【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

ピクスタで写真を販売しているものです。

質問
(1)寺社の写真(撮影禁止でない堂塔など)を販売することは法的に問題がありますか。
(2)寺社の写真を寺社に無断で広告や本に掲載することは法的に問題がありますか。

ピクスタには次のような説明が記されています。

●公園や商店、美術館や寺社仏閣、動物園など、管理者によって管理されている場所で撮影を行なう場合には、撮影者のマナーとして、下記の点に該当しないかどうかを事前に確認のうえ、必要な場合には許可を申請してください。また、許可が取れない画像はアップロードしないでください。

・その場所での写真撮影行為自体を禁止していないかどうか
・撮影自体を禁止していなくても、撮影作品を商用素材として販売することを禁止していないかどうか

http://manual.pixta.jp/?page_id=53より引用

つまり、寺社が写真の商用販売を禁止している場合には許可証をもらう必要がある。
寺社が写真の商用販売を禁止していない場合には許可証はいらない?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

PIXTA等で販売を行う場合は、私有地内で撮影したものについては、プロパティリリースを得ておくに超したことはありません。


しかし、自分で危ないと判断するかどうかです。もし、プロパティリリースを得ていないことで問題になっても、PIXTA等のサイト運営者は、一切責任を持たないといっているだけと思っていいのではないでしょうか。自分でリスクを負いたくない場合は、チャントプロパティーリリースを取るか、UPしない選択をすれば良いんです。

横浜異人館など、「個人使用目的の写真撮影は許可するが、商用に撮影する場合は、許可を得てください」と明確にうたっている所もあります。そのような撮影地で撮影したものを、PIXTA等のサイトにUPした場合、クレームが付く可能性があります。
ところが、明らかに異人館で撮影されたと思える写真が、プロパティーリリース無しに売られていることも事実です。そのようなクリエーターは、後々トラブルに巻き込まれる可能性があります。(可能性です。)

それでは、「何も撮れないじゃないか」となってしまいそうですが、敷地外から見えるものを撮影することは撮影者の権利として認められています。例としては、横浜のランドマークタワーのような被写体です。

要するに、個人所有の敷地内で撮影したものを販売したい場合は、敷地所有者のプロパティーリリースを得たほうが良いということです。

得ていない場合は、自己責任でUPするということです。

この回答への補足

法律はどうなっているのか、そのあたりが知りたいですよね。
ちなみに報道写真には肖像権は発生しないそうです。

補足日時:2011/08/31 11:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
現実的に、寺社などからプロパティリリースを得る事は難しいのではないか、と思います。
申し出ても、そういうケースがほとんどないために対応に困られ、結局いただけないんじゃないかと思います。
知人の家での撮影などではいただけるでしょうが。
横浜異人館は親切だと思います。
おそらく、申し出れば許可証をいただけるのでしょう。

>敷地外から見えるものを撮影することは撮影者の権利として認められています。
ピクスタには、公道よりメインの被写体としてではなく撮影したものについては、プロパティリリースは不要、と書いてありました。
つまり敷地外より撮影したものであっても、メインの被写体であればダメだということでしょう。
また公道よりとありますが、道とは歩く場所であって写真を撮影する場所ではありませんから
三脚なども置くことはできませんね。

ピクスタは「プロパティリリースなしでは販売できない」という明確な姿勢を持ったほうがいいと思います。
ピクスタは半分以上の手数料をとっています。
会社の利益のためにプロパティリリースの有無を曖昧にしているととられても仕方ないと思います。

おそらく、「審査に通ったし、プロパティリリースも求められていないので、プロパティリリースは不要なんだ」と思っている人がたくさんいると思います。

お礼日時:2011/08/29 19:27

 そのような厳密な読み方をする場合には、この項の文章は間違ってますね。


 法に則して書くなら
  ・その場所での写真撮影を明示的に許可しているかどうか。
  ・撮影自体を許可していても、撮影作品を商用素材として販売することを明示的に許可しているかどうか。
 となります。
 「禁止されていなければやっても良い」と「許可されていないことはやってはいけない」の間には、大きな違いがあります。
 この場合は、「許可されていなければやってはいけない。」です。(著作権法をはじめとする関連法令の書き方が、「~する場合には権利者の許可を得なければならない」という方向で書いてあるからです。)

 質問の場合、「商標・意匠などの知的所有権について」に書かれている例示にもろに引っかかりますし、プロパティーリソースの説明を読むと、プロパティーリソースが不要なことがちゃんと証明できない物に関しては全てプロパティーリソースを取得する事と読むのが妥当と思われます。
 この場合の証明は、ピクスタで容易に検証可能であることが求められると思ってください。特に、口頭で聞いたと言うのは証明にならないことが多いです。ピクスタの担当者は聞いてませんし聞けませんからね。
 例えば、「門前の看板に「撮影した物を販売することを許可します。」と書いてある。」とか、寺社のホームページに明示的な許可の記載があるとかいったものが必要であると思われます。(要するにほとんどの場合、プロパティーリソースによる証明が必要と言うことです。)

 (そもそも、寺社の看板に禁止と書いてないからOKなんて解釈をされた日には、禁止事項の看板だけで百科事典になっちゃいます=^・・;=。極端な例ですが、「落書き禁止」の看板がなければ、落書きしても良いでしょうかというのと同次元です。)

この回答への補足

さきほどピクスタに問い合わせをしました。
●プロパティリリースが必要かどうかはケースによって異なるので、クリエーターが判断してほしい。
●プロパティリリースの取得を強くおすすめする。
とのことです。

つまりプロパティリリースなく販売してもいいいけど、もめたらクリエーターの責任やで~

ということなんでしょうね。

補足日時:2011/08/29 18:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

1.2)寺社の写真を寺社に無断で広告や本に掲載することは法的に問題がありますか。
についてはどうでしょうか。

実はピクスタではなく、ブログ経由で「寺の写真を雑誌に掲載したい」という問い合わせがありましたが
プロパティリリースについての確認はありませんでした。
出版会社の方でプロパティリリースをとったのでしょうか?

写真集などを出版する際にも寺社の許可を得る必要があるのでしょうか。


2.お寺は商標をとっているのでしょうか。

3.>著作権法をはじめとする関連法令の書き方が、
と書いて下さっていますが、寺社の建物は著作権とは関係がないのではないかと思います。
肖像権といわれるものだと思いますが、どうでしょうか。

4.法令関係のソースをご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。

お礼日時:2011/08/28 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロパティリリースのもらい方

ストックフォトで写真を販売している方に
プロパティリリースについての質問です。

(1)友人の家を写真に撮った場合などには、頼めばプロパティリリースはもらえると思いますが、神社・寺・美術館・動物園・遊園地などでも頼めばもらえるんでしょうか。

(2)手数料のようなものは必要でしょうか。必要ならばどのくらいの金額になりますか。

Aベストアンサー

けっこう誤解されていいるのですが
道から見えるような建築物の著作権は制限されていて、デザインした事務所が勝手に写真の公表を差し止めることはできません。逆に写した人の著作権は生じています。
建築物の著作権は「コピー建築」を建てるような場合にしかはたらかないのです。
文化庁、著作権QAより↓
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000495
公開の美術の著作物等の利用  (第46条)。
一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置されている「美術品」や「建築の著作物」を利用する場合の例外で、以下の場合を除き、自由に利用できることとされています。
【条件】
次のいずれにも該当しないこと
ア 「彫刻」を増製するような場合
イ 全く同じ「建築の著作物」を建設する場合
ウ 一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置するためにコピーする場合
エ 「美術品」についてコピーの販売を目的とする場合


もしひっかかるとしたら、その建物と例えばチラシで宣伝している商品に関係があるかのような誤解を生じさせる狙いで写真が使われていると判断された時には著作権ではなくて「偽ブランド商品」などと同じような問題にひっかかります。著作権の問題ではないのです。法律としては「不正競争防止法違反」になります。

けっこう誤解されていいるのですが
道から見えるような建築物の著作権は制限されていて、デザインした事務所が勝手に写真の公表を差し止めることはできません。逆に写した人の著作権は生じています。
建築物の著作権は「コピー建築」を建てるような場合にしかはたらかないのです。
文化庁、著作権QAより↓
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000495
公開の美術の著作物等の利用  (第46条)。
一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置されている「美術品」や「建築の著作物」を利...続きを読む

Qお寺や神社の撮影はいいのでしょうか?

閲覧ありがとうございます。
今度京都に写真を撮りにいこうと思うのですが
神社やお寺などでの撮影は控えたほうがいいのでしょうか?
もちろん撮影禁止の看板などの有無はちゃんと確認します。

看板が見当たらなくても
神社の方や巫女さんに一度
お寺(神社)を撮影してもいいですか?と確認したほうがいいのでしょうか?

カテゴリが違っていたなら申し訳ございません。

Aベストアンサー

禁止されている場所以外は、他の参拝者などに支障がなければOKです。
公開する場合は移りこんだ人の顔の処理もお願いします。

それさえ守れば、基本的にかまいませんよ。
その他の留意点は以下のとおりです。

お寺の場合は小さな所では個人住宅兼用の場合があるので注意しましょう。
普通の神社で私たちがお参りしているのは拝殿です。拝殿は“神様の居る場所”ではありません。
ですから不敬でもなんでもないのです。

不敬に当たるのは神殿、しかし正面でなければ問題ありません。
「昔から決まっている常識」という人が居ますけど、カメラが世に出て一世紀程度ですから昔からそんなきまりなどあろうはずがありません。
ただしご本尊やご神体に対しては「直視しない」という礼儀がありました。これは帝に対しても同様です。
このことから「写真も撮るべきではない」という解釈にいたったのです。
つまり、拝殿はもちろんのこと、本殿も扉が閉まっているとか御簾が下がっていれば、真正面でない限り、この風習に触れることもないと理解できます。
神社好きの人々はどんどん撮っていますから。

私の場合、鳥居の外では自由に撮っています。
鳥居をくぐり、手水を使った後は写真を撮りません。
まず参拝をし、「写真を撮らせていただきます」と申し上げ、その後拝殿やその他の施設を撮影します。
私は本殿にのみ賽銭を差し上げ、摂社・末社は参拝のみですが、撮影は必要を感じれば撮影しています。

禁止されている場所以外は、他の参拝者などに支障がなければOKです。
公開する場合は移りこんだ人の顔の処理もお願いします。

それさえ守れば、基本的にかまいませんよ。
その他の留意点は以下のとおりです。

お寺の場合は小さな所では個人住宅兼用の場合があるので注意しましょう。
普通の神社で私たちがお参りしているのは拝殿です。拝殿は“神様の居る場所”ではありません。
ですから不敬でもなんでもないのです。

不敬に当たるのは神殿、しかし正面でなければ問題ありません。
「昔から決まっている常識」...続きを読む

Q自分で撮った建物などの写真を勝手に販売するのは違法??

自分で撮った街などの風景写真をネットで販売しようと思うのですが。
町内等を撮った写真の場合、民家やアパート、マンションなどが映ってます。
○○マンション とか ○○ハイツ など マンション名とかが映ってるとまずかったりしますか?
また、建物自体、映ってるのがまずかったりしますか?

考え方を変えれば、勝手に人のマンションを写真に撮ってそのマンションの写真を売ってるように捉えることもできると思いますし…。

もちろん通行人などの人物は映らないようにしていますが。

著作権などの問題になるのでしょうか?

Aベストアンサー

建物に「肖像権」や「パブリシティ権」が発生するというのはおよそありえません。肖像権やパブリシティ権というのは原則として人について発生します。競走馬の名前にパブリシティ権があるかどうか争われた事件もありますが、建物についてはおよそ考え当たりません。

海外ブランドの看板が写っていたら・・・別に海外であろうがなかろうが「商標権」の問題にはなりえますが、そのブランド名(商標)を自分の商品を示すものとして使用しているわけではないので、侵害にはならないでしょう(商標の部分をでかでかと乗せれば別ですが、風景としてなら大丈夫です)。

また、人が写っていないのなら、肖像権は問題ありません。

ただ、住人が特定できるようなもの(表札とか)も一緒に写っていた場合、その住人からプライバシー権の侵害を主張される場合が考えられます。そのあたりは写らないようにするか、住人の同意を取るという配慮は必要でしょう

著作権についても、そもそも一般の建築物には著作権は発生しませんし、仮に発生したとしても写真にとって販売することは建物の著作権を侵害することにはなりません。#2の人の回答で正解です。

建物に「肖像権」や「パブリシティ権」が発生するというのはおよそありえません。肖像権やパブリシティ権というのは原則として人について発生します。競走馬の名前にパブリシティ権があるかどうか争われた事件もありますが、建物についてはおよそ考え当たりません。

海外ブランドの看板が写っていたら・・・別に海外であろうがなかろうが「商標権」の問題にはなりえますが、そのブランド名(商標)を自分の商品を示すものとして使用しているわけではないので、侵害にはならないでしょう(商標の部分をでかでか...続きを読む

Q観光地や街の建造物の写真を使う場合の慣例

街中・観光地の建造物などの写真を自分で撮るか、写真家撮影のものを購入して、それを商品(キーホルダー、皿)に印刷して販売する場合、通常どの程度の許可が必要とされるのでしょうか?
正式な決まりと、世間で実質行われている慣例など教えていただきたいです。
都会の絵葉書などにはいろいろ写っていますが全部許可をとっているのでしょうか?
次の各例についてまたその他のご意見をお願いいたします。
1.東京タワーと富士山が写った写真なら企業所有の電波塔(観光タワー)というよりも風景の一部なのでそのまま使える?
1-1.東京タワーを中心に都会の風景としてとった場合は?
2.金閣寺の写真はその寺の許可をとっている?
3.黒部ダムは国土交通省?または県?の管轄なのでそこの許可が必要?
4.横浜の広範囲の風景写真にランドマークタワーが移っていたら所有する三菱地所の許可が必要?
4-2. ランドマークタワーだけの写真は三菱地所の許可が必要?
5.横浜のヨットの帆の形をしたホテルが風景写真に入っていたら、そのホテルの許可が必要?
6.新幹線が鉄橋を走る写真はJRの許可が必要?
7.東京の浅草寺の門(や赤い大ちょうちん)を正面から撮った写真は寺の許可が必要?
などです。
よろしくお願いします。

街中・観光地の建造物などの写真を自分で撮るか、写真家撮影のものを購入して、それを商品(キーホルダー、皿)に印刷して販売する場合、通常どの程度の許可が必要とされるのでしょうか?
正式な決まりと、世間で実質行われている慣例など教えていただきたいです。
都会の絵葉書などにはいろいろ写っていますが全部許可をとっているのでしょうか?
次の各例についてまたその他のご意見をお願いいたします。
1.東京タワーと富士山が写った写真なら企業所有の電波塔(観光タワー)というよりも風景の一部なのでそ...続きを読む

Aベストアンサー

同様の質問がありましたので参考にしてください。
(質問はイラストになっていますが、写真でも同様です)
http://okwave.jp/qa4300096.html

Qお寺の肖像権?

京都のお寺の写真を撮って、仲間でポストカードを作って
販売しようと思うのですが、
お寺にも肖像権などはあるのでしょうか?
お寺なので肖像権という名称なのかどうかわかりませんが
許可を取るとすればお寺に直接交渉するのでしょうか。
ご存知の方お願いします!

Aベストアンサー

http://allabout.co.jp/internet/webmaterial/closeup/CU20040920A/index.htm
http://www.jps.gr.jp/kenri/q&a.htm#q3
http://www.cric.or.jp/qa/sigoto/sigoto7_qa.html

一般的には、誰もが自由に立ち入る場所での建物の外観については著作権は発生しません。

Q寺の境内や墓地の石仏の写真撮影について

寺の境内や墓地の石仏の写真撮影について

寺の境内や墓地に造置されている江戸時代中期の露天の石仏を趣味で撮影しインターネットで公開している者です。

それらの寺には撮影禁止の立札等は立っていませんが、やはり法的には寺の承諾が必要なのでしょうか。
また、区画されている個人の墓地の石仏についてはその所有者の承諾も必要になるのでしょうか。

もし、利益を目的とした写真集出版等をする場合にはどうでしょうか。

また、具体的にはどのような法律(所有権?、知的財産権?)が関係してくるのかもお教えください。

(著作権は消滅、石仏なので肖像権は無いと素人判断しておりますが、、、。)

もしそれらの承諾を得なかった場合、どのような問題が生じるでしょうか。

よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

>それらの寺には撮影禁止の立札等は立っていませんが、やはり法的には寺の承諾が必要なのでしょうか。また、区画されている個人の墓地の石仏についてはその所有者の承諾も必要になるのでしょうか。

=あくまでも「他人の敷地内」での話になりますから、いくら撮影禁止と書いていないとは言え、お寺側の承諾を得た上で撮影した方が良いと思います。法律云々の前に「モラル」の問題です、これは。


>もし、利益を目的とした写真集出版等をする場合にはどうでしょうか。

=お寺や個人の墓地の石仏については、さっきも書いた通り、撮影の目的を話し、承諾を得る事が大前提です。その上でネットに公開する事と、利益が生じる物を出す場合は、尚更、承諾は必要です。


>また、具体的にはどのような法律(所有権?、知的財産権?)が関係してくるのかもお教えください。

=「不法侵入」・「無体財産権」・「私的財産権」が関係してきます


>(著作権は消滅、石仏なので肖像権は無いと素人判断しておりますが、、、。)

=著作権は作者が亡くなり50年経てば自然に消滅します。ただ、出版物の場合は、出版社側に著作権が移転される事が多いです。石仏なので肖像権は有りません。ただし、他人の写真を無断で使用したら肖像権侵害になります


>もしそれらの承諾を得なかった場合、どのような問題が生じるでしょうか。

=場合によっては「不法侵入」等で罰金。無断で写真撮影し、それらで利益を得たとなれば、最悪、相手側から「勝手に敷地内に入り石仏を撮影され精神的苦痛を与えられた」として「傷害罪」が適用されないとも限りません。



何事も承諾です。承諾さえもらえば問題は生じず、心配の種は無くなるのですから。

>それらの寺には撮影禁止の立札等は立っていませんが、やはり法的には寺の承諾が必要なのでしょうか。また、区画されている個人の墓地の石仏についてはその所有者の承諾も必要になるのでしょうか。

=あくまでも「他人の敷地内」での話になりますから、いくら撮影禁止と書いていないとは言え、お寺側の承諾を得た上で撮影した方が良いと思います。法律云々の前に「モラル」の問題です、これは。


>もし、利益を目的とした写真集出版等をする場合にはどうでしょうか。

=お寺や個人の墓地の石仏については、さ...続きを読む

Q家屋や建物の外観に肖像権などはある?

はじめまして。
個人で地域サイトを運営しているのですが、
街角スナップ写真などをウェブサイト上に掲載したいと考えています。
その時、個人宅や商業施設などが写っている写真を、無許可でウェブサイト上に掲載してしまってもよいものでしょうか?
もちろん、個人宅などは特に居住者の名前などを掲載するつもりはありませんが、商業施設などは名称を付加したいと考えています。
何か法的に問題があるようでしたら、教えてください。

Aベストアンサー

1.肖像権とは人の姿にかかわるものですから、建築物はそもそも該当しません。
建築物については、著作権や意匠登録が関係します。

2.建築物の写真の公開について
著作権法
第46条
美術の著作物でその原作品が前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。

一 彫刻を増製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
二 建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合
三 前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合
  四 専ら美術の著作物の複製物の販売を目的として複製し、又はその複製物を販売する場合

つまり写真の公開はOKということです。わざわざ「利用することが出来る」と明文化されているのはありがたいですね。

ただ個人住宅は場所を特定されない等の工夫をした方が賢明です。
というのも、もし公開されたことにより、窃盗そのほかの犯罪が発生した場合には賠償責任を負わされる危険が伴うからです。
あと違法でなくても家の所有者からのクレームは十分考えられますので注意が必要です。

公共建築物は広く知られているものですからその可能性はありませんが。

1.肖像権とは人の姿にかかわるものですから、建築物はそもそも該当しません。
建築物については、著作権や意匠登録が関係します。

2.建築物の写真の公開について
著作権法
第46条
美術の著作物でその原作品が前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。

一 彫刻を増製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
二 建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物...続きを読む

Q観光地などでの写真撮影&販売商法の仕組みについて

観光地などでよく、業者が写真を撮影→1000円くらいで売る
という売り方を見かけます。
割高だし自分のカメラもあるしで
ほとんど購入したことはないのですが、
どういう仕組みなのか気になります。

・コストはどれくらいなのでしょう?

・何割くらいの人が購入するのでしょう?

・写真屋さんのプリントに比べ非常に早く用意されていますが
 どういうシステムなのでしょう?
 (リフトで登っているところをとられ、数十秒程度?で上に付くと
  もう販売されている…ということもありました)

・売れなかった写真はどうなるのでしょう?

など…。
ご存じの方がいらしたら教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この手の業者は全国に何十社とあって、
遊園地などは業者ごと入り込んで
自前のスタッフを置いているところもありますし、
地方の観光地などなら、地元の委託スタッフに
任せているケースもあります。

>コストはどれくらいなのでしょう?

写真自体はデジカメプリントなので、
印画紙、インク代を含めても一枚15-20円くらいじゃないでしょうか。

実際の写真はL版なので用紙等も安いです。
これをその場所に由来のカバーに挟むと
それっぽくみえるところが味噌ですね。

>何割くらいの人が購入するのでしょう?

これはわかりませんが。。

>どういうシステムなのでしょう?

カードをプリンタに差し込んで印刷するだけですから、
あっという間にできあがります。
今なら有線や赤外線でプリントアウトするものも
あるのではないでしょうか。

>売れなかった写真はどうなるのでしょう?

廃棄ですね。

地方の委託業者なら、一枚1000円の売り上げのうち
○割を親元に手数料として支払って、残りが自分の手取り。
そこから諸費用を賄うわけですが、
一日10枚でも売れればけっこうな小遣いくらいにはなりますね。
週末だけ働く、長期休暇時だけ働くみたいな人がいれば、
そこでの商売が成り立つわけです。
給料をはらうわけじゃないのでリスクがないですし。

毎日専属スタッフを置いてやっているところは、
人数分の人件費を賄えるくらいの売り上げがみこめるわけで、
年間を通せば、けっこうボロイ商売だということです。
もちろん、遊園地なら遊園地にショバ代を払うわけです。

この手の業者は全国に何十社とあって、
遊園地などは業者ごと入り込んで
自前のスタッフを置いているところもありますし、
地方の観光地などなら、地元の委託スタッフに
任せているケースもあります。

>コストはどれくらいなのでしょう?

写真自体はデジカメプリントなので、
印画紙、インク代を含めても一枚15-20円くらいじゃないでしょうか。

実際の写真はL版なので用紙等も安いです。
これをその場所に由来のカバーに挟むと
それっぽくみえるところが味噌ですね。

>何割くらいの人が購入するのでし...続きを読む

Q電車にも肖像権はあるの?

子供が電車が大好きで、電車に関するHP
を作ろうかなと思うのですが、
そこで載せる電車には肖像権ってあるのでしょうか?
写真やビデオはもちろん自分で撮影したり加工したり
したもののみで作るのですが…。
他の人のHPを見ると、普通に載せていると
思うんですがどうなのでしょう?
どなたか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

肖像権は人格に付随するものなので、電車などの無機物には存在しません。この場合問題になるのは著作権ですね。

著作権法によれば、建築や公共物、公共的施設については「写真として活用する推定的承諾がある」とみなされ、撮影・公表することに制限は設けていないそうです。著作権法には建築物についての規定はありますが、電車などの交通機関、機器についての記述が見あたらなかったので、ちょっと「?」なんですが、基本的には前述の範囲が適用されるのではないかと。

ただし、複製物としての販売を目的として複製することは禁止されています(著作権法46条4号)。たとえば電車の写真をポスターやカレンダーや本にして売ることは無許可ではダメ、敷衍して有料サイトに掲示することもダメでしょうね。
逆に言えば、無料の個人サイトで、自分で撮影した写真のみであれば全然問題はないはずです。

参考資料:「ホームページにおける著作権問題」インターネット弁護士協議会・編著、毎日コミュニケーションズ、1997

参考URLは社団法人・著作権情報センターの著作権関連法令のデータベースです。

参考URL:http://www.cric.or.jp/db/fr.html

肖像権は人格に付随するものなので、電車などの無機物には存在しません。この場合問題になるのは著作権ですね。

著作権法によれば、建築や公共物、公共的施設については「写真として活用する推定的承諾がある」とみなされ、撮影・公表することに制限は設けていないそうです。著作権法には建築物についての規定はありますが、電車などの交通機関、機器についての記述が見あたらなかったので、ちょっと「?」なんですが、基本的には前述の範囲が適用されるのではないかと。

ただし、複製物としての販売を目的...続きを読む

Q雑誌記事への掲載・どこまで許可が必要?(編集者やライターの方!)

マイナー専門誌でライティングをしてます。

例えば「キタキツネ物語」という映画の特集ページを制作するとします。
映画に関連していろいろと載せたい場合。

(1)「キタキツネが見られる動物園」をピックアップする場合
 →動物園に企画の提出と掲載の許可が必要ですよね…?

