「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

時代劇を見ていると、武家の女性が帯に懐剣を差していることがありますが、同じ作中でも場面が変わるとあったりなかったりします。
実際、懐剣というのは常には携帯されないものだったのでしょうか?
そもそも懐剣は外出時に護身用で持つものである、というろころまでは自力で調べられたのですが、それはつまり、基本的に危険なことがないであろう屋敷やお城にいる際は、携帯しなかったということですか…?
よろしくお願い致します。

A 回答 (5件)

携帯していました。


お城内は危険でない、なんてことはありません。
あの江戸城でさえ、刃物沙汰は何度も起こって
います。

目的は護身もありますが、あの小さな刀で
どれほどその目的が達せられるか、疑問です。

護身の他に、プライドを傷つけられたとき
自決するため、という意味もあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

江戸城の例をあげていただいて、とても納得しました。
確かに歴史を思い返してみると、屋内だからといって決して安全ではないですね。
自決の際に使うこともあることは存じ上げておりましたが、改めて示してくださってありがとうございます。
懐剣一本にも武家のプライドが込められているんですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/28 11:07

>実際、懐剣というのは常には携帯されないものだったのでしょうか?



政略結婚の場合は、常時携帯していた様ですね。
イザとなれば、実家の為に旦那を殺害する目的もありましたから。
逸話としての、信長に嫁いだ道三の娘。「イザとなれば、信長を殺せ!」と命じられていたとか?
嫁さんになったと言っても、敵の元に嫁いだ人質です。

幕藩体制が安定し、既に戦いが過去のものになった頃。
外出中のみ、守り刀を携帯した様です。
戦いの為というより、お家の名誉を守る為に「自害」する手段として持っていました。
今でも、日本式結婚式では「新婦の衣装には、小物として守り刀」が付いています。
地方では、今でも「嫁ぐ娘には、(銃刀法違反にならないように、刃が無い)守り刀」を持たせる地域があります。
先輩の嫁さんが持っている守り刀は、結婚当時(10年前)10万円もしたそうです。^^;
金糸の袋に入っているのですが、中身は見せて貰えませんね。
夫婦安泰なので、一度も帯を解いた事がないとの事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史に明るくない私も濃姫のそのエピソード自体は存じ上げていましたが、そういえばあれも懐剣が関わるお話だったなあと思い出させていただきました。
実は質問のきっかけは、婚礼衣装のポスターで懐剣を身に付けた花嫁さんを見かけたことだったので、実際に懐剣を持ってご結婚された方のエピソードは興味深かったです。
懐剣とお家の誇りには深い繋がりがあるのですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/29 03:45

神楽の国から      なつかしの国石見だより 烈女 お初・・・・浜田の歴史


http://island0223.exblog.jp/6621740/

1724年に鏡山事件が起きました。詳しいことはリンク先を見て欲しいのですが、護身用でなく自害用であり、時に暗殺用でもあったのです。だから危険があるとかないとか全然関係ない。武家の娘の嗜みとして誰でも常時携帯していたということです。いざという時に自分の喉下にぐさっとやるわけです。

時代劇製作者がどこまで理解しているか分かりませんが、江戸時代は個人の時代でなく家の時代です。武家の娘にとっては自分の命よりも家名と武門の名誉を守ることが最優先なのです。現代人の感覚に捉われると歴史を見失ってしまいますから注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

護身用、自害用以外にも、暗殺に使われた例があるのですね。
女性の持つ懐剣にどこまで「敵を倒すための武器」としての役割があったのだろうかとは思っていたのですが、鏡山事件では完全にそれですね。
他の方のお礼でも書いたのですが、懐剣一本(とその使い方)にも武家のプライドが込められているのですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/29 03:32

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>実際、懐剣というのは常には携帯されないものだったのでしょうか?

幾つかに分けて考えましょう。

旗本や御家人の妻・・・外出時のみ携行。
奉行や老中などの役職者の妻・・・家の中、外出時共に携行。
大名・・・正室と側室のみ家の中、外出時共に携行。
大奥・・・正室、上臈御年寄、御年寄、御客会釈、御中臈までが大奥内、外出時に携行。
     ただし、御中臈は将軍のお手つきになった者だけが許可されました。
     それ以下の者は携行していませんでした。

(よもやま話)
5代将軍綱吉は、側室のお伝の方ばかりを寵愛したため、正室の信子がやきもちを焼き、信子は綱吉を大奥へ呼び寄せ、久し振りにくつろいでいたところ、信子はやおら懐剣を取り出して綱吉を殺害してしまいました。そして、自分と御台所付御年寄・伊豆局が首に懐剣を突き立てて二人とも自害しました。
徳川実記では、綱吉の死んだ日と信子の死んだ日をずらして記してあるが、証拠としては、寛永寺にある信子の墓には、明治になるまで犯罪者の証である「投網」が被せられていました。、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

成る程、一口に武家の女性と言っても、身分によっても違うのですね。
特に大奥に関しては、色々と細かなしきたりがあるということはなんとなく知っていましたが、懐剣の携帯についても決められているとは…。
綱吉のお話も面白かったです、そのような説もあるのですね。
皆さんのご回答で、懐剣に対する認識がかなり変わりつつあります。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/28 21:22

基本的に屋内での護身、それと外出時の護身です。


それと、護身以外にも懐剣は使われます。

護身の為の物なのに、持ち歩いていなければ意味がありませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

場所に関わらず常に携帯しているものなのですね。
ということは、質問の冒頭に書いたような時代劇の場合、あったりなかったりするのは演出の都合なのかもしれないですね…。
(あるいは見えないところに隠し持っているんでしょうか…)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/28 11:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の武家の女性装束について

江戸時代の武家の女性の装束ですが、庶民とはTVなどで異なるようです。ネットで画像を検索しているのですが中々、ヒットしません。
髪型や衣などについて詳しく解説されているサイトがあったら教えてください。髪形も武家は違うのですね。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>江戸時代の武家の女性の装束

まず、髪型ですが、武家の女性は「島田髷(まげ)」でした。
しかし、島田髷といっても時代とともに数十種類にも及び、いつの時代でも女性の流行に余念がなかったようですね。
次のサイトの一番左上(島田髷の由来は)が、武家の女性の一般的な髪形です。
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4GGLL_jaJP332JP332&q=%E5%B3%B6%E7%94%B0%E9%AB%B7&um=1&ie=UTF-8&ei=s0f6SoSRH8-PkQWJuMSuCw&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CBMQsAQwAA
島田髷の由来は、東海道島田宿の遊女が結ったのが名の起こりです。

衣服について。
武家も大商人たちもそうでしたが、女の元服19歳までは「振袖」で、結婚したり、元服を過ぎると「留袖」を着ました。
現代は、「留袖」と言うと「冠婚葬祭用」を言いますが、昔は、「振袖」に対して、袖が短い・・・という意味でした。
http://www.weblio.jp/content/%E7%95%99%E8%A2%96

また、一般的には「小袖(こそで)」といって、「留袖」よりは気軽な服装でした。
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4GGLL_jaJP332JP332&q=%E5%B0%8F%E8%A2%96&um=1&ie=UTF-8&ei=cE76SoXGOMuSkAW4vojDCw&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CBwQsAQwAA

また、高貴な武家の奥方になると、その上に「打掛」を着ていました。
http://wedding-gyao.usen.com/glossary/word/006044002

この「打掛」も今では、結婚式の花嫁の衣装と思われがちですが、江戸時代は、身分の高い武家などでは一般的に羽織っていました。

写真を添付します。
解説には、
上流の女の装い
中央の武家の奥方は「打掛」(小袖の上に着る小袖)姿。
左右にいる祐筆と御側女中は半模様の小袖。
とあります。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>江戸時代の武家の女性の装束

まず、髪型ですが、武家の女性は「島田髷(まげ)」でした。
しかし、島田髷といっても時代とともに数十種類にも及び、いつの時代でも女性の流行に余念がなかったようですね。
次のサイトの一番左上(島田髷の由来は)が、武家の女性の一般的な髪形です。
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4GGLL_jaJP332JP332&q=%E5%B3%B6%E7%94%B0%E9%AB%B7&um=1&ie=UTF-8&ei=s0f6SoSRH8-PkQWJuMSuCw&sa=...続きを読む

Q昔の時代、日本人の女性はどのように自殺しますか

つまらない質問、申し訳御座いません。

昔の時代、切腹も斬首も男性に属する自殺方法ですか。
女性にとっては、なんか怖いような気がします。
優しい方法はあるかと思います。
昔の時代、日本人の女性はどのように自殺しますか。
それとも男性の切腹と斬首一緒ですか。

つまらない質問、本当に申し訳御座いません。(><)

Aベストアンサー

大抵は喉か胸を短刀で突いて自殺しますが、切腹した女性で有名なのは8代将軍足利義政の側室「今参の局」と言われておりますが、確実な話ではなく「彼女ならやりそうだ」という程度ではっきりはしません。
壇ノ浦で安徳天皇を抱いて入水自殺した「二位の局」のような投身自殺も多く、これは伝説ですが、織田信長の正妻「帰蝶」は夫とともに本能寺で焼身自殺したと言うのもあります。
明智光秀の娘で細川家に嫁いだ「ガラシャ(玉)」は宗教上の理由で自殺できず、家臣に命じて自分を殺させたのでこれも一種の自殺。
女性が優しくなったのは江戸時代からの話で、木曽義仲の巴御前など合戦に出てますし、岐阜県の岩村城では織田信長の叔母さんが城主として戦っております。
持統天皇も女性ながら天武天皇と同行し弘文天皇(大友皇子)と戦ったと言う伝説もあります。
一般の女性でも戦いで死んだ武士の首を化粧したり死体を目にする機会も多く、かなり殺伐としており、男同様と言う女性は多かったと思います。
江戸期に入ると裾が乱れないように縛って喉や胸を突くのが武家の女の嗜みですが、後期には男も「扇子腹」といって、扇子で腹を切るまねをしてすかさず介錯人が首を切って留めをさすと言う「優しい切腹」になりましたので、女性も刃物での自殺は少なくなったと考えます。

大抵は喉か胸を短刀で突いて自殺しますが、切腹した女性で有名なのは8代将軍足利義政の側室「今参の局」と言われておりますが、確実な話ではなく「彼女ならやりそうだ」という程度ではっきりはしません。
壇ノ浦で安徳天皇を抱いて入水自殺した「二位の局」のような投身自殺も多く、これは伝説ですが、織田信長の正妻「帰蝶」は夫とともに本能寺で焼身自殺したと言うのもあります。
明智光秀の娘で細川家に嫁いだ「ガラシャ(玉)」は宗教上の理由で自殺できず、家臣に命じて自分を殺させたのでこれも一種の自殺...続きを読む

Q日本史上の武家の妻たちの役割とは?

NHKの大河ドラマなどをみていて思うのですが、いわゆる戦国武将や武家の妻達についてふと思いました。

今では「妻」といえば料理洗濯炊事などの家事に加えて子育てなどをし、「家庭を守る」という重要な役割を担っていますが、歴史上の武家の妻達って、そういったものを全て飯炊き女や乳母にまかせっきりで、夜伽以外は、正直言ってなんにもしてない気がします。

彼女たちは何をもって「妻の役割」としていたのでしょうか?
後継ぎを産み、側室を管理することだけだったのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

 私は、下級武士の女房であれば、現代のサラリーマンの専業主婦よりは、はるかに大変という印象を持っていますが、お話が戦国武将や大名の妻ということですので、現代の奥さん方との比較はなかなか難しいですね。でも大名の奥さんも、それなりに大変だったんじゃないでしょうか。
 皆さんがおっしゃっていますように、大名の妻達はほとんど100%政略結婚により、無理やり嫁に行かされました。亭主になる男がどんな人間であるか全くわからないわけですから、大変な不安と心労を胸に抱えて嫁入りしたのだと思います。
 戦国大名の妻ですと、両家の同盟の証として嫁入りしました。嫁としてはその同盟を崩れないようにするために、ない知恵と力を出していろいろ気配りをしたんではないでしょうか。
 人質ですから両家が離反すれば、自分の命はもちろん、子供や夫、または実家の父母や兄弟の命が危うくなるわけですから、その気苦労は相当なものであっただろうと想像できます。
 それから江戸時代になって世の中が落ち着いても、政略結婚は続いていました。嫁ぎ先と実家との戦争ということはなくなりましたが、今度は参勤交代の制度ができ、正妻はと家族は江戸住まいとなり、これも幕府への人質といえるでしょう。
 大名の妻がテレビドラマの山内一豊の妻のような性格の人ばかりとは限りません。多くは乳母や女中にかしづかれていた深窓のお姫様です。対人コミュニケーションは上手であったとは思えません。お千代さんのような前裁きが上手な人はむしろ少なかったと思いますね。
 嫁入りのときは乳母や少数の家来が実家から付けられていたとはいえ、大名家の裏方を統率していくことにはそれなりの気苦労があったと思います。また当時は当たり前であったとはいえ、側室の問題から発生する嫉妬心の処理にも困ったことでしょう。
 そういうことで、大名の妻は現代サラリーマンの専業主婦よりは大変であったと思います。
 今のサラリーマンの専業主婦なんて楽なもんです。
 一昔前の主婦は大変でした。朝早く起きて、井戸から水を汲んで水がめに水を入れ、竈に薪をくべて飯を炊き、汁を作り、井戸端で盥と洗濯板で衣類を洗い・・・。こういうイヤミなことをしょっちゅういうもんだから、家内に嫌がられていますが(笑)。

 私は、下級武士の女房であれば、現代のサラリーマンの専業主婦よりは、はるかに大変という印象を持っていますが、お話が戦国武将や大名の妻ということですので、現代の奥さん方との比較はなかなか難しいですね。でも大名の奥さんも、それなりに大変だったんじゃないでしょうか。
 皆さんがおっしゃっていますように、大名の妻達はほとんど100%政略結婚により、無理やり嫁に行かされました。亭主になる男がどんな人間であるか全くわからないわけですから、大変な不安と心労を胸に抱えて嫁入りしたのだと思...続きを読む

Q夜着に使っていた白い着物の名称

時代劇の大奥のシーンなどで、夜寝る時に着ている白い着物は、着物なのでしょうか、長襦袢なのでしょうか、それとも夜着とした全く別ものなのでしょうか?
以前から気に入っていたのですが、その着物の名称も分からず、調べようも無いまま今まで来てしまいました。
知っている方がいらしたら、是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>時代劇の大奥のシーンなどで、夜寝る時に着ている白い着物は、着物なのでしょうか、長襦袢なのでしょうか、それとも夜着とした全く別ものなのでしょうか?

普通に「寝巻き」で良いのですよ。
また、「寝衣(しんい)」とも呼びます。

なお、良く菱形のような白い透けた柄がありますが、
「工事繋ぎ(こうじつなぎ)」や「紗綾形(さやがた)」多く用いられました。

紗綾形:
http://haruusagi.gozaru.jp/NewFiles/photoshop-pattern.html

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q戦国時代の服装

戦国時代~安土桃山時代の服飾に触れている資料を探しています。武士だけでなく、女性、庶民や僧侶などまで網羅しているものはないでしょうか

Aベストアンサー

やっぱり、このサイトじゃないでしょうか・・・
有名なので、もうご存知かも知れませんが・・・

http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=0000100

Q白無垢について 白無垢の歴史

白無垢を花嫁が着るようになったのはどれくらい前からでしょうか?
時代とかわかる方いらっしゃいますか?

それから白無垢のついて詳しい方白無垢について教えてください
Wikiには載って無いみたいでした

Aベストアンサー

白無垢を着始めたのは室町時代の武家社会からなのは
いろんな本にも書かれていて、まず間違いないみたいです。
ただ、「白」が花嫁の色、という観念はもう少し前、平安時代の
末期頃から貴族社会に既に出てきていたようで、当時の有職故実の本に
記述があります。
(それを参考に再現された図)
公家姫君婚儀の装い(風俗博物館ホームページより)
http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=35

白無垢が庶民の間に広まったのは、推測ですが
高度成長期からではないでしょうか。

戦前、また戦後まもなくという時代、
白無垢を着たのはかなり裕福な家の人か
華族といった特権階級の家の人のようです。
江戸時代や戦前の庶民の花嫁(裕福な家も含まれますが)は、
黒紋付きの
裾引きまたはおはしょりの振袖(ときに留袖)に
角隠し、というスタイルがほとんど。その振袖
は、白い振袖や紅い振袖(裾模様は統一されていることが
多い)と三枚重ねで着られることも多かったようです。

上流階級への憧れや、当時普及しだしたウェディングドレス人気
ともあいまって、白無垢や色打掛が大衆化したのだと思います。

白無垢を着始めたのは室町時代の武家社会からなのは
いろんな本にも書かれていて、まず間違いないみたいです。
ただ、「白」が花嫁の色、という観念はもう少し前、平安時代の
末期頃から貴族社会に既に出てきていたようで、当時の有職故実の本に
記述があります。
(それを参考に再現された図)
公家姫君婚儀の装い(風俗博物館ホームページより)
http://www.iz2.or.jp/fukushoku/f_disp.php?page_no=35

白無垢が庶民の間に広まったのは、推測ですが
高度成長期からではないでしょうか。

戦前、ま...続きを読む

Q江戸時代の武士がもつ日本刀について。

うちには先祖が武士家系ということで 日本刀が何本か残されているのですが 時代劇に使われているような見事なものではなく とても質素なものです。 鞘にしろ鍔にしろ 簡素なもので 刀身も63,8センチ の無名刀です。 小柄とよばれる小刀もついていません。 そこでいくつか質問があります。

(1)やはり昔も 上級武士(位の高い)はそれなりにいいものを身に着けていて 持っている刀がその武士の 品格を表すようなものだったのでしょうか?

(2)また映画などではチンピラ風の町人も脇差しのようなものがありますが そういうチンピラ風のものでも高級な刀をもてたのでしょうか?とくに 「先生」と呼ばれた腕のたつ殺し屋みたいなのもでてきますが長いいい刀を持っているように見受けられます。。

(3)また武士に生まれた家系は 子供のときから刀を差していますが 体の成長により刀を自分の体格にあったものに常に変えていたのでしょうか? 

(4)時代劇のように あんなしょっちゅう刀を抜く機会って 武士でもチンピラでもあったんでしょうか?いまでいうピストルを相手に向けるようなものですよね お互いが刀を抜いた時点で 死を覚悟するようなものだと思いますが。 ドラマや時代劇では みね打ちとかいって どしどしやっつけていますけどあれでも実際やったら相当なダメージではないですか?  

以上わかることだけでも結構です。 お詳しい方どうかよろしくお願いいたします。

うちには先祖が武士家系ということで 日本刀が何本か残されているのですが 時代劇に使われているような見事なものではなく とても質素なものです。 鞘にしろ鍔にしろ 簡素なもので 刀身も63,8センチ の無名刀です。 小柄とよばれる小刀もついていません。 そこでいくつか質問があります。

(1)やはり昔も 上級武士(位の高い)はそれなりにいいものを身に着けていて 持っている刀がその武士の 品格を表すようなものだったのでしょうか?

(2)また映画などではチンピラ風の町人も脇差しのようなも...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 江戸時代の中期頃から、幕府や各藩が厳しい贅沢禁止令が出していますから、特別な時以外には上級武士(大名も含む)でも目に見えて分かるような贅沢などしていません。

 まあ、裕福な武家の次男坊や三男坊(部屋住みとか言われる層)が、粋を気取ってやたらと凝った鞘を差していたようですが…。
 象嵌で絢爛豪華な鞘を作ったりとか…。

(3) 最初に子供に与えるのが、所謂「守り刀」と言われる30cm以下の刀で、藩の学問所とかに通う頃に脇差クラスの30cm以上の刀を差し、元服や出仕する様になると二本差しになると。

 なお、江戸時代の武士の骨格は刀を差していた関係で、左肩が極端に上がった形に成っていたとか…。
 (子供ではとても差せない…。)

(4) 江戸時代の武士は、たとえ町人相手でも刀を抜くような真似は滅多に有りません。

 もし、刀を抜いて相手を仕留められなければ、国家鎮護守・外敵制征圧を担う兵として不心得者であるとされ処罰されます。

 仮にちゃんと成敗しても、それが無礼打ちであった事をちゃんと証明(切った本人は必ず一定期間謹慎に成るので、家中の者が死に物狂いで、証人を探す)できなければ、やっぱり処罰されます。
 (証人が見つからなかった為に、処罰が下る前に切腹する者も多い。)

 そして、侮辱を受けても刀を抜かないでいる所を同輩などに見られると、臆病者であるとされやっぱり処罰されました…。

 なお、上記の事を知っていた町民の中には、粋を衒ったり、度胸試しのために故意に武士を挑発する物もいたとか…。

 と言う訳で、当時の武士は町へ行く時などは、共の者を連れて行き主人が屈辱を受ける様な場面に遭遇しないよう、体を張って庇う必要が有ったようです。

 また、他領の領民に対する危害行為は、たとえ正当防衛である切捨御免の結果であったとしても、その領民が属する封建領主への敵対的行為とされる恐れがあり、各藩は藩士に対して江戸領民に触れ合うような場所に行く事を可能な限り避けるよう厳命していました。

(1) 江戸時代の中期頃から、幕府や各藩が厳しい贅沢禁止令が出していますから、特別な時以外には上級武士(大名も含む)でも目に見えて分かるような贅沢などしていません。

 まあ、裕福な武家の次男坊や三男坊(部屋住みとか言われる層)が、粋を気取ってやたらと凝った鞘を差していたようですが…。
 象嵌で絢爛豪華な鞘を作ったりとか…。

(3) 最初に子供に与えるのが、所謂「守り刀」と言われる30cm以下の刀で、藩の学問所とかに通う頃に脇差クラスの30cm以上の刀を差し、元服や出仕する様になると二本差...続きを読む

Q武士は、なぜ刀を2本差してるの?

「二本差し」と言えば、武士を意味する言葉ですよね。
でもなぜ、刀と脇差の2本も腰に差しているのでしょうか?

そこでご質問なのですが、

1.いつ頃から、二本差しするようになったのですか?
2.二本差す理由はなんですか?
3.信長や秀吉が活躍した戦国時代で、実際の合戦場でも二本差ししていたのでしょうか?
4.武士なら誰でも、みんな二本差ししていたのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLにあるように2本差すのは武士の象徴だったからです。
そして場面場面で2本差すか1本だけ差すかを分けていました。
城内では刀は入り口で預けて脇差しだけにしていますし。

それともう一つ、刀というのは時代劇にあるようにばっさばっさと人を連続では切れません。
地の利や人間の体の脂肪分ですぐに切れなくなります。
洗浄などでそうして切れなくなったり刀が折れたりしたときのために脇差しはあります。

参考URL:http://www.idj.ne.jp/~tahara/japanese/JITEN/katana.html#sashi

Q古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

「お宝拝見」 が好きでよく見ているのですが、たまに平安時代や戦国~江戸時代の古文書が登場しますよね。

その中に書かれている文章なのですが、当然、全て手書きの文字です。

ところが、よほどの専門家でない限り、現代人が読もうとしても一体何が書かれているのか、サッパリ分からないはずです。

漢字は崩しているし、おまけに今のように一文字一文字離して書くのではなく、次の文字と続いているケースが多いです。

当然、今と同じように字が上手な人もいれば、程度の差はあっても悪筆な人もいたはずです。 教養のある人の全員が達筆だったという事はなかったと思います。

という事で質問ですが、例えば手紙を受け取った当時の人が、「さて? 一体これは何と書いているのだろうか? ミミズがのたくったような字なので、サッパリ意味が分からないよ!」 というトラブルって無かったのでしょうか?

あるいは 「キッタネエ字だなあ、マッタク! 誰か、何が書いているか読める人、いない?」 というような事って、現実にはあったのでしょうか?

当然の事ですが、この質問は当時、文字を識別できる人が対象です。 

古文書を見るたびに疑問に感じていますので、宜しくお願いします。

古文書の文字ですが、当時の人はちゃんと読めたのでしょうか?

「お宝拝見」 が好きでよく見ているのですが、たまに平安時代や戦国~江戸時代の古文書が登場しますよね。

その中に書かれている文章なのですが、当然、全て手書きの文字です。

ところが、よほどの専門家でない限り、現代人が読もうとしても一体何が書かれているのか、サッパリ分からないはずです。

漢字は崩しているし、おまけに今のように一文字一文字離して書くのではなく、次の文字と続いているケースが多いです。

当然、今と同じように字が...続きを読む

Aベストアンサー

戦国武将には、いわゆる秘書がいましてね。お手紙はその秘書の人たちが書いて、最後に本人がそれにサインをするのです。
その秘書の人たちを「右筆(ゆうひつ)」といい、サインのことを「花押(かおう)」といいます。

織田信長の生涯を書いた「信長公記」の著者である太田牛一は信長の右筆だったといわれています。
また、花押で有名なのが伊達政宗のセキレイの花押で、大崎一揆を扇動した証拠として政宗の花押入りの手紙が出てきてしまうんですね。普通だったら逃れられないのですが、政宗は「その花押はニセモノです。本物の私の花押はセキレイの目に針で穴を開けているが、その花押には穴がない」と言い逃れて、なんとそれが通って命拾いしています(本当に穴があったとも、政宗の機転と度胸に感心した秀吉が「確かにこっちにはあるな」と腹芸を見せたともいわれています。個人的には、後者の説をとりたいですね)。

右筆にはかなり好みが出るみたいで、秀吉の手紙を見るとやはり京風というか、字体は繊細で美しいです。一方、信玄や謙信の手紙はかなり力強い男らしい字体で、その武将の好みが読み取れます。

勝海舟など、やはり歴史に残る有名人には達筆な人が多いですね。悪筆なのが坂本龍馬で、私が知る限り歴史に名を残す人で一番字が汚いです・笑。現代人の我々が見てもひどい・笑。しかも誤字だらけで、口語体で書かれています。明治時代に夏目漱石らが「言文一致体」と「喋り言葉(口語)と書き言葉(文語)を統一しよう」という活動をし始めて現代に至るのですが、それまでは手紙などの書き言葉は別の書き方をしていました。武士の「~にて候(そうろう)」なんていう候文が有名ですね。

未来の人々も、ギャル文字を見て翻訳に四苦八苦するのでしょうね・笑。あるいは、ギャル文字が「正しい日本語」になるかも。

戦国武将には、いわゆる秘書がいましてね。お手紙はその秘書の人たちが書いて、最後に本人がそれにサインをするのです。
その秘書の人たちを「右筆(ゆうひつ)」といい、サインのことを「花押(かおう)」といいます。

織田信長の生涯を書いた「信長公記」の著者である太田牛一は信長の右筆だったといわれています。
また、花押で有名なのが伊達政宗のセキレイの花押で、大崎一揆を扇動した証拠として政宗の花押入りの手紙が出てきてしまうんですね。普通だったら逃れられないのですが、政宗は「その花押はニセ...続きを読む


人気Q&Aランキング