可能性の探究>
裏書譲渡の勘定を使用するのは、偶発債務(裏書手形が不渡りになる場合)が
発生する可能性が有ることを認識するためです。
偶発債...続きを読む

Q月末締め翌月払いの給与源泉について

こんばんは。
私は小さな会社の経理を担当しています。
長文になりますがご回答よろしくお願いいたします。

いつも経理のことで分からないことがあると、
相談に乗ってもらっている方がいるのですが、
今日急に「それは税務上問題があるから直してくれ」
と言われた仕訳があります。

指摘されたのは給与の
預り金(所得税、住民税)の仕訳です。
私の会社では給料を「月末締め、翌月10日払い」の給与形態をとっています。

今までは以下のように仕訳していました。

●毎月末の仕訳

給与○○○,○○○円/未払い給与○○○,○○○円
          /社会保険料 ○○,○○○円
          /所得税    ○,○○○円
          /住民税    ○,○○○円

●支払った時
未払い給与○○○,○○○円/普通預金○○○,○○○円

これを、「月末に預かり金を立てるのではなく、
支払った時(10日)に預り金を立ててくれ」
と指摘されました。

そうすると、月末に立てる「未払い給与」は
預り金を除いた社会保険料だけ控除した金額を計上することになりますよね。

●毎月末
給与○○○,○○○円/未払い給与○○○,○○○円
          /社会保険料 ○○,○○○円

●支払時
未払い給与○○○,○○○円/普通預金○○○,○○○円
             /所得税  ○○,○○○円
             /住民税   ○,○○○円

指摘された通りに直せば、こういうことですよね。

私が疑問に思ったのは、
所得税は「社会保険料を控除した金額から徴収する」ものなのに、
どうして預り金だけを支払った日に計上するのかが分かりません。

また、今まで行っていた月末の給与仕訳はどんな問題が
あるのでしょうか。
教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんばんは。
私は小さな会社の経理を担当しています。
長文になりますがご回答よろしくお願いいたします。

いつも経理のことで分からないことがあると、
相談に乗ってもらっている方がいるのですが、
今日急に「それは税務上問題があるから直してくれ」
と言われた仕訳があります。

指摘されたのは給与の
預り金(所得税、住民税)の仕訳です。
私の会社では給料を「月末締め、翌月10日払い」の給与形態をとっています。

今までは以下のように仕訳していました。

●毎月末の仕訳

給与○○○,○...続きを読む

Aベストアンサー

今まで通りでもなんら問題無いと思いますが?
ただ単に預か金が2ヶ月分残高に残るのがその人が許せないだけなのでは?
(源泉所得税は実際に支給された翌月10日に納付の為)

はっきり理由を聞いてみたらいかがでしょう?
私もその理由を聞いてみたいです。

Q裏書手形の表記について(確定申告)

裏書手形の表記について(確定申告)

個人で事業をしており売上代金を手形でもらうことがあります。
今までは全て手形期日直前に銀行に取り立てに出しておりましたが、
昨年は不況の影響で資金繰りが苦しく、手形を裏書きして仕入代金の
支払に充てていました。

そこで、確定申告時に貸借対照表に裏書手形の金額は受取手形の残高とは別に
どこかに表記しなければならないのでしょうか?
それとも、裏書手形はどこにも表記しなくても良いのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>確定申告時に貸借対照表に裏書手形の金額は受取手形の残高とは別に…

貸借対照表とは、期首および期末の現況を記載したものです。
その手形を受け取ったのが期中で、裏書きして支払に充てたのもその期のうちなら、貸借対照表には一切載りません。

受け取ったのが前年なら期首に、支払ったのが年を越してからだったのなら期末に載せることになります。

裏書きなのか、自分で発行したものかは、貸借対照表の記載と特に関係ありません。

Q月末締め月末払いとは?

お世話になっております。
9月より正社員で入社が決まっております。

賃金支払いに関してなのですが、採用条件通知書には
「月末締め月末払い(毎月25日)」との記載があります。

給与は年俸制になる為、年額が決まっております。
という事は、例えば今度の9月の給与としては、
9/1~9/31の労働賃金を、9/25に(ちょっと早めに)支払う
という認識で正しいのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありません。
ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

「当月末締め、当月25日口座振込み」何ですよね
それなら9/1~9/31の労働賃金を、9/25に(ちょっと早めに)支払うで間違いないです
年俸制なので出来る事です
年俸の12分の一が毎月支払われるという事ですね

Q受取手形の裏書譲渡

AはDからの300000の支払いとして、E振り出しAあての約束手形200000を裏書譲渡し、残高はD社あての約束手形を振り出した。
という問題なのですが、仕訳が
仕入 300000 | 受取手形 200000
         支払手形 100000
になると思うのですが、受取手形でなく、裏書手形でないとだめらしいのです。
解説には、詳しく載っていなかったのですが、どのときに受取手形、裏書手形となるのでしょう
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

>どのときに受取手形、裏書手形となるのでしょう

指定科目に受取手形でなく、裏書手形となっている場合でしょう。3級レベルですが、そのような指定科目は見たことないですが、あり得ないとは言えません。

ただし、そうなると受取手形勘定から裏書手形勘定への振り替え仕訳も必要になるだろうと思います。

Q支払手形と営業外支払手形の違いは?

厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。

3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。
「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」

TACや大原簿記などの模範解答では

 完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500
 仮払消費税3,500 /

となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

Aベストアンサー

営業外支払手形というのは、有価証券の購入などのいわゆる営業とは直接関わりのないものを購入した際に振り出した手形のことを言うのだと思います。引渡し物件が前期のものであるか否かで判断するのではないと思います。

Q企業は出来れば裏書手形は受け取りたくない?

簿記を勉強していて疑問に思ったのですが
裏書された手形を受け取るのと
普通の裏書されていない手形を受け取るのでは
裏書手形は不渡のリスクがあるから
企業にとって普通の手形で支払いしてもらった方が嬉しいのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、零細企業で経理を主に担当している者です。
裏書手形と普通の手形での支払いを受けた場合のリスクに
関してはもう他の回答者様の仰る通りです。
ただ、実務の場合裏書手形が廻って来たらその企業が資金繰り面
で窮しているとかの印象を持ちます。
リスクは同じですが自己の手形を発行出来ない理由があるのかと
考えてしまいますね。

Q期日現金と手形の違いについて

手形発行費用の削減、手形管理業務の削減という意味で期日現金という支払方法がひろく使われていると思います。

この期日現金というものについて分からない点があり質問いたします。

1.期日現金というのは法的な力がかかるのでしょうか?手形が不渡りとなれば倒産になると思うのですが、期日現金でも同じく倒産になるのでしょうか?

2.期日現金でも割引ってできるのでしょうか?

3.上記の2つの質問&手形の存在の有無以外で、期日現金と手形に違いはありますか?

最近会計システム絡みの仕事をしていて非常に気になっています。一部でも構いませんので、回答いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経理勤務を離れてから、この期日現金(期日振込?)が大手企業の多くに拡散されたような気がします。ブランクがあるので全部覚えていませんが債務をファイナンス会社に委託するケースが多いので、期日に振り込んでくるのは系列のファイナンス会社の名前となります。期日前の現金化はむづかしいと思いましたが、手数料と利息を払えば現金にしてくれるかもしれません。詳しくはファクタリングで検索するとヒットしますよ。
違いは期日振込は売掛金しかも長い(回収率が悪い)、手形は回収と見なされる。(実態はどちらも売掛債権として回転日数の対象となる。)

Q手形裏書時の偶発債務の処理について

簿記2級を独学で勉強しています。
テキストを2冊使用していますが、それぞれ手形裏書時の仕訳が違うので、どちらが正しいのか教えてください。

1冊目 TAC出版「サクッとうかる日商2級商業簿記テキスト」
手形裏書時の処理
  裏書時 (借)仕入など   (貸)受取手形
      (借)保証債務費用 (貸)保証債務

2冊目 成美堂出版「解いて覚える!日商簿記2級合格ブック」
  裏書時 (借)仕入     (貸)受取手形
      (借)手形売却損  (貸)保証債務
決済時の処理はどちらも、
  決済時 (借)保証債務   (貸)保証債務取崩益
なのですが、裏書時の保証債務に対する相手勘定が違っています。
成美堂の方には解説として、「裏書は額面で第三者に手形を売ることだから手形売却損とする」とあります。

よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

TACの考え方でいいのではないでしょうか。

「手形売却損」というのは、昔で言う「手形割引料」のことです。
この場合は割引ではなく裏書ですから、「手形売却損」という名の割引料は発生しません。

>成美堂の方には解説として、「裏書は額面で第三者に手形を売ることだから手形売却損とする」とあります。
・第三者に手形を「売る」(=現金化する)のは割引のことであり、裏書とは「この手形で払う」ということです。

Q手形の支払期日が日曜日

取引先から、約束手形で支払いを受けました。
手形取引は初めてなので、いろいろ自分なりに調べてみたのですが、支払い期日が日曜日になっています。
この場合、実際に取立てが行われるのは休み明けの月曜日になるのでしょうか?
当方の口座に振り込まれるのは、その月曜日から更に2-3日後になりますか?
支払期日が月末に近い日曜日で、その月内に口座に振り込まれるかどうか微妙な日付なので、割引した方がいいか迷っています。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

支払期日は「手形小切手法」にもとずき、記載された日が休日にあたる場合それを超える第一営業日、即ちこの場合は月曜日になります。(月曜日が連休の場合はその翌日と言うことになります)。

取立てについては、monako2003さんが取立てを依頼する銀行と、手形に書かれている支払銀行(手形の取引銀行)が同じである場合は期日の当日入金になります。(この場合は支店が変わっていても同じです)

また、取立てを依頼する銀行と支払銀行が違ってしまう場合は「未決済為替勘定」取扱いとなって、支払期日当日手形の取引口座から引き落とした後monako2003の口座に送金する手続きに入ります。
従ってこちらの口座に入金されるのは2・3日遅れが出ると言う事です。

この遅れを少しでも回避させる方法として、取り立て「電信扱い」があります、相手の口座引き落しと同時に送金してもらう、と言うものです。

一度取立てを依頼する銀行の「為替窓口」に相談してみてください。一部の地域では電信でも1日遅れになる事もあるようですから。


人気Q&Aランキング