商標使用料の取引に消費税って計上するんでしょうか?

A 回答 (2件)

他人の商標を利用することは、役務の提供を受けることですから、消費税の課税対象となります。



ただし、外国の企業が自分の国で登録している登録商標を、日本の企業が使用する場合に支払う使用料に対しては、消費税の課税対象外です。
    • good
    • 0

ずばり課税対象です。


海外の企業の登録商標を使用する場合はその限りではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり課税ですよね。
非課税の理由がないですもんね。
こういう疑問を抱くこと自体、見えないモノに価値を見出すことの苦手な国民性のあらわれなのかしら。

お礼日時:2003/10/30 15:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q払い戻し手数料と振替手数料の意味が知りたいです

海外ネットオークションをたまに利用しているのですが、お金のやり取りはペイパルと言って外貨流通機関を通してやり取りしております。
簡単に言うと相手方が外国からペイパルに払うと私(日本側)が登録している日本の金融機関の口座にその代金が振り込まれるというものです。
そこで一つ問題があるんですが、日本の金融機関でそのお金を引き出す際に一律500円が手数料として差し引かれてしまいます。
その手数料の内訳は払い戻し手数料と振替手数料を足した額のようです。
金融知識に乏しい私なんでよくわからないんですが、振替手数料と払い戻し手数料の意味を簡単で構いませんので教えていただけないでしょうか。
意味もわからずに500円も持って行かれるのは納得出来ません^^;
ぜひアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>振替手数料と払い戻し手数料

振替手数料は海外から日本への送金手数料
払い戻し手数料は、(多分)自行でなく他行のための銀行口座利用払い出し手数料(例えば、ATMで銀行の預金をコンビニなど他の金融機関で払い出すとき、手数料が必要な場合がある。自行以外の仕事をただでしない)

Q未払い消費税、前払い消費税の経費計上について

青色申告で複式簿記をしております。

19年度分(平成20年3月申告分)まで、
9月27日中間納付の際と期末に
 9/27
 借方      貸方
前払い消費税  普通預金

 12/31
 借方      貸方
公租公課    未払い消費税
公租公課    前払い消費税

と処理して、その年の消費税をその年に経費で計上していましたが、
20年は思うように利益が上がらなかったので来年21年度に経費計上したいのですが、今までその方法でしていたので変更してはいけないのでしょうか?
又、問題ない場合、その方法は期末に振り替える処理をしないでそのままにしておけばでよいのでしょうか?

どなたか教えて下さいませ。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

利益が上がらなかったので来年に回したいと言うことですが
どんな意図があるのでしょうか。

まず企業会計原則上の「継続性の原則」に反します。
次に一種の粉飾決算に当ります。
各年分の売上・利益等の比較がしにくくなります。

税務上はどうか。
粉飾決算をし、わざわざ税金を多く払っている人に
間違っているから直せとは言いません。
税務上は問題ないです。

Q慰謝料と損害賠償は同じ意味ですか?

不倫の慰謝料は「損害賠償」と同じ意味ですか?
奥さんが旦那さんに不倫されて、不倫相手の女性に慰謝料を請求することを
「損害賠償を請求する」という事になりますか?

Aベストアンサー

慰謝料は損害賠償の一種で、精神的な損害に対して使われるものです。
要するに損害倍所の方が範囲が広いのです。

ご質問のケースでは、どちらも正解ですが一般には「慰謝料」と表現するでしょうね。

Q確定申告書の消費税及び地方消費税の合計額と会計システムでの納税額(消費税及び地方消費税合算)との差額について

今年4月から経理を担当することになりました。新米なのでいろいろ教えて下さい。まず、会社では会計システムで消費税を計算し納税額(消費税及び地方消費税の合計)を計算できるソフトになっており、100円未満の端数は雑収入として処理しています。それを元に税務署から届いた「課税期間分の消費税及び地方消費税の確定申告書」に記入していますが、100円未満の端数を切り捨てることから、会計システムでの納税額と申告書での消費税及び地方消費税の合計税額に100円差額が生じています。申告書の額で納税すると全体の納税額に100円不足となります。システムでの納税額を記入するのか、申告書の計算どおりに記入すべきか悩んでいます。皆さんはどのように考え対応しますか。

Aベストアンサー

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に伴う法人税の取扱いについて(平成元年3月1日直法2-1)」
(仮払消費税等及び仮受消費税等の清算)
6  法人が消費税等の経理処理について税抜経理方式を適用している場合において、消費税法第37条第1項((中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例))の規定の適用を受けたこと等により、同法第19条第1項((課税期間))に規定する課税期間の終了の時における仮受消費税等の金額から仮払消費税等の金額(控除対象外消費税額等に相当する金額を除く。)を控除した金額と当該課税期間に係る納付すべき消費税等の額又は還付を受ける消費税等の額とに差額が生じたときは、当該差額については、当該課税期間を含む事業年度において益金の額又は損金の額に算入するものとする。

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に...続きを読む

Q【地震保険料控除】用語の意味を教えて下さい

【地震保険料控除が創設され、所得税については平成19年以降地震保険に支払った保険料について、最高5万円の控除を受けることができるようになります】

税金の計算方法が全くわかっていないのですが、この場合例えば地震保険料として10万円支払い、5万円の控除が受けられるとすれば極々単純に考えて支払った所得税から5万円が返ってくると思えばいいのでしょうか?それとも年収(所得金額)から5万円を差し引いた金額を所得税の課税対象とするという意味なのでしょうか?
前者ならすごくお金が戻ってくるので地震保険に入ろうかなとも思いますが後者ならほとんど税金が戻ってくることはありませんのでガッカリですね。それとも控除とは他の意味があるのでしょうか
素人の質問ですがよろしくお願い致します

Aベストアンサー

所得税の控除には、所得金額から差し引かれる「所得控除」と税金から差し引かれる「税額控除」の2通りあります。扶養控除や社会保険料・生命保険料・損害保険料・医療費控除など、控除の多くが「所得控除」です。「税額控除」の代表的なものは住宅ローン控除でしょうか。

ご質問の地震保険料控除は、今までの損害保険料控除を発展させたもので「所得控除」にあたり、ご質問では後者に該当します。損害保険料控除は15000円が控除額の上限だったのが、地震保険料では50000円まで控除できるということになるようです。

Q消費税のない取引って、存在するんでしょうか?

消費税のない取引って、存在するんでしょうか?

フリーでライターをはじめました。
請求のことで質問です。

僕は消費税のかからない取引は存在していないと思っているのですが、
それは間違っているのでしょうか?

クライアントの経理の人が
フリーのくせに消費税をのっけてくるなんて図々しい
という考えの人らしく、

免税事業者でももらいすぎた消費税を納めるかどうかの問題じゃないか
と、その経理の人の言ってる事はおかしな話だなと思いながらも、

要するに見積もりで通った金額にプラスで消費税分を請求されるのが嫌なんだろうと思い、
20万でお願いしますと言われた仕事の請求書に
「請求金額:20万(税込)」と記入したところ、
ややこしい!との不満があったそうです。

確かにそうなると税抜き金額は 190,476円(消費税分 9,524円)となり
源泉徴収分は 19,047円
振込金額は 180,953円
と、数字の歯切れは悪くなりますが、結局なにが正解なのかわかりませんでした。

消費税のない取引って、存在するんでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答いただけますと幸いです。

消費税のない取引って、存在するんでしょうか?

フリーでライターをはじめました。
請求のことで質問です。

僕は消費税のかからない取引は存在していないと思っているのですが、
それは間違っているのでしょうか?

クライアントの経理の人が
フリーのくせに消費税をのっけてくるなんて図々しい
という考えの人らしく、

免税事業者でももらいすぎた消費税を納めるかどうかの問題じゃないか
と、その経理の人の言ってる事はおかしな話だなと思いながらも、

要するに見積もりで通った金額にプラスで消費税分を請...続きを読む

Aベストアンサー

>僕は消費税のかからない取引は存在していないと思って…

福祉関係はじめ非課税や不課税、免税取引はいくらでもありますけど。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6206.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6209.htm

>フリーでライターをはじめました…

小説家さんですか。
それなら課税取引で間違いありません。

>フリーのくせに消費税をのっけてくるなんて図々しい…
>免税事業者でももらいすぎた消費税を納めるかどうかの問題じゃないか…

それはたしかに間違った考えです。
あなたが正解です。
消費税の課税要件に、取引高の多寡は関係ありません。
免税事業者であっても、仕事内容が課税要件を満たすものであれば、消費税はついて回ります。

>要するに見積もりで通った金額にプラスで消費税分を請求されるのが嫌なんだろうと…

いやいや、事前の見積をしているなら、見積の時点で消費税が含まれているのか別に加算するのか、明確にしておかねばなりません。
なにも書かなければ、もらったほうは税込みと解釈します。

>「請求金額:20万(税込)」と記入したところ…
>源泉徴収分は 19,047円…
>振込金額は 180,953円…

これは違いますよ。
源泉徴収分は20,000円
振込金額は 180,000円
です。
「請求金額:20万(税込)」と書いただけなら、税込み金額全体が源泉徴収の対象になります。
消費税分まで源泉徴収してほしくなかったら、消費税額を明記しなければなりません。
「請求金額:20万(消費税 9,524円を含む)」
あるいは
「請求金額:190,476円、消費税 9,524円、合計200,000円」
などと。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>ややこしい!との不満があったそうです…

20万から 2万円を源泉徴収すれば良いだけであって、自己の無知でわざとややこしくしているだけです。

源泉徴収はあくまでも仮の分割前払に過ぎませんから、19,047円が 2万円になったところで、確定申告で正しい額に是正されます。

いずれにしても、消費税分を払ってもらえないわけではないのですね。
ごちゃごちゃ言われても結局は請求どおりに払ってくれるなら、それで良いんじゃないですか。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>僕は消費税のかからない取引は存在していないと思って…

福祉関係はじめ非課税や不課税、免税取引はいくらでもありますけど。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6206.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6209.htm

>フリーでライターをはじめました…

小説家さんですか。
それなら課税取引で間違いありません。

>フリーのくせに消費税をのっけてくるなんて図々しい…
>免税事業者でももらいすぎた消費税を納めるかどうかの問題じゃないか…

それ...続きを読む

Q「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。次の文章の中にわからない文があります。「税金、売買手数料等を其方で支払っていただき」はどういう意味でしょうか。特に、「其方で」の意味がよくわかりません。教えてください。

「そこで、Aさんにお願いがあります。私は、あの土地(1ム)を5万元で手放したいと思っています。(この5万元には税金、売買手数料、Aさんのマージン等を抜かした金額となります。)ですのでAさんには、その金額以上で売っていただければ、(税金、売買手数料等を其方で支払っていただき)残りのお金はAさんの方で自由にしてもらってけっこうです。)」

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので解決済みだとは思いますが、私なりに回答してみます。

この方の希望は、
1、A さんに自分の土地を売ってほしい。
2、土地をいくらで売るかは A さんに任せるが、
販売代金=「5万元」+「5万元にかかる税金、売買手数料」+「Aさんのマージン」
となるように売ってほしい。
3、その販売代金から、
「5万元」を私が貰います。
残りは、
『5万元にかかる税金、売買手数料」』+『Aさんのマージン』
です。
『5万元にかかる税金、売買手数料」』は、【其方[そちら]=A さん】が支払ってください。
残ったお金は『Aさんのマージン』ですから自由にしてもらって結構です。

ということですね。
つまり、
「高く売れば売るほど A さんのマージンは大きくなります。私は【正味で】5万元だけ手に入ればよいのです」
と言っているわけです。
 

Q仮払消費税が仮受消費税を上回る消費税の確定申告

教えてください。
3月11日に発生した東日本大震災・大津波で被災した法人です。
会計年度は4月から3月末です。
平成23年度の売上は殆ど見込めない状況にあり、施設が流失したものですから、年度内に建物外の復旧に大きな額を支出します。
この場合の例として、1年間の仮払消費税が10,000,000円となって、仮受消費税が500,000円とした場合に差額が9,500,000円となりますが、大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか。
なお、本年度は中間納付がないものとしてご指導ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか…

今年 (期) 分が本則課税で申告することになっているなら、基本的には還付されます。
950万丸ごと還付かどうかは、細かく吟味しないと何とも言えませんけど。

簡易課税なら還付はありません。

Q源泉票の個人年金保険料支払額の意味は?

源泉票や保険料控除申告書に支払保険料を記入しますが、上限額があります。ですが、個人年金保険料支払額を記入する欄もありますが、控除額に関係のない金額をわざわざ記入する必要があるのでしょうか? この欄の意味は何かあるのでしょうか? ご存知の方、教えてください。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

源泉徴収票の記載欄の事でしたね、失礼しました。

推測にはなってしまいますが、個人年金の控除に関しては、後からできた制度で、それ以前は一般分のみしか控除できなかったのですが、別枠で控除できるようになったため、生命保険料控除額が5万円より多い場合も、個人年金をこれだけ支払っているから、そういう訳ですよ、というのを示すために、わざわざ欄を設けたのでは、と思います。
で、なぜか、それが導入当初だけではなく、現在まで続いている、という感じと思います。
(ひょっとしたら損害保険料もそういう趣旨かもしれません)

Q公費負担予防接種料は消費税課税取引になるか

市からの受託事業で接種する予防注射は全額が負担されるが、私費でもらうものと同様に消費税の課税対象となるのか。
また、公費負担医療は非課税となっているが、これにはあてはまらないのか。
予防接種は、公費、私費負担を問わず、課税取引となるのか。

Aベストアンサー

「公費負担医療は非課税」なんてどこから引っ張り出してきたんでしょうか。
消費税が非課税となる医療は社会保険の対象となる医療です。公費なら何でもかんでも非課税だというような規定はどこにもありません。社会保険の対象とならない予防接種は非課税ではないというだけのことです。入院中の患者に治療の一環として行う予防接種のように社会保険の対象となって非課税とされるケースもあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング