人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

衆議院選挙が盛り上がっていますが、投票に関して、住民票を現住所に移していない場合の投票はどうなるのでしょう? 遠隔地投票などはあるのでしょうか。

また、一般的に選挙にはどのくらいの費用がかかるのでしょう。全体に国が被る費用(選管の人件費や会場の使用料、立候補者に渡す7つ道具代など、他にも様々あると思います・・・)や、各政党にかかる費用、また、各立候補者が負担する費用、はどのくらいなのでしょう。

最後に、選挙カーって各候補者の持ち物なのでしょうか、それとも講演会の持ち物なのでしょうか。あれは改造車に分類されるのでしょうか?

選挙カーや選挙費用にかかわるおもしろい話などがあったら、それも是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

結構選挙に関わることが多い立場からお話ししますね。



>当時は法定費用はなかったのでしょうか。

法定費用は昔からありました。法定費用の中で、法定ビラなどをまかなうと
言うことであって、かかった費用全てを法定費用なのかでまかなわなくては
いけないと言うことでもありません。ので、お金をかける人はかけます。

選挙は告示以前から始まっていますので、告示以前の活動にもお金がかかってしまいます。
#ビラを作ったり、個人演説会(国政報告会とか言ったりする)を開いたり....。

>供託金は一体なんのために存在するのでしょう。

誰でも彼でも立候補しちゃうのを防ぐ(?)為というのもあるそうです。
あまり候補者が多いと有権者が混乱しますし、売名行為で気楽に立候補されても
困る....と言うようなわけでしょう。

>選挙の裏側を見ると、なんだかドロドロした魑魅魍魎がうずまいているように思えます

確かに魑魅魍魎......の世界かもしれませんが、今の選挙はクリーンだと思いますよ。
少なくとも「実弾」(現金)が飛び交うようなことは無いはずです。
警察も目を光らせていますし。

お金の話は別にしても、確かにドロドロとした世界ではあります。どうしても権力を持つ
人にはすり寄ってくる人もいるわけですし。

でも、誤解しないでもらいたいのは実際有権者の目に触れるスタッフは本当に一所懸命な人が
多いと言うことです。いわゆる実働部隊ですね。アルバイトの人もいますが、ほとんどは
候補者を本当に応援していたりする人達なので、街頭であったら一声かけてやって下さい。
ドロドロしている人達はむしろ選挙事務所の中で、外にもろくに出ずに、なにやら一日中座っている
偉そうな人々.....(事務員等は除く)です。w

最後に、選挙カーはレンタカーが多いですね。中には支持者の会社の持ち物の場合もありますが
看板・スピーカーを載せて走っている車はレンタカーが多いです。
選挙カーの前後について走っている車は支持者本人のものだったり、支持している会社の車だったり
ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
供託金に関しては、みだりに立候補をさせないという抑制の意味があるんですね。先日のアメリカカリフォルニア州知事選挙では、かなり大勢が立候補したらしいですが、立候補者が多すぎると、逆にすでに知名度がある人や話題性がある人などには脚光が浴びますが、そうでなければ投票者たちの目にもとまらないでしょうしね。

「今の選挙はクリーン」ということは、やはり昔はそうでなかったのですね。モラルの問題なのでしょうか、なんだかんだ時代は良くはなっていっているのでしょうね。(悪くなる面もありますが・・・)

選挙事務所で選挙結果を待ち、また、結果を知らされたときの立候補者の様子がテレビ放映されますが、満面の笑みを浮かべる立候補者本人より、その周りを囲む人たちの表情のほうがいろいろな思いが入り混じっているように見えますね。特に立候補者の奥さんは、胸がつぶされる思いなのがよく分かります。

落選しても何度でも立候補する方がおられますが、やはり支援者たちの純粋で真っ直ぐな熱い思いに囲まれて選挙をやり遂げると、「選挙はやめられない」といった重いが湧いてくるのでしょうね。

ちょっとひとりで感動してしまいました(笑


今回は、ほんとうにご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/06 01:36

選管側の費用の話しですが、


人件費はかなりな額でしょう。

全て公務員があたる事になると思うんですが、決してタダではありません。
各投票所に5人位はいるでしょうか。
それが投票所の数だけ。

日曜日に行われる事が普通なので、当然休日出勤扱いです。
最近では投票時間が長くなっているので、8時間を越えれば残業が付きます。
開票も当日行う事がほとんどなので、時間が掛かれば深夜が付くかもしれません。
あと、投票前日には会場設営もあります。
これらをひっくるめて、1人頭3万とも5万とも言われています。

その他にも昼食代とか。
地元の立会人に対する手当てはよくわかりませんが、多少はあるのでは。

ザッと思いついただけでもこんな感じです。
それらをトータルすると、相当な額になると思います。
ですから簡単に解散とか言わないで、任期はしっかりとやってもらいたいです。
マスコミにはこういう所ももっと言って欲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
選管は確か各県ごとに置かれているんですよね。選挙のときだけ召集されて、それ以外のときは他に本職に就いていたりするのでしょうか。それとも、公務員が兼任しているのでしょうか。
開票作業も深夜まで大勢で行っていることを考えると、かなりの費用がかかっているでしょうね。

お礼日時:2003/11/06 01:25

「全体に国が被る費用」はわかりませんが、衆議院選挙に関わる候補者個別に支出される費用は、ポスター印刷代、候補者カーの燃料費、ウグイス嬢や運転手の日当、選挙ハガキの郵送代、などなどがありますが、いずれも無制限ではなく、選挙区ごとにきちんと上限が決められています。


「各立候補者が負担する費用」は、まず小選挙区に立候補するには一人300万円の供託金を国に払う必要があります。これは法定得票を獲得すれば選挙後返還されますが、そうでないと没収されます。その他に選挙事務所の設置・維持費用、政策ビラや候補者のリーフレットや名刺の印刷代、選挙ポスターを張り出すときの人件費、選挙カーの借り上げから、候補者の洋服代や手袋代などなど・・・・細かく上げればきりがありません。これらすべてを「法定費用で賄わなければなりません。衆議院選挙にかかる候補者一人当たりが使っても良い費用(法定費用)は小選挙区の場合、公示日の選挙人名簿登録者数×28円+1070万円だったと思います。選挙人名簿登録者が30万人の小選挙区の場合、30万円×28円+1070万円=1910万円となります。
一定の候補者を擁立している政党は、選挙活動(政党の演説会やマニュフェストの配布など)ができます。その政党が行う政策宣伝に要する費用は、以上述べた「法定費用」に含まれません。また、選挙活動と政治活動や議会活動(議会報告会や議会活動報告の印刷代)別物ですので、そんなこんなを含めると私達の目に「選挙運動」と目に映る費用は、候補者や政党によって物凄い差が出る物と思われます。
「選挙カーは個人の持ち物か?」。個人の場合もあるでしょうし、政党の物である場合も、レンタカーを借りる場合もあるでしょう。「改造車か?」法で規制された規格があり、立候補届け出をしたあとに、警察署に出向き確認を取らないと使用できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
選挙というのは桁違いのお金がかかるんですね。やはり無所属議員などは苦しいのでしょうね。

10年ほど前の国政選挙では「二当一落」(選挙に2億かければ当選,1億なら落選という意味)なんて言葉がよく聞かれましたが、当時は法定費用はなかったのでしょうか。

供託金は一体なんのために存在するのでしょう。しかも、場合によっては没収されてしまうなんて・・・。そのお金は国庫にでも入るのでしょうか。

選挙の裏側を見ると、なんだかドロドロした魑魅魍魎がうずまいているように思えます。かといって、100パーセントクリーンな選挙もあるわけがなく・・・。


アメリカ大統領選挙でも献金をどれだけ集めたかが争点になりますし、やはりお金を集めたものが選挙に勝つ、ということもあるのでしょうね・・・。

お礼日時:2003/11/05 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング