痔になりやすい生活習慣とは?

動力電源に進相コンデンサが付いてますが、あれって適正の容量?
以上、又は以下の物を付けたら駄目なのでしょうか?
以下だと何となく駄目な気がするのですが、以上だと問題ありますか?

もう一つ質問です。
メインブレーカーがあり、その後に、溶接機用ブレーカー、モーター機器用ブレーカーと
数個ブレーカーがあり、それぞれ進相コンデンサをつけていますが、仮に同時使用しない場合、
メインブレーカーに進相コンデンサを1個付けたら駄目ですか?

この質問は上記の容量以上付けても問題ない場合のみ可能な事なんでしょうけど・・・

この質問は既存の配電盤の加工ではありませんので、規約違反等の回答はなしでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 >以上、又は以下の物を付けたら駄目なのでしょうか?


駄目ですね。
力率の意味を理解されると、駄目な事が分かります。
力率とは効率の事で、送電(配電)電力量のどの位までを使用できるのか、示したものです。
その為、力率1(100%)が最大で、それ以上はなく、進みすぎるとまた力率が悪くなります。

 >メインブレーカーに進相コンデンサを1個付けたら駄目ですか?
全ての機器が常時稼動するのなら問題ありませんが、個々に可動と停止をするようでしたら、やはり個別に設置すべきだと思います。


ちなみに力率を改善しても改善しなくても、消費電力は変わりません。
変わるのは、無駄に消費される無効電力だからです。
しかし力率を改善すると、電力会社は送電(配電)容量を有効に使用できるようになるので、助かる訳です。
その為、力率改善をするように使用者に指導を行っています。
ただ高圧受電では、力率改善の割合に応じて、電力料金を下げる仕組みを作っています。
    • good
    • 2

内線規程の3555節 あたりを読んでみてください。


あくまでお勧めですが、個々の負荷につけることになっています。
そうでない場合のことも書かれているので参考にしてください。
    • good
    • 0

良いとかわるいとかのニュアンスは他の回答者の方の回答でおわかりと思います。



容量が少ないのは目くじらをたてますが多いのは見逃される傾向にあります。

なお、私の所の電力会社では低圧動力でも力率割引があります。つまり容量が少ないとダメです。

余談ですが、高圧受電のところで線路のコンデンサ容量が大きくなりすぎて内緒でコンデンサを外してくれ、割引はそのままにするからと提案があったところもあるそうです。(関電某営業所管内、実話です)
    • good
    • 0

適切な容量より大きなものをつけると、力率が低下し、電流が増加します。


また、このときの進み電流は受電電圧を上げる向きに作用するので、場合によっては過電圧になることもあります。

ご質問の形で進相コンデンサを共有すると、溶接機、モータ共にOFFになっているときも進相コンデンサがつながって進みの無効電力が流れ続けます。個々に進相コンデンサをつけるほうが良いかと思います。
(構内に高圧配電を持っている場合には、進相コンデンサをまとめて設置して、必要に応じて投入数を自動調節するようなこともしたりしますが。)
    • good
    • 1

コンデンサーは機器の力率改善用に用いることから、使用機器に合わせた容量を使用しないと意味がありません。


コンデンサーの容量が合わなければ、使用電力料が増えることになりますから、適切な容量が必要です。

容量は、使用機器とKwに合わせた容量を選択します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三相AC200V回路で進相コンデンサの必要性

三相AC200V 2.2KWのモーター負荷の分電盤を製作する場合
進相コンデンサは、分電盤の中に入れるのが普通でしょうか?
(特に何も指示がない場合と考えて)
モーターの詳細が判らないのですが、モーター側に進相コンデンサが
付いているということはないのでしょうか。
進相コンデンサがない場合、力率が悪いだけで他に悪影響はないのでしょうか。

すいませんが、ご教授のほどお願いします。

Aベストアンサー

>2.2KWのモーター負荷の分電盤を製作する場合…

あなたは、分電盤を製作販売する業者ですか。
それなら、特に指定のない限りコンデンサは設けません。

>モーター側に進相コンデンサが付いているということはないの…

それはありません。

>進相コンデンサがない場合、力率が悪いだけで他に悪影響はないの…

電気料金が割高になることと、線電流が増えることによって多台数あるなら変圧器や幹線の容量に影響を与えることもあり得ます。
この 2面から進相コンデンサを付けるか付けないかは、あくまでも使用者の判断になります。

Q進相コンデンサがなぜ進相できるのか教えてください

電気のことはまったく素人ですが、仕事でコンデンサに関わることがあり勉強中です。

進相コンデンサが、無効電力を打ち消し、力率改善に繋がることは理解できましたが、以下3点がわかりません。できるだけわかりやすく教えてください。
(1)進相できる理由は?いったん蓄えた電気を放出するから?放出するとなぜ進相するのか
(2)必要に応じて接続,断路するそうですが、蓄えるのはいつ行うのか
(3)変圧器などは無効電力などが遅れ位相となるそうですが、なぜ遅れるのか?
 磁力線に変換するために遅れるとしても、なぜ90度なのか?

あまりにも基本すぎるのか、高電圧工学などの本を見てもよくわかりません。
恥ずかしながら教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2さんに少し補足します。

Q=C・V から 、i=dQ/dt=C・dV/dt になるのですが、電源の Vとしては正弦波を前提としていますので、V=sin(ωt) となります。
したがって、i = dV/dt = sin(ωt)/dt = ω・cos(ωt) です。
整理すると i = ω・C・cos(ωt) = ω・C・sin(ωt + π/4) です。
V=sin(ωt)にたいしてπ/4つまり90度位相が進むことになります。

コイルの場合は v=Ldψ/dt=Ldi/dt ですが、今度は積分が必要です。
∫Vdt = ∫sin(ωt)dt = L∫di/dt 両辺を積分すると
-cos(ωt)/ω = L・ i なので、i = -cos(ωt)/(ω ・L) = sin(ωt - π/4) /(ω ・L)です。
今度は90度位相が遅れます。

インピーダンスをコイルは jωL、 コンデンサは 1/(jωC) で表すと一々微分や積分を使う必要が無いので計算が楽になります。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q3相200Vの1.5kwのモーターは何アンペアのスイッチ?

3相200Vの1.5kwのモーターは何アンペアのスイッチを使うのでしょうか?

1500=200×A A=7.5 で容量10Aで十分ということでしょうか?

3相だから、また違うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1500=200×A A=7.5 で容量10Aで十分…

単純に計算しても、
1500=√3×200×A A=4.33
です。
しかし、1,500Wというのはモーターから出る力の大きさです。
モーターに入る電流は、効率と力率で割り算しなければなりません。

ということで、機種によって違いますがおおむね 6.9~8.0Aの電流が流れます。

>何アンペアのスイッチを使うのでしょうか…

それはスイッチの種類によって違います。
ふつうのブレーカなら 30A。
モーター保護用のブレーカなら 1.5kW用として売られているもの。電流値はメーカーによって違うが、7.4~8.0Aの間。

モーターは起動時に数倍から十数倍の電流が流れるので、ふつうのブレーカで 10Aでは間に合いません。

Q進相コンデンサの計算

力率改善用に設置する進相コンデンサの容量の計算はどう行うのでしょうか?計算を紹介しているところが見つかりません。どなたかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何をお望みなのか、文面からは良くわかりませんので、
補足を書いてみてはいかがでしょう?
(1)単に計算方法を知りたい。
(2)実際の設備で力率改善をしたので、選定をしたい。
など・・。
もし、実務で設備工事を行うのでしたら、
この程度の知識、計算が出来ないようでは、危なくて任せられません。
専門家に依頼するのがよろしいでしょう。
一応、ネットで探すキーワードは「負荷力率改善用コンデンサの容量計算」と、入れればいくつかヒットします。
日本財団の教科書に記事がありますが、くれぐれも実務でしたら
専門家に依頼したほうがよろしいかと思います。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qモーターブレーカーとノーヒューズブレーカーの違いって

ノーヒューズブレーカーの値段を調べていたんですが、その時にモーターブレーカーという文字がふと目につきました。ノーヒューズブレーカーとの使用方法の違いや構造の違いなどを教えてもらえないですか。

Aベストアンサー

こんにちは。

モーターブレーカー(MB)は一般的には
モーターの保護を目的として使われます。
(ノーヒューズ遮断機(NFB)でも可能ですが・・・)
どちらにしろ、実際に使うときは「NFB」でも「MB」でも
過電流保護機能(サーマルリレー・電子サーマル)の設置は必須ですが・・・

>ノーヒューズブレーカーとの使用方法の違いや構造の違いなどを教えてもらえないですか。
大きな違いは#1さんご回答のようにモーター容量毎に
定格電流(トリップ電流)が細分化されていることでしょうか?
時延・瞬時引き外し(トリップ)特性には「両者」の
違いはありませんが始動電流や拘束電流保護を目的に
「モーターブレーカー」は定格電流の600%で2秒以上30秒以内で動作するようになってます。
ですから大きなモーターには(220V・37KW以上?)
(始動電流が大きい・始動時間が長い)「MB」は不向きです。

ご家庭等で使用される場合は特に「MB」を使う必要はないかと思いますが・・・

Q30Aは何キロワットですか?

不勉強ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、
 ・アンペア 電流の単位
 ・キロワット 電力の単位
です。
基本的に単位が違います。
「30mは、何リットルですか?」
と聞かれても答えようがないのと同じです^^;

ボルト(電圧)×アンペア(電流)=ワット(電力)
になりますので、電圧がわからないと答えようがないのですが、
一般家庭の100Vと考えれば、
 100V×30A
=3000W
=3kW(キロワット)
となります。

Q進相コンデンサ選定

進相コンデンサで3P、200V、20μF、放電抵抗、保安装置内蔵

上記スペックでメーカーと型式をどなたが教えて(選定)くださいm(_ _)m
現在マルコン電子のものが付いていますが、型式が解りません。
困っております、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

マルコン電子は[日本ケミコン株式会社]の傘下になったと思います。
次のURLをクリックし低圧進相コンデンサの欄を見て選定すると
良いでしょう。
[N2形200V]で三相の進相コンデンサだろうと思います。
カタログ(pdf)をダウンロードして86/97頁以降を参考にします。

[日本ケミコン/コンデンサ/カタログ(pdf)]
http://www.chemi-con.co.jp/catalog/pdf/fi-j/fi-all-1003o-100701.pdf
[日本ケミコン]
http://www.chemi-con.co.jp/catalog/film.html

この他のコンデンサメーカで[ニチコン]があります。
このメーカの方が入手し易いと思います。
次のURLをクリックして参考にして下さい。
三相200V 20μF 進相コンデンサを選定します。

[ニチコン/低圧進相コンデンサ/カタログ(pdf)]
http://www.nichicon.co.jp/products/power/den/html/033_36.htm

Qモーターブレーカの選定について

今度シャッターの工事でモータが2.2kwのものに手元盤を取り付けることとなりました。
資料では始動電流38.7A全負荷電流9.8Aと書いてありました。
日東のカタログでモータブレーカを検索すると2.2kwは10Aが適合されるとなっていましたが、
これは、モータが始動しはじめた時の0.何秒は38.7Aの電流を流してしまうということでよいでしょうか?後、内線規定の3705-4で2.2kwの場合の過電流遮断器は30Aとなっているのですが、それだと過電流を検知して遮断器がトリップしないのでしょうか?どなたかお知恵を貸していただければと思います。

Aベストアンサー

モーターには、電気設備の技術基準で、【ブレーカー】+【過負荷保護装置】の二つの保護装置を付けることが定められています。
【ブレーカー】は電線路やモーター巻線が短絡(ショート)して大電流が流れた場合等に瞬時に動作し、それ以上のダメージが生じないように回路を遮断します。
【過負荷保護装置】はバイメタルが組み込まれ、一般に電磁開閉器と呼ばれるスイッチとセットになっていて、モーターに過大な負荷(過電流)がかかった場合に回路を遮断することになっています。
遮断する時間は、負荷が過大になるほど短時間になります。
一般にモーターは、始動時の数秒間に定格電流の数倍の電流が流れます。
ブレーカーは、そのような短時間では動作しない特性をもっています。
2.2kWのモーターの全負荷電流は、一般に11A程度です。
始動電流が4倍だとすると、約40Aです。
ブレーカーの定格電流が30Aの場合は、技術基準では1.25倍の37.5A以上の電流で60分以内に切れれば良いことになっています。
ブレーカーの動作特性曲線でみると、40A、数秒間では全く動作しないことになっています。
ブレーカーの役目は、短絡のような大電流を遮断することなので、それでよい訳です。
それ以下の、中小電流では、一般にサーマルリレーと言われる過負荷保護装置が動作します。
ところで、【モーターブレーカー】とは、この二つの機能を併せ持つブレーカーで、1台で済みます。
2.2kWのモーターには、2.2kW用のモーターブレーカーで事足ります。
2.2kWの定格電流は、前述したように約11Aですが、サーマルリレーの設定値では10Aになります。
この設定値は、ダイヤルで若干調整できるようになっています。
以上、お分かりでしょうか。
疑問点があれば、分かる範囲でお答えします・

モーターには、電気設備の技術基準で、【ブレーカー】+【過負荷保護装置】の二つの保護装置を付けることが定められています。
【ブレーカー】は電線路やモーター巻線が短絡(ショート)して大電流が流れた場合等に瞬時に動作し、それ以上のダメージが生じないように回路を遮断します。
【過負荷保護装置】はバイメタルが組み込まれ、一般に電磁開閉器と呼ばれるスイッチとセットになっていて、モーターに過大な負荷(過電流)がかかった場合に回路を遮断することになっています。
遮断する時間は、負荷が過大にな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング