ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

『本来はプラス目標にしたいところ、やむを得ずマイナス目標(このマイナスに留めよう!という目標)に対して、これだけのマイナス実績となった』場合の達成率の求め方を教えてください。

例えば、以下のような場合は具体的にどのような式で算出されるのでしょうか?

(1)-140という数を目標としていたところ、-100で済んだ場合の達成率(結果、達成!)

(2)-140という数を目標としていたところ、-300に達してしまった場合の達成率(結果、未達成!)

どちらも+に転じた方が良い結果であることを表します。


お手数ですが教えて頂けますようお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何もしない、通常通りの場合の推定値を設定するといいですね


・何も対策を講じないと -180 になる 
・目標として -140 に抑える
・結果 -100 で済んだ
の場合 (-100+180)/(-140+180)*100=200 で達成率200%という風に

たとえば慶喜が上り調子で何もしなくても+150だろうと推定されていて
+200を目標としたが、結果+100だった
達成率は50%だといっても、だれも納得してくれないですよね。
    • good
    • 5

数学に「達成率」という定義はないですね。

定義がないなら、目的に応じて自分で定義をつくるしかありません。

まず、通常のプラス目標での達成率は

達成率=実績値/目標値×100% (ただし目標値>0)

が妥当です。

しかし、これをマイナス目標値にそのまま適用すると、実績ゼロでは、目標値によらず達成値はいつもセロになるなど不都合があります。

そこで、次の定義式とします。

達成率=100%+(実績値-目標値)/目標値の絶対値×100% (ただし目標値<0)

この定義だと、いろいろな不都合が解消されて、感覚的に納得できる数値になると思います。数値例を代入してご確認ください。
    • good
    • 21

通常の目標率の出し方は、




結果÷目標です。
たとえば、

80÷100=0.8*100=80%達成。

でもマイナスならば
その逆でやったほうがあってそうですが。。

目標÷結果
たとえば

-140÷-100=1.4×100=140%!達成。

-140÷-300=0.46×100=46%達成率。

でも、この考え方には0%という考え方がないので、
おかしいので、

いくらの損失がでているかを基準した方が正しいそうです。

-140が-100に抑えられた 通常より40得をしてる。

140円のものが100円で売っていた! それは29%OFFだ。
29%得だ!という考え方。

-100÷-140=0.71 1-0.71=0.29×100=29%


それで
-140が-140できれいに収まった。つまり0%達成というのは変で、
普通なら100%達成と言いたいので、さっきの29%に100を足して、

129%達成するのが妥当だと思います。
    • good
    • 21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目標値がマイナスの場合の達成率の出し方

すみませんが、どなたか至急教えてください。
目標値をマイナスで設定していた場合に、達成値がプラスになりました。
こういう場合の達成率はどういうふうに計算すればよいのでしょうか・・・?
申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No2です。目標値をA1、達成値をB1とした場合、

ABS(A1-B1)/ABS(A1)*100

Q予算達成率の計算式

マイナスの予算に対して実際にはマイナスが少なくて済んだ場合の達成率の計算の仕方についてお教え願えませんでしょうか。

予算 ▲189  実際 ▲150 の時
予算 ▲189  実際   30 の時

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.4です。再び失礼します。
ちょっと違うような気がして、あれから少し考え直しました。
次の式は、質問者様の意図を反映していると思います。

達成率=ROUNDDOWN(IF(予算=0,"-",(過不足額/ABS(予算)+1)*100),1)

パターン 予算 実績 過不足額 達成率
(1) 100 150 50 150.0
(2) 1,000 1,000 0 100.0
(3) 1,000 0-1,000 0.0
(4)-1,000 900 1,900 290.0
(5)-1,000 -1,000 0 100.0
(6)-1,000 0 1,000 200.0
(7) 0 900 900-
(8) 0 900 900-
(9) 0 0 0-
(10) -189 -150 39 120.6
(11) -189 30 219 215.8

上の試算は、予算がプラス、マイナス、ゼロの場合に分け、
それぞれ実績がプラス、マイナス、ゼロに分けたものです。
ご質問は、パターン(10)と(11)に計算してあります。

No.1様への「お礼」では、
>▲189÷▲150=1.26として計算してしまうのもおかしいような気がします。
・「予算/実績」ですから、これはおかしいですね。
赤字、黒字、トントンのどのパターンの場合でも同じ式が使えないと意味がありません。

No.4です。再び失礼します。
ちょっと違うような気がして、あれから少し考え直しました。
次の式は、質問者様の意図を反映していると思います。

達成率=ROUNDDOWN(IF(予算=0,"-",(過不足額/ABS(予算)+1)*100),1)

パターン 予算 実績 過不足額 達成率
(1) 100 150 50 150.0
(2) 1,000 1,000 0 100.0
(3) 1,000 0-1,000 0.0
(4)-1,000 900 1,900 290.0
(5)-1,000 -1,000 0 100.0
(6)-1,000 0 1,000 200.0
(7) 0 900 900-
(8) 0 900 9...続きを読む

Qマイナス値の昨年対比率の算出方法?

表計算で、店別の粗利の昨年対比を算出したいのですが、計算式を教えて下さい。例えば昨年値 A=100 今年値 B=123 なら B*100/A-> 123% となり納得いきます。
しかし AもBもマイナス値の場合はどう計算するのでしょうか? A=-123 B=-100 なら去年より成績がよくなったので 100% 以上の答えを期待するのですが B*100/Aでは期待する答えになりません。実務上ではどのように作表するのが正しい方法なのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合100%以上の答えを期待してはいけません。
そもそも百分率(%)とはある値を100とした時の割合を見るためのものです。
昨年値がマイナスの場合、負の数を100とすることで正負の逆転があることを
頭において下さい。

混乱を避けるために昨年値との増減を見るようにします。
昨年値をA、今年値をBとすると
式は、(B-A)/A*100 となります。
 (1) A: 100 B: 120の場合-> +20(%)
 (2) A: 100 B:  80の場合-> -20(%)
 (3) A:-100 B:-120の場合-> +20(%)
 (4) A:-100 B:- 80の場合-> -20(%)

(3)の場合+20%という答えになりますが、昨年値Aがマイナスなので
マイナスが20%増えたと考えます。
同様に(4)はマイナスが20%減ったという事です。

では、頭の中を整理して、じっくりと考えてみて下さい。

Q達成率を出したい。

添付の表のような場合、達成率をどのように算出したらよいでしょうか?
すべてに適応できるような数式はありますか?
ご教授願います。

①計画が0、実績あり。→達成率は100%?
②計画が-260、実績が-220もしくは10(どちらもプラスになった場合)
③計画が365、実績が0→達成率はマイナス?
④計画、実績ともに0の場合。

Aベストアンサー

一般的には
実績÷計画×100%で計算します。
計画が0の場合は、その時は別途考える必要がありますが、
そもそも、計画が0とかマイナスになるということは、
その数値の意味及び単位は何なのでしょうか。(例 売り上げ目標 単位:1万円等)
それにより、計画が0とかマイナスの場合の考え方が変わってくると思います。
参考までに下記URLに達成率の計算方法が記載されています。
http://ameblo.jp/jk-kana/entry-10719165343.html

Q経常利益増加率⇒マイナス÷マイナスは?

経営分析を始めてやっています。
経常利益増加率の計算方法は、何処にでも載っているのですが・・・
経常利益増加率=(今期経常利益-前期経常利益)÷前期経常利益×100で求められます。
例えば、前年の経常利益が-4,500,000で今期の経常利益が-5,500,000だったら、マイナスとマイナスの割算が、いきなり分からなくなってしまいました。この数字の計算式と指標の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、答えは「47.6%」です。

●指標の表記の仕方
「表記の仕方」という意味がちょっとよく分かりませんが、「今期の経常利益は▲34,000千円と赤字は継続しているものの、赤字額は前期から31,000千円減少(47.7%減)し、回復基調にある」という感じでしょうか?

赤字がからむ場合、文章上で不用意に増減率を用いると誤解を生じることがあるので注意が必要です。この例文では(47.7減)としましたが、なぜ「減」なのかというと、主語が「赤字額」だからです(47.6ではなく47.7というのは四捨五入の関係です)。

「分母の前期を絶対値」とする増減率は、「比較財務諸表」においては有効だと思います。

No.2です。「補足」ありがとうございました。

端数処理や前期0の場合などの細かい話は除くと、計算式は要するに「増減額÷前期の絶対値」になります。「%」だと当然100倍しますよね。

●前期-24,000,000
 今期-54,000,000
であれば、増減額は「-30,000,000」ですよね。これを前期の絶対値である「24,000,000」で割るわけです。ですので答えは「-125.0%」です。

●前期-65,000,000
 今期-34,000,000
であれば、増減額はプラスの「31,000,000」ですので、前期の絶対値である「65,000,000」で割ると、...続きを読む

Q達成率の計算のしかた

普通、実際の数が目標の数に対してどれだけ達成されているのかを計算するには『実際の数(60)÷目標の数(120)×100』ですよね(50%)?その逆の計算式を知りたいです。というのは、目標を0(ゼロ)として、実際の数がどれだけ達成されているか(近いか)を計算したいのです。達成率の最高値は100%と設定してあります。実際の数が0なら達成率100%という事です。意味がわからなかったらすみません。

Aベストアンサー

目標を設定する裏には目標に達していない現状があるからです。なので
達成率は(実績値ー目標設定時の現状値)/(目標値ー目標設定時の現状値)で計算します。
売上目標の達成率などで、売上実績/目標売上などで計算しているのを見かけますが、(売上実績-0)/(売上目標-0)の意味です。(目標設定時の売上げはまだたっていないから)
つまり分母を目標と現状の差異ととらえれば分母が0になることはありません。
質問の例では、例えば現状月に5件あるクレームを0件にするといったケースなどでしょう。で実際2件だったとすると、達成率=(2-5)/(0-5)=60%となりますね。

Q伸び率のマイナス数値からのパーセント計算について

伸び率の計算をする際に、
たとえば「前月比○○%の伸び率」といったような表示をする場合、

1月・・・ 5,000
2月・・・ 12,000

だった場合は2月÷1月×100=240%で出るかと思うのですが、
これが対象となる数値がマイナスだった場合、

1月・・・ -5,000
2月・・・ 12,000

先ほどのように計算しようとするとマイナス部分をどのようにしたらよいのかが分かりません。
マイナスがない場合と同様に考えて計算しても良いのか、あるいは別な方法を用いらなければならないのか・・・。


どなたかご教授いただければと思います。

Aベストアンサー

伸び率は「増加分÷基準の月の絶対値×100」です。

>1月・・・ 5,000
>2月・・・ 12,000

の場合は「(12000-5000)÷5000×100」で「140%」になります。

ですので、
>だった場合は2月÷1月×100=240%で出るかと思うのですが、
は間違っています。

>1月・・・ -5,000
>2月・・・ 12,000

の場合は「(12000-(-5000))÷(5000)×(100)」で「340%」になります。

なお、この式は「差が無い時は0%」になります。

もし「差が無い時は100%」にしたい(それは「伸び率」ではなく「前月比率」ですが)場合は、上記の式で出た数値に「100%」を足して下さい。それぞれ「240%」「440%」となり、質問者さんが欲しがった値になります。

Q前期がマイナスの前年同期比の計算方法について

お世話になります。
初歩的な問題ですが、

前年の数字が -20,793,230で
今期の数字が  81,073,962 と

大幅に違っていました。

普通ならば今年度÷前年度で比率は求めれられますが、
前年度の数字がマイナスの場合、
比率の計算はどのようにしたら良いのでしょうか??

また、前年がマイナスで今期も同様にマイナスだった場合の
前年同月対比についても計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前年度の絶対値(マイナスをとった値)と今期の数を足して前年度の絶対値で割ります。

どちらもマイナスの場合は
今年度÷前年度の答えにマイナスをつけます。

で、どうでしょう。

Qエクセルで前年比を計算したい

今年の利益:300万円
昨年の利益:-200万円
の場合の、対前年比の算出式を教えてください。

どちらもがプラスの場合には、今年÷昨年で算出していましたが、
マイナスの場合の算出方法がわかりません。

パーセント表示で出したいと思っています。

お願いします

Aベストアンサー

前年比(パーセント表示)は、前年も今年もプラスであってはじめて意味があります。
どちらか、あるいは両方がマイナスの場合は意味がありません。
計算式どうりなら、昨年がマイナスでも今年がマイナスでもともにマイナスとなります。

あえて表示するとすると、利益300万円(前年比+500万円)といった絶対額表示でしょう。

Qマイナスの達成率?の求め方

自分でもよく意味が分かっていないので、うまく説明できるかどうか分かりませんが、よろしくお願いします。
現在悩んでいるのは、以下のとおりです。
------------ここから---------------
不良品が100個あります。
不良品の数を50個に削減したいと思っています。
不良品が70個になった場合の削減率(不良品50個に対する達成率)は何パーセントでしょう。
-------------------------------------
もちろん、不良品が50個になった場合の削減率(達成率)は100%だということは分かっているのですが、どうにも計算式がうかんできません。
バカな質問だとは思いますが、私の頭ではこんがらがって答えを導き出せないのです。 お暇なときで結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

発想を逆転してみましょう。
目標:不良品100個 → 50個 へ削減
ですが、不良品1個削減する=良品が1個増える と考えるわけです。
すると「不良品100個 → 50個 へ削減」は
100 - 50 = 50 なので、50個の良品が増加 とおきかえれます。
で、50個増えれば削減率(達成率)100%ですから、1個増えると100÷50= 2%の削減率(達成率)となります。

問題の70個になった場合の削減率を考えると、削減した数(良品が増えた数)は 100 - 70 = 30、つまり30個なので、そのときの削減率(達成率)は
2×30 =60 で 60%となります。

これを一般式にすると n個になったときの削減率は
{(100 - n )/ 50} ×100 (%)
になります。(分母の50は 100-50 のことであることに注意ください。) 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング