今「レプラコーンの仲間たち」(東洋書林)を読んでいるのですが、丁寧に愛らしく作ってあって、幸せな気分になっています。
こんな感じの本、他にご存知の方いらっしゃいませんか?
(「こんな感じ」といってわかってもらえるほど、この本てメジャーじゃありませんよね……(^_^;))

最近このあたりのことに興味があるので、図書館から関連本を借りてきています。
アレイスター・クロウリーの「魔術 理論と実践」は内容の全部じゃないけど面白かったです。しかし今わたしが求めているのはこういう類のものではなく!
もっとファンタジックな・可愛らしい・宝物になりうる・本です。

妖精や小人、魔術に関する本で、「これがお気に入り!」という本をお持ちの方……ぜひ教えて下さい。
できれば小説じゃないものをお願いします。解説本(解説する本にあまり愛らしい本がナイ、というところがモンダイです)がいいのですが。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

再びです。



http://www.amazon.co.jp/

これで、たとえば、
本ー洋書ーFlower Fairies of the Spring
で、検索すると、いちおうでました。
ただし、ユーズドもの?しかも在庫少みたいです。
わたしもほしいです~。

もとはといえば、森永ハイクラウンチョコの
なかにはいっていたおまけカードです。
20年ほど前に、カードも集め、偶然見つけた本
の方も買いました。どちらもそろっていませんが、
けっこう私にとっては、おたからです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

けっこう何冊かありますね。古典なんでしょうねー。
思ったより値段安いので買っちゃおうかな?えー、次の給料が出たあたりに(^_^;)。

再度のご登場ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/08 23:14

10年ほど前に読んだ本なのですが


「はなはなみんみ物語」
という本があります。
結構深いテーマがあって、非常に楽しめました。
是非。

参考URL:http://product.esbooks.co.jp/product/u/01/05?acc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有名な本ですよね。読んだような気がしていたのですが、
あらすじを見ると実は読んでないかも……?図書館で見つかりそうですから、とりあえず読んでみます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/08 23:11

少しお探しの趣旨とは外れた本になるかもしれませんが…



妖精の育て方
葛城綾 著 高田美苗 画
白泉社刊(MOE Books) 1800円
ISBN4-592-73120-4

という本があります。
大判で70ページ程のイラスト集のような絵本ですが、タイトルどおり妖精の育て方についての解説書(飼育書?)仕立てになっています。
勿論内容はナンチャッテなのですが、作り込みが丁寧で挿絵も美しく、宝物的に本棚に飾るには最適の本かと思います。

初版発行が1994年でやや古い本ですが、今でも大きな書店では児童書や癒し系絵本の棚で見かけます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおー、題名はかなり近い感じです。あとは絵が好きかどうかと「ナンチャッテ」具合によりますね。許せるナンチャッテと許せないナンチャッテがありますもんね(^。^)。
>作り込みが丁寧で挿絵も美しく、宝物的に本棚に飾るには最適の本かと思います。
うーん、惹かれる……。見てみます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/08 23:09

ずいぶん昔の本、洋書です。



Flower Fairies of the Garden
       of the Trees
      of the Wayside
      of the Autumn
      of the Spring
of the Summer
A Flower Fairy Alphabet

POEMS AND PICTURES BY
CICELY MARY BARKER

BLACKIE:LONDON AND GLASGOW

ISBN 0 216 89869 2
ISBN 0 216 89870 6

という洋書がありました。
2冊もってますが、今はどうでしょうか。
本自体には、それ以上の情報はありませんし、
20年ほどまえに、御茶ノ水の紀ノ国屋、
洋書コーナーでみつけました。

すてきなイラストと、詩の、文庫本サイズくらい
の本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、ご回答を拝見した限りでは食指が動くのですが……、海外の本の取り寄せってこれはもう買わなければならない……ような気が……実物を見てから決めてもいいのかなー。
考えてみます。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/05 23:12

こんばんは。



私が持っている本は、
中山星香さんがイラストを描かれた解説本です。
友達に貸したままでタイトルはちょっとわからないのですがι
(ゴメンナサイ)
各国の妖精や聖獣、魔物の解説本です。

中山星香さんは、ファンタジーまんがでは
草分け的な存在で、昔はファンタジーを描きたいと
言っても、出版社では誰もわかってくれなかったとか。

あとは解説本というか
『悪魔のダンス』『天使のひきだし』
(視覚デザイン研究所)
名画などに描かれた天使や悪魔を
可愛いイラストつきで解説しています。
ほかには神話や黙示録、聖書のシリーズもあります。

あとはもうファンタジーといえば
トールキンの『指輪物語』こと
『ロードオブザリング』でしょう。
ファンタジーを語るならこれを読まねば!
と中学の時に聞いたけど長すぎて挫折しましたが(^ ^;)

ご参考になれば(なるのか…?)幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うっ……すみません、全部既読です(^_^;)。(立ち読みもありますが)
みんな解説本としてはそこそこ面白かったんですが、今ひとつ愛するには足りないものがあるかなあ……。ひょっとして商業ベースに乗っている出版物では難しいのかも(^_^;)。(と、ある程度予想していました。回答もしにくいですよねー)
ご回答くださってありがとうございました。

お礼日時:2003/11/05 23:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング