マンガでよめる痔のこと・薬のこと

坐っての瞑想はひたすら、腹式呼吸しながら腹部の感覚に集中するようですが、
私はみぞおち付近に、肋間神経痛の痛みが常にあるので、
腹部に集中すると、痛みで気持ち悪くなります。

体の痛みがある場合、痛みを雑念と捉えて瞑想を続けたほうがいいのでしょうか?
瞑想に詳しい人、コツを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

座禅には立禅、臥禅があり、どの姿勢でも取り組むことが出来ます。



また瞑想にも、歩く瞑想があるように、楽な姿勢で、取り組めるような瞑想があり、

「瞑想はひたすら、腹式呼吸しながら腹部の感覚に集中する」などの熟達が難しいものだけでなく、

ただベルの音を聞くだけのようなものもあります。

もっと簡単に取り組める方法を教えている人が居ますから。

立禅、臥禅、歩く瞑想、そして最後の方法は「中村天風」か「天風会」で検索して下さい。
    • good
    • 0

それは形にとらわれているだけで形は瞑想と関係ありません。

スタイル=形は寝てやってもお風呂でリラックスしながらしてもいいのです。

問題はその形より内容です。

究極と同化することを考える究極同化法の瞑想をするべきです。
    • good
    • 1

瞑想の熟達者をのぞいて、瞑想は、快適な状況にしてやられるのが


いいです。

肋間神経痛を治してから、肋間神経痛をされることをお薦めします。

(もっとも、気功を伴った瞑想であれば、健康目的もあわせてありますので、
肋間神経痛の痛みは緩和してくることも考えられます。)
    • good
    • 0

何にもとらわれない方がいいから、


たまたま腹部だけに気をおくのですよ。
だからそれを吐く息に気を置けばいいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報