ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

 Aが車を所有しており納税義務者になっていたが、Aが死亡してしまった。もちろん貴重な財産であれば相続をきちんと行うけれども、自動車の場合だとわりとこのまま乗ってしまいますよね?そのままであっても家族が乗っていて家族が自動車税をきちんと納めてくれたら問題ないと思うのですが、家族が払わない場合どういった扱いになるのでしょうか。
 直接な回答でなくとも関連する条文等でもご教授いただければ幸いです。
 (もちろん自動車税の取り扱いは都道府県ごとに異なることは分かっていますので、法的にどうかという観点からお願いします。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずその自動車の税金が支払われていない(滞納)場合。



その人が死亡したときに、相続人はその自動車を「相続」したわけなので、そのときには税金の支払い義務も同時に「相続」します。自動車を相続して税金の支払い義務を相続しないということは出来ないようになっています。
したがって故人の遺産を相続した相続人たちは税金を支払わなければなりません。

なお、自動車を相続した後にかかる税金は、自動車の所有者になります。名義変更をしていなくても実質自動車を相続した人が所有者となりますので、その人に税金の支払い義務があります。

基本的には相続する場合は故人のすべての財産を相続する必要があり、一部のみは出来ません。すべての財産には正の財産のほかに負の財産(債務=借金、保証人、税金の滞納)も含みます。
この規定は民法にあります。
    • good
    • 0

もう,廃車したよといっても,自動車税は,課税基準日に所有しているということで課税されています。

課税日まえの廃車なら課税されませんが,その日以降なら課税されます。

支払わずに放置していると,督促状・催告状が届くようになりますし,延滞金が加算されます。とっとと支払った方がよいと思います。その車を所有されている人が払えばいいのですが,所有者がわからない,払いそうもない,ということであれば,法定相続人が払うしかないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の持ち主が死亡、名義を変更せずに、車検や任意保険加入は可能ですか?

車の持主が亡くなり、法定相続人が法定相続人ではない親類に、相続財産を侵害されてます。その中の一つが車なのですが、持ち主の死亡後任意保険加入、車検を取り乗っている事が判明しました。
法定相続人はまだ名義変更をしてないので、車は死亡した持主名義のままだと思うのですが・・・・素人考えでは死者名義で保険の加入や車検を取る事は出来ないと思うのですが、継続と言う事で可能な場合もあるのでしょうか? ご存知の方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「相続財産を侵害されてます」の部分が良く解りませんが、質問内容に対しては現実可能です。まず保険ですが、どこの保険会社でも、基本は車の名義=保険契約者であり、契約時には検査証のコピーが必要です。名義人と契約者が異なる場合には名義変更を前提として保険の契約は可能です、この場合は一旦現検査証のコピーを提出し、後日名義変更後の検査証のコピーを再提出になりますが、契約は成立しその後は名変後のコピーはそう催促されませんし、契約も正規に成立するしてしまう様です。
車の名義人の住所氏名にて保険の契約をする事も考えられます。契約者→本人、被保険者→元の車の持ち主、であれば現状にて可能ではないかと考えられます。
次に車検(継続検査)ですが、こちらは至って簡単に可能だと思われます。該当する都道府県税事務所に行けば第三者でもすぐに納税証明書を発行してくれますし、印鑑も三文判でOKです。通常はユーザーは車と検査証と車検費用を出せば後は車検工場の方で全てやってくれてるのが現状です。
但し、気を付けたいのが、いずれはその車も買い替えや、廃車する日が来るはずです。検査証には所有者、使用者とそれぞれに住所氏名の欄がありますが、所有者がカーディーラー等であればそう問題ありませんが(それでも印鑑証明等の書類は必要だと思います)、亡くなった本人の場合には法定相続人の方全ての財産放棄の書類が必要となります(たとえポンコツの鉄くずになってもです)。
結構書類を揃えるのが面倒で中には車を不法投棄する様な人もいます。(調べられても自分名義ではない…)
現状その方自身が車の維持費用を負担しているのであれば、そう問題はなさそうですが、後のわずらわしさ(いつかは必ず来る)の為にも、お互いの為にも車の権利も含め、名義等は今のうちにはっきりさせ、手続きをしておくべきだと思います。

「相続財産を侵害されてます」の部分が良く解りませんが、質問内容に対しては現実可能です。まず保険ですが、どこの保険会社でも、基本は車の名義=保険契約者であり、契約時には検査証のコピーが必要です。名義人と契約者が異なる場合には名義変更を前提として保険の契約は可能です、この場合は一旦現検査証のコピーを提出し、後日名義変更後の検査証のコピーを再提出になりますが、契約は成立しその後は名変後のコピーはそう催促されませんし、契約も正規に成立するしてしまう様です。
車の名義人の住所氏名に...続きを読む

Q故人の車の名義変更は簡単ですか?

