音楽用語について伺います。
例えば、G-F-Gという進行に於いて、G-#F-Gと変音することがよくあります。ハ長調の曲と考えて下さい。Gから一音下がり、再びGに戻る時に、Fを半音上げれば、進行が楽になるという考えと思われます。このような臨時記号を用いた進行あるいは変音を音楽用語ではなんと呼びますか。

A 回答 (3件)

非和声音といっていいと思うけど、和声(コード)も一緒に変わっている場合にはそう呼ぶことはない。

コードがCやGで固定されていれば非和声音と解釈できます。

非和声音の1つとして経過音というものもあります。この場合の♯Fがそうです。経過音は和声音に移行することで解決されます。

この回答への補足

有り難うございます。非和声音の1つとしての経過音と表現することにいたします。

質問を出した理由を申し上げます。最初から書くと、議論が発展しすぎる可能性があるかと思ったのです。私はまず、述語をひとつ教えていただきたかったのです。

日本音階のひとつに呂音階/呂旋律があります。ヨナ抜き音階と云われます。呂音階の例として南部牛追い歌がよく示されます。ところが牛追い歌の楽譜をよく見ると、ファもシも出て来るのです。ファもシも入っているのにヨナ抜き音階であるという、説明に西洋音楽和声法の経過音と同じ考えを使えないかと思ったのです。(素人ですから、自分への納得のためです。)学校の授業をする訳ではありません。そのために『経過音』という単語を知りたかったのです。

経過音の中でも、G-Fis-Gのように元の音に戻る時に、一音飛ばず、半音で横着をする進行に述語があるとよいなと思っております。

ここに楽譜をjpgファイルとして添付したいと思いますが、うまく行くかどうか分かりません。添付できなかったらごめんなさい。

補足日時:2011/08/16 09:30
    • good
    • 0

No.1のtattom55です。


訂正します!
No.2の方の回答が正しく、「刺繍音」です。
なぜ思い出せなかったのかお恥ずかしい限りです。
経過音ならばG-Fis-Fのように少なくとももう一つは下がりますね。

非和声音についてはwikiの「和音」の「非和声音」の項をを参照してみてください。

音楽理論を確立させるためとはいえ、
色々な言葉が使われるようになりなかなか大変ですね。
    • good
    • 0

質問と完全に一致はしないのですが、強いて言えば半音進行(クロマチックアプローチ)


の一種のような気がします。
仮に和音とメロディという関係があれば、元の音から半音下がってまた元の音に戻るとい
動きがよくつかわれますが、この場合は刺繍音と言います。

参考までに
岩手県民謡の南部牛追い歌でしたら、呂音階ではなくて陰旋法(都節音階)でできている
ように思います。
ミファラシレミで上がって、ミドシラファミで下がる音階です。
この音階でしたらヨナ抜き音階ではないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え有り難うございます。

おっしゃることは理解いたしました。
私が南部牛追い歌が呂音階と記したのは、
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/edc8/nattoku/nip …
の記述によります。お礼の覧に楽譜が書けないので、サイトのアドレスを書きました。同様のサイトに君が代は律音階とありました。

音階の判別はとても難しいと思っております。元の質問とは関係ありませんが、
ハ長調の西洋音楽で、たまたまファとシが使われていなくても、これがヨナ抜きとは言えないですね。素人ながらとても面白いと思っています。

お礼日時:2011/08/16 18:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFの音を正しく発音する韓国人、しない韓国人

韓国語の超初級者です。

ハングル文字は表音文字で、ほとんどの音を表記できるという謳い文句ながら、できない音に、Fの音があると習いました。

以下、ごちゃごちゃと質問文章を書いていますが、韓国人(全国の平均的な)は、Fの音を発音できますか?

因みに、日本人は、エイプリルフールという英語を、日本語の会話の中で発音するときは、HOOLのようにH音で発音しますが、もちろん知識としてはFOOLのF音であることを知っているので、アルファベットで書いたり、英会話として発音するときは、FOOLと発音します。

宝石のティファニーのFの音は、何と発音するのでしょう

少女時代なる音楽グループのアイドルのティファニーは韓国人には、ティパニーのPの音で呼ばれ、文字も、ハングルのPの子音を使っているようです。

発音できないという意味なのか、表記できないというだけなのか、

動画は、開始1:49で、英語のFORの音を、ほぼ正しく、吹き出す力は弱く、Hの音にも聞こえますが、歌っています。だから、韓国人は、Fの音を出そうと思えば出せるのでしょうか。

外国から輸入される物には、当然Fの音があり、それはPだけでなくHの音のハングルで表記することもあるようです。

日本人は、フットボールをFOOTBALLと発音せずにHUTTOBORUと発音します。これも本当は変です。しかし、日本語にFの音がないので、Hを使っているだけ。韓国も、これと同じなのか。
HやPの音を韓国語会話の中では使い、英語の歌の時は、(ほぼ)正しくFと発音するということなのか。

英語になじみのない世代の韓国人は、FOR YOUとシャレて話すときは、どんな音を使うのでしょう

http://www.youtube.com/watch?v=18f7zGY0_Pw&feature=relmfu

韓国語の超初級者です。

ハングル文字は表音文字で、ほとんどの音を表記できるという謳い文句ながら、できない音に、Fの音があると習いました。

以下、ごちゃごちゃと質問文章を書いていますが、韓国人(全国の平均的な)は、Fの音を発音できますか?

因みに、日本人は、エイプリルフールという英語を、日本語の会話の中で発音するときは、HOOLのようにH音で発音しますが、もちろん知識としてはFOOLのF音であることを知っているので、アルファベットで書いたり、英会話として発音するときは、FOOLと発音します...続きを読む

Aベストアンサー

 英語Fの発音は韓国人出来ますよ。英語ネイティブの先生も韓国中にいっぱいいますし。でも英語の授業でない普段の会話では、英語から来てることばとか外国の地名・人名とかの発音は韓国語風の発音でします。
 日本も同じですよね。英語の授業だと発音に気をつけて F は F で発音するけど、普段の会話で英語とか外国語由来の単語が出て来たら日本語風の発音で言います。

 ティファニー は、 ティパニー です。
 FOR YOU は、 普通に韓国式に言う時は  ポ ユー です。シャレて英語らしく言ってみるときは F を使ってネイティブっぽく言います。
 普段の韓国人同士の会話で、わざわざ 英語F の音を出す必要はありません。韓国語風の英語の発音です。
 外国人と話すときなら通じないといけないから、英語の授業を思い出して使います。

 H の音も韓国語式の発音では P で発音することが多いです。
 最近話題の フォークランド(フォークランド諸島) は、 ポークレンドゥ です。
 
 車の会社 フォード は、 韓国では ポドゥ、または ポードゥ。(ちなみに、 - と音を伸ばすか伸ばさないかは韓国人、あまり気を使いません。伸ばしても伸ばさなくてもどっちでもいいじゃん、と思ってます。なので伸ばす音の記号として日本語にある「-」の記号は韓国語にありません。(さらにちなみに、 19世紀末に日本に留学に来た朝鮮の知識人たちは日本語表記の「-」記号を朝鮮語に取り入れ、朝鮮でもハングル表記に伸ばす記号「-」を使っていました。戦後、「「-」は日本語から来た記号だからダメ。」ということになって使わないことになりました。)一部、漢字のことばについて、伸ばすか伸ばさないかをうるさく言う人もいますが。日本人からしたら音を伸ばすか伸ばさないかはえらい違いですけどね。)

 fan(ファン)(韓流ファン とかのファン) は、韓国語では韓国語式の発音で ペン と言います。 pen? 鉛筆かよ? って感じですけど。でもそう言います。
 最近は ペン はおかしいだろ、というわけで 「フゥェン」と、 らしく発音する人もいます。
 ただ F の音をするわけではありません。 英語fan に出て来る母音である、アとエの中間の音。国際発音記号では四葉のクローバーの2枚の葉っぱがちょっと欠けたみたいな発音記号で表示される母音ですが、この母音は韓国語に無いので、その母音を ウエ に置き換えています。なんでここに ウエという二重母音が出て来るの? 二重母音、関係ないじゃん。 ですが、まぁ、韓国語に無い母音の発音に近づけようとした結果、二重母音まで引っ張り出して来てるのです。
 故ノ・ムヒョン大統領もかつて日韓サッカー親善試合のあいさつで「フゥェン」と言いました。こういうふうに、従来の韓国語風の発音じゃなくて、より英語っぽく発音するのがおしゃれな感じとして近年流行ってます。
 芸能人とかがトーク番組で目立とうとしてキザに F の音で言うこともごくたまにあります。

 
 「ハングルはおよそ人間が発することばのみならず、地球上のありとあらゆる音を正確に表記出来る」と韓国人は教育を受けて育つのでそう言いますが、実際は違います。おっしゃる通り、「謳い文句」に過ぎません。
 ハングルは朝鮮語を表記するために作られた文字ですので、朝鮮語に無い音は表記出来ません。朝鮮語に無い音を表記する、ということは最初から考えられていません。
 他の言語にあって、朝鮮語に無い音というのはたくさんあります。

 英語にあって韓国朝鮮語に無い音は、 F, TH などが代表的です。
 日本語にあって韓国朝鮮語に無い音は、  ざ、つ などが代表的です。厳密に言うと、「あ」も韓国語の「ア」と日本語の「あ」は音が違います。
 「わ」の音も韓国語にはありません。近い音である「ウワァ」というハングルで表記するしかありません。(丹羽さんという知り合いが東京にいますが、韓国人に「にわと申します。」と挨拶するとキョトンとした顔をする人が多いそうです。もう一度言うと「ああ、ニウワァー。ニウワァーだね。ウワァー。ウワァーって言わなきゃ。何の音かと思いましたよ。」と言われるそうです。「ウァ って言わなきゃ。」って言われたって、名前が「わ」なのに無茶なこと言うよね。とおっしゃってました。韓国語に無い音は韓国人の耳には聞き取れないのです。)
 日本語と韓国語で発音が全く同じなのは、日本語「え」と、よく「小さい エ」と言われるほうの韓国語「エ」だけです。他はみな音が違います。(「き」も、韓国語の「キ」は日本語の「き」よりもっと イ(i) に当たる部分の音が強い音で、日本語の「き」とはちょっと違います。)
 
 外国語をハングルで正確に表記する事は出来ません。ハングルが表記出来るのは韓国朝鮮語です。

 英語Fの発音は韓国人出来ますよ。英語ネイティブの先生も韓国中にいっぱいいますし。でも英語の授業でない普段の会話では、英語から来てることばとか外国の地名・人名とかの発音は韓国語風の発音でします。
 日本も同じですよね。英語の授業だと発音に気をつけて F は F で発音するけど、普段の会話で英語とか外国語由来の単語が出て来たら日本語風の発音で言います。

 ティファニー は、 ティパニー です。
 FOR YOU は、 普通に韓国式に言う時は  ポ ユー です。シャレて英語らしく言ってみ...続きを読む

Qト音記号 ・へ音記号・ ハ音記号

ト音記号は右手のための楽譜、

へ音記号は左手のための楽譜、

というように分けられるそうですが、

ハ音記号はどのような場合に使うのでしょうか。

Aベストアンサー

長音階、短音階の性格の違いに関するご質問にお答えしたものです。ベストアンサーにお選びいただきありがとうございました。コメントを拝見して、追加が必要と思いましたが、締め切られていました。

先にこちらの御質問に回答させていただきます。

五線で音楽を記譜すると、うんと高い音、うんと低い音を書くときに五本の線だけでは足りなくなるので、加線といって、短い線を書き足していかなければなりません。これが増えていくと読みづらいものになるので、それぞれの楽器の音域に適した音部記号を使います。右手、左手、という区別はピアノの場合で、ほかの楽器でも、高い音の出る楽器はト音記号で、低い音の出る楽器はヘ音記号で記譜します。ハ音記号は、ト音記号で記譜しやすい音域と、ヘ音記号で記譜しやすい音域の中間の音域を記譜するのに適しています。古い時代では、声楽音楽の記譜に使われました。その際は、このハ音記号を、それぞれの声の音域に合わせて五線の上で一段ずつ移動して、ソプラノ記号、メゾ・ソプラノ記号、アルト記号、テノール記号、バリトン記号として、使いました。現在ではそういう用い方はされておらず、主に、ヴィオラの楽譜でアルト記号(ハ音記号が五線にぴったりおさまっている形)、チェロの楽譜でテノール記号(ハ音記号が五線より1段上にとび出ている形)として使用するのが一般的です。

先日の御質問のほうですが、大学の講義でお聞きになっていたことを知りませんでしたので、ああいう回答になりました。長音階、短音階の性格の違いのおもな原因は前回お話しした通りですが、実際の音楽の性格は、メロディーの流れやリズムの性格、テンポの違いにも左右されますので、長音階の曲でも物悲しい曲があったり、短音階でも勇壮なものがあったりするのは事実です。

以上、御参考になれば幸いです。

長音階、短音階の性格の違いに関するご質問にお答えしたものです。ベストアンサーにお選びいただきありがとうございました。コメントを拝見して、追加が必要と思いましたが、締め切られていました。

先にこちらの御質問に回答させていただきます。

五線で音楽を記譜すると、うんと高い音、うんと低い音を書くときに五本の線だけでは足りなくなるので、加線といって、短い線を書き足していかなければなりません。これが増えていくと読みづらいものになるので、それぞれの楽器の音域に適した音部記号を使います。...続きを読む

Qトロンボーンの真ん中のFの音が上手く出ません。

テナートロンボーンをやっている者です。真ん中のF(チューニングB♭の下のF)の音がなぜかうまく出ません。意図せずにフラッターがかかってしまうというか、ブルブルと割れてしまうというか、音がガルルルってかんじに出てしまいます。Fから下のE~Cは普通に出るのですが、C(6ポジション)を出して音を出しながらスライドをF(1ポジション)まで移動させても、Fになったとたんに音がちゃんと出なくなります(ノo<;)何が原因なんでしょう!?試行錯誤を重ねましたが、なかなかうまくいきません(泣)本当に伸び悩んでます(T_T;)

Aベストアンサー

一経験者でしかないので、参考になるかわかりませんが…

cckingさんは、Fの音が出るチューナーはお持ちですか?
(Fの音が出るものであれば何でもいいです!)

その音を出しながら、
1、声で同じ音程が出せる。
2、マウスピースだけでFのロングトーンができる

2ができたら、マウスピースで音を出したままの状態で楽器にマウスピースをセットしてみてください。そういった練習をしたことがないという場合は、何か得られるかもしれません。
管楽器の特性上、アンブシュア(口の形)が不安定でもある程度音が出てしまいますので、楽器に頼らず、マウスピースのみでも自分がイメージした音、安定した音(ロングトーン)が出せるといいと思います。

Qト音記号の音と ヘ音記号の音が混同してしまいます!

ピアノを教えています。

音読みは丁寧に教えているつもりなのですが 
楽譜が複雑になってくると ト音記号の音とヘ音記号の音が混同してしまう生徒さんがいます。
(例 ト音記号のラと ヘ音記号の低いドを 読み間違えてしまう。)

何か良い指導法があれば 具体的に教えて頂けますか。
宜しくお願い致します。 

Aベストアンサー

こんばんは。

読み方を教えるのであれば、
・2箇所のドだけをとにかく教えて覚えさせる。
・ト音記号の●の場所はトになっている。ヘ音記号の●の場所はヘになっている。
というふうに、どれか1~2か所だけを教えるのがよいと思います。

しかし、ある程度のスピードで五線譜を読むことができないとまずいですよね。
弾くときには、今弾いている小節ではなく次の小節を読みますからね。
そのためには、読ませるよりも書かせるほうが断然よいです。
・ト音記号の楽譜を与えて、それの1オクターブ下の楽譜を
 五線紙にヘ音記号の楽譜として書き直させる。
・絶対音感のある生徒であれば、聴音でヘ音記号楽譜を書かせる。

生徒さんによってマスターするまでの遅早はありますが、
だんだん速く書けるようになり、必ず、相当のスピードで読めるようになります。


以上、ご参考になりましたら幸いです。

Q音における1/fゆらぎについて・・・

よくテレビなどで紹介されている、1/fゆらぎが含まれている音は人に心地よく感じられるという話ですが、
この1/fゆらぎというのはは、音全体(高い音から低い音)の周波数分布の分布の傾きから評価するのか、それとも音の中に含まれるリズムから評価しているのでしょうか?

Aベストアンサー

周波数分布が1/fとなる音が心地よいというものです。小川のせせらぎ、モーツアルトの音楽もそうだという分析もあるようです。心地よい音楽は一般にそうだと言われているようです。

Qト音記号とヘ音記号

ピアノの楽譜でト音記号で書くかヘ音記号で書くかの基準はだいたいまんなかのドよりも高い右側のはしまではト音記号で、真ん中のドよりも低いおとはピアノの左端までヘ音記号を使って書くことが多いですか?

もちろん曲の途中で記号をかえるよりはそのまま書いたほうがわかりやすい場合はそのまま線をたしてかくこともあるのですよね?
だから絶対というきまりはないけれどまんなかのドを境にト音とヘ音をかきわけることが多い。と理解しておいたらいいですか?

Aベストアンサー

楽譜製作側の立場から。

まず、作曲者の方がどのような楽譜を持ってきても、まともな出版会社から出版されているものであれば、「演奏しやすいように」書きかえます。

ピアノ譜の場合、

>はだいたいまんなかのドよりも高い右側のはしまではト音記号で、真ん中のドよりも低いおとはピアノの左端までヘ音記号を使って書くことが多い

はい、その通りです。
ピアノ弾きにとっては、加線3本くらいまででしたら、ぱっと読めます。それ以上になると非常に読みづらい。読みやすさを基準に、音部記号をかえるか、またはオクターブ上げの記号などを用いるかを決めます。しかし絶対という決まりはありません。

QアルトサックスでF(レ)の音が出せません。

アルトサックスでF(レ)の音が出せません。

先日、アルトサックスを吹いていたところ、オクターブ上のF(レ)の音を吹くとオクターブ上のC(ラ)の音ばかり出るようになってしまいました。
他の音から上がってきたり下ってきたりと、音階の途中であればFの音が通常通り出るのですが、Fの音を単発で出そうとすると決まってCの音になってしまいます。
また、非常に出難い音も出来てしまいました。
A♭(ファ♭)なんかは特に出難いです。
オクターブキーに何か問題があるのでは、とも言われたのですが、楽器に関してあまり詳しい知識がない為原因が分からずじまいで困っています。

サックスはあまり調整に出しておらず、お世辞にも良いとは言えない状態です。遂にがたがきてしまったのでしょうか?
今すぐ調整・修理に出す事が難しい状況なのですが、自分で何とか直す事は可能でしょうか……。

Aベストアンサー

オクターブ上のF(レ)というのが3つあるレの音の真ん中のレなら、仰るとおりオクターブキーだと思います。

ですが、自力で原因を見つけられない人に応急処置ができるとは思えません。
(練習のたびにキーの動きを見ていれば、ド素人でもしばらくすればキーシステムがある程度わかってくるものです)

行けそうな楽器屋に片っ端から電話して、日帰りの応急処置をお願いしてはどうでしょうか。

Qト音記号をハ音記号に直す

ト音記号の楽譜(ピアノなど)をハ音記号の楽譜(ヴィオラなど)に書き変える時は、

どうすれば良いんですか?

教えて下さい!!

Aベストアンサー

単純にト音→ハ音変換だけでいいのでしょうか?
であれば、参考URLを参考にしてください。
通常見かけるアルト(五線にハ音記号が一致する)への変換は、ト音での表記をも見かけ上9音(ド→1オクターブ上のレ)分ずらして表記します。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%83%A8%E8%A8%98%E5%8F%B7

Q1音下げて2Fにカポすると???(ギター)

皆様、はじめましてエレキで全弦1音下げて2Fにカポすると3Fが
通常の1F(カポなしレギュラーチューニング)になって弾きやすく
なるということでよろしいのでしょうか?
24Fのギターでやれば音数?も減らない、、?
また、サウンドの変化、チューニングの安定度(高まる?弱まる?)
、おすすめエレキ用のカポ、このシステムの名称など
なにとぞご教授おねがいいたします!!!

Aベストアンサー

「3Fが通常の1Fになるか」というとなります。が、弾きやすくはなりません。弾きやすい弾きにくいはそれぞれの判断があると思いますが、一般的に言うと「弾きにくい」です。

サウンドの変化はかなり張力が下がりますので張りのない音になるでしょう。あとはかなり弦がびびるかも。またチューニングの安定度は相当低下します。

カポタスト自体は数百円で売ってますから一度試してみれば気が済むのではないでしょうか? カポをつけてチョーキングすると一気にチューニングが狂うので、普通はエレキギターのソロをやる場合にはカポは使いません。というか使えません。まずはお試しいただければこれが本当だと言うのがわかると思います。

なお、弾きにくい=張力が強い、と思ってらっしゃるのなら既に回答の出ている通りショートスケールのギター(ムスタングとかジャガーとか)を使うのがよろしいかと思います。

Qト音記号とヘ音記号の「ド」について

ピアノの楽譜を読んでいて、わからないところがあったのですが、
1、ヘ音記号の「ド」はト音記号の「ド」の1オクターブ低いドですよね?
ヘ音記号のドはト音記号のドをいくつか下げて弾くものなのでしょうか?
2、「ド」に♭がつく場合、シを弾けばいいのでしょうか?それともそのままドを弾けばいいのでしょか?

基本的なことで申し訳ありませんが、ご回答いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1、ヘ音記号の「ド」はト音記号の「ド」の1オクターブ低いドですよね?
 >その通りです。

2、「ド」に♭がつく場合、シを弾けばいいのでしょうか?それともそのままドを弾けばいいのでしょか?
 >シを弾いてください。
  ピアノの場合、ド♭と シ は同じ鍵盤で弾きます。厳密には違う音で、弦楽器などでは弾き分けることが出来ますが、ピアノでは一つの鍵盤でその中間の音を出しています。つまり、ファ♯と ソ♭ も同じ鍵盤。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報