つちを掘ってみると、いろいろな長さのみみずを発見できます、みみずの長さが長くなる条件ていうのは、何でしょうか?ちなみに、土の水分と温度をいろいろな場所で測ってみました。ある場所では短いミミズがいっぱいでできたり、ある場所では、平均して、長いみみずがでできました。なぜでしょう?日のあたり具合も関係しているのでしょうか?

A 回答 (3件)

専門的な説明は出来ませんが体験的に。



ミミズは土を食べて栄養だけを吸収したのち土を排泄します。つまり、食料は土です。痩せた土、栄養分たっぷりの土、乾燥した土、適度な湿気を帯びた土などいろいろあります。有機肥料を含んだ(生ごみも可)土によく育ちます。もし長短があっても種類が一緒であれば、原因は土にあります。同じ状態の土から長短の差があるミミズは生まれません。

ところで土の水分と温度とミミズの長短に相関関係はあったのでしょうか?説明が中途半端になっていますよ。

この回答への補足

すいません、急いでたもので。 水分は、やはり日当たりのよい東側を向いた斜面の方が水分がすくなく、平地が次に多くそして、西側が多かったです。そして、温度は、西<平地<東と高くなりました。そして、長さは東<西<平地となりました。数も、東<西<平地となりました。みみずは、水分の多い日当たりの悪い場所を好むと言われています。しかし、なぜ、平地がもっとも優れていたのでしょう?

補足日時:2001/04/30 08:32
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「みみずコンポスト:参考図書とリンク」

ご参考まで。

参考URL:http://www.jps.net/sabala/mimizu/link7.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。残念ながら、このサイトはすでにチェックずみでした。 しかしながら、アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2001/04/30 07:47

それは、同じ種類のミミズですか?確かに。

この回答への補足

種類は違います。いろいろ混ざってます。しかし、東側を向いた斜面と西側を向いた斜面と、平地で実際に掘って調べてみました。結果、種類がそれぞれちがうのですが、東側を向いた斜面からは長いみみずはほとんど見つかりませんでした。また、数の平均も明らかに少なかったです。これはやはり、土の水分と日のあたり具合が関係しているんでしょうか?理科的に答えを知りたいのですが。

補足日時:2001/04/30 07:38
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミミズやヒルが苦手でもお魚は飼えますか?

魚の飼育は経験がありませんが、知人の話を聞いたり、近くのホームセンター等でめだかや熱帯魚を目にするたび、
うっとり見とれてしまい、飼育してみたいという気持ちが日々高くなりました。
めだかが初心者には比較的簡単と聞いたので、まずはめだかかな?と思い、
図書館で本を借りて読んで、さあそろそろ準備はいいかな?と思ったところ、知人の水槽を見る機会があったのですが、
よ~く観ていると、糸ミミズのようなものがあちらこちらにうじゃうじゃいるのです!
聞くと、「これはヒルで、水槽で魚を飼えば、必ずわく」というのです。

私は女性ですが、ミミズや幼虫といった類のものが大の大の苦手です。
(生きたミミズを餌に…とかも、たぶん無理です。フリーズドライの餌
があるようなので、それを与えれば大丈夫かな?と…。)
正直、その気色悪い光景を見て、不安になってしまいました。
こちらで検索しても、ヒルや糸ミミズ等が繁殖してしまい困っている人は多いみたいですね。
水槽の環境をきれいに保ち、気をつけていても、そのようなものが発生することは普通にあり得るということですか?
ミミズにょろにょろ系が苦手な人は、お魚を飼うことは厳しいでしょうか。
めだかも熱帯魚も、ヒルの類がわくのは同じような確率ですか?
お魚に詳しい方、経験者の方、アドバイスいただけたらうれしいです。

魚の飼育は経験がありませんが、知人の話を聞いたり、近くのホームセンター等でめだかや熱帯魚を目にするたび、
うっとり見とれてしまい、飼育してみたいという気持ちが日々高くなりました。
めだかが初心者には比較的簡単と聞いたので、まずはめだかかな?と思い、
図書館で本を借りて読んで、さあそろそろ準備はいいかな?と思ったところ、知人の水槽を見る機会があったのですが、
よ~く観ていると、糸ミミズのようなものがあちらこちらにうじゃうじゃいるのです!
聞くと、「これはヒルで、水槽で魚を飼...続きを読む

Aベストアンサー

イトミミズやヒルといったものは、通常は川から取ってきた水草、石、砂利などについていたものか、
買ってきた水草についているものが水槽内で発覚する場合が多いようです。
ヒルは80度の高温でも死なないと聞いたことがあり、小魚のえさにもならない厄介なものですが、
意外に塩素に弱いと聞いたことがあります。
私の水槽でも水替えの直後に大きなものがガラス面に這い出してきて、ゾゾ~ッとしてしまいました。
あれは女性には、ちょっと・・・私も女性ですが、ピンセットでどうにか処理しました。二度と見たくないものです。
イトミミズは触らない限りは女性にも大丈夫だとは思いますし、かりに水槽に紛れ込んでも爆発的に増えてしまうこともないでしょう。
また、砂利のえさをよく探すタイプの魚なら、見つけ出して食べてしまいます。
いずれも、砂利の掃除を定期的に行っていればわりと安心できます。

それよりも厄介なのは、スネールという小さな貝ですね。
買ってきた水草に卵がついていたりすると気づかないうちに増えてしまいます。乾燥飼料の中に卵が混じっていたりしても、水槽内で孵化してしまう場合もあるので・・・。

イトミミズやヒルといったものは、通常は川から取ってきた水草、石、砂利などについていたものか、
買ってきた水草についているものが水槽内で発覚する場合が多いようです。
ヒルは80度の高温でも死なないと聞いたことがあり、小魚のえさにもならない厄介なものですが、
意外に塩素に弱いと聞いたことがあります。
私の水槽でも水替えの直後に大きなものがガラス面に這い出してきて、ゾゾ~ッとしてしまいました。
あれは女性には、ちょっと・・・私も女性ですが、ピンセットでどうにか処理しました。二度と...続きを読む

Qみみず

   前に質問を投稿したんですが、それの補足で、なんで多くのみみずは草の根の近くで発見されるんでしょう。何か草に利益になるようなことがあるのでしょうか?

前回の質問:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=69817

Aベストアンサー

みみずは、土中の有機物を食べますので、草の根のまわりはそれが一番豊富なところでしょう。
草にとっては、ミミズが排泄したふんは栄養になります。有機物にも大小あって、植物が吸収できるような小さい分子になるまで、細菌によって分解されるより、小動物が分解(といっても、腸内細菌が分解しているのですが)したほうが物質循環のサイクルが早くなります。

あと、草の下は湿度もあって、直射日光のあたるところより温度差もなくて、地面の下も快適なのでしょう。

Qジュラシックパークでの恐竜の繁殖は

違うカテゴリで質問をしようかと思っていたのですが、
映画の内容のことなのでこちらにしました。

見たときから疑問に思っているところです。

あの島で育成されている恐竜たちは、全部メスだけなので
繁殖できないという白いお髭の博士のセリフがありました。

で、なんだかんだとあって、あちこちを歩いていると、
主人公?の博士がある場所で恐竜の卵を発見し、「繁殖している!」と
驚くシーンがあったと思います。

その原因が「カエルとの遺伝子をかけ合わせているから云々・・」
「カエルは両生類だから」だと・・・

これって、変ですよね?

「両生類」はオス・メスの区別はあるので、オスがいなければ
繁殖はしないはずです。
その辺りのシーンを見ると両方の「性」を持つ類の「両性類」と
言いたかったみたいなのですが、「両性類」は「ミミズ」みたいな
もののことだと思います。
(片方がオスで、もう片方がメスになる。それも長さで決まるような)
でも、ミミズの遺伝子とかけ合わせているなんてセリフは出てこなかったし。

この話を友人に話しても「なーに言ってんだ?お前は!」って言われて
おしまいですし。。。
この映画全体からして科学的に無理がある内容だということは
じゅうじゅう承知していますが、ここの部分だけは自分なりに
解決しておきたいのです。

私は正しいのか?間違っているのか?

ご回答よろしくお願いします。

違うカテゴリで質問をしようかと思っていたのですが、
映画の内容のことなのでこちらにしました。

見たときから疑問に思っているところです。

あの島で育成されている恐竜たちは、全部メスだけなので
繁殖できないという白いお髭の博士のセリフがありました。

で、なんだかんだとあって、あちこちを歩いていると、
主人公?の博士がある場所で恐竜の卵を発見し、「繁殖している!」と
驚くシーンがあったと思います。

その原因が「カエルとの遺伝子をかけ合わせているから云々・・」
「カエルは...続きを読む

Aベストアンサー

「両生類だから単為生殖できる」わけではありませんが、
実は「単為生殖できる両生類」は“オガサワラヤモリ”
や“キノボリヤモリ”など、数種存在します。

そして、実はカエルにおいても、未受精卵に刺激が与え
られると孵化する場合がある事が確認されています。
お友達がそこまで知っていたかどうかはさておき、可能
性として“ゼロではない”という事は言えるのです。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwic4591/gekko/othersgekko/text/ogasawarag.htm

http://www.urban.ne.jp/home/tisobe/karuta/karutama/karutama14.html

Qサボテンの水分は飲めるんですか?

いつだったか何かの本で砂漠で遭難した場合
サボテンがあるとそのサボテンの針を削ぎ
サボテンを搾ると水が出てくるので飲むと良いと
書いてあったんですが
1それは事実でしょうか?
2サボテンの中にある水分は飲んでも大丈夫ですか?
31つのサボテンにはだいたいどの程度水分が
含まれているのでしょう?
回答お願いします

Aベストアンサー

1.事実です。(多分)果肉ごと食べても、十分まかなえた と思います。
2.毒があるのもあります。ペヨーテ飲んだら大変です。
 マダガスカルのはほとん毒があるとか、うっすら記憶が
3.ある種類では90%近く水分があるそうです。

もうちょっと詳しい人の回答があるでしょう。
期待しましょう。

Qミミズはペットとして飼えるか?

地面にいつも潜っていて地味そうなミミズですが、
土地を耕してくれる素晴らしい生き物だと聞きました。

ミミズの生態はよくわかりませんが、庭でミミズを
飼うことは可能でしょうか?
例えば、ミミズの牧場のような物を作り、そこに
たくさんミミズを飼って土を肥やし家庭菜園の
土作りができればと思います。

Aベストアンサー

ミミズコンポスト、というものがあります。

おっしゃるように、ミミズを飼育し、ゴミを分解してもらい、堆肥に使用する、というものです。
ミミズ コンポスト で検索すると、色々でてきますよ。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/kennii/usagi/mimizu/

Q給湯器の配管の長さとエネルギー損失の関係は?

エアコンは室内機と室外機との間を結ぶ冷媒用配管の長さが1m長くなると1%電
気代がかさむという記事を見たことが有るのですが、では、風呂用ガス給湯器の
給湯器と風呂のお湯の配管の長さが1m長くなるとどのくらいガス代がかさむこ
とになるのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
アドバイス程度しかできませんが、回答がないようなので・・・
配管からの熱損失は、管の径・材質、保温材の種類・厚さ、管内温度、周囲温度によって左右されます。
仮定条件
・保温材の熱伝導率:λ=0.045[W/m・℃]
・表面熱伝達率:α=11.63[W/m2・℃]
・保温材厚さ:χ=0.02[m](15A~50Aまで)
・管内温度:θ0=60[℃]
・周囲温度:θr=25[℃]
算術式
損失熱量Q=(θ0-θr)/{(1/α)+(χ/λ)}[W/m]
となり、代入すると約66W/mとなります。
題意から配管長が1mであるため、損失熱量Q=66[W]となります。
次に、損失分の熱をガス給湯器を追い焚きして補う必要があると仮定した場合、
都市ガスの発熱量を9,950[kcal/m3N]、ガス給湯器の効率を0.8とすれば、都市ガスの消費量が計算できます。
都市ガスの消費量=(66[W]×860[kcal/kW])/(9,950[kcal/m3N]×0.8)=7.1[m3N]
最後に、一般家庭の都市ガス単価が100[円/m3]と仮定した場合、
ガス代=7.1[m3N]×100[円/m3]=710[円]
ということになります。
※ガス単価は、ガス会社の料金明細から逆算してください。
ちなみに、[m3N]は標準状態でのガスの体積で、m3とするには温度換算等が必要です。(が、大きくは異なりませんので、これでもニアリです。)

参考文献:空調・衛生技術データブック(第3版),2000/10/25,p911,株式会社テクノ菱和,森北出版株式会社

こんにちは。
アドバイス程度しかできませんが、回答がないようなので・・・
配管からの熱損失は、管の径・材質、保温材の種類・厚さ、管内温度、周囲温度によって左右されます。
仮定条件
・保温材の熱伝導率:λ=0.045[W/m・℃]
・表面熱伝達率:α=11.63[W/m2・℃]
・保温材厚さ:χ=0.02[m](15A~50Aまで)
・管内温度:θ0=60[℃]
・周囲温度:θr=25[℃]
算術式
損失熱量Q=(θ0-θr)/{(1/α)+(χ/λ)}[W/m]
となり、代入すると約66W/mとなります。
題意から配管長が1mであるため、損失熱量Q...続きを読む

Q指輪をはめていた指がかぶれてミミズ腫れのようになってしまいました。 今まで金属アレルギーといったこと

指輪をはめていた指がかぶれてミミズ腫れのようになってしまいました。
今まで金属アレルギーといったことは一切なく、わりと指輪をつけっぱなしでも何の問題もなかったのですが…
指輪の素材はプラチナなどではなく安いものなのでそれが原因なのでしょうか?
またかなりぴったりだったので雑菌が繁殖してしまったのでしょうか?
ここ二、三日オロナインを塗っていますが治りません。
今後この指にはもうしない方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

指輪がピッタリ過ぎて擦れたのか、
その指輪に相談者様のアレルギー物質が含まれていたのかだとは思いますが…
ピンキーならばもう少し細い別の指につけてみてアレルギーかどうかを試すのは難しいですかね^^;
ならば、
酷い時は跡が残ったりもするので今後は使用しない事をオススメします。

Q原子力発電について、ウランの採掘から運転・解体・長距離送電・廃棄物の隔

原子力発電について、ウランの採掘から運転・解体・長距離送電・廃棄物の隔離(一万年?)することを考えたとき、単位発電量に対するCO2排出量は、化石燃料発電と比較し少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

>ウランの採掘から運転・解体・長距離送電・廃棄物の隔離(一万年?)すること

化石燃料での火力発電と比べると、掘るモンがウランか化石燃料かってのが違うのと、核廃棄物が出るか出ないかってのが違うだけで、燃料の運搬で出るCO2は大差ないし、発電の仕組みも大差ないしから建設・解体時に出るCO2も大差ないし、町の真ん中に火力発電所を作れないのは原子力と一緒だから、長距離送電でのCO2も大差ない。

そうすっと、比較するのは「核廃棄物・使用済み核燃料の処理の際に出るCO2」と「化石燃料を燃焼させた時に出るCO2」の2つだけで良いって事になりそう。

ぶっちゃけ「どっちもどっちで大差無い」と思うよ。

各電力会社(と政府)が気にしているのは「化石燃料(要は、石油)は高いし枯渇が心配。石油が値上げされたからって言っても簡単に電気料金は値上げできないから、下手すりゃ赤字。でも原子力ならとうぶんは枯渇しないし、燃料価格も安定してるから、安定した収入と黒字が見込める」って点。

でも、各電力会社(と政府)は、このホンネを国民に漏らす訳にはいかないので「原子力では燃料の燃焼時にCO2を排出しません」って言う「錦の御旗」を振って、原子力を推そうとしている。

なお、風力は定常的な安定供給が保証できないし、水力は規模が大きく出来ないのと政府の脱ダム宣言で逆風が吹いているので、電力会社は「CO2も放射能も出さない安全な発電もやってます」って言う「イメージ戦略」として、風力や水力の発電をしているだけ。風力や水力はアテになんかしてない。

そういう訳で、論点は「CO2の排出量」なんかではなくて「何時まで燃料がもつか」って点。

なので「CO2がどうのこうの」などというゴマカシに騙されちゃいけません。もっと大事なのは他の部分にあります。

もし「化石燃料が枯渇して電力供給が不可能になる」なんて事が起きれば、今の文明は完膚なきまでに崩壊します。

そうなったら「CO2が」とか「温暖化が」とか言ってられません。そんな事は「化石燃料が枯渇しても文明をたもてるだけの電力供給が出来ると判ってから対処・研究すりゃいい」のです。

もし、化石燃料に頼るままの体制が続いたら、温暖化で人類文明が滅びる前に、電力供給不足で人類文明が滅びます。

そんな事も判らずに「CO2が」とか「温暖化が」とか騒いでいる連中は、人類文明を滅ぼそうとしているとしか思えません。

>ウランの採掘から運転・解体・長距離送電・廃棄物の隔離(一万年?)すること

化石燃料での火力発電と比べると、掘るモンがウランか化石燃料かってのが違うのと、核廃棄物が出るか出ないかってのが違うだけで、燃料の運搬で出るCO2は大差ないし、発電の仕組みも大差ないしから建設・解体時に出るCO2も大差ないし、町の真ん中に火力発電所を作れないのは原子力と一緒だから、長距離送電でのCO2も大差ない。

そうすっと、比較するのは「核廃棄物・使用済み核燃料の処理の際に出るCO2」と「化石燃料...続きを読む

Qミミズ

みなさんは、魚釣りはやりますか?

エサは?

主に、ミミズを使いますね?

そのミミズ、買って来ますか?

でも、売っているところは、どのようにしているのでしょう?

ミミズは生ごみ、土、糠が好きといわれています。

どのように、ミミズをつくるか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

魚釣り歴は50数年になるオジサンですが、淡水魚釣りの餌にミミズを使うことは滅多にないです。

大抵は「赤虫(ユスリカ幼虫)」や「サシ(蝿の幼虫=蛆虫)」が多いです。

ミミズを使うのは「鰻釣り」でしょうが、鰻釣りもドジョウを餌にすることが多いです。

実際にミミズ餌で「束釣り=100匹釣り」以上をした経験がないので、ミミズ餌は淡水魚釣りにも向かないと思います。

なお、ミミズは土壌に適度な栄養分があれば繁殖しますから、家庭菜園の畑やプランターの土に数匹入れておくと繁殖しますから試してください。

QCO2削減の本命は需要の抑制では?

ある産業界で温暖化対策を担当しています。常々疑問に思っていることをお尋ねいたします。
Q1.
CO2削減対策で世界各国の産業界は、省エネ技術で少しでもCO2の削減をしようと努力していますが、産業界としては、そもそもCO2の発生は、需要に伴うものであり、市場から求められればその分CO2の発生はやむを得ません。その意味で、CO2排出量削減の本命は需要の抑制だと思います。企業は原単位(生産性)しか努力のしようがないと思います。経団連の自主行動計画ではこの意味で原単位しか目標にしていない業種が多々あります。しかし総量も掲げている業種もあります。総量規制の義務を負うのはどうみても不合理ではないか?と思うのですがどうなんでしょうか?

コメント:
極端に考えると全ての商品・製品に当該製品が出来上がるまでのCO2発生量が明確にされ、個人・法人が、それらを基に総量規制を(法的にでも)受けるということでしか究極的には需要の抑制は達成されえないと思います。

Q2.
日本では、(一般の商品は別にして)電力と熱は、需要の計測をメーターで計るため明確なため?間接排出として認められていると思うのですが、他の、計量可能な水、ガス、ガソリン、灯油、軽油等はは間接排出とはなっておりません。これはどうしてでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

ある産業界で温暖化対策を担当しています。常々疑問に思っていることをお尋ねいたします。
Q1.
CO2削減対策で世界各国の産業界は、省エネ技術で少しでもCO2の削減をしようと努力していますが、産業界としては、そもそもCO2の発生は、需要に伴うものであり、市場から求められればその分CO2の発生はやむを得ません。その意味で、CO2排出量削減の本命は需要の抑制だと思います。企業は原単位(生産性)しか努力のしようがないと思います。経団連の自主行動計画ではこの意味で原単位しか目標にしていな...続きを読む

Aベストアンサー

No.6です。
>私は国がなぜ産業界に総量規制を及ぼそうとするのかが理解できません。
産業界は需要が伸びれば、CO2が増えても仕方がないじゃないかという考え方です。「だって国民がそれを望んでいるんだもん。」という訳です。一方、国は1990年に比べて温室効果ガス排出量を6%削減することを国際的に公約していることはご存知だと思います。これは需要が伸びようが落ち込もうが「そんなことは関係ねぇ」とされています。つまり、国は「需要が伸びたからCO2が増えました」では国際的に言い訳できない立場にあるのです。
とりあえず、国は産業界が自主的にCO2削減努力を始めたことを良しとしていますが、ご指摘のように、産業界の考え方では需要が伸びればCO2が増加してしまうことになり、国は国際公約を果たせません。
産業界の努力によっても、全体的にCO2の発生が増えるようだと、国は総量規制を持ち出さざるを得なくなると思います。これでも効果がなければ需要の削減を行わざるを得なくなるでしょう。
考え付くところでは、テレビの深夜放送の中止だとか、ガソリンスタンドの休日休業だとか、コンビニの夜間営業停止だとか・・・。でもこれって、国民の利便性を損なってしまいますよね。CO2削減のためにどこまで国民に負担を強いるべきかというのがCO2対策の本質的な問題だと思います。

No.6です。
>私は国がなぜ産業界に総量規制を及ぼそうとするのかが理解できません。
産業界は需要が伸びれば、CO2が増えても仕方がないじゃないかという考え方です。「だって国民がそれを望んでいるんだもん。」という訳です。一方、国は1990年に比べて温室効果ガス排出量を6%削減することを国際的に公約していることはご存知だと思います。これは需要が伸びようが落ち込もうが「そんなことは関係ねぇ」とされています。つまり、国は「需要が伸びたからCO2が増えました」では国際的に言い訳できない立場にある...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報