宅建教科書より、
宅建業を営む者について、無免許の者も含まれると書かれています。
無免許の者とは、免許を受けなければならないのに受けていない者と定義されています。

普通に考えると、無免許の者は存在してはいけないので、
「無免許の者」などと言う、概念自体が普通に説明されるレベルで出てこないのでは?
せめて、「例外として~」 などと分けて記載するべきでは?と思いますが、
宅建の教科書の「宅建業を営む者」というカテゴリの中に、
記載されているくらいなので気になっています。

実際に、免許無しで宅建業を営む者はどのくらい居るのでしょうか、
居るとすれば、無免許で宅建業を営む者のメリットとはなんでしょうか。


因みに、宅地建物取引主任者の資格試験に合格したら
登録の完了を済ませ、取引主任者証の交付を受けますが、
取引主任者証は、ここで言う「免許」ではないという認識であってますか。


ご回答の程、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自動車免許で言うなら無免許運転と一緒の類



どのくらい居るか把握できたら苦労しないよ

メリットは収入(利益)がいいからでしかないでしょ

取引主任者証と免許の区別もわからなかったら試験落ちる確率高いよ…

取引主任者証 宅地建物取引主任者である証

免許 宅地建物取引業を営むために必要


補足 宅建主任者証を交付してもらうって記載しているけど…

登録講習料金高いよ

不動産業界に転職なら営業 運転 その他もろもろできないと………

それに宅建の勉強しているなら統計の勉強ももちろんしているよね?

宅建登録者の数溢れかえっているよ

宅地建物取引主任者証を保有しているものでした

あっそうそう 身分証明書代わりになんか殆どならないよ

試に郵便局で免許証の代わりに提出したらダメって言われましたよ

その他 某レンタルビデオ屋もダメ

原付免許の方がよっぽど身分証明書になる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>メリットは収入(利益)がいいからでしかないでしょ
そうなんですかΣ(´∀`;)ふむふむ

>取引主任者証と免許の区別もわからなかったら試験落ちる確率高いよ
明確に区別できていないサイトを見たことがあったので、気になってました。。。

>登録講習料金高いよ
なんであんなに高いですかねorz

>宅地建物取引主任者証を保有しているものでした
生の声を聞けて、とても参考になります。m(_ _)m

>原付免許の方がよっぽど身分証明書になる
身分証明書には使おうとは考えていませんでしたが、
日常生活では、役に立ちそうな免許ではないですね。。。

回答、どうもありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2011/09/01 04:27

無免許営業は禁止される。

つまり,免許を受けない者は宅建業を行えないのが原則だが,例外がある。
次の者は宅建業を行っても免許がいらない。
 ・国,地方公共団体,これらに準ずる者
 ・信託業法の免許を受けた信託会社


免許を受けている者の免許が効力を失った場合は,未処理の契約があったときでも後始末できず結局お客さんが迷惑する。そこで,宅建業者であった者またはその一般承継人(いっぱんしょうけいにん)は,自分達が締結した 契約に基づく取引を結了する目的の範囲内では,なお宅建業者であるとみなされ,その範囲内に限って,宅建業ができることになっている(無免許営業にならない)。

・取引主任者証は、ここで言う「免許」ではないという認識であってますか。

そうです。自分が宅建主任を取得してなくても、宅建業免許を交付され、宅建主任資格者を
雇用して、宅建業を営むことが、できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そうです。自分が宅建主任を取得してなくても、宅建業免許を交付され、宅建主任資格者を
>雇用して、宅建業を営むことが、できます。
なるほど(^^) とあるサイトで、免許を混同していた記載があったので、気になっていました。
的確に回答頂き、どうもありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2011/09/01 04:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建の勉強法について質問です

宅建の勉強法について質問です

今年宅建の勉強を目指しているものです。

独学で勉強をしようと考えており、
現在参考書で勉強しています。

独学の勉強法として、おすすめの参考書やサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

十分時間があり、じっくり学習に取り組めるのであれば「住宅新報社」
の「パーフェクト宅建」シリーズをお勧めします。基本書(テキスト)
は非常にボリュームがありますが、これを8割程度理解できる様にな
れば、合格ボーダー近辺の35問は十分取れるようになるでしょう。
あと、「過去問10年間」と「一問一答」、特に一問一答の方を十分
こなせば相当な力が付きます。あと、学習に役立つサイトとしては、
十影響さんのものが非常に有効です。1000本ノック等で沢山の演習問
題に取り組めるのが良いですし、試験では必ず1問出る「統計問題」に
もシッカリ考察を加えながら対応しているのが素晴らしいです。

参考URL:http://tokagekyo.7777.net/

Q宅建業免許と宅建主任者

土地を分割分譲しての販売は宅建業者でないとのことですが、、、

宅建業者と宅建主任者の違いが良く判りません。
例えば、
1.土地の個人所有者が宅建取引主任者の資格を持っていれば、自分名義の土地を分割分譲して販売しても宅建業法違反にはならないのでしょうか?
2.宅建業免許を持つ法人の代表者(取引主任資格あり)が自分名義の土地を分割分譲して販売する場合は?
上記のような形態でも宅建業者の事業と認められるのでしょうか?

ご教授下さい。

Aベストアンサー

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という強制力で一定の資力や責任能力、専門知識が無いものが、不動産の売買の売主や仲介人になることを排除するために、儲けられた免許制度の規制です。
一番大きいのは、その業者の過失や不正などがあり、買主などが損害を被った場合など、保証金で1000万まで保証される仕組みがあることでしょう。

個人の宅地建物取引主任者はあくまで、重要事項の説明などその資格で行なわなければならない業務が定められており、個人の資格です。
免許は、宅地建物取引業者免許を申請して(個人、法人を問わず)大臣や都道府県の首長から与えられる免許で、宅建業にかかる業務を行なう場合には、この免許が必要です。
そしてこの免許の条件に、不動産に掛かる従業者5名に1名以上の専任の宅地建物取引主任者が必要となります。法人の場合は、代表者が主任者の資格を有している必要はありません。

代表者個人でも、業法にかかる販売形式の場合は、当然に代表者は宅建業者ではないのですから、その代表者が売主になることは出来ません。その様な場合は、形式上会社に売却、会社が売主となって販売する事が多いでしょう。この場合、知らなかったが通用しないので、万一発覚すれば何らかの指導ぐらいはあるでしょう。

また、免許を有しない者が自己で開発許可等取得し、適合する工事を完了しても、その宅地を個別に仲介販売する業者はいないというのが現実で、仲介する業者も業法違反に問われるのです。

自己で開発等にかかる宅地を所有し、極力高く売りたい(一括で業者に買い叩かれたくない)なら、開発行為や工事は自己の負担で行い(現金が必要です、融資は不可)完成後に、一括で売却するか?信用できる業者に、利益配分を決めて、契約して(登記上の移転は最終までしない)売主となってもらい、個別に販売するしかありません。

不明な点があれば補足してください。

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という...続きを読む

Q宅建のおすすめ勉強法

私は2009年度の宅地建物取引主任者の
試験を受けるつもりでいます。

基本書に「らくらく宅建塾」
問題集としてニンテンドーDSのソフト、
「LECで合格るDS宅地建物取引主任者」
を使用するつもりでいるのですが(購入はまだこれから。)
もっと効率的な勉強法があるような気がします。

宅建の試験の経験者の方、
自分はこういった勉強法(教材)をして
受かったなど、体験談を聞かせてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

私が宅建に合格した時は、テキストは「らくらく宅建塾」を、問題集は過去10年分の過去問が掲載されている物を使用しました。
またそれに加え、合計3回模擬試験を受け、試験直前には、直前対策問題集もやりました。

DSソフトは現物を見たわけではないので、何とも言えませんが、通勤途中などの時間を利用して勉強するのでしたら、結構活躍しそうですね。

ただNO.1の回答者様もおっしゃるように、基本は何と言っても過去問を繰り返しやることだと思うので、DSだけでなく、過去問集も購入した方が良いかもしれません。

また、独学で勉強されるのでしたら、模擬試験を受けておくのも良いですよ。
普通は本番試験と同じような形式で模試が行われますので、試験に慣れしておく点でも有効ですし、また模試結果で、自分が現在どれくらいの実力があるのかも確認することができます。
中には模試の後に、回答の解説を実施しているところもありますが、さすが専門学校だけあって、ポイントをついた良い解説も多かったので、私はそれも勉強になりました。

Q宅建の質問です。 【宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物の売

宅建の質問です。

【宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。
1.Cが建物の所有権を有している場合、AはBとの間で当該建物の売買契約を締結してはならない。ただし、AがCとの間で、すでに当該建物を取得する契約(当該建物を取得する契約の効力の発生に一定の条件が付されている。)を締結している場合は、この限りではない。】
についてですが簡単に言うとAは自己の所有に属さないCの建物を売ってはならないけど契約か予約があればいいですよ、だけどその契約や予約が停止条件付きじゃだめですよ、と言う事だと思うのですが、国語力の問題なのか肯定と否定の位置がよくわかりません、変わった質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

33条の2

原則
・Aは自ら売主としてBと売買契約を締結できない。

例外
・AがCから建物を取得する契約か予約をしていること。(その効力の発生が条件に係るものを除く)とあるので停止条件や法定条件付きの場合には契約を締結できない。
・AがCと解除条件付き取得契約を締結しているときは、AはBと売買契約を締結できる。

民法127条
停止条件: ある事実が生じることで効力が発生
解除条件: ある事実が生じることで効力が消滅

蛇足ですが、民法上では他人物の売買は有効に成立します。

Q宅建資格ですが、費用をあまりかけずに効果的な勉強法が有れば

宅建資格ですが、費用をあまりかけずに効果的な勉強法が有れば
教えてください。
例(○○というテキストで勉強すればいい)等
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まずは市販のテキストを項目ごとによく読み、テキストを見ながら問題集を解いてください。問題を解くときに、その問題について覚えている知識があれば、どこがどう違うのか(正しいのか)を書き込むと知識が定着しやすいと思います。
問題集は1冊だけでなく何冊か用意するといいと思います。ニンテンドウDSがあれば宅建DSというソフトが持ち歩いて気軽にできる問題集としてお奨めです。

宅建は難しいと言われていますが、出題傾向がわかればとても簡単な試験です。独学でも十分に合格できます。

頑張ってください!

Q宅建業等の免許について

宅建業免許と宅地建物取引主任者証の有効期限満了の場合について
それぞれの免許が必要なくなるため更新せず期限がきれた場合その免許証は返納しなければならないのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宅建業免許にしろ、主任者免許にしろ「有効期限満了」となれば、そ
の免許は失効で、業務は行えなくなります。ただ、「宅建業」の免許
に関しては平成12年の法改正で廃業していないのであれば、返納義務
は無くなっています。「主任者証」については、失効後、速やかに返
納しなくてはならず、廃棄したり手許に残しておくことは出来ません。

Q宅建の参考書と勉強法

独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。
参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。アマゾンのレビューを見ると「一発合格らくらく宅建塾」を柱に「過去問宅建塾」の1・2・3・を勉強し合格した等と書いてありますが、これは本当なのでしょうか?それほどの良書なのでしょうか?
まだ参考書を決めかねていますので、他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

また、私の父は宅建を既に合格しているのですが(かなり昔に合格した)、勉強は「宅地建物取引の知識」のみ1冊のみで勉強したと聞きました。この本は全然他の質問回答にも出てこないのですが、この本は必要なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じるかもしれないので、取っ掛かりはやはり「らくらく宅建塾」のような参考書のほうが、挫折しないんじゃないかなというのが私の個人的な感想です。

「宅地建物取引の知識」については、私は読んだことは無いのですが、私の周りで宅建に合格した人も、この本は使用していないようなので、書店で売られている宅建の参考書や問題集をしっかりやれば、充分合格は可能だと思いますよ。

それから、勉強法については、私も過去問をしっかりやり込む事をお勧めします。
また、もし可能であれば宅建の講座をやっているスクールでやっている宅建模試を受けてみるのも良いですよ。
全国模試だと、他の受験者と比べて自分がどれくらいのレベルなのか分かりますし、また本番と同じ形式で模試が行われるので、本番の良い予行演習にもなります。

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じる...続きを読む

Q宅建業法(免許&登録)についての質問です。

2ヶ月前から宅建の勉強を始めた者です。
民法、法令上の制限と順調に消化してきたのですが、宅建業法で壁にぶつかってしまいました。
いくつか理解できない箇所があるのでご回答いただけたら幸いです。

1、
法人の役員が宅建業法に違反して罰金を受けると免許は取り消されると思うのですが(66条1項3号)、
「パーフェクト宅建」のp415によると、法66条1項8号9号に該当した免許取り消し以外は、5年の経過期間は不要と書いてあります。
これは前述の法人役員は5年経過せずに再び免許を取得できるという理解でよろしいのでしょうか?

2、
同じく「パーフェクト宅建」のp415に、営業保証金を供託しなかったため免許取消しとなったときは、
欠格要件に該当せず5年の経過期間は不要とあるのですが、p450によると当該罰則は業務停止処分または免許取消し処分(情状が特に重い場合)とあります。
しかし、66条1項9号によると情状が特に重い場合は5年の経過期間が必要と書いてあり、矛盾してしまうような気がするのですが・・・

3、(1の質問と重複する部分があるかもしれません)
「パーフェクト宅建分野別過去問題集」p351の解説に、宅建業法に違反し罰金の刑に処せられ登録を消除された取引主任者Aは、
5年を経過しなければ再び登録を受けることができない(18条1項5号の2)と書いてあります。
Aさんの場合は68条の2の登録の消除事由に該当するので、登録を消除されてしまうところまでは理解できるのですが、この場合なぜ5年の経過が必要なのでしょうか?
18条1項5号の2の規定は、未だ登録をしたことの無い人が罰則を受けた場合に5年間登録できないと、
(18条1項6号の規定のような、登録消除された取引主任者資格者の登録申請を5年間禁止するものとは別個の規定だと)理解していたのですが・・・

2ヶ月前から宅建の勉強を始めた者です。
民法、法令上の制限と順調に消化してきたのですが、宅建業法で壁にぶつかってしまいました。
いくつか理解できない箇所があるのでご回答いただけたら幸いです。

1、
法人の役員が宅建業法に違反して罰金を受けると免許は取り消されると思うのですが(66条1項3号)、
「パーフェクト宅建」のp415によると、法66条1項8号9号に該当した免許取り消し以外は、5年の経過期間は不要と書いてあります。
これは前述の法人役員は5年経過せずに再び免許を取得できるという...続きを読む

Aベストアンサー

問題を見ず回答してます

1番は

宅建業法に違反して罰金を受・・・

業務停止処分に違反して罰金では・・・
(法66条1項8号9号)

少し違うよ。

2番はこの問題かな?http://www.melma.com/backnumber_83264_1067977/


業法における免許問題は
1宅建業者(会社)の免許
2使用人の免許(取引主任者)
二つの免許が違いますので明確にわけて考えてください
今年だけに目を向けず確実に勉強すること いい加減に勉強したら
後が大変です

勉強中ですたぶん間違ってないと思いますが

 

Q宅建の効率的な勉強法&安い学校を教えてください。

宅建で効率的に合格する方法、安い学校を教えてください!

記憶力はかなり低下しましたが、宅建でも取りたいなと思いました。
しかし仕事も忙しいので、通信教育ではまったく勉強しませんでした。。。
5年前に1級建築士を取ったので勉強の苦しみはわかってます。。。。

そんな中で勉強するには学校に行くのが一番かなというのが
思うところですが、さほどお金をかけたくないので
いい勉強法、安い学校があったら教えてください!
(新宿・吉祥寺・立川くらいなら通えます)

Aベストアンサー

一級建築士を取得できる程の能力があれば、宅建は独学・短期間で
取得できると思いますよ。資格予備校に行く必要はないと思われます。
それより、いいテキスト1冊(またはシリーズもの1組)を十分精読
し、あとは過去問を出来るだけこなす、直前に大手の模試を2つくらい
受けて弱点を潰しておく・・など、オーソドックスなやり方で十分でし
ょう。因みに、5問免除の問題で建築関係の問題も出ます。febgreenさ
んには大変有利な問題といえるでしょう。細切れの時間の活用&少しで
も毎日継続して学習すること、これが忙しい社会人が受かるための方法
だと思います。通信教育は忙しい人には不向きだとも思います。

 初学者には「らくらく宅建塾」が人気、広範囲を万全にという向きに
 は「パーフェクト宅建」がテキストとしてはお勧めです。どちらも、
 姉妹書に連動した問題集がありますので、使い勝手も良好です。

Q宅建、管業の主任者登録はしたほうが就職に有利ですか

宅建に合格しました。
登録実務講習を受けて登録するには金額も合計で6万円ぐらいかかるするみたいです。逆に合格から1年以内に登録して主任者証を受けないと法定講習でまた1万円以上いるみたいですし登録するか悩んでいます。

また、先週受験した管理業務主任者も自己採点したら40点あったので合格していると思います。
こちらは登録実務講習と登録費用で3万円ぐらいですが実務登録講習の実施場所が少なく、申し込み期限も限られているのですぐに決めないといけません。

就職する際に履歴書の資格に「宅地建物取引業主任者試験合格」と書く場合と「宅地建物取引業主任者 ○○県知事登録」と書く場合では就職の際に差はあるのでしょうか?
有資格者(急募)という求人は外して考えて下さい。

Aベストアンサー

まあ、登録は一生有効なので、できればしておいた方が何かと不便は無いでしょう。
登録さえされていれば、あとは協会へ免許申請するだけで主任者になれるので余計
な手間や心配は無くなります。(登録に必要な講習は年間通じては開催されていま
せんので、下手すれば翌年の合格者向けの講習が始まるまで待たねばいけません)
即戦力を求めている不動産会社等であれば、その辺りが採否を分ける可能性もあり
得ます。ただ、履歴書レベルでは「平成〇〇年〇月、宅地建物取引主任者または管
理業務主任者(国家)試験合格」と書けば事足りるので、あまり関係ないと思いま
すが、面接のときに登録の有無を聞かれる可能性が結構あるのでは、とも思います。
とはいえ、安くない諸費用が掛かりますので、サイフとの相談になるでしょう・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報