これからの季節に親子でハイキング! >>

個人事業で車を必要経費にした場合、どれくらい節税になるのでしょうか?
経費で車を買ったと聞くとかなり得したように聞こえますが実際そうでしょうか?

年の所得が1000万で600万円の新車を買ったとして、新車の耐用年数は6年なので、1年で経費にできるのは大体100万です。

100万を経費にすると税金30万円くらい下がると思うのですが、30×6年=180万で実際は車を420万円で買えたことになるという考え方でいいでしょうか?


それとローンにすることで得になると聞いたのですが本当ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>600万円の新車を買ったとして、新車の耐用年数は6年なので…



耐用年数 6年は主として乗用車です。
600万の乗用車というとフォルクスワーゲンか何かでしょうか。

もちろん、クレーンなどの特殊装備を施したトラックなどなら、国産でも数百万円するものはいくらでもありますが、耐用年数は 6年ではありませんので、質問者さんの考えているものとは違うでしょう。

>個人事業で車を必要経費にした場合…

経費になるのは、事業遂行に本当に必要なものだけです。
どのようにご商売かご質問文だけでは把握できませんが、100万、200万の国産車ではできない仕事なのでしょうか。
600万の高級車でないこと仕事ができないことを客観的に証明できない限り、全額を経費にするのは無理です。

>1年で経費にできるのは大体100万です…

おおざっぱに 1/6 とするのはまあ良いですけど、その前に乗用車なら家事用に乗ることもあるでしょう。
家事用し仕事用とが仮に半々だとして、200万の車でもできる仕事なら、
200万 × 1/6 × 1/2 = 16万 7千円
が経費となる 1年間の減価償却費です。

なお、経費には減価償却費のみでなく、ガソリン団や保険、車検修理費なども計上できます。

>100万を経費にすると税金30万円くらい下がると思うのですが、30×6年=180万で実際は車を420万円で買えたことになるという…

考え方として間違っているわけではありませんが、数字を見る限り、画餅の鑑賞評価でしょうね。

>それとローンにすることで得になると聞いたのですが…

月々の返済額のうち、利息分のみが経費となります。
もちろん、家事使用分を引いた純粋な事業用部分だけです。
したがって、若干の節税にはなりますが、借入元本を上回る節税になるなどのことは絶対になく、得することはあり得ません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

年間所得が1000万円なら、独身として計算すると、1000万円ー38万円=962万円に所得税がかかります。


どれだけ節税になるかという問いなので、これで計算をしてしまいます。
962万円の所得に対しては、所得税が1,638,600円、住民税が962,000円(所得割のみ)
合計で2,600,600円です。

では車の減価償却費を100万円計上します。
つまり所得が100万円減るといういうわけです。
(962万円ー100万円)×33%-1,536,000円=1,308,600円
住民税が862,000円。
合計して2,170,600円。

2,600,600円ー2,170,600円=430,000円
この額が節税されます。

43×6=258万円

これを「車を258万円安くかった」と思うかどうかは、個人的な感性の問題だと思います。

ローンにすると利息分が経費にできます。
ご質問者の場合には限界税率が33%ですから、そこから計算できます。
ローン利息が5%だとします。
600万円の利息が年30万円です。
年30万円の33%は99,000円です。
30万円利息を払うことで、99,000円節税できるという意味です。
ここで「現金で支払う場合と比べる」必要があります。
実は利息そのものは30万円、財布から出ますので99,000円節税するために30万円支払うということになります。
現金で支払いできるのに、わざわざローンで支払っても得はないです。
この計算はローン利息を何パーセントにしても「お財布の中身の出るほうが多い」計算になることを確認してください。
税率33%でなくても10%でも5%でも同様の結果になります。

払ったお金の3%を節税してあげるといわれて、じゃ100万円支払いますという人がいるかといえばいません。
100万円払って3万円節税できてもしょうがないです。
でも「ローンで払うとどうのこうので有利」と云われると「そうなのかな」と思ってしまう点があります。
現金で支払いできる人に、ローンの方が有利だという理屈は「まやかし」だと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2011/09/08 22:17

>個人事業で車を必要経費にした場合、どれくらい節税になるのでしょうか?


まず、その車を事業用に使うことが前提です。
そうでなく、レジャーや日常生活用に使うだけなら経費にはできません。
また、両方に使うなら使用率による按分が必要です。

節税になる額は、所得やその他の所得控除がわからなければ所得税の税率が出ませんのでわかりません。
また、事業用なら、減価償却費だけでなく、取得税、自動車税、重量税、保険料、点検代、車検整備代、それに伴うガソリン代、すべて経費に計上できます。

>100万を経費にすると税金30万円くらい下がると思うのですが
所得税が30万円安くなるとすると、貴方の所得(収入ではありません。すべての経費を引いた額)は900万円を超えているんですね。
すごいですね。

>30×6年=180万で実際は車を420万円で買えたことになるという考え方でいいでしょうか?
前に書いたように、経費に税率をかけた分所得税が安くなり、住民税は10%をかけた額安くなります。
30万円が住民税の分も含んでいるならそういうことですね。

>それとローンにすることで得になると聞いたのですが本当ですか?
??
聞いたことありませんが…。
    • good
    • 0

>年の所得が1000万で600万円の新車を買ったとして、新車の耐用年数は6年なので、1年で経費にできるのは大体100万です。



但し、個人事業主の場合、私用での使用はありませんか?
通勤、買い物など。
私の場合、副業ですので、車の使用率を50%として計上しています。
ですので、100万円の半分を経費計上しています。
率は妥当性から勘案すればいいです。

他には、任意保険、車検代、タイヤなどの消耗品など、こちらも経費計上対象です。
こちらも率を掛けて計上しています。

>それとローンにすることで得になると聞いたのですが本当ですか?

それはリース方式では?
私には、それがどうお得なのかは分かりません。
金利分損じゃないです?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故、経費で車を買うと安くなる?

よく、自家用車を経費で買うと安くなると聞きますが、
どういう意味なのですか?

経費の場合は4ドア条件とかありますが、税金が安くなったりするのですか?

Aベストアンサー

サラリーマンは、税金を引かれた後の給料で、車を買わないといけません。
年収1200万(税引き後)のサラリーマンが1000万の車を現金で買うと、残りの「可処分所得」は200万ということになります。

ところが法人が「仕事に使う」という名目で車を買う場合、「必要経費」とみなされます。
仮に年間利益(税引き前)が2000万で、法人税の実効税率が40%(地方税を含め、だいたいそれくらい)とすれば、その法人の税引き後利益は1200万で、前記のサラリーマンと同額の所得があったことになります。
ところがこの法人が車を買った場合、税引き前利益からマイナスされますから、企業の所得は1000万、ここから40%の税金を払っても、600万残ることになります。

差し引き、400万ほど、個人で車を買うより、法人買いしたほうが、お得!、ということになります。

わっかるかなぁ。。。。。

Q自営業の人に車を1、2年で次々に乗り換えていく人が

自営業の人に車を1、2年で次々に乗り換えていく人が多いですが、ふと思ったんですが、自営業者は車を会社の経費で落として(ここまでは普通)、利益を減らして税金の支払いを減らし、最大限な裕福を求め(ここも普通)、中古車を売った所得を隠し持つためにやってる(←疑問はここ)と思いました。

自営業の人は中古車を売って得たお金をちゃんと所得として申告しているのでしょうか?これは申告しないと国税局にバレるものなのでしょうか?

家の近くに1、2年でレクサスを乗り換えている自営業者がいます。これは違法所得をしてるのでは?と思ったので質問しました。

Aベストアンサー

その自動車が、事業用であるばあいは、固定資産売却益あるいは固定資産売却損として収入または支出に計上されます。
収入になるのか支出になるのかは、減価償却後の資産額との差額により計算されます。
つまり手放した額は収入には繋がらず、単なる資産の売却になるわけです。
もしも減価償却後の試算額<販売価格 であるなら収入計上です。

3,00,000で5年焼却で10%残存価格設定なら、2年で192万円の資産が残ります。
200万円で売れたら、8万円の売却益です。190万円で売れたら2万円の売却損です。

車両運搬具購入の金は、支出扱いで経費と認められます。質問にあるとおり、新車購入時は経費として収入と差し引いての確定申告になるわけです。(事業用以外の個人使用がある分は経費からは差し引かなければなりません。)
そのうえで、減価償却費も認められます。

ということで、経費計上できる面が大きいでしょう。
税率10%なら、300万円で仕事で50%私用するなら、15万円新車購入に税金が。。。
ただ、300万円以上儲けないと無理ですけど。。

Q経費で落とす・・・メリットは?

よく、「節税のため経費で落とす」と聞きますが、具体的に、どの程度のメリットがあるのか分かりません。
メリットと言われるほどの効果があるのかも分かりません。
例として・・・
売り上げ=100万 利益=20万 経費で落とす予定=1万
・・・で、分かりやすく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

所得税は簡単に説明すれば下記のような計算方法になります。

売り上げ-経費-色々な控除=課税対象額
課税対象額×税率=所得税

要は、売上がどれだけ沢山あっても経費が沢山掛かっていれば儲かっていないという事で所得税が少なくなります。
例えば売上100万円で色々な控除が80万円で税率が10%、経費が1万円の場合と10万円の場合の2パターンの試算してみます。

経費が1万円の場合
100万円-1万円-80万円=19万円
19万円×10%=1万9千円(所得税)

経費が10万円の場合
100万円-10万円-80万円=10万円
10万円×10%=1万円(所得税)

という事で、経費を沢山使った方が所得税を支払わなくてもいい訳です。
利益以上に経費を使えば所得税0円という事もある訳です。
微々たる経費も積もれば大金になるので、馬鹿にせずに集めれば所得税も少なくて済みます。


人気Q&Aランキング