慢性関節リウマチの主な治療法について
教えてください。

また、「慢性関節リウマチの低出力レーザ治療」について
現在、臨床で取り入れられているのか
取り入れられているならどのような成果をあげているのかなど、
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

慢性関節リウマチの治療方法は下記のページをご覧ください。


http://www.jugemu.com/kenko2/649.HTM

http://www.isop.ne.jp/mtc/kaz/Q&a_Riumachi.htm

http://www.hama-med.ac.jp/w1b/med3/inf/ra1.htm

慢性関節リウマチの低出力レーザ治療については、下記のページをご覧ください。

「慢性関節リウマチの低出力レーザ治療(1)」
http://www.fde.co.jp/lpl/J/RA-1.htm

慢性関節リウマチにおける低出力レーザの鎮痛効果
http://www.fde.co.jp/lpl/J/9805.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがこうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/30 13:42

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「慢性関節リウマチ」
このページで特に「治療」等と関連リンク先も参考にして下さい。

さらに
http://www.fde.co.jp/lpl/J/9805.htm
(慢性関節リウマチにおける低出力レーザの鎮痛効果)
http://www.greenmed.co.jp/body/lasertherapy.htm
(低出力レーザ療法)
http://www.fde.co.jp/lpl/J/RA-1.htm
(慢性関節リウマチの低出力レーザ治療)

ご参考まで。 

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/30 13:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慢性関節リウマチの治療法について

慢性関節リウマチの主な治療法について
教えてください。

また、「慢性関節リウマチの低出力レーザ治療」について
現在、臨床で取り入れられているのか
取り入れられているならどのような成果をあげているのかなど、
教えてください。

Aベストアンサー

慢性関節リウマチの治療方法は下記のページをご覧ください。
http://www.jugemu.com/kenko2/649.HTMチ

http://www.isop.ne.jp/mtc/kaz/Q&a_Riumachi.htm

http://www.hama-med.ac.jp/w1b/med3/inf/ra1.htm

慢性関節リウマチの低出力レーザ治療については、下記のページをご覧ください。

「慢性関節リウマチの低出力レーザ治療(1)」
http://www.fde.co.jp/lpl/J/RA-1.htm

慢性関節リウマチにおける低出力レーザの鎮痛効果
http://www.fde.co.jp/lpl/J/9805.htm

Q●慢性関節リウマチ●

慢性関節リウマチで貧血になるのはなぜなのでしょうか??

わかる方がいましたら教えて下さい!!!

Aベストアンサー

慢性関節リウマチの患者さんが持っている貧血は、炎症性の貧血であり鉄が足りないものではない(鉄欠乏性貧血)といわれております(もちろん女性の方は、もともと鉄欠乏性貧血の人が多いのですが)。リウマチがひどくなり炎症が強くなると、赤血球の原料となる鉄が、その炎症のところに動員されて、血液を造るほうに回らなくなります(専門的には骨髄マクロファジーに鉄が貯留するといいます)。そのためリウマチの患者さんに炎症性貧血が起こります(鉄が少ない鉄欠乏性貧血とは違います)。リウマチの症状が軽くなると(炎症が軽くなると)貧血は改善するようです。
 2番目の原因としては、リウマチで腎機能が悪くなると赤血球の産生を促進するエリスロポイエチンの出が悪くなり、貧血の原因となります。3つ目の原因としては、赤血球の元である骨髄骨髄赤芽球がうまく成長せず赤血球になりきれないことがあり貧血の原因になります。

Q寛解について教えてください(関節リウマチ)

30代女性です。半年前に関節リウマチを発症しました。
現在は抗リウマチ薬による治療中です。
主治医から治療が順調に進めば痛み止めを飲まなくても
日常生活を送れるくらいまでに回復すると説明を受けました。
(もちろん抗リウマチ薬を飲み続けることは前提です)

10年前に関節リウマチを発症した知人がいるのですが
彼女は今でも抗リウマチ薬・ステロイド・痛み止めを
飲み続けており、食器洗いができなかったり痛くてコップを
持ち上げられなかったりするそうです。
これは単に彼女の症状が寛解に至ってないということなのでしょうか。
それとも関節リウマチになった以上、これくらいの痛みは
生涯続くものと考えるべきなのでしょうか。

もちろん個人差はあると思いますが、参考意見をいただけると
ありがたいです。

Aベストアンサー

関節リウマチ患者です。 16年が経ちました。
寛解とは 抗リウマチ薬などで治療しながらも 炎症性の痛みも腫れもなく検査数値も全て正常値という状態が2ヶ月以上続いて初めて寛解と言います。
また 検査データも正常かもしくはそれに近い状態で 痛みや腫れなどの関節炎が多少有りながらも 日常生活もそれほど支障なく送れる状態を リウマチ(炎症)をコントロール出来ていると言います。
確かに 治療の成果はリウマチのタイプによって異なりますが。
10年前(それ以前)ですと 残念ながらリウマトレックスも承認されていませんので 寛解に持っていける方は極限られた人たちで コントロールするのが精一杯・ラッキーという時代でしょうか。
しかし現在では 効果的な薬も続々承認・発売されてますので コントロールできるのはもちろん 寛解に持っていける人もグッと増えました。
早期の内に やや強めの薬を駆使して しっかり炎症を押さえ込むことが出来れば 発病前と変わらない生活がおくることが出来ます。
もちろんスポーツも。 仕事も。 ハイヒールも。(これが寛解)
たった10年ですが これが医学の進歩の差ということでしょうかね。

※補足※
今は 効果的な薬も増えて 病歴が長く関節破壊や変形があったり 従来の薬では効果の無いリウマチでも寛解とまでは行かなくても コントロールは可能になって来ました。
私も 今が一番落ち着いています。 もちろん寛解ではありませんが。^^;
しかし お知り合いの方のお辛いご様子をお伺いしますと心配ですね。

関節リウマチ患者です。 16年が経ちました。
寛解とは 抗リウマチ薬などで治療しながらも 炎症性の痛みも腫れもなく検査数値も全て正常値という状態が2ヶ月以上続いて初めて寛解と言います。
また 検査データも正常かもしくはそれに近い状態で 痛みや腫れなどの関節炎が多少有りながらも 日常生活もそれほど支障なく送れる状態を リウマチ(炎症)をコントロール出来ていると言います。
確かに 治療の成果はリウマチのタイプによって異なりますが。
10年前(それ以前)ですと 残念ながらリウマ...続きを読む

Q慢性関節リウマチについて

慢性関節リウマチ患者の食事の仕方と食事用の装具について教えてください。

Aベストアンサー

食事用だけじゃないですが、装具の一覧が
絵でのってましたので、紹介します。↓

参考URL:http://www.marianna-u.ac.jp/ims/nanchinew/ra/p24.htm

Qアディポネクチンによる慢性関節リウマチの治療の可能性について

慢性関節リウマチの関節組織破壊にはTNFαが関与しています。(出典:笠原、園田、治療学p.1231-1234 No.12, 2002)
アディポサイトカインであるアディポネクチンとTNFαは、局所脂肪組織ではお互いの産生を抑制し、作用臓器である筋肉においてはお互いの作用を抑制します。アディポネクチンは、マクロファージの貪食能およびTNFα産生も低下させます。(出典:下村等、実験医学p.1762-1767 No.13, 2002)
では、アディポネクチンを投与することにより、慢性関節リウマチの関節組織内のTNFαの産生を抑制し作用を抑制でき、慢性関節リウマチの治療に役立つように思えるのですが、この推測は正しいと考えても良いのでしょうか。あるいは既にこのような証拠はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「慢性関節リウマチ(RA)とODF-RANKシグナル」
●http://www.fukushima-med-jrc.jp/html/topix/0305.html
(関節リウマチのこれからの治療法)
◎http://wwwsoc.nii.ac.jp/tjps/kouhou/topic/topic120-6-437.htm
(慢性関節リウマチと肥満細胞)
●http://www.jrlaser-hikarichuo.com/pages/rheuma/r-topics.html
(抗サイトカイン療法)
●http://www.toyama-chemical.co.jp/news/news96.html
(T-614の特長)
●http://homepage2.nifty.com/yoshi1212/new/031502shoda.html
(遺伝子治療)
◎http://www.riumachi.jp/patient/html/cytokine04.html
(サイトカインとRA)
◎http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=14519703&dopt=Abstract
(Adipocytokines in synovial fluid)
Originalにあたってませんが、adiponectinに関する記載もあるかもしれませんね・・・?

抗TNF抗体のRAでの臨床評価に関するPaperは調べてませんが、素人発想では仮にadiponectinがTNFαの産生を抑制しても(抑制の程度によるかもしれませんが)これだけではRAに有効(治癒)は難しいのではないでしょうか・・・??
⇒いくつかの薬剤のコンビネーションが必要のように推測しますが、どうでしょうか・・・???

ご参考まで。

参考URL:http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/cem_dcb/Pages/ODF-j.html

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「慢性関節リウマチ(RA)とODF-RANKシグナル」
●http://www.fukushima-med-jrc.jp/html/topix/0305.html
(関節リウマチのこれからの治療法)
◎http://wwwsoc.nii.ac.jp/tjps/kouhou/topic/topic120-6-437.htm
(慢性関節リウマチと肥満細胞)
●http://www.jrlaser-hikarichuo.com/pages/rheuma/r-topics.html
(抗サイトカイン療法)
●http://www.toyama-chemical.co.jp/news/news96.html
(T-614の特長)
●http://homepa...続きを読む

Qリウマチ治療薬での死者

約10万人が使用している関節リウマチの治療薬の重い副作用と判断された患者が、1999年の承認から昨年11月までに134人に達っしていたというニュースがありました。約0.1%の死者という事です。
製薬会社は「医師や患者に注意喚起してきた」と説明、厚生労働省は「注意して使ってもらうしかない」と、私の感覚では非常に無責任だと思える発言をしています。

厚生労働省が、このような副作用が強く発生頻度が高い薬を認可し、そして拡大を防止するという義務を放棄しているのは全く問題ないことなのでしょうか?
この程度の死者が副作用で発生する事は、薬の世界では全く普通のことなのでしょうか。
あまりに厚生省と製薬会社の反応・マスコミの反応が淡白なため、私の尺度がおかしいのかと思い質問します。

Aベストアンサー

同成分の薬剤を処方したことの有る医師です。

報道にもあったように主成分であるメトトレキセート(MTX)は、抗がん剤としては古典的なものであり、その副作用についての情報が不足していたとは思えません。相当昔から大学の講義でその毒性を教えられています。

その一方で リウマチは多くの人が長年苦しむ病気であり、この薬剤は適切に管理すればその苦しみを減らす方法になるものだと思います。

例えて言うなら河豚のようなもので、毒にも薬にもなるものを使いこなすのが医学の進歩というものです。

今回の死亡者数はそれにしても多すぎる。作用の個人差が有りますからゼロにするのは不可能にしても一桁か二桁多すぎと思います。(正しい用法だと死亡がなくなるわけではない)

こういうことがあったから薬剤の認可を取り消すというのは筋違いです。患者が救われない。用法の注意をと投与後検査を徹底するのが正しい筋道でしょう。

Q関節リウマチ 検査数値について

うちの母が関節リウマチの疑いがありました。

関節リウマチの七つの要件を満たしています。

検査したところ
抗GAL欠損G抗体が63,4
抗核抗体が40
基準値よりも高いのですが
MMP-3は50.0
KL-6は24,2
抗CCP抗体は1,2
と正常値ですので
今のところ関節リウマチの治療は見合わせるとの診断でした。

ちなみに頚椎狭窄症で手足の痺れがあり治療中です。

このまま様子を見て平気でしょうか?

Aベストアンサー

頚椎狭窄があると手足の痺れはあっても手足の関節が変形したりする事はまず無いと思います。

一度のみの検査データですか?
それとも数回されていつも正常範囲内と言う事なのでしょうか?

リウマチには検査データに出ないリウマチもあると聞いた事があります。つまり検査データは正常だけどリウマチと同じ様な症状が出る事があると言う事です。

そう言う場合は、リウマチ薬を半分にしたりステロイドを使ったりと薬の効果を一時的に調整しながら症状の軽減をはかるとの事です。
痛みの程度やこわばりの状態もあると思いますが・・・。

医師が様子診ると言う事であれば様子診る事も必要だと思います。
今後、酷くなったり日常生活が不自由だとか何かあれば治療する事も1つの方法だと思いますし何度かデータを取る事も必要だと思います。

Q慢性鼻炎の治療法

私はここ数年、慢性鼻炎に悩まされています。
鼻水がいつものどに降りてくる状態です。
内服薬も外用薬も、効果はありません。
「KTPレーザ手術」を受けたら、
このような症状はよくなるのでしょうか。
もし体験者の方がいらっしゃったら、手術のときと術後の
体験談を聞かせていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

4年前に、鼻中隔湾曲症の矯正手術をしました。簡単に言うと、鼻を摘むと、真ん中に骨がありますよね?多少の湾曲は、どの人もあって、ここがまっすぐな人はほとんどいないそうです。
私の場合は、生まれつきの症状だったので、成人して症状が酷くなってきたので手術に踏み切りました。約7万円。一日入院、翌日退院です。お盆だったこともあって、コンビに弁当とお茶が夕飯で、これにはびっくりしました。
局部麻酔で、ベッドに移され、手術室に向かいます。顔にシートをかけます。鼻の部分だけが穴が開いています。
局部麻酔は、男性は途端にトーンが下がる人が多いそうです。女性は痛みに強いので、手術中にお医者さんと会話できるぐらいの余裕が出ます。因みに私は、かなりハイにになってしまい、ペラペラしゃべっていました。毛細血管をレーザーで焼ききり、骨を削ります。最後は、のみのような器具を使って、杭でガンガン打って削り取ります。
その振動は脳に伝わりさすがに怖かった記憶があります。
3日間鼻が腫れ、鼻をアイスノンの様なマスクを鼻に当てるわけです。鼻の手術後は、麻酔が切れて痛みに耐えなければなりません。ところが、3日過ぎると、嘘の様に腫れがひきました。
ただし、強調したいことですが、よっぽど症状で苦しんでいるわけではないのなら、健康体にメスを入れるのはお勧めしません。私はその後、マイコプラズマ肺炎にかかり、風邪も引き、かなり抵抗力が落ちました。健康体に戻るのに、個人差があります。それを自覚して、手術を決めることです。良くお医者さんに打ち合わせをして、手術後は無理が出来ないことを意識して、下手にすぐ健康体になると思わないことです。
勿論、私は結果的に鼻に関してはものすごーく楽になりました。でも、完治はしていません。 
良かったら参考になさってください。

4年前に、鼻中隔湾曲症の矯正手術をしました。簡単に言うと、鼻を摘むと、真ん中に骨がありますよね?多少の湾曲は、どの人もあって、ここがまっすぐな人はほとんどいないそうです。
私の場合は、生まれつきの症状だったので、成人して症状が酷くなってきたので手術に踏み切りました。約7万円。一日入院、翌日退院です。お盆だったこともあって、コンビに弁当とお茶が夕飯で、これにはびっくりしました。
局部麻酔で、ベッドに移され、手術室に向かいます。顔にシートをかけます。鼻の部分だけが穴が開いていま...続きを読む

Q関節リウマチに詳しい方教えてください(CRPの値について)

関節リウマチを発症して1年が経ちました。
CRPの値は0.06から始まり0.9→2.6→1.2→現在は1.0となっていますが
このCRPの値からすると関節リウマチはどの程度の進行具合なのでしょうか?
自分としては0.9だった時期が最も痛みが激しかったので
CRPの値が全てではないのは承知しているつもりですが、だいたいの
目安でいいので教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

関節リウマチ患者です。
ちょっとわかりにくいのですが この場合の“進行具合”とは 今現在の関節破壊の進行度(進行具合)ということでしょうか?
それとも 質問者さまのCRP値から見るリウマチの重症度ということでしょうか?
 
いずれにしても CRP値だけでは何とも言えないところなのですが。。。^^;
前者の回答としては CRPの値は0.06から始まり0.9→2.6→1.2→現在は1.0の2.6の時期がどのくらいだったか(加えMMP-3値が幾つだったか)にもよりますが 1年間という期間ではそれほど進行していないと思われます。
痛かった関節のレントゲン画像診断で 骨びらんが出来ている 関節狭窄があるなどの進行度はわかるかと思います。
※骨びらん=関節部分の骨が溶けたような虫食いのような小さな凹みのこと。
※関節狭窄=軟骨が侵食され薄くなっていること。

後者の回答としては 確かに質問者さまのCRPも正常値をオーバーしていますが。
リウマチ業界では CRP 5.0くらいになる方も少なくはありませんし CRP 10.0を越える人も居ますので 驚くほど高い数値ではないのも事実です。
とは言え 関節リウマチでは CRP値が正常値でも10年・20年という長期スパンでは多少なりとも進行すると言われてますので 例えCRP 1.0でも年単位で長期間に渡ると進行は否定できません。
また 幾らCRP値が高くなくても MMP-3値が200以上ですと関節破壊の進行は速くなります。

いずれにしても 早く全ての検査項目が正常値(寛解)になるようお祈りしています。^^

関節リウマチ患者です。
ちょっとわかりにくいのですが この場合の“進行具合”とは 今現在の関節破壊の進行度(進行具合)ということでしょうか?
それとも 質問者さまのCRP値から見るリウマチの重症度ということでしょうか?
 
いずれにしても CRP値だけでは何とも言えないところなのですが。。。^^;
前者の回答としては CRPの値は0.06から始まり0.9→2.6→1.2→現在は1.0の2.6の時期がどのくらいだったか(加えMMP-3値が幾つだったか)にもよりますが 1年間という期間ではそれほど進行していないと思わ...続きを読む

Q慢性腎不全の毎月の治療費を安くしたい

透析ではありませんが毎月病院に通うため一月に7~8000円ほど治療費がかかります、年間にしたら結構な金額になるためどうにかして治療費を抑えたいのですがどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

それは仕方ないです。あきらめてお払いください。せいぜい確定申告して少し税金を安くしてもらうくらいでしょう。
あなたは慢性腎不全ならいずれ透析になるでしょうが、そうなれば医療費はほとんどかかりません。以前はまったくかからなかったのですが、最近、透析に関係ない、たとえば歯の治療とか花粉症とかでは一割負担になりました。でも障害者年金もありますし、福祉タクシーもありますし、映画も半額ですし、日本ってほんとに福祉国家です。ありがとう! 日本国政府様。 わたしは透析歴11年です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報