先日父が病気で他界しました。
まだ1年も経ってない新しい車なので、うちの主人が使いたいと言っています。
今の主人の車は自家用車ですが、毎日仕事でも兼用で使っています。
なので、
 会社への手続きと、
 名義変更と、
 今の車から父の車のナンバーの移行
をしなければなりません。

ただ「手続きが大変だったら、変えずに(父の車を)廃車するかも・・」と言っています。
私としても、父の車はこのまま使って欲しいので、私で出来る手続きはしようと思います。

まず、故人の車を主人の車にする手続きと言うのは大変なのでしょうか?
どこから言えばいいのかサッパリ分かりません。
金額はかなり掛かるのでしょうか??

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #2です。

> 陸運事務所と言うのも自分達で行かなければいけないのでしょうか?
 ディーラーや街の自動車修理工場などでも、名義変更の手続きを代行してくれますよ。ただ、必要書類の中には「遺産分割協議書」のように自分たちで作成したり、揃えなければならないものもありますが…。

> まだ他界して1週間経過してないので、戸籍もまだ出来てません。
 それはないでしょう。戸籍に死亡の記載をすることなんて1時間もあればできますし、除籍もとることができます。

> 事は、相続をちゃんとするまで、車を乗る事はできない。って事でしょうか?
 車の名義人と車の使用者は無関係です。だから、相続・名義変更するまででも乗ることができます。
 「遺産分割協議書」は全財産を1通で作成する必要はありません。自動車の部分だけ作成してもかまいません。添付書類として、被相続人(父)の「原戸籍」(もう取得可能、相続に使用するのであれば有効期限は無期限)、相続人全員の「戸籍」・「印鑑証明」が必要になりますので、それなりの費用がかかります。これがあれば、自動車だけ先行して名義変更ができます。そのときに、その自動車の「下取り額見積もり書」をとっておかれることをお勧めします。

 ただ、#3の指摘のとおり、「当面その車を使用するのならば、任意保険の変更だけで可能」です。もっと詳しくいえば、搭乗者限定等でご主人が任意保険の対象外の運転者になっていないか調べ、もしそうなっていればご主人が任意保険の対象の運転者になるよう契約変更した方がいいです、いやすべきです。自賠責だけで自動車を運転できるような世の中じゃありませんから…。

 #2です。

> 陸運事務所と言うのも自分達で行かなければいけないのでしょうか?
 ディーラーや街の自動車修理工場などでも、名義変更の手続きを代行してくれますよ。ただ、必要書類の中には「遺産分割協議書」のように自分たちで作成したり、揃えなければならないものもありますが…。

> まだ他界して1週間経過してないので、戸籍もまだ出来てません。
 それはないでしょう。戸籍に死亡の記載をすることなんて1時間もあればできますし、除籍もとることができます。

> 事は、相続をちゃんとするまで...続きを読む

Q所有者が死亡している場合の軽自動車の名義変更

先日、父が亡くなり、父名義の軽自動車の名義変更についてお尋ねします。
相続権があるのは母、私、妹の3人ですが、話し合いで私名義にすることになりました。
このような場合は本来であれば遺産分割協議書の作成などが必要のようですが、書類を揃えるなど色々と面倒なようなので、父が亡くなった事は黙って、通常の軽自動車の名義変更と同じ方法で私名義にしたいと思っているのですが(普通車と違い旧所有者の認印のみで名義変更できるため)、可能でしょうか?

Aベストアンサー

>父が亡くなった事は黙って、通常の軽自動車の名義変更と同じ方法で私名義にしたいと思っているのですが(普通車と違い旧所有者の認印のみで名義変更できるため)、可能でしょうか?

他にも回答がありましたが、可能ですよ。
所有者である父親が死亡しているか否かは、名義変更時には確認のしようがありません。
そもそも、遺産分割協議書にも「相続財産として記載しない」のが通例です。
簡単に言うと、軽自動車(原付・250ccまでのバイク)小型特殊車両(トラクター・コンバインなど)は財産ではありません。
質問者本人が手続きを行えば、直ぐに名義変更が出来ます。
印鑑証明も不要です。認印だけで「オッケイです!」
私も父親が無くなった時に、軽自動車・原付の名義変更を行ないました。

軽自動車の場合、遺産分割協議書は不要です。
既に登録している管轄の軽自動車協会で、全ての手続きが可能ですよ。
名義変更届け(軽自動車協会で購入)、車検証、新所有者の住民票、認印、自動車取得税・軽自動車税申告書(軽自動車協会にある)の書類を持って軽自動車協会に行けば、手続きが完了します。
既に登録している管轄内(ナンバープレートが変わらない場合)の時は、実際に軽自動車を持ち込む必要もありません。
経験上、30分程度で完了します。

※軽自動車・軽車両・小型特殊の名義変更の場合は、前所有者の生存は「そんなの関係な~い。オッパッピー」なのです。

>父が亡くなった事は黙って、通常の軽自動車の名義変更と同じ方法で私名義にしたいと思っているのですが(普通車と違い旧所有者の認印のみで名義変更できるため)、可能でしょうか?

他にも回答がありましたが、可能ですよ。
所有者である父親が死亡しているか否かは、名義変更時には確認のしようがありません。
そもそも、遺産分割協議書にも「相続財産として記載しない」のが通例です。
簡単に言うと、軽自動車(原付・250ccまでのバイク)小型特殊車両(トラクター・コンバインなど)は財産ではありま...続きを読む

Q車の遺産相続。相続前にちょっと拝借。税金はどうなる

父が亡くなり、自動車が遺産として残りました。
数ヵ月後に母に自動車は遺産として引き継がれる予定です。
ですが、引き継がれるまでの間、数ヶ月間、車を使用する人がいません。
そこで、私が任意保険に入り、「車検証上の使用者」という形に車検証を書き換え手続きをし、暫くの間その車に乗ろうかと思っています。
その車は母に相続しようと思っているのですが、私に相続税がかかってしまうようなことにはならないでしょうか?
母に相続された後も、使用者は私にしようと計画しています。

お詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自動車の所有権は、父上の死亡時に相続人に移転してます。
その名義変更が済んでないだけですので、現在は相続人全員の共有財産であるといえます。
貴方が幾ら乗り回しても、保険を多額にかけても、まったく所有権には無関係です。
例えば「母に相続させるつもりだったが、長男があれほど手をかけてる車だから、あいつの名義にしよう」となれば、貴方に相続がされるわけです。
所有権者が登録される自動車については、使用者は所有者ではありません(※)。

相続税の申告をして発生した相続税のを全部の相続財産額で割って、自動車の評価額をかけると「貴方が負担すべき相続税額がでます。
全額のうち自動車分だけは貴方が負担するという「按分計算をする」わけです。

相続税が発生する前提で述べてますが、相続財産として評価額がでる車でしょうか。
自動車って6年で「ゼロ円」評価ですよ。
仮に新車で1000万円した自動車でも、登録がされた時点で500万円評価がいいところです。
中古車屋に叩き売ったらいくらかという評価でもいいのですが、7年オチで仮に30万円で買いますといわれたとしても「6年経過」してる車なら、評価ゼロで相続財産に計上しなくてもオッケーです。
ゼロ円として計上してもいいですね。
遺産分割協議書に車を乗せておけば、名義変更時に楽です。

※ローンで買ってる車ですと所有者がディラーで、使用者が買った人という登録をします。これは担保としてですから、使用者が所有者であると判断しますが、このような場合以外は所有者として登録されてる人がそのまま所有者です。
実際に誰が使用してるかという事を言い出すと、わけがわからなくなるため、そう決まってます。

自動車の所有権は、父上の死亡時に相続人に移転してます。
その名義変更が済んでないだけですので、現在は相続人全員の共有財産であるといえます。
貴方が幾ら乗り回しても、保険を多額にかけても、まったく所有権には無関係です。
例えば「母に相続させるつもりだったが、長男があれほど手をかけてる車だから、あいつの名義にしよう」となれば、貴方に相続がされるわけです。
所有権者が登録される自動車については、使用者は所有者ではありません(※)。

相続税の申告をして発生した相続税のを全部の相続財産額...続きを読む

Q死亡した父の車

 父が他界してしまったのですが、父名義の自家用車の名義変更や廃車の手続は
どのようにすれば良いのでしょうか。ご存じの方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご愁傷様です。
私も今年父を亡くして、未だにポツポツと残務整理を引きずっています。その父の車の名義変更を行って現在は私が所有者になっています。
専門家の方の回答がありますので、経験者から補足と参考URLのご紹介を致します。

○死亡届けが出ていない場合の補足
#1,2の方々が書かれている通り、通常の名義変更となるそうです。書類としては「譲渡証明書」が必要で、ここに譲渡する方(亡くなったお父様)の署名、実印の押印とその印鑑証明、譲渡される方の署名、実印の押印とその印鑑証明が必要になります。

○死亡届けが出ている場合の補足
亡くなった方からの「譲渡」はできませんので、遺産相続の扱いとなります。(私はこちらでした)
このため「譲渡証明書」ではなく「遺産分割協議書」が必要となります。
「遺産分割協議書」には、遺言等で相続人が限定されている場合には、遺言上の相続人全員、遺言等が無ければ法定相続人全員の署名と各人の実印の押印、その実印を証明する印鑑証明が必要です。
法定相続人は子供と配偶者が該当します。
本件では子供であるあなた御自身とあなたの御兄弟・姉妹、そしてお母様が御存命であればお母様も法定相続人となります。

いずれの場合もそのほかに、移転登録の申請書(陸運局にあるそうです)や申請手数料、車庫が変わる場合には車庫証明等が必要です。

私の場合は、何かと他の手続きにも手間暇がかかったため、近所の車検を頼んでいる整備工場に委託して、手続きの一切を代行して貰いました。
この場合委任状が必要ですが、遺産分割協議書の書式も含めて、整備工場で用意して貰えました。(実際には出入りしている行政書士の方からアドバイスをうけていました。あまり自動車相続手続きの経験は無かったようです)

車検を頼んでいる整備工場等があれば相談にのって貰えると思います。

その他の手続き等もあり、ご苦労されるかと思いますが、体調を崩さぬようお気をつけ下さい。

参考URL:http://yhide2.hp.infoseek.co.jp/etc/car2.htm#08,http://www.montosougisya.com/after/check.html

ご愁傷様です。
私も今年父を亡くして、未だにポツポツと残務整理を引きずっています。その父の車の名義変更を行って現在は私が所有者になっています。
専門家の方の回答がありますので、経験者から補足と参考URLのご紹介を致します。

○死亡届けが出ていない場合の補足
#1,2の方々が書かれている通り、通常の名義変更となるそうです。書類としては「譲渡証明書」が必要で、ここに譲渡する方(亡くなったお父様)の署名、実印の押印とその印鑑証明、譲渡される方の署名、実印の押印とその印鑑証明が必要に...続きを読む

Q法要のときの茶菓のもてなしについて

法要のときの茶菓のもてなしについて教えてください。
地域や宗派によるかもしれませんが、一般的な事でも、個人的な意見でも参考にさせてもらいたいです。うちは浄土真宗西本願寺派になります。

1.お菓子はお饅頭を出すのが普通だと思いますが、特に気をつける事などありますでしょうか?

2.住職にお茶を出すときは、茶托はもちろん、やはり蓋つきのお茶碗でないといけないでしょうか?
家にある蓋つきの茶碗は、部分的に金の模様付けですが、もっと地味なものでなければダメでしょうか?

3.お茶に限らず、コーヒー、ジュースを出して良いという人と、そんなのダメという人がいます。本当はどうでしょうか?

4.1にも関係しますが…、葬儀の時、ある親戚は「派手な饅頭はダメ、白の上用饅頭」と言うし、違う人は、「綺麗な(派手な色目)お饅頭を買ってきたから使ってくれ」と言うしで困ってしまいました。本当はどうなんでしょうか?

5.ある親戚では、せんべい、あられなども出してましたが、「おかしい」という人もいますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

amida3@西本願寺の坊さんです。
最初に、揚げ足取りのようで申し訳ありませんが、教団・宗派の名称としては、「浄土真宗本願寺派」(本山:通称・西本願寺)=略して「お西」ともといいます。
「本願寺派」といい「西本願寺派」とはいいません。「浄土真宗西本願寺派」という宗派名は存在しません。ご自身の属する宗派名ですので正しく覚えてください。念のため。
さて、ご質問についてですが、私も法要のために各家に出向いてのお参りをさせていただきますが、経験的には、地方色がありますので、地方ごとに常識が異なるので一般論はありません。
1.についても、お饅頭は都会でも関西以西とあとは農村地の田舎が多いと思います。関東の都会では饅頭はほとんどありません(ご出身が関西の方の一部くらいです。)。
広い意味では、お茶に対してのお茶請けとしてですから、和菓子が圧倒的に多いです。
2.のお茶は、茶托はほとんどの家でありますが、蓋までと言うのは旧家とか以外では1割~2割です。マンション等にお住まいの方はお若いせいもあり、蓋付きの茶器が無いと思われほとんどの家で蓋はありません。(気にしません。気にするかどうかはその人の問題です。模様付けもまったく関係がありません。鶴でも亀でもOKです。あとは色柄はセンスの問題です。)
3.のコーヒー、ジュースは、お茶が良いかコーヒーが良いかなど聞かれることはあります。また、来訪時はお茶、法要後の雑談時はコーヒー、ジュースと言うこともあります。夏などは最初から冷たいものということも多々あります。個人的には私はコーヒーが好きなので、そのことを知っている親しい門徒さん宅は最初からコーヒーです。
コーヒー、ジュースは好き嫌いがありますので、結局はその方の好み次第です。あまり神経質にならず普通の単なる友人やお客様程度に考えて判断すればよいです。僧侶だから特別と言うことはまったくありません。
4.の件は地方色です。最近は地方色もかなり消えてきていますが、「白の上用饅頭」などと言う点では関西のようですね。ただ字は、薯蕷(じょうよう)饅頭だと思います。
本当はなんでも良いのです。したがって、田舎からの都会に転居して来た方の場合などでは「うちの田舎ではこういうものを出すもので・・・」と一言付け加えたり、「○○に住んでいる親戚が持ってきたものですが・・」とか付け加えれば、まったく問題はありません。
5.にあるように、せんべいやあられという方もいます。別におかしくはありません。
No1回答者さんには申しわけございませんが、お供え物が必ず偶数という決まりはございません。
要は、あまり神経質に考えないことです。気にしすぎです。

amida3@西本願寺の坊さんです。
最初に、揚げ足取りのようで申し訳ありませんが、教団・宗派の名称としては、「浄土真宗本願寺派」(本山:通称・西本願寺)=略して「お西」ともといいます。
「本願寺派」といい「西本願寺派」とはいいません。「浄土真宗西本願寺派」という宗派名は存在しません。ご自身の属する宗派名ですので正しく覚えてください。念のため。
さて、ご質問についてですが、私も法要のために各家に出向いてのお参りをさせていただきますが、経験的には、地方色がありますので、地方ごとに...続きを読む

Q車検証 使用者が死亡した場合・・

いつもおせわになっています。

去年4月に母が他界したのですが、

現在車検証が

所有者の氏名又は名称 ディーラーさん
使用者の氏名又は名称 母

になっています。

気になっているのは使用者の方で、
他界した母の名前になっています。

これはやはり変えなければならないのでしょうか?
車検の時変えてくれる訳ではないですよね?

それと他にも引っかかっているのですが・・

希望ナンバーにするためすでにナンバー予約済みで来週辺り
陸運局に行く予定です。

3月末には車検があります。

ややこしい事になるでしょうか?

世間知らずで申し訳ないのですが、どうすればいいのか?
できたら手順等詳しい方教えて下さい・・・

Aベストアンサー

難しいことは全くありません。
車両が動産扱いになるのは「所有者」が亡くなった場合です。
このケースは「使用者」の死亡ですから遺産分割協議書も必要ありません。

2つのケースがあります。
1つは所有者がディーラーですので、おそらくローン等を組んで購入したと思います。支払い中であるならばディーラー(ローン会社)に使用者が死亡した事を話せば使用者変更の委任状をもらえます(除籍謄本が必要です)。
新使用者の住民票、旧使用者(亡くなられた方)の書面等は必要ありませんので、印鑑等を持って陸運事務所にて変更登録をして下さい。
この場合、使用者が変更になり、所有者はディーラーのままです。
また、ローン会社により、変更が困難な場合は変更登録はしない方がいい場合もあります。

もうひとつのケースはローンが完済している場合です。
この場合はディーラーへ連絡をし、所有権解除の手続きをして下さい。
この際に譲渡証明書が発行されます。委任状と新所有者(亡くなられた旧使用者は全く関係ありません)の方の実印、印鑑証明書、車庫証明書
等を持って陸運事務所へ行って下さい。
この場合、所有者が新しく変わります。

ローンが完済しているならば、後々の事を考えれば後者のやり方がお勧めですね。

難しいことは全くありません。
車両が動産扱いになるのは「所有者」が亡くなった場合です。
このケースは「使用者」の死亡ですから遺産分割協議書も必要ありません。

2つのケースがあります。
1つは所有者がディーラーですので、おそらくローン等を組んで購入したと思います。支払い中であるならばディーラー(ローン会社)に使用者が死亡した事を話せば使用者変更の委任状をもらえます(除籍謄本が必要です)。
新使用者の住民票、旧使用者(亡くなられた方)の書面等は必要ありませんので、印鑑等を持...続きを読む

Q父が他界し相続放棄しました。使用者が父名義の車があります。知人に話すと相続だと言われました。もう一度お聞きしたいのですが

父が借金を残し他界しました。
それで、母、姉、私の3人は相続放棄しました。
先日、自動車税の案内が来ました。父名義の案内です。
父は、生前障害をもっていましたので、減税のお知らせです。そこで問題なのですが、私たちは、相続放棄したので、
父名義の税金は払えないのですが、ローンで買った
車があります。ローンで購入しましたので所有者は
自動車販売店、使用者が父名義です。ローンの名義人は
母親名義で購入しました。出来れば使用者である
父の名義を変更して使いたいのですがそうすると
相続にみなされるのでしょうか?
それともローン名義は母親ですが相続放棄をしましたので
所有者である車屋さんが、車を引き上げて行ってしまうのでしょうか?
ぜんぜん見当がつきませんので、税務署も休日で聞けません。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実質的な所有者(購入者)はローンを組んだお母様です。自動車販売店は担保として所有権を保留しているに過ぎません。使用者であったお父様が亡くなったので使用者の変更登記は必要でしょうが、お父様の財産ではありませんので相続には関係ありません。
自動車税は4月1日現在の使用者で課税されるので、その時点でお父様が亡くなっていたのであれば納税者は実質的な所有者であるお母様であり、障害者でなければ減免は受けられないでしょう。詳しくは自動車税事務所に聞いてください。連絡先は通知書に書いてあるはずです。自動車税は都道府県税なので、国の機関である税務署は関係ありません。
使用者の変更登記は車検証を発行した陸運支局又は自動車検査登録事務所で行います。ディーラーや車検場に代理を依頼してもよいでしょうが、ご自分で手続きすることもできます。

Q契約者が死亡した場合のNHKの受信料

契約者が死亡した場合のNHKの受信料

今年の3月に祖母が亡くなりました。
その後、4月終わりか5月初めに親族が祖母の契約しているNHKの解約の旨を
電話で連絡したそうです。
祖母が居た家は亡くなった後、空き家になり誰も住んでいません。
今日、久しぶりに立ち寄ってみたところNHKの受信料の請求書が来ていました。
なのでNHKのコールセンターに電話をしたのですが解約の電話の記録が残っていない
と言う事で今日付けで受け付けて8月~9月分までは払えとの事でした。
こちらは解約の連絡をしたのは遅くても5月なので5月分まででいいのではないかと
言っても受け付けられないの一点張りでした。

・親族は確かに連絡は入れた。しかし、忙しかったのと受理されたと
 思っていたのとで電話をかけた日を覚えていない。
・祖母の葬儀が終わった後は誰も住んでいない。

この状態だと支払わなければいけないのでしょうか?
また、契約者が亡くなり住んでいた家に誰も居ない状態になっても払わなければ
いけないものなのでしょうか?

誰か解る方がいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

死亡した日以後の受信料なんて払う必要はありません。
未払いにしておけばいいのです。
ありえない話ですが、生前口座引き落としの手続きがされていて、死亡によって口座が凍結され、相続人が口座を解約した場合は、受信料が当たり前ですが引き落としができませんので、請求書が来るという可能性があります。
連絡をいつしたか、記録にあるかどうかなどは「まったく意味のない会話」です。
必要なのは「実際にいつ死亡したのか、その後誰かが住んでいて受信設備を利用していたかどうか」でしょう。
「受け付けられないの一点張り」???
私ならですが、
「受け付けてもらえなくてもいいです。死んでますから。確認はそちらでしてくださいね。」でガチャンと電話を切っておしまいです。
後からNHKからどんな照会の電話等があっても「本人ではありません。知りません」でいいのです。
本人はどうしましたかと聞かれたら「もう死んであの世にいます。受信料請求は天国にどうぞ」です。
受け付けるも受け付けないもありませんよ。
死んだという事実は受付されて有効になるものではありませんからね。

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む


人気Q&Aランキング