Friedel-Cragtsのアルキル化反応でベンゼンとターシャルブチルクロライドが反応するとターシャルブチルベンゼンのみが生成しますよね。
でもFriedel-Cragtsのアルキル化反応では転移が必ず発生するはずなのでは?
たしかにこの場合生成するのが三級カルボカチオンなので非常に安定なのはわかるのですが始めに生成するのは一級のカルボカチオンですよね?
なぜこの一級のカルボカチオンがベンゼンにくっつかないのですか?

A 回答 (2件)

rei00 です。

お礼拝見しました。

「塩化イソブチル」ですか。それでしたらご質問の意味はわかります。

さて,回答ですが,カルボカチオンの安定性が1級<2級<3級の順である事はご存知ですね。で,この安定性の差は,かなり大きなものです。そのため,1級カチオンから3級カチオンへの転位はすみやかに起こり,ほとんどのカチオンが3級カチオンになります。

また,3級カチオンはフリ-のカチオンに近いですが,1級カチオンの場合はルイス酸が配位した RCH2(+)・ClA(-) の様な構造で存在します。そのため,3級カチオンの方が反応しやすい事になります。

この両者から,ほとんどのカチオンが3級カチオンとして反応し,生成物を与えます。

ただし,1級のカルボカチオンが反応した生成物が全くないかというと,これは別問題です。

おそらく,ご質問になっている反応でも収率は 100% ではないと思います。その 100% にたりない分の数%が 1級のカルボカチオンが反応した生成物という可能性もあります。あるいは,非常に微量なため,現在の検出感度では検出されていないだけかも知れません。

回答になっているような,なっていないような。いかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変丁寧で分かりやすい解答ありがとうございます。
やはり一級と三級の大きな安定の差が原因だったわけですね。
ただ参考書には唯一の生成物とかかれていたので疑問に感じたわけです。
おそらく収率から見てもほぼ100パーセントに近い量が検出されていると考えればいいのですね。
また、疑問に感じたことがあれば書きたいと思いますので、時間があればよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/05/01 18:32

すみませんが,何か勘違いされていませんか。



ターシャルブチルクロライドとルイス酸で生成するのはターシャルブチル・カチオンで3級です。

したがって,転移を起こすことなくターシャルブチルベンゼンのみを生成します。

1級,2級,3級の定義を勘違いされていないでしょうか。もう一度教科書を確認してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rei00さん適切な指示ありがとうございます。
実は質問の内容で一部私の勘違いがありまして、
実はターシャルブチルクロライドと書きましたが、大変申し訳ないのですが、塩化イソブチルの間違いでした。本当にスミマセン。

お礼日時:2001/04/30 12:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFriedel-Crafts反応のアシル化とアルキル化

アシル化とアルキル化は、触媒量以外に相違点はあるでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

Friedel-Craftsアルキル化は
反応試薬としてハロゲン化アルキルを、
アシル化はハロゲン化アシルを用います。
結果として、原料に付加する置換基は
アルキル基かアシル基かが異なります。

アルキルを芳香環に付加する場合、
アルキル化反応ではポリアルキル化が発生しやすく、
反応試薬の種類によっては副生成物が生成されますので、
結果として収率の低下を招きます。

そのような時にはアシル化を行い、付加したアシル基を
ウォルフ-キシュナー反応によりアルキル化した方が
収率が高まります。
まぁアシル化ではルイス酸の触媒活性が低下するので、
仰る通り触媒量が増加してしまいますが。

Qカルボカチオン

カチオンは分かるのですが、カルボカチオンとはどう言う状態を言うのでしょうか?

Aベストアンサー

炭素上にプラスの電荷を持つ陽イオンです。
窒素のアンモニウムイオン、酸素のオキソニウムイオンなどに比べると、炭素は安定な4価の結合状態では非結合電子対を持っていないので、カルボカチオンが安定に存在する例はあまりありません。
反応の中間体として現れる例が多いと思います。ただし、だからといって皆寿命が短いとは限りません。例えば炭素-炭素二重結合にプロトン(水素イオン)が付加する場合など充分なプロトン濃度があれば付加物の濃度はかなり大きいと思われます。特にCF3SO3Hなどの超強酸のなかでは安定なプロトン付加体が出来ますのでカルボカチオンも安定に存在するはずです。

Qカルボカチオンの安定性

一級カルボカチオンは、二級、三級に比べて不安定ですが、一級でも安定なカルボカチオンがあるそうなんです、それはどういったものなんでしょうか?
なぜ安定になるのか説明もしてくださると大変うれしいです。

Aベストアンサー

おそらくアリルカチオンではないでしょうか。

CH2=CH-CH2-というアリル基を持つアリルカチオンCH2=CH-+CH2は、+CH2-CH=CH2との共鳴があるので安定です。これらの原子は全て同一平面上にあります。これら3つの炭素原子は全てsp2混成していて、分子平面に対し垂直なp軌道を持っています(普通のアルケンと同じような軌道です)。カルボカチオンの空いたp軌道が二重結合のπ軌道と重なることで安定します。

アリルカチオンは簡単な第1級アルキルカチオンよりも安定で、その相対的安定性は第2級アルキルカチオンに匹敵するそうです。

ちなみにアリルアニオン、アリルラジカルも同様の理由で安定です。

Q反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)について

先ほどもご質問させていただいたのですが、また質問させていただきます;熱化学方程式で、「反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)」という関係式があるのですが、このとき、「単体の生成熱を0として考える」とあります。その理由が、よくわかりません。

なぜそうなるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単体の生成熱を考えてもいいですが,それは何から作るときの熱と考えればいいですか?
ということで,最初の基準点は何か決めないといけないわけで,手っ取り早く単体から始めるように決めた,というだけのことです.

Q熱化学方程式-ヘスの法則:反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式が理解できません。

問)メタン、炭素(黒鉛)、水素の燃焼熱がそれぞれ890,394,286kJ/molであるとき、メタンの生成熱(kJ/mol)を求めよ。
ただし、メタンと水素が燃焼したときに生じる水は液体であるとする。
答え
CH4(気)+2O2(気)=CO2(気)+2H2O(気)+890kJ
C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+394kJ
H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+286kJ
なので、メタンの生成熱をxkJ/molとおいて
反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式から、
890=(394+2*286)-x ⇔ x=76
∴ 76kJ
なのですが、生成物・反応物の下に生成熱を書きこむと
左辺が76kJ,0kJ、右辺が394kJ,2*286kJ,890kJで
右辺の方が圧倒的に熱量が大きいので、意味が分からなくなりました。
何故、反応熱Q=(反応物の生成熱の総和)-(生成物の生成熱の総和)でないのか教えてもらえませんか?

*別解(組み立て、エネルギー図)は理解できています。

Aベストアンサー

えっと....
メタンでのみ疑問に思いました? 例えば
C(黒鉛) + O2 (g) = CO2 (g) + 394 kJ
の生成物や反応物の下に生成熱を書き込んでみる (普通しないだろうけど, 「してはいけない」ということもないですよね) と
・左辺は (単体だけなので) 0 kJ
・右辺は 394 kJ と 394 kJ で 788 kJ
になるんだけど, 何かおかしいと思いませんか?
で何がおかしいかというと, 「各物質の下に熱量を書き込むのはいいとしても, 書き込むべき熱量は生成熱ではなく『その物質が持っている (単体からの相対的な) 熱量』でなければならない」ということに気付いていないんです.
つまり,
C + O2 = CO2 + 394 kJ
に対して書き込む熱量は (3つの物質それぞれに対し) 0 kJ, 0 kJ, -394 kJ であるべきです. これなら等号で成り立ちますね.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報