子どものころに時代劇(多分NHK大河ドラマ)を見ていたら堀尾姓の下級武士が出ていました。
信長・秀吉・家康のエピソードのどこかに一瞬登場する人です。
もしかして秀吉の毛利責めの時の使者かもしれませんが、記憶があいまいです。
最近になって調べましたが、どうしても分かりません。
ご存じの方は、どんな物語に登場し、どんな役割を果たした人物かを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

堀尾吉晴1543(天文12)~1611(慶長16)



尾張の国、丹羽郡御供所村(現大口町)に生まれ、豊臣秀吉に仕えて、三中老の一人となった人です。
松江城を築き、初代城主となりました。

織田信長による浅井氏討滅後、近江攻め一番の功労として秀吉が近江長浜12万石を拝領すると吉晴は秀吉より、しばしば軍功を挙げた功績で100石を近江長浜に与えられた。
その後も軍功を挙げ、丹波国黒江に3500石→丹波国高浜1万7000石。1585年には、丹波坂本で2万石、1586年には、近江国佐和山で4万石と出世していった。
九州征伐、小田原征伐に従軍。小田原の役では山中城攻略に参加した。小田原の役後、吉晴は豊臣姓を許され、豊臣政権の中でも重きを成した。1591年、遠江浜松城12万石に移封となり、中堅大名となり、福島正則や浅野長政ら豊臣家重臣と肩を並べた。
1598年、太閤秀吉が没すると吉晴は、豊臣家の長年の功労者として重鎮の席に就き、生駒親正・中村一氏らとともに豊臣家の中老職を務めた。
同年8月、豊臣家五大老の筆頭・徳川家康と豊臣家五奉行の石田三成とが対立すると吉晴はその仲裁に入り、和議を調えた。
吉晴がこの仲裁に活躍した際、徳川家康は吉晴の抱き込みに力を入れ、次の天下人が徳川家だと予見した吉晴は、これ以後、急速に家康に接近した。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
そうです、この人です。
思ったよりずいぶん大物でしたね。

お礼日時:2003/11/04 21:42

以下の方の補足。


堀尾茂吉といい、信長の岐阜城(当時は稲葉山城)攻めに秀吉の傘下に功績あり。
信長が狩猟の時に拾った山住まいの猟師で、父は岩倉織田氏の浪人だったそうです。
秀吉は信長にねだって、自分の家来としたらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

茂吉の名は何となく記憶にあります。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/11/11 00:35

堀尾吉晴(ほりおよしはる)1543‐1611 のようですね。


尾張御供所に生まれ。
豊臣秀吉に仕え、1590 年 (天正 18) 遠江浜松の城主となった。
のち徳川家康に通じ,別に越前府中を与えられた。 1600 年 (慶長 5) 会津出兵に子忠氏を従わせ、
自身は命により上方北国の動静を探るため浜松より越前に向かった。
途中水野忠重の謀殺に遭遇し刺客を討った。同年出雲松江 24 万石に移った。

下記のHPに詳しく載っています。
http://www.ni.bekkoame.ne.jp/ca005338/busyou1/d2 …

参考URL:http://www.ni.bekkoame.ne.jp/ca005338/busyou1/d2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
参考HPは非常に参考になりました。

お礼日時:2003/11/04 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNHKドラマ『真田丸』で大坂の陣のあたりが描かれる放映日は?

あまり見られていないのですが、NHKドラマ『真田丸』で大坂の陣のあたりが描かれるのは第何回あたりで、おおよそ放映日はいつ頃になりますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

第41回~50回(最終回)が、最終章『大坂の陣』編です。
次回放送の第41回『入城』で、九度山を脱出し大坂城に入ります。
http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/story/story41.html#mainContents

Q秀吉の家康対策

いま大河ドラマ見ていますが、
秀吉は家康対策に相当苦心し、対応を誤ったのではないかと思うのですが、どうなんでしょうか?
秀吉の全盛期なのに、家康に人質を出すほどまでのことをしたのが理解できません。
豊かな関東への配置転換は正しかったのか?巨大な北条氏は滅ぼされたのに、巨大な徳川はなぜ放置されたのか?朝鮮出兵にほとんど参加しなかったみたいですが、それもよくわかりません。
そもそも秀吉の天下が一度実現したという見方が誤りで、秀吉と家康の二大巨頭時代であったのか?
仮の話ですが、今思うベストの封じ込め策はあるのか?教えていただきたいです
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、当時の関東はそれ程豊かではありませんでした。
米は多少取れたのでその辺はいいかもしれませんが
ド田舎です。
関東での都市といえば鎌倉くらいです。
そんなド田舎に家康は転封されました。
さて、本題です。
まず、秀吉と家康の二大巨頭というのは間違いです。
豊臣政権は秀吉を中心として
五大老(徳川家康筆頭、前田利家、上杉景勝、宇喜多秀家、
毛利輝元)と五奉行(浅野長政筆頭、石田三成、前田玄以、
増田長盛、長束正家)が主なメンバーでした。
朝鮮出兵では、江戸の都市開発をしなければならな
かったので、行きませんでした。逆に考えると
出兵しない程、関東は遅れていたという事です。
封じ込め策は、関東の周りに大大名で包囲してます。
上杉(会津)、佐竹(水戸)、浅野(甲府)、前田(金沢)です。
なので、秀吉存命中には何も動けないし、
死後もなかなか動けなかった訳です。
ここから天下を手中に収めた家康は凄いですね。

QみなさんはNHkの真田丸にどんな感想をお持ちですか?

私としては
大坂の陣に望む幸村の野望がないのが残念です。
おじいさんの代から才能はありながらチャンスに恵まれなかった真田家にやっと巡ってきた最後のチャンス・・・だからこそ赤い鎧で・・・ってんだと思うのですが。
でも、大体面白いです。作劇上いたしかたない部分ではあるかもです。

みなさんの感想もお聞かせください。

Aベストアンサー

演出が悪いのか、幸村が従来のイメージより柔弱な感じです。(若い時人質になっているので性格的に止むを得ないか)大坂の陣、戦後(死後)、薩摩藩藩主の島津忠恒から「日本一の兵(つわもの)」と言われたのに。

Q下級武士とは?

今日付けのある地方紙に「ここ手取は二百石から三百石の知行取りの下級武士の住まいだった・・・」とありますが、正しい記述でしょうか、お尋ねします。

Aベストアンサー

誤った記述です。

100石以上の家禄の武士は、どこの藩でも「上士」とされます。きちんとした屋敷に住み、外出する時は供を連れて歩く身分です。上士の出身であれば、実力や運次第で一代家老に昇進することもできたはずです。

ちなみに、「鬼平」で知られる長谷川平蔵宣以(のぶため)は、家禄400石くらいの旗本です。下級旗本と言われることはありません。

ちなみに、映画「たそがれ清兵衛」で、主人公の清兵衛は家禄50石程度の徒士(映画では勘定方)、清兵衛の友人は家禄300石程度の上士という設定でした。両者の身なりや屋敷を見れば納得できるでしょう。

Q事実はどうなのか。 大河ドラマで、真田丸で小田原攻めを放送ちたが、小田原の北条氏に使者として遣わさ

事実はどうなのか。

大河ドラマで、真田丸で小田原攻めを放送ちたが、小田原の北条氏に使者として遣わされたのは、真田丸では、真田信繁
軍師官兵衛では、黒田官兵衛
独眼竜政宗では、前田利家
が、太閤に降伏するように使者では入ったが
一体どれが正しいのか?
NHKは、大河ドラマは、史実に基づくとうたっているが、実際は、誰が使者として入ったのか?
この前の真田丸を見てそう思いました。
どなたか、本当は、誰が使者では入ったのか
歴史に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

小田原城攻めでの降伏勧告は、攻め手に加わった大名たちが各個に使者を送っていますので、
「どれも正しい」というのが答えです。
信繁ひとりが代表として遣わされたと言ったら史実に反しますが、他の使者については描写
を割愛しているだけなら、実際に信繁「も」使者にはなっているので「史実に基づいている」
と言っても嘘ではないのです。

Q信長・秀吉・家康のホトトギス

上記三人の人柄をホトトギスを用いて表現した文句は有名ですが↓

信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

これらは彼らの人柄をわかりやすく例えるために後世に詠まれた、とこのサイト内の他の質問から知りましたが、これらを考えた「誰か」というのは特定の人物として存在するのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

作者不明だそうです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~gokuh/ghp/think/zakki_08.htm

Q真田丸について : 石垣は、造られたのでしょうか? 工期は、どの位だったのでしょうか?

真田丸は、佳境に入ってきましたね。
ところで、その真田丸について教えて下さい。
1. 石垣は、造られたのでしょうか? (一見、土塁のようですが)
2. 工期は、どの位だったのでしょうか? (急いでいたのでしょうが)

Aベストアンサー

1.石垣はないです。
2.幕府と大阪方が完全に手切れになった(外交解決の可能性が完全に消滅して事実上戦争状態になった)のは、片桐勝元が大阪を退去した1614年10月1日です。
  おそらく、この直前or直後くらいから真田丸構築が始まったと思われます。
  駿府記の1614/10/11日の項にすでに後に真田丸と呼ばれることになる出丸の構築の記述があります。
  ちなみに、真田信繁(幸村)が九度山を脱出したと言われているのが10/9日(翁草)、大阪城にいる武将として名前があがるのが10/14日(駿府記)なので、
  真田信繁の大阪に入城してから議論された話ではなくて、その前から、もともと、あの位置に出丸を作ることは計画されていたのではと思われます。
  大阪冬の陣で実際に戦闘が開始されたのは、11/19日の木津川砦の攻防なので、その時期までには一通り完成していたと考えてよいでしょう。
  工期は1ヶ月強といったところでしょう。

Q秀吉は毛利を?

秀吉は毛利をどう傘下にしたんですか?
本能寺の変で明智を討つため、合戦中も毛利と和睦しますが、そのあとそれで勝てないとわかって毛利が降伏したんでしょうか?
それとも攻めて降伏したんですか?

Aベストアンサー

たしかに興味深いテーマですね。
多くの歴史小説では「勝者」となった秀吉側にスポットライトがあたっており、毛利側の状況についてはあまり確かな認識はないようですね。

定かではありませんが、確か秀吉との和睦のとき、すぐさま毛利方にも「本能寺の変」についての情報は入ったようです。もし、毛利方が後を追いかけようとすればできる状況であり、実際、当主の毛利輝元のおじであり、毛利全体の意思決定をしていた、「吉川元春」などは主戦論を主張していたようです。しかしながらここでもう一人、元就の子供で輝元のおじである「小早川隆景」という人が慎重論を展開し、彼の主張が通ったようです。

その根拠としては先に述べた方のとおり、「これからは秀吉の時代になるだろう。」という推測があり、今のうちにはっきりと秀吉支持の姿勢を見せておくべきだ、ということであったようです。おそらく、実際に剣を交えてみて、感じるところがあったのではないでしょうか。それは推測するしかありません。結果論になるかもしれませんが、その読みどおりになりましたし、その判断は正解だったといえます。

しかし、実際にその場にいて、慎重になれるかといえばなかなか難しいものがあると思います。そうした意味では「奇跡的」といってもよい判断だと思います。
この人は後に四国征伐、朝鮮出兵でも活躍をし、秀吉の大きな信任を得て「五大老」にまで取り立てられます。なかなかの知恵者で、多くの大名にも慕われたようです。自分はこのことを主として司馬遼太郎の小説で知りました。

名前しか知られていないのですが、もっと研究されてもよい人物だと思います。

たしかに興味深いテーマですね。
多くの歴史小説では「勝者」となった秀吉側にスポットライトがあたっており、毛利側の状況についてはあまり確かな認識はないようですね。

定かではありませんが、確か秀吉との和睦のとき、すぐさま毛利方にも「本能寺の変」についての情報は入ったようです。もし、毛利方が後を追いかけようとすればできる状況であり、実際、当主の毛利輝元のおじであり、毛利全体の意思決定をしていた、「吉川元春」などは主戦論を主張していたようです。しかしながらここでもう一人、元就の...続きを読む

Q真田丸ってどんな位置付けですか?織田豊臣徳川の天下の道筋から外れてる一大名をわざわざ何で取り上げるか

真田丸ってどんな位置付けですか?織田豊臣徳川の天下の道筋から外れてる一大名をわざわざ何で取り上げるかわからんですね。ネタ尽きた?笑 毎年時代劇作らないかんからしょうもない小作大名取り上げたってか?前に毛利元就もやってたよな?しかし真田丸って何なんだ?2年前の黒田官兵衛の時誰が代わりやってた?ちょい役だろ?織田豊臣の脅威的存在なりえたかよ!?武田や上杉位の脅威たりえたのかよ?歴史上のどんな位置付けか分からん、、、もうちょい人選しっかりしてほしいわ。質問は真田丸って何なんです?歴史上の位置付けは?です

Aベストアンサー

日本の歴史をいろんな人物の視点から見る、それが歴史小説・大河ドラマです。
家康から見た歴史、秀吉から見た歴史、いろんな人物がこれまで大河ドラマになりました。
 真田幸村も私の子ども時代から時代劇のヒーローです。子どもの頃は忍者のボスが真田幸村でした。
 小説「真田太平記」もたくさんの忍者が登場します。今回の真田丸は忍者が大活躍の奇想天外な活躍ではないようです。
 今日の真田丸もなかなかおもしろかったです。
 まだまだ大河ドラマになっていない人物はたくさんいますよ。加藤清正とか島津義弘とか・・・・・

Q織田信長と豊臣秀吉と徳川家康。

 江戸幕府を開き長年国内の統治に成功した徳川家康ですが、彼はどうして幕府を開き、政治を安定させる事ができたんでしょうか?。
 その前に織田信長と豊臣秀吉は全国を実質的に統治できましたが、どうして幕府を開いて、政府を作り全国を長年に統治できなかったんでしょうか?。
 そもそも、幕府って何ですか?。朝廷から任命されるんでしょうか?。
 

Aベストアンサー

本来、幕府とは将軍(征夷大将軍を含む)の居場所を指す言葉でした

それから転じて、征夷大将軍の政権機構を幕府と言うようになったのです

将軍は、天皇から将軍宣下を受けて、将軍となったのです
他の回答にもあるように令外の官です、令外の官とは律令に規定されていない役を称します、また、臨時に置かれる官で、その任務が終われれば解かれました

平安時代の征夷大将軍からの歴史を紐解いてください

このようなことは、歴史の経緯が判らなくて、その部分だけを抜き出したのでは全く理解することが出来ません

いろいろな事象は、突然起こるのではなく、歴史の流れの中のわずかなうねり、それがだんだんに大きくなって、あるとき、突然大きな事象となって現れます

ある瞬間を見るのではなく、流れで見ることを心がけてください


人気Q&Aランキング