父の事で相談させて下さい。
私の父は20年以上前に母以外の女性との間に子供を作っていたらしいのです。
その女性の人に妊娠した事を告げられた時、
父は堕してもらうようにお願いしたらしいのですが、
その方は一人で育てるからと出産され、
その際、将来一切迷惑はかけないと念書を書き、
まとまった金額を受け取られたそうです。
その後、その女性は他の男性と結婚され、子供も産まれていたそうです。
ここまでに書いた事は最近になるまで母も私も知らない事でした。
その女性の方が最近離婚されたらしく、
お金に困られているようで、
その子供の今までの養育費(現在その男の方は25歳だそうです)を
父に請求してこられました。
父の子供だという男の方も現在は仕事をされていないようで
払ってもらえなければ、
私の母にバラすと私から見れば半分脅しともとられるような手紙を
父に送ってこられてるようです。
父はいくらかのお金を渡したようですが、
要求されている額には足らないようで、要求額を払わなければ
裁判を起すと書かれていました。
私はスッキリさせる為にも裁判でハッキリした方がよいのでは?と
思っているのですが、お伺いしたい点は、

1.こういう場合は裁判でハッキリさせた方がよいのか?
2.父がその男の方に今までの養育費をはらう必要があるのか?
3.相手の女性は父の子供を出産するようになった時に
父に家庭がある事を知っていたのなら、私の母親は不倫相手である
その女性に慰謝料を請求できるのではないか?

後々煩わしい事が残らないような形にしたいのですが
私にはこういう法律に関する知識が全然ありません。
どなたかよいアドバイスを頂きますようお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>1.こういう場合は裁判でハッキリさせた方がよいのか?



 結論から申しますと、お父様とよく相談なされた上で、家庭裁判所に審判の申し立てをなされた方が宜しいと思います。

 以下、順にご説明いたします。


>2.父がその男の方に今までの養育費をはらう必要があるのか?

 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務があります(民法877条)。『養育費』というのは、ここでいう『扶養料の支払い』ということになります。
 理論的に考えると、扶養料というのは、要扶養者の生活を維持するために支払われる経済的給付ですから、過去に遡って要扶養者の生活を維持するというのはおかしいと考えることができます。

 しかし、過去の扶養料の請求を一切認めないのは、扶養義務者の扶養義務を免れさせることになってしまい、扶養を法律上の権利義務として認めたほうの趣旨が没却されてしまうとして、過去に遡っての扶養料の請求(『求償』といいます)を認めるのが現在の判例の考え方です。
 但し、請求権者は、息子さんを育てたお父様の不倫相手の女性とその結婚相手の男性です。もっとも、不倫相手の女性の代理人として息子さんが直接交渉にあたることは可能です。

 そして、「過去の扶養料の求償において、各自の分担額に関する協議が整わない限り家庭裁判所が審判で決定すべき」とされています(最高裁判決昭和42年2月17日)。

 請求できる金額は、「扶養の程度又は方法について、当事者間に協議が整わないとき、又は協議をすることができないときは、扶養権利者の需要、扶養義務者の資力その他一切の事情を考慮して、家庭裁判所が、これを定める(民法879条)」の規定から、お父様の資力と息子さんの需要の程度によって異なってきます。

 そして、ここでいう過去に遡っての扶養料の請求を、通常の債権に関する一般の
不当利得返還請求と同様に10年で時効消滅するとする考え方もあります。
 しかし、この点に関する明確な基準はなく、現在の所、家庭裁判所の裁量に任せら
れている、という状況です。


>3.相手の女性は父の子供を出産するようになった時に
>  父に家庭がある事を知っていたのなら、私の母親は不倫相手である
>  その女性に慰謝料を請求できるのではないか?

 原則的にはその通りです。最高裁判決昭和54年3月30日で
「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意又は過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかに関わらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである」とされています。

 しかし、この様な不法行為に対する損害賠償(慰謝料)請求の場合、その不法行為がなされた時から20年経ちますと、請求権自体が時効により消滅してしまいます(民法724条)。
 不倫相手の女性との関係がその後もずっと続いていたというような場合でない限り、お母様から相手方女性に対する慰謝料請求は不可能であると考えられます。

 以上、いずれにせよお父様とよく相談なされた上で、家庭裁判所の審判の制度を利用なされるべきだと思います。息子さんがどのくらいの金額を要求してきておられるのか分かりませんが、息子さんの言いなりになる必要はありません。


 ついでながら、

>払ってもらえなければ、
>私の母にバラすと私から見れば半分脅しともとられるような手紙を
>父に送ってこられてるようです。
>父はいくらかのお金を渡したようですが、
>要求されている額には足らないようで、要求額を払わなければ
>裁判を起すと書かれていました。

 通常この様な行為を他人が行いますと、恐喝罪(刑法249条)にあたるのですが、お父様の実の息子さんということですので、刑は免除されます(刑法251条、244条準用)。つまり、罪に問われません。


 以上、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの調子が悪くお礼遅くなり申し訳ありません。
とても詳しい回答をありがとうございました。
とても勉強になりました。
やはり父はいくらかのお金を支払わないといけないのでしょうね。
でも考えれば父のした事で、一人の人間が誕生している事を
考えれば当然の事かもしれませんが。。
父や母と相談して家庭裁判所の制度を利用する事を考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:25

abenokawamotiさんが、すごく専門的なご回答をなさっているので、補足することはなにもありません。


感覚で書いたことに、反省もしています。
血縁関係者に扶養の義務があることは、以前に生活保護の申請をしようとした時に、離婚した主人はもとより、主人の両親にも、扶養の義務があるので、まず、何も援助がうけられない証明を貰って下さいと言われ、離婚した主人も居所がしれず、主人の父の住所はわかっていましたが、そんな書類を貰いには行けなかったので、あきらめたことがあります。
成人した私にさえ、私の扶養義務が私の両親にはあるそうだったので、息子さんが請求することは、できるんですね。
けれど、一般人としての疑問ですが、不倫相手の人も、ご結婚なさって、そのご主人がいて、まして、息子さんは25歳。働いていないから、扶養をというのはなんだか納得がいきません。
病気をして働けないとか、それこそ、生活保護の申請ができる状態でなければ、megchanさんのおとうさまにそんなこと言ってくるのは不当だと感じます。
母子家庭の児童扶養手当でさえ、働きもせず、借金だらけの男性と同棲でもしようものなら、生活的には何も豊かになっていないのに、うちきられるんです。
その女性もご結婚した時点で、離婚でもしてひとりになるまでは、おとうさまに請求などできないように感じます。
だから、やはり、市などが行っている無料の法律相談などで、よくお聞きになればどうなんでしょう?
このままでは、megchanさんや、おかあさまがお気の毒です。
思った通り、不義の慰謝料請求については時効で、扶養義務だけがあって、まして、不倫相手の夫から不当利益の返還だなんて、なんだかとんでもないと思うんです。
法律なので、abenokawamotiさんのせいじゃありませんけど、そんなものじゃないように思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CHAKOrinさん、
>感覚で書いたことに、反省もしています。
そんな事ありません。私は本当に嬉しかったです。
本当に心が温かく潤いました。
abenokawamotiさんも、CHAKOrinさんも本当に本当にありがとうございました。
このページに相談して本当によかったです。
心より感謝している気持ちがお2人に届く事を願っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:31

 申し訳ありません。

#2の回答の一部を訂正します。

 どうも、寝る前に急いでまとめようとするとミスを連発してしまって・・・申し訳ありません。

 過去に遡っての扶養料の請求に関し、お父様の不倫相手の女性がお父様に対して請求できたはずのものは、「念書」を取り交わしたことで請求できなくなっている可能性があります。

 但し、この場合でも、その女性の結婚相手の男性からの『不当利得の返還請求』の一種としての請求や、現在の息子さん独自の扶養請求は可能です。
 もちろん、逆に息子さんの方が資力があり、お父様の方が生活に困っているような場合には、息子さんの方にお父様やmegchanさんの扶養義務が発生します。

 いずれにせよ、家庭裁判所の審判をお受けになられた方が宜しいと思います。

 申し訳ありませんでした。失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

abenokawamotiさんは専門家でいらっしゃるのですね。
丁寧な回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:27

各地で無料で行われている法律相談に行かれては如何でしょうか?


まず、相手の女性が裁判にというのは、言葉の綾というか
悪く言えば脅迫ですが、あまり、本気ではないと思われます。こういえばお父様が支払うだろうと思っての事でしょう。実際にはすでに25歳にもなった人に養育費を支払う義務はありません。裁判にもっていきたいなら、させればいいのです。お父様の方からおこせば、費用はお父様持ちになるので、相手の女性にどうぞといえばよろしいのです。
お母様はもちろん、慰謝料を要求できる立場にいらっしゃいますが、これも養育費と同じで、もう時効でしょう。
私は法律関係者ではないので、文言に不適切な言葉があるかもしれませんが、まず、ご心配なさることはないと思いますから、後は法律相談などで、専門家の判断を仰ぎ、また、裁判を起こされたとしても、この種の裁判に弁護士は必ず必要ではないので、金銭的な負担もご心配いりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答いただきありがとうございました。
パソコンの調子が悪くお礼遅くなり申し訳ありません。
何だか見知らぬ方にこういう回答を頂くと
心が暖かくなりました。
私も家庭を持っている事や、年齢のせいもあり、
父に隠し子がいたという事実へのショックより、
同じ女性として母親が可哀相だなという気持ちの方が強く、
心を痛めていました。
本当に勇気づけれれました。
ありがとうございました。
アドバイスいただいたように専門家の方に相談してみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養育費の相場

私が職を失ったことをきっかけに離婚しました。
子供の養育費は私が再就職してから
毎月3万円を支払っています。

その後出会った女性と去年再婚。
そして妊娠、出産とあり、家族が増えました。

しかし私の収入は月に手取りで20万程度です。
ボーナスは今年の夏は出ませんでした。
出たとしても10万がせいぜいかと思います。

当時よりも扶養家族が増え、
月に3万円の養育費がきつく感じます。

養育費の相場、で検索をかけると
「独身」であることが前提の金額ばかりのようで
再婚して扶養家族が増えた場合の相場は見つかりません。

扶養家族が出来ても相場は変わらないのでしょうか?

Aベストアンサー

No2の方がお答えしている通りです。
 現在は、養育費算定表(参考のURLを参照してください)が基準ですが、あなたのように離婚後自己の扶養家族が出来た場合は、支払い可能な養育費の金額が変更されることは、むしろ自然です。
 算定表の当てはめだけでは、単純には適正額は導けません。そこで、調停を申し立てて、最終的には審判で裁判官に決定してもらうところまで視野に入れるべきです。
 あなたの家族構成と手取り額であれば(賃貸にお住まいとと思います)、扶助協会の扶助貸し付けの対象になると思うので、代理人弁護士をつけたほうが良いです。
 各県の扶助協会(通常、弁護士会の建物の中に同居しています)に連絡し、申し込みしてください。
 その弁護士に扶助協会が着手金の立て替え交付をし、のちにあなたが月額約1万円くらいずつ扶助協会に返済していくことになります。なお、弁護士の報酬金は、その担当した弁護士の意見を聞きつつ、扶助協会のほうで決定するので、適正・・、というか、飛び込みでの依頼の場合に比べ、きわめて低廉ですみます。

 参考にされてください。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/K_shoshiki.nsf/$DefaultView/4E79CD03C8E3759449256D7200089881?OpenDocument

No2の方がお答えしている通りです。
 現在は、養育費算定表(参考のURLを参照してください)が基準ですが、あなたのように離婚後自己の扶養家族が出来た場合は、支払い可能な養育費の金額が変更されることは、むしろ自然です。
 算定表の当てはめだけでは、単純には適正額は導けません。そこで、調停を申し立てて、最終的には審判で裁判官に決定してもらうところまで視野に入れるべきです。
 あなたの家族構成と手取り額であれば(賃貸にお住まいとと思います)、扶助協会の扶助貸し付けの対象になると思う...続きを読む

Q調停で養育費が決まるまでの養育費の請求

ややこしいタイトルになってしまってすみません

今年のはじめより、元旦那の元で暮らしていた子供を引き取って暮らしています
その後、親権の変更と養育費の請求の調停を申し立てましたが
親権の変更はほぼ決定しましたが
養育費をできるだけ払いたくない元夫は、
調停では本人が払うと言わない以上 養育費は決まった時点からの請求しかできないと知って
くだらない話をおおげさに持ち出しては調停を長引かせています

金額が自分の思った以上に大きくなることを知り、できるだけ払わずにすまそうと考えているようです

あまりの無責任で自分勝手な発言の数々に私も子供もあきれ果て
出来る限りの責任をとってもらおうと思っています

詳しく書くことはできないので誤解を受けるかもしれませんが・・

調停では、今後の養育費のみ決まると思います
私が引き取った時点から、調停で養育費が決定するまでの間の養育費を
請求したいと思っているのですが

どのような手続きを踏めばよいのでしょうか
請求できるのはわかっているのですが、裁判なのか、新たな調停なのか・・どこへ申請すればよいのか
どなたかご存知の方、教えてください

ややこしいタイトルになってしまってすみません

今年のはじめより、元旦那の元で暮らしていた子供を引き取って暮らしています
その後、親権の変更と養育費の請求の調停を申し立てましたが
親権の変更はほぼ決定しましたが
養育費をできるだけ払いたくない元夫は、
調停では本人が払うと言わない以上 養育費は決まった時点からの請求しかできないと知って
くだらない話をおおげさに持ち出しては調停を長引かせています

金額が自分の思った以上に大きくなることを知り、できるだけ払わずにすまそうと考...続きを読む

Aベストアンサー

>少なくとも調停を申し立てた時点からの養育費は認めてもらえるのですね

 家庭裁判所の調停ではそうです。また、審判移行して裁判官の判断として質問者に「求償権」(実際に引き取って生育するための費用を立て替えて支払っていたことによる請求)を行使できると認定してもらえれば(本来これは訴訟事項ですが)、調停申し立て時からさらに遡って相手方の支払い義務を認めてもらえる可能性もあります。

>子供の貯金の返済(祖父母や叔父叔母にもらったお年玉やお祝いを子供達が貯めていたもの)なども要求しているのですが、審判にすれば養育費のみの決定になってしまうのでしょうか

 養育費について渋っている相手が、話し合いで親権だけをあなたに与えることに易々同意するとは思えません。親権をやるから、過去の養育費はチャラにしろと交換条件を提示してくることが予想されます。
 しかし、その場合は親権者の変更についても審判にしてもらえばよいと思います。そして、親権者となる者には、子供の財産管理権が法上認められますから、その管理権に基づいて相手方に対して引渡請求できます。もし、応じなければ訴訟にできます。ただ、この場合の問題は、親権者変更の審判で、あなたの方に親権を認めるに足りる合理的理由、事情があるかどうかです。

 但し、相手方が、親権をあなたに与えることについては争わないとしたら、その点だけ先に調停成立させてしまい、親権に基づいて子供名義の預貯金の引渡請求をすればよろしいです。

>少なくとも調停を申し立てた時点からの養育費は認めてもらえるのですね

 家庭裁判所の調停ではそうです。また、審判移行して裁判官の判断として質問者に「求償権」(実際に引き取って生育するための費用を立て替えて支払っていたことによる請求)を行使できると認定してもらえれば(本来これは訴訟事項ですが)、調停申し立て時からさらに遡って相手方の支払い義務を認めてもらえる可能性もあります。

>子供の貯金の返済(祖父母や叔父叔母にもらったお年玉やお祝いを子供達が貯めていたもの)なども要求...続きを読む

Q養育費一括で貰った後再婚

養育費を一括で貰う予定です。
しかし再婚を考えてないわけではありません。
再婚してしまったら養育費は逃げた男に返還しなくてはならないのでしょうか?
私としては逃げた男には養育費=子供として背負って生きて欲しいのですが。

Aベストアンサー

養育費は子供の権利です。
別れた妻の生活費では無く、子供の権利ですので返還は必要ありません。
同時に、別れても子供の父親は父親ですから、子供には扶養義務も介護義務も残ります。
母親が再婚した相手が、妻の連れ子だから養育しないと言っても親子では無いので通じます。

父親が再婚して子供が出来ないから引き取りたいと言っても、父親ですから言う権利もありますし。
養育費は当然ですが、面会や取り決め事はきっちりやるのがいいですよ。

Q失業中の元夫とその親の養育費支払い義務

離婚した夫との間に子供が一人います。 元夫は失業中なのですが、養育費を請求できますか。最悪の場合、元夫の親に支払ってもらうことも可能なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>元夫は失業中なのですが、養育費を請求できますか。
出来ます。
減額要求されるかもしれませんが、0円という事は無いです。
お昼のテレビ番組に出てた女性弁護士さんは「子供の養育費だけは借金してでも揃えるべき。それ位子供には責任がある」と言ってました。

>最悪の場合、元夫の親に支払ってもらうことも可能なのでしょうか。
元夫が生存している限り無理です。
でも元夫は亡くなった場合は可能です。

シンプルは回答ですが、ズバリ!!でお答えしました。
以上です。

Q養育費の相場 10万円請求

義務者(父親) 年収450万
権利者(母親) 年収140万

第一子 16才 私立高一年
第二子 14才中学二年

の場合、義務者は権利者に払う養育費の相場はいくらでしょうか?
権利者は養育費として10万円を要求しているそうです。

なお、関係ないかも知れませんが義務者には月々の住宅ローン6万円があります。
権利者は家賃などはありません。(実家に戻るそうです。)

Aベストアンサー

その年収から考えると家庭裁判所で養育費を決めるとすると相場は
1人あたり3万円くらいで、2人で6万円かもうちょっと減額になるかもしれませんね。
私の友達は子供1人で3万円になったそうです(家裁の調停で決定)
10万円は相場的に高いと思います。

Q養育費を支払わない元夫が面会権を求める調停をおこしてきました。

養育費を支払わない元夫が面会権を求める調停をおこしてきました。

養育費と面会権は別物なのはわかっております。
娘2人はほとんど記憶がなく、長女はまだ4歳なので自分から元夫の話などはしてきません。会いたいとも言わず、今の生活があたりまえのように幸せに暮らしています。
離婚して最初の3カ月は支払いがなく、その後7カ月間支払いはありましたが、今年にはいり滞りました。
しかし無職でうつ病らしく、こちらからも請求もしていません。
ただ、離婚前の私たちの定額給付金や児童手当も使い込み、その他私への返済金が15万近くあり、まずそれを払って養育費の未払い分を払ってから面会については話しあいましょうと手紙をおくったのにも関わらず、払っていない本人から面会権の調停をおこされました。
親権者の感情だけでは拒否ができないのはわかっています、ただその心理がわかりません、娘のお金までを使い込み本当にお金にだらしのない男でした。
子どもに会いたいのはわかりますが、まずは父親としての義務を果たすべきではないでしょうか。
ちなみに私から会わせない、養育費を払え、などとは一度も言っておらず、順序正しく進めていきましょうと手紙に書いただけです

なのに調停をおこされて私がなにか悪いことでもしていて、会わせていない元嫁みたいなかんじになっています。

養育費を払わないことで面会制限などはできるのでしょうか、また調停にはできれば私は行きたくありません。
今までお互いの親が話し合ってもなにも解決に至らず、またありもしない嘘を並べてまったく話し合いにならず平行線のためです。
こどもは夏休みですし、顔をもしあわせると考えるとただこわいです。
言葉の暴力もありましたし、なにより面会権の調停をすると実家の親に連絡がきたときもブチきれていたようです。
どうしても理解ができず、また本当に娘に会うというよりは単なる嫌がらせにもかんじます。

離婚しても、家庭をこわし家族をうらぎった人の思うのままなんてつらすぎます。
娘が面会を望んでいるなら会わせてあげたいと思いますが、長女は「会いたくない」といいます。

また、離婚した昨年4月の前、2月の別居中に子どもが幼稚園入園が決まっていたのにもかかわらず、生活費はゼロ、公共料金は未払い、そしてもう住宅ローンも払わないからでていけ!と3月15日までに退去しろ!と脅してきました。生活もままならないまま1カ月弱で引っ越し先を決め当然引っ越し代もでず子どもの生活を奪い不安を与えたことは、精神的暴力にはあたらないのでしょうか?


これからいったいどういった対処をしていけばいいか、助言をお願いいたします。

養育費を支払わない元夫が面会権を求める調停をおこしてきました。

養育費と面会権は別物なのはわかっております。
娘2人はほとんど記憶がなく、長女はまだ4歳なので自分から元夫の話などはしてきません。会いたいとも言わず、今の生活があたりまえのように幸せに暮らしています。
離婚して最初の3カ月は支払いがなく、その後7カ月間支払いはありましたが、今年にはいり滞りました。
しかし無職でうつ病らしく、こちらからも請求もしていません。
ただ、離婚前の私たちの定額給付金や児童手当も使い込み、そ...続きを読む

Aベストアンサー

>しかし無職でうつ病らしく、こちらからも請求もしていません。
これは、面会拒否の理由になります。
うつ病は「子供」に対しての「危険」があり、完治して安全確認ができれば「面会させます」で調停委員には返答するのがいいでしょう。

調停は裁判と違い「話し合い」の場所になります。
面会権は「子供」に危険があると判断されれば「拒否」も合法になります。

Q養育費の税金控除は可能でしょうか?

