人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

母77歳、数年前より軽い歩行障害が出ていました。
今年近くの病院の神経内科を受診(医師は国立大学医学部の准教授)し頭のMRIを撮った結果水頭症の疑い有りと診断されました。
後日その病院に入院しタップテストを試みましたがある程度成果は見られましたが期待した程のものではありませんでした。
准教授はある程度の成果が認められればシャント術をして見るように勧めてくれました。
私も母も歩行障害が改善されるのであれば試してみる価値があると判断してお願いしました。
准教授は提携先の国立病院の神経内科に紹介状を書いてくれました。
国立病院の神経内科を受診後脳神経外科に回され脳神経外科部長に手術をして貰うことになりました。
2011年8月10日に全身麻酔でL-Pシャント手術をしました。
脳神経外科部長曰く母の腸の癒着が酷くチューブを入れるのに苦労したが何とか隙間を見つけてチューブを入れる事が出来たので手術は成功したと説明されました。
その後の腹部レントゲン写真でチューブが入っていることを確認された。
術後二日目に歩行のテストを行ったが術前の状態までには至らなかった。
三日目からは殆ど歩行不可能に陥りました。
現在も一人歩きは出来ずトイレも行くのに難儀して殆ど寝たきりの状態です。
抱えて歩かせても足が一歩出ず前かがみになってしまいます。
外科部長の説明では以前からあったパーキンソン症候群の症状が手術をしたことで症状が強く出たのではないかとのことですがそれ以上の原因は分からないと言っています。
これでは何の為に手術をしたのか分かりませんし取り返しの付かない事をしたと後悔しています。
現在パーキンソン病の薬を処方されていますが気休めのような気がします。
せめて手術前の状態に戻ってくれればと思っていますが今となっては無理でしょうか。
これは医療ミスに値しないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず水頭症の原因が不明です!



脳腫瘍によるものか?サルコイド結節によるものか?外傷によるものか?

普通は水頭症にシャント術を行えば、劇的に改善しますが、上記の疾患による場合は、原因疾患の治療をしなければ改善しません、パーキンソンは脳内から分泌される、ドーパミン減少により引き起こされる疾患です。シャント術とは関係ありません!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
実際にはMRIやCTスキャンで見る限り思い当たる原因は見当たりません。
現在パーキンソンの症状が強く出て一人で歩行は困難な状態です。
手足の震えは全くありません。
認知機能検査も特に異常は見当たりません。
現在神経内科の医師と連携で治療に当たっていますのでしばらく様子を見る事になります。
有難うございました。

お礼日時:2011/08/23 17:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水頭症の術後の経過について

私の夫(50歳)は、水頭症のため5月7日にシャント手術をしました。
この手術後の経過について、不安で仕方ない点があるんです。

まず1つめ。
手術翌日に撮ったCTを見ながら、主治医から「シャントの管が入っている周りと、その管から少し左に離れたところから出血している」という説明がありました。出血は既に止まっているとのことでしたし、こういうこともあるという説明でしたが・・・素人の人間の私が考えると、頭の中に出血なんてしていて大丈夫なんだろうか?と思ってしまいます。

シャント手術後、こういうことって、わりとあることなんでしょうか?
本当に大丈夫なんでしょうか?

2つめ。
術後3日目から、夫が頭痛を訴えています。
この病気は激しい頭痛や嘔吐を伴うことが多いようですが、夫の場合手術前は、そういうことはなかったんです。鎮痛剤をいただいて飲んではいますが、あまり効かないようですし、食後に少し吐いてしまうこともあります。

術後の経過のうちで、こういうこともあるんでしょうか?

以上2点です。主治医は、ゆったりと構えていらっしゃるようで、大丈夫だからと言ってくださっていますが、頭の手術ということで、不安で不安で仕方ありません。
どうぞよろしくお願いします。

私の夫(50歳)は、水頭症のため5月7日にシャント手術をしました。
この手術後の経過について、不安で仕方ない点があるんです。

まず1つめ。
手術翌日に撮ったCTを見ながら、主治医から「シャントの管が入っている周りと、その管から少し左に離れたところから出血している」という説明がありました。出血は既に止まっているとのことでしたし、こういうこともあるという説明でしたが・・・素人の人間の私が考えると、頭の中に出血なんてしていて大丈夫なんだろうか?と思ってしまいます。

シャント...続きを読む

Aベストアンサー

1問目ですが、
 「シャントの管が入っている周り」には、出血が出ることはあるかもしれません。「その管から少し左に離れたところから出血している」という部分については、「わりと」あるというものでは無いと思います。
 ただ、出血は止まっているとのことですから、おそらくこの出血は吸収されてしまう程度ではないでしょうか?主治医へ詳しく説明を求めたほうがいいと思います。

2問目ですが、
 「術後3日目から、夫が頭痛を訴えています。
この病気は激しい頭痛や嘔吐を伴うことが多いようですが、夫の場合手術前は、そういうことはなかったんです。鎮痛剤をいただいて飲んではいますが、あまり効かないようですし、食後に少し吐いてしまうこともあります。」
 主治医は、何とおっしゃっているんですか?
 出血があったせいかもしれませんし、シャント術で異物を入れた関係で起こっているものかもしれませんね。
 まずは、主治医へ詳しい説明を求めることをお勧めします。今後の想定される経過についても尋ねてみてください。

 医学的資料を見ている方でしか、具体的なお話は出来ないかも知れませんし、CTやMRIなどにも映ってこないことも多いと思います。

1問目ですが、
 「シャントの管が入っている周り」には、出血が出ることはあるかもしれません。「その管から少し左に離れたところから出血している」という部分については、「わりと」あるというものでは無いと思います。
 ただ、出血は止まっているとのことですから、おそらくこの出血は吸収されてしまう程度ではないでしょうか?主治医へ詳しく説明を求めたほうがいいと思います。

2問目ですが、
 「術後3日目から、夫が頭痛を訴えています。
この病気は激しい頭痛や嘔吐を伴うことが多いようです...続きを読む

Q脳出血から急性水頭症に。シャント術の成功率、回復の可能性は?

6日前、小脳出血で母が倒れ緊急手術しました。とりあえず一命は取りとめたものの翌日になって急性水頭症を併発し再び手術。現在は脳に溜まった水(髄液)を抜くためICUで脳室ドレナージ術を施されております。少しの間様子を見て、最終的には脳から首に管を繋ぐシャント手術をするとの事。

母の具合としては3日目から意識を回復し、多少、記憶が曖昧でおかしな事を言ったりしますが、今現在の事は理解し会話も成り立ちます。相手も認識できます。2桁くらいの足し算も可能。物がダブって見えるらしく思うようにお箸は使えないですが、それでもスプーンを使ったりして自力で食事をしてます。両足とも膝の屈伸可能。調子の良い時は冗談に笑顔で応えたりもします。

素人目にはこのままリハビリで回復に向かいそうなくらい良好な感じがするのですが、看護士さんの話しを聞いてると何か濁してるようで、回復に向けての介護の事など考えて良いのか、あるいはむしろもっと悪化する事を覚悟した方が良いのか?とても不安です。

髄液の手術(シャント術)をする事で、更に命や脳への危険性が出ると考えた方が良いのでしょうか?今の良好な状態は一時的なものなのでしょうか?
専門家の方、同様の経験をされた方から、少しでもお話が伺いたくて書き込みさせて頂きました。どうぞ宜しくお願い致します。

6日前、小脳出血で母が倒れ緊急手術しました。とりあえず一命は取りとめたものの翌日になって急性水頭症を併発し再び手術。現在は脳に溜まった水(髄液)を抜くためICUで脳室ドレナージ術を施されております。少しの間様子を見て、最終的には脳から首に管を繋ぐシャント手術をするとの事。

母の具合としては3日目から意識を回復し、多少、記憶が曖昧でおかしな事を言ったりしますが、今現在の事は理解し会話も成り立ちます。相手も認識できます。2桁くらいの足し算も可能。物がダブって見えるらしく思うよう...続きを読む

Aベストアンサー

 ドレナージ手術は、一時しのぎの対応策(=長い期間、体外に通じるチューブを入れていると感染症を起こす危険性があるため)です。ですから、時期が来れば、体内に留置するシャンと手術に切り替えますが、小脳出血によって閉鎖された髄液の流れが回復してくれば、シャント手術はもしかすると不要になるかも知れません。
 シャント手術そのものは、脳外科の手術としては、あまりリスクの高い手術ではありませんので、過度に心配される必要はないと思います。

> 看護士さんの話しを聞いてると何か濁してるようで

 「予後」に関しては、今の症状からすると、相当回復するような印象を持ちます。
 「予後」などに関することは、安易に看護士さんが家族に話すことは稀だと思います。通常は、医師が説明するものですから。
 今度、担当医師に話す機会があれば、率直に話を聞いてみて下さい。

Q医療費ってどのくらいかかるの?

「水頭症」という病気について調べています。
新生児の時に水頭症となった場合、公的扶助はどうなっているのでしょうか?また、一生にかかるお金はどのくらいなのでしょうか?

どんなことでもいいので教えて下さい。宜しくお願いいたします。

(調べたのですが、いまいちはっきりしないので質問させていただきました。)

Aベストアンサー

▲「水頭症」とはある原因でなる状態のことですのでパーキンソン病とか筋ジストロフィーとかの「病名」ではありません。
▲新生児に水頭症となっても原因は様々ですので、「水頭症」自体が公的扶助や特定疾患の対象にはなっていません。
▲「一生にかかるお金はいくらか?」というご質問は、障害を持った場合、どのくらい費用がかかるか、と言うことだと考えます。
▲小児の医療補助を活用し、障害者手帳を申請し、医療補助を各自治体に申請し、高額医療費の控除を行い‥‥。など諸々の手続きをその都度利用していけば、現在日本で行われており、医療保険が適応となっている治療そのものに対する医療費で自費で支払わなくてはならない部分はそれほどの額ではありません。一生で数十万~百万というとになるでしょう。支出はそのご家庭の収入によって若干変動します。
▲その他に、介護や特別な配慮などでも支出が出てくるわけですが、それも障害の度合いによって異なります。15歳までは、結果的には障害の無い子供さんの養育費とあまり変わらない、というのが現実と思います。
▲「もちろん子供にお金は一切使わない」という主義の方は別ですが、習い事や塾など余計な支出もあるわけですので、では障害をもっているからといって、それ以上にお金がかかっていく、というものではないのです。

▲率直に言えば、いくらでもお金をかけられますし、決して見放すのではなくとも、お金をかけずして育てることも可能です。これは障害の無い子供を育てることと全く同じです。誰が何と言おうと「同じです」。

▲ただ、障害が残ってしまえば、一般の就職はできないことも多いのです。ですから、就学年齢以後は収入はほとんど見込めません。金銭勘定だけのことであれば、その年齢からの支出はかかります。でもこれとて、就労ができなければ生活保護や医療費免除の対象となりますので「お金がかからない」と言えばかかりません。

▲「水頭症」とはある原因でなる状態のことですのでパーキンソン病とか筋ジストロフィーとかの「病名」ではありません。
▲新生児に水頭症となっても原因は様々ですので、「水頭症」自体が公的扶助や特定疾患の対象にはなっていません。
▲「一生にかかるお金はいくらか?」というご質問は、障害を持った場合、どのくらい費用がかかるか、と言うことだと考えます。
▲小児の医療補助を活用し、障害者手帳を申請し、医療補助を各自治体に申請し、高額医療費の控除を行い‥‥。など諸々の手続きをその都度利用していけ...続きを読む

QV‐Pシャントの交換をすすめられています!

少年期に脳内出血し、水頭症となり、シャント施術しましたが、約8年後の高校生の時に、チューブが抜け落ち、再手術しました。旧のチューブは腹腔内に落ちたままです。
新たに入れたシャントは、バルブの値を外から強力な磁力で変えられるものですが、入れ替えて、3年後に詰りがあり変圧してもらいました。
その後2年を過ぎて現在、再び詰りだし(この5年間で身長は伸びていません)、記憶障害・頭痛・だるさ・めまい等が出ています。
若干変圧してもらいましたが、改善が見られない場合、再度入れ替えるとのことです(古い2本は抜かず、3本入ることになります)が、詰りは、このように再々起こるものでしょうか?(1)
予防はできませんか?(2)
病院の技術によって結果が変わるということはありますか?(3)
命には代えられないとわかっていても、何度もCTを撮ることにも抵抗があります。
最善の治療法がありましたら教えていただきたいのです。(4)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

転勤したばかりで担当患者が少なくてヒマなので
内視鏡手術について補足します

脳室内で作られた髄液は第三脳室→中脳水道→第四脳室を経て
小脳の後下側から脳の外側に出ます
この経路 主に中脳水道が閉塞または狭窄して生じたものを
閉塞性水頭症といいます。
内視鏡的第三脳室底開放術はこちらのタイプに有効です。
第三脳室から直接脳の外へ出口を作る手術なのです。

脳室の外に出た髄液はくも膜顆粒から吸収されます
ここでの吸収が遅くなって生じるのが開放性水頭症です。
外側で停滞するのになぜか脳の内側に髄液がたまります。
シャントバルブが閉塞するような髄液の場合、くも膜顆粒の
吸収もかなり落ちている可能性が強い。

開放性水頭症でも内視鏡手術で効果があることは実は報告としては
ありえるのですが シャント機能不全に対する VPシャントほどの確実性は無いし
手術としての危険性もシャントよりは高い。

そこらへんを踏まえた上での主治医の判断があったと想像しますが
納得いくまで質問することはおおいにけっこうなことだと思います。

自分の勉強をかねて一本論文を抄訳 
どうやら脳出血の既往が内視鏡手術にとくにイカンようです 勉強になりました
また、一番良好な70%台の成功率もシャントには劣ると思います
ただし 成功した場合の機能不全の少なさが内視鏡手術の魅力であります
 ↓注:は私の個人的見解です
 http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=17207876

イギリス リバプールこども病院からの報告
170例の初めての手術としての第三脳室底開放術(一次ETV)と
63例のシャント機能不全後の第三脳室底開放術(二次ETV)についてデータ解析 1998年以降の患者のみ

二次ETV63例の原因内訳 49例(78%)は機械不調(注:シャントシステムの不調で感染なし)であり、感染を伴う機能不全は14例(22%)のみだった
一次ETVの74%(127/170例) 二次ETVの70%(44/63例)で解析時点において成功的結果であった。機械不調のみの成功率は67%(33/49例)  シャント感染あり(注:←おそらく髄膜炎は含まれない)では79%(11/14例)。 
一次ETVのうち脳出血の既往歴のある患者:27%(4/15%)と髄膜炎のある患者0%(0/2例)は成功率が低かった。このパターン(注:予後が悪いこと?)は内視鏡手術後のシャント機能不全患者:71%(5/7例)や 脳室内出血後髄膜炎患者(3/4例) ではみられず、結果的に良好な予後だった。
二元配置分散分析(注:統計学的手法)では水頭症原因と予後(結果)の相関関係のP値はp = 0.011),で有意差あり、患者群(注:一次ETVと二次ETV?)とはgroup (p = 0.0686で有意差なしであった。どちらの群においても 95%以上において 失敗の結果は一ヶ月以内に現れた。
合併症は一次二次どちらの群でも高い成功率に比してきわめて少なかった。
結論 ETVは安全な手法であり高い成功率を一次二次両方において出した。シャント機能不全に対するETVは特に原因に関係ない。特にシャント感染例での成功が特典的である。多くの失敗例は早期に明らかになるが長期的観察が今後必要である。

転勤したばかりで担当患者が少なくてヒマなので
内視鏡手術について補足します

脳室内で作られた髄液は第三脳室→中脳水道→第四脳室を経て
小脳の後下側から脳の外側に出ます
この経路 主に中脳水道が閉塞または狭窄して生じたものを
閉塞性水頭症といいます。
内視鏡的第三脳室底開放術はこちらのタイプに有効です。
第三脳室から直接脳の外へ出口を作る手術なのです。

脳室の外に出た髄液はくも膜顆粒から吸収されます
ここでの吸収が遅くなって生じるのが開放性水頭症です。
外側で停滞するのに...続きを読む

Qクモ膜下出血 手術後の異変

今年、4月の始め 母がクモ膜下出血により倒れました
不安で仕方なく、ネットで病気や同じ症状で困ってる人の意見を読んだりしたのですが、同じ症状での情報が見つけられなかったので
母の状況を細かく説明した上で相談にのって頂きたいと投稿しました 

母の状態ですが手術(クリッピング)は成功し、最初、1日おいて次の日には目を覚ませるであろうと言う医者のお話でした
ですが、安全にという事で麻酔で眠らせて実際に目を覚ましたのは3日後でした

最初は意識は取り戻したものの目を開けられず私が話しかけると小さくうなずいてくれる程度でした
翌日の朝になると目もあけられるようになり、会話もできました
この時点ではまったく問題なく会話ができました

その日のお昼の面会に顔を出すと会話はできたのですが何か少し記憶が混乱しはじめていて、私が母に謝った言葉にたいし
「同じ事を前にも言っていた人がいるよ 確か・・(私の名前)って言ったかな 北海道に住んでいてね、君のひとつ上にいるはずだよ。」
なんて話はじめました 実際私に兄はおらず多分、私の事をいっていたと思います(以前私が同じように母に謝った事があったので)
夜の面会では更に話が混乱していて会話が少しずつかみ合わなくなりました

次の日、その次の日と徐々に会話がかみ合わなくなっていき
私の名前も出ない時、弟の写真を見ても誰なのかがわからない状態になりました
お医者さんや看護師の方にきくと手術後はよくある事だと言われましたが1ヶ月たった今でも状態はかわりません
自分の名前も言えない事もあったりします
例えば好きな食べ物を聞くと食べ物を答えるのですが、そこからその食べ物の名前が人の名前になってしまって
そこから話がどんどんずれていくような感じだったりします(記憶を無理やりつないで会話をつくっているような)

合併症で脳梗塞をおこし、片足が不随になってしまいました
記憶に関しては脳梗塞を起こす前と後では特にかわりありません

これは認知症なのでしょうか?それとも別の病気なのでしょうか
どなたか似たような経験、小さな事でも情報があればお願いします
本当に心配です ぜひとも参考にさせて頂きたいので沢山の回答をお待ちしております

今年、4月の始め 母がクモ膜下出血により倒れました
不安で仕方なく、ネットで病気や同じ症状で困ってる人の意見を読んだりしたのですが、同じ症状での情報が見つけられなかったので
母の状況を細かく説明した上で相談にのって頂きたいと投稿しました 

母の状態ですが手術(クリッピング)は成功し、最初、1日おいて次の日には目を覚ませるであろうと言う医者のお話でした
ですが、安全にという事で麻酔で眠らせて実際に目を覚ましたのは3日後でした

最初は意識は取り戻したものの目を開けられず私が話...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様の病状については治療にあたってきた主治医の先生が最も詳しいと思いますので、主治医の先生から説明を受けられるのがベストだと思います。

 一般的なお話をすれば、くも膜下出血を発症すると1/3の患者さんは命が助からず、1/3の患者さんは命が助かっても後遺症を残し、残りの1/3のみが元通り社会復帰できる・・・と言われており、いつもそう説明させて貰っています。

 くも膜下出血が怖い病気であると言われるのは、突然死のリスクがあるということも勿論理由の一つですが、発症後4-14日目に遅れて起こってくる脳血管攣縮(れんしゅく)があるからだと思います。脳血管攣縮とは、出血の影響により上記の期間に脳血管が収縮して細くなってしまい脳細胞に酸素や栄養が送られず脳梗塞になってしまう病態を指します。発症後や術後暫くは元気に喋ることができていても、脳血管攣縮期に入ると意識状態が悪化して手足の麻痺なども生じ、それが続けば脳梗塞となり重篤な後遺症を残したり、或いはときには命を落とすことさえもあります。そしてこの脳血管攣縮に対する絶対的な治療法は残念ながら今日現在でも確立されていません。

 ご質問の文章から推察するに、お母様の脳梗塞は脳血管攣縮によるものでしょう。現在の症状からすると、手足の障害の他に物事を認知したりする能力にも障害が生じてしまった可能性はあると思います。

 しかしまだ発症後1ヵ月ですから、現在の状態が改善してくる可能性はまだあると思います。また、くも膜下出血後のもう一つの合併症である正常圧水頭症を現在併発しているのであれば、そちらについては治療の方法があります。

 以上より、「これは認知症なのでしょうか?それとも別の病気なのでしょうか」に対する回答としては、

 現在の状態はくも膜下出血によるものであり、さらに細かく言えば、出血時のプライマリーの脳の損傷による症状か、脳血管攣縮による脳梗塞に起因する症状、或いはくも膜下出血後の正常圧水稲症による影響が原因として考えられると思います。現在の症状がこのまま後遺症として残る可能性もありますが、発症後3か月~半年位までは症状が改善してくる可能性がありますし、正常圧水頭症であれば手術による治療法という選択肢もあると思います。お母様の今後の経過については、実際に診察させていただいたり、CT所見などを拝見させていただかないとなんとも判断のしようがないので、やはり主治医の先生にお聞きになられるのが良いでしょう。

 お母様の病状については治療にあたってきた主治医の先生が最も詳しいと思いますので、主治医の先生から説明を受けられるのがベストだと思います。

 一般的なお話をすれば、くも膜下出血を発症すると1/3の患者さんは命が助からず、1/3の患者さんは命が助かっても後遺症を残し、残りの1/3のみが元通り社会復帰できる・・・と言われており、いつもそう説明させて貰っています。

 くも膜下出血が怖い病気であると言われるのは、突然死のリスクがあるということも勿論理由の一つですが、発症後4-14日目に遅れ...続きを読む

Q高次脳機能障害、回復しないのでしょうか・・・

60歳のうちの母のことです。
くも膜下出血で倒れてもうすぐ4ヶ月になります。
リハビリ病院に入院中なのですが、とにかく作話がひどくて・・・
「○○の書類を出さないと」
「△△が入院してるから、病院に行ってくる」
「借りた金を早く返せと銀行から電話がきたから、行かないと」
(すべて事実とはかけ離れた内容)
などなど、母の中では「とにかく行かなければいけない」ことがたくさんあるようです。
否定するとすぐに興奮してヒステリーをおこすので、私がやっておいたよ、大丈夫だよ、代わりに行ってくるよ、など言って落ち着かせようとするのですが、全然効果がありません。
少し歩かせれば納得するかと思い一緒に病院内を散歩しても、敷地内から出ようとして止められてまた興奮。
そしてこれらのことを5分後には忘れてしまい、また同じことの繰り返しです。

本人も思うとおりにいかないからか、いつもイライラしています。
「お前じゃ話にならない!」
「いいから行かせて!」
「時間がないって言ってるでしょ!グズグズしないで!」
お見舞いに行ってもこんな会話ばっかりです・・・
一つの事柄への執着が強く、一旦興奮してしまうと、話題を変えるなど不可能になってしまいます。
折り紙などの作業をさせても、途中で「行かなくちゃ」と集中が途切れて続きません。

リハビリが始まってから3ヶ月近く、まったく良くなっていません。
最近では看護師さんも手を焼いているようで、私の仕事中にも電話がかかってくるようになりました。
「お母さんが○○の支払いをしないといけないと言ってきかないので、なんとかなだめてもらえませんか?」
といった感じです。

正直、かなり疲れてきました。
お見舞いに行きたくない気持ちがとても強いです。
(でも、週に3日は行きますけど)
それよりも、このままの状態で家に帰ってきたらと思うと・・・
退院の話も出てきているし・・・

もう治らないのでしょうか?
これが一生続くのですか?
同じような家族を抱えるみなさんは、どのようにしているのでしょうか?

60歳のうちの母のことです。
くも膜下出血で倒れてもうすぐ4ヶ月になります。
リハビリ病院に入院中なのですが、とにかく作話がひどくて・・・
「○○の書類を出さないと」
「△△が入院してるから、病院に行ってくる」
「借りた金を早く返せと銀行から電話がきたから、行かないと」
(すべて事実とはかけ離れた内容)
などなど、母の中では「とにかく行かなければいけない」ことがたくさんあるようです。
否定するとすぐに興奮してヒステリーをおこすので、私がやっておいたよ、大丈夫だよ、代わりに行ってくるよ、な...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。
偶然、あなたの書き込みを拝読して数年前の自分を見ているようで、少しでも参考になればと思い、回答させて頂きます。

このままですと、あなたの心身が心配になります。一人でかかえこまず、お母様がお住まいの市町村の地域包括支援センターへ相談しましょう。

センターでは、専門家の方が、お母様の状態をお聞きし、アドバイスをしてくれます。

大変失礼ですが、御自宅での介護は難しいかと思います。ご兄弟やご親戚にも相談し、グループホームや施設に預けることも検討してみて下さい。
私の母もアルツハイマー型認知症で、徘徊に悩まされました。
私が胃潰瘍で倒れてしまい、やむなく母を施設に預けることになりました。

最初は面会に行くと、捨てられた、親不孝と罵られましたが、ヘルパーさん達がとてもよい方々で、今ではとても穏やかな日々を過ごしています。

今は、介護保険制度もありますので、上手く専門家の力を借りながら、介護をする事も可能になっています。

以上、参考までに回答させて頂きました。お母様と質問者様が、穏やかな日々を過ごせますようにお祈り致します。

おはようございます。
偶然、あなたの書き込みを拝読して数年前の自分を見ているようで、少しでも参考になればと思い、回答させて頂きます。

このままですと、あなたの心身が心配になります。一人でかかえこまず、お母様がお住まいの市町村の地域包括支援センターへ相談しましょう。

センターでは、専門家の方が、お母様の状態をお聞きし、アドバイスをしてくれます。

大変失礼ですが、御自宅での介護は難しいかと思います。ご兄弟やご親戚にも相談し、グループホームや施設に預けることも検討してみて...続きを読む

Q「くも膜下出血」後の性格の変化ってありますか?

実は私の主人は昨年の2月に「くも膜下出血」になり、治療の甲斐もあって
何とか見た目の後遺症も無く、少し物忘れがある程度で現在に至っております。
特に手足に不自由もなく、言語もよく口も回っているようなんですが・・
時々、大した事でもないのに怒鳴りちらして私を凄く攻めるのです!
言うことなすこと揚げ足を取り、話も一貫性が無く、同じことの繰り返しで攻めてきます。
もうそうなったら、私がその場を去るまでいい続けて、押さえが利かないと言いますか・・。

昔から喧嘩をしたときには口は達者なほうだったのですが、
最近は、たとえ夫婦間でも言ってはいけない事とかも平気で口にするので呆れています。
こんな事言うか?みたいな事でも平気で言いますし。

夫婦でも、やはりお互い他人ですし、言いたいことを何でも言えば終わりで・・
一度口から出た事というのはもう無かった事には出来ませんのでどうしたものかと。
事あるごとに私の親の事を卑下し、
「お前の親を見たら解るだろ?お前はソックリでないか!」と言うのです。

実は私は、実家の両親とは特に父親と折り合いが悪く、もう何年も絶縁状態で会ってません。
私自身、実の親ではありますが自分にとっては恥ずかしい親で、性格も否定しているので、
その親に似ていると言われるととても辛いのです。

主人は病気をする前は、外に女性が居たので私と話をする機会もあまり無かったのですが・・
病気をきっかけに浮気がバレて家に居つくようになったせいかもしれませんが、
昔はこんなに頑固で常識のない人では無かったような気がします。

やはり病気のせいで性格まで変わってしまったんでしょうか?
「くも膜下出血」あるいは、知り合いに頭の病気を患った方で、
性格が変わったとの話を聞いた事のある方は教えて頂きたいです。

実は私の主人は昨年の2月に「くも膜下出血」になり、治療の甲斐もあって
何とか見た目の後遺症も無く、少し物忘れがある程度で現在に至っております。
特に手足に不自由もなく、言語もよく口も回っているようなんですが・・
時々、大した事でもないのに怒鳴りちらして私を凄く攻めるのです!
言うことなすこと揚げ足を取り、話も一貫性が無く、同じことの繰り返しで攻めてきます。
もうそうなったら、私がその場を去るまでいい続けて、押さえが利かないと言いますか・・。

昔から喧嘩をしたときには口は達者なほ...続きを読む

Aベストアンサー

すごく悩んで、戸惑っているのが伝わってきます。
他のアンサーの通り損傷部位によって性格変化はありえます。リハビリの最中には良くあることでもあります。それは今まで出来たことが急に出来なくなって自分でもどうしたら良いか戸惑っているということも多くあります。リハビリを経てだんだんと落ち着きを取り戻すことも多いので今は一時的なことと割り切るのもいいのではないでしょうか。
あまりにひどい状況なら主治医に相談してみることをおすすめします。
ご主人は発病前は奥様にとってどんな人だったのでしょう?病気というものの予後は実は発病前にどんなだったかで大きく違うのです。自分を大切になさってください。

Q意識障害の人に効果的な刺激について

兄(20代後半)が、脳動脈瘤で倒れて1ヶ月になろうとしています。
 脳ヘルニアで、脳幹というところをやられたらしいです。
 意識は戻っていません。しかし、調子のいいときは、手を握るようにいったら、一生懸命握ってくれるようになりました。また、目も瞑ってくれます。
 今は、意識レベルがどこまで回復するかが問題らしいです。
 それでも人の判別までは出来ない可能性が高いようです。
 看護士さんは、「今が刺激のあたえどきです」と言いますが、

 このような場合、どのような刺激のあたえ方が効果はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

うちでも家族が去年意識障害になっていろいろやってました。刺激といっても痛かったり不快なものではなくて、本人が心地よくなるようなことをまわりでやってあげればよいのだそうです。具体的な方法は「五感を通して…」と考えるといろいろ思い付くと思います。例えば…

聴覚:定番ですが音楽を聞かせたり、話しかけたり。聞かせる音楽は本人が歌詞までよくおぼえているような音楽がいいそうです。わからない時は童謡もいいそうです。うちは童謡のCDを図書館で借りて聞かせてました。それと音楽運動療法というのがあって、音楽を聴かせながら体を動かすと意識の回復によいのだそうですが、まだ体を激しく動かすことはできないでしょうから、音楽に合わせて胸や肩のところで手でポンポンしてリズムをとってあげたりするだけでも少し違うそうです。
嗅覚:忘れがちですが嗅覚は原始的な感覚らしくてこういう時でもはっきりしていたりするようです。好きなコロンなどがあればそれを枕元のタオルにそっとたらしてあげたり、くだものなどの香りもいいと聞きました。うちはアロマオイルを枕元にたらしたりしてました。
触覚:全身のマッサージももちろんいいのですが、一番敏感なのは手足と顔(特に口)なのだそうです。病院で防水シーツと洗面器を借りて手足をお湯につけて洗ってあげたりしてました。刺激だけじゃなくてきれいにもなりますしね。歯磨きのやりかたを看護婦さんに教えてもらってやってみたり、リップをこまめに塗ったりもしてました。
味覚:これは今はまだ難しいかもしれませんね。状態がおちついたらプリンとかムセにくいものをすこしずつ食べる練習ができるといいと思います。口の触覚の刺激にもなりますし。それまでは歯磨きの時にマウスウォッシュを使ってくれる病院だったので、それの味を本人が好きそうなものを選んだりしてました。
視覚:これはあんまり刺激が入って行きにくいと思います。赤い物が見えやすいとか聞きましたが、今でもあまり反応がないです。

うちのは病気も障害を受けた場所も全然違うので参考にならないかもしれませんが、最初はもうずっと眠ったままだといわれていたのに、今では言葉でのコミュニケーションができるまでになりました。刺激の中で一番効果があったのは、6か月目くらいに外泊させたことです。やはり慣れた家のにおいとか音とかがよい刺激になるのだと思います。外泊から戻ったとたんに言葉が出て病院の人たちもびっくりしてました。今すぐというのは難しいかもしれませんが、状態が落ち着いてきたら外泊を考えてみてもよいのではないかと思います。希望を捨てずにかんばってください!!

うちでも家族が去年意識障害になっていろいろやってました。刺激といっても痛かったり不快なものではなくて、本人が心地よくなるようなことをまわりでやってあげればよいのだそうです。具体的な方法は「五感を通して…」と考えるといろいろ思い付くと思います。例えば…

聴覚:定番ですが音楽を聞かせたり、話しかけたり。聞かせる音楽は本人が歌詞までよくおぼえているような音楽がいいそうです。わからない時は童謡もいいそうです。うちは童謡のCDを図書館で借りて聞かせてました。それと音楽運動療法というの...続きを読む

Q脳外科:シャントについて

水頭症時のシャントについて教えてください。
シャント挿入後の術後管理に便秘がありますが、これは便秘によって腹腔内圧が上昇し、脳圧との関係によって髄液が流れなくなってしまうからという理由でよろしいのでしょうか?
そしてもう1点が最近S-Pシャントという術式があるようですが、ネットで調べた結果硬膜下ー腹腔シャントというところまではわかりましたが手術部位はどこになりますか?V-Pでしたら脳(頭部)と腹部、L-Pでしたら腰部と腹部なんですが、S-Pがわかりませんでした。ちなみにV-Aは胸部にも創ができますか?
ご教授頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>という理由でよろしいのでしょうか?

小さいとはいえ開腹するということ、シャントチューブという異物を入れることから周囲の腹膜が微小な炎症を起こして癒着し、腸の蠕動が制限されるため便秘になりやすくなります。逆に便秘(=腸の停滞)があるとさらに癒着しやすいので管理するわけです。
シャントには弁があるし、便秘でもそうそう高い圧が持続するわけでもないと思います。

>S-Pシャント

これは硬膜下水腫(=硬膜下への髄液貯留:昔は外水頭症とも言ったようですが)に対する治療であって、(内)水頭症に対するものではありません。水腫のある部位の硬膜下腔と腹腔をつなぎます。穿頭の部位が非限定でV-Pシャントから脳室穿刺を省いたようなものです。硬膜下水腫は無いのが正常なので、S-Pシャントは硬膜下腔が完全にゼロになってイイ点が、適度な調節が必要なV-PやL-Pと違います。水腫が消失してしばらくたつと腔が癒着してシャントが効かなくても差し支えなくなります。

>V-Aは胸部にも創ができますか?

甲状腺の辺りの高さで頚静脈の枝の顔面静脈から(できないときは頚静脈から)心房にチューブを挿入します。よって胸部に創はできません。頚部の胸鎖乳突筋内側にタテ5cmほどの創ができます。

>という理由でよろしいのでしょうか?

小さいとはいえ開腹するということ、シャントチューブという異物を入れることから周囲の腹膜が微小な炎症を起こして癒着し、腸の蠕動が制限されるため便秘になりやすくなります。逆に便秘(=腸の停滞)があるとさらに癒着しやすいので管理するわけです。
シャントには弁があるし、便秘でもそうそう高い圧が持続するわけでもないと思います。

>S-Pシャント

これは硬膜下水腫(=硬膜下への髄液貯留:昔は外水頭症とも言ったようですが)に対する治療であって、(...続きを読む

Q「脳室拡大」と診断されていますが、どんなことになるのでしょうか?

現在妊娠8ヶ月です。6ヶ月の検診で脳内に水が溜まってると言われ、経過を見ましょうとのことだったのですが、何度受診してもやはり「脳室」が大きいそうです。
先生曰く「基準が1cm以内となっていて、それ以上は異常と判断するのですが、それより少し大きいぐらいですね」だそうです。
6ヶ月の時には1.1cm、8ヶ月になって先日見てもらったときには1.2cmでした。
頭自体は平均よりも小さめなので、水頭症は考えなくていいらしいのですが、、、
この場合、どんなことが考えられるのでしょうか?
やはり、産まれてから障害等が出てくるのでしょうか?
それに、ちゃんと育っていくのでしょうか?
最初の時点では週数も早いので、胎児が育つにつれて徐々に脳室が小さくなっていくでしょうとの見解だったみたいですが、小さくなって行きません。。。
心配でたまりません。。。
どんなことでも良いので、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

Q 水頭症が考えられなくて、脳室が大きいと言うことはどういうことなのでしょうか?

A 脳の成長が悪くて小さいこともあります。

Q先生の言うように「普通の人より脳室が大きいだけの子」なのでしょうか?

A 生まれてみないとわかりません。

Q その場合、どんなことが考えられるのでしょうか?病気でないのなら、普通に生活や成長していくのでしょうか?
普通に生活できたとして、頭痛や嘔吐等が出てくるのでしょうか?

A 赤ちゃんの場合は頭痛や嘔吐は出ないです。
心配なのは知能の障害です。

Qそれとも頭自体は小さくても水頭症ってこともあるのでしょうか・・・?

Aそれはありません

やはり、MRI検査を受けてはっきりさせたほうがいいのでしょうか?

担当の医師に充分質問して
納得いかなければ、小児科や脳外科で
セカンドオピニオンが聞けるように
担当医師に頼んでください

お体大事に、 参考までに


人気Q&Aランキング