個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

鉄アングルや足場短管を、頻繁に砥石系(直径300ミリ)の切断機で切断します。この他にチップソーを付けて切断する方法もあるようですが、優劣を教えて下さい。砥石系は砥石が粉塵になって舞い散る欠点があり、チップソーは刃の値段が高いのが欠点と理解しています。よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

砥石は安く、高速切断できるので、早く切れます。


ただ、熱が発生するので、生材以外(炭素鋼など)を切ると、焼きが入って、加工できなくなります。
チップソーは、焼きがはいらなくていいのですが、加工速度が遅くなります。また、断続切削すると、刃こぼれするので、異形の物を切る時は注意が必要ですね。
一般的には、鋼材をちくわ切りするのに適しています。
勿論、切りくずも出ますし、切削油(水)も必要です。
ただ、自動で、カットするには圧倒的に早いですね。
#1の方のバンドソーは大量生産向きではなく、鉄工所向きです。
勿論鋼材屋もバンドソーを持ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。違いが良く解りました。今の砥石で継続することにします。

お礼日時:2003/11/05 05:12

回答では無いのですが、私の業界ではバンドソーが金属切断では主流です。


切断する材質にもよりますが、アングルやH鋼、Cチャンの切断にはもってこいです。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/05 05:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング