近所にA歯科医院があるのですが、歯医者さんも人当たりが良く
丁寧に説明してくださるので「近所に良い歯医者さんがいて良かった」と
喜んでいました。

しかし、最近、不安になる話を耳にしました。
知人のご主人が、勤務先の近くの歯科医院に通院していたのですが
転勤になったことで、A歯科医院に通うことにしました。
ご主人は並んだ二本の歯が虫歯だったそうで、その一本が
治療中だったので、まず、その歯の治療をA歯科医院でやってもらうことにしました。
治療に当たって、レントゲンを撮ったのですが、治療途中の歯の隣の歯も虫歯であることに
A歯科医院の医師が気づかなかったというのです。

その虫歯というのは、冠がかぶせてある、神経が既に抜かれている歯なのですが
前の歯科医院の医師はレントゲン写真を見て、その、抜いた後の穴が、
悪くなっていて治療が必須だ、と、診断したそうです。

しかし、同じ部分のレントゲン写真であるにもかかわらず
それを見ても、A医師は問題有りと診断しなかったそうです。

神経を抜いた後の穴が悪くなっているっていうのは、レントゲンで見落としやすいのでしょうか?
それとも、見つけられない方がおかしいのでしょうか?

私の父が、歯の治療を先延ばしにしていたのが原因で、入れ歯になって、
その後、毎日、不快感を訴えてるのを目の当たりにしてるので、「虫歯を見落とす歯医者さん」
という情報に、不安を感じたので、ご存じの方、是非ご意見を頂きたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

色々なご意見が出ていますが、取り敢えず歯科衛生士としての立場からです。


歯科医で行うレントゲンは、同じ部位でも、コーンと呼ばれるX線の照射口とフィルムの角度によってかなり違って撮ります。
勿論、撮す側の熟練度も必要ですが、患者さんの中にはフィルムを固定している指を動かしていたり、フィルムの一をずらしたりされる方もいらしゃるので、幾ら注意していても全く同じ角度で写真を撮す事は難しいです。
ですから、お話にでたお二人の歯科医師が見たレントゲンは、撮す角度の違いから虫歯が判る物のと判らない物に仕上がっていた、という考え方があります。
また歯科医によって、治療すべきと判断する虫歯の進行度合いの段階が違います。
小さな虫歯でも片っ端から治療していけば、それは勿論理想なんですが、でも「余計な所まで治療して金を稼ぐ」という患者さんもいます(と、いうより実際にそう言われた事がありました)のでこういう考え方の相違が生まれます。
という訳で実際に虫歯はあったけれど、A歯科医師の判断としては放置していても問題なかった、という考え方もあります。
ですから、今回の件はA歯科医が藪だと判断する材料としては乏しいと思われます。

尚、冠は金属でできている為、レントゲンで撮影すれば当然真っ白に撮ります。
勿論、冠に包まれている部分はミステリーゾーンと化します。
この部分に虫歯があったら、確かに発見は難しいです。
特に、神経をぬいていれば自覚症状が殆ど出ませんので尚更です。


それでは長文、失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!

A歯科医は、少々の虫歯ならむやみに削らないスタンスのようです。
なので、ほかの歯科医院で「要治療」な歯でもA歯科医院なら「必要なし」ってことは
有るだろうとは思うのです。ただ、例のご主人の歯の場合「絶対に治療をしないと、
やっかいなことになる」とまで言われた状態だったそうなので
そこまで診断に差がでるものなのかな、って思ったのです。
単純にレントゲンの撮れ方の違いで、見落としてしまうこともあるんですね。

お礼日時:2003/10/31 17:12

レントゲンをとれば100%虫歯が発見できると思われる方が多いですが、実際それは不可能です。


歯という三次限の立体をレントゲンフイルムという二次元の平面に撮しとるわけですから、金属部分や隣在歯との重なる部分は診断が的確に出来ません。
たった一本残った歯のレントゲンでも撮される角度によって悪い部分を見落とすことがあります。
症状がある歯は角度を変えて数枚撮影することもあります。しかし目的の隣の歯に関してはあくまで偶然に映ったに過ぎませんから、見落とすことも多いのも事実です。
見落とすのではなく、物理的に発見できない場合もあることを理解して頂きたく思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました!

レントゲンだけで確かな診断が出来るとは限らないんですね。
A歯科医院に不信感を抱くほどの落ち度ではないわけですよね。
私自身も度々お世話になってる所なので、今回の事が軽率な誤診とは限らないと
わかって安心しました。

お礼日時:2003/11/03 15:01

こんばんは☆



これはその先生にもよると思います。
今は治療しなくてもいいと判断する先生もいれば、
しっかりとやる先生もいます。
言いかたが悪いかもしれませんが十人十色です。。。

私の勤めていたところの院長はすみからすみまでやる医師でした。
しかし見落とすこともしばしばでしたよ(^^;
その場合、スタッフが歯石とりのときやブラッシング指導のときに気がつけば伝えていました。

また、このことはその医師に伝えたのでしょうか?
もし言ってなければ「前の歯医者で…」というかんじで
伝えたほうがいいと思います。
いい先生であれば治療はしなくともなぜやらなくていいのかなど
説明してくれると思います^^

長々とすみませんでしたm(_ _"m)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました!

え、すみからすみまでやるお医者さんでも見落とすんですか?!
こうなると、よいお医者さんの決め手って、無いも同然って感じですね。
例のご主人は、たぶん、もう一つの虫歯のことをA医師に伝えると思います。前の歯科医院で「絶対に治療しないと、やっかいなことになる」と断言されたそうなので。

お礼日時:2003/10/31 16:48

医者なんてそんなもんでしょ。



レントゲンもあんなあやふやな画像でよく診断できますよね。熟練が必要でしょ。
乳がんにしろ肺ガンにしろみんな見落とされてるじゃない。

歯医者でも、3パターンいるでしょ。

診断は的確だが腕は悪い。
腕はいいが診断が悪い。
診断も腕もいい。

それに、A歯科医が必ずしも見落としたとは言えないでしょ。前の医者が誤診して、たまたまちょっと白っぽく映ったところを虫歯と誤診してしまったとか。

余談ですが、怖い先生って良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!

テレビで医療ミスのニュースや、誤診の話を耳にすることが度々あるので
とても心配になってしまいます。
たしかに、診断が的確なお医者さんも、治療が上手に出来るとは限りませんよね。
そう考えると、もう、運を天に任せるしかないなあっていう気もしたりして・・・

お礼日時:2003/10/31 16:30

私の体験を書きます。



私は以前ずっとP歯科医院に通っていました。お医者さんはとても気さくで優しく、とても流行ってました。

そこで治療した虫歯が、また悪くなって見てもらったところ、レントゲンを見て、「根っこにひびが入っているから抜歯しないとだめです」って言われました。

その後、別の歯もまた悪くなってきたので、思い切って別のK歯科医院に行くことにしました。

そこで同じ歯のレントゲンを撮って、「他の歯科医院で根っこにひびが入っているって言われたんですけど」って言うと、「そんなことはない」って言われました。

そして根っこの治療を何回も何回もしつこいくらいにやって、「根っこを完璧に治療しないとまた再発しますから」と言われました。

他の歯も悪いところを全部治してもらって、それ以来、全く快調です。

でも知り合いにK歯科に行っているって言うと、「あの先生すごく怖いから嫌だ」って言われます。

怖い先生が良いって意味じゃないんですが、歯医者さんもいろいろで、時には見落とす場合もあるし、誤診もあると思います。また、人の評判もあてにならない場合もありますし。

いいお医者さんを見つけるには、試行錯誤しかないって思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!

RINGO-TAMAさんも、別々の病院で、違う診断をされたのですね。
やはり、よくあることなのかな。
良いお医者さん探しって、ホント、難しいです。
やっぱり、あちこち試してみるしかないのかもしれないですね。

お礼日時:2003/10/31 16:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q矯正で歯の神経が死んでしまったようです。

矯正で歯の神経が死んでしまったようです。

30代に入ってから矯正専門医で歯列矯正をしています。
来月ブラケットが外れる予定です。

まず単刀直入に言いますと、矯正によって歯の神経が死んだようなのですが、
治療費が返ってくる等の対応はあるのでしょうか?
神経が死んだ歯のその後についても色々教えていただきたいです。

去年夏頃から前歯の片方の色がくすんできたのが気になり始めました。
歯に衝撃を与えるようなことや歯が痛いということも一切なく、色だけが変わりました。
もしかして、神経が死んだのでは?と思いながらも、
診察中は先生は忙しそうで話すチャンスもなく過ぎていきました。
今年に入って話す機会があったので、歯の色が変わったことを言うと
稀に矯正が原因で神経が死ぬこともある、ということを言われ調べてもらうことになりました。

歯に痛みを感じるか調べる機械で調べてみると色がくすんだ方の歯の傷みは感じました。
逆に、もう片方の正常な色の前歯は何も感じませんでした。
レントゲンも撮りました。
結果としては、歯の神経は恐らく死んだだろうから、歯の色が気になるようならば
死んだ神経を取って歯の色を白くする処置をすると言われました。(治療費は不要だそうです)

考えられる原因としては、
去年の2月か3月頃に担当医が開業の為辞めたので、院長先生に担当が変わりました。
以前の担当医はとても丁寧な先生でしたが、院長先生は少し手荒な感じで
痛く感じる時が多々ありました。
そんなことで簡単に神経が死んでしまうことはないと思うのですが・・・。
先生が変わってからなので思いつく原因はこのぐらいしかありません。

どうか、よろしくお願いします。

矯正で歯の神経が死んでしまったようです。

30代に入ってから矯正専門医で歯列矯正をしています。
来月ブラケットが外れる予定です。

まず単刀直入に言いますと、矯正によって歯の神経が死んだようなのですが、
治療費が返ってくる等の対応はあるのでしょうか?
神経が死んだ歯のその後についても色々教えていただきたいです。

去年夏頃から前歯の片方の色がくすんできたのが気になり始めました。
歯に衝撃を与えるようなことや歯が痛いということも一切なく、色だけが変わりました。
もしかして、神経が死んだ...続きを読む

Aベストアンサー

矯正治療を始める前に、歯が死ぬかもしれないと、説明があったでしょうか?
保健所に相談したらどうですか?
以前にこんな裁判もありました。この場合は、矯正治療中の虫歯についてですが、この裁判は、歯科医が認めたため、判例として存在します。

参考URL:http://www.gvbdo.com/omoi/hanketsu.html

Q歯科医師や歯科衛生士の虫歯治療

こんにちは。
前から気になっていたことがあるのでお聞きしたいことがあります。

歯科医師や歯科衛生士の方々は、普段からデンタルケアにつとめていらっしゃる方々ですが、自分自身が虫歯になってしまった時治療はどうなさるんでしょうか?
平日・土曜日などは歯科医院で働いている訳じゃないですか。休診日はどこも大体同じだし。
自分がお休みの時は歯科医院も休診日な訳ですよね?一体いつ治療するんでしょうか?
一般企業の場合は5時終わりが多いので、予約しといて急いで駆け込めばなんとかなりそうですが。。

なんだかずっと気になっていて。変な質問ですがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

スタッフは昼休み、診療時間内の患者さんのキャンセルがあった時、研修日に診ることが多いです。

複数歯科医がいる場合は昼休みに診てもらい、
一人の場合は知り合いの歯科医に休診日に診てもらう事が多いです。

中には鏡を見ながら自分で治療する歯科医もいます。

参考になれば幸いです。

Q歯の神経が死んでしまったようです。

先日右上の歯が、物を噛むと痛いので歯医者に行ったら、歯の神経が死んでしまったようですって言われました。歯の死んだ神経を抜く時ってかなり痛いのですか?18年前虫歯で、歯の神経を抜いたのですが、その時はかなり痛かった記憶があるのですが、今はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

歯の神経(歯髄)が死んでいたら、痛みは無いです。

 ただ、奥歯の場合は根が複数あり、全てが平均的に死んでいるとは限りません。通常歯髄死の歯を麻酔する事はありませんし、麻酔をすると周辺の感覚が全て麻痺してしまうので、歯髄がどんな状態なのか判らなくなってしまいます。
 この様なときは少し痛みますが、痛みが出れば、その時に麻酔できますので、担当医にお任せ下さい。

Q【妊娠末期に歯科医院でレントゲン撮影】をし不安です

原発問題を通して放射線の恐ろしさを感じ、不安が起こってきました。

妊娠末期(34週頃)に、歯科医院(最近開業した30代半ばの院長)にて、
歯全体と顎の付近のレントゲンを、二枚も撮りました(プラスチックの棒を口に加えて撮影。撮影結果がPCウィンドウズに映しだされました)。

現在子供は一歳1ヶ月ですが、見た目は異常なしですが、数年後に白血病などに罹ったらどうしよう。。。。不安でいっぱいです。

院長は、妊娠末期であることを百も承知で、歯科用レントゲンの放射線に関しては、
特に何も気にしていないご様子でした。

歯科用のレントゲンの放射線の強さは、いったい、どのへんのレベルなのでしょうか?

Aベストアンサー

歯科医師です。
まったく心配ありません。

私の家内も妊娠中に嚢胞(歯の根のところに出来た大きな膿)でレントゲン写真を撮影したり、治療をしています。

歯科医師が自分の身内にも行ってる行為です。
安心してください。

Q歯の神経を抜くと、、

質問させてください。
30代男性です。

現在、銀歯をはめているのですが、冷たいもの、熱いものを食べるとかなりしみてきました。
歯医者曰く、銀歯から歯の神経に熱が伝わりやすくなっている、神経を抜いてうめましょう、と提案を受けました。

自分は結構、歯の神経を抜いているのですが、神経を抜くと将来、歯茎がぐらぐらになり、入れ歯をしようとも定着しないほどになってしまう、と聞いたことがあります。

これは正しいのでしょうか?
良きアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

お断りしておきますが私は歯科医ではありません。
しかし、歯の健康維持には関心を持っています。持っている、と申しましたが持たざるを得ないほど、歯を劣化させてしまったからです。

ところで、歯の神経を抜く、と良く言いますが、正しくは「歯髄の切除」です。「歯髄」とは、歯に栄養を補給する血管のことです。ですから、大事な役割を持った血管を切除してしまうのですから、歯には栄養が供給されません。いずれかの時期に歯は抜け殻になってしまいます。でも、優秀な歯科医のテクニックによっては、かなりの期間持ち堪えさせる事は可能でしよう。

さらに、
被せ物の銀歯の件ですが、沁みるようになったのは全て貴方様の責任です。何故なら、どんなに優秀な技工士が作成した被せ物でも、強い圧力を毎日加えて使用していれば、当然にミクロの隙間が出来るのです。その隙間から、虫歯菌が侵入して活動するのも又当然の事です。

したがって、被せ物をしているから安心なのではなく、話は逆で、被せ物をしているから日常のメインテナンスが必要なのです。

優秀な歯科医は、なるべく「抜かない」、「削らない」を鉄則にしていますよ。
今回のケースでも、被せ物を一旦外して、虫歯になったであろう部分の治療し、なるべく神経を抜かないにして貰えればベストでしようけど、その決断は先生しか出来ませんからねぇ。

お断りしておきますが私は歯科医ではありません。
しかし、歯の健康維持には関心を持っています。持っている、と申しましたが持たざるを得ないほど、歯を劣化させてしまったからです。

ところで、歯の神経を抜く、と良く言いますが、正しくは「歯髄の切除」です。「歯髄」とは、歯に栄養を補給する血管のことです。ですから、大事な役割を持った血管を切除してしまうのですから、歯には栄養が供給されません。いずれかの時期に歯は抜け殻になってしまいます。でも、優秀な歯科医のテクニックによっては、かな...続きを読む

Q高校生二年生女子です。歯科衛生士になりたいと思ってます。実際自分が通ってる歯科医院で歯科衛生士さんを

高校生二年生女子です。歯科衛生士になりたいと思ってます。実際自分が通ってる歯科医院で歯科衛生士さんを見ていて、とても憧れます。もし歯科衛生士になれたら将来は地元の歯科医院で働きたいと思ってます。ですが、大人からは歯科衛生士を目指すなら看護師の方がいいんじゃない?と言われます。実際どうなのでしょうか。

歯科衛生士として働いている方で、歯科衛生士の魅力を教えてください!

Aベストアンサー

私も歯科衛生士よりも看護師の方がいいとおもいますが、sakiko_18さんは歯科衛生士になりたいと思われているのですから、歯科衛生士になられるといいですよ。
 なりたくもない職業に就いても苦しいだけですし、看護大学に行かれても、歯科衛生士の夢をあきらめ切れなくて途中で大学を辞めるとなったら、大変ですからね。

 で、ご自身が行かれている歯科医院の歯科衛生士さんに、治療を受けている最中でもいいですから「私、歯科衛生士になりたいのですよ」と言って相談にのってもらっては、どうでしょうか。

 乱文で失礼します。

Q歯の神経・・・。

最近、歯医者にて虫歯があり進行しているとの事。
それで神経を抜きました。

歯の神経ってなんですか??抜いたらどうなるんですか?
もう抜きましたが・・・。神経を抜く事なんてできるのですか??
教えて下さい。

Aベストアンサー

じゃ、こんなページはいかがでしょう?

参考URL:http://www.kamikami.com/quest/pulp.html,http://www.jade.dti.ne.jp/~mat-dent/pulp/page004.html

Q歯科医院でのレントゲン撮影について

現在歯科医院でパートとして働いています。うちの医院ではチェアーとチェアーの間についたてなどがありません。
その為レントゲンを撮る際に撮る患者さん自身には鉛?の入ったカバーをするのですが、隣の患者さんやスタッフにはX線が当たっています。これって大丈夫なのでしょうか?
先生は自分に向けて平気で撮っていますし、そんな所(隣と1m少し離れています)まで届かないから大丈夫だと言っています。
でも私はそろそろ子供がほしいと思っていますので、なるべくX線には当たりたくありません。
妊娠が分かっていたら当たらないように気をつけてもらうよう言えるのですが、いつ妊娠するか分からないのに言いづらいです。
専門家の方の意見をお聞きしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

レントゲンの放射線はとても微量で、吸収されやすく、しかも重いので、患者さんを通り抜けた放射線は更に微量です。
通常はスタッフも防護エプロン(腹部を覆うぐらいのもの)をかければほぼ影響はありません。
ただし、これは基本的な問題。

幾ら微量でも回数が増えれば人体に影響はあります。1日10人以上の患者さんが来ているのなら気をつけましょう。

人体の中でも生殖器官は放射線の影響を受けやすく溜めやすい臓器です。歯科スタッフに防護エプロンすらしないのであれば、知識不足としか思えません。

フィルムを固定するのは患者さん?
もしスタッフなら止めるべきです。防護エプロンをしていてもフィルムを固定していては被爆しているのと同じです。(私の恩師はそれが原因で亡くなりました)

影響の有無に関わらず、その影響が証明されなくても、診療室内でのレントゲン撮影は、撮影された本人ではない患者さんやスタッフに異常があった場合、裁判になれば、必ず医師側が負けます。(だいぶ前に判例があったと思います)

また、もう数十年前に、レントゲン室の設置と表示義務が課せられているので、新規の医院(改築も)では診療室内の撮影は出来ません。(診療室ごと個別で防護されているなら別ですが…)
わざわざレントゲン室に誘導するのは不便なので、外に出している歯医者もありますが、防護カーテンすらないのでは意識が低いとしか考えられません。

レントゲンの放射線はとても微量で、吸収されやすく、しかも重いので、患者さんを通り抜けた放射線は更に微量です。
通常はスタッフも防護エプロン(腹部を覆うぐらいのもの)をかければほぼ影響はありません。
ただし、これは基本的な問題。

幾ら微量でも回数が増えれば人体に影響はあります。1日10人以上の患者さんが来ているのなら気をつけましょう。

人体の中でも生殖器官は放射線の影響を受けやすく溜めやすい臓器です。歯科スタッフに防護エプロンすらしないのであれば、知識不足としか思えません...続きを読む

Q歯の神経の治療について

現在歯の根っこに膿が溜まって、歯茎がはれているので、
歯の神経の治療を始めることになったのですが、
初めてのことなので、いろいろと分からないことがあるので
知っているか炊いたら教えてください。

・歯の神経の治療というのは必ず神経を抜くものなのでしょうか?
・あと、歯に穴をあけられていろいろと中で削られたようなのですが、
痛みが全然なかったのですがなぜでしょうか?
神経に当たっていれば痛くなるものではないのでしょうか?
・あと神経治療するのに麻酔されなかった気がしたんですが、
麻酔しなくても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

・「歯の根に膿が溜まっている」
この状況ではほとんどの場合、既に歯の神経(歯髄)は死んでいます。
(稀に生きている場合もあります)
従って麻酔をしなくても痛みを感じません。
化膿している場合、麻酔をする事によって圧力が高まり、最近を骨の中に広めてしまう危険性もあるので、通常は麻酔はしません。

・既に神経は死んで溶けてしまっているので、抜く神経がありません。
歯の神経が死んでいても、歯の外の神経は生きています。
通常は痛みを感じませんが、稀に歯の外の神経に触ると痛みを感じたり、刺激が加わって痛みを感じる事があります。
この場合は歯医者に痛む事を知らせれば対処してくれます。

Q歯科医院の初診料と治療について

約5年ぶりで虫歯治療に自宅近くの歯科医院を訪れたのですが、30分ほどの治療は、歯科衛生士が虫歯のチェックと歯周ポケットのチェックをしたのみで、最後まで医師の歯のチェックはありませんでした。その歯科衛生士によると、歯茎に炎症があるので、最初の2~3回ほどはそちらの治療を行ってから虫歯の治療を始めるとのこと。医師の診断も無いのに初診料は2420円でした(受診日は土曜日の午後です)。最近歯医者を受診していないので、私自身よくわからないのですが、この治療が妥当なものであるかどうか教えていただけますでしょうか?正直、この医院には不信感で一杯です。

Aベストアンサー

確かに衛生士にまかせっきりの部分については疑問が残ります。ちゃんと確認していると歯医者は言うのでしょうが、衛生士はあくまでも歯科医師の指示によって行なうものです。
それに保険医は医院に与えられているものではなく、歯科医師個人に与えられた資格ですから、衛生士に保険医の資格が無い以上、もし衛生士だけが診察して、歯科医が全く患者さんに接していなければ、厳密に言えば保険違法違反の可能性もあります。
(ちなみに、非保険医は保険医の医院で治療しても保険請求はできません。保険医の医院で非保険医が治療した分については自費診療となります。)
これはあくまでも可能性であって、実際には保険の団体や裁判所がどう解釈するかで決まるので、ここでは断定は出来ません。

但し、国の方針としては歯肉炎や歯周病の処置が終わってからでなければ虫歯の再発率も高くなる。従って虫歯に関しては急性症状を抑えておき、まず歯周病や歯肉炎の処置とブラッシングを徹底してから行なうべき。という立場をとっています。
今のところ、歯科医師会側の要望を入れ、さほど強くは言っていませんが、以前は歯肉炎の処置が終了するまで虫歯処置をきつく制限した時代もありました。
(実際には予算削減だけが主目的なんで、虫歯治療をしなければ歯周病治療の効果も半減するんですけどね)

従って診療形態の問題を別にすれば、歯肉炎や歯周病の処置では初診時に指導料(説明などを含む)を含めて2000円後半になりますから、治療の手順や金額的には、問題はありません。

確かに衛生士にまかせっきりの部分については疑問が残ります。ちゃんと確認していると歯医者は言うのでしょうが、衛生士はあくまでも歯科医師の指示によって行なうものです。
それに保険医は医院に与えられているものではなく、歯科医師個人に与えられた資格ですから、衛生士に保険医の資格が無い以上、もし衛生士だけが診察して、歯科医が全く患者さんに接していなければ、厳密に言えば保険違法違反の可能性もあります。
(ちなみに、非保険医は保険医の医院で治療しても保険請求はできません。保険医の医院で非...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報