(2)キタキツネのスナップをちょっと使いたい場合
 →動物園に行き自分で写真を撮った場合、動物園に許可が必要?
 それとも「○○動物園にて」などとキャプションを入れれば良い?
※「○○動物園のキタキツネ、××ちゃん」という紹介の仕方ではなく、どこで撮ったかわからないくらいの写真で記事の内容も動物園とは関係ない内容とします

(3)キタキツネをテーマにしたグッズ紹介
 →メーカーに問い合わせ、場合によってはリリース資料をもらうことが必要?

(4)読者投稿で「お気に入りのキタキツネグッズです」なんて写真が届いた場合
 →余程キャラクター性があるものなどでなければ、
 掲載にメーカー許可はいらないと思うのですが…

(5)筆者の個人的な感想を書いたコラムなどで使う場合
 →特に許可などはとっていないと思うのですが…
※本文ではなく。「北海道に旅行した時にキタキツネ牧場に行ってきたのよねー」みたいなノリで、その時のスナップをちょこっと置くようなものとして下さい(専門誌/ライターの作家性が少々あるページとお考え下さい)

これらのような場合は、どのようにされていますか?
また、ここでの「例えば」は映画や動物園になりましたが、
動物園以外にもテーマパークや商品メーカーなどは、こういった企画に応じてくれるのでしょうか?

また、特集に掲載することで広告料をもらうわけではありませんが、
(1)などの場合は、読者層と合う内容であり特集で紹介していれば
広告掲載を持ちかけるのもありですか?
(上野動物園など公的施設を除く)

マイナー専門誌でライティングをしてます。

例えば「キタキツネ物語」という映画の特集ページを制作するとします。
映画に関連していろいろと載せたい場合。

(1)「キタキツネが見られる動物園」をピックアップする場合
 →動物園に企画の提出と掲載の許可が必要ですよね…?

(2)キタキツネのスナップをちょっと使いたい場合
 →動物園に行き自分で写真を撮った場合、動物園に許可が必要?
 それとも「○○動物園にて」などとキャプションを入れれば良い?
※「○○動物園のキタキツネ、××ちゃん」という紹...続きを読む

Aベストアンサー

出版関係者です

(1)単に表組みを作る程度であれば許可は不要です。
公知の事実を列挙しているに過ぎないからです。
ただし、入園料や開園時間でミスがあった場合に、
かなり平謝りする必要はありますが。

(2)園内で撮影した写真を商業利用するには、まず
撮影以前に撮影許可が必要です。お金をとっている
施設では、動物に限らず同じ手続きが必要となります。

> どこで撮ったかわからないくらいの写真

 バレたときのリスクを考えると絶対に避けるべきです。
まあ、北海道の原野で撮ったキタキツネならいいですが。

(3) これも表組みを作るだけなら許可は不要ですが、
値段の変更などがありえるので、ふつうは問い合わせを
します。リリースはちゃんとした媒体名を出せばすぐに
送ってくれるところが多いですよ。画像を載せる場合は
もちろん、事前の許可というか問い合わせが必要です。

(4) これは通常、不要ですね。ただ、正直なところ
掲載する必然性がないと思うのですが……。

(5) どんな形で載せるにしろ、動物園内で撮影した
画像を使う場合は、必ず許可が必要だとお考えください。
ただ、動物園でその筆者が映っている記念写真などで
あれば大丈夫です。動物のみの画像なら、商業印刷物
に載せる限りは許可を取るべきです。

> テーマパークや商品メーカーなどは、こういった企画に応じてくれるのでしょうか?

 これはもう、ケースバイケースとしか言いようが
ありません。ディズニーランド( オリエンタルランド )
だって取材許可を取れば撮影させてくれますよ。

> 広告掲載を持ちかけるのもありですか?

 あり・なしで言えば、営業すること自体は問題あり
ません。ただ通常は、媒体が直接営業するのではなく、
広告営業担当者を通すものだと思います。

出版関係者です

(1)単に表組みを作る程度であれば許可は不要です。
公知の事実を列挙しているに過ぎないからです。
ただし、入園料や開園時間でミスがあった場合に、
かなり平謝りする必要はありますが。

(2)園内で撮影した写真を商業利用するには、まず
撮影以前に撮影許可が必要です。お金をとっている
施設では、動物に限らず同じ手続きが必要となります。

> どこで撮ったかわからないくらいの写真

 バレたときのリスクを考えると絶対に避けるべきです。
まあ、北海道の原野で撮った...続きを読む


人気Q&Aランキング