あの、先輩から自動車古物商の申請の手続きについてと、申請する時の申請書
の紙など用意して欲しいと言われました。車についてまったく分からないので
訳がわかりません。手続きの仕方・申請書の紙は何処にあるのか教えて下さい。
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

参考URLに詳しく解説されています。



許可申請書等の用紙は各警察署の防犯係にあるもの、又はホームページ上の申請書一覧にあるものをお使いください。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kob …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL知りたかったんです。ありがとうございました!!これから印刷して持っていこうと思っています。たすかりました。

お礼日時:2001/04/30 14:21

4人の方のアドバイスを拝見いたしましたが,将にその通りです。

私も古物行商・古物商の2つを持っています。先輩は,多分,業者としての取得税の免除の為?取得したいのでは?
東京・埼玉・千葉・神奈川では審査がかなり違いますよ。車の保管場所などの書類等も含めて。痛くもない腹とありましたが,簡単に説明すると,過去の刑罰の有無からその個人のデーターを採られるからです。認可先は公安委員会ですから。でも,普通に生活しているのであれば必ず自分で最寄の警察の窓口へ行きましょう。説明を聞かないと用紙を渡さない所もありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。住んでいる県が違うと審査が違うんですね・・・
聞いておいてよかったです。

お礼日時:2001/04/30 14:18

身分証明書(運転免許証など)と


古物台帳(これは大きな事務屋さんにいけばあります)
と履歴書(何故かいるのです)と申請料です
あと写真も必要ですね
申請書の用紙などは全て所轄の警察署に置いてあります
金額は・・・古物台帳が高いんですけど
全部で2万円もあれば足りたと思うんですよ
基本的に古物商の許可証は
”古物商許可証”と”古物行商許可証”の2つが
発行されます申請後約1ヶ月で許可証は発行してくれます
詳しくは所轄警察署で聞いて下さい
前と違ってかなり発行に関して厳しくなったと言う事を
聞いた覚えがあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなりくわしい回答ありがとうございました。とても参考になります。気軽に引き受けてあせっていたので、かなり助かりました。

お礼日時:2001/04/30 14:25

古物商の資格は警察にいけば比較的簡単に取得できるそうですが痛くもない腹探られるそうなのであまりお勧めできません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!そうゆうことも先輩に伝えておきます。ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/30 14:27

 最寄の警察署で窓口を聞いてください。

私の近くの警察署では少年課でやってます。中古車では、ちゃんとした中古車置き場がないと許可は降りないようです。いずれにしても審査されますので、用紙だけ貰って先輩に渡すと良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。誰もレスくれないかも・・・と思っていたので、ホッとしました。

お礼日時:2001/04/30 14:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古物の資格について

はじめまして。
古物の資格は資格取得後、使用した場合営業等はしなくてはいけないのでしょうか?
また、業者の登録等は必要でしょうか?
わかりつらい質問だとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古物商は資格ではなく、古物営業をするための許可です。
したがって、引き続き6ヶ月以上営業しない場合は、許可を返納しなければなりません。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kobutu/kobutu.htm

Q古物商の免許と自動車取得税の関係について

ネットオークション等を中心に中古車・新古車の販売を考えていますが、そこで何点か疑問があります。

1.インターネットでの販売(無店舗)を目的としているのですが、古物商の免許は取得することができるのでしょうか?やはり実店舗が必要ですか?

2.古物商の免許を取得しないと販売はできないんでしょうか?

3.古物商の免許を取ると、自動車取得税が免除されると聞いたのですが、どのような条件でも免除されるのでしょうか?例えば、営業初年度から適用になるのか、売上高等は関係があるのか?適用になるには前々年の売上高が1000万円以上必要と聞いたのですが本当でしょうか?

4.自動車部品の転売も古物商免許の対象となるのでしょうか?

もしご存じの方いましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

1.古物商の免許は実店舗がなくても取得できますよ。

2.厳密に言えば、どのような中古品を扱っても、それを業にすれば古物商の免許は必要と言うことになると思います。

3.古物商の免許を取ると、自動車取得税が免除されるのは、車を「商品」として一時的に所有(登録)する場合です。

4.自動車部品の転売も古物商免許の対象となります。
免許申請時に、どのようなものを取り扱うかを記入します。

以上のようなことですが、ネットオークション等で小規模に営業している場合では、全員が古物商免許を持っているかは疑問ですね。

Q古物商の資格を取るにはどうすれば良いですか??

古物商の資格を取るにはどうすれば良いですか??
難しいのですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

古物商の資格は、試験等はなく、申請し、取得します。
そのため、必要なくなれば(6カ月以上使用しないのであれば)、
返却します。費用と、書類さえあれば簡単に取得できますよ。
警察署にて管轄しております。
詳細は下記URLをご覧ください。

参考URL:http://depa-net.com/job_c02.html

Q自動車古物商2

以前の質問で出てきた「古物台帳」とはどんなやつなんでしょうか??
それと「自動車古物商」と「自動車古物行商」の違いをくわしく分かる方教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

古物台帳はいつどんなモノをどこの誰からいくらで
購入していついくらでどこの誰に販売したかを
記述する台帳です
これは様式は決まっていませんが市販のモノを
使用します
その裏表紙に古物商許可番号が記載されます
古物商許可証と古物行商許可証は一緒に
交付されるモノです。古物商許可証には
有効期限はありません古物行商許可証には
有効期限が有り(3年間)更新時に古物台帳の内容を
確認の上間違いない記載が確認された後
更新後の古物行商許可証が発行されます
それに古物商の古物の種類で自動車や美術品などの
個別の許可を受けるのです
判ります??今両方を目の前にして書き込みしていますが
見た目は表紙に”古物商許可証”と”古物行商許可証”と
書いてあるだけで中身はの記載事項は
殆ど変わり有りません

Q古物商の資格は必要ないのでしょうか?

小売店をしております。

先日仕入販売先より格安のOA機器の案内を受けたので聞いたところ。
「リサイクル機」と言われ、私どもの会社は古物商の資格を持っていないので、
販売出来ないのでは?とお聞きしたところ。

「下取りなどで引き上げた機械をリフレッシュモデルとして、製造しなおして商品とし
て出荷している商品なので古物商には該当しない。」と回答を受けました。

何らか付加価値を付けて、元の製品から転化しているので
古物商には該当しないのでしょうか。資料を見ても釈然としません。

お願いです、わかるように教えていただけませんか。

Aベストアンサー

質問者さんの店で「不特定多数からの古物の買い付け」と「不特定多数への古物の販売」を業として行う場合は、古物商の届出が必要となるでしょう。
警視庁のWebサイトにある「古物営業法FAQ」では、「客先から引き取ったものを販売するのは古物商の許可は不要」とあります。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/kobutsu/kobutsu/faq.html#cmsq3

疑問点があるようなら、管轄の都道府県警に相談されてはどうでしょう。

Q保険金請求の申請書で

先日バイクとの接触事故をおこして、保険会社(共済)から共済金申請の用紙が送られてきました。

その用紙に「以下の該当に当てはまる場合はレ印をしてください」みたいな項目があって「オーバーフェンダーの改造をしている」「車高下げの改造をしている」等の質問があったのですが、これは改造をしていると何か保険金に影響するのでしょうか?
事故った車はノーマルだったので該当はしないのですが気になったので。

(ちなみに下記の事故の件でアドバイスくださった方々、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。おかげさまで物損8:2で話が進んでいるようです。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1365637

Aベストアンサー

車両法に抵触するような改造が事故の二次的原因になる事もあるので、一応申告させるのです。
もちろん、合法範囲内なら問題ないハズですが、損保によってはケチを付けられる事もあるとか...
(ドノーマル前提と言うことで)

板金屋に入庫した段階で、現車は見られているんですけれどねw

Q古物商について。以下の場合は資格が必要ですか?

古物商についていろいろと調べたのですが、分からなかったので、お教えください。


古物商について書かれてある、警視庁のホームページに

・自分が海外で買ってきたものを売る。 他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含 まれません。

と書かれてありますが、以下の場合も古物商は必要でしょうか?
1.アリババから自分で仕入れる
2.タオバオから代行業者(さくら代行)経由で仕入れる


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>・自分が海外で買ってきたものを売る 。 他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含 まれません。

勘違いしてませんか?
「販売者自身が外国で買い付けをして国内に輸入したものを売るのみであれば、古物商の許可は必要ありません。
しかし、他の業者が輸入したものを日本国内で買い取って売る場合は、国内の被害品が混在する可能性があるので、許可が必要になります」

Q車庫申請の申請について

以前、中古車会社で働いていました。
そこで気になっていたのですが・・・

・自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書(複写式)
・自認書または承諾書
・所在図・配置図
・車検証(コピー可)

をすべて私が記入して申請していました。

・自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書(複写式)
・自認書または承諾書
は社長に文字の書き方をかえてと言われてかえて書いていました。

印鑑も認印が会社にたくさんありそれを押していました。
お客様からは口頭でOKをもらっていたので
こういう申請はなんらかの違法にはならないのでしょうか?
中古車屋さんでは当たり前の事なのでしょうか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

違法かどうかは分かりませんが、警察にばれるとこっぴどく怒られます。

特に・自認書または承諾書 ですが、
これは代理人が書くのは明らかにダメです。

私は以前、某ディーラーで働いていましたが
同じことをやった営業が居て、警察からそうとうお灸をすえられたそうです。
社内では全国の支店に通達が入るほど大きな騒ぎになりました。

Qネットオークション出品と、古物商の登録有無?

最近、ネットオークションのサイトを時々見ています。
中古品の市場が成り立っている分野で、骨董品、古着、古本などがあり、いずれもネット上でのオークションに出品されていますが、
盗品売買を防ぐ目的で「古物商」の資格(登録?)が無いと中古品の売買は出来ないと聞いた事があります。
一部の出品者はしっかりと「古物商登録済」と表記していますが、すべての中古品出品者がそうであるとは到底思えません。
それともサイトの管理者が古物商登録済なら違法にならないとか、そういうカラクリが有るのでしょうか。

私も出品してみようと思うのですが(勿論盗品ではありません)
古物商登録はありませんので、
合法・違法の境目を、どうぞ教えて下さいませ。

Aベストアンサー

転売目的で買い入れるのでなければ、当然のことですが
古物商の資格は不要です。
また、中古品を営利目的で販売するのには古物商の資格
が必要です。つまり、自分で使用したもの以外、
たとえば販売を目的として商品を仕入れたり、委託販売
を請け負う場合古物商の許可が必要です。金券の売買も
古物商の資格が必要です。継続的に営利目的で
コンサートのチケットをオークションに出していれば、
もはや個人とは言えず違法ですね。

Q車の譲渡手続き、誰が書くもの?

義理の兄から、近々車を譲ってもらうのですが、譲渡の手続きをするにあたって、手続きの全てを頼んだ車屋さんが、実印だけ必要箇所にきちんと押してくれたら、あとは記入は全て車屋でやると言ってきました。(義理兄と私の住所と名前など)
だから、ハンコ押印の部分以外は白紙のままで良いと言います。その方が、手続きがやりやすいと…。

このやり方は、普通にあることですか?
義理兄が、実印だけ押して渡すことに不安を感じてるので。
私の主人の長い付き合いの車屋さんなので、私はあんまり不安感はないのですが、義理兄にしてみれば知らない人なので無理もないかと思います。
一般的には、車屋さんが記入しているのですか?

私は、逆に自筆でなければならないのかと思っていました。違いますか?

Aベストアンサー

自分で書くのが一番確かですが、当事者さえ納得すれば他人に任せても問題はありません。

義兄がどうしても不安なら、二度手間にはなりますがまず車屋さんに必要事項をすべて記入してもらい、それを確認したうえでハンコをつけばどうですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報