痔になりやすい生活習慣とは?

古い話しですいません 大日本帝国時代の話しで海軍兵学校と陸軍士官学校と旧制一高とよく聞きますが どこが一番難しい学校だったのでしょうか?個人差は別として全体的な入学者のレベルで教えて下さい 佐藤一朗 瀬島隆三 中曽根康弘などは特別として あくまでも入試が難しかった順序でお願いします

A 回答 (3件)

時代によって変わります。



1932年(昭和7年)入学までは、

 海軍兵学校 > 第一高等学校 > 陸軍士官学校

1933年(昭和8年)入学以降は

 第一高等学校 > 海軍兵学校 > 陸軍士官学校

です。1932年までは、海兵は合格者数は150人以下(一時期例外あり)でした。
一高の理系は合格者数は200人でした(海兵は試験としては理系に属します)。
海兵は学費もいらず、また当時は軍人の社会的地位が高かったことから、一高よりも優秀な人間が大勢受験しました。

1933年以降は、海兵の合格者数は150人以上になり、戦争末期には3000人を越えました。
一高の定員はほとんど変わらなかったので、このころは逆に一高の方が難関になっていました。

陸士は一貫して海兵や一高よりも入学者数が多かったので(ほぼ海兵の倍)、難易度としては一番下でした。
    • good
    • 3

以前、人から聞いた話です。



海軍経理学校 >海軍兵学校 >陸軍士官学校
・親戚に海軍士官がいたので多少海軍びいきかもしれません。


また、旧制中学から海軍経理学校入学後、終戦となり旧制一高に行き、最終的に新制の東大を卒業した人の話です。

海軍経理学校 > 一高 
・自分の受験体験の中で経理学校が唯一合格する確信が無かった<倍率約50倍
・戦争末期であり、経理学校は特に志願者が多かったと聞いています。
↓ご参考
http://members2.jcom.home.ne.jp/kaikei36ki/

2つは別々の人の話です。
ですので一高がどこに入るかは定かではありません。

今も昔も同じで、人気のある学校の難易度が高いということと思います。
人気があったのは海軍と思います。その結果前記のような図式になるのではと思います。
    • good
    • 0

昭和6年生まれの母に聞きました。



「たぶん、旧制一高が一番難しいのではないか」と言っていました。

ただ、軍隊の学校と官立高校との比較なので・・・

海軍兵学校http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D% …(%E6%97%A5%E6%9C%AC)

陸軍士官学校http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E8%BB%8D% …(%E6%97%A5%E6%9C%AC)
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦前の大学の難易度

概ね昭和初期の日本の大学の、

東京帝国大学
陸軍大学校
海軍大学校

では最も難関だったのはどれでしょうか?

Aベストアンサー

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校に入学できれば、ほぼ(どこでもいいなら)帝国大学には進学できました。さすがに東大は少々難しかったにせよ、そういうものだったのです。ですから、大学受験での受験地獄はありませんでした。むしろ一番の関門が、高校受験でした。
そして、同じく、中学卒業時に海軍兵学校や陸軍士官学校の受験資格がありました。どこの中学からでも相当な秀才が行ってます。東京帝大も十分射程距離の学生です。

それと、学力だけでない難易度もあります。体格や体力もですが、特に海兵においては、海外に出る機会が多く、欧米先進国の士官に見劣りしないようにという考えが働いたようで、男前が多かったですよ。
男ぶりに自信がないから陸軍にするという人もいるくらいでしたからね。

ということで、海軍兵学校というのは、当時の女学生から絶大な人気がありましたよ。

それでも、東大の法学部は当時の高等文官試験の合格率が高く(高文は単なる公務員試験ではなく色々と特典もありますから)別格だったでしょう。
それが崩れたのは、第2次世界大戦の最中、大学生も徴兵免除がなくなった頃からでしょう。このときは文科は免除なし、理科は免除でした。それで、徴兵逃れに医者になるものが増えたんですよ。帝国大学でなくてもいいと、地方の医科大学の進学者が増えました。(戦前は国民保険制度がないので、かならずしも医者が儲かるとは限らない)

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校...続きを読む

Q昭和10年代の陸軍士官学校について

昭和10年代の日本の陸軍士官学校の歩兵科の修業期間は何年だったのでしょうか?
調べてみると飛び級もあるような事が書かれていたので大体の相場を、
もしくは詳しいシステムが分かる方は、そのシステムを教えて頂けるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

「私は陸軍士官学校と陸軍予科士官学校とは違うルートだと考えていましたが」

質問者さんは「陸軍予科士官学校」と「陸軍予備士官学校」を混同しているのではないですか?名前が似ていますが、全く違う学校です。

陸軍の、正規の現役将校養成コースは、時代によって変化がありますが、最終的には
「陸軍地方幼年学校、または一般の中学校 → 陸軍予科士官学校 → 陸軍士官学校」
です。No.1で説明したとおりです。

===

一方で、陸軍では、高等教育を受けている人材を、「幹部候補生試験」によって将校に任用し、戦時に大量に必要になる下級将校(少尉~大尉クラス)を補充していました。

高等教育を受け、軍事教練修了証を交付されている青年は、徴兵により二等兵として陸軍に入って、しばらくすると、幹部候補生試験を受験しました。

幹部候補生試験に合格すると、「将校に適する者」「下士官に適する者」に振り分けられ、「将校に適する者」は、

「陸軍予備士官学校」

に入学、卒業して、見習士官を経て陸軍少尉に任官しました。
いわゆる「学徒出陣」で陸軍に入った人は、高等教育を受けている貴重な人材ですから、ほとんどがこのコースで将校になりました。

===

「中国からの留学生で、中国で日本の中学4年修了相当の学力を持っている人間だったら他の日本人たちと同じ条件で受験、入学はできたのでしょうか?」

できません。中国人は、大日本帝国陸軍軍人になれないからです。

日本の陸軍士官学校には、明治時代から敗戦に至るまで、外国からの留学生を受け入れるコースが存在しました。これは
「日本と友好関係にある国の青年将校が、アジア随一の軍事先進国である日本に留学して軍事学を学ぶ便宜を与える」
ものであり、陸軍士官学校の通常の将校養成過程とは全く別です。

No.1です。

「私は陸軍士官学校と陸軍予科士官学校とは違うルートだと考えていましたが」

質問者さんは「陸軍予科士官学校」と「陸軍予備士官学校」を混同しているのではないですか?名前が似ていますが、全く違う学校です。

陸軍の、正規の現役将校養成コースは、時代によって変化がありますが、最終的には
「陸軍地方幼年学校、または一般の中学校 → 陸軍予科士官学校 → 陸軍士官学校」
です。No.1で説明したとおりです。

===

一方で、陸軍では、高等教育を受けている人材を、「幹部候補生試験」によっ...続きを読む

Qひとむかし前の大学受験は?

1960~1980頃の大学受験がどんな感じだったのか知りたいのですが
当時のことを書いてあるサイトや書籍をおしえてください。

Aベストアンサー

60年代末期~70年代初頭にかけては大学紛争がピーク。
東大医学部の学生がインターン制度に抗議。これに端を発し、またたく間に全国の大学に広がりましたね。東大に限らず以前より他大学医学部でも登録制度に対する問題はあったようで、また、多くの国公立・私立でも学費値上げ等に対する反対や抗議はあったようで、ここにきて一気に紛争に発展。
確か東大はその年の入試を中止したと思います。それほどに国を揺るがす出来事だったのです。

あと、国立大は一期校と二期校があり前者が一流(メジャー)、後者が二流(マイナー)というイメージがあり受験生や家族もそういった色眼がねで捉えていて、特にへんぴな地方国立大に行くより華やかな都市部の私立大へ行く傾向は当時からあったようです。

入試偏差値は当時も今も大きく変わりはないかと。今も昔もいい大学は入試の難易度が高いのも変りません。
東大・京大、をはじめ旧帝大、一橋、東工大、東京医科歯科、全国の国公立医学部・歯学部、をトップとし(偏差値:60以上)、私立では関東の早・慶、立教、明治、中央。関西では同志社、関学、といった特に伝統的名門校が上位で、理系単科大では東京医科、日本医科、順天堂医学部、東京理科、芝浦工大、東京歯科。女子大は津田塾、東京女子、日本女子、など。(偏差値:概ね、文系60以上、理系55以上)

60年代末期~70年代初頭にかけては大学紛争がピーク。
東大医学部の学生がインターン制度に抗議。これに端を発し、またたく間に全国の大学に広がりましたね。東大に限らず以前より他大学医学部でも登録制度に対する問題はあったようで、また、多くの国公立・私立でも学費値上げ等に対する反対や抗議はあったようで、ここにきて一気に紛争に発展。
確か東大はその年の入試を中止したと思います。それほどに国を揺るがす出来事だったのです。

あと、国立大は一期校と二期校があり前者が一流(メジャー)、後者...続きを読む

Q早稲田は昔はバカだった?

早稲田大学卒業の年配(おおむね60代以上)の方は、よく大学の話になると
「いやあ、私なんか早稲田ですから。
 田舎者でも入れるような二流大学でしたから・・・」
と謙遜します。
早稲田卒業なら立派に自慢できる経歴だと思うのですが、どうして早稲田卒を謙遜・卑下するのでしょうか?

1 本当に、昔はバカしか入れない大学だったから。
2 本当は東大京大に行きたかった。同級生もみんな東大京大なので、早稲田は恥ずかしい、とおもっているから。
3 年配の人は謙譲の美徳を常としているので、単に謙遜しているだけ。
4 早稲田は早稲田でも実は夜間部卒だった。
5 本当は早稲田大学ではなく、バカ田大学の卒業生。
6 そのほか。

もし、昔はホントにバカだったとしたら、いつごろから偏差値の高い学生が集まるようになったのでしょうか?

早稲田関係者の方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

昭和41年に早稲田大学に入学しました。
昭和41年は、早稲田の学費値上げのストライキで授業が開始できず、入学式が5月にずれ込みました。

当時はまだ日本は貧しかったので
普通レベルの国立大学>早稲田大学
でありました。
埼玉大学に合格した同級生は
埼玉大学>早稲田大学
と言っておりました。

確かに二つのことは言えました。
1.国立大学に入学すると親に経済的負担をかけない。つまり孝行息子であると。
2.早稲田しか受けない学生は三科目を必死にやれば入れる。しかし、国立は科目が多いから必死に三科目やっても入れない。つまり国立大学の学生は付け焼刃ではなく本物の優等生だ。

私も素直に上記を認め
普通レベルの国立大学>早稲田大学
だと思っておりました。

ところが日本が高度成長で豊かになってから評価が変わりました。
「私立でもいいよ」と言ってくれる親が増えました。

考えてみれば、お金があるなら埼玉大学に入るより、早稲田のほうが楽しそうです。四年間の学生生活をエンジョイできそうだし、卒業生も多い。で、今では
早稲田>普通レベルの国立大学
となっているようです。

昭和41年に早稲田大学に入学しました。
昭和41年は、早稲田の学費値上げのストライキで授業が開始できず、入学式が5月にずれ込みました。

当時はまだ日本は貧しかったので
普通レベルの国立大学>早稲田大学
でありました。
埼玉大学に合格した同級生は
埼玉大学>早稲田大学
と言っておりました。

確かに二つのことは言えました。
1.国立大学に入学すると親に経済的負担をかけない。つまり孝行息子であると。
2.早稲田しか受けない学生は三科目を必死にやれば入れる。しかし、国立は科目が多いから必死に三...続きを読む

Q日本海軍兵学校について教えて下さい

海軍兵学校の第77期生、というといま御とし何歳ぐらいの方々になりますでしょうか?

Aベストアンサー

> 兵学校へ入学する年齢というのは、特定の何歳、と決まっていたのでしょうか? 
> それとも有る程度幅があって入学を許されていましたでしょうか?

通常は陸軍士官学校同様に、旧制中学(5年制)の4年終了が最短での入学条件だったはずです。
ただ、太平洋戦争中は相次ぐ人員の損耗で、中学2年終了で「予科生徒」として受け入れたこともあるようです。
なお旧制中学には最短で小学校5年終了で入る事が可能でした。(飛び級制度)

参考URL:http://www2b.biglobe.ne.jp/~yorozu/hyoushi.html

Q九段高校って有名な高校なの?。

 なにかとメディアで耳にする事の多い高校だと思うんですが、そういう有名な学校なんでしょうか?。

 特色などご存知の事があったら教えて頂きたいんですが・・・。

Aベストアンサー

九段高校。都立ですよね?
靖国神社のすぐ裏にある高校です。
私は都立の推薦は合格したらラッキーで、一応受験し、見事に落とされたものです。

九段高校は、都立で、入試の時点から理系・文系に別れて志願するコース制の高校です。今は学区制がなくなったのでしょうか?学区制があった私のころは、九段高校は学区関係なく受験ができた特色ある学校です。

文系の私は、受験時周りが女の子に囲まれて、イヤで・・受験中やる気がうせました。
で、地元の私服で自由な都立高校に行き、見事に遊んでしまい浪人しました。
九段高校は、伝統があり厳しいイメージがあるので進学率はいいほうなのでは?という印象あるので、私は九段高校に入ってたら、また違う人生だったのかなと思ったりもします。
女の子に囲まれるのがイヤだった私は、結局女子大にいきましたし。。ね。

Q上智大と東京外大どちらがいいですか?

上智大外国語学部英語学科と東京外国語大学外国語学部英語学科に合格した場合、どちらに入学するか迷っています。どちらもいい点を持っているので、本当に悩んでいます。先輩方のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院レベルでの研究には資料の豊富さも鍵を握りますが、私学より国立の設備のほうが何倍も充実しています。私学の図書館で国立に負けないのは慶応大学くらいです。うろ覚えですが、上智の蔵書数は東京外語の5分の1くらいでした。図書館の建物は大きいのですが、棚はスカスカ。

こと予算にかかわる件については、私学は国立にかないません。研究職に進む場合は大きな差が出ますので要注意です。

外大卒の人をみかけないという感覚の話が引き合いに出されていますが、私は海外勤務、出張を繰り返した経験を持っており、外国に行くと外大卒に多数出会います。ただ、今どき英語はどこでも習得できますから、英語圏以外にいくと外大卒に出会う確率が格段に高くなると申しておきましょう。

一般的な企業の入社試験では、外大+上智+ICUでグループ化して評価する会社が多いのでは?ブランドで採用する会社にとってはブランドが大切でしょうが、最近は大学名にこだわらない採用も増えていますし、やはり最後は個人レベルの実力でしょ。どこを選んだとしても自分を磨くよう心がけてください。

外国語学部出身者は概して細かい作業を正確にこなすイメージがあり、よく言えばまじめだが、行動や発想のダイナミックさに欠けるところがあるかもしれません。

外大入試の2次試験に英語しか科されていないという批判については、外大は国立ですから、まず文部省の政策に従わなくてはなりません。センター試験導入後、英語以外の得点で入学する学生が増え、英語力の低下が顕著になったので、2次試験で国語、世界史などの科目の得点比率を見直すようになり、最終的に英語を最重視するようになったという歴史的経緯があります。

学生の学力の推移と合わせて評価した場合、私は現状が間違っているとは思いません。独自に好きなことができる私学とは異なりますので、制度の表面だけを見た比較は誤解を招きます。

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院...続きを読む

Q陸軍士官学校卒の昇進の限界について

陸軍士官学校(明治期)を卒業し、陸大には入らなかった場合、一般論としてどの階級あたりまで出世できたのですか。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 こちらでも失礼します。
 一般論として聯隊長までと考えてよろしいかと思います。歩兵科で大佐、騎兵科で中佐です。
 陸軍大学は「陸軍大学条例」で、その目的を設立当初には「将来の参謀職に堪ゆべき者を養成」と定められていました。その後、条例は数度改正され、
「高等兵学を教授し、将来参謀官、高等司令部副官及び教官に充つるを目的とし並に高等職務に堪ゆべき学事上の基礎を修習せしむ」(明治19年改正)
「高等兵術を教授し、参謀其他枢要の職務に充つべき者、または高等指揮官となるべき者を養成する」(明治24年改正)
「高等用兵に関する学術を修めしめ、併せて軍事研究に須要なる諸科の学識を増進せしむる所とす」(明治29年改正)
と、一貫して高等用兵を教え、参謀官、高等指揮官を養成することを目的としていたからでしょう。
 実際、陸大未卒業者の将官昇進は、平時では1%に満たなかったそうです。ちなみに、陸大卒業生は、その内少将昇進80%弱 中将50%強 大将10%強だそうです。
 また、士官学校の卒業成績がその後の昇進のスピードに係ってきますが、陸大を卒業すると、過去の成績に関わらず自動的に士官学校卒業時の成績序列の上位に位置し、その期の進級時期に来ると未卒業者を追い越して一斉に進級したそうです。

 こちらでも失礼します。
 一般論として聯隊長までと考えてよろしいかと思います。歩兵科で大佐、騎兵科で中佐です。
 陸軍大学は「陸軍大学条例」で、その目的を設立当初には「将来の参謀職に堪ゆべき者を養成」と定められていました。その後、条例は数度改正され、
「高等兵学を教授し、将来参謀官、高等司令部副官及び教官に充つるを目的とし並に高等職務に堪ゆべき学事上の基礎を修習せしむ」(明治19年改正)
「高等兵術を教授し、参謀其他枢要の職務に充つべき者、または高等指揮官となるべき者を養...続きを読む

Q自衛隊幹部候補生の出身大学

自衛隊の幹部候補生の出身大学は、だいたいどのレベルでしょうか?
試験自体は所謂A級(一種と二種の間)とのことですので、やはり旧帝大や早慶上智レベルの方が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 一般幹部候補に興味があり、覚悟があるのなら、お近くの自衛隊地方連絡部(地連)にお訊ね下さい。漏れなく担当員(地連ジャー)が資料付きで御説明に上がります。

一応、こんな話もあるが、ソースがソースなので・・
http://blog.livedoor.jp/blacksanta1/archives/50172168.html

Q女性は何歳頃まで感じることができるのですか

私は66歳の男です。
20年以上も前、同じ会社の年上の女性と関係をもち、お互い定年に
なった今でも時々逢って関係をもっています。
彼女はもう75を過ぎているのですが、日舞やダンスで元気で張り切っています。体は筋肉質の体形でぜい肉は付いていないようです。
最近関係を持つたびに彼女はどう感じているのか、75を過ぎても
性的欲望はあるのだろうか?50代のころと同じように感じるのだろうか?わたしの性欲に付き合っているだけなのか?と変なことを考えて
います。
また、閉経前と後では感じ方に違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

シニアライフの中で男性の性交いくつ位まで?質問した51歳の女性です。
男性も同じような悩みがあるのですね。
いろいろな方から回答を頂きましたが、結局は二人の関係はそのまま大切な時間を続けていけばよいのではないでしょうか。
あいにく閉経前なので、感じ方の違いなどわかりませんが、肌と肌を重ねる時間が持てるだけで幸せを感じることができるのではないでしょうか。
回答くださった男性の奥様は(多分60歳前後)もう嫌がるとのことでした。女性の身体を年齢で判断し、余計な心配をする必要はないのではないでしょうか。
年齢などきにせず楽しい時間をすごしてください。
彼女があなたの性欲に仮に付き合ってくださっていたとしても、それは彼女にとっては自分が女性の喜びを感じられるひと時であると思います。もし彼女が苦痛と感じた時は、その時考えれば良いことではないでしょうか。
考えこまず、楽しい時間を二人ですごしてください。


人気Q&Aランキング