父の事で相談させて下さい。
私の父は20年以上前に母以外の女性との間に子供を作っていたらしいのです。
その女性の人に妊娠した事を告げられた時、
父は堕してもらうようにお願いしたらしいのですが、
その方は一人で育てるからと出産され、
その際、将来一切迷惑はかけないと念書を書き、
まとまった金額を受け取られたそうです。
その後、その女性は他の男性と結婚され、子供も産まれていたそうです。
ここまでに書いた事は最近になるまで母も私も知らない事でした。
その女性の方が最近離婚されたらしく、
お金に困られているようで、
その子供の今までの養育費(現在その男の方は25歳だそうです)を
父に請求してこられました。
父の子供だという男の方も現在は仕事をされていないようで
払ってもらえなければ、
私の母にバラすと私から見れば半分脅しともとられるような手紙を
父に送ってこられてるようです。
父はいくらかのお金を渡したようですが、
要求されている額には足らないようで、要求額を払わなければ
裁判を起すと書かれていました。
私はスッキリさせる為にも裁判でハッキリした方がよいのでは?と
思っているのですが、お伺いしたい点は、

1.こういう場合は裁判でハッキリさせた方がよいのか?
2.父がその男の方に今までの養育費をはらう必要があるのか?
3.相手の女性は父の子供を出産するようになった時に
父に家庭がある事を知っていたのなら、私の母親は不倫相手である
その女性に慰謝料を請求できるのではないか?

後々煩わしい事が残らないような形にしたいのですが
私にはこういう法律に関する知識が全然ありません。
どなたかよいアドバイスを頂きますようお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>1.こういう場合は裁判でハッキリさせた方がよいのか?



 結論から申しますと、お父様とよく相談なされた上で、家庭裁判所に審判の申し立てをなされた方が宜しいと思います。

 以下、順にご説明いたします。


>2.父がその男の方に今までの養育費をはらう必要があるのか?

 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務があります(民法877条)。『養育費』というのは、ここでいう『扶養料の支払い』ということになります。
 理論的に考えると、扶養料というのは、要扶養者の生活を維持するために支払われる経済的給付ですから、過去に遡って要扶養者の生活を維持するというのはおかしいと考えることができます。

 しかし、過去の扶養料の請求を一切認めないのは、扶養義務者の扶養義務を免れさせることになってしまい、扶養を法律上の権利義務として認めたほうの趣旨が没却されてしまうとして、過去に遡っての扶養料の請求(『求償』といいます)を認めるのが現在の判例の考え方です。
 但し、請求権者は、息子さんを育てたお父様の不倫相手の女性とその結婚相手の男性です。もっとも、不倫相手の女性の代理人として息子さんが直接交渉にあたることは可能です。

 そして、「過去の扶養料の求償において、各自の分担額に関する協議が整わない限り家庭裁判所が審判で決定すべき」とされています(最高裁判決昭和42年2月17日)。

 請求できる金額は、「扶養の程度又は方法について、当事者間に協議が整わないとき、又は協議をすることができないときは、扶養権利者の需要、扶養義務者の資力その他一切の事情を考慮して、家庭裁判所が、これを定める(民法879条)」の規定から、お父様の資力と息子さんの需要の程度によって異なってきます。

 そして、ここでいう過去に遡っての扶養料の請求を、通常の債権に関する一般の
不当利得返還請求と同様に10年で時効消滅するとする考え方もあります。
 しかし、この点に関する明確な基準はなく、現在の所、家庭裁判所の裁量に任せら
れている、という状況です。


>3.相手の女性は父の子供を出産するようになった時に
>  父に家庭がある事を知っていたのなら、私の母親は不倫相手である
>  その女性に慰謝料を請求できるのではないか?

