アーミーナイフ(はさみやコルク抜きなどの多機能がついているやつ)を持ち歩いているだけで捕まるんですか?

A 回答 (3件)

銃刀法tぴう法律が有りますが、ここで取り締まっている「刀剣類」というのは


第1章第2条の「定義」定められています。

(1)刃渡十五センチメートル以上の刀、剣、やり及びなぎなた並びにあいくち
(2)四十五度以上に自動的に開刃する装置を有する飛出しナイフ
(刃渡り五・五センチメートル以下の飛出しナイフで、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装置を有せず、刃先が直線であつてみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上における切先から直線で一センチメートルの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に対して六十度以上の角度で交わるものを除く。)をいう。

と言うわけで、良く見かけるアーミーナイフは刃渡り15センチも大丈夫です。

ただし、乗り物や建物など、もう少し厳しい制限を別途設けていることが有りますが、心配されるような持っているだけで捕まるはありません。
    • good
    • 0

銃刀法上ではアーマーナイフは違反にはなりませんが、軽犯罪法第1条の2には「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他、人の生命を害し、または人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は拘留または科料に処する」とあり、刃物の寸法は示されていません。

正当な理由が無く携帯すれば「隠し持つ」ことになります。
釣りやキャンプで用いる場合には正当な理由になります。
この様にナイフ等もろもろについては1つの法律だけでなく、他の法律で規制がかかっていますので、携帯には注意が必要です。
この解説について、下記にリンクします。

参考URL:http://www.joho-kochi.or.jp/toyokuni/mente/jyu.htm
    • good
    • 0

銃刀法という


法律が有りますが、ここで取り締まっている「刀剣類」というのは
第1章第2条の「定義」定められています。

(1)刃渡十五センチメートル以上の刀、剣、やり及びなぎなた並びにあいくち
(2)四十五度以上に自動的に開刃する装置を有する飛出しナイフ
(刃渡り五・五センチメートル以下の飛出しナイフで、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装置を有せず、刃先が直線であつてみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上における切先から直線で一センチメートルの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に対して六十度以上の角度で交わるものを除く。)

と言うわけで、良く見かけるアーミーナイフは刃渡り15センチも大丈夫です。

ただし、乗り物や建物など、もう少し厳しい制限を別途設けていることが有りますが、心配されるような持っているだけで捕まるはありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4cmアーミーナイフの所持だけで指紋と写真

新宿駅エリアで白昼突然2名の警官に職質され、かばんにしまってあった日常的に文房具の範疇で使用している4cm弱のアーミーナイフを指摘され、軽犯罪違反とやらで警察署まで連行後、調書と指紋と写真を強引に撮られました。その後、係官は「あなたの見た感じから犯行を犯す様子を見受けないから不起訴になるかもしれません。これで終了です」と言われ、約2時間後に警察署をあとにしました。とても怖かったです。まだ結果が知らされておりません。とても不安です。今年の年末にインドネシアに旅行予定なのですが、パスポートを普通に提示した際に入国できないということはないのでしょうか?わずか4cmの小さな便利ナイフ持っていただけで使途目的も告げたのですが聞いてもらえず、そんな理由だけで罪を犯したということさえも実感がわかず、理不尽で今でも合点がいかないのです。それよりも海外に旅する自分にとって、今後不安でたまりません。警察からは半月経ちますがなにも連絡がありません。どうぞ法律に詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

不起訴の場合、犯罪歴にはなりませんが、警察のデータには一生記載されますので、探偵などが身辺調査をした場合、わかります。
不当逮捕に関しては結構ハードルが高いですよ。公権力に個人で勝てる事はありません。刑事事件に強い弁護士を依頼する事になります。
その相談料が30分1万5千円,弁護を引き受けた場合、手付金がおそらく10万円以上、成功報酬が20%程度になると思います。そして出廷交通費等の雑費が計上されますが、
裁判で争点になるのは、不起訴なので記録にはない情報を撤回はできないので、4cmのナイフが本当に事件性があったのか、警察の行動に問題がないのか?憲法の自由を侵害された。などの慰謝料の請求と謝罪しか裁判で勝ち取る事ができないのです。よって勝訴してもおそらく~数十万円で、最高裁まで控訴されますので弁護士費用が相殺され赤字で終わることが目に見えます。その時間は数年では済みません。
それでもやるのならテレビや新聞社などマスメディアを操作して社会性を問わないと意味がないです。地道に調べてぜひ勝ち取って下さい。

Q誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか? また、犯罪ならば何と言う罪なのでしょうか。 捕まっ

誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか?
また、犯罪ならば何と言う罪なのでしょうか。
捕まったり罰金払ったりしなければいけない罪なのでしょうか?

Aベストアンサー

>誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか?

いいえ、違います。ですからその後の疑問は不要です。

Qナイフを譲ってそのナイフで犯罪をされたら譲った人も罪ですか?

仮に仮定の妄想の話ですが、知人にナイフを譲り、その知人とは一切連絡しなくなり10年後に、その知人がそのナイフを使って犯罪をしてしまったらナイフを譲った人も法に触れたり、犯罪者になるのでしょうか?

Aベストアンサー

刑法だけ考えますが、結論から言えば「"普通は"故意がないので犯罪にはならない」です。

まず、ナイフ(包丁だろうと刀剣だろうと何だろうと構いません)を譲渡すること自体はそれだけでは犯罪にはなりません(刀剣類には所有等に一定の制限があるにしても譲渡それ自体が一般的に犯罪を構成するわけではない)。もっと言えば、これを「ハンマー」とか「バール」とか「アイスピック」とかに換えても全く同じです。譲渡それ自体が違法でない物であれば、理屈は全て同じです。

さて、犯罪者が犯罪の用に供した道具について、その道具を本犯に供与した者が犯罪になる場合を考えると、共犯しかありません。
共犯には、教唆、幇助、共同正犯の三つがあります。これを設例との関係で考察すると、教唆は「犯罪実行の意思のない者を唆して犯罪を実行する意思を生じさせ、犯罪を実行させる」ことが必要なのですが、ナイフを譲ることそれ自体はそのような意思とは別ものですし、実際にそのような意思があったとはとても思えない(理論上は「(教唆の)故意がない」と言います)以上は、教唆は問題になりません。
幇助は「既に犯罪実行の意思のある者に対して、当該犯罪を物理的に容易にしまたは心理的に促進するような援助を"それと分かって"したこと」が必要ですが、10年も前から「既に犯罪実行の意思がある」とは思えないし、何より通常は「それと分かって」いるとは思えない(つまり「(幇助の)故意がない」)以上、幇助も問題にはなりません。もちろん、仮に10年後に犯罪を犯すつもりの人物にその犯罪のためにナイフを譲渡したというきわめて特殊な状況であるなら幇助にはなりますが。なお、幇助のつもりだったが正犯が10年間犯罪を実行しなかったなんて場合には、そもそも正犯との関係で幇助行為と言えるのかが疑問ですが、場合によっては幇助となることが絶対にないとは言えません(これは教唆でも同じ)。
最後に共同正犯。簡単に言えば、「二人以上で共同で犯罪を実行する」と共同正犯になります。犯罪実行していないのですから共同正犯になどなりっこありません。実行しなくても共同正犯になる共謀共同正犯というのもあるのですが、いずれにしても共謀がないので論じるまでもないです。
なお、日本には共謀罪はありませんので、共謀罪など検討の余地はありません。

あと一応付言しておくと、犯罪によっては予備が独立の犯罪となっていることがあり、例えば殺人予備、強盗予備などがあります。そこで予備の従犯とか他人予備とか理論上の議論は色々ありますが、全部はしょって結論だけ言えば、とにかく、「犯罪の用に供することを意識しつつ譲渡するという意図がない」限りは「犯罪の故意がなく、過失犯処罰規定がない以上は犯罪とならない」です。

余談ですが、「犯罪に使用させるために包丁を作った(売った)」だと逆に故意があるので犯罪になり得ます。Winnyの作成者が罪に問われたのはまさに「著作権法違反に使用されることを意図して」つまり、幇助の故意があるという認定があったから。Winny裁判という個別具体的な裁判の是非については論じる気はありませんが、「犯罪に使用することを意図して作成す(売)ればそれは幇助たりうる」という一般論は確実に成り立ちます。

ということで本件設例は「故意があったかなかったか」がまず問題、次いで10年も経ったら教唆、幇助等とは言えない可能性が高いということが問題になるわけですが、一般的な話として考えれば、故意があったとは言えないと考えるべきで、即ち、10年の方を考慮するまでもなく犯罪とならないということになります。

刑法だけ考えますが、結論から言えば「"普通は"故意がないので犯罪にはならない」です。

まず、ナイフ(包丁だろうと刀剣だろうと何だろうと構いません)を譲渡すること自体はそれだけでは犯罪にはなりません(刀剣類には所有等に一定の制限があるにしても譲渡それ自体が一般的に犯罪を構成するわけではない)。もっと言えば、これを「ハンマー」とか「バール」とか「アイスピック」とかに換えても全く同じです。譲渡それ自体が違法でない物であれば、理屈は全て同じです。

さて、犯罪者が犯罪の用に供した...続きを読む

Q過去にも多いオービス関連ですが・・・(罰金抜きの話です)

今現在の自身の状況です。
1月の上旬から中旬のことですが、首都高湾岸線の
西行き(神奈川方面)、千鳥町付近でオービスが
光り、昨日出頭通知がきました。速度は50キロ
オーバーでした。
これ、管轄の警察署へ出頭し違反切符(赤)に
サインをして、後日に意見の聴取会に出席かと思い ます。違反点数は50キロオーバーなので12点減点
ですよね?
過去1年違反はありません。従って行政処分も含め違反の前歴ゼロ。
該当処分は聴聞会出席前の時点で90日の免停処分
ですが、聴聞会で便宜を図ってもらったとして60日。免停講習に出席して優良だとして30日の短縮。
こういう流れでいいですよね?もっとも、最初の警察署の時点で49キロになれば6点の30日の停止で
済むのですが・・・

Aベストアンサー

間違ってたらゴメンよ1年過ぎると15点は戻るけど前歴は3年さかのぼると違うかな。

Q歯科の求人に多いなと思うのが 厚生年金が付いてなかったり、有休が年で10日だけとか見るんですが 特

歯科の求人に多いなと思うのが
厚生年金が付いてなかったり、有休が年で10日だけとか見るんですが

特に有休が年に10日だけって法律上では違法にならないんですか?
個人歯科なら自由なのでしょうか。

Aベストアンサー

今月からパートでも社会保険加入が強制になりましたが、歯科では従業員5人未満なところも多いので、加入条件に見合うかマチマチです。

有給休暇は勤務日数とキャリアで付与されるもので、10日と決まっているのはもちろん問題ではあります。

しかし、一番の問題は、そんなところの求人に応募しないことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報