新築一戸建てを検討中です。(延べ床60坪)
建て方を高断熱高気密を売りにした2×系を選択して
(三井・三菱・セルコホーム)3社で見積もりを取りました。

家の大きさ・間取り・お風呂やキッチン玄関ドアなどほぼオプションを入れているため
具材の費用は比較したのですが大きく差が出る感じでもなく。
設計費用や諸費用なども さほど差がないのに 
最後にあがってくる見積もり額は 三井 ≒ 三菱 > セルコの順に
1千万越えての差が生じています。ビックリ。
なにが違うのか 確認するも ここまで大きな違いが生じる原因が分からずいます。

セルコが家の延べ床面積5坪ほど大きいし 具材も一番コストはかかってる感じで
例:外壁はタイル カタログ価格 セルコ 12500円/m2>三菱 5100/m2
一個一個のオプションのお値段を比較すると セルコが高価なものを使っているのに。何故。 

大きな違いは全館空調(エアロテック)か個別空調(エアコン7台)か位で
その差額は50万ほど。

見積もりをみるかぎり家そのもののコストの差なのかな?

単純に考えたら 家自体の工法コストは 壁が厚い分 2×6>2×4なのかなと。 
見積もり額は セルコ(2×6)<三菱(2×4) と なってしまっています。

構造について 色々聞いたのですが 
自社のいい点ばかりの説明と 他社の悪点を少々いれてきたりの話で
あまり参考にはならず…
 
セルコでは ザ・ホーム→スーパーEと言う一ランク上のものがあるという話になり
それで 見積もってもらっても 坪単価三万ほど高くなる程度と。
性能をさらにあげても 安いセルコ。

断熱材について聞いても セルコ(高性能グラスウール) ≒ 三菱(ロックウール)。
コスト的には 同じくらい?やや セルコの方が安いのではないかと思うが
仕入れ値は分からないので 性能的には セルコのほうが 数値的には上って感じでした。

屋根材や壁材はなにを使っているのかは分かるのですが
どっちがいいものなのか コストなどは わからず・・・

家の大事な部分 基礎の違いなのかなと
調べたら ベタ基礎 布基礎とあるようですが 

現時点で 見積もりや 間取りをみても なに基礎なのかみつからず
わからないので 基礎の違いで これほど額に差が生じるのでしょうか?

建て物本体代として書かれているので 具材一個一個のコストや性能の詳細が分からないし
家全体で見た時の 性能が大事だと思うしで 比較するのも難しく。
 
数値的には 高機能で ローコストなのは嬉しいのですが 
安いには 安いなりの理由があるのではないかと思い 考えを巡らせても
輸入住宅だから メジャーなHMじゃないから 等くらいしか 見つからず

それくらいで こんな大きな差が生じるのか 他になにかあるのではと
あまりに差が生じたため 分からないところで なにか省かれているのではないかと不安に。
答えを見つけられずに困ってしまいました。

高いには高いなりの理由を見つけたい。
というのも セルコの担当さんが何となく頼りなくて・・・
だけど やはりこの金額の差は 大きすぎて。。。
三菱とセルコ どっちで建てるべきか 迷い 質問させていただきました。

参考になるご回答いただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問の回答とは違うかもしれませんが、ツーバイフォー工法という条件なら「住友不動産」も検討されてはどうでしょうか。

私がこの春に新築したので言うんですけどもね。

三井、三菱と直接見積もりして比較した訳ではありませんが、私の勉強した範囲では両社よりも低い数字になるはずです。住友不動産ではあまり注文住宅事業の大々的な宣伝をしていませんので、そういった経費がかかっていないこともあると思います。ネームバリュー、また安心という意味では当然、問題がないものと思います。

ただ全国展開はしていませんので、ご自宅の場所によっては難しいという事もあると思いますが。

参考URL:http://www.j-urban.jp/

この回答への補足

アドバイス ありがとうございます。感謝。

実は初め 住友不動産と 三井で検討していました。
が 何度か打ち合わせしていくうちに めんどくさがられたのでしょうか…
外観が気にいらないので 他にないですかぁーとか 飾り暖炉を見せ場で
入れてくれてたのですが これは好みじゃないので他のないですかとと
提案をことごとく 却下したのが良くなかったのでしょうかぁ・・・
何度かは 再度案が出来上がったのでと連絡をいただいていたのですが
そのうち 住友不動産さんからの 連絡が途絶えてしまいました。
たしか 話の中では 三井で出来上がった 案を そのまま取り入れても向こうより安く仕上げる事が出来ますので 的なお話はされていたのですが・・・
だからといって そんな事も出来ず そのまま 三井のみで検討していたのですが 三井は高いよ 高いよと周りから言われ 同じような2×4系の住宅メーカーをピックUPして比較しようと出てきたのが 三菱とセルコでした。三菱で全館空調のお話を伺い 三菱の全館空調の機械のほうがいいとおもって 三井は消えてしまいました。

補足日時:2011/08/21 18:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

間違えて 捕足にお礼 書いてしまいました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/08/21 19:47

HMの見積もりなんて同じ仕様でだせるわけでなし、見積もりのまとめかたも違うので単純に金額で比較してもあまり意味がないと思いますよ。


自分が望む仕様がすべて織り込まれているなら、あとは信頼感というのをどう考えるかということでしょう。
完全な比較をするなら、設計を設計事務所に頼んで設計書をもとに相見積もりというやりかたと思います。

あとはHMの場合はメーカーの信頼感、メーカーの中心として持つ技術とあなたのやりたいこととの相性、ということではないでしょうか。

そこで実際に建てた家をいくつか見せてもらって、自分のイメージに合うかというのを判断してみてもいいと思います。
構造を重視するところ、デザインを重視するところ、設備を重視するところ、いろいろ考え方があると思いますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス ありがとうございます。

2社の設計図を 他社の設計事務所に比較させるということでしょうか?
コストを掛けて調べれは 実際の違いは明らかになるのでしょうが 
そこまではできないです。
そこにかけるコストを考えたら 家に使いたいしと思う処で。

実際に建てた家は 見に行きましょうとお誘いはされるのですが
なんとなくお邪魔しずらいので 場所だけ聞いて自分で行くって事も
場所だけ教えるみたいな事は しずらいのか あの辺とだけしか
教えてくれないので モデルハウスを遠くても 見に行ってる次第です。

取り入れたいのが
床は ペット仕様のタイル 玄関は大理石
織り上げ天井やドアや窓枠はすべて大きさを変えてる
外観は全面タイルを考えているので
あまり一般のお家で使われてるところがないみたいです。

構造 デザイン 設備
すべて 重視して欲しいと基本考えています。
コストが上がっても それの方が綺麗 それの方が構造上丈夫
機能性がいいなど 納得できればコストのUPは了承できます。

なので 現時点で 好みのものを全部入れて コレで建てたいと
言うところまで来てる時点で 金額の差が大きすぎてビックリしてる次第で。
信頼性は三菱が圧倒的に上ですが 信頼性だけの差で一千万は 
動ける差ではなかったので・・・
何か 他に ないのかと ここに相談させて頂いた次第です。

お礼日時:2011/08/21 19:12

>>安いには 安いなりの理由があるのではないかと思い 考えを巡らせても


輸入住宅だから メジャーなHMじゃないから 等くらいしか 見つからず

質問者さんが考えられたとおりの理由が大きいのではないでしょうか?
メジャーなHMは、モデルルームとか営業マン経費や広告宣伝費など、多額の経費がかかっていると思いますから、それが見積に含まれてきます。もちろん、なにかトラブルが出たときも「メジャーなHMだから、下手な対応はしないだろう」という安心料的な部分もあると思います。
私も一戸建てを新築しましたが、見積は、HMと工務店をとりました。HMのほうは耐震性実験もしっかりやっているということで、そのHMで建てたという方のお宅を見学したときは、「うちは親戚が工務店だけど、耐震性となると自信がないというので、このHMさんにお願いしました。」と言われていましたから、そういう面での安心料もあるでしょう。

ただし、HMと工務店では、約30坪の敷地で、建物のみで1千万近い見積の差がでていました。当然ながらHMのほうが外壁などスペックでは良いものなので、見積差があって当然だとは思いましたが。

私の場合は、工務店の担当者は、私たちと同じ幸福の科学の信者さんであって、信頼できて、安心料的なものは不要と思えたのと、HMの営業さんが、こっちが大きな問題と思うことにきちんと回答せず不信に思えてきて工務店で建てました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス ありがとうございます

信頼性は重要ですよね。そういう意見が多かったのは見てきたので
信頼度は 三菱のほうが 名前的にも 設計士さん的のもいいのです。
が 信頼性を見きる力は 私にはあまりないかもしれないというのもあります。
良さそうな人だなーと信用しても 終わってしまったらほったらかし
する前に聞いてなかったトラブルが起こってそれはよくあることですからと
ならなぜ する前にその説明しないんだろうという経験があり・・・
人のよさそうな信用できそうな人ほど 何か隠してるのではないのと
不信感で見てしまいがちな ひねくれ者かもしれません。。。
セルコの設計士さんは ほぼなんでも はいはいと入れてくださって 
そうしない方がいいような気もするけど と軽い否定をするときはあれど
理由をはっきり伝えて下さらないので 納得できずで・・・
三菱の設計士さんはこうしたいと言ってもこれは
こういう理由で しない方がいいと思いますけどと教えてくださって 
納得もでき信用度はすごくUPしていってます。
が 1000万の重みは大きい。
信頼性と1000万 天秤にかけると ゆらゆらしてます、
しっかり 検討していきたいと思います。

お礼日時:2011/08/21 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材付金属サイディングの性能とコストについて

重量鉄骨造で2階建店舗新築(総床面積1,000m2未満)を計画中です。
このカテで何度かアドバイスをいただき大変参考になっております。

施工業者の提案で、外壁材はガルバリウム鋼板を予定してます。
断熱材はグラスウール(100mm厚・10k)を使うとの事です。

実は予算の関係で完全な結露対策を行わない可能性がわかりました。
それはグラスウールの固定方法として
「鉄骨胴縁100mmに挟み込んで外壁と内壁でおさえるだけ」
さらに「通気工法は(コストアップになり)行わず、透湿防水シートも使わない」という事から結露対策を行わないと判断しました。

従いまして、長期的にみて結露によるグラスウールの落下及びへたりにより断熱効果が失われる心配をしております。

これと同等の断熱性能をもった外壁材はないかとネット検索しておりましたら、原板にガルバリウム鋼板を採用した金属サイディングで、耐熱材をサンドイッチした商品がアイジー工業やYKK等から発売されてる事を知りました。カタログも一部取り寄せたところです。

わずか15mm厚みでグラスウールに匹敵する位の熱伝導率0.032W/mkは信じられないのですが、本当に断熱性能は良いのでしょうか?

これなら、結露によるグラスウールの性能劣化の心配もなさそうですし、私などの素人からみても施工が簡単に思えます。

下記2つでは材料費と施工費を含めてどちらが安いでしょうか?
また、およその値段の差を教えて下さい。

(1)ガルバリウム鋼板+グラスウール厚み100mm,密度10k
 (結露対策はしない)

(2)耐熱材をサンドイッチした金属サイディング
 (例)アイジー工業のガルバ銘壁IIスタッコ 2,700円/m2
http://www.igkogyo.co.jp/syohin/sdd/sdup/sdtop.htm

※下記理由により外壁の防火対策は不要です。

法22条地域かつ重量鉄骨なので23条の石膏ボード(耐火材)すら必要のない地域の為。

重量鉄骨造で2階建店舗新築(総床面積1,000m2未満)を計画中です。
このカテで何度かアドバイスをいただき大変参考になっております。

施工業者の提案で、外壁材はガルバリウム鋼板を予定してます。
断熱材はグラスウール(100mm厚・10k)を使うとの事です。

実は予算の関係で完全な結露対策を行わない可能性がわかりました。
それはグラスウールの固定方法として
「鉄骨胴縁100mmに挟み込んで外壁と内壁でおさえるだけ」
さらに「通気工法は(コストアップになり)行わず、透湿防水シートも使わない」と...続きを読む

Aベストアンサー

どうせテープで仮固定するなら、下のような感じ(分かり難くてすみません)で胴縁に耳を仮固定した後で室内側のPB(石膏ボード)で挟めば防湿層がきちんと施工できます。
ただし、胴縁内が断熱欠損になってしまうため断熱材の切れ端等(発泡吹付ウレタンならこの部分も全て一緒に施工できます)を詰めないといけないのと、Cチャン胴縁が熱橋となって熱を逃がしてしまうので、CチャンとPBおの間に木胴縁を入れたいところです。
(簡易的には厚手のブチルテープを貼った上にPBを貼るって手もありますが、効果は小さいです)

                 ┃>┃
                 ┃<┃
                 ┃>┃
                 ┃<┃
┏━━━━━━━━━┓ ┃>┃
┃             ┃┃┃<┃
┃     Cチャン   ┃┃┃P┃
┃             ┃┃┃B┃
┃             ┃┃┃>┃
┗━           ━┛┃┃<┃
     ┏━━━━━━━┫┃>┃
     ┃///////┃┃<┃
     ┃///////┃┃>┃
     ┃///////┃┃<┃
     ┃ グラスウール/┃┃>┃
     ┃///////┃┃<┃
     ┃///////┃┃>┃
     ┃///////┃┃<┃

どうせテープで仮固定するなら、下のような感じ(分かり難くてすみません)で胴縁に耳を仮固定した後で室内側のPB(石膏ボード)で挟めば防湿層がきちんと施工できます。
ただし、胴縁内が断熱欠損になってしまうため断熱材の切れ端等(発泡吹付ウレタンならこの部分も全て一緒に施工できます)を詰めないといけないのと、Cチャン胴縁が熱橋となって熱を逃がしてしまうので、CチャンとPBおの間に木胴縁を入れたいところです。
(簡易的には厚手のブチルテープを貼った上にPBを貼るって手もありますが、...続きを読む

Q低コストで耐久性のある屋根材と外壁材は?

年内に家を建てる計画があります。
現在のところ工務店に勧められた屋根材はガルバニウム、外壁は無地のサイディングにしようかと考えていますが、耐久性(年数)はどのくらいなものなのでしょうか?
あと、ガルバニウムやサイディングのメリット・デメリットも教えていただければありがたいです(^^ゞ
また、ガルバニウムやサイディング以外に長期間メンテナンス不要で安い部材があれば教えていただきたいのですが、専門家の方、そういった住宅にお住まいの方、アドバイスよろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

去年に新築したものです。外壁関係の仕事の経験があるものです。

まず、サイディングの耐久性についてですが、メーカーの公表値は10年と言われています。が実際には施工される環境によって違いがでます。北側の一日中日光に当たらない場所で湿気が高い場合は3/2程性能は減退します。一般にサイディングは水分に弱いものです。セメントとパルプが主原料のためです。
一方、ガルバニウムはアルミが主原料の為水分には強いです。
共に、外壁の表面に塗装している塗装は紫外線や排気ガスで劣化していくため少しずつ薄くなっていきます。

安い部材の外壁材はサイディングとガルバニウムしかないと思います。タイル、レンガ、石材は高価ですし・・・。

長期間のメンテナンス性能が高いのは、タイル>ガルバニウム>サイディングとなります。
理由は、コーキングにあります。コーキングとは、窓枠と外壁との隙間にゴム系の樹脂で隙間を埋めます。外壁内部に雨等の水分の侵入を防ぐのが役目です。しかしコーキングの寿命は以外に(メーカー公表値にくらべ)短いものです。ということは、自分で行はなければなりません。その度に足場も必要になるわけです。
その点、ガルバニウムはコーキングの必要部分が明らかに少ないのがメリットです。自己のDIYの負担を軽減してくれます。

しかし、ガルバニウムにも欠点はあります。屋根材に使用した場合、ようは鉄板ですから屋根が焼けてしまいます。二階の部屋はすぐに暑い空間となってしまうと思います。
もうひとつ挙げると、あまり見た目に高級感がなく思います。

いろいろな選択がありますが、メリット・デメリットを理解したうえで納得のいく家作りをしてください。

去年に新築したものです。外壁関係の仕事の経験があるものです。

まず、サイディングの耐久性についてですが、メーカーの公表値は10年と言われています。が実際には施工される環境によって違いがでます。北側の一日中日光に当たらない場所で湿気が高い場合は3/2程性能は減退します。一般にサイディングは水分に弱いものです。セメントとパルプが主原料のためです。
一方、ガルバニウムはアルミが主原料の為水分には強いです。
共に、外壁の表面に塗装している塗装は紫外線や排気ガスで劣化していくため少...続きを読む

Q建て替えの見積もりを依頼したところ、延べ床面積があまりにも違い困っています。

知人が自宅を建て替える為、建築業者に見積もりを出しました。
築年数が不詳で、相当古い建物です。リノベーションは不可と大工さんから言われました。

建蔽率は60%、容積率は200%です。角地等はありません。
どちらの業者にも土地が狭いので1階部分は出来るだけ広くしてくださいとお伝えしております。

土地A 15㎡ 土地B 45㎡ 土地C 86㎡ という土地が横並びにあります。

土地ABの上に45㎡の古家が現状建っています。
土地Cの上に51.6㎡の木造住宅があります。今回土地C及び土地Cの建物はそのままにします。
土地A、土地Cは測量されています。土地Bは測量図がありません。
境界明示はされている様です。

土地AB、合計60㎡の上の古家を壊し、建替をするのですが

業者Aが出してきた間取図は敷地面積 77㎡、建築面積 44.6㎡、延床面積 90㎡と書かれていました。

業者Bが出してきた間取図は敷地面積 60㎡(登記と同じ)建築面積 36㎡、延床面積 70㎡と書かれていました。

業者Bは見積依頼時、2人で全面道路や境界部分を確認し、メジャーで測ってました。
全面道路は4m以上あり、セットバックなどは必要ありません。

どちらの業者も土地Bを測量しないと正確には分からないと言っていましたが、あまりに違いすぎます。
同じ土地なのに何故こんなに違うのでしょうか?

知人が自宅を建て替える為、建築業者に見積もりを出しました。
築年数が不詳で、相当古い建物です。リノベーションは不可と大工さんから言われました。

建蔽率は60%、容積率は200%です。角地等はありません。
どちらの業者にも土地が狭いので1階部分は出来るだけ広くしてくださいとお伝えしております。

土地A 15㎡ 土地B 45㎡ 土地C 86㎡ という土地が横並びにあります。

土地ABの上に45㎡の古家が現状建っています。
土地Cの上に51.6㎡の木造住宅があります。今回土地C及び土地Cの建...続きを読む

Aベストアンサー

NO1さんへの補足についてですが
基準法上のやり方としてこの面積取りは?です、三敷地全てを合算し一敷地として
C建物への増築扱いとする方法はありますがそうすると敷地面積は146㎡です。

貴方の『知人』さんに言ってください。
はっきり言って敷地の実面積を知るのは地主にとっても有効な事です。
登記簿面積が狂っていれば登記の修正もあり得ます。
ですので先に測量を済ませるのも一手です。
建設会社に設計施工と測量までさせようとしないほうが良いと思います。
敷地の正確な形状、面積、高低差、道路付け、インフラ更に周囲状況まで知るのは設計の第一歩です。
ウチではこの情報が無い場合は設計とは別に測量を要求します。

先に土地情報があればこのような問題も発生しないと思いますがどうでしょう。

Q【建設用語】「造営材」と「構造材」の違いを教えてください。 造営材に天井材は含まれますか? お

【建設用語】「造営材」と「構造材」の違いを教えてください。

造営材に天井材は含まれますか?


おまけ

雑学

建築用語というのは存在せず建設用語というのが正しい。

Aベストアンサー

建築用語が正解。
建設用語は土木。
造営材と構造材は同じもの。
神社を造営するにあたり、材木となる木を神木板にする。
構造材。
建物を構築する為の骨組みになる部材。
木材=(在来軸組み立て工法)2x4工法。
鋼材=(鉄骨造)(コンクリート構造)レンガ・コンクリートブロック。
石=(組構造)
木造の部材=柱・梁・桁・筋かい・台。

Q3坪の差

よろしくお願いいたします。

37坪と40坪の家、大きさは見た目でずいぶん変わりますか?

単純に6畳違うわけですが、使い勝手や仕様、外観などの見た目で変わりますか?

2つ見積をとっていただいております。

Aベストアンサー

40坪と37坪では面積は8%違う訳ですが、目で見て感じるのは「長さ」の比だと思います。
面積比の平方根を取ると4%程度の違いになります。

例えば、40坪が正方形の場合、1辺が約11.5mになります。
37坪の場合は約11mです。
50センチしか違わない程度の差です。

外から遠目に見た場合はこうなりますが、実際に住んだ場合、6畳間が1つ増えるとか、8畳間2つを10畳間と12畳間に出来るとか考えると、使い勝手はかなり違うと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報