 原則的にはその通りです。最高裁判決昭和54年3月30日で
「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意又は過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかに関わらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである」とされています。

 しかし、この様な不法行為に対する損害賠償(慰謝料)請求の場合、その不法行為がなされた時から20年経ちますと、請求権自体が時効により消滅してしまいます(民法724条)。
 不倫相手の女性との関係がその後もずっと続いていたというような場合でない限り、お母様から相手方女性に対する慰謝料請求は不可能であると考えられます。

 以上、いずれにせよお父様とよく相談なされた上で、家庭裁判所の審判の制度を利用なされるべきだと思います。息子さんがどのくらいの金額を要求してきておられるのか分かりませんが、息子さんの言いなりになる必要はありません。


 ついでながら、

>払ってもらえなければ、
>私の母にバラすと私から見れば半分脅しともとられるような手紙を
>父に送ってこられてるようです。
>父はいくらかのお金を渡したようですが、
>要求されている額には足らないようで、要求額を払わなければ
>裁判を起すと書かれていました。

 通常この様な行為を他人が行いますと、恐喝罪(刑法249条)にあたるのですが、お父様の実の息子さんということですので、刑は免除されます(刑法251条、244条準用)。つまり、罪に問われません。


 以上、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの調子が悪くお礼遅くなり申し訳ありません。
とても詳しい回答をありがとうございました。
とても勉強になりました。
やはり父はいくらかのお金を支払わないといけないのでしょうね。
でも考えれば父のした事で、一人の人間が誕生している事を
考えれば当然の事かもしれませんが。。
父や母と相談して家庭裁判所の制度を利用する事を考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:25

abenokawamotiさんが、すごく専門的なご回答をなさっているので、補足することはなにもありません。


感覚で書いたことに、反省もしています。
血縁関係者に扶養の義務があることは、以前に生活保護の申請をしようとした時に、離婚した主人はもとより、主人の両親にも、扶養の義務があるので、まず、何も援助がうけられない証明を貰って下さいと言われ、離婚した主人も居所がしれず、主人の父の住所はわかっていましたが、そんな書類を貰いには行けなかったので、あきらめたことがあります。
成人した私にさえ、私の扶養義務が私の両親にはあるそうだったので、息子さんが請求することは、できるんですね。
けれど、一般人としての疑問ですが、不倫相手の人も、ご結婚なさって、そのご主人がいて、まして、息子さんは25歳。働いていないから、扶養をというのはなんだか納得がいきません。
病気をして働けないとか、それこそ、生活保護の申請ができる状態でなければ、megchanさんのおとうさまにそんなこと言ってくるのは不当だと感じます。
母子家庭の児童扶養手当でさえ、働きもせず、借金だらけの男性と同棲でもしようものなら、生活的には何も豊かになっていないのに、うちきられるんです。
その女性もご結婚した時点で、離婚でもしてひとりになるまでは、おとうさまに請求などできないように感じます。
だから、やはり、市などが行っている無料の法律相談などで、よくお聞きになればどうなんでしょう?
このままでは、megchanさんや、おかあさまがお気の毒です。
思った通り、不義の慰謝料請求については時効で、扶養義務だけがあって、まして、不倫相手の夫から不当利益の返還だなんて、なんだかとんでもないと思うんです。
法律なので、abenokawamotiさんのせいじゃありませんけど、そんなものじゃないように思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CHAKOrinさん、
>感覚で書いたことに、反省もしています。
そんな事ありません。私は本当に嬉しかったです。
本当に心が温かく潤いました。
abenokawamotiさんも、CHAKOrinさんも本当に本当にありがとうございました。
このページに相談して本当によかったです。
心より感謝している気持ちがお2人に届く事を願っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:31

 申し訳ありません。

#2の回答の一部を訂正します。

 どうも、寝る前に急いでまとめようとするとミスを連発してしまって・・・申し訳ありません。

 過去に遡っての扶養料の請求に関し、お父様の不倫相手の女性がお父様に対して請求できたはずのものは、「念書」を取り交わしたことで請求できなくなっている可能性があります。

 但し、この場合でも、その女性の結婚相手の男性からの『不当利得の返還請求』の一種としての請求や、現在の息子さん独自の扶養請求は可能です。
 もちろん、逆に息子さんの方が資力があり、お父様の方が生活に困っているような場合には、息子さんの方にお父様やmegchanさんの扶養義務が発生します。

 いずれにせよ、家庭裁判所の審判をお受けになられた方が宜しいと思います。

 申し訳ありませんでした。失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

abenokawamotiさんは専門家でいらっしゃるのですね。
丁寧な回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:27

各地で無料で行われている法律相談に行かれては如何でしょうか?


まず、相手の女性が裁判にというのは、言葉の綾というか
悪く言えば脅迫ですが、あまり、本気ではないと思われます。こういえばお父様が支払うだろうと思っての事でしょう。実際にはすでに25歳にもなった人に養育費を支払う義務はありません。裁判にもっていきたいなら、させればいいのです。お父様の方からおこせば、費用はお父様持ちになるので、相手の女性にどうぞといえばよろしいのです。
お母様はもちろん、慰謝料を要求できる立場にいらっしゃいますが、これも養育費と同じで、もう時効でしょう。
私は法律関係者ではないので、文言に不適切な言葉があるかもしれませんが、まず、ご心配なさることはないと思いますから、後は法律相談などで、専門家の判断を仰ぎ、また、裁判を起こされたとしても、この種の裁判に弁護士は必ず必要ではないので、金銭的な負担もご心配いりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答いただきありがとうございました。
パソコンの調子が悪くお礼遅くなり申し訳ありません。
何だか見知らぬ方にこういう回答を頂くと
心が暖かくなりました。
私も家庭を持っている事や、年齢のせいもあり、
父に隠し子がいたという事実へのショックより、
同じ女性として母親が可哀相だなという気持ちの方が強く、
心を痛めていました。
本当に勇気づけれれました。
ありがとうございました。
アドバイスいただいたように専門家の方に相談してみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 20:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養育費の相場

私が職を失ったことをきっかけに離婚しました。
子供の養育費は私が再就職してから
毎月3万円を支払っています。

その後出会った女性と去年再婚。
そして妊娠、出産とあり、家族が増えました。

しかし私の収入は月に手取りで20万程度です。
ボーナスは今年の夏は出ませんでした。
出たとしても10万がせいぜいかと思います。

当時よりも扶養家族が増え、
月に3万円の養育費がきつく感じます。

養育費の相場、で検索をかけると
「独身」であることが前提の金額ばかりのようで
再婚して扶養家族が増えた場合の相場は見つかりません。

扶養家族が出来ても相場は変わらないのでしょうか?

Aベストアンサー

No2の方がお答えしている通りです。
 現在は、養育費算定表(参考のURLを参照してください)が基準ですが、あなたのように離婚後自己の扶養家族が出来た場合は、支払い可能な養育費の金額が変更されることは、むしろ自然です。
 算定表の当てはめだけでは、単純には適正額は導けません。そこで、調停を申し立てて、最終的には審判で裁判官に決定してもらうところまで視野に入れるべきです。
 あなたの家族構成と手取り額であれば(賃貸にお住まいとと思います)、扶助協会の扶助貸し付けの対象になると思うので、代理人弁護士をつけたほうが良いです。
 各県の扶助協会(通常、弁護士会の建物の中に同居しています)に連絡し、申し込みしてください。
 その弁護士に扶助協会が着手金の立て替え交付をし、のちにあなたが月額約1万円くらいずつ扶助協会に返済していくことになります。なお、弁護士の報酬金は、その担当した弁護士の意見を聞きつつ、扶助協会のほうで決定するので、適正・・、というか、飛び込みでの依頼の場合に比べ、きわめて低廉ですみます。

 参考にされてください。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/K_shoshiki.nsf/$DefaultView/4E79CD03C8E3759449256D7200089881?OpenDocument

No2の方がお答えしている通りです。
 現在は、養育費算定表(参考のURLを参照してください)が基準ですが、あなたのように離婚後自己の扶養家族が出来た場合は、支払い可能な養育費の金額が変更されることは、むしろ自然です。
 算定表の当てはめだけでは、単純には適正額は導けません。そこで、調停を申し立てて、最終的には審判で裁判官に決定してもらうところまで視野に入れるべきです。
 あなたの家族構成と手取り額であれば(賃貸にお住まいとと思います)、扶助協会の扶助貸し付けの対象になると思う...続きを読む

Q父の遺留分放棄をする場合、父はその事を知るのでしょうか?

父の病気が急激に悪化してきています(まだ重体とまでは行きませんが)。本人も身の回りの整理とかを始めました。

父には多額の財産があり、母についで長男の私にも遺産相続の義務(権利?)が生じてくるのは目に見えています。母曰く、今のところは法的な遺言書などは作っていないとのことです。

私としては父の築き上げてきたものは父のものであって、私のものではありません。(父自身からその様に教えられ育てられて来ました。)でも最近になって、父はそれとは違ったことを少しずつ言い始めているのです。

父としての気持ちは良く分かる所ですが、後(父の死後)に生じて来る相続は全く欲しくない訳です。兄弟はどちらかと言えば欲しいのではないかという感じです。ややこしくなる前に遺留分放棄の手続きをしてしまいたいと思っています。母と私の知る限りでは、父に借金はありません。

家内とも十分に話し、死後にも相続権利の申し立ても出来る様なのですが、まずは遺留分放棄を今のうちにしておこうという結論になりました。この場合、父は私が遺留分放棄をしたことを知るのでしょうか?ちなみに両親とは別居しています。

父の病気が急激に悪化してきています(まだ重体とまでは行きませんが)。本人も身の回りの整理とかを始めました。

父には多額の財産があり、母についで長男の私にも遺産相続の義務(権利?)が生じてくるのは目に見えています。母曰く、今のところは法的な遺言書などは作っていないとのことです。

私としては父の築き上げてきたものは父のものであって、私のものではありません。(父自身からその様に教えられ育てられて来ました。)でも最近になって、父はそれとは違ったことを少しずつ言い始めているので...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは、今の時点で慌てる必要は全くないばかりか、無駄ですらあります。

相続が発生(お父上がなくなると)すると、遺産分割協議を行いますが、
法定相続人である、母上と、兄弟達とで、そのときになってから、どのように分けるかを決めればよいのです。
そのとき、自分の取り分を「全く無し」にすればよいわけです。

なお、その分割協議を行いたくない(例えば、兄弟の顔もみたくない)とかいう事情があるのでしたら、相続発生後、家庭裁判所へ「相続放棄」の申請をすればよいのです。
普通は借金があるとき(借金が多いとき)に相続放棄するのですが、財産ばかりのときでも認められます。
故二子山親方の相続のとき、お兄ちゃん(若関)が相続放棄をしたので、弟(貴関)が相続しましたよね。あそこは、当時揉めてたのでそんな風にしたんだと思います。

Q離婚する為の裁判を行う場合、おおよその費用の相場はいくらぐらいなのでしょうか? 慰謝料や養育費の相場

離婚する為の裁判を行う場合、おおよその費用の相場はいくらぐらいなのでしょうか?
慰謝料や養育費の相場も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>離婚する為の裁判を行う場合、おおよその費用の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

弁護士費用のことでしょうか。
法テラス経由で弁護士に委任した場合,金銭請求のない(慰謝料・財産分与・養育費の請求がない)離婚訴訟であれば,着手金と報酬を合わせて30万円くらいが一般的です。法テラス経由でなくても,そのくらいの金額を提示している事務所はあると思います。
調停から弁護士に委任するとなると+10万円くらいかと思います。

慰謝料・財産分与・養育費の請求をする場合にはさらに高くなります。これは請求額と取れた額次第で変わってきます(実際に取れる金額より弁護士に払う金額が多くなることはないはずです)。

慰謝料については100~200万円になるケースが多いかと思います。

養育費は,支払側と受取側の収入額と子供の数・年齢によって変わってきます。
裁判所の使用する算定表はこちらです。↓
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/

Q私の友人の父が、民事裁判の被告となりましたが、被告が病気で、判断能力が

私の友人の父が、民事裁判の被告となりましたが、被告が病気で、判断能力がない為、法テラスの弁護士が
裁判所より、無償で選任されました。友人の話では、被告には、裁判費用はかからないと言われた、とのことです。しかし、友人は、父のことで、お世話になったお礼をしたいとのことですが、お礼に、現金を渡すことがよいものかどうか、または、菓子箱程度にとどめておくべきものか、判断がつかないとことです。どなたか、アドバイスを頂ければと、思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

似たような例として、刑事裁判の国選弁護人については、被告人や関係者から報酬を受け取ることが禁止されています(弁護士職務基本規程49条)。
国選弁護人には国から報酬が支払われているので「二重取り」になりますし、被告人から報酬を受け取るケースが出てくると(報酬を渡さないと真面目に弁護してくれないんじゃ……)といった邪推を招いて、国選弁護制度自体の公正さを害するからです。

民事扶助の場合も、法テラスと契約している一般弁護士であれば今回の事件処理の報酬、法テラス勤務の弁護士であれば毎月の給料を貰っていますので、依頼者から謝礼を受け取ると「二重取り」になってしまいます。国選弁護人の場合と同じですね。
そんな訳で、まともな弁護士ならまず間違いなく現金は受け取らないと思います。菓子箱程度なら人によっては柔軟な対応をするかもしれませんが、かえって迷惑になりかねないのでやめたほうが無難です。素直に感謝の気持ちを伝えるだけでよいのではないでしょうか。

どうしても御礼を、というのであれば「法テラスに寄附する」という手段もありますが、まぁそのあたりは趣味の分かれるところでしょうね。

似たような例として、刑事裁判の国選弁護人については、被告人や関係者から報酬を受け取ることが禁止されています(弁護士職務基本規程49条)。
国選弁護人には国から報酬が支払われているので「二重取り」になりますし、被告人から報酬を受け取るケースが出てくると(報酬を渡さないと真面目に弁護してくれないんじゃ……)といった邪推を招いて、国選弁護制度自体の公正さを害するからです。

民事扶助の場合も、法テラスと契約している一般弁護士であれば今回の事件処理の報酬、法テラス勤務の弁護士であれ...続きを読む

Q養育費の相場 10万円請求

義務者(父親) 年収450万
権利者(母親) 年収140万

第一子 16才 私立高一年
第二子 14才中学二年

の場合、義務者は権利者に払う養育費の相場はいくらでしょうか?
権利者は養育費として10万円を要求しているそうです。

なお、関係ないかも知れませんが義務者には月々の住宅ローン6万円があります。
権利者は家賃などはありません。(実家に戻るそうです。)

Aベストアンサー

その年収から考えると家庭裁判所で養育費を決めるとすると相場は
1人あたり3万円くらいで、2人で6万円かもうちょっと減額になるかもしれませんね。
私の友達は子供1人で3万円になったそうです(家裁の調停で決定)
10万円は相場的に高いと思います。

Q元夫とその両親からの自宅の競売裁判を起こされ一審の判決に原告は控訴。これからの裁判の流れ

今住んでいる自宅は土地の3分の2が元夫の両親名義・残り3分の1が元夫名義建物は元夫の名義で購入6年前の離婚判決で元夫の土地の2分の1(土地の全体の6分の1)建物2分の1を私が得ることになり離婚後子供と住んでいます。(離婚裁判中に夫は自主的に転居)一昨年元夫とその両親から自宅の競売請求の裁判を起こされ一審で原告側の請求は棄却されたところ控訴されました。競売の裁判は約2年かかりました。判決文は元夫の私や子供へのDV、その為に家族全員が治療中で多額の治療費がかかっていることDVの影響で子供が自立できないこと、離婚後子供の学費・扶養や治療費を私が全て負担してその為に経済的に困窮していることを認める一方元夫が一流企業で役職で高額な年収を得ながら子供へ全く援助をしていないことを諌め、一年後退職時3000万以上の退職金を得ること又両親の資産も自宅以外に土地を売却金などの多くの資産があることや多額の年金があることを認めてこの家を原告達が主張するように競売にしなくても同居する家を購入する資金は十分にあるとして私の主張の権利濫用を認めています。又原告の元夫の尋問の反論は一部信用できないとしています。私は今無職で競売時にお願いした弁護士費用も今は全額支払えない状況で生活自体困窮しています。控訴も一人で戦っていかなくてはなりません。まだ控訴の内容は分かりませんが私達の生活は裁判時と状況が変わっていませんので一審の判決はそのまま控訴されてもひっくり返されることなく確定になるのでしょうか?又、私が判決を確定する為には今後控訴審で何を訴えていけばいいのでしょうか?子供は全員成人に達していますが職についている子と元夫のDVの後遺症でつけない子がいます。競売になったとしたら引っ越す代金もありません。控訴で得た判決を確定させる為に私のするべき最良の方法を教えてください。藁にもすがる思いで投稿しました宜しくお願いいたします。

今住んでいる自宅は土地の3分の2が元夫の両親名義・残り3分の1が元夫名義建物は元夫の名義で購入6年前の離婚判決で元夫の土地の2分の1(土地の全体の6分の1)建物2分の1を私が得ることになり離婚後子供と住んでいます。(離婚裁判中に夫は自主的に転居)一昨年元夫とその両親から自宅の競売請求の裁判を起こされ一審で原告側の請求は棄却されたところ控訴されました。競売の裁判は約2年かかりました。判決文は元夫の私や子供へのDV、その為に家族全員が治療中で多額の治療費がかかっていることDVの影響で子供...続きを読む

Aベストアンサー

控訴審に関する情報を収集されることで、疑問が解決されるのではないかと思い、控訴審の意義や、判決に関する統計(控訴棄却/原判決取消しの割合など)が載っている資料を見つけました。ご参考になさってください。

http://www.courts.go.jp/about/siryo/jinsoku/hokoku/02/pdf/113_146.pdf

以下、文中より。
控訴審では,第一審判決の再審査を審理の目的としつつ,第一審の裁判資料に加え,新たに収集した裁判資料を含めて,控訴審における口頭弁論終結時を基準として,事件(請求)の当否について判断し,控訴を棄却するか,第一審判決を取り消すかなどの判断をする(続審制)

統計の表より。
判 決 8,856 57.9%
うち控訴棄却
    6,468 73.0%
うち原判決取消し
    2,302 26.0%

判決となった場合、7割程度が原判決を維持し、控訴を棄却しているようです。
控訴審では上記のように、一審で審理を尽くせなかった点を補充する目的があるので、既に一審で審理された証拠に加えて、あらたな証拠や主張を尽くす場になります。控訴人があらたな証拠などのを提出してきた場合は、それに対する攻撃防御方法をあなたの側でも準備しなければなりません。
弁護士を利用しないということですが、法テラスなどには経済的な理由で弁護士費用を支払うことができない方への救済制度(法律扶助制度)がありますから、いちどサイトをご覧になることをお勧めします。(今はサイトが繋がらないようですので、後ほどアクセスしてみてください)
http://www.houterasu.or.jp/

また、控訴期間中は、あなた(被控訴人)も第一審に不服がある場合は控訴することができます。判決の送達から2週間以内にする必要があります。また、控訴審において、一審よりも有利な判決を得たい場合には付帯控訴という種類の控訴もすることができます。

本人訴訟されるにしろ、法テラスを利用されるにしろ、裁判手続きを理解しておくことは必要だと思いますので、時間があれば裁判所に出向いて状況を話し、控訴手続きについて相談されるとよいと思います。特に本人訴訟の場合は、あなた自身で準備書面(答弁書など)を書く必要があります。弁護士が難しいようであれば準備書面の作成は司法書士も扱っている事務所がありますので、そちらも検討されたらよいと思います。ただし高裁においては司法書士は代理人となれないため、書面作成による支援となります。

余計な事かも知れませんが、こういったオープンなサイトで、裁判上の具体的な攻撃防御方法を質問するのはリスクが大きいと思います。詳細な事情を理解してアドバイスできないし、間違った知識を投稿している方もいます。それをご承知でご質問された方がよいと思います。

尚、ご質問では裁判の状況はわかるのですが、原告がどのような主張をしているのかがわからないので、訴状に書かれている請求の趣旨と原因を書かれるとよいと思います。

控訴審に関する情報を収集されることで、疑問が解決されるのではないかと思い、控訴審の意義や、判決に関する統計(控訴棄却/原判決取消しの割合など)が載っている資料を見つけました。ご参考になさってください。

http://www.courts.go.jp/about/siryo/jinsoku/hokoku/02/pdf/113_146.pdf

以下、文中より。
控訴審では,第一審判決の再審査を審理の目的としつつ,第一審の裁判資料に加え,新たに収集した裁判資料を含めて,控訴審における口頭弁論終結時を基準として,事件(請求)の当否について判断し...続きを読む

Q養育費の相場

専業主婦35歳妻と1歳娘がおり、協議離婚を進めることになりました。このとき協議の中で妻の父より、娘の養育費として月8万円を娘が成人するまで支払え、この要求が呑めないなら裁判するとの要求がありました。私の収入は手取りで27万円、家のローンはありませんので払えなくはないのですが、公正証書に記すとあるので、そんな先のことまで決めてしまうことに不安を感じています。
質問は以下です。
(1)養育費が相場より高額と思っています。それともこんなものなのでしょうか?
(2)また養育費は双方負担と思いますが、先方は全額負担を要求しています。今は妻は職がないですが、将来収入(独身時代はピアノ教室を開いていました)や再婚した場合は負担させたいのですが、これは正当な要求でしょうか?また公正証書に記載するにはどういう文面にすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

相手方の父親が裁判を起こせるなら起こしてみれば良いのではないでしょうか?まず裁判は起こせないでしょうね。今回の養育費に関することは裁判では無く調停で取り扱う事件ですから。調停で話し合いをもたれる方が良いと思います。養育費に関しては家裁で適切な金額を計算して出してくれますよ。双方が納得しなくても最後は裁判官が立会いの下、判決してくれます(正確に言うと金額を決定してくれます)。当然、相手方の収入状況や貴方の収入や生活の変化(再婚等)で減額されることもあります。この場合も調停をしなければなりませんが。家裁の調停で決めたことは法的にも効力があります(判決文が出ます)ので公正証書より強力です(守らなかった場合は履行勧告や罰金、強制執行等があります)。養育費に関しては基本的に双方負担です。しかし相手方に正当な理由があって職に就けない(病気など)場合は貴方に負担額が多くなる場合もあります。
貴方は娘さんとの面接交渉権を確保する為に調停を申請することをお勧めします。面接交渉権の調停を起こすことで家裁の調査官や裁判官も貴方の子供に対する積極的な態度(愛情面)を認めてくれると思います。今のままでは相手方の出方によっては娘さんと会うことが出来なくされる可能性がありますよ。面接交渉権は子供が親に遭う権利を守る為にありますので、相手方が不当に面接を妨害等をすれば履行勧告や親権剥奪といった事例もありますから。

相手方の父親が裁判を起こせるなら起こしてみれば良いのではないでしょうか?まず裁判は起こせないでしょうね。今回の養育費に関することは裁判では無く調停で取り扱う事件ですから。調停で話し合いをもたれる方が良いと思います。養育費に関しては家裁で適切な金額を計算して出してくれますよ。双方が納得しなくても最後は裁判官が立会いの下、判決してくれます(正確に言うと金額を決定してくれます)。当然、相手方の収入状況や貴方の収入や生活の変化(再婚等)で減額されることもあります。この場合も調停を...続きを読む

Qやくざと7年間トラブル。その上司や責任者に加害者との民事裁判など応じるように

やくざと7年間トラブル。その上司や責任者に加害者との民事裁判など応じるように法的な効力のある書面などを出したいと思います。
以前もここで質問しましたが、もう7年です。苦しいです。
悪人が結婚、しあわせ、があるとき、被害者の私は苦しいままです。
ひどいですね、どう思ったらいいですか?

主な被害はこの特定加害者のつきまとい、中傷、その仲間からの
今多い集団ストーカーなどです。
相手の個人情報は大体です。でも上のほうです。
今まで話す機会はあったけど、怖くて、めったになく、
また私は精神的に発達が遅いのでこんなに長くなりました。

法務局は法的効力はないけど加害者の責任者へ書面は出せると言っています。
法的な場合は、内容証明郵便とかでしょうか?
またやっと話ができ、簡易裁判などになって、裁判や他で
私や被害者のように、一生同じ目に遭うことを取り決めたい
と思います。可能ですか?
いつまでか分からないので、法的に効果のあるアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の記述内容を何度か読み返し、質問者様が精神的に切迫していると言う事は理解する事に難しい点は無いと思います。
ただ、この様な場合迂闊にそれらの問題に応える事が出来る人は少ないと思います。
ご自身でもご記載になっておられる様に精神的に発達が遅いとの自覚がおありなのですから、体裁を繕わずに申し上げますが、文章における説明が一貫性に欠け、状況の判断が出来ない点と相談の範囲を超えていると思われるのです。
切迫の度合いがご自身の限界に近いという状況なのでしたら、迷わず弁護士や司法書士等にご相談になってみては如何でしょうか。
それらの職務に関わる人たちの力を借りれば、裁判所において威嚇行動や接触を禁止するための命令文書を発行してもらう為の手続きを行ってくれます。
相談すると言う時間的余裕が未だ残っているのであれば、行動に切り替えてみるべきだと思います。
内容証明や裁判所等における手続き及び処理等はそれ程費用をかけなくとも作成してくれるはずです。
また、これらの行為を差し止めると言うお考えがあるのでしたら無償で行うと言う事は不可能です。
裁判等をお越し、慰謝料等の名目で金額を回収する事とご自身が受けた精神的苦痛と名誉を回復する為に必要な金額的な算出も弁護士や司法書士が相談に乗ってくれます。
無償での相談スペースであるこの場所では一人の人間に対する人権や尊厳に抵触すると考えられる相談事に対して真っ向から「こうである」と言った回答の様なものを記載できる人はいないと思います。
決断できるようなら苦しい思いを引きずる事の無い様、法律の専門家に相談を行なってみて下さい。

ご質問の記述内容を何度か読み返し、質問者様が精神的に切迫していると言う事は理解する事に難しい点は無いと思います。
ただ、この様な場合迂闊にそれらの問題に応える事が出来る人は少ないと思います。
ご自身でもご記載になっておられる様に精神的に発達が遅いとの自覚がおありなのですから、体裁を繕わずに申し上げますが、文章における説明が一貫性に欠け、状況の判断が出来ない点と相談の範囲を超えていると思われるのです。
切迫の度合いがご自身の限界に近いという状況なのでしたら、迷わず弁護士や司...続きを読む

Q離婚時の慰謝料、養育費の相場はどのくらい?

たとえば、年収300万の夫が、浮気などを原因として
離婚する場合、慰謝料、養育費の相場はどのくらいになりますか?

もちろん、2人の話し合いというのが基本だとは思うのですが
だいたいの相場を知りたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裁判上の慰謝料に関しては、年収や離婚原因だけではなく婚姻期間の長さや請求者の受けた精神的苦痛の程度、相手方や請求者の財産、年収など様々なことが考慮されますので、ご質問に現れている情報からはわかりません。司法統計年報などをご覧になるとよいでしょう。
協議離婚の場合は当事者(または代理人)同士の話し合いと言うことになりますが、100万から300万程度が相場のようです。
養育費についても同様ですが、大阪・東京家庭裁判所で作成された算定表が広く利用されているようですので、参考までに↓にURLを張っておきます。
http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html

Q夫が亡くなって私と2人の子供(小学生)が相続しました。夫の父はすでに亡

夫が亡くなって私と2人の子供(小学生)が相続しました。夫の父はすでに亡くなっており、その時に土地建物すべての財産を夫が相続しました。夫は次男で兄である長男は遠方に住んでいて滅多に来ないです。
夫の母とは同居で、もともと仲はよくなかったので夫の死後、悩んだ挙げ句私は子供達を連れて家を出ることに決めたんですが、姑は家を出たいと話したら自分の長男や親類に家を売られてしまうとか追い出されると言っていたようで、夫の兄の方から家や土地の名義を姑に変更したいと言ってきました。
私は売る気もなく姑には気にせずここにいてください。と伝えたのですが、なにせ仲はよくないので陰口言われていたようです。
で、質問ですが、一度私と子供達が相続したものを姑に変更することはできますか?できないことはないんでしょうけど、なにか手続きや税金関係が大きく関わってきますか?
もし名義が変われば、婚家には関わりたくないと思っていますが、非常識でしょうか…夫の闘病中も何一つ手助けしてくれなかったのに…やっぱり夫がいなくなれば他人ですよね。
姑はとても世間知らずで非常識な人で、ついていけずイライラするばかりです。土地建物を手放すのは構わないですが、子供達にとっては生まれ育った場所なので可哀相な気もして、ふっきれないでいます。
支離滅裂な文章でわかりずらくてすいません。
もしよろしければアドバイス下さい。

夫が亡くなって私と2人の子供(小学生)が相続しました。夫の父はすでに亡くなっており、その時に土地建物すべての財産を夫が相続しました。夫は次男で兄である長男は遠方に住んでいて滅多に来ないです。
夫の母とは同居で、もともと仲はよくなかったので夫の死後、悩んだ挙げ句私は子供達を連れて家を出ることに決めたんですが、姑は家を出たいと話したら自分の長男や親類に家を売られてしまうとか追い出されると言っていたようで、夫の兄の方から家や土地の名義を姑に変更したいと言ってきました。
私は売る気...続きを読む

Aベストアンサー

あなたと子どもの土地建物を姑に名義変更するためには、贈与するか
売却することになります。

贈与した場合その不動産の評価額に応じて姑は贈与税を払う必要があり
ます。

事情はよくわかりませんが、名義変更は(あなたの意思で)いつでも
できますから慌てる必要はありません。
義兄の主張は弟との約束(姑との同居を条件に不動産の相続を放棄)に
基づくものだと推測しますが、現時点では第三者ですから無視しても
構いません。
ご主人の不幸からまだ日が浅いのであれば、この件は当分先送りにした
ほうがいいかも知れません。
あなたの判断も冷静にできない可能性があるからです。
それと、決断するときは生計も含め、子供たちのためにどうするのが
いいのかを考えてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報