ぶっちゃけた話、P2DiPOLEってどうなんですか?
値段が安くて、場所をとらないのが、魅力なんですけど、
音質がぜんぜんだめなら買う気がおきないんで。
どなたかもってるかたがいたらおしえてくれるとうれしいです。

A 回答 (1件)

P2DiPOLEのPREMIUM SETを9800円で買いました。

主にPlaystasion2に接続して使用してます。音質に関してですがぜんぜんだめというほどでもないと思います。
ただサブウーファーを使用するとしないではぜんぜん迫力が違うので。
買うならサブウーファーがついているPREMIUM SETのほうがいいと思います。

後このスピーカはVolume等の設定のボタンが全て背面についていて少し使いづらいという欠点があります(リモコンはない)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDをパソコンに取り込んで(Media Go)、音楽プレイヤーに転送した音の音質 mora(320

CDをパソコンに取り込んで(Media Go)、音楽プレイヤーに転送した音の音質

mora(320kbs)で購入した音の音質

一般的にどちらのほうが音質がいいですか。
聞き取れる、聞き取れないは無しでお願いします。

Aベストアンサー

音質には規格がないので、良い音質とは個人レベルで違うので
参考の意見に、なります。

>CDをパソコンに取り込んで(Media Go)
WAVE形式であれば、1411Kbs
>mora(320kbs)で購入した音
mora(320kbs)??MP3-320Kbsであるならば、WAVE形式に
軍配が挙がります。
ドンシャリ音満載で、編集でイジリ回している、J-Popなら、
192Kbsでも、聞き分けは、出来ないでしょう。
128Kbsなら、1万円以上のヘッドホンなら、聞き分けられますね。

耳も、ある程度、訓練しないと、聞き分けられる様になりません。
重低音と称して、80〜100Hz付近を強調して音楽を聴いている、
お方には無縁の世界ですね。

QNHKBSの音質の音質は?

NHKBSの音質 はどの程度なのでしょうか?
現在、100万円程度のオーディオでクラシックを楽しんでいます。
音源は、CDやSACDやハイレゾ音源を利用しています。

さて、NHKBSでもクラシックのコンサートが放映されます。現在
TVの光出力をオヤイデの1万以下のDACにつないで音を聞いています。
やはり、 CDやSACDやハイレゾ音源とは違い、mp3など
インターネットラジオに近い音質になっていて聞く気になれません。

ここでDACをもっと高級なものに換えれば音質が鑑賞に堪えるものに
なるでしょうか? 少なくともWindows Media Player の標準フォーマット
程度の音になればと思っています。結構よいコンテンツを録画していますが
現状では聞く気になれません。どうでしょうか?

Aベストアンサー

Q/NHKBSの音質 はどの程度なのでしょうか?

A/放送内容によります。一般に日本のISDB-Sは最大ビットレート320Kbps(5.1chまたは2ch)までのAdvanced Audio Coding(以下AAC)に準じています。オーディオ粒子化レベルは、44.1KHz/16bitが標準となります。尚、記載ビットレートは最大であり放送により差があり一般放送では128~160Kbpsとなります。AACはデータの完全複合を可能にする可逆(Lossless)は用いていません。いわゆる非可逆(Lossy)となります。そのため、CD並とはしていますが、CDと同じ音質以上にはなりません。ただし、収録サンプルが5.1chの場合に限り低音域とボーカル(中央)、前方サラウンド(ステレオ)、後方サラウンド(ステレオ)が補強されるため、相応に音質の補強が行われ、総合的な迫力や臨場感は上回る場合があります。
http://www.arib.or.jp/tyosakenkyu/kikaku_hoso/hoso_std-b020.html


Q/ここでDACをもっと高級なものに換えれば音質が鑑賞に堪えるものになるでしょうか?

A/これらの音質を100%抽出できるのは、AACデコーダーを用いて適正なスピーカー数で音声を複合した場合に限られます。また、デコード特性の低い(安価なデコードアンプ)製品では十分な音質が得られないことがありますので注意が必要です。即ち、専用のデコードアンプを介さない限り、良い音は出ません。DACをいくら高級品にしても、テレビ側でダウンサンプルされる音は、たかが知れていますので・・・やろうとうしていることは、無意味でしょう。

また、これはピュアオーディオを前提としたものではなく、あくまでテレビ鑑賞を前提としたものですから、ピュアオーディオの視聴(映像を含む音楽)を求めるなら、Blu-ray Discを購入されるのが妥当となります。尚、BDを再生する場合においてもマルチチャンネルHDオーディオシステム(AVオーディオデコーダーと5.1chパワーアンプの導入。多くの場合は一体型のAVデコードアンプとなっており、一体タイプの最上位は40~50万円台。別途スピーカーが必要)が必要になります。

後は、趣味レベルの問題です。高ければ高級だが、投資に見合って音が劇的に良くなるとはいえません。本人の満足度の問題です。これは何でもそうですが、特に車など中古10万円台~5億など金額の幅が大きなものだとわかりやすい。5億の価値がある車より、5億円もらった方がうれしい人は多いですから・・・金額で見るより、それを使って満足できるか(投資に見合ったと思うか)どうかが重要です。


Q/結構よいコンテンツを録画していますが現状では聞く気になれません。どうでしょうか?

A/良いコンテンツですか・・・同調するかどうかは、人それぞれで違いますし、環境によって違いますから何ともいえませんが、ある程度の事実に基づき、私的な意見として発言させていただきます。

音質だけで考えるなら、テレビに期待するだけ無駄です。現在は当初CMにおいて無駄にでかい音が流れるという問題が報告され、それをきっかけにラウドネス処理が運用に導入されています。ダイナミックレンジの圧縮(極度な音圧変化を抑制するように音量と音域の極端な変化をラウドネスフィルターを介して抑制している)を掛けています。良くもやってくれたなCM、バラエティ業界というべきかな?NHKは特に率先してそれを行っていますので・・・。
そのため、原音がきれいな音だとすれば、音は当初よりARIBと放送連の自主規制で悪くなっています。

ただ、それでも、通常の視聴では耐えられない人はいないでしょう。あくまで、音を趣味とする人だと、味気なくなるというだけです。(だから、趣味の人はパッケージを買うのです)
よって、既にテレビで再生される音は、局側で調整しており、期待はできません。


後は、それでも、期待をしてサラウンドシステム導入を行うかどうかだけの問題です。少なくとも、PCMの2chステレオでテレビから強制出力するオーディオは、期待に添った音が出ることはきっぱいいいますが、ありません。諦めてください。期待値に沿った音が出るのは、AVサラウンドアンプを介して指定のチャンネル数のスピーカーを利用し音を出したときだけです。そしてその音は、ピュアオーディオとは若干目指す音の特性が違います。あくまで、映像を彩る音であり、迫力や臨場感のテイストが前提です。目を閉じて音に没入するような目的だと、向かないかも知れません。

まあ、機材がしっかりしていれば劇場(現場で聞いている音)には近づくかと。音のソース次第ですけどね。普通はBD以外で音質も画質を期待するのは無理です。

以上のようになります。

まずは、その番組がどういう放送かを確認すべきです。NHKの場合はBSにしても地上波にしても、クラシックは5.1chが多いですし、BSに関してはドラマなどでも5.1chが多用されています。ちなみに、地上波の民放で5.1chが多いのは、題名のない音楽会ぐらいでしょう。ほとんどありません。
そういう番組の場合は、テレビ内でデコード時にミックスダウンのサンプリングが行われますので、音はより悪くなります。特にPCM出力はテレビスピーカーに合わせて行ったサンプルをPCMで出すだけですから・・・。手の施しようがありません。精々テレビより頑張った音が出れば良いかと・・・。

よって、BitStream出力でAACデコーダー(AVアンプ)を介すのが妥当です。

Q/NHKBSの音質 はどの程度なのでしょうか?

A/放送内容によります。一般に日本のISDB-Sは最大ビットレート320Kbps(5.1chまたは2ch)までのAdvanced Audio Coding(以下AAC)に準じています。オーディオ粒子化レベルは、44.1KHz/16bitが標準となります。尚、記載ビットレートは最大であり放送により差があり一般放送では128~160Kbpsとなります。AACはデータの完全複合を可能にする可逆(Lossless)は用いていません。いわゆる非可逆(Lossy)となります。そのため、CD並とはしていますが、CDと同じ音質以上...続きを読む

QVHSデッキのキャプスタン軸がぜんぜん回転していないのです。

NECのモノラルのVHSデッキVC-N35にカセットを入れて
再生ボタンを押すとテープが引き出され、回転ヘッドに
巻きつけますが、テープが動いてないんです。
それで電源が落ちて停止してしまいます。
電源ONにして取りだしボタンを押すとテープが引き出されたまま出てきます。
キャプスタン軸がぜんぜん回転していないのです。
早送り、巻き戻しも動作しません。

フライホイールの基板についてるチップ形電解コンデンサが
全部で3個ついてました。(47μF16V)
が吹いてるみたいだったので
普通の電解コンデンサですが、47μF10V3個に交換しました。
47μF16Vがなかったので10Vつけましたが
チップ形電解コンデンサが原因であることを
祈りつつ、やってみたのですが、ダメでした。
フライホイールの基板についてる東芝製のIC TA7262P
がついていたのですが、これがいかれてるんでしょうか?
もし、これだと、処分するしかないのですが、
その可能性が高いのでしょうか?
ちなみにIC TA7262Pのパッケージは焼けたような跡はないのですが。
それか、シスコンと書かれたデカイ基板につながっているので
この基板の電解コンデンサのどれかの容量抜けが原因で
キャプスタン軸がぜんぜん回転しないのということも
考えられるでしょうか?

教えていただければうれしいです。

NECのモノラルのVHSデッキVC-N35にカセットを入れて
再生ボタンを押すとテープが引き出され、回転ヘッドに
巻きつけますが、テープが動いてないんです。
それで電源が落ちて停止してしまいます。
電源ONにして取りだしボタンを押すとテープが引き出されたまま出てきます。
キャプスタン軸がぜんぜん回転していないのです。
早送り、巻き戻しも動作しません。

フライホイールの基板についてるチップ形電解コンデンサが
全部で3個ついてました。(47μF16V)
が吹いてるみたいだったので
普通の電解コン...続きを読む

Aベストアンサー

参考事項
モードSW=カムSW=デジタルSW

N35は、インターラプター式(発光ダイオードとフォトTR)のモードSW。
(フォトカプラと動作原理は同じ)
全モードCAP回らずは、モードSW不良率低い

※交換したチップコンの極性を今一度チェック。及びパターン(特にチップの付け根)
※※FF動作させキャプのローターを手で回したとき、駆動するか?又は、
  手に何か感触が(グー)あるか?
上記※※であればキャプモーター(CAP.M)不良。

上記外の時。
CAP.Mの端子電圧チェック(たぶん4端子位)

手順1(電源ON。モードはSTOP)
テスターはDC30Vレンジ(-端子はシャーシー)
CAP端子のどこかに12Vがかかっていることを確認。(モーター電源)

手順2
DC12Vレンジ(駆動制御電圧チェック)
モード。FF又はREW。途中で電源が切れエマージェンシモードに入ったら
再度電源投入。
STOP時は0V。FF時は約5V?くらいの電圧がかかっている端子を見つける。
PB動作時は1~2V。(電圧は目安です。)

各動作時に上記電圧がかかっているときはCAP.M不良。
電圧が無いときは、シスコン不良かも?

まず、以上をチェックしてください。
頑張って。

参考事項
モードSW=カムSW=デジタルSW

N35は、インターラプター式(発光ダイオードとフォトTR)のモードSW。
(フォトカプラと動作原理は同じ)
全モードCAP回らずは、モードSW不良率低い

※交換したチップコンの極性を今一度チェック。及びパターン(特にチップの付け根)
※※FF動作させキャプのローターを手で回したとき、駆動するか?又は、
  手に何か感触が(グー)あるか?
上記※※であればキャプモーター(CAP.M)不良。

上記外の時。
CAP.Mの端子電圧チェ...続きを読む

QCDの音質

質問です、宜しくお願いします。
以前、「音楽ソフトであるレコードの場合、
音質的には比較すればヨーロッパの輸入盤(特に英国盤)が最高で、
米盤、日本盤はその次とされていますが、
CDの場合もやはりヨーロッパの輸入盤の方
が音は良いのでしょうか?」
という質問を他所でした所、
「 電圧が違うから厳密に言えば欧米の媒体
(輸入盤とかそうゆう事ではなくマスターテープの録音を行なっているスタジオが欧米かどうか)
の方が音質は良い筈。
電圧が高い方が音声の波形の振れ幅が広いため、Dレンジが感じ取り易い」と言う回答を頂きました。
しかし、現実に、レコードの場合同じ海外録音の輸入プレスと国内プレスで音が違うのは私には感じ取れます。
(自慢するわけでは有りませんが装置には30万位、最盛期には50万位掛けていましたからその位の差は出ます)
現在の所、輸入CDと国内CDとではどちらが
音質は上なのでしょうか?
LPは現在約100枚有り、比較しやすいのですが、
CDは恥ずかしながらまだ10枚強なのでまだよく判りません。
今後のCD購入の際の参考にさせて頂きたいのですが・・・

質問です、宜しくお願いします。
以前、「音楽ソフトであるレコードの場合、
音質的には比較すればヨーロッパの輸入盤(特に英国盤)が最高で、
米盤、日本盤はその次とされていますが、
CDの場合もやはりヨーロッパの輸入盤の方
が音は良いのでしょうか?」
という質問を他所でした所、
「 電圧が違うから厳密に言えば欧米の媒体
(輸入盤とかそうゆう事ではなくマスターテープの録音を行なっているスタジオが欧米かどうか)
の方が音質は良い筈。
電圧が高い方が音声の波形の振れ幅が広いため、Dレン...続きを読む

Aベストアンサー

>よく見ると皆輸入CDの方が安いんですよね・・・  円高のせいですか?

そうではありません、国産がUS盤やEU盤(含むUK盤)に比べて高いのと、
彼の地では、再販する度に価格が下がります。
レコードでもカット盤なんて、廉価盤がありました。そんな感じです。

国内盤はサービストラックが付いていたり、ライナー(訳詩など)が有りますから
それなりにコストが掛かるのでしょうが、それでもちょっと高過ぎだと思います。

何を持ってアナログが一番と云うかがありますが、
私はボーカルものを主に聴きますが、声の質感やタメなどがCDでは難しいのです。
(おなじCD&レコードで聴き比べるとよくわかります)
しかも機器的に良い音を求めると、CDはアナログの2~3倍コストが掛かります。(-_-メ)
但し、定位感やサウンドステージはCDの方が上かも知れません。
また、新譜は一部を除いてレコードで手に入れられませんから~新しい音楽も聴きたいですしね。

PS:エンヤはレコードで持っております、ネットで探せる時代ですから。。

Qスピーカーの音質変化

今度、初めてオーディオシステムの購入する素人です。

機種はアンプがデノンのPMA-1500AE、CDPがデノンのDCD-1500AE、スピーカーがKEFのiQ3(視聴し、女性ボーカルの透明感や、前に出てくる感じ、適度の低音で決めました。)です。聴くジャンルはPOP(女性ボーカルメイン)でたまにクラシックを聴きます。

今、迷っているのがスタンドにするか、AVボードにするかで迷っています。
設置環境が、4.5畳の和室で畳の上に毛足の短い絨毯を敷いています。
スペースや予算を考えるとAVボードがいい(スタンドの場合、別にアンプ、CDP用のラックも購入しないといけないため)のですが、店員さん等に聞くとスタンドのほうがいいと言われます。
やはりスタンドのほうが良いのでしょうか?

スタンドの場合、金属は音が締まり、木製は柔らかい音と聞いたのですが具体的にどのような感じなのでしょうか?(素人のイメージでは、締まる=機械的なちょっとキンついた感じ、柔らかい=少しぼやけた感じなのですが)。選び方は好みなのでしょうか?

視聴するとき床に直に座って聞くため、スタンドの場合高さが40~45センチぐらいがベスト(ツィーターが耳の高さあたり)みたいです。
ただ、見ていると(特に金属の小型用スタンド)高さが50~60が多くなかなか合うのがみつかりません。40~45センチですと、低すぎて、床の反射で低音が強調されすぎますか?(それだと好みの透明感が損なわれるので、考え物です)
手ごろで良いものはありますか?

またAVボードの場合、タオックのMDF材使用のタイプかハミレックスの木製(定価5万~6万)を考えています。
MDF材のほうが、制震効果があると聞きましたがやはり違いますか?
どちらも木製なので柔らかい音になるのでしょうか?
木製で透明感(解像度)を良くするには金属のインシュレーターを使えば改善されますか?それか、ボードの上に御影石等を敷いたほうがいいのでしょうか?

最後に、下が絨毯のためスタンドの場合下にボードを敷く予定ですが、AVボードでも同じように敷いたほうが良いのでしょうか?

質問ばかりですみません。ぜひアドバイスお願いします。

今度、初めてオーディオシステムの購入する素人です。

機種はアンプがデノンのPMA-1500AE、CDPがデノンのDCD-1500AE、スピーカーがKEFのiQ3(視聴し、女性ボーカルの透明感や、前に出てくる感じ、適度の低音で決めました。)です。聴くジャンルはPOP(女性ボーカルメイン)でたまにクラシックを聴きます。

今、迷っているのがスタンドにするか、AVボードにするかで迷っています。
設置環境が、4.5畳の和室で畳の上に毛足の短い絨毯を敷いています。
スペースや予算を考えるとAVボードがいい(スタンドの場...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問が多岐にわたるので詳しく書く余裕はありませんが、ざっくりと。

1. AVボードかスタンドか
音質を考えればスタンドです。AVボードだと、ボードに伝わった振動がそのまま中の空間に放射され、そこで不要な音を生じます。また、振動がすぐに床に逃げないので減衰が遅くなり、その点でもスタンドに比べてデメリットがあります。さらに、アンプやCDプレーヤーに振動が伝わりやすくなり、これも音質の面からみてマイナス要素です。

また、スタンドを使う場合、「その部屋の中で一番音の良い場所に置く」という、スピーカーのセッティングの上で最も大切な点を容易に実現できます。

しかし、そうはいっても部屋の問題もあり、また楽しみ方の問題もありますから、絶対にスタンドにしなければならないわけではありません。AVボードの上においても、置き方を工夫すれば十分に楽しめます。一つの型にはめたり、生活を犠牲にしてまで音質を追求するのがオーディオではありません。ライフスタイルと相談して決めてください。

2. スタンドの場合、金属は音が締まり、木製は柔らかい音
必ずしも当てはまりません。形だけの金属製よりは、ちゃんと考えて作られた木製の方が締まりのある、それでいて伸びやかな音になります。金属は使い方が悪いと単にキンキンするだけで聴くに耐えませんが、木製はそうなりにくいということも言えます。

しかし、純粋に振動の減衰ということを考えるのであれば、金属を使ったほうが良いようです。

3. 40~45センチですと、低すぎて、床の反射で低音が強調されすぎますか?
部屋によりけりなので、何とも言えません。床からの反射もそうですが、それが天井や壁に反射して残響になることもあり、スピーカーの位置と部屋の各辺の長さによって異なる結果が出ます。単に床から離せば良いという話ではありません。

ただ、ツイーターが頭より高い位置にくると音像や音場感が不自然になる傾向は多いと思います。これは、ウーファーの特性の問題もあり、ケースバイケースですが、ツイーターがウーファーより下にあるなどの例を除いて、ツイーターの高さを目線より下に抑えておいたほうが無難ではあると思います。

4. MDF材のほうが、制震効果があると聞きましたがやはり違いますか?
MDFというのは、おが屑とグラスファイバーを接着剤に混ぜ込んで、加熱・加圧して作られたものです。均質で強度があり、加工が容易ですが、音質的に最適とは言えません。どちらかというと、スカスカの音になりがちです。制振といえば聞こえは良いですが、むしろ必要な響きまで吸い取っている印象です。

スピーカーのボディに使われている場合、それ込みで音質が決められていますが、後から使う場合は音を悪くする可能性が高いと思います。

5. 木製で透明感(解像度)を良くするには金属のインシュレーターを使えば改善されますか?それか、ボードの上に御影石等を敷いたほうがいいのでしょうか?
ケースバイケースですが、どちらも可能性としてはあります。AVボードの強度や、素の状態で置いたときの音にもよるでしょう。ただし、御影石と金属製のインシュレーターやスパイクを併用するのは、一般に音がキンキンする可能性が高いと思います。

6. 下が絨毯のためスタンドの場合下にボードを敷く予定ですが、AVボードでも同じように敷いたほうが良いのでしょうか?
AVボードの重さにもよるでしょう。スピーカースタンドの場合、小型であれば、スピーカーも含めて10kgか20kgかといったところですが、ABボードであればそれ単体で20kgを超えることもあり、アンプやCDプレーヤーも一緒に入れることになれば、カーペットのコンプライアンスが無視できる程度まで押さえつけられる場合もあると思います。

ご質問が多岐にわたるので詳しく書く余裕はありませんが、ざっくりと。

1. AVボードかスタンドか
音質を考えればスタンドです。AVボードだと、ボードに伝わった振動がそのまま中の空間に放射され、そこで不要な音を生じます。また、振動がすぐに床に逃げないので減衰が遅くなり、その点でもスタンドに比べてデメリットがあります。さらに、アンプやCDプレーヤーに振動が伝わりやすくなり、これも音質の面からみてマイナス要素です。

また、スタンドを使う場合、「その部屋の中で一番音の良い場所に置く」と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報