3年前にうつ病にかかり、一度治りましたが また再発してしまいました。
うつ病のなりやすい性格にもありますが、どうも
自分は何においても、執着する傾向にあります。

特に恋愛に対して その思いが強いみたいです。
以前、恋愛で気が狂ったようになり(発病中だったのもあるかもしれませんが)その時、もう2度と恋愛をしないと思ったけど、やっぱり恋は必要。でも、うまくいかずに。。
その後、私は今までもそうだったけど、ひっぱてしまう。

こうゆう性格はどうやって、治せばいいのでしょうか?
頭でわかっていても、心がうまく動きださない。
こんな、自分が嫌です。。

A 回答 (3件)

私も!そうなんです。

でした^ー^; 彼が原因で鬱になり必要以上の嫉妬や執着。 これは性格だし育った環境ですよね、。付き合う人によっては変わりますよ! 今のところ鬱は薬で抑えてますが、やっぱ人に対しての接し方とかは人とは違うかも????って思うときあります。 すっごく相手の行動も気になるし、ずっと居たい。側に居たい。離れたくない。貴方が支え。 全てが相手中心で・・・・。結局振られてしまったけど・・・。悲しかった。辛かった。でも 絶対時間は解決してくれるから 今よりも、これから・・・先は分からないけどこれからを信じて自分を磨いて 自分を受け止めてくれる人! お互いに頑張りましょうね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません
(パソコンが壊れてしまいまして)

私もそうでした!!とか、言われると自分だけじゃないと
安心します。やっぱり、多少なりとも性格や育った環境が影響しますよね。
今までの自分より、これからの自分。
今までしてきた事を繰り返さないよう、自分を磨いて
がんばりたいと思います!!
ありがとうございました!!

お礼日時:2003/11/29 15:28

こんにちは。

私はうつ病の経験はありません。
でも、執着気質らしきものを克服しました。

>頭でわかっていても、心がうまく動きださない。
こんな、自分が嫌です。。

何か勘違いしてますよ。
頭でわかった次に、動くものは、心じゃなくって体ですよ。

1、頭でわかったら 次は 行動。
2、そのあと、心が動く。変われた、と思う。
3、でも(#1さんの言う通り、元の慣れた状態に)また元に戻る。がっかりする。
4、それでも自分を励ましながら、また行動。
(1~4を繰り返して、古い状態から脱皮してく)

これが私がたどった道です。
自分を励ますセリフは色々つくりました。
笑っちゃうかもしれないけど、大真面目でやってました。
”今古い私が壊れていく音が聞こえる、ガラガラガラガラ・・”

”大切なことを成し遂げるには苦労がつきもの”

”成功者と負け犬の違いは、やる気があるかないかじゃなく、成功者は、やる気がなくてもなんでもやる。負け犬はやる気がないと何もしない”

(何か成し遂げたら)”やっぱり、できた。私は何でもできる。”

最後に。
コツははっきり言って、執着しないことです。
できたら苦労しないヨって感じでしょうけど、
心に留めておけばいつかできますよ。
がんばって!!!!!!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません
(パソコンが壊れてしまいまして)
>何か勘違いしてますよ。
頭でわかった次に、動くものは、心じゃなくって体ですよ

そうですよね!!なんか これを読んだ時、笑ってしまい
心が軽くなりました。
最後の一言。その通りだと思います。
いつかできることを思い、がんばりたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/11/29 15:26

そのうちHPにでもまとめようかと思っているのですが、usahana123さんも仰る通り、「頭では分かっているのに」でもやはり苦しい状況になってしまうのは、脳の特性だと考えていいんです。



私達にも爬虫類、下等哺乳類の脳があるんです。
こういう原始的な脳が生命維持活動をやっているのですが、一度、決まったパターンを記憶してしまったら、その様になるように脳が働いてしまうのです。

