『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

クラシック音楽の、古典派の「ソナタ形式の模範」と呼べる作品を教えて下さい。
出来れば、ピアノソナタと、交響曲などジャンル分けして頂けるとなおうれしいです。
(楽章も書いて下さい。たいてい第一楽章なんでしょうが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>クラシック音楽の、古典派の「ソナタ形式の模範」と呼べる作品を教えて下さい。


出来れば、ピアノソナタと、交響曲などジャンル分けして頂けるとなおうれしいです。
(楽章も書いて下さい。たいてい第一楽章なんでしょうが)

モーツアルトの「ピアノソナタ」の第一楽章はすべて、典型的な「ソナタ形式」です。
また、ハイドン、あるいは、同じモーツアルトの「交響曲」の第一楽章はすべて、模範的な「ソナタ形式」です。
「交響曲」というのは、「オーケストラのためのソナタ」ですので、「オーケストラソナタ」というものはありません。モーツアルトの「交響曲 40番 ト短調」が代表的なものです。
弦楽合奏であれば、「アイネクライネナハトムジーク」の第一楽章は典型的な「ソナタ形式」です。
「ソナタ形式」の約束ごとは御存知でしょうか?
基本は、「只今より展開するのは、この2つのメロディーでございます」と、AメロとBメロを聞かせておき、これをテーマに展開部で作曲技法を見せつけ、再びAメロ、Bメロを演奏して「只今、展開してお聞かせしたのは、このテーマでございました」と再現するのです。要するに「展開部」で、作曲のテクニックを見せ付けるのがソナタ形式の真髄であるのです。
下記は、典型例です。
短調で始まる場合は、主題再現部は転調しないので、長調に転調する提示部と感じが変わります。



モーツァルト ピアノソナタ ニ長調 KV311

上記の演奏の場合、
0:00 主題提示部の第一主題の提示(男性的、ニ長調)
0:30 主題提示部の第二主題の提示(女性的、イ長調に転調)
主題提示部の終止
1:06 展開部
2:40 主題再現部の第一主題の再現(ニ長調)
3:03 主題再現部の第二主題の再現(転調しないニ長調)
3:20~コーダ(終止部分)


http://www.youtube.com/watch?v=N4JBduI1O1c
モーツァルト 交響曲 第40番 第1楽章

0:00 主題提示部の第一主題(悲しい、ト短調)
0:52 主題提示部の第二楽章(明るい、変ロ長調に転調)
1:48 主題提示部の終結部
上記を繰り返しています。
2:03 主題提示部の第一主題(悲しい、ト短調)
2:57 主題提示部の第二楽章(明るい、変ロ長調)
3:50 主題提示部の終結部
4:07 展開部(主題のモチーフを使いながら作曲技法を展開)
5:23 主題再現部の第一主題(悲しい、ト短調)
6:37 主題再現部の第二主題(悲しい、ト短調  転調しない)
8:01 終結部分
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変細かく説明して頂きありがとうございます。
ベストアンサーに選ばせて頂きます。

お礼日時:2011/09/11 21:36

こんにちは。



ベートーベン ピアノソナタ第14番嬰ハ短調の第三楽章。
一般には「月光」と呼ばれているソナタですが、
レコード解説ではこの楽章は完全なソナタ形式である、と書かれていました。
第一楽章があまりにも有名ですが第三楽章の方が凄いです、迫力が。
で間のメヌエットの評価も高いですね。
当時のソナタの構成を打ち破りつつでもカチッとした部分も隠されている。
ベートーベンの凄いところです。

あとピアノのソナタ曲集でモーツァルト、ベートーベンなどの小規模ソナタの第一楽章が
ほぼそれの原型に近いです。アンコも入ってないし。
私も少し練習しましたがソナタ形式の説明を読んでから弾いてみると、
なるほど、そう言うことか、と理解しやすい。

オーケストラなどの規模の大きい作品ではちょっと思いつきません。

以上
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
月光第三楽章、実は大好きであります。
ドラマティックで素晴らしい曲ですよね。
提示部、再現部、両第二主題で、ちょっとだけ長調に転調するところなど作曲者の天才性を感じます。

強いて言えば、再現部での主題回帰の前後をもっとワルトシュタインソナタ第一楽章や交響曲第九の第一楽章などのような盛り上がりがあればなお素晴らしいと思いますが。

お礼日時:2011/08/21 00:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソナタ形式の交響曲を聴いていて、どこからが展開部だとか、どこからが第2

ソナタ形式の交響曲を聴いていて、どこからが展開部だとか、どこからが第2主題だとか、聴いてもなかなか分かりません。
そういうのはどうやって知るのですか。
何かの本に書いてあるのですか。
どこからが第2主題だとか、どこからがコーダだとかはどうやって知ることができるのですか。
教えてください。

Aベストアンサー

>第2主題だとか、どこからがコーダだとかはどうやって知ることができるのですか。
スコアを見れば、各部分が∥←二重になった小節線で区切られているので判ります。

ソナタ形式は、とても解りやすい作曲形式です。
第一主題∥第二主題∥展開部∥再現部(第一主題)∥再現部(第二主題)は、スコアを見ると、各部分が複縦線(ふくじゅうせん)で区切ってあるので、一見して判ります。普通の小節線は「|」ですが、複縦線は「∥」←このようなニ本線です。
最後の第二主題の再現部分とコーダ(エンディング)の間には複従線が無い場合もありますが、これは、第二主題から切れ目なくなだれ込むようにコードに繋がる場合が多いからです。しかし、第二主題は最初の提示部に示されているので、見比べれば境目は判ります。

ソナタ形式は、簡単に言うと
Aメロ∥Bメロ∥サビ∥Aメロ∥Bメロ&エンディング∥
となっており、最初の「Aメロ∥Bメロ」が主題提示部です。
「サビ」が主題展開部で、Aメロ&Bメロに使ったモチーフなどを使って展開します。
再び「Aメロ&Bメロ」を聞かせて(主題再現部)エンディングで終わり。
主題提示部は、「これから演奏する曲はこのような曲です。このあとこれを応用して展開しますので、よく聴いておいて下さい。」という部分です。

展開部は、本来の曲の部分です。この展開部で作曲技巧を見せつけたいために曲が作られています。
「オレが書くと、さっきの主題をここまで展開できるのだぞ!」と自慢する部分です。

主題再現部は、「いま激しく展開したのをしっかり聴いていただいたと思うが、その原型はこれでした。もう一度よくお聴き下さい」という部分です。

主題提示部は、スコアで見ると、長調の場合、ある調子から始まって、複縦線の後ろに#が1ヶ増えている部分(♭が1ヶ減る部分)があります。最初からその複縦線までが第一主題(Aメロ)で、その後ろが第二主題(Bメロ)です。第一主題が男性的な感じで書かれていて、第二主題は対照的に女性的ななめらかな旋律で書かれているのが普通です。第一主題と第二主題の終わりは、各々に軽いエンディングが付いているので聴いていてもそれとスグ判ります。
AとBが判りにくければ、AメロとBメロをわざわざ書いた意味がないので、対照的でハッキリ判るように書かれています。
展開部は、先ほど聴いたAメロとBメロのごく一部のモチーフが出てたり変奏されていたり、なんとなく、「あぁ、さっきの部分を引っぱてきたな・・・」と判ります。
主題再現部は、一番最初のAメロがほぼそのまま出てきますので判ります。続いてBメロもそのまま再現されますが、今度は複縦線があるものの、#や♭の増減はありません。しかし、冒頭提示部でA&Bは一度聴いているので「ああ、ここからBメロだな!」とスグ判ります。
最後は、お馴染みのしつこいエンディングで派手に終わります。

ポケットスコアの解説などでは、解説者にもよりますが、上記のとおり、複従線で区切ってある以外は「第125小節から展開部です」などとは書いていません。書いてなくても区切ってあるので判ります。

歌謡曲や、ポップスも、Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→エンディングという「ソナタ形式」で書かれているものが非常に多いです。「ソナタ形式」は音楽の永遠不滅にして最高の作曲形式だと思います。

>第2主題だとか、どこからがコーダだとかはどうやって知ることができるのですか。
スコアを見れば、各部分が∥←二重になった小節線で区切られているので判ります。

ソナタ形式は、とても解りやすい作曲形式です。
第一主題∥第二主題∥展開部∥再現部(第一主題)∥再現部(第二主題)は、スコアを見ると、各部分が複縦線(ふくじゅうせん)で区切ってあるので、一見して判ります。普通の小節線は「|」ですが、複縦線は「∥」←このようなニ本線です。
最後の第二主題の再現部分とコーダ(エンディング)の間には複従...続きを読む

Qクラシックの形式について 聴き方のコツ!

ソナタ形式、ロンド形式、等々。クラシックにはいくつか形式がありますよね。

自分も楽典をみたり、インターネットで調べたりしてその形式がどんな「形式」なのかはなんとなくわかりました。

しかし、実際曲の中で考えながら聴くと 主題? 再現部? 展開部っ!?
てな感じでまったくつかめません。特にソナタ形式。

どんな風に聴くとわかりやすいのでしょうか?
聴くコツを教えてください。

(ちなみに邦楽(尺八)はずっとやっていたのでスケールや和音の知識はあります。)

Aベストアンサー

続き

ピアノソナタ5番ハ短調 第1楽章

提示部
第1主題(1-21小節)
第1主題確保(22-31小節)
推移1(32-48小節)
推移2(49-55小節)
第2主題(56-69小節)
推移1(70-86小節)
推移2(87-94小節)
コデッタ(95-105小節)

展開部
第1展開部(106-117小節)
第2展開部(118-135小節)
第3展開部(136-158小節)
第4展開部(159-167小節)

再現部
第1主題(168-190小節)
推移1 (191-207小節)
推移2 (208-214小節)
第2主題(215-232小節)
第2主題確保(233-246小節)
推移1(247-263小節)
推移2(264-271小節)

コーダ(272-284小節)

テンペストまで書こうと思ったのですが、ちょっと疲れてしまいました。
テンペストになると最初に序があって、第1主題が21小節目から始まったり、第2主題がなんと55小節目の2拍目からだったりして、第2主題なのに、全然、第2主題らしくなくなったりします。ちなみに、43小節目は第2主題ではなく第1主題の推移です。

このようにして、ベートーヴェンは中期のころから、第2主題を第2主題らくしくない、個性的ではない素材で書いたりする特徴があります。

すごく専門的に書いてしまいましたが、ソナタ形式の構造を感じながら聴くということは、それなりに、様々な分析をしてからでないと難しいということが分かって頂けたかと思います。

でも大まかな流れをなんとなくくらいのものなら、とても分かりやすいソナタ形式で書かれた曲の場合は聴いているだけでも分かります。

ロマン派の作品(シューマン、ショパン、リスト)
後期ロマン派(マーラー、ブルックナー、R.シュトラウス)になってくると、かなりの分析をしなければ形式を理解しながら聴くことは、不可能に近いです。
でも、なんとなく、あれここに同じ主題が戻ってきたな程度なら、聴いていても分かりますよ。

わたしは、今現在、ショパンのソナタ形式(ピアノソナタ1番、2番、3番、バラード、スケルツォ、ファンタジー、ピアノ協奏曲1,2番etc)などをこれから修士論文で研究するのですが、ソナタ形式が次第に自由なソナタ形式へと変わっていくので大変です。でもそこがおもしろいんです。ショパンのバラードやスケルツォがソナタ形式で書かれているなんて、聴いているだけでは絶対に分からないです。でも、特殊なオリジナリティをもったソナタ形式へのアプローチでバラード、スケルツォを書いたからこそ、ショパンは素晴らしい音楽家であり詩人だったわけです。

ご質問とそれてしまったかもしれないですが、なにかの参考にしてください☆

いろいろな作曲家の音楽形式のことを少しでも学びたいなら、門馬直美さんという人が書いた「音楽形式」という本が分かりやすくて、初心者むけでいい本ですよ。

続き

ピアノソナタ5番ハ短調 第1楽章

提示部
第1主題(1-21小節)
第1主題確保(22-31小節)
推移1(32-48小節)
推移2(49-55小節)
第2主題(56-69小節)
推移1(70-86小節)
推移2(87-94小節)
コデッタ(95-105小節)

展開部
第1展開部(106-117小節)
第2展開部(118-135小節)
第3展開部(136-158小節)
第4展開部(159-167小節)

再現部
第1主題(168-190小節)
推移1 (191-207小節)
推移2 (208-214小節)
第2主題(215-232小節)
第2主題確保(233-246小節)
推移1(2...続きを読む

Qアイネクライネナハトムジーク第1楽章 不協和音?

学校の宿題でアイネクライネナハトムジーク第1楽章(五重奏)のレポートを書かなくてはいけません。

(1)アイネクライネナハトムジーク第1楽章ではほとんどが協和音だと思うのですが不協和音を奏でているところもありますか?


例えば、曲が始まって約50秒ぐらいたって、クレッシェンドの始まる少し手前からクレッシェンドの所のチェロとバスは不協和音を奏でて、この曲を盛り上げているのでしょうか。

他には下記の動画の1分25秒から1分45秒の間のチェロとバスの音も不協和音でしょうか。

また2分19秒から2分36秒も不協和音でしょうか。


(2)この第一章ではほとんどが順次進行で音が音階の隣り合った音に進むと思います。
しかしメインメロディーのソ,レ,ソ,レ,ソレソシレの所は跳躍進行なのでしょうか。


私が見てレポートを書いている動画の演奏をもしよかったらご参考にご覧ください。
(Mozart - Serenade in G major, K. 525 'Eine kleine Nachtmusik' - I. Allegro  これをユーチューブで調べて頂けると出てくると思います)


音楽のこと全く詳しくないのですが、ご協力頂けると大変助かります。

学校の宿題でアイネクライネナハトムジーク第1楽章(五重奏)のレポートを書かなくてはいけません。

(1)アイネクライネナハトムジーク第1楽章ではほとんどが協和音だと思うのですが不協和音を奏でているところもありますか?


例えば、曲が始まって約50秒ぐらいたって、クレッシェンドの始まる少し手前からクレッシェンドの所のチェロとバスは不協和音を奏でて、この曲を盛り上げているのでしょうか。

他には下記の動画の1分25秒から1分45秒の間のチェロとバスの音も不協和音でしょうか。

また2分19秒から2分3...続きを読む

Aベストアンサー

では、「終止」について補足します。その前に、学校で「完全終止」や「不完全終止」という用語を習っているのであれば、和音の度数を習っていなければおかしいのですが、習っていますか? この間のお話だと、音程の数え方は教わっていないというお話だったので、先生がどんな教え方をしているのか、今一つ把握できません。まず、下の和音の度数の画像と、終止についての説明をちょっと読んでおいてください。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~p_giro/quiz/kids_quiz23_1.gif
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E6%AD%A2

ウィキペディアの説明は、あまりにも簡略すぎるのですが、一応こういう種類の終止があることを覚えておいてください。つぎに、コメントにあなたが書いていることについてひとこと説明しておきます。

>完全終止は曲の最後以外にも使われることが出来るのですね、勘違いしていました。

完全終止は、曲のどこでも使えます。ただし、曲の性格によって、使う頻度が違います。たとえばこの曲の場合、第1楽章では、明確な完全終止は少なくなっています。テンポの速い、快活な曲なので、曲の各部分をはっきり分けずに先に進んでいくからです。それと比べると第2楽章では、曲の途中で完全終止を使って、はっきり区分けしている個所が多いです。

>音楽の雰囲気がはっきり変わる所は半終止が使われているのかと思っていました。

音楽の雰囲気がはっきり変わるかどうかは、終止の種類とはあまり関係がありません。耳で聞いただけではっきり雰囲気が変わったからといって、ここは何終止だと判断することはできません。

これから、曲全体の構成と終止を書きますが、NO.5で書いたことをもう一度確認しておきます。「モーツァルトの作曲様式の特徴の一つに、一つのフレーズの最後の小節が、同時に次のフレーズの最初の小節になる、ということがあります。半終止と判断するか、完全終止と判断するかは、どこで区切るかによって違います」と書きました。第1楽章の途中で、完全終止のように聞こえる場所は、ほとんどすべてこういうケースです。単純で基本的なフレーズの構成は、偶数の小節のグループに分けられます。例えば、4小節+4小節で計8小節グループを作る場合です。ところが、モーツァルトがよく使う手法は、4小節のフレーズの最後になるはずの小節を、次のフレーズの最初の小節として使うことです。偶数で割り切らないことで、曲がさっと前に進んでいく効果があります。結果的に、フレーズの分け方は、4小節+3小節になります。こういう個所が第1楽章にいくつかあります。そして、このような分け方に従って単純に分析すると、3小節のフレーズは半終止になるのですが、その次のフレーズの最初の小節に入ったところで、完全終止として聞こえます。ここをどう分析するかが問題なのですが、後続のフレーズの始まりで、雰囲気がはっきり変わるかどうかで違うので、学校のレポートの範囲を超えると思います。一応書いてはおきますが、もし理解が難しければ、もう少しやさしいテーマにすることも考えてください。また、ウィキペディアにも書いてあるように、完全終止の変形として、不完全終止という形があります。和音の進行としては、完全終止と同じなのですが、メロディーが「ド」の音で終わらないと、完全に終わった感じがしないので、そのような名称がついています。この形も第1楽章に出てきます。以下の表では、

小節番号の範囲(小節数)終止形

という書き方をします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
提示部

第1主題部分

1~4(4)半終止
5~10(6)不完全終止
11~14(4)不完全終止
15~17(3)半終止(次の第18小節へのつながりで考えると完全終止の効果)
18~21(4)半終止
22~27(6)不完全終止(次の部分へのつながりで考えると半終止)

第2主題部分

28~31(4)半終止
32~34(3)半終止(次の第35小節へのつながりで考えると完全終止の効果)
35~38(4)半終止
39~42(4)半終止
43~46(4)半終止
47~50(4)半終止
51~53(3)偽終止
54~55(2)完全終止

展開部

56~59(4)半終止
60~63(4)半終止
64~69(6)偽終止
70~75(6)半終止

再現部

第1主題部分

76~79(4)半終止
80~85(6)不完全終止
86~89(4)不完全終止
90~92(3)半終止(次の第93小節へのつながりで考えると完全終止の効果)
93~96(4)半終止
97~100(4)完全終止(次の部分へのつながりで考えると半終止)

第2主題部分

101~104(4)半終止
105~107(3)半終止(次の第108小節へのつながりで考えると完全終止の効果)
108~111(4)半終止
112~115(4)半終止
116~119(4)半終止
120~123(4)半終止
124~126(3)偽終止
127~131(5)半終止
132~137(6)完全終止
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どうですか? 難しいでしょう? 実は、私自身、どう分析しようか迷ったところもあります。これまでした説明をよく読んで、テーマをどうするか再検討してください。あえて難しいテーマに挑戦するなら、それもよいと思いますけれど、私からこれ以上お教えすると、あなたのレポートではなくなってしまいます。自分で消化できる範囲でまとめるようにしましょう。

では、「終止」について補足します。その前に、学校で「完全終止」や「不完全終止」という用語を習っているのであれば、和音の度数を習っていなければおかしいのですが、習っていますか? この間のお話だと、音程の数え方は教わっていないというお話だったので、先生がどんな教え方をしているのか、今一つ把握できません。まず、下の和音の度数の画像と、終止についての説明をちょっと読んでおいてください。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~p_giro/quiz/kids_quiz23_1.gif
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q素敵な現代ピアノ曲教えてください

幼少時からクラシックピアノを趣味で習っています。
ショパンもベートーヴェンも素敵だけど、せっかく今という時代に生まれたのだから、現代の作曲家の作品も弾いてみたいと思うようになりました。
しかし、今まで弾いたことがある新しい曲といえばラヴェルとかプロコフィエフ、ショスタコービッチを数曲ずつぐらいで、この後となるとどこから手をつけていいのか(見つけていいのか)わかりません・・・

概ね1950年以降に作曲された、五線譜に書かれている(図形楽譜?とかではなく)、クラシックが源流のピアノ作品(・作曲家)のお勧めを教えてください。
早い曲・ゆっくりの曲、ロマンチック・不気味、無調性的・・・色々聴いたり弾いたりしてみたいです。その曲でないと感じられないものがある=素敵、だと思っています。
あとは作品探しに参考になるサイトや、CDのレーベル、楽譜の出版社などの情報もいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

「今まで弾いたことがある新しい曲といえばラヴェルとかプロコフィエフ、ショスタコービッチを数曲ずつぐらい」というあなたの言葉からあなたの実力がどの程度のものなのかは簡単には判断できないのですが・・・

もう楽譜を読んで頭の中で音を鳴らすことはできるはずですよね。だったら大きな楽譜屋さんに行って楽譜を漁ってください。自分で当たって自分の責任で楽譜を買ってもいい時期にきていると思いますよ。

近代・現代のピアノ作品だったら50冊くらい見れば充分でしょう。

紹介するとなるととてもこの場に書き残せませんがいくつか基本線から出してみましょうか。

まずはバルトークの「ミクロコスモス」の4~6巻を手に入れてください。全体をしっかり把握したいと思ったら1~3巻も。技術的にはやさしいですが理論を知る為には重要なレパートリーです。

日本の出版社から出ているものではハチャトゥリアン、カバレフスキー、プロコフィエフなどのロシアものに片寄ってしまうのでどうしても輸入版に頼らざるを得ないので大きな楽譜屋さんが必要ですね。

あとは日本人の作品も是非! 子供のための曲集は山のように出ていますが、その中にもいくつか重要な曲を見つけられると思います。個人的には芥川也寸志の「24の前奏曲」「ラ・ダンス」、小倉朗の「こどものためのコンポジション」、伊福部昭の「日本組曲」などがオススメ。

プロコは何を弾きましたか? 「つかのまの幻影」は大切ですね。難曲、大曲ばかりを追わずに小さいものから始めるほうが何倍も勉強になりますよ。

「今まで弾いたことがある新しい曲といえばラヴェルとかプロコフィエフ、ショスタコービッチを数曲ずつぐらい」というあなたの言葉からあなたの実力がどの程度のものなのかは簡単には判断できないのですが・・・

もう楽譜を読んで頭の中で音を鳴らすことはできるはずですよね。だったら大きな楽譜屋さんに行って楽譜を漁ってください。自分で当たって自分の責任で楽譜を買ってもいい時期にきていると思いますよ。

近代・現代のピアノ作品だったら50冊くらい見れば充分でしょう。

紹介するとなるととても...続きを読む

Q曲名が分からない時どうするか

タイトルも歌手も分からないとき、携帯に向かって歌うだけで教えてくれるアプリはいくつかあると思いますが、自分の場合、うまく行った試しがありません。何故かと言うと、ほとんどの場合、クラシックをハミングして聞かせるからです。歌詞もないし、メロディの一部だけを歌ってもなかなか認識せず、万一出て来たとしても原曲ではなく、誰かが歌詞を付けたアレンジバージョンです。当然タイトルも勝手に変えられているので結局原曲のタイトルは不明のままです。

例:エルガーの威風堂々が思い出したい。
検索結果1:sweetboxのI Miss You
検索結果2:アニメあたしんちの主題歌 きてきてあたしんち

さらに自分で【検索結果のタイトル 原曲】などと検索すればやっとたどりつくこともありますが、非常に手間です。見つからないこともあります。また、クラシックは1つの曲にしても、良く耳にする一部分のメロディが出てくるまで15分くらい聞き続けないといけないものも珍しくないので、とても大変です。

皆さんはクラシックの曲でタイトルが思い出せない時、どうしていますか?
今私の頭の中に鳴っている曲は何なのか・・・
禿げ山の一夜でもなかった、ホルストの火星でもなかった、マーラーの巨人の最終部分でもなかった・・・アプリは認識してくれない・・・気持ち悪いです(´ へ`)

クラシックを特に良く認識してくれるアプリってないんでしょうか。
たびたびこういうことがあるのですが、どうしたら良いと思いますか?
周りにはクラシックファンが他にいないので口ずさんでも「?」です・・・。
色々聴いているうちに何を探しているのか分からなくなってきて毎回終わりです。残念。

タイトルも歌手も分からないとき、携帯に向かって歌うだけで教えてくれるアプリはいくつかあると思いますが、自分の場合、うまく行った試しがありません。何故かと言うと、ほとんどの場合、クラシックをハミングして聞かせるからです。歌詞もないし、メロディの一部だけを歌ってもなかなか認識せず、万一出て来たとしても原曲ではなく、誰かが歌詞を付けたアレンジバージョンです。当然タイトルも勝手に変えられているので結局原曲のタイトルは不明のままです。

例:エルガーの威風堂々が思い出したい。
検索結果...続きを読む

Aベストアンサー

弾いちゃお検索
http://gigazine.net/news/20140228-perform-and-search/
あとは片っ端から聞いて確認するしか無いです。
有名な曲なら、何とかのシーンとか関連図けられる物が無いとGoogle検索でもヒットしないと思います。

Qインベンションの練習の順序

今、インベンションを練習していますが、各番号の難易度を教えてください。
3つくらいのグループで「易しい」「中くらい」「難しい」で、回答くだされば
うれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

makimaki2001さん、はじめまして。

インベンションについては、奏法の解説書なども数多く出ていますが、わたしが持っている解説書には、インベンションの難易度について、次のように示されていました(左から易しい順です)。実際に、バッハは息子にこの順序でインベンションを与えたとも言われています。

1番、4番、7番、8番、10番、13番、15番、14番、12番、11番、9番、6番、5番、3番、2番

が、あくまでもこれは「インベンションを弾けるようになるためには」という観点からの難易度設定です。インベンションは、対位法、カノン、フーガなど、作曲技法を学習するという観点からは、1番から順に学習するほうがよいそうです。
とはいえ、楽曲としての難易度レベルは、1番がいちばん簡単で、2番が最も難しいことになっていますから、順にやっていくと2番で挫折する可能性大ですが...。

わたしが師事したピアノの先生は、「ピアノを習うのではなく、バッハを習うつもりでいてね」とのことで、インベンションは1番から順にやりました。
進み具合の効率化を図るなら楽曲の難易度順、楽曲分析に比重を置くなら番号順ですすめるのがよいでしょう。
ただし、先生についてらっしゃるようでしたら、練習順序を先生に相談なさるのもよいかと思います。

makimaki2001さん、はじめまして。

インベンションについては、奏法の解説書なども数多く出ていますが、わたしが持っている解説書には、インベンションの難易度について、次のように示されていました(左から易しい順です)。実際に、バッハは息子にこの順序でインベンションを与えたとも言われています。

1番、4番、7番、8番、10番、13番、15番、14番、12番、11番、9番、6番、5番、3番、2番

が、あくまでもこれは「インベンションを弾けるようになるためには」という観点からの難...続きを読む

Q「曲想」と「曲調」の違い

楽曲のレビュー記事を見てよく思うのですが、

ダイナミックな曲想、哀調をおびた曲調...

「曲想」と「曲調」言葉の違いはどこにあるのでしょうか。辞書で引きましたがしっくりきません。

どなたかお分かりの方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

曲調は、明るい暗いなどが含まれていると思います。また、これにはリズムも関係してくる。楽しいリズムであるとか、淡白だとか。

曲想は、その曲に込められた想いを意味するんだと想います。ダイナミックは、壮大でおおらか、すごく英雄的な感じとか、または幻想的とか、そういった捉え方だと思います。

Qオススメな交響曲、お好きな交響曲教えて下さい☆

いつもお世話になっております。
今度は交響曲のことです。
皆さんがオススメする交響曲は何ですか?
あるいはお好きな交響曲は何ですか?
教えて下さい!名盤なども教えていただけると幸いです。宜しくお願いします。

私が好きなのは
ブラームスの交響曲第1番
ブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」
ベートーヴェン交響曲第6番「田園」
などです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が個人的に好きな曲は,文面からにじみ出るものから察してください(^^

☆交響曲の父 ハイドン
現在の交響曲の形を作った人。すっきりとした明快な曲想は,やっぱりこれが基本だよね,と思わせます。
私はあまり詳しくないのでオススメは割愛します。ごめんなさい。

☆神童 モーツアルト
ぱっと聴いても魅力的,じっくり聴けばどこまでも奥深く。
まずは39番,40番,41番の後期三曲を。

☆楽聖 ベートーヴェン
何はともあれ,9曲全部聴くべきです!(笑)
俗に,偶数番(2, 4, 6, 8)は女性的,奇数番(1, 3, 5, 7, 9)は男性的などと言われますので,選ぶときのご参考に。

☆真摯で誠実な シューベルト
第8(7)番「未完成」
いたずらに熱しすぎず,でも,十分に心のこもった愛すべき素敵な曲です。オススメ♪
これが気に入ったら,第9(8)番「グレート」に挑戦してもよいでしょう。

☆爽やかに メンデルスゾーン
快晴の青空のようにすっきり爽やかなメンデルスゾーンからは,まずは第4番「イタリア」を。冒頭を聴くと本当にウキウキします。
第3番「スコットランド」もよいです。

☆詩情豊かな シューマン
あくまでも個人的な印象ですが,シューマンに一番ロマン派っぽさを感じます。
第1番「春」は楽しく軽快に,第3番「ライン」は流麗に。2番,4番もいい曲だと思いますよ。

☆渋く重厚に ブラームス
1番がお好きならば,これも全部(1~4番)聴くべきでしょう!(笑)
田園がお好きなら,2番は特にオススメできそうですね。(ブラームスの田園交響曲,と呼ばれたりします)

☆フランス人による名交響曲ふたつ
ベルリオーズ 幻想交響曲
彼の幻覚が音になった,とてもロマン派前期に書かれたとは思えない掟破り・型破りな曲。
サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」
最後の盛り上がりが最高にかっこよく,ゆったりした部分の旋律も大変に美しい名曲です。オススメ♪

☆土の香りの ドヴォルザーク
郷愁をさそう第9番「新世界より」が名作なのは言うまでもないとして,端正でバランスのとれた第8番も素敵な作品です(第3楽章はよくご存知と思いますよ)。

☆ロシアの大地が咆哮する チャイコフスキー
まずは激しく燃え上がる後期三曲(第4番,第5番,第6番「悲愴」)だと思いますが,前半三曲もあまりねちっこくなくて魅力的,という方もいらっしゃるようですね。

☆巨大なスケールで圧倒する ブルックナー
好きな人にはどうにもたまらない魅力がありますが,嫌いな人には退屈でかなわん,という不思議な作曲家です。
「ロマンティック」がお好きならばきっと質問者さまは大丈夫でしょう(^^
一般的には後期三曲(第7番,第8番,第9番)が有名ですが,個人的には,第5番を非常に激しくオススメしたいです!!!ブラ1とロマンティックが好きなら絶対に気に入るはずです!

☆自然と人間のすべてがここに マーラー
全部オススメ!!
若々しく爽やかな1番 メルヘンチックな3番,4番 壮大な迫力の2番「復活」,8番
オケの全ての楽器がフルに大活躍の5番,6番,7番 東洋的無常観の「大地の歌」,諦めと憧れが葛藤する9番
彼の第9番は交響曲の究極の姿だ,という人もいらっしゃいます。

☆清冽な北欧の空気 シベリウス
北欧の景色を知らない人にも北欧の情景を思い浮かばせる凄い人です。
個人的には,これも,全部オススメ!・・・と言いたいところですが(笑),まずは2番,5番,7番は少なくとも聴いていただきたく。
ぎゅーっと濃縮された7番が特に大好きな曲です♪

☆天才?ひねくれ者? ショスタコーヴィチ
ベートーヴェン以来の「第九の壁」を破った数少ない人ですね。今年生誕100周年です。
深読みしだすとキリがないクセ者(笑)
第5番「革命」をまず聴いて,他は,これを聴いて興味が持てれば,でよいかも。
(本当はあれこれオススメしたいですが・・・)


---(余談)---
☆ギネス公認(今はどうか分からないですが,少なくとも昔は) 世界一長くて世界一人数がたくさん必要な曲
 ブライアン 交響曲第1番「ゴシック」
NAXOSから安いのが出ています。
私は怖いものみたさで買ってみましたが・・・(内容はノーコメント^^;)

☆マニアックながら質問者さまには特別にオススメ,遅れてきたロマン派 ラフマニノフ
こちらは,アシュケナージの指揮者としての出世作となった録音です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=570670
濃厚でセンチメンタルな雰囲気の交響曲第2番は,彼のピアノ協奏曲ファンにはとても人気があります。
3番や交響的舞曲もいい曲だと思いますよ。

---
上記の印象は,あくまでも「個人的なもの」ですので,質問者さまなりの聴き方・感じ方をしていただきたいと思います。(あえて申し上げなくても分かっていらっしゃると思いますが^^)

大変な長文,読んでいただき,ありがとうございました。

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。


人気Q&Aランキング