親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

母が突然のぎっくり腰で通院しています。
ぎっくり腰は傷害保険の対象になりますか。
損害保険の新種関係に詳しい方、お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.sompo-japan.co.jp/knowledge/basic/lif …

急激かつ偶然な外来の事故」によってケガをした場合にかぎられています。

つまり外からみてわからないものや喧嘩とかでの怪我は対象外ということです。

リンクを参考にしてください。↑
    • good
    • 5

重要なことが抜けていたので追記します。



いわゆる他覚的所見のない腰痛については傷害保険の免責事由になっている可能性があります。たとえば東京海上日動火災の傷害保険は「従来は、他覚症状のない「むちうち症」と「腰痛」のみを、保険金お支払いの対象外としておりましたが、今回の改定により、医学的に明確な判定ができない症状(医学的他覚所見による裏付けのない症状といいます。)については、「むちうち症」「腰痛」に限らず保険金お支払いの対象外といたします」となっていました。

ぎっくり腰は他覚的所見のない腰痛に含まれる可能性が高いので、免責、つまり保険金を支払われないケースに該当する可能性があります。他社の傷害保険も同じような条項がはいっているように思われ、念のため約款の記載内容を確認してください。
    • good
    • 3

ケースバイケースです。



傷害保険というのは疾病は対象にならず、典型例は怪我です。対象になるかどうかは偶然・外来・急激の3つの要件を満たす必要があります。

まず、3つの要件の定義をしっかり覚えてください。

「偶然」とは、「原因または結果の発生が、被保険者の立場からみて予測できないこと」であり、ぎっくり腰はこの要件を満たすのが普通です。中には、未必の故意の問題があって、被保険者がある行為の結果を予測できたにもかかわらずあえてその行為を行ったため傷害が生じた場合などは被保険者の故意による事故招致となり、事故の偶然性が否定されます。これはいわゆる「認識ある過失」の問題とも隣接するため、ここではこれ以上言及しません。

次に「外来」についてですが、これは疾病から区別するための要件であり、「傷害発生の原因から結果にいたるまでの経過において、なんらかの外部要因が身体に及ぶ」ことをいいますので、ぎっくり腰の原因が不明とか、くしゃみしてなったというような場合だと「外来性」を満たしませんが、重い物を持ってぎっくり腰になった場合は外来性の要件を満たします。

最後の「急激」についてですが、「原因となった事故から結果としての傷害までの過程が直接的で、時間的間隔がない」ということです。緩慢に発生するものはこの要件に非該当だということです。たとえば重い物をもってぎっくり腰になった場合について考えてみると、被保険者が日常的に重い物を持つ習慣あるいは職業をお持ちの方なら、1回の外力になったというより、日常的な外力の積み重ねがぎっくり腰の原因だと考えられ、「急激性」を満たさないとなります。
    • good
    • 4

損害保険の対象になるのは、


「外来」「偶発」「急激」という3要素を満足させる場合です。

ぎっくり腰の場合、ほとんどは、自分で重い物を持ったりする
場合なので、「外来」ではありません。
(外来=外から力が加わる)
なので、保障の対象外となります。

認められる場合は……
重い物が上から落ちてきて、思わずそれを受け止めたところ、
ぎっくり腰になった……という場合でしょう。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腰痛の保険金

お風呂の高い所を掃除していて、急に腰がつったように痛くなり整形外科に行ったら、腰椎症、頚椎症と診断されました。府民共済に加入していたので、不慮の事故で通院費が出る特約がついていたので、早速電話をしてみたら、通院がすべて終わってから書類をこちらが提出してから判断するので完全に保険金が出ますとはいえないとのことです。一日2000円で通院日数分出ます。腰の痛みの場合、不慮の事故では難しいのでしょうか。

Aベストアンサー

腰痛の場合、持病になっている方が多いので、給付対象外になっているところもあるようです。

ただし、ギックリ腰のように、急激な症状は大賞になるケースもあります。

急激・外来・偶然、という要素が揃えば問題なく払われるでしょうが、重い荷物を持ち上げようとした、といかの原因では無いので何ともいえません。
共済の支払い担当の判断を待つしかありません。

Q傷害保険が適用されますか?

専門家、もしくは経験者の方でご存じの方がいらしたら、ご教示下さい。

先日、風呂上がりの中腰体勢の「くしゃみ」がきっかけで、腰に痛みが走りました。その後、足に激痛を覚え、動けなくなり、救急車で運ばれ入院しました。
診断は「腰椎椎間板ヘルニア」です。

普通傷害保険に加入していますが、代理店に相談したところ、外来の怪我ではないのでNGと言われました。

調べた範囲では「急激かつ偶然、外来」が傷害保険適用の条件のようです。ぎっくり腰もケースによっては適用されると伺いました。私の場合、やはり免責なのでしょうか?

尚、今までにヘルニアは無く、私にとっては初めての経験です。

Aベストアンサー

急激、偶然は問題ないとして、「外来」が問題になります。

「外来」というのは、原因が「内因」ではないもの、つまり、もともとの「欠陥」とか「不具合」が原因ではないというのが要件です。

「くしゃみ」そのものは外来で良いのですが、椎間板ヘルニアという「病気」あるいは「傷害」が「くしゃみ」程度で発症するのは、もともと、椎間板そのものが「加齢」などによりヒビが入るなどの変性をしていて、その隙間から椎間板の中心にある「髄核」が飛び出して、脊髄や神経根を圧迫したというのが医学の常識だからです。(内因がなければ、くしゃみ程度で椎間板ヘルニアにはならない)

年齢が若い、他の椎間板には何の変性もない、頚椎、胸椎、腰椎のS字カーブが正常、骨密度も正常、腰痛などの持病もなかったなどの条件がそろうと、境界域になります(つまり、内因ではなく、くしゃみというきっかけで、髄核が飛び出した)。

Qヘルニアの通院で保険はおりますか?

屋根の修理をしていたら誤って落ちてしまいました。
腰を痛めたようで整形外科に行き、レントゲンとMRIで検査してもらったところ、ヘルニアと診察されました。
その後、週に1度の診察を受けつつ、薬を服用し、リハビリにも毎日通っています。

このような場合、通院の保険金はもらえるのでしょうか?
ちなみに、県民共済と全労済に加入しています。

Aベストアンサー

腰が痛いのは本当に辛いですね。
早く回復することを心からお祈りしております。

不慮の事故(屋根から落下)が怪我(ヘルニア)の直接原因であれば当然保障されます。

今回はその因果関係がデリケートな部分ですね。

保険会社は医師の診断書をもとに判断しますので、診断書の記載内容は大切です。公の場なので大々的には言いにくい部分ですが、病院の先生ともよくご相談の上で診断書を作成してください。

無いとは思いますが、実はヘルニアが既往症であった・・という場合は保障されない可能性が大きくなります。

Q椎間板ヘルニアの手術費用と入院期間

近々椎間板ヘルニアの手術を受けようと思っていますが、費用と期間が皆目検討つきません。いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。(私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・

私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。

入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・

術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。jirowata2001さん、頑張って下さいね♪

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、...続きを読む

Q足指の骨折で傷害保険は通院実日数しかでないのは本当ですか?

右足の真ん中の指を骨折しました、通院期間は1ヶ月程度でした、東京海上火災へ傷害保険を申請しましたが、おりた金額は3回通院×3000円=9000円でした。10万円以下は診断書不要でしたので付けずに提出しました。友人から骨折は初診~完治期間日数の保険が降りると聞いていましたので、治療代にもならずがっかりし、保険会社へ確認しましたが、平常の業務又は平常の生活に著しい支障があると会社が認めたときは支払うと説明がありました。具体的には指のギブスでは不可、足首までのギブスでは適用とのことでした。しかし特約条項には部位に関し具体的な表記はありません。友人の開業外科医にも尋ねましたが、骨折は部位に関わらず支払われていると聞きました。長くなりましたが、保険会社の対応に納得がいきませんのでお詳しい方は教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは 
日々の業務で月60件の傷害保険金の請求を申請していますが
保険会社の回答で間違い有りません

今週も2件 手・足の指の骨折の方がいましたが
ギブス対象外と言うことで(指のみのギブスだった)、実通院日数のお支払いとなりました。3日 
肋骨を骨折した人も居ましたが、ベルト固定で(対象外)1日の通院
のお支払いです

★出る場合は、ギブスを足首までした場合ギブス期間は通院とみなし
ギブス期間プラス実通院日数は出ます

★余談として接骨院に長く通院した場合 7割か8割の支払いになります
★通院していないのに、通院とみなし支払いを要求できるのは
ギブスをしている場合です。添え木に関しましては、部位により判断します

Q接骨院だと満額おりないの?

 そのまんまですが、接骨院だと通院保険が満額おりないと聞いたのですが、そうなんですか?
 近所に病院がなく通っているのですが。

Aベストアンサー

確かにおっしゃる場合のように満額おりてこない場合もあります。
国内の損害保険会社ですか?
それとも共済や何かでしょうか?

実際にはケースバイケースです。
(1)実際の通院日数分×一日の保険金額
(2)実際の通院日数分×一日の保険金額×70%
このどちらかになるのがほとんどですが、保険会社や保険会社が同じでも担当者の判断次第なのです。
また、お怪我の具合によって判断が変わるケースもありますので、そこを詳しくまずは扱いの代理店に相談してみてはいかがですか?

Q勤務中のぎっくり腰、労災でしょうか?

私の友達の話です。
たった今、勤務中に重い(40kg程度)荷物を持って4階まで3往復したところ、最後の荷物を持ち上げた時、腰に激痛が走り、軽い物を持っても痛くで、立っているのも辛いそうなのですが、今日はお盆で、休日出勤している為、人手が少なく、会社に事務員と上司もいないので仕事を少しずつ続けている状況だそうです。
ぎっくり腰は初めてで、まだ、病院に行っていないので、ぎっくり腰かわかりませんが、上司に報告したところ仕事を続行するように言われたそうです。

これは労災だと思いますが、今日の仕事を何とか我慢して乗り切って、整形外科に行った際に勤務中の事故であっても自分の保険証は使えますか?

もし、健康保険証を使って診察した後、会社に領収書をもって行けば労災の手続きをして頂けるのでしょうか?
診断書が必要でしょうか?
過去に、会社に同じ様な勤務中にぎっくり腰になった社員がいたそうですが、労災にはならず、実費だったそうです。

労災について詳しい方教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

持病とかではなく荷物運びが業務ならば労災でしょうね。

労災病院に言って、労災保険を使いたいと言わないと労災を受けられません。
健康保険を使って診察を受けると、労災申請するときに一度診察料金を返納精算する必要があり手続きが非常に面倒です。
健康保険が使えなくはないですが、途中で労災に切り替えることはできず、最初から全ての手続をやり直すことになります。

領収書や診断書は労災申請に不要ですので、意味はありません。
事故当時の責任者の報告証明や、労災事故報告書の提出が義務なので会社は労災隠ししたがります。しかも労災になると保険料も高くなります。労働基準監督署の監督官が現場を見に来たり、事故防止策はどうなっていたのかや、安全管理について色々と指導しに来ます。

1:会社に相談して、労災保険を使いたいということ。
2:拒否されたら労働基準監督署に相談して自分ですべての手続をすること。

会社から嫌な顔をされるのがNGなら自費診療して我慢するしか無いです。後遺症が残っても保障はされません。

Q腰痛(ぎっくり腰)が治りません。整体・カイロ・鍼・・どこに行けばいいですか?

先月半ば掃除機をかけているときにぎっくり腰になったようで、その一週間後に鍼に行きました。
普段一日4時間程の立ち仕事をしていますが、それも二日行って休んでにしています。

鍼に行って一週間後突然痛みがなくなり喜んでいたのでが、4・5日前からまた辛くてたまりません。
ずしっと重たいような痛いようなかんじで、特に朝起きたときに腰がガチガチに固まっていて苛々します。
時々膝までピシッと痛みも走り、日中はコルセットをつけています。

整骨院や整形外科で電気を通せば少し楽になるのですがそれでは治らないと思うし、もう一度鍼に行くほうがいいか、それともカイロや整体がいいのか・・・どうしたらいいんでしょうか?
藁にもすがりたい気持ちです。

Aベストアンサー

まずは整形外科に行ってください。
長引くぎっくり腰には、基礎になる疾患があることが多いです。例えば変
形性腰椎症、腰椎椎間板症、骨粗しょう症などです。これらはレントゲン
でなければ分かりません。レントゲンとは病院でしか取れませんので、必
ず整形外科です。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 整骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性腰痛を「腰のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。



痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

まずは整形外科に行ってください。
長引くぎっくり腰には、基礎になる疾患があることが多いです。例えば変
形性腰椎症、腰椎椎間板症、骨粗しょう症などです。これらはレントゲン
でなければ分かりません。レントゲンとは病院でしか取れませんので、必
ず整形外科です。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できま...続きを読む

Q保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?

保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?
先日、4日間だけ入院したので加入していた生命保険2社(生協と住友生命)に請求を出しました。
保険金請求が初めてで、お金が振り込まれるまでにどれくらいの期間を要するのか見当もつきません。
保険会社によって違うのはもちろんですし、請求内容でも変わってくるのも当然だと思います。
あくまでも参考までに様々なケースを知りたいと思い質問させていただきました。

今までに保険金請求をした事がある方。
請求書類の送付から保険金の入金まで、どのくらいかかったか教えて下さい。

宜しくお願い致します。

生活費に費やしたいので入金を心待ちにしています…

Aベストアンサー

医療保険なら5営業日です。
保険担当者と話をし、また保険支払いの方とも確認してますので。
それ決まっているらしいですわ。

ただ、内部事情で5日で処理できない時は、遅延金利を払うみたいです。
(って感じで受け取ってます)

損保はダメですね。交通事故は長いことかかりますね。
ホント・・・ふざけるな!って感じですわ。

Q傷害保険の接骨院、整骨院の支払いについて

脱臼をして整骨院に通っております。当方スポーツインストラクターをしている為、怪我が長引くと生活に影響してしまうので湿布しか出してくれない整形外科のほかに整骨院で電気治療などを行っております。
保険会社からは通常接骨院、整骨院には通常の70%の金額の支払いしか出来ないと言われたのですが、知り合いの行っている接骨院の先生が保険屋と交渉すれば100%もらえると言っていたと聞きました。
法律的にはまた実例として実際はどうなのか知っている方教えてください。

Aベストアンサー

原則としては保険会社からの保険金の支払いについての件は
治療先が医師免許があるところでの治療と言う事になっています。(約款に記されているはずです)
その為、柔術士である整骨院や接骨院は完全な支払いの対象から
除外と言う事になり70%の支払いとなるわけです。
交渉で100%の支払いと言うのは全くない訳ではありませんが
治療期間が1週間程度などの短期間に限られるのが殆どです。
ですので、保険金の支給金額と治療期間の長さとの兼ね合い
を考えられて治療を受けられるのがよいかと思います。
それでは、お大事になさってください。


人気Q&Aランキング