LVMとLUNの違いがわかりません。
私が認識してるのは

・LVM:PV作ってVG作ってLVM作る
・LUN:RAIDされたディスクについての単なるパーティション?

LVMは構築経験があるので、よくわかるのですが、
VM使っているとLUNがでてくるのですが、この両者のちがいが
よくわかりません。
出来ればLUNの簡単な作成手順がわかればありがたいです
(コマンドベースで)

お手数ですが、どなたかご回答いただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

PV 作成」に関するQ&A: PV作成のソフト

A 回答 (1件)

>LVM:PV作ってVG作ってLVM作る


PVを作成し その集合がVG、VGをパーティション分割して作成された仮想的なパーティションがLVで、LVMは概念です。

>LUN:RAIDされたディスクについての単なるパーティション?
LUNはRAIDとは関係ない、単なるパーティションでは?

LUNの説明
http://e-words.jp/w/LUN.html


単純に外部から見た時に独立したHDDと識別できるように付与した「論理ユニット番号:Logical Unit Number」と思います。
LVMで作成した、RAIDをパーティション分割した、普通のHDDをパーティション分割したなどなど、どのように作ったかは無関係に、外部からHDDと識別するために利用する識別番号がLUNと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qsqlplusで表示が変なので、出力を整形したい。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------

上記のように意味不明な形式で出てきます。

例えばこんな風に

select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge;

カラム1 1の値
---------------------------
カラム2 2の値
---------------------------
カラム3 3の値

等のように分かりやすく表示できないでしょうか?

ちなみにOracle9iR2を使用しています。
sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。

分かりづらくですいませんが、皆さま、ご教授お願いします。

いつもお世話になっています。

サーバにアクセスしてsqlplusで、
データを調べたいのですが、
出力形式が見づらくて困っています。

よくわからいのですが、
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
---------------------------
1の値 2の値
3の値
---------------------------
カラム名1
---------------------------
カラム名2
---------------------------
カラム名3
-----------------------...続きを読む

Aベストアンサー

SQLPLUSを起動して、

SQL>set linesize 列数

でどうだ。

SQL>show linesize

で確認ができる。

Qパーティションと論理ボリューム

こんにちは。

OSで良く聞かれる「パーティション」と「論理ボリューム」ですが
これは同意義なのでしょうか?。
使い分けが良くわからず・・。

すみませんがアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

パーティションは物理ディスク装置(HDD)を論理的に区分けした領域それぞれを指します。
UNIX系OSだとそのパーティションにファイルシステムが構築され利用されます。
ただ、いくら大きな容量のファイルシステムが欲しくてもその容量は物理ディスク装置(HDD)より大きくする事は出来ません。

そこで、物理ディスク(HDD)を何台か合わせた論理的なディスク装置を構築、物理ディスク装置のパーティションと同じものを作成してそこにファイルシステムを作成すれば容量の大きいファイルシステムを使用出来る事になります。

そのOSの機能がLVM(Logical Volume Manager:論理ボリュームマネージャ)といいます。

LVMの用語で、物理ディスク装置(LinuxではLinux LVMパーティションでも可能)の事を「物理ボリューム(PV)」、物理ボリューム(PV)をいくつか合わせた論理的なディスク装置を「ボリュームグループ(VG)」、ボリュームグループ(VG)に作成したパーティションのようなものが「論理ボリューム(LV)」と言います。

下記、日本HPのHP-UXでのLVMですが、物理ボリューム(PV)、ボリュームグループ(VG)、論理ボリューム(LV)の関係が図で説明されているので理解出来やすいのではないかと思います。

○日本HP
 はじめてのHP-UX
 第10回:LVMによるディスクボリューム管理・その1
 http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/hpux/developer/column/beg_integrity_10/

パーティションは物理ディスク装置(HDD)を論理的に区分けした領域それぞれを指します。
UNIX系OSだとそのパーティションにファイルシステムが構築され利用されます。
ただ、いくら大きな容量のファイルシステムが欲しくてもその容量は物理ディスク装置(HDD)より大きくする事は出来ません。

そこで、物理ディスク(HDD)を何台か合わせた論理的なディスク装置を構築、物理ディスク装置のパーティションと同じものを作成してそこにファイルシステムを作成すれば容量の大きいファイルシステムを使用出来る事になり...続きを読む

Qスペシャルキャラクタファイルとスペシャルブロックファイルの意味は?

「キャラクタスペシャルファイルは一文字単位で入出力を行い、ブロックスペシャルファイルはブロック単位でバッファリングを行う。」

という情報を見つけたのですが、さっぱり意味が分かりません。これら2つのファイルの意味を教えてください。

Aベストアンサー

>ところで、/dev/hdaはブロック型スペシャルファイルだとして、キャラクタ型のスペシャルファイルはどこにあるのでしょうか?

Linuxはちょっと特殊でLinux以外のUNIX系OSと異なり/dev/hdaに対応するキャラクタ型スペシャルファイルは存在しないはずです。

以下、Solaris 10(x86版)での例です。
※上がブロック型スペシャルファイル、下がキャラクタ型スペシャルファイルです。

# ls -l /dev/*dsk/c1t0d0s0
lrwxrwxrwx 1 root root 48 4月 23日 22:01 /dev/dsk/c1t0d0s0 -> ../../devices/pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@1/sd@0,0:a
lrwxrwxrwx 1 root root 52 4月 23日 22:01 /dev/rdsk/c1t0d0s0 -> ../../devices/pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@1/sd@0,0:a,raw

# ls -l /devices/pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@1/sd@0,0:a*
brw-r----- 1 root sys 28, 0 6月 6日 10:42 /devices/pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@1/sd@0,0:a
crw-r----- 1 root sys 28, 0 6月 6日 10:38 /devices/pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@1/sd@0,0:a,raw


>ハードディスクがブロック型とキャラクタ型の両方のスペシャルファイルをもつということですが、これはつまり、用途によって使用するスペシャルファイルを選択できるということでしょうか?

一般的なUNIXでは、コマンドの引数としてハードディスクを指定する際に使用するのはキャラクタ型スペシャルファイル(raw device)の方を指定する事が多く、ブロック型スペシャルファイルを指定する事は少ないです。
 

>ところで、/dev/hdaはブロック型スペシャルファイルだとして、キャラクタ型のスペシャルファイルはどこにあるのでしょうか?

Linuxはちょっと特殊でLinux以外のUNIX系OSと異なり/dev/hdaに対応するキャラクタ型スペシャルファイルは存在しないはずです。

以下、Solaris 10(x86版)での例です。
※上がブロック型スペシャルファイル、下がキャラクタ型スペシャルファイルです。

# ls -l /dev/*dsk/c1t0d0s0
lrwxrwxrwx 1 root root 48 4月 23日 22:01 /dev/dsk/c1t0d0s0 -> ../../devi...続きを読む

Qvmware上のゲストOSにpingが通らない

vmware上のゲストOSにpingが通らない

環境
?vmwareのゲストCentOS    ip 192.168.147.128 ゲートウェイ 192.168.147.1

?vmwareのホストwindowsxp ip 192.168.0.5 ゲートウェイ192.168.0.1

?ホストと同じセグメント上にあるMacosX ip 192.168.0.6 ゲートウェイ192.168.0.1

ゲストとホスト間ではpingが通るのですが、Macのパソコンからだとpingが通りません。
macでtracerouteコマンドを使うとLANのルータ(192.168.0.1)を通り、そのあとグローバルIP?(133.*.*.*)が2つくらい表示され結局ゲストまでたどり着きませんでした。
同じネットワークでないために、デフォルトゲートウェイに送り、そのまま外に出て行ってしまったのでしょうか?
こうなってしまう場合どうすれば、pingをゲストOSに通すことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.2の訂正です。
私の検証ではホストOSが192.168.0.0/24側(仮に1次側)に対してルーターの役割をしていないようです。
ゲストOSがNATの場合はホストOSが1次側からのアクセスをゲストOS側(仮に2次側)へ通過させませんのでルーティング情報を記述しても通信できません。(2次側から1次側への通信は可能)
従って、ゲストOSのネットワークアダプタはブリッジモードに設定しないと相互通信が出来ません。

QSQL実行結果の出力を見やすくしたい

Oracle 10gを使用して勉強をしています。
SQL実行結果の出力が見にくくて困っています。
以下、(1)は自分が実行したSQL文ですが、(2)のように見やすく出力したいです。

どのようにすればよいのでしょうか?
また参考となるWEB URLがある場合、頂けたら嬉です。

(1)自分が実行したSQL文
SQL> select
2 sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
3 from v$session
4 where type = 'USER';

SID SERIAL# USERNAME
---------- ---------- ------------------------------
OSUSER PROGRAM
------------------------------ ------------------------------------------------
MACHINE
----------------------------------------------------------------
TERMINAL
------------------------------
543 39 SYS
oracleuser sqlplus@HOGE-net (TNS V1-V3)
HOGE-net
pts/1


SID SERIAL# USERNAME
---------- ---------- ------------------------------
OSUSER PROGRAM
------------------------------ ------------------------------------------------
MACHINE
----------------------------------------------------------------
TERMINAL
------------------------------
544 5 SYS
oracleuser sqlplus@HOGE-net (TNS V1-V3)
HOGE-net
pts/0


(2)こんな感じで出力させたいです。
select
sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
from v$session
where type = 'USER';

SID SERIAL# USERNAME OSUSER PROGRAM  MACHINE   TERMINAL
---- ------- --------- ------ ---------- ---------  --------
139     2      TEST Owner sqlplus.exe   HOGE_XP HOGE_XP
144     20    SYSTEM      ORACLE.EXE HOGE_XP  HOGE_XP

Oracle 10gを使用して勉強をしています。
SQL実行結果の出力が見にくくて困っています。
以下、(1)は自分が実行したSQL文ですが、(2)のように見やすく出力したいです。

どのようにすればよいのでしょうか?
また参考となるWEB URLがある場合、頂けたら嬉です。

(1)自分が実行したSQL文
SQL> select
2 sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
3 from v$session
4 where type = 'USER';

SID SERIAL# USERNAME
---------- ---------- ---------------------------...続きを読む

Aベストアンサー

set pages 10000 lines 10000 trims on
col username for a30
col osuser for a30
col program for a30
col machine for a30
col terminal for a30

select
sid,serial#,username,osuser,program,machine,terminal
from v$session
where type = 'USER';

こんな感じでどうですか?
ちなみに、a30は30文字分の幅という意味です。
number 型のデータの場合には指定方法がかわりますが、
number 型はそのままでも表示が乱れることはあまりないので、
それほど気にしなくてもよいでしょう。


人気Q&Aランキング