数日前、出勤途中の駅構内で歩行中に「足がからまった」と言いがかりをつけられていきなり顔を3発殴られました。
相手の男(46歳の会社員)を取り押さえ警察に引き渡しましたが逮捕はされていません。
私はこの際の暴行で全治3週間の診断を受け、相手は無傷です。
先日私の事情聴取が終わり、警察からは「警察では刑事事件として書類を作って裁判所に送るまでしか出来ない。賠償については民事事件となる。民事はよく分からないが控訴するにしても示談するにしても まずは県の弁護士協会の相談窓口にでもいってみてはいかがか」とアドバイスをされました。
私にとっては裁判所も弁護士もまったく初めての経験なのですが、特に下記4点が分からず不安です。
もしご存知のことあれば教えて戴けますか。 宜しくお願い致します。
1.弁護士をおねがいするのは上記窓口が最適でしょうか。転勤したばかりで紹介いただけるような知人は少ない土地柄です。
また、どんなポイントで弁護士さんを選べばよいのでしょうか。
2.他の回答で「賠償請求額は自分のおもう金額でよい」とありましたが、ある程度の相場はあるのでは、と思っています。本件のケースでは、概算どの程度の金額が目安となるといえるのでしょうか。
3.相手は謝りたいという意思があるようですが、日中に1人でいる妻は「いきなり殴りかかってくるような人に住所をおしえること」に非常な恐怖心を持っています。今後の交渉を考えると相手に住所を教えたほうがよいのでしょうか
4.控訴・示談それぞれ解決までにどの程度の時間がかかるものなのでしょうか(一概には言えないかも知れませんが目安でもあればと言う気持ちです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

弁護士に相談するのが、一般的とは思いますが、訴額の小さい事件については、弁護士に丸ごと委任した場合、費用倒れになってしまうことも考えられますので、他の方法についても、アドバイスさせていただきます。



相手方が反省し、誠意をもって対応する見込みがある場合、いきなり提訴するのは得策ではありません。費用も時間もかかるからです。要は、損害賠償金を得ることができればよいわけで、裁判外の和解(いわゆる示談)で話がまとまればそれにこしたことはありません。

金額は、ケースバイケースですが、本件では10万~30万くらいでしょうか。賠償金額算定については、相手方が実際に払える額をも考慮することが肝要です。つまり権利としていくら主張できるかということと、実際いくら回収できるかということとは別問題だからです。

示談がまとまれば、示談書という形で文書にしておくべきです。行政書士に依頼すれば、1万円前後で作成してくれます。また、強制執行力も確保しておきたい場合は、示談書をさらに、強制執行認諾条項付公正証書にしておく方法もあります(その際は公証人費用もかります)。なお、行政書士の専門分野は細分化されているので、事前に確認するとよいでしょう。

また、相手方とじかに交渉するのが億劫ならば、簡易裁判所の訴え提起前の和解や少額訴訟(訴額30万円以下)という方法があります。弁護士を立てずに、本人がやることになりますが、それほど面倒な手続ではありませんし、これは司法書士の職分でもあるので、司法書士に申立書の作成を依頼すれば、説明してくれると思います。

その他、ご質問に関連してですが、相手方に住所を教えることに対して、奥様が怖がっているのでしたら、やはり、住所は教えないで、外で交渉すべきでしょう。このような件で他人を家に入れるのは、気持ちのいいものではありません。勿論、相手方の住所、氏名、電話番号、勤務先等は、こちらが把握しておく必要があります。

示談で話がまとまればあとは履行の問題となりますし、簡易裁判所を利用しても、争いがなければ1ヶ月前後で解決すると思います。相手方が、こちらの提示額に納得せず、争うことになれば、訴訟ということになりますが、相手方は刑事責任をも負う場合で、相手方も不起訴の前提として被害者弁償を望んでいる筈なので、争いになる可能性は低いと思われます。

以上、参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
詳しい回答で随分気が楽になりました。
三茶で同様な事件もあり、本当に怖い世の中になってしまったと改めて思っております。

お礼日時:2001/05/07 00:43

 弁護士会に相談に行かれれば大抵のことはわかります。

相手に請求してもらうお金は、治療費、休業損害、慰謝料ですが、この金額は交通事故(故意も過失も請求は基本的に同じ)において、多数の例が蓄積されています。相手が勤め人ならば、お気遣いのようなことはほとんどありません。これ以上おかしなことをすると、再び刑事問題になりますし、慰謝料の増額も考えられます。もし、払わない場合は、会社宛に給料の差し押さえができます。これがどういう効果を与えるかは、よくご存知でしょう。時間は相手の程度にも寄りますが、本件の様に一方的なものにはあまりかからないでしょう。
 慰謝料の計算は
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2consoc …
 で、裁判・重傷として計算してください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2kenka. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
私の住む地域では不景気だけに大規模なリストラが盛んで、予想以上の「効果」が与えられてしまって、むしろ逆恨みを買うのではと心配しております。
変な話ですが金額を見て、こんなひどい目にあったのに・・・と余計怒りが込み上げるのと同時に少しほっとしました。

お礼日時:2001/04/29 18:04

まず、弁護士会の法律相談を利用して、相談しましょう。


これは、30分5000円で、平日はもちろん、休日や夜間の相談も出来ます。
1から4までの疑問が解決できます。

問い合わせは、参考UTLからお近くの弁護士会へ電話をしてください。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
連休中なので何も出来ないのかと思っておりました。連絡してみたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2001/04/29 17:51

まず近くの家庭裁判所に行きましょうそして事情を話し訴訟を起こします。

そして国の弁護士を付けてもらいます。このときに8000円かかります。あなたが支払う金額はこの時の8000円だけです。この後は書類(裁判所に来なさいと言うような内容)が相手に渡り相手が裁判を受けるか示談で解決しようとするか2つの選択をします。この時に相手が裁判を受けようとしても100%勝てないとわっかている場合は相手の弁護士も相手に示談でお金を払って解決するように言うでしょう。なんせ弁護士ももっと大きな事件の方が儲かるのだろうから。ちなみにもし加害者が裁判を受けたとしても、加害者と被害者は違う日に裁判所に行くので顔を合わす事は無いでしょう。 僕もjoubanさんと同じ様な経験がありますはじめは警察に任せておいたのですが、いつまでたっても逮捕してくれないので自分で解決しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答有難うございました。家庭裁判所というのはまったく知りませんでした。
休みがあけたらすぐにでも行ってみたいと思います。
また、同じ様な経験があるとのこと、お察しいたします。
現在は怒りは当然ですがそれ以上に、なぜ自分にこんなことが起こるのか?と当惑しております。とにかく行動しなくてはいけないと思っています。

お礼日時:2001/04/29 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手を殴り相手の親から殴られお互いに傷害のときは

私ががAさんを殴って全治2~3週間の怪我を負い、それを聞いたAさんの親が私を殴って全治3~5日の怪我を負いました。そこで相手は傷害事件にしようとしています。このときはお互いに傷害を与えているのでどうなるのでしょうか?さきに訴えた方がいいのでしょうか?それともこちらから訴えたほうがいいのでしょうか?私が殴った怪我の方がひどいので私から警察に訴えることはしませんが、先に訴えられたら逮捕されてしまうのでしょうか?そして逮捕後にこっちも訴えると檻の中でいえるのでしょうか?

Aベストアンサー

ここはNO1さんと同意見!!
まず、診断書 (自分の)を取って警察に出頭して  こうなった経緯を説明し、今後 相手から、何時訴えが出てもいい様に準備?します。

後は警察がどう判断するかですが・・本当に中に入ってしまうと代理人との連携が上手く出来るか分からない事も出てきそうな予感。

変な話 早いもん勝ち!!的な判断で行動された方が宜しいかと?
狙いどころは 喧嘩両成敗で刑事処罰なし で双方の治療費を負担し合うって所に落ち着けば有り難い話。。

Qもし自分をぼこぼこに殴った相手を、相手が殴り終わって立ち去ろうとすると

もし自分をぼこぼこに殴った相手を、相手が殴り終わって立ち去ろうとするとき、つまりもう殴る意志のないときにナイフで刺して殺してしまったら過失相殺は起きますか?

Aベストアンサー

気持ちはわかりますが、殺人者になるだけ。ぐっとその場をこらえ、入院し慰謝料をたっぷり取る事を模索した方の勝ちになります。ナイフを持って居る事自体違法な事ですしね。

Q一審原告被告両方が控訴したらどちらが控訴人でどちらが被控訴人? ほか数問

 本人訴訟してますが控訴になりそうです。

Q1 素朴な疑問ですが、一審(地裁)の原告被告両方が控訴したら、どちらが控訴人でどちらが被控訴人になるんでしょう? どちらにしてもまぎらわしいから、便宜上、一審での呼称(原告被告)をひきつづき使う──なんてこともあるんでしょうか。

Q2 一審原告が二審で新しい証拠を出す場合、「甲○号証」などの数字は、一審→二審で、通し番号にするのでしょうか。リセットして1に戻すのでしょうか。
 また、一審原告が控訴人になるか被控訴人になるかで、甲か乙かは変わるのでしょうか。

Q3 準備書面に連番を打っている場合、一審→二審で、通し番号にするのでしょうか。リセットして1に戻すのでしょうか。これはおそらく規定はないと思いますが、慣習的にはどうなんでしょう。

Q4 一審原告被告の少なくとも一方が法人の場合、いわゆる登記簿(資格証明書)を添付しますが、一審で出していても二審ではあらためて必要なのでしょうか。

Q5 「控訴の理由」を「追って提出」とした場合、その(後日の)文書は「準備書面」の中に「第1 控訴の理由」などと書けばいいんでしょうか。

Q6 一方だけ控訴した場合、かつ「控訴の理由」を「追って提出」とした場合、相手にはとりあえず控訴状だけが届くのでしょうか。それとも、追って提出されてからまとめて届くのでしょうか。

 ご存じのことだけでもお教えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 本人訴訟してますが控訴になりそうです。

Q1 素朴な疑問ですが、一審(地裁)の原告被告両方が控訴したら、どちらが控訴人でどちらが被控訴人になるんでしょう? どちらにしてもまぎらわしいから、便宜上、一審での呼称(原告被告)をひきつづき使う──なんてこともあるんでしょうか。

Q2 一審原告が二審で新しい証拠を出す場合、「甲○号証」などの数字は、一審→二審で、通し番号にするのでしょうか。リセットして1に戻すのでしょうか。
 また、一審原告が控訴人になるか被控訴人になるかで、甲...続きを読む

Aベストアンサー

Q1について
双方が上訴した場合には、原審原告を控訴人、原審被告を被控訴人とするのが普通だと思います。

Q2について
書証番号はリセットしないのが普通だと思います。
控訴裁判所は、原審裁判所から訴訟記録の送付を受けて、これに必要事項を書き足してゆくという方法を取ると思いますので。
原審被告が控訴人になる場合も、書証の附合は乙号を使い続けるのが普通だと思います。

Q3について
準備書面の連番も、リセットしないのが普通だと思います。
ただし、人(弁護士)によっては、「控訴審準備書面(1)」、「控訴審準備書面(2)」などというタイトルで控訴審の準備書面を出すケースもあります。
当事者それぞれの考え方という部分もあると思います。

Q4について
私の記憶では、改めては添付していなかったように記憶しています。
(控訴裁判所も、原審裁判所から送付された訴訟記録で、確認ができるので、改めて添付しなくても不都合を感じないと思います。)

Q5について
後日提出する書面は、そのものズバリ「控訴理由書」というタイトルにするケースが多いと思います。(その性質は、準備書面)

Q6について
とりあえず控訴状だけが届くと思います。
裁判所の再々の督促にもかかわらず、ずっと控訴理由書が提出されなかったというケースも経験させてたいだきましたし…(笑)

Q1について
双方が上訴した場合には、原審原告を控訴人、原審被告を被控訴人とするのが普通だと思います。

Q2について
書証番号はリセットしないのが普通だと思います。
控訴裁判所は、原審裁判所から訴訟記録の送付を受けて、これに必要事項を書き足してゆくという方法を取ると思いますので。
原審被告が控訴人になる場合も、書証の附合は乙号を使い続けるのが普通だと思います。

Q3について
準備書面の連番も、リセットしないのが普通だと思います。
ただし、人(弁護士)によっては、「控訴...続きを読む

Q口論の末、頬を殴られ十分位首すじを押さえ込れ、診断書は一週間と出ました。相手への刑罰と賠償金を教えてください。

口論の末不意をつかれ、頬を殴られ押し倒され十分位馬乗りのまま首すじを押さえ込まれました。
警察に届けた診断書は一週間と書いてありました。相手への刑罰を教えてください。また損害賠償金はいくらくらい請求できますか?教えてください。

Aベストアンサー

罰して欲しいなら、告訴して下さい。
でも大した刑にはなりません。恐らく執行猶予付き。

>害賠償金はいくらくらい請求できますか

民事裁判では、100万でも1億でも請求できますが、
判決を下すのは裁判官です。
これも大した額にはならないでしょう。

相手によりますが、示談ですませるのが手っ取り早いでしょう。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/kekokuso.html

Q民事訴訟の控訴期限は

民事裁判の控訴期限は14日で間違いないでしょうか?

Aベストアンサー

 14日という期間自体は間違っていませんが,正確には判決書または判決調書の送達を受けた日から2週間以内であり,判決書の送達を受けた当日は算入しません。
 なお,控訴状を郵送で提出する場合には,14日以内に裁判所に届かなければ控訴は不適法となりますので,ある程度余裕を持って提出する必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報