AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

母子家庭の友人の話なのですが、生活上の事情で5~6年前から借りたり返したりしていた借金が(消費者金融やクレジット会社から)200万円くらいになっているようなのです。

それで今、彼女は給料の半分以上を借金返済にあてているのですが、いつまでたっても減るどころか最近、返済額のうちの利息分がなぜか増えてきたようだと言って悩んでいます。

このように生活苦からやむを得ず借金してしまった場合に個人再生法が適用されることは可能でしょうか?できれば数社からの借金をひとつにまとめたいと言っておるのですが・・

ご回答のほどどうかよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず自己破産したくないのであれば個人再生を選択する意味はありません。


両者ともに官報に記載され、個人再生でも破産した人並みの扱いとなります。
保証人などがその債務についていれば保証人に迷惑を掛ける点でも同じです。

両者ともに法的な整理になり、大きな違いは住宅ローンがあるときには個人再生だと家を手放さなくてすむという点、ある程度資力があると破産・免責そのものが難しいことです。

調停は両者話し合いで、返済条件を変更するものであり、以後の支払いを元金のみにして利息免除する、過去の利息を法定利息以内で再計算して圧縮するなどします。この方法は債権者全員でなくてもかまわないので、親戚に借りているお金については含めないで処理することも出来ます。
(特定調停も官報に載らなかったように思いますが記憶があいまいです)

破産処理や個人再生のような官報掲載もなく保証人の話についても業者と合意できればありません。もちろんご本人のクレジットヒストリーに事故の記録は記載されますが。(通称ブラックリスト)

この回答への補足

大変詳しいご回答に感謝致します。ありがとうございます。

調停についてですが、両者話し合いとありますが、これはどのような手順をふんで進めていけばよろしいのでしょうか?

個人で金融業者と交渉しなくてはならないのでしょうか?それとも間に入ってサポートしてくれるような機関があるのでしょうか?

たびたび申し訳ございませんが、ご回答のほどよろしくお願い致します。

補足日時:2003/11/07 18:42
    • good
    • 0

 消費者金融といっても、いろいろあります。

ヤミ金も消費者金融の名前で商売していますので。金利で判断できますので、高利の業者の場合、例えば、出資取締法の年利29.2パーセントを超える業者かどうかで判断し、そうであれば、ヤミ金110番で対処してもらうことができます。

 相談先から自分で電話をかけることになりますが、多くは、警察沙汰になることをおそれて、払いすぎた金額を返してもらえます。実は、正規の金利だと、すでに返済が終了しているケースもあるのですよ。

 高利業者から低利業者でまとめられれば、それほど良いことはないように見えますが、実際には思ったようにできません。理由は、高利業者に返すために新たな高額融資を受けることになるからです。借金は増えるわけです。

 余分なことは一切考えず、多重債務者相談を行っている弁護士会などに相談してみることです。裁判所の近くにある弁護士会には、そのような相談室がありますので、電話して聞いてみて下さい。

この回答への補足

親切なご回答感謝いたします。

おっしゃるように素人考えではなかなか難しいので一度専門の方に相談してようと思います。大変参考になりました、この度はありがとうございました。

補足日時:2003/11/11 18:34
    • good
    • 0

クレ・サラ会は請け負うのではなく相談に乗るということです。


基本的に弁護士以外に法的な代理人になることは出来ません。

ご自身で業者と直接交渉するなど自力解決を目指すのであれば、その相談には乗ってくれるかもしれませんが、それ以上のことはできないと思います。ただ弁護士に頼むといっても変な弁護士に当たらないように、よい弁護士を紹介してくれるなどはあるでしょうね。とりあえずの相談相手としてはよいかもしれません。

多重債務者を狙うかたりのクレ・サラ会もあるようですから、気をつけてください。
    • good
    • 0

>それとも間に入ってサポートしてくれるような機関があるのでしょうか?


これは、直接個人で行っても良いし、裁判所の調停を使ってもかまいません。
裁判所の調停の場合は裁判所に行けば手続の仕方は教えてもらえます。

しかし、上記を行う場合は法律や利息再計算などの方法を知らないと相手の言いように丸め込まれてしまいます。
裁判所の調停では調停委員がいますが、こちらの見方をしてくれるわけではありませんので、上手く行くとは言えません。

こういう場合は弁護士に依頼することになります。

この回答への補足

親身なご回答ありがとうございます。

他の方の質問履歴をみていて、「全国クレ・サラ被害者相談の会」というのがあるらしいのですが、今回の私どものパターンでもこのようなところに相談しても請合ってもらえるのでしょうか?

もしご存知ならばお教え頂きたいのですが、よろしくお願い致します。

補足日時:2003/11/09 11:49
    • good
    • 0

個人再生と調停の違いはno,3の方が書かれていますので割愛します。



調停は調停委員が間に入って話し合いを行います。
(注・あくまでも話し合いですので相手が全く応じない場合は終了してしまいます。)

債務者から(収入から支出を引いて毎月どのくらいなら返済できるか)だいたいどのくらい払っていけるかを聞きます。

債権者には借金を利息制限法に引き直して元金に充当して計算し直してもらいます。(確実に払っていれば多少なりとも減額されます)

ここから返済計画(おおむね3年くらいで返済が完了するくらい)を立てていきます。債権者・債務者お互いに納得する金額で合意できれば調停成立です。

あとは決まったとおりの金額の支払いをしてください。但し支払いを怠ると強制執行等のペナルティーも課せられますので注意してください。

近くの裁判所にパンフレット等ありますので一度尋ねてみられて説明を聞いてこられたらいかがでしょうか・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのご回答に感謝いたします。

おかげさまで調停の具体的内容がだいぶ見えてまいりました。一度出向いて相談してみようと思います、ありがとうございます。

お礼日時:2003/11/09 11:42

 No4の補足です。


 ちなみに、出資取締法では、29.2パーセントまでの利息ならば、罰則はないので、「適法」のように見えますし、マスコミの報道などでも、そのように感じてしまいがちですが、それは明らかに誤りです。

 利息制限法は、「強行法規」といって、守ることが強制されている法律です。つまり、契約によって曲げてはならない法律なのです。したがって、利息制限法の制限利率を超える利息の支払は強制されないのです。

 弁護士さんに相談し、借金の減額を求める訴訟を起こした方がよいですよ。違法な利息によって借金がどんどん増える場面で、個人再生などいった話はありません。その訴訟を起こした後で、おそらく業者に対する和解勧告といった話になり、利息制限法が守らされることになります。

 一刻も早く、弁護士さんに相談しなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切なアドバイス感謝します。とても参考になりました。債務者本人と相談してみます、ありがとうございます。

お礼日時:2003/11/09 11:44

 借金をまとめるといってきたのはサラ金業者からでしょうか。

これは、「まとめ屋」といって、更に借金をさせる業者の手口ですから、絶対にしてはいけません。

 利息のほうが増えてきたという感覚は必要です。その場合には、本当に利息が高利過ぎるのです。第一、利息制限法という法律に違反する利息払う必要のないものです。

 借りている元本が10万円未満は年利20パーセント以下、
 借りている元本が10万円以上100万円未満は年利18パーセント以下、
 借りている元本が100万円以上の場合は年利15パーセント以下、
 これが、制限利率です。ですから、これを超える利息は支払う必要のないものです。

 さて、不幸にして、ヤミ金とか、その他の違法サラ金に引っかかってしまった場合には、この利息制限法を盾にして、断固支払拒絶すべきです。

 ちなみに、サラ金のいうとおりに「任意に」返済してしまうと、有効な返済になってしまうので、注意して下さい。しかし、制限超過利息の支払は元本の返済に充当すべきですから(判例)、この点を主張して、弁済済みの幅をサラ金に認めさせるべきです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

借金をまとめようと考えているのは借金している本人です。

現在クレジット会社と消費者金融など3社ほどから借りているようなのですが、このたびのように返済困難になってきた場合はやはり借金はまとめたほうがメリットがあるのでしょうか?

補足日時:2003/11/09 11:29
    • good
    • 0

一つお聞きしたいのですが,借金はこの先返されるおつもりはありますか?もしあるようでしたら,個人再生法より調停(特定調停)を考えてみてはいかがですか?借金の総債務額の3%以上の返済能力があれば(借金が100万だったら3万円以上の返済)申し立ては可能だと思いますので・・。


もしくは無料法律相談でどのような方法が一番いいのか弁護士におたずねになるのが一番だと思います。
いずれにしても一日でも早く対処すべきです。利息は増える一方ですよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

もちろん借金を返す気持ちはありますが、今の状態では返済完了できるどころかどんどん額が増えていって取り返しのつかないことなるのではと心配しております。

調停とはどのような方法なのでしょうか?
個人再生法と調停はどうちがうのでしょうか?

どうかご教授のほどよろしくお願い致します。

補足日時:2003/11/06 06:55
    • good
    • 0

破産をすすめます。

この回答への補足

身内などに迷惑をかけるので自己破産だけはしたくないそうです。

補足日時:2003/11/06 06:54
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング