痔になりやすい生活習慣とは?

平成15年版の警察白書がでましたが、これによりますと外国人犯罪の急増・凶悪化が非常に顕著で、しかも組織化されていることが詳しく書かれています。
この中で、外国人犯罪グループの構成員の85.1%が中国人であるとあります。
このことは以前に石原東京都都知事が指摘し、都知事は既に都としての対応策も打っています。
要するに日本における外国人犯罪の外国人とは、すなわち実際は中国人のことと同じようなものということです。
読売新聞等では警察白書がでてすぐに、この中国人犯罪の実態について特集や連載で詳しく報じ、国民に警戒することを促しています。
ところが、朝日新聞は外国人犯罪とは報じるものの、これがほぼイコール中国人犯罪であることは絶対に報じないというのは本当なのですか?。
義理の両親の家が朝日新聞を購読しており、義父に確認したところ、中国人とは謳っておらず、「外国人の犯罪が増えているので、外国人の刑事を採用すればよいのではないか」という訳の解からない記事は読んだ覚えがあるとのことでした。
朝日新聞は、中国人が犯した犯罪(例えば福岡の一家惨殺事件等)にも、見出しには100%、「中国人」とは載せず「外国人」と載せているそうですが、これは本当なのですか?。
もし本当だとしたら、その理由は何故なのですか?。
もし真実であるならば、朝日新聞しか読んでいない人は中国人に対する警戒感を有することができないので、非常に危険だと思うのですが。
新聞社としては真実を伝えるという使命があるのではないでしょうか。
是非とも真実を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

確かに、外国人による凶悪犯罪が急増しています。

また、朝日新聞と読売新聞の間に「政治的なスタンスの違いがある」ということも事実ですが。

まず指摘しておきたいことは
「すべての外国人(この質問に即して言えば中国人)が『警戒すべき存在』ではない」--
ということです。
大多数の外国人は、大多数の日本人と同じように、犯罪とは無縁の、普通の市民生活を送っているワケです。

ですから、
>中国人に対する警戒感を有することができないので~
――という感想は、大多数の「普通の中国人」(普通、という表現自体も不適切だとは思いますが)に対する偏見を生みますし、その偏見によって引き起こされる

>非常に危険だと思うのですが。
――という、「非常に危険な」発想につながってしまいますよね。

そうは思いませんか?そう考えれば、「外国人犯罪=中国人犯罪」と「報道で」断定すべきではない、という理由がお分かりになるのではないでしょうか。

ついでに言えば
>朝日新聞しか読んでいない人は~
情報を得る手段は、新聞だけに限ったワケではないですよね。テレビやラジオ・雑誌などからも情報を得ることは可能ですし、質問者さんもそうだと思います。私もそうです。
ですから、↑の前提自体が間違っていると思いますよ。
    • good
    • 0

確かに外国人犯罪は増えています。

それによって
検挙率が下がってるのも事実でしょう。
警察白書を読んだ質問者さんは日本のこの犯罪増加を
さぞかし憂いていらっしゃるのでしょうが

少々疑問があります。
1、外国人犯罪グループの構成員の85.1%が中国人であるとあります。
この根拠は?過去に捕まえたもしくは指名手配した
人口比率なのかしら?

2、都知事は既に都としての対応策も打っています。
はて警察の捜査に都知事が手を打つ。。。何したの?

ちょっと横道でしたか じゃ本題。
この情報時代新聞だけが情報源というひとが
どれだけいるでしょう? 一切テレビは見ない人も
いるでしょうが 人と世間話の一つくらいするでしょう。
総合的な判断で中国人だと認識してるでしょうね。

なぜ中国と書かずに外国と書くかの理由はわかりませんが
朝日新聞購読者は危ない?というのは
あまりにも短絡的な思想です。
    • good
    • 0

直接の回答ではないですが、参考URLの1、15などを読むとおもしろいですよ。


私は、21が特に面白かったです。

参考URL:http://www.alpha-net.ne.jp/users2/kbty/
    • good
    • 0

>新聞社としては真実を伝えるという使命があるのではないでしょうか。


その件に関しては、外国人という表記でも事実に偽りはないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング