今、18族元素の特徴を調べているのですが、希ガスに放電した際に出る色を教えてもらいたいのです。
ヘリウム、ネオン、アルゴン、キセノンの色はわかったのですが、ラドンとクリプトンの色がわかりません。どなたかご教授お願いします。

A 回答 (1件)

物理屋の siegmund です.


実を言うと,こういう話は余り得意ではありません.
クリプトンの方はどこかで聞いた記憶がありますが,
うろ覚えで自信がなかったので理化学辞典で確認しました.
「放電によって紫色部にいちじるしい輝線スペクトルを示す」
と書いてあります.

ラドン?
いや~,これはちょっとわかりません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご確認ありがとうございます。こんなに早く答えが返ってくるとは思いませんでした(^^)。クリプトンはわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/29 00:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラッシュデニムの流行は

クラッシュデニムが去年流行りましたよね、去年結構大胆なクラッシュ加工されたデニムを購入したのですが、春からは普通のストレートデニムが流行るみたいで、クラッシュ加工されたものはあまり雑誌とかに載ってないですが、そのままクラッシュデニム履いていたらダサダサでしょうか?(´`;) ?

Aベストアンサー

クラッシュの度合いによるかと思います。
無難にまとめるか個性を出すかにもよります。
質問者様の趣味(読んでるファッション雑誌など)によりますが、
好きな格好して自己満足するのがファッションの楽しみ方ではないかなぁと私は思ってます。

Q12族の元素が典型元素なのはなぜですか?

1、2、13~18族の元素が典型元素なのはわかります。
3~11族の元素が遷移元素なのもわかります。
でも、どうして12族の元素が遷移ではなく典型元素なのか分かりません。

Aベストアンサー

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内部の軌道に空きができるわけですから、CdやHgのように『遷移元素的な』性質が出てくることもあります。

ちなみに、『電子の軌道のうちの内部にあるもの』の意味が取りにくいかもしれませんので補足します。高校ではM殻に最大で18電子収容されることを習うはずです。しかし、周期表の第3周期には8種の元素しかありません。残りの10個はどこに行ったかといえば、第4周期の遷移元素とZnのところに行ったということです。だから第4周期では遷移元素9個とZn1個の合計10個が多くなっています。そして、前に述べた『電子の軌道のうちの内部にあるもの』というのが、このM殻で第3周期までに満たされなかった軌道を意味しています。つまり、N殻に電子が2個入った後に、M殻に残りの電子が入り始め、その入り始めから、入り終わる前までの元素が遷移元素に相当するということです。

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内...続きを読む

Qクラッシュデニムの流行

クラッシュデニムの流行はいつまでだったのでしょうか?
今も履いている人いますか?

Aベストアンサー

こんにちは(^o^)丿
最近では店頭でも、クラッシュデニムを見る機会が少なくなったと思います。私はクラッシュやデザインデニムが好きなのですが、昔に比べて探しにくくなりました。
私の推測では、スキニーデニムの大ブームによって、綺麗めなグラムスタイルが主流になってきたからではないでしょうか??今ブームのバギーパンツも、クラッシュが入っているものは殆どないと思います。また、デニムのデザインよりも、色落ち具合等細かい部分ににこだわる人が増えたのも要因の一つかもしれません。とにかく今はデニムが飽和状態で、よりこだわって選ぶ人が増えたのかもしれません。
ただレディースファッションにおいては、ボーイズ(メンズ)ライクなだぼだぼのデニムが既に流行し始めているので、これからの季節に向けても、クラッシュデニムがまた出てくるかもしれませんね^^
それでは、失礼します☆

QAr(アルゴン)とHe(ヘリウム)の製法

アルゴン、ヘリウムの工業的な製造法を詳しく教えてください

Aベストアンサー

siegmund です.

放射性元素の崩壊には主にα崩壊,β崩壊,γ崩壊の3種があります.
そのとき出る放射線が,α線,β線,γ線です.
α線の正体はヘリウム(原子量4)の原子核,
β線は電子,あるいは陽電子,
γ線は電磁波です.

α線はヘリウムの原子核ですから,
周囲から電子を奪ってくればヘリウム原子のできあがりです.

Q男性から見て女性のクラッシュデニムはどう?

夏はよくクラッシュデニムを履いていて今でもたまーに履いています。
(さすがに真冬は履きませんが・・・)
TPOにもよると思いますがビリビリのハードなクラッシュはさすがに男性から見ても印象良く無いというのはわかるのですが
膝だけクラッシュの物や少しだけクラッシュでもやはり汚らしい・下品などありますか?
(ギャルのような派手な女性以外の方が履いている場合です)

Aベストアンサー

ワイルドな雰囲気でカッコいいと思いますよ。
うしろが半分以上破けていてオシリも半分ぐらい出ているクラッシュデニムをはいている女性を以前見かけたことがありますが、それはさすがに引きましたが(__;)

少しだけのクラッシュならぜんぜんOKだと思います。

Qなぜキセノンだけ希ガスでも化合するのですか。

希ガス性の実体は「希ガス型の電子配置」ではないのですか。
その他の事物に実体を求めるべきでしょうか。

Aベストアンサー

フッ化物を作るのはキセノンだけでなく、Arよりも大きい
希ガスの全てです。

たとえば、NeとFをまぜた場合、
Fが電子を取るとNe型の電子配置になり安定化しますが、
Neが電子を取られるとNeの閉殻構造がくずれます。
この場合、Neの閉殻がくずれるロスの方が大きいので、
FとNeは反応しません。

しかし、ArとFをまぜた場合、
Fが電子を取るとNe型の電子配置になり安定化しますが、
Arが電子を取られるとArの閉殻構造がくずれます。

電子親和力は原子核と電子の距離が遠くなると弱くなっていきますので、
Arの電子配置がくずれるエネルギーよりもArの電子配置ができるエネルギー
の方が大きいのです。

Qクラッシュデニムを加工したい

今,手持ちのデニムを自分でクラッシュデニムに加工したいと思っているのですが,あゆがベストジーニストではいていたような感じにするにはどうやって加工すればよいでしょうか??

Aベストアンサー

No.3の者です。少し補足します。
切り込みを入れると書きましたが、ゆっくり切って縦の繊維だけを切るようにするのがコツです。
そうすると横糸が残っていいほつれ具合になります。
かなりボロボロにしたいのであれば、所々スパッと切り込みを入れてみてもいいんじゃないでしょうか?

Q希ガス元素はなぜ、分子として気体に存在しないのですか?

ネオンなどの希ガスは
なぜ、分子として存在しないのですか?

窒素ならN2 酸素ならO2と存在するのに
Ne2と存在しない理由がわかりません。

分子軌道のエネルギー準位を使って説明できるらしいのですが、どのように説明したらよいですか?

Aベストアンサー

電子の起動が安定な状態が周期的な個数にきます。
詳しくは量子化学を勉強していただくとして・・

となると、原子単体で安定な希ガスは、
他の原子と電子を共有するより、
単独である方が安定なので結合しません。

で、周期的な安定性については量子化学で、
電子起動の問題としてご理解頂けるはずです。

Q形のいいクラッシュデニム

ぴったりフィットする、形のいい、いい感じに色落ちした感じのおすすめのクラッシュデニムありませんか??
値段はできれば1万以内がいいです!!

Aベストアンサー

古着なんていかかでしょうか?

色落ち具合はさまざまですし、破れ具合もさまざまで自分にあったものが見つかるのではないでしょうか?

しかも、安いやつなら五千円以内で手に入りますよ。

私は熊本でよく古着を買いますが(つーか他の土地のことよくわからないんですが...)かなり大量にジーンズをストックしている店がいくつもありますよ(^^)

Q白金族元素

白金族元素の特徴を教えてください。

Aベストアンサー

白金族元素はその物性が特異です。
例えば金属白金は反応性が極端に乏しい、
どの金属も融点が1600℃付近かそれを大きく超える、Ru2334℃、Rh1964℃、Pd1554℃、Pt1768℃、Ir2466℃、Os3033℃。
PtやPdなどは水素分子と極端な親和性がある。
さらにこれらの金属は有機金属錯体触媒として非常に広い応用範囲をもつ。
などなど、一口には言い表せない莫大な化学を秘めています。
全部本に書いたら普通のハードカバー十冊それ以上の「白金族元素の化学モノグラフ」になるでしょう。
ですので、ここでは何も言えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報