34歳♂です。
子供が一人います。
去年の暮れに離婚をして、月6.5万円の養育費を元妻に渡しています。年収は約600万円
養育費は税金などの控除の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

養育費を支払った場合、税金などの控除の対象にはなりません。

理論的には、その子供を所得税の扶養家族とすることも出来ますが、通常は元妻やその配偶者が(再婚している場合)扶養家族にしていますから、重複して扶養家族とすることは出来ません。

Q父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車を購入したのは母で使用者も100%母です。新車登録から8年経過した走行距離3万キロの日産のマーチ。
後は、差し押さえるような父名義の私物はありません。

要は、父名義の家ですが行方不明の父なので生活実態が我が家には何年もありません。
借金の額は70万位ですが、連絡すらつかない父の肩代わりをするのも嫌です。
おそらくほかにも数100万くらい借りていると思うので、
肩代わりしてもきりがありませんし、そんないい加減な人間に肩代わりする気もありません。

この場合車などの差し押さえはされるのでしょうか?
また、裁判所等にどのように対応したらいいのでしょうか?
家は近々、出ていく予定です。

どうか知識が御有りの方、助けてください。

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車...続きを読む

Aベストアンサー

裁判所からの出頭要請には従ってください。
推測の域を出ませんが、母親が連帯保証人にされている可能性が高いと感じます。もし、そうであるなら連帯保証人は偽造であるということを裁判所で証明しなければなりません。証明できないのなら自己破産も視野にいれなければなりません。いずれにしても状況把握しないと先に進めません。出頭要請を無視すると全面的に相手(多分サラ金)の言い分を認めたことになります。

Q養育費は何歳まで払うもの?

養育費についてですが、18才(または20才)まで払う義務があると聞きました。例えば、調停で18才まで養育費を、支払うと決めても子供が専門、短大、大学などに行くことになった場合、18才までを20才まで支払うことにするのは可能でしょうか? また、20才まで払うことに決めてあっても、子供が高卒のときは18才までとするのも可能でしょうか?2つの回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、養育費についてですが
18歳まで、20歳まで、大学卒業までなどと離婚協議書(公正証書にしておくのがお勧めです)という形で、できる限り具体的に、書面で決めておくのが原則です。
したがって、短大、大学などに行くことになった場合、18才までを20才、22才まで支払うことと、決めておくこともできます。逆の決まりも可能です。
と言うより、将来の増額、減額、期間の変更事由、進学時の費用等についても取り決めておくべきです。

もしこのような取り決めをしていなくても、
事情が変われば、増額請求や、減額請求ができます。(相手が同意しなければ、裁判所に調停や審判を請求しなければなりませんが)
 

 

Q公正証書で定めた養育費・慰謝料が支払われない

お世話になります。

2年前に協議離婚して公正証書を作成しましたが
3ヶ月前から先方から慰謝料・養育費の支払いがとまりました。
養育費5万円(2人分)、慰謝料1万円。

■質問内容
先方から下記理由により、支払い義務はないと連絡がありました。 
先方の主張は有効でしょうか?
わたしは無効と考えており、先方が収入を得られるように
なったタイミングで強制執行しようと思いますが問題ないでしょうか?

1.振込先金融機関支店名
振込み先の銀行口座の支店が存在しないので、振込みできない。

「***西口支店」なのですが、公正証書には「***西C支店」
となっております。

口座番号などは正しいし、これまで振込みしていたので振込み
できないという言い分はおかしいと思います。

2.養育費減額
収入がないため支払えないとのこと。

公正証書に「諸物価の変動、その他の事情の変更に応じ、甲・乙協議
の上、増・減できる。」と記載されていますが、きちんとした説明も
なく、信用しておりません。協議していないので一方的な減額は不可
と考えています。

不明点ありましたら補足いたしますのでよろしくお願い致します。

以上

お世話になります。

2年前に協議離婚して公正証書を作成しましたが
3ヶ月前から先方から慰謝料・養育費の支払いがとまりました。
養育費5万円(2人分)、慰謝料1万円。

■質問内容
先方から下記理由により、支払い義務はないと連絡がありました。 
先方の主張は有効でしょうか?
わたしは無効と考えており、先方が収入を得られるように
なったタイミングで強制執行しようと思いますが問題ないでしょうか?

1.振込先金融機関支店名
振込み先の銀行口座の支店が存在しないので、振込みできな...続きを読む

Aベストアンサー

>2.養育費減額
収入がないため支払えないとのこと。

No.1さんが結論を出していますがまさにおっしゃるとおりです。
公正証書は証拠能力においては裁判では即結論が出されるほど高いものですが、収入が無い相手からは取り立てることはできなくなります。

つまり「支払いたいが金が無い」と言う結果しかありません。
収入源(給与債権)を差し押さえても肝心の収入が少ない場合には一定以下の金額を差し押さえることはできません。

しかし、実態を知るには例えば「調停」を申し立てることが出来ます。
本人が直に行えるので費用は最低限で済みますし、弁護士などは不要です。


人気Q&Aランキング