AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

こんばんは

表題の件ですが、困ってます。

通常捨てればいいのですが、この器具について調べたいことがありましてC型肝炎ウイルスを滅菌したいと思います。

オートクレーブ滅菌は構造上できないので他の薬品や滅菌手法についてご存知の方がいらっしゃいましたら宜しくご教授ください。
 
 当方簡単な装置、薬品しか常備しておりませんのでその点も宜しくお願い致しますまた、こういった感染症に対する書籍・対応できる施設をご存知の方、宜しくお願い致します。

一応こちらにはC型肝炎ウィルスに汚染された医療器具とだけしか情報がないので答え方が難しいとは思いますが宜しくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

下のice_rifさんと重複しますが^^;家庭用塩素系の漂白剤を使用する事により除菌できます。

もちろん有機物が付着している場合は一回の消毒では確実にできないと思われます、またこの方法はC型肝炎ウイルスには有効ですが他のウイルス、菌に関しては有効、無効が分かれますので、あくまでC型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルスのみで考えたほうがいいと思います。
自信はないのですがたしかエチルアルコール系にも弱かったと思います、手元に資料がないのでなんともいえないのですが^^;結構いろいろな薬剤が有効なはずなんですが思い出せなくて。。。すみません^^;
感染症ですので取り扱いにはご注意を・・・・
    • good
    • 0

C型肝炎ウイルスで汚染した器具を調べたいと


いうことだと、滅菌してあっても、所属機関の
病原微生物に関する委員会の承認が必要になる
と思います。私の所だと、病原微生物取扱いの
経験者がP1実験室で行うことを要求される
可能性が大です。

C型肝炎ウイルスは、1%次亜塩素酸ナトリウム
溶液で不活化できます。血液などの有機物がある
と効力が落ちますので、毎回新しくした方が安全
です。次亜塩素酸ナトリウムは、10%溶液が
食品添加物として市販されています。
    • good
    • 0

何とも漠然とした質問ですね。

「器具について調べたい」というのが意味不明ですね。
加熱できないということであれば、化学的な方法を用いることになります。グルタールアルデヒド実用液に浸漬するのが一般的でしょう。でも、質問内容から察するに(素人さんが使うものではありません)危なっかしいです。医療器具ということは、それを使う医師やスタッフが居られるのでしょうから、専門家に任せたらどうですか。
本屋さんに行けば、専門書は何冊でもあります。
裏わざとして、医師の所属する医局とかあれば、そちらに依頼されてはどうですか。
    • good
    • 1

どの様な器具が対象なのか判りませんが、オートクレーブは高熱滅菌なのでプラスティック等は対応品でなければ溶けてしまいますね。


その場合は私達医療機関では、一般的に”ガス滅菌”しております。”エチレンオキサイドガス”を利用した滅菌方法で極端な話し、ティッシュ等も滅菌可能です。後は”アセサイド”という薬品を使った消毒方法が最近では内視鏡等で盛んに消毒の手法になってきています。オリンパス等のHPを確認してみてはいかがでしょうか?
こんな中途半端な回答でごめんなさい。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC型肝炎ウイルスは天日干しで消毒できますか?

C型肝炎ウイルス陽性の血液が付着した(かもしれない)服を消毒したいのですが、天日干しで大丈夫でしょうか?
本当は煮沸したいのですが、それは難しそうなので…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

C型肝炎ウイルス対策なら肉眼で見て血液がついていないのなら普通に洗濯して日干しすればいいです。B型肝炎ウイルスとかは濃ゆ目の次亜塩素酸とかでないとダメですが。

Q歯医者の治療でC型肝炎にはならないの?

いつも思うことなのですが、歯医者に行くと
ドリルでたまに歯茎を削られて血が出たり、歯槽膿漏のチェックを
する際になぞの針(目隠しをされているので実際に見たことが
ありませんが)で歯茎をちくちくされて血が出たり・・・

さすがに注射針は使い捨てのようですが、
ドリルや、歯石をとる器具って使い回しですよね?
その器具で以前治療された方がC型肝炎や、
何らかの病気の患者だった場合
そこから他の人に感染することってないのでしょうか。

Aベストアンサー

二回目の回答です。
前回の書き方ですと、誤解されてしまったかもしれないので、もう一度書かせて頂きます。
オートクレーブでは、通常すべての器材を滅菌していますが、それだけでは肝炎等の滅菌は十分ではありません。
肝炎、エイズ等に対応した特別な消毒液を使ってから、超音波洗浄、オートクレーブ等の通常の滅菌を行う、という意味だったのですが、言葉が足りずに申し訳ありません。
歯科医師、衛生士、技工師の学校、助手の講習会でも、院内感染予防は徹底するように教わりますので、気を付けている医院がほとんどだと思います。
ニュースでも、歯科医院で肝炎が院内感染したという話はあまり聞かないのはそういう理由だと思います。

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

Qオートクレーブ121℃15分の意味

今日、友人に何で培地を滅菌する際にオートクレーブで「121℃で15分」するのかまた、なぜ100℃以上の温度で加熱するのかわかるか尋ねられました。
私はわからずに答えを聞いたのですが、友人は答えを教えてくず自分でも調べたのですがよくわかりませんどなたか教えてください。

Aベストアンサー

 微生物の滅菌を行うとき大きな問題になるものに、一部の細菌が形成する芽胞の存在が挙げられる。
 芽胞はバシラス属やクロストリジウム属などの一部の細菌が生育環境の悪化に伴って形成する耐久型の構造であり、温度や薬剤などによる殺菌に対して極めて高い抵抗性を示す。
 通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。
 芽胞の状態にある細菌まで完全に殺す(=滅菌する)には、より高温での処理が必要となる。

 オーブンと同様の原理による乾熱滅菌では、180℃30分以上(または160℃1時間以上)の加熱によって芽胞を完全に殺すことが可能であるが、この方法では水分を含む物体や、培地などのような水溶液そのもの、あるいは高熱に弱いプラスチック類を滅菌することができず、金属やガラス器具だけにしか使えないという欠点がある。
 これに対して、オートクレーブ滅菌では通常、2気圧の飽和水蒸気によって温度を121℃に上昇させ、20分間処理することで、対象物の水分を保持したまま、しかも乾熱滅菌より低い温度、短い時間で滅菌を行うことが可能である。
 これはオートクレーブが水分存在下での加熱(湿熱)であるため、高温で促進された加水分解反応によって、微生物を構成する生体高分子の分解が促進される分、乾熱よりも効率よく滅菌されるためだと考えられている。

 微生物の滅菌を行うとき大きな問題になるものに、一部の細菌が形成する芽胞の存在が挙げられる。
 芽胞はバシラス属やクロストリジウム属などの一部の細菌が生育環境の悪化に伴って形成する耐久型の構造であり、温度や薬剤などによる殺菌に対して極めて高い抵抗性を示す。
 通常の生物は100℃の湯で煮沸するとごく短時間のうちに完全に死滅するが、芽胞は通常の生活環境に存在する生物の中では最も耐熱性が高く、30分間以上煮沸しても生き残り、完全に死滅させることはできない。
 芽胞の状態にある細菌まで完...続きを読む

Q歯医者の器具の消毒について

歯医者のアシスタントをしています。
この仕事についてから、ずっと気になっているのですが、患者さんの口に入れるバキューム、吸引チップなどがすごく汚いのです。古くてひびが入っているのものも使っています。ひびの部分が黒っぽく汚れています。
消毒や滅菌の方法は、先生の指示で行っています。私には専門的な知識はありませんので、言われたとおりにするだけです。

バキュームは、もちろんひとりひとり交換して消毒しているのですが、その消毒のしかたが疑問です。

朝一番に2つの容器に電解水を入れます。1つは「洗浄中」、もうひとつは「洗浄済み」と書いてあります。使用したバキュームは「洗浄中」に入れます。しばらくたったら「洗浄済み」に移します。次の患者さんが来たら「洗浄済み」から出したものを使います。…その繰り返しです。電解水は1日中交換しません。時間がたつと消毒効果がなくなると聞いた事がありますが…。これで本当にきれいになっているのでしょうか?
吸引チップはアルコール綿で拭くだけで、めったに新しいものと交換しません。
歯の根っこに入れるファイルも汚いです。使用頻度の少ない、番号の大きなものは白っぽい結晶みたいなものがこびりついています。気がつくとアルコール綿で拭き取るのですが、アシスタントの手が足りず、つい見逃してしまいます。

コップやミラー、ピンセットなどの基本セットなどはきちんと滅菌器にかけますが、タービンやエンジン、スケーラーなどはアルコール綿で拭く程度です。
あと、院内にゴキブリをよく見かけます。
私が患者なら、絶対にこの歯科医院では治療してもらいたくありません。
古い歯科医院なので、先生は70歳を過ぎたおじいさんです。それでも古くからこの地でやっているので、毎日たくさんの患者さんが来ます。

他の歯医者さんでは、どのようにされているのでしょうか?

歯医者のアシスタントをしています。
この仕事についてから、ずっと気になっているのですが、患者さんの口に入れるバキューム、吸引チップなどがすごく汚いのです。古くてひびが入っているのものも使っています。ひびの部分が黒っぽく汚れています。
消毒や滅菌の方法は、先生の指示で行っています。私には専門的な知識はありませんので、言われたとおりにするだけです。

バキュームは、もちろんひとりひとり交換して消毒しているのですが、その消毒のしかたが疑問です。

朝一番に2つの容器に電解水を入...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の補足です。
あなたたちスタッフは感染症高リスクの医院にいると自覚し、自己防衛すべきです。

患者に対しての安全・衛生管理があなたの言うとおりならば、その先生は歯科助手のことも考えていないはずです。つまり「あなたたちスタッフの血液・体液による感染症のリスクが患者さんたちよりも各段に高い」というのを認識して、自己防衛されたほうが賢明です。特にB型肝炎に感染する確率が高くなります。

タービン使用時に出血すると血液・体液が霧状になりあたりに噴霧されます。B肝の患者さんの中には自分がキャリアだと知らない人や自己申告すると治療を断られるために申告しない場合もあるそうです。以上のように対策をしている歯科医院でもリスクがあります。

また、医者の場合、常に最新の医療情報を入手して自己研鑚される方が多いのですが、お年寄りの場合学生時代に勉強しただけで、その後あまり勉強しない人もいます。勉強熱心な医者は必ず1~2年に1回は学会などに出席して最新の医学情報を入手する努力をしているはずです。あなたの先生はどうですか?

自己防衛のためにはまず知ることです。大きな書店の専門書コーナーや歯学部・歯科衛生士学校内やその近くの専門書書店に行けば、わかりやすいマニュアル本があるはずです。また、出入りの歯科材料会社の営業にわかりやすい本がどこで手に入るのか聞いてみるのもいいかも知れません。

No.1の補足です。
あなたたちスタッフは感染症高リスクの医院にいると自覚し、自己防衛すべきです。

患者に対しての安全・衛生管理があなたの言うとおりならば、その先生は歯科助手のことも考えていないはずです。つまり「あなたたちスタッフの血液・体液による感染症のリスクが患者さんたちよりも各段に高い」というのを認識して、自己防衛されたほうが賢明です。特にB型肝炎に感染する確率が高くなります。

タービン使用時に出血すると血液・体液が霧状になりあたりに噴霧されます。B肝の患者さんの中に...続きを読む

Q肝炎ウイルスの生存期間(寿命)について

肝炎ウイルス(とくにB型、C型肝炎)の体外での生存期間について教えていただきたいと思います。
特に、血液中などではなく、ものなどに付着した場合などの乾燥状態、水などにぬれた状態での生存期間を教えていただきたいと思います。
SARSはよく載ってるのですが、肝炎ウイルスについてはなかなか見つかりません。

Aベストアンサー

私は素人ですのですべて自己責任でよろしく。
予防注射はしてますか? これはとても感染防止に役立ちます。

>HBVなどがペンに付着する→そのペンを使ったとき指がさかむくれ(さかむけ?)していた。→そこから感染した。というようなことはやはりありえるのでしょうか?

血液を介しているかどうか不明ですが、血液を介している場合「ないとはいえない」でしょう。しかし、不特定のヒトの血液がペンに付着するようなことはあってはならないことですし、そのような場合がありえるときペンを持つとき手袋をするのは基本です。一方、その行為が「HBVに感染している人と軽くキスした場合」と同等かそれ以下と考えられる場合は「下では安全と明記されています」ね。

>ヒト血漿の入ったエッペンチューブを素手でペタペタ触ってしまいまして(血漿は触ってませんがエッペンの外に付着していないとはいえませんので)、すぐに手は洗ったのですが、そこまで念入りというわけでもなく、その手で他のものを使用したりしてたので、気になってました。

あなたに、手の傷がなければおそらく大丈夫でしょう。素手でさわらないのは基本ですから、やはり、あなた自身の理解や職場の安全対策、教育に「重大な欠陥」がある可能性がありますので、注意してください。また、安全対策の責任者(あてにならない場合あり)と仕事上の注意点を2重チェックしてください。

私は素人ですのですべて自己責任でよろしく。
予防注射はしてますか? これはとても感染防止に役立ちます。

>HBVなどがペンに付着する→そのペンを使ったとき指がさかむくれ(さかむけ?)していた。→そこから感染した。というようなことはやはりありえるのでしょうか?

血液を介しているかどうか不明ですが、血液を介している場合「ないとはいえない」でしょう。しかし、不特定のヒトの血液がペンに付着するようなことはあってはならないことですし、そのような場合がありえるときペンを持つとき手袋をす...続きを読む

Q福祉施設での電気剃刀の使いまわしについて

私はデイケアセンターで勤務しています。
サービスの一部として利用者の髭剃りを考えていますが、電気剃刀1台を購入して使い回しを考えているようです。
福祉施設に限らず医療機関でも一緒だと思いますが、入所者や通所者の髭剃りのため、複数の人間で電気剃刀を使いまわしすることは、感染などの面から問題は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

当施設には入所者が多数ですが、個人個人の電気剃刀を使うことに対して、手間であるという意見は、職員からは全く出ません。

むしろ、一つの電気剃刀を、1人1人使用した後に、消毒しなければならない時間と消毒の為のコストのことを考えてみるとどうでしょう。
時間も、コストも、手間も、かかります。
石鹸水や殺菌水で、菌が全て死滅すると思われますか?

例えば、HCV(C型肝炎ウイルス)であると、ステリハイドという消毒液が、多くの医療施設で使用されています。HCVは、アルコールで消毒しても死滅しませんし、石鹸水で洗っても死滅しません。ステリハイドは死滅効果がありますが、他の多くの消毒液につけておいても菌の死滅効果はありません。

石鹸水や一つの消毒液でこの世に存在する全ての菌が死滅するとは考えない方がよいと思います。
例えば、石鹸水で手を洗って、流水で充分に洗い流しても、全く菌がなくなるというわけではありません。極僅かではありますが、石鹸であらっても細菌は残っているのです。
物品の消毒薬は、ある菌には効果があるけれども、別の菌には効果がないという現実があります。
血液が付着する危険性の高い剃刀などは、使い捨てにするか、個人個人に使用することが基本です。

当施設には入所者が多数ですが、個人個人の電気剃刀を使うことに対して、手間であるという意見は、職員からは全く出ません。

むしろ、一つの電気剃刀を、1人1人使用した後に、消毒しなければならない時間と消毒の為のコストのことを考えてみるとどうでしょう。
時間も、コストも、手間も、かかります。
石鹸水や殺菌水で、菌が全て死滅すると思われますか?

例えば、HCV(C型肝炎ウイルス)であると、ステリハイドという消毒液が、多くの医療施設で使用されています。HCVは、アルコールで消毒し...続きを読む

QB型肝炎について

B型肝炎は感染力が強いと言われていますが、高圧、高温でしか滅菌する事はできないのでしょうか?エイズウィルスは空気に触れると短時間で死んでしまうと聞いた事がありますが、B型肝炎ウィルスは空気に触れても死なないのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

空気に対してどうなるか把握していませんが、針刺し事故防止の徹底、ゴム手袋の着用や、極力患者の血液や体液に触れない事が原則です。

B型肝炎ウイルスは煮沸消毒では完全に死滅させる事はできません。

消毒用アルコールや逆性石鹸も効果無し(もしくは効果弱)と言われています。

医療現場では次亜塩素酸系の消毒薬が効果を認められているようです。

QC型肝炎の感染率

昨日、歯科治療の補助をしてたときに、C型肝炎の患者さんに歯茎がはれていた部分にアクリノールで消毒しました。
治療が終わり、先生がグローブをはずす際(慎重にせずに無理やり剥ぎ取るようにはずしたので)そこについていた血液が混ざった消毒液が私の額につきました。
ちょうどニキビがある部分でした。

先生に伝えたら、血液は入ってない。イルガサンアルコールで消毒をしておけば大丈夫。と言われただけでした。
全く人事で、先生の言った言葉に興ざめでした。

消毒する際多少たりとも出血はします。実際私は出血している部分を見ています。

このような場合、
(1)C型肝炎に感染しますか?
(2)他に対処することはありますか?
(3)病院で検査した場合検査費用は先生に請求できますか?
ちなみに、労災に加入してほしいと入社時に頼んだのですが加入してくれませんでした。
(4)どのくらいの割合で検査に行ったほうがいいですか?
(5)ただ額を拭いただけでウィルスはとれていますか?

質問が多くなってすいません。ナーバスになっています。

Aベストアンサー

C型肝炎の感染経路は基本的にエイズと同じですが、感染力は強くないようです。私の母はC型肝炎ですが、私には母子感染していません。

この手の病気の場合、うつるときはうつるが、通常はうつらないとしか、言いようがありません。既に患者さんの血液の接触は終わってしまっていますので、今さら対処方法はありません。額を拭いただけで取れるかと言われたら、本当ににきびなのか、それとも他の種類のおできなのか、細胞の炎症や油脂の毛穴への詰まり方はどうか、自分の血液が直接外に出ているか(感染し易くなる)、血液は全く外部に漏出せず細胞の炎症だけが見られる状態なのか(細胞が死んでしまうと、生きている細胞の中でしか生存できないウイルスは生存不可能で感染しにくくなる)などなど、考慮すべき要素は多く、どのくらいの割合で検査に行ったほうが良いかは断言できません。

気になるなら血液検査をしてもらうだけです。検査費用の請求は難しいかもしれませんが、万が一、感染していたら、連合なり弁護士なりに相談して、慰謝料を請求しましょう。

なお、感染していた場合の対応策ですが、C型肝炎向けのインターフェロンは開発が終わり、実用段階に入っていますので、対処療法ではない根本的治療が可能です。ただし、副作用がきつく、髪が抜けたり、一日中、疲労感で動けなくなったりする注射を、一年間に渡って何度も打ち続けるという、忍耐力と金がなければ絶対に治癒に到達しないという病気です。放置して肝臓ガンになるよりはましですが。

C型肝炎の感染経路は基本的にエイズと同じですが、感染力は強くないようです。私の母はC型肝炎ですが、私には母子感染していません。

この手の病気の場合、うつるときはうつるが、通常はうつらないとしか、言いようがありません。既に患者さんの血液の接触は終わってしまっていますので、今さら対処方法はありません。額を拭いただけで取れるかと言われたら、本当ににきびなのか、それとも他の種類のおできなのか、細胞の炎症や油脂の毛穴への詰まり方はどうか、自分の血液が直接外に出ているか(感染し易くな...続きを読む

QC型肝炎の感染経路

C型肝炎の感染経路について、質問です。

C型肝炎については、血液感染することが広く知られていますが、ここに言う”血液”とは、どれくらいの鮮度のものですか?

たとえば、他人と共有している本などに血液のようなものが染み付いていることってありますよね?そういう部分に触れた場合に、感染する可能性はありますか?

それとも、輸血や針刺し事故など、まだ血液が液体である状態で、それが自分の傷口等に触れた場合にのみ、感染するのでしょうか?

医学や医療に精通している方にとっては、無知な質問かもしれませんが、お答え頂けると助かります。

Aベストアンサー

結論から言うと乾燥した血液から感染することはまず考えられません。

C型肝炎の原因になるものはC型肝炎ウイルスですが、このウイルスは感染力は元々それほど強くなく、医療従事者がC肝を持っている人の血液で針刺し事故を起こした場合でも感染率は平均で3%です。activeな状態のウイルスが存在している血液が体内に入ってもこの程度の感染率です。ただ、輸血の場合は状況が違います。輸血の場合はもっと大量にウイルスの入った血液が体内に入っていくので感染率は相当な高率になります。

で、ここで乾燥した血液という話に戻りますが、乾燥しているということはそこの血液内の細胞は死滅していますし、ウイルスも細胞ではありませんがその構造が壊れている可能性は高い。中には塩基配列の形で残っているものもあるかもしれませんが、ほとんどはその塩基配列すら壊れてウイルスとしての体裁を成していないでしょう。要は感染力を持った正常なウイルスが存在している確率はゼロに近いし、あったとしても非常に数は少ない。
よってそこを触ることで感染力を持ったウイルスが手に付く確率もゼロに近いと言えます。よしんば付いたところでそのウイルスが感染するには血液内に入らなければいけないので手に流血するような傷口でもない限り血液内に入ることはあり得ません。さらに万が一(確率的には1/10000より低いでしょうが)、血液内にウイルスが入ってもその程度の少量のウイルスで感染が成立する可能性はこれまたゼロに近いでしょう。

総合して考えて完全に乾燥した血液に触れて感染する確率は限りなくゼロに近い、というよりゼロだと思っていいと思います。もしどうしても気になるならすぐに手をよく洗えばいいことです。

ちなみに私は医師ですが、救急外来などでC肝持っているかどうか分からない人とかの採血をすることなどしょっちゅうあります。その時に指に新鮮な状態の血液が付着することも日常茶飯事です。でもそういう状況でもすぐに洗い流せば仮にC肝の感染者の血液でもまったく問題はないのです。これはC肝に限らず、B肝やHIVでも同じことです。血液を介して感染する主なウイルスたちは指にちょろっと血液が付いた程度ではまず感染しません。

結論から言うと乾燥した血液から感染することはまず考えられません。

C型肝炎の原因になるものはC型肝炎ウイルスですが、このウイルスは感染力は元々それほど強くなく、医療従事者がC肝を持っている人の血液で針刺し事故を起こした場合でも感染率は平均で3%です。activeな状態のウイルスが存在している血液が体内に入ってもこの程度の感染率です。ただ、輸血の場合は状況が違います。輸血の場合はもっと大量にウイルスの入った血液が体内に入っていくので感染率は相当な高率になります。

で、ここで乾燥した...続きを読む


人気Q&Aランキング