ですから、どんなに理性で抑えようとしても感情が抑えられなかったり、気がついたらいつものようになってしまうんです。


これを改善させようと思えば、新しい経験を積んでいき、新しい神経回路を脳に作って、そっちを頻繁に使うようになると改善されるようです。

脳の神経回路も、私達が普段歩きなれた道を歩くように、慣れ親しんだパターンを繰り返すそうです。
これを実現するのに、一番いいのはイメージをすることです。

例えば、「口の中一杯にツバを溜めてください」といわれてもちょっと出来ませんが、レモンや梅干を思い浮かべるだけで、あっと言う間にツバが出てきます。
(すでに私はツバが出てきてます・・・)

このようにイメージをすれば、蓄積された経験や感覚を呼び起こし、能力を引き出したり、違う感情、考え方を引き出すことも可能なんです。
さらには難治の病気でさえ、完治したイメージをすれば本当に治ってしまうのです。

各心理療法も考え方を変えてみる訓練をします。
角度を変えてみたり、立場を変えてみたりして、不適切と思われる発想を治療します。が、これも言い換えればイメージを変えていると言えると思います。

・・・と、長くなりましたが、瞑想と呼吸法によるイメージ改革をおすすめします。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=691283
こちらを参考にされてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありません
(パソコンが壊れてしましまして)
うつ病になった時も、呼吸法とかやったので
もう一度やってみようかな?
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/29 15:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燃え尽き症候群、執着気質の人間が生きやすくなる方法

20代後半の女性です。
躁鬱病持ちで、今年の初めから春にかけて任意入院していました。
(鬱状態で閉鎖病棟入院→安定したので薬を減らしたら躁転→病院の銃器を壊して保護室で半月観察→保護室を出て3週間経過観察、退院)
社会生活に戻るために、入院時からの主治医の元に月1回通って相談しながら心のリハビリをしています。
入院中の症状が激しかったせいか、家族からは退院後2年間は休養してよいと言われています。
性格は医師も家族も友人も認める執着気質です。
(執着気質でググってみました:「一度生じた感情が長く持続し増強することが基本特徴である。
責任感が強い、仕事熱心、徹底的、熱中する、几帳面、正直、凝り性である、
周囲からは模範的な人、確実な人とみられる、評価は高いことが多い。など」)
小さい頃、小学校の夏休みの宿題は夏休み初日に1日で始末するような子でした。

まず退院直後は医師に運動を勧められ(躁の爆発性をコントロールするためとのこと)スポーツジムに通いました。
ヨガのようなゆっくりした動きが嫌で、ランニングや筋トレなど負荷の高い運動を続けました。
だんだん表情が良くなって背筋がしゃきっとしたのは良かったのですが、
スポーツ用の装備やプロテインを買い揃えてジムの営業時間内みっちり動いて帰ってくるなど、
あまりの熱中度に家族や医師は呆れ半分でした。

3ヵ月後、いつまでも働かずにいらない筋肉ばかり付けても仕方が無いという思いが最高潮に達して、
まずは頭のリハビリをしようと思って色彩検定を受験することにしました。
2級3級を同時受験するために、ジム通いの日々とは一転してガリ勉生活を始めました。
家で憑き物がついたようにガリ勉するか資格スクールに行くかまたはネットで買い物をして憂さを晴らすか、という生活を2ヶ月送りました。
エネルギー配分を間違えているのは薄々感じていましたが、暴走機関車状態で止まりませんでした。
(↑生まれて四半世紀こんなことばかりです)
勉強期間中に精神状態が不安定になって物を壊し、親は一度再入院を考えました。
それでもなんとか試験を終え、まだ試験結果は出ていませんが、自己採点の結果ミスは3級2級合わせて1問のみです。
試験を終えた帰路は快感でいっぱいで、疲れ知らずで帰宅しました。

で、その試験を終えて半月が経とうとしていますが試験の3日ほど後からやる気が全く無くなってほとんど何もしていません。
精々、家事かネットか買い物ぐらいです。
読書をしようにも3ページぐらいで文字がヒジキの羅列に見えてきます。
国家資格を取って働きたいので以前から専門学校への入学を考えており、
試験日やその勉強も控えているのですが頭がエンスト状態で動きません。
医師は無理をしたのだから休め休めと言うのですが、来年度入学の枠で受験しようと思えばあまり長く休んでいられません。
とりあえず体がなまっているので、以前より自分に課す運動強度を下げてジム通いを再開したところ少しだけ調子が良くなりました。
退院以来、自分は社会の役になることなど何もしておらず親のすねをかじっているだけだという思いが最高潮になっています。
医師は鬱状態ではないので抗鬱薬よりも休養第一と言っています。
暗い気持ちを紛らわしつつ、近日中に専門学校の見学に行く予定を立ててなんとか人間らしい生活を送っています。

難しい質問ですが、燃え尽き症候群や執着気質の人間はどうすれば生きやすくなるのでしょうか?
似たような経験のある方も体験談を聞かせて頂けると嬉しいです。

20代後半の女性です。
躁鬱病持ちで、今年の初めから春にかけて任意入院していました。
(鬱状態で閉鎖病棟入院→安定したので薬を減らしたら躁転→病院の銃器を壊して保護室で半月観察→保護室を出て3週間経過観察、退院)
社会生活に戻るために、入院時からの主治医の元に月1回通って相談しながら心のリハビリをしています。
入院中の症状が激しかったせいか、家族からは退院後2年間は休養してよいと言われています。
性格は医師も家族も友人も認める執着気質です。
(執着気質でググってみました:「一...続きを読む

Aベストアンサー

じぶんは躁はないのですが、これは・・・・・お辛そうですね・・・・・。
やる気が出ないときは、出ないままにぼ~っとしていれば良いと思うのですが、やる気まんまんの時は、思う存分やっちゃいたくなりますもんね・・・・。自分も根詰めちゃう方なので、その気持ちはちょっとわかるような。鬱の回復期に逆に元気になって、ちょっと似たような感じになったことがありましたし。

難しいのですが、私は鬱っぽい波が来てやる気が起きず、自分を責め始めた時は、その感情をもう1人の冷静な自分で見るようにしています。「あ、波がきた。これは、私がダメな人間なんじゃなくて、症状が出てそう思っているだけなんだ」、と。
躁の時にそれが可能かわからないのですが、「あ、波が来た」と思えれば、本当にやりすぎる一歩手前でやめられるかもしれません。
そういう訓練の積み重ねで、躁鬱の波を小さくしていくことができれば、だんだん、生きやすくなるのではないかな、と想像します。

お大事にどうぞ。

Q執着性格の治し方について

私は、何か思い入れの強い人や過去に対して、執拗なまでに執着してしまうんですが、止められるなら、止めたいです。愛されたい、認められたい欲求が人一倍強いのか、いつも劣等感や虚しさに苛まれます。

いろいろと調べたり、カウンセリングをするうちに、解ったんですが、
私がこんな厄介な性格になったのには、幼い頃の家庭環境や、親の対応などが原因らしいです。

かといって、終わった過去は変えられないですし、現在の自分は、その過去とは環境も違っているので、自身を変えることはできるそうです。


しかし、どうしたら、変われるのか、さっぱり解らないです。

ポジティブに、前向きに、考え方次第で、など自己啓発的な意見はよく
あるんですが、なかなか簡単には治せませんでした。


意識して、ポジティブになったりしても、結局のちのち反動で、怒りや不満が爆発してしまいます。心の安定をはかるには一体何をしたら良いのでしょうか?どうか教えてください。


あと、心療内科の先生曰く、世代間連鎖で、親から子、子からまたその子へと精神的不安定は伝染していくとのことです。

確かに、私は片親(父)に育てられたんですが、放任や虐待を受けました。私の父も精神が不安定だったんでしょうが、しょっちゅう私に対して罵声を発し、馬鹿にされて育ちました。そんな自分勝手な父親でも、父として尽くしてきてましたが、20歳の時に喧嘩して実家を出て以来、疎遠になりました。

その後も実家に残っている兄弟もおりますが、みなネガティブで不幸な一途を辿っています。


私は、いずれ、自分に子供を授かったときに、我が子を幸せにできるかが不安です。また同じ犠牲者を輩出するんではないかと案じております。もし、努力しても、この運命に逆らえないのであれば、いっそ子供を作らず、一生このままでいた方がいいのかもしれないと思っております。どうか、糸口を教えてください。

私は、何か思い入れの強い人や過去に対して、執拗なまでに執着してしまうんですが、止められるなら、止めたいです。愛されたい、認められたい欲求が人一倍強いのか、いつも劣等感や虚しさに苛まれます。

いろいろと調べたり、カウンセリングをするうちに、解ったんですが、
私がこんな厄介な性格になったのには、幼い頃の家庭環境や、親の対応などが原因らしいです。

かといって、終わった過去は変えられないですし、現在の自分は、その過去とは環境も違っているので、自身を変えることはできるそうです。
...続きを読む

Aベストアンサー

少しずつなんだと思う。
こうしてカウンセリングを通じて貴方のその抱えてる部分の根源の一部が見えてきた。それは大きな発見であり、この先の自分整理のきっかけにもなる。
もちろん過去は過去として丁寧に受け止めて、整理していく一方で。
大切なのはやっぱり「今」なんだよね。
不遇な過去があっても。貴方は当時の貴方では無いんだよ。
そこから貴方なりにもがいて今の貴方がいる。
その今の貴方にとって大切にしたいこと、良いなと思える自分自身。
それを改めて心の中心に据えて。
貴方なりに丁寧に前に進んでいく。
人って急には変われない。変わらない。
だからこそ丁寧な積み重ねが大切なんだよね。
今は不安定でも良いんだよ。
波があっても良いんだよ。でも貴方なりにその波とも付き合っていけるようになる。それが人の成長なんだよね。
誰かと比較したり、あの時こうだったらああだったらとボンヤリ嘆いていても何も生まれない。
もしそういうこうだったら的願望があるなら。
今からでも努力すれば良い。
変えられない過去はある。でもいくらでも変えていける未来が貴方にはあるんだよ。
貴方の過去のしんどさや今までのプロセスは貴方にしか分からないものなんだと思う。だからこそ、貴方自身が自分を追い込まずに。自分の一番の理解者になって穏やかに受け止めてあげる事。
いろいろあったけど、自分なりに頑張ってるじゃないかと。
自分自身をもっと認めてあげる。オッケーを出してあげる。
大きな目標ばかり立てずに、少しずつクリアできる一歩一歩を確認しながら。
当然その為には今の貴方の目標も大切だし、改めて日々を丁寧に送っていく姿勢は必要だけどね。
貴方はそんなに爆弾を背負ったような存在では無いんだよ。
辛かった過去があるからこそ。そこから這い上がってきた、そして貴方なりに自分を立て直した貴方には人には無い深さがある。
それは当然2世が生まれても。その存在を丁寧に受け止めてあげる貴方として存在している筈だからね。
あまり先の事まで考えすぎて、自分に暗い影を落とさない事。
今は良い意味で目の前の日々を大切に、少しでも納得できる、自分なりに良いなと思える自分自身に繋げていけるように。
貴方なりに頑張っていけば良いんじゃない?
今の貴方の一歩が将来の貴方を決めるんだから☆

少しずつなんだと思う。
こうしてカウンセリングを通じて貴方のその抱えてる部分の根源の一部が見えてきた。それは大きな発見であり、この先の自分整理のきっかけにもなる。
もちろん過去は過去として丁寧に受け止めて、整理していく一方で。
大切なのはやっぱり「今」なんだよね。
不遇な過去があっても。貴方は当時の貴方では無いんだよ。
そこから貴方なりにもがいて今の貴方がいる。
その今の貴方にとって大切にしたいこと、良いなと思える自分自身。
それを改めて心の中心に据えて。
貴方なりに丁寧...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報