簡潔にしようと努力をしたんですが変なタイトルになってすみません。

1週間ほど前、3歳の子供が公園のブランコで立ち漕ぎをしていてふっ飛び周りの柵におでこを強打、おでこを4針縫うケガをさせてしまいました。頭部を打ったということでCTやらX線やらしていただき、脳のほうは大丈夫と言う脳外科の先生のお話でしたが一応様子を見るために食事は6時間取らないようにして水分のみにしてくださいとその時に「牛乳はダメです」と牛乳を強調して言われました。

話を聞いている時は私も気が動転していたので先生が「ダメ」と言うもの「良い」と言うものを覚えるのに一生懸命だったんですが落ち着いてから「何で牛乳はダメなんだろう」と疑問が出てきました。理由をご存知の方いらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

頭部を打撲した場合、6時間は注意を要するのは、頭蓋骨内の出血はだいたい6時間は進行する可能性があるためです。

CT上問題がなければまず大丈夫ですが一般的に注意事項を説明するのが脳神経外科的には常識です。
水分は良いと説明されたようですが、嘔吐した場合の危険性を考えたものでしょう。牛乳は胃酸で固まるため、胃の中では固形の食品と同じです。そのためあえて注意したのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。ご回答ありがとうございました。

牛乳は嘔吐した時の危険性を考えて飲まないように指示をしていただいたわけですね。胃酸で固まって食事をしたことになるのですか~!知りませんでした・・・気が動転していても本当に医師の指示は聞き逃したらダメですね。(知識も無いのですごく体に悪い事をしてしまいそうです)

大変良く解りました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/11/06 08:41

少年マガジンに連載中の医療漫画の、「ゴッドハンド輝」に、ミルクを飲むと効き目が中和されて、まったく効かなくなる薬があると、描かれていた事(その時の患者も子供でした)があります。


ひょっとしたら・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。ご回答ありがとうございました。

牛乳に中和されてしまう薬があるんですか・・・薬は水で飲まないと~とか言うのはなんとなく解っていたのですが全く効かなくなるものも有るんですね~。本当に素人では知らない事が多いんですね。漫画と言えどもなかなか侮れません、今度読んで見ますね。

参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/11/06 08:36

頭部外傷は時間がたってから、はきけ、頭痛、出血等の症状が出る事があります。

小児では比較的軽い外傷によっても嘔吐しやすい事があるので誤嚥性肺炎等を防ぐ意味でもそのように云われたんだとおもいます。また体調が悪いと牛乳自体で吐き気が出る事がありますね。もし嘔吐があった場合、頭部外傷の方なのか牛乳の影響なのか、原因を絞る為に言ったものだとおもわれます。

ご参考まで。

おだいじにどうぞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。ご回答ありがとうございました。

やはり、嘔吐しないように、また嘔吐した時の後さらに悪い事が重ならないために牛乳は飲まないほうが良いのですね。大変参考になりました。

おかげさまで抜糸も済み、経過は良好と言う事で親としてもホッと一息と言う所です。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/11/06 08:29

一般的に頭部を打った場合、可能性として数時間後より硬膜下血腫 → 脳圧亢進 → 嘔吐、意識障害 という経過を取ることがあります。


この場合、吐いたものが誤って肺に入ることがあります。このとき牛乳だと蛋白質のため強い肺炎を起こす可能性があるため「牛乳はだめ」といわれたのではないでしょうか。まぁ水でも胃酸の影響で肺炎起こすこともありますが‥‥
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。ご回答ありがとうございました。

素人の考えで水分だけと言われたらなるべく栄養価のあるものと言う考えを持ってしまいがちでしたのでその後に起こるかもしれない症状を考えての事なんですね。たんぱく質は強い肺炎を起こす可能性もあるのですか・・ここまで来ると本当に専門知識になってきますので気が動転していても医師の指示は聞き逃さないようにしないと大変な事になる場合もあるのですね。(これからもいつ怪我をするのか判らないので・・)

とても参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/11/06 08:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング