私は19歳なんですが、21歳の彼氏の癖についてお訊ねしたいのです。




彼は噛みぐせ?というのか、私の腕や首をよく噛んできます。


歯形はつくけれど、血が出たりするわけでもなく止めさせたいとは思っていません(痛いのは痛いので止めてくれるに越したことはありませんが)





噛むときは、何も言わずいきなり噛み付いてきてやたら嬉しそうだったり、「噛みたい」と真剣にお願いされたりと状況は様々です。


精神的に幼いような人ではないので少し気になります。


彼は心の底では何か不安を抱えていたり、悩んでいたりするのでしょうか。

それとも、ただ単に甘えているだけなんでしょうか。



もし、詳しい方がいらっしゃいましたらお答え下さると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

食感があるように、歯にも感覚器があり、強さによって快感を得ることができます。


ただ、快感を抑制するのは理性的思考であり、
「自分がされて嫌なことは相手にもしない」という経験と学習によって獲得します。

甘えるために、噛み付くことを抑え切れない衝動は、
相手のことを優先的に考えられなくなり、社会性を無視してでも自分の快楽を優先する思考順序が確立していて、
とっさに暴力をふるってしまうとか、カッとなって刺してしまうような、感情に任せてリミッターの効かなくなる幼児性を持っています。
爪噛みや指しゃぶりがチック症状に含まれるのはそのためです。

犬の甘噛みをやめさせるトレーニングがそうなのですが、
他の精神満足を得る代償行為を与えて、遊びでも死ぬまで一生噛ませない。というような自律的な抑制をしないと、
快感に精神依存するため、一度でもつい噛んでしまうと、脳が快感のフラッシュバックを起こして、抑制が効かなくなります。
で、犬が甘噛みをやめさせる特効薬は、恐怖を感じるほどおもいっきり噛まれることだったりします。
後になって自分が噛む時に、噛まれることを想起するので、怖くなってやめるのです。

現状では、あなたに甘えているだけでしょうが、
幼児期に何か親からの教育のトラウマを持っていたり、心的ストレスが身体に出てしまいやすい育ちをしていますので、
そういうことがありうるという認識と、できるだけ感情に流されるようなお付き合いは避けたほうがいいです。
    • good
    • 8

面白いですね


個性があっていいと思いますよ!
理由は、わかりませんが、
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60歳程の高齢者男性。元気になる秘訣をご存知でしたら教えてください。一

60歳程の高齢者男性。元気になる秘訣をご存知でしたら教えてください。一人暮らしです。

Aベストアンサー

60才で高齢者??
私は、もう少し年上ですが、高齢者などと考えた事はありません。

しかし、高齢者と言われる年齢でもある事は確か・・と感じる事もままありますね。

元気になる秘訣・・あります。
女性・・と言われる方もいましたね・・それも正解の一つかも。

しかし、何より大切なのは、姿勢です・・
生きる姿勢・・などと言うほどのものではないです。

文字通り・身体の姿勢。
大抵の人はどちらかへ傾いています。
加齢とともに酷くなります。
それを剣道の有段者の様にする(実際には難しいので近づける)事でしょう。

姿勢は簡単には治りません。
もう、長年の癖を身体が記憶していますので・・
毎日少しずつ、柔軟体操をゆっくり・じっくり時間をかけて・・
時間にすれば最低でも1時間は・・必要でしょう。
身体が固い人なら2時間は・・・
まとめてでなくとも良いですが・・

運動は好きですか?
嫌い・・とか言ってはいられません。
嫌いと感じるなら、先ずは散歩から。

もっとも、運動などしなくとも元気な人もいますから、世の中様々。

外にも出ない、運動もしない・・では65才の壁を乗り越えるの中々難しい。
60才定年の方が、65才を生き延びるのは75%・・などとも言われています。(公ではなく、密かにですが)
結構高いハードルですよ。

あ、私も明日の事は分かりませんが、運動に励む毎日です。
何しろ、若い頃よりも身体が軽い・・可動域が広くなっています。
毎日が爽快です。

後は食べ物・・これも大切ですね。

60才で高齢者??
私は、もう少し年上ですが、高齢者などと考えた事はありません。

しかし、高齢者と言われる年齢でもある事は確か・・と感じる事もままありますね。

元気になる秘訣・・あります。
女性・・と言われる方もいましたね・・それも正解の一つかも。

しかし、何より大切なのは、姿勢です・・
生きる姿勢・・などと言うほどのものではないです。

文字通り・身体の姿勢。
大抵の人はどちらかへ傾いています。
加齢とともに酷くなります。
それを剣道の有段者の様にする(実際には難...続きを読む

Q女性の性癖で噛み癖はサディズムですか?

多くの女性と交際した経験があり、「噛まして」と言って私の顔や手を噛む女性がたくさんいました。
男でもサドやマゾの人は沢山いますが、噛み癖のある人はまずいないのでは?と思うのですが、噛み癖はサドの一種ですか?

Aベストアンサー

私が知る限り、女性では知りません。
男性で行為中に噛む癖がある人の
奥さんがそう言ってたことがあります。

セックス中に噛む人は、男性にもいると思います。
フロイト…、だったかな?乳幼児期の乳首への
十分な満足感が欠落していたことが原因だ、とする
説は目にしたことがありますが、案外、爪を噛んだり
鉛筆を噛んだりする癖に通じる深層心理があるかも
知れませんね。

要は…根源的に口寂しいのかも知れません。
ならば、サディズムではなくて幼児回帰の一つでしょう。

サディズムは他者を自分に絶対服従する人形として
扱うことで自分の負の感情を相手に・・・言わば移植する。
相手の人間性をことごとく否定し破壊しようとすることと、
徹底した隷属性を植え付けることで、自分をポジとした場合に
自分のネガに相手を変容させてしまおうとする自己投影です。

これもまた、全て自分中心に行動させようとする乳幼児期の
母親に対する絶対性を再現しようとしている、とも言えます。

「ママは私のことだけ考えて私の気持ちを満足させることだけ
考えて生きて死ななきゃならないの!」

というような気持ちでしょうか?

乳幼児期の母体への絶対的な回帰欲求と、既に母親と分かたれて
しまい、一人ぼっちのの孤独を後ろ向きに結合させるとサディズムに
結びつくのかも知れません。

そういう意味でなら、噛み癖はサディズムの無意識の発露、とも
言えるかも知れませんね。

噛み癖のある人にとって、柔らかく噛みごたえのある部位は
遠い追憶の母の乳房に結びついているのかも、ね。

私が知る限り、女性では知りません。
男性で行為中に噛む癖がある人の
奥さんがそう言ってたことがあります。

セックス中に噛む人は、男性にもいると思います。
フロイト…、だったかな?乳幼児期の乳首への
十分な満足感が欠落していたことが原因だ、とする
説は目にしたことがありますが、案外、爪を噛んだり
鉛筆を噛んだりする癖に通じる深層心理があるかも
知れませんね。

要は…根源的に口寂しいのかも知れません。
ならば、サディズムではなくて幼児回帰の一つでしょう。

サディズムは他者を自分に絶対服...続きを読む

Q俳人歌人に元気な超高齢者が多い理由

つい先日、写真家の秋山庄太郎さんがお亡くなりになられましたが彼も超高齢者でありながら依頼された作品の審査中であったということで吃驚しましたが、
俳人(俳句をつくる人)・歌人(短歌をつくる人)には「超」高齢者であるにもかかわらず、寝たきりにも痴呆症にもならず優れた作品をつくりつづけておられる方々が多く本当に感心してしまいます。
創作活動をつづけることに何らかの身心健康の秘密があるのでしょうかね。想像でも事実の蓄積でも宜しいですので、その辺のヒミツに関するお考えをお教えください。宜しく、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

 こないだニュースでやってたんですが、人間は「健康法」をあまりに同時に行うと、逆に不健康になるんだそうです。
 ジョギングをする、酒を絶つ、その他もろもろ、まあ、そういうことをです。

 で、これなんでかってーと、健康的であろうと無理することで、逆にストレスになるらしいんですね。

 これとまったく同じことがあったのが、うちのばあちゃんです。
 もともとパーキンソン病で闘病してたんですが、うちのじいちゃんの看病をする必要性が生じた途端、少し元気になっちゃいました(笑)
 やっぱ、人間の健康を左右するのは、内臓とか神経とかよりも、精神ですよ。

 創作家というのは、その創作活動を好きでい続ける限り、ずっと「創作したい」という意欲にかられるわけですよね。
 つまり「生きるモチベーション」があるわけです。
 すると、動機がある以上、生きなきゃいけないわけですから、脳はせっせと健康な身体を作ろうとします。
 この作用は、俺の経験からいうと、ヨーグルトを毎日食べるというような健康法を実践するより、ざっと3億倍は効果がありそうです。
 ところが生きる目的がなくなってしまった人は、もう健康体を維持する必要がないわけですから、脳がそれを放棄してしまうみたいなんですよね。

 だから、やっぱ、創作活動をするにしても何にしても、生きる目的を持ち続けることが、なまじ雑誌の健康法を実践するよりも、何よりの健康法なんでしょうね。

 こないだニュースでやってたんですが、人間は「健康法」をあまりに同時に行うと、逆に不健康になるんだそうです。
 ジョギングをする、酒を絶つ、その他もろもろ、まあ、そういうことをです。

 で、これなんでかってーと、健康的であろうと無理することで、逆にストレスになるらしいんですね。

 これとまったく同じことがあったのが、うちのばあちゃんです。
 もともとパーキンソン病で闘病してたんですが、うちのじいちゃんの看病をする必要性が生じた途端、少し元気になっちゃいました(笑)
 や...続きを読む

Q自分は冷たい人間なのでしょうか、それとも元彼が酷いのでしょうか?元彼とは7歳差で、20歳の時に付き合

自分は冷たい人間なのでしょうか、それとも元彼が酷いのでしょうか?元彼とは7歳差で、20歳の時に付き合い、付き合ってた期間は2年間、その後母と3人で友達のように遊んだ期間が5年間あります。元彼は私より母との方が仲が良く、3人でどっぷり遊んでた期間、母は今まで見たことないくらい楽しそうでした。
私から見ても明らかに元彼と母はフィーリングがあっていて、後から聞いた話ですが、母は元彼を親友のように思っていたと言っていました。
ちなみに、元彼と母は男女の関係ではありません。

元彼は人の心の懐に入り込むのが上手く、私の母以外にも、仕事の直属の上司(年の離れた男性1人。私も顔見知りです)とどっぷりな仲良くなり可愛がってもらっていました。
元彼は年上の自分を世話してくれたり、尽くしてくれる人を作るのが上手かったです。
母やその上司からみると元彼は「本当にいい子」でしたが、一方、私から見ると元彼は冷たい人のように思えました。友達もいなく、母や上司と仲良くなるのも助けてもらって甘えてるように見えました。自分のためになる人には良い顔し、自分にメリットのない人間関係は切り捨てたり非難したりするところがすごく嫌でした。私に対しても、元彼のイメージ通りの私にしようとしたり、元彼が見たいところしかみてもらえませんでした。

私と付き合ってた時、母と3人で遊んでた時、彼はしがない派遣社員でした。
しかし、彼は転職を機に出世して、港区に住み、外車を乗り回すようになりました。
その頃から役職にもつき、部下を持つようになり、付き合いが増えて女性からもモテるようになりました。
元彼は学ぶものがあったり、自分に尽くしてくれる女性が好きで、自分に興味を持って尽くしてくれる女性の中から尽くすクオリティを見て時間を過ごす相手を決めるようになりました。

そして、あれだけ私の母に時間を使わせて尽くさせといて、出世していろんな女性から相手にされるようになったあと、そのクオリティを比べて母や私を非難したあげく、共通の友達に悪口を吹き込み孤立させようとしたのです。
幸い、共通の友達は大人な対応をしてくれる人が何人かいて、元彼の悪口に流されず母に暖かい言葉をかける人もいましたが、元彼は最後、とても思いやりのない形で母に喧嘩をしかけ、母をムキにさせ、他の人から見て元彼に正当性があるような形を作り、一方的に喧嘩別れをしました。
今思うと、世界が広がり、ずっと昔から一緒にいる私たちがちっぽけで、過ごす時間が無駄な時間だと思い、切りたいと思っていたのかもしれません。それでも、共通の友達がいるため自分が悪者になるような形にしないように時間をかけて酷い言葉で追い詰め、私や母が悪い形になるのを待っていたように思えます。

私はずっと元彼の人間性に不信感を抱いており、出世して態度がひどくなった後は余計、早く離れたいと思っていました。
母にとってもそのほうが良いと思っていました。

自分の価値観の話になりますが、私は付き合う相手とは正直で誠実な人間関係であるべきだと思っていました。その価値観の背景には中高一貫の女子校に通っていた男女の恋愛を知る前の頃、友達と深い信頼関係を築いた経験がありました。
深い信頼関係で結ばれる関係の男性と出会ったとき、結婚するのだと思っていました。
だから、打算的で自分のメリットを最優先する元彼との関係は、一生ものの関係ではないし離れた方が良いと思っていました。

しかし、元彼と別れたあとの母の悲しみ、落胆を見た時、そういう固定概念に縛られて、長年築いてきた関係を壊してしまった罪悪感に見舞われました。

私は、元彼を批判的な目で見ているばかりで優しい言葉をかけたり思いやりのある行動ができていなかったかもしれない。母が楽しそうにしていたのに、離れた方が良いと決めつけていたのかもしれない。
非情なことをしてくるところばかりに傷ついてそこにしか目を向けれず、その関係が良くなるように努力しなかったかもしれない。

正直昔から友達には恵まれていたので、男性の中でもそういう人は当然見つかると思っていました。しかし、元彼と別れたところで、自分の求めている「深い信頼関係」が男性というカテゴリの中で誰とも築けない自分を省みて、長く時間を費やした元彼とずっと一緒にいる考えを持てなかった冷たかったんじゃないかと後悔しています。

過去は変えられませんが、婚活中の今、これからも「正直で誠実な深い人間関係」を求めるのか、「結婚できる」を優先するのか、それとも器が小さく冷たい自分から変わる努力をするのか。
目標が見えず、どう進んだら良いのかわからずアドバイスが欲しいです。
私が悪かった、冷たかったと思う反省する気持ちもありながら、いやでも元彼は悪いそれを拒絶した自分は正しいと思う自分もいて、客観的に見て私が冷たい人間なのか、元彼がひどい人間なのか意見が欲しいです。

自分は冷たい人間なのでしょうか、それとも元彼が酷いのでしょうか?元彼とは7歳差で、20歳の時に付き合い、付き合ってた期間は2年間、その後母と3人で友達のように遊んだ期間が5年間あります。元彼は私より母との方が仲が良く、3人でどっぷり遊んでた期間、母は今まで見たことないくらい楽しそうでした。
私から見ても明らかに元彼と母はフィーリングがあっていて、後から聞いた話ですが、母は元彼を親友のように思っていたと言っていました。
ちなみに、元彼と母は男女の関係ではありません。

元彼は人の心の懐...続きを読む

Aベストアンサー

元が長文なので、ちょっと長めのコメントです。

1)元彼との別れ方には、まあありがちなパターンの一つだなと感じました。
お母さんは辛い経験をしたことになるし、ちょっとは親娘が妙な評価を受けることになってしまったのかもしれません。 しかし、通常、一人の人生でも、順調なとき、孤立気味のとき、楽しい人間関係を過ごせるときが交互?にはあるもので、それをいつまでも深く思い患ったり、懐かしむばかりなのは、ちょっとどうかなと思います。 今の生活、これからやりたいこと、楽しみたいことに気を向けるように自分なりに努力することも大事だと思います。

2)昔から友達に恵まれていたから、ある時期(それなりに歳は離れていても結構素敵なカレ)にも恵まれたのでしょう。 わるい経験と考えず、素敵な経験・巡り会いもしたんだとも考えていましょう。
スポーツや勉学、その他の趣味や旅行でも、その打ち込んでいる時期の楽しさ、充実している感覚を素敵なことと考えるようにするのも大事なことと思います。 結果として大怪我したり、大敗したり、腕も知力も上がらず期待の成績を上げられず、自分の能力などのなさを思い知ったということがあったにしても、やっていた途中・最中の喜びこそが大切です。 これからも、何をするにしても、結果ではなく、過程で充実感を味わえたこと、過程で喜びやチャレンジしている昂揚感をこそ大切にするのが肝心です。 どのみち、あと50年、70年後には若いときとは違って、体もあちこち具合の悪いところがでてきて、頭は回転が鈍り、記憶力も衰え、金銭的にも生活に困り、クスリに頼り、疲れやすくなるんです。 後がどうなるかではなくて、やっている最中に楽しく、明日や来週などの少し先に何かの期待があって充実した時間を持てればそれで十分でしょう。 心配したり、苦労したり、悩んだりでも、そのことをやっている最中に気が集中できていれば、それはとても素敵な時間であり、「生(せい)」の充実でしょう。

3)私は、「正直で誠実な人間関係であるべきだ」「深い信頼関係で結ばれる関係の異性と出会ったとき結婚する」ことも"悪くはない"けれど、それを重視しすぎるのは"マズイ"と思っています。 現在20台、30台の女性で、中高一貫の女子校に通っていたという履歴があると、「正直で誠実な人間関係であるべきだ」「深い信頼関係で結ばれる関係の異性と出会ったとき結婚する」と思い込んでいる人が多くなるのはわかります。 しかし、江戸時代、明治、大正のような時代であれば、恵まれている社会階層の女性は、そんな価値感は持ってなかったでしょう。 信頼関係は関係者が協力して努力して造り上げていくもの、夫婦は結婚してから良い関係を造り上げていくものと思っていたと思います。
男性であれば、昔も今も、社会に出て、その中で努力して人間関係、信頼関係を作り、広げ、強固にするしていくものと、思っていて、『"深い信頼関係で結ばれる関係"が最初からあったり、そういう深い信頼関係があるから人間関係を緊密にできる』という考え方はしないでしょう。 親子、親娘でも、親友でも、師弟でも、最初から緊密で深く信頼し合っている関係などないと思います。 自分たちの努力と行動がたまたまそうした信頼感を育て上げるのだと思います。 

4)>婚活中の今、これからも「正直で誠実な深い人間関係」を求めるのか、「結婚できる」を優先するのか、それとも器が小さく冷たい自分から変わる努力をするのか。目標が見えず、どう進んだら良いのかわからずアドバイスが欲しいです。
目標とか価値感を変える努力が可能ならば、変える努力をした方がイイと、私は思います。
出来れば結婚はした方がいいだろうと思います。 相手に不満があるかを細かく問題にしないことも大事です。 たぶん、あなたにも、問題行動や癖、発言の仕方、口調、知識の欠落、マナーやセンスが十分でないことが多くあるのだと思います。 誰だって似たようなものです。 そうした違いがあれば、人間が日常を共にする時間が多くなれば、行き違いや不快感も不信感も起きます。 それを乗り越えないと、信頼感は高められません。 親愛の情や大切に思う気持ちも、自分の日常の心がけであり、行動の結果高まるものです。 サッカーやバスケでシュートやパスが上手くできるのも、毎日仲間とプレーし自分が努力している結果です。 そうした積み重ねで、信頼感ができてきます。 
結婚し、夫を支え、夫を理解し、自分も努力し、子育てや家事、あるいは仕事にもできる限りで精を尽くすという繰り返しをすることなしには、信頼と安住と気持ちの良い家庭は出来ないと思います。

元が長文なので、ちょっと長めのコメントです。

1)元彼との別れ方には、まあありがちなパターンの一つだなと感じました。
お母さんは辛い経験をしたことになるし、ちょっとは親娘が妙な評価を受けることになってしまったのかもしれません。 しかし、通常、一人の人生でも、順調なとき、孤立気味のとき、楽しい人間関係を過ごせるときが交互?にはあるもので、それをいつまでも深く思い患ったり、懐かしむばかりなのは、ちょっとどうかなと思います。 今の生活、これからやりたいこと、楽しみたいことに気を向...続きを読む

Qよく噛む方法

よく噛むことは健康にもダイエットにもいいとされていますが、どうしても実践できません。
「よく噛むぞ!」意識していても、5回くらい噛むと食物が勝手に喉のほうに流れていってしまいます。
どのようにすれば20~30回噛むことができるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
まずは噛みごたえのある食べ物から練習しましょう。
あと、口いっぱいに頬張ると噛みづらいので少量にして下さい。
食べ物を口の中に入れたら舌で喉を塞ぎ、右奥歯で5回噛み、舌先を使って食べ物を移動させて左奥歯で5回噛む。それを繰り返して下さい。
舌の奥に食べ物を乗せなければ反射的に飲み込まずに済みます。

Q21歳の子供が突然、仕事に行かなくなりました

21歳の長男のことで心配しています。      長男は会社員ですが、月曜日の朝、起きていたのですが、泣いていました・・・。           理由を聞いても答えませんでしたが、私は、仕事で失敗でもしたのかと思い、「間違った時には嫌でも謝ったほうがいいよ・・・失敗しない人なんかいないんだから・・・叱るのも叱られるのも仕事のうちだから・・」って言ったんです。 
すると長男は、30分遅れて出かけたので遅れるという連絡を会社にするように長男に言いましたが、返事をしませんでした・・・。            夕方、会社から電話が来て「今日は会社に来ませんでしたがどうしましたか?」という連絡が来ました。 その時は本人も帰っておらず家族で心配していました。そして夜中に帰ってきました。        やはり聞いても何も答えず、そのまま寝ることにしました。                     そして今日もまた朝出かけたのですが会社には行ってなかったのです・・・              こんな時どのように接したら良いのか分からず困っています。 食事も食べていません。        良いアドバイスや意見を聞きたいです。      よろしくお願いします

21歳の長男のことで心配しています。      長男は会社員ですが、月曜日の朝、起きていたのですが、泣いていました・・・。           理由を聞いても答えませんでしたが、私は、仕事で失敗でもしたのかと思い、「間違った時には嫌でも謝ったほうがいいよ・・・失敗しない人なんかいないんだから・・・叱るのも叱られるのも仕事のうちだから・・」って言ったんです。 
すると長男は、30分遅れて出かけたので遅れるという連絡を会社にするように長男に言いましたが、返事をしませんでした・...続きを読む

Aベストアンサー

どちらにしても、「泣いていた」というのは、やはり
息子さんにとっては辛いことがあったに違いないでしょう。
恐らく非常に気の優しい方なんでしょうね。

詳しい事情がわからないので何とも言えませんが、
遠回りのようでも、彼を自分の子供としてではなく、
独立した人格を持つ1人前の大人として認める事がまず必要かと思います。

具体的にどういうことかというと、
庇護してあげようとか、教え諭さなければならない、いった、
彼への義務感を放棄する勇気を持つということです。

泣いている一人の人間に対してどう対処するかだけを考える、ということです。

義務を負わない他人が泣いていたら、どうしますか?
見てみぬ振りをする場合もあるでしょうが、それでもいいでしょう。
しかし、側にいる人間として何か言葉を掛けるのであれば、
「何か辛い事があったんですね?無理にとはいいませんが、
差し支えなければ私に話してみませんか?
必ずお力になれるとは限りませんが、解決の糸口がつかめるかもしれないし、
話すことでとりあえず多少でも気を楽にすることはできるものですよ。」
というニュアンスになるように思います。

精神的に弱っている人間にとって、
心配してくれる人がいる、
わかってくれる人がいる、
話を聞いてくれる人がいる、
という事を確認できるのは大きな力になるものです。

返事を期待してはいけません。
その気持ちを伝えるという事が大事です。
しかし、あなたが主導権を握って問題を解決しようとしたり、
全て任せておけば安心との誤解を与えてしまうような対応をすれば、
彼は永遠に自立する機会を失うことになるでしょう。

どちらにしても、「泣いていた」というのは、やはり
息子さんにとっては辛いことがあったに違いないでしょう。
恐らく非常に気の優しい方なんでしょうね。

詳しい事情がわからないので何とも言えませんが、
遠回りのようでも、彼を自分の子供としてではなく、
独立した人格を持つ1人前の大人として認める事がまず必要かと思います。

具体的にどういうことかというと、
庇護してあげようとか、教え諭さなければならない、いった、
彼への義務感を放棄する勇気を持つということです。

泣いている一...続きを読む

Q「一枚噛む」って何を噛む?

何かに参加することを「一枚噛む」と言いますが、これって何を噛むことから来てるんでしょうか?
一枚二枚と数えるということは、薄い何かだとは思うんですけど・・・。
なぜそれを噛むことが仲間に入ることなのかが分かりません。

どういった理由で何を噛むんですか?

Aベストアンサー

歯車は1枚2枚といいますが、大きなメカニズムの中で動力を歯車で順次伝えていく途中の歯車一枚を言ったものではないでしょうか。前後の伝達歯車段の間に(軸を追加して)一枚噛ませることで全体の(なくてはならない)役割のひとつを果たすということです。理由はそれぞれでしょうが、要するに歯車がひとつくわわったことで最終の出力(回転数)が変わります。必ず一定の影響を及ぼすわけです。

Q爪を噛む

こちらに質問していいのか分からないのですが、どなたか教えてくださると嬉しいです。

爪を噛んだりいじったりするのは、何か精神的、心理的なことに影響しているのでしょうか。よく自傷行為、などということも聞きますがいまいちよく分かりません。
爪、というか指先を剥く癖が中学生くらいのときからかれこれ四年ほど続いています。爪の甘皮や爪のまわりの皮をつねに剥いたり噛んだりしているので赤く腫上がって多分見苦しいと思います。シャーペンの先でえぐったりもします。恐らく止めた方がいいとは分かってはいるんですが、病院に行くほどの化膿などもなく、どうも真剣にそういう気持ちになりません。

指先をいじる、というのは心理学的にいうことなのでしょうか。それともそういったこととは関係がないのでしょうか?ちなみに特に大きな問題や悩みを抱えているわけでもなく、どちらかといえば切り替えできる割り切った性格だと思います。

Aベストアンサー

 大人になってから爪を噛む癖が出てくるのは、ストレスの問題である可能性があります。
 ですが、中学生くらいまでに出始めたのであれば、精神的な問題ではなく、心理学とかは関係ない可能性も充分にあります。

 どういう原因なのかは質問文からでは推測しようもありませんが、やめたいのであれば、1ヶ月ほどガーゼで保護しつづけてみる、などの工夫をされるのがいいでしょう。

Qメントス、グミ   噛む?舐めとく?

只今、家族揃ってメントスを良く食べるんですが、
旦那は直ぐ噛んじゃうタイプ、私は舐めてるタイプ、と
同じ物を食べてても、食べ方って違うんですけど、
皆さんはどっちのタイプですか?

メントスだけじゃなく、グミとかも、噛むタイプと、舐めとくタイプに分かれると思うんですが、どちらが多いのか気になりました。

「メントス、グミ→噛む、舐めとく。 性別、年代」
をお答えください。
あと、「こんな物も、食べ方分かれる」ってものがあれば教えてください。

因みに、噛むって答えた人は、飴はどっちなのかも知りたいです。
旦那は飴も噛んじゃう人なので・・・。噛む人はなんでも噛むのかな?と気になります。

Aベストアンサー

こんにちわ。19歳の男です。
メントスに限らず柔らかい飴、キャラメルのようなものは噛むタイプですね。
飴は噛まないんですけどね^^;

Q子供が自分自身の腕を噛む(自傷)

現在、7歳と5歳の子供が2人います。
ある日小1の子供が学校から帰ってくると、腕に噛んだ痕がありました。
子供に自分で噛んだのと聞いたら噛んだと言い、
なぜ噛んだと聞いても返答がありません。

我が家は下の子供が言い出したら聞かないので
何事においても上の子が我慢をしています。

この自傷行為は、何か子供からのサインだと思うの
ですが、どうしたらよいのか悩んでいます。

このような経験をお持ちの方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

はーい。経験持ちです。
ちなみに現在進行形かもしれないとゆー。

腕を噛んだことはありませんが、爪を立てることはあります。気がついたら血で真赤だったり、気がついたら爪あとがそれはそれはキレイに……;

小学校の時は、何故自分がそういうことをするのかも分かりませんでした。
だって気がついたらそうしていただけですから。
気持ち良いって言うか、落ち着くって言うか。傷つけないとどうしようもない。
先に傷つけておかないと誰かの悪口とかで傷つけられるんだっていう、プレッシャーっていうか。

学校で嫌なことでもあったのかなぁ。
辛いこととか、キツイこと言われたりとか。
僕はそういうのにすっごく弱くて、思い出すだけでも死にそうなんですよ。で、そういうのに我慢したり、耐えたり、そういうとき気がついたら腕に爪立ててます。

もし、学校でも辛くて、しかも家でも我慢している、ってなると、お子さん、どこにも救い場所ないですよね。
だって心休まる場所ってのがないんですから。
僕はまだ、家だけでも落ち着けたから、なんとかいるけど。

でも、話とか、しているんですし。
どうなんだろう。その話しの腰も下のお子さんに邪魔されている、ということはありませんか?
話したいだけ話せるようになっていますか?
何事においても、我慢というのは、はっきりいって変ですよ。ある程度の我慢は考えられますけど。
あ、でも、下の子供がいない時に「我慢させてゴメンね」とか、一言あると良いですよね。こっそり親と二人だけでご飯とかおやつを食べたりとか(あくまで例外的行為ですよ。習慣化すると何の意味もないです)
僕は、お母さんがトイレに小さい手帳を吊るして、一緒にボールペンもいれておいたんです。で、話したいことがあったら、此処に書く。たまにおやつは冷蔵庫ーみたいなメモみたいなのも書いてあったりとかw
ちょっと早いかな?


もう一つ気になるのは、それが本当に自傷行為か。本当にお子さんが自分で噛んだのか。
そこがどうしても気になります。学校で噛まれた、ということはありませんか?
複数箇所に同じ向きから噛んだあとがあるなら、それはおそらく自傷かと。
けれど、複数でもまったくてんでばらばらな方向から、しかも噛みの強さや、お子さんの歯形とあわない場合は、誰かに噛まれているのでは、とも思ってしまいます。


噛むのがキモチイイだけなら、お煎餅とかオヤツにしてみたりとか。ほっておくと一袋ぺろり、なんて。
八時に寝るなんて、普通ですよ、普通っ!
僕なんて、幼い頃の習慣が未だに続いてるんですよ。お蔭で高校生になっても朝方勉強でいろいろ便利です。
たまに崩れたりしますけどね。

はーい。経験持ちです。
ちなみに現在進行形かもしれないとゆー。

腕を噛んだことはありませんが、爪を立てることはあります。気がついたら血で真赤だったり、気がついたら爪あとがそれはそれはキレイに……;

小学校の時は、何故自分がそういうことをするのかも分かりませんでした。
だって気がついたらそうしていただけですから。
気持ち良いって言うか、落ち着くって言うか。傷つけないとどうしようもない。
先に傷つけておかないと誰かの悪口とかで傷つけられるんだっていう、プレッシャーっていうか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報