痔になりやすい生活習慣とは?

東京~関東で路上販売可能な場所を探してます。
少し前までは表参道などで見られたと思いますが、
規制が厳しくなったと聞いた事があります。
また、「からまれる」などのおそれが頻繁に
あるような場所だと怖いという思いもあります。
いくらか費用を払ってでも定期的に路上販売
をしたいのですが(小物、カードなど)
どこかご存知でしたらおしえてください。

A 回答 (1件)

 こんばんわ。


 路上というのは,公道のことですよね。でしたら,正式には警察で道路使用の許可をとる必要があると思います。例えば,路上で募金をするなどの場合もです。許可を取らなければ,違法になると思います。(現在営業されている中には,無許可で営業し,警察に注意されたら店をたたむというパターンもあるかもしれませんが。)
 もし正式な手続きをお望みでしたら,所轄の警察に相談する事になるのではないでしょうか。(その目的で,許可が下りるかどうかはわかりませんが。)
 

この回答への補足

ご回答、おそれいります。
例えば亀戸ですと、定期的に出店者募集を行ってます。http://homepage2.nifty.com/marc-y/
亀戸では遠いので、出来れば東京~関東(横浜など)で有ったらと思います。
フリーマーケット的な、定期的に開催されているものがありましたらおしえてください。

補足日時:2003/11/06 00:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q路上販売、何か許可が必要なのでしょうか?

平日の昼食時に外出したら、公道に机を出して弁当を販売している業者を見かけます。

しかし、休日に外出した時に、公道に机を出してアクセサリーを販売している業者が、警察に何か言われて、そそくさと商品をしまっている光景を見ました。

路上販売をするのに何か許可が必要なのでしょうか?

仮に許可が必要であっても、役所の前で弁当を販売していて、客のほとんどが公務員の場合であれば、警察が黙認しているのでしょうか?

私が見た業者は、役所の前で弁当を販売している業者も、一般企業の事務所の前で弁当を販売している業者も、事務所や役所から少し離れた所で弁当を販売している業者もいましたが、警察に何か言われているのを見たことがありません。

販売する時間が昼食時に限られているので、警察が黙認しているということなのでしょうか?

Aベストアンサー

道路上に屋台などのお店を出すには「道路使用許可」というものを警察から出してもらう必要があります。いわく、
「道路使用許可申請手続のご案内
1手続の内容、許可基準等
道路は、人や車が通行する目的で作られたものであり、通行という本来の使用行為は基本的に自由に認められています。本来の使用目的以外の道路の使用は、道路の効用を害し交通の妨害となり、危険があるため一般的に禁止されています。
しかし、道路工事、作業、工作物の設置、露店等の出店、祭礼行事等の道路使用に対しては、
○現に交通の妨害となるおそれがないと認められるとき
○許可に付された条件に従って行われることにより、交通の妨害となるおそれがなくなると認められるとき
○現に交通の妨害となるおそれがあるが、公益上又は社会の慣習上やむを得ないと認められるとき
について総合的に検討し、警察署長が許可をしています。

2道路使用許可が必要な行為
・道路において、工事もしくは作業をしようとする行為(1号許可)
・道路に石碑、広告塔、アーチ塔の工作物を設けようとする行為(2号許可)
・場所を移動しないで、道路に露店、屋台等を出そうとする行為(3号許可)
・道路において祭礼行事、ロケーション等をしようとする行為(4号許可)」
です。
http://www.police.pref.gunma.jp/koutuubu/03kisei/douro-kyoka.htm

路上でお弁当販売するには、上記の「3号許可」が必要なのです。
「黙認」うんぬんについては、それぞれの警察の内部事情でしょうから、ここでは判断できないことです。
ただ推測すれば、お昼の弁当販売は短時間であり、アクセサリーは一定の長時間だとすれば、短時間の方が黙認されている可能性はあるでしょう。
ある程度短時間のものまでいちいち取り締まるほど警察も杓子定規ではありません。

道路上に屋台などのお店を出すには「道路使用許可」というものを警察から出してもらう必要があります。いわく、
「道路使用許可申請手続のご案内
1手続の内容、許可基準等
道路は、人や車が通行する目的で作られたものであり、通行という本来の使用行為は基本的に自由に認められています。本来の使用目的以外の道路の使用は、道路の効用を害し交通の妨害となり、危険があるため一般的に禁止されています。
しかし、道路工事、作業、工作物の設置、露店等の出店、祭礼行事等の道路使用に対しては、
○現に交通の妨...続きを読む


人気Q&Aランキング