プロが教えるわが家の防犯対策術!

ストックフォトで写真を販売している方に
プロパティリリースについての質問です。

(1)友人の家を写真に撮った場合などには、頼めばプロパティリリースはもらえると思いますが、神社・寺・美術館・動物園・遊園地などでも頼めばもらえるんでしょうか。

(2)手数料のようなものは必要でしょうか。必要ならばどのくらいの金額になりますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

けっこう誤解されていいるのですが


道から見えるような建築物の著作権は制限されていて、デザインした事務所が勝手に写真の公表を差し止めることはできません。逆に写した人の著作権は生じています。
建築物の著作権は「コピー建築」を建てるような場合にしかはたらかないのです。
文化庁、著作権QAより↓
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.as …
公開の美術の著作物等の利用  (第46条)。
一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置されている「美術品」や「建築の著作物」を利用する場合の例外で、以下の場合を除き、自由に利用できることとされています。
【条件】
次のいずれにも該当しないこと
ア 「彫刻」を増製するような場合
イ 全く同じ「建築の著作物」を建設する場合
ウ 一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置するためにコピーする場合
エ 「美術品」についてコピーの販売を目的とする場合


もしひっかかるとしたら、その建物と例えばチラシで宣伝している商品に関係があるかのような誤解を生じさせる狙いで写真が使われていると判断された時には著作権ではなくて「偽ブランド商品」などと同じような問題にひっかかります。著作権の問題ではないのです。法律としては「不正競争防止法違反」になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
建築物だけだと思っていましたが、屋外の場所に恒常的に設置されている「美術品」も写真にとって売っても法律的には問題ないんですね。
勉強になりました。

1の方のお礼のところに書いたように、法律とは別に寺社で撮影したものを出版したり、広告に用いる場合には謝礼を渡す習慣があるみたいですね。

あるお寺の写真集に、そのお寺の住職さんのコメントがありました。

お寺の庭は私が手入れをしていて私の作品である。
それをカメラマンたちは自分の作品であるというのが気にくわない。
けれどその写真家は礼儀ただしい。また写真もすばらしい。
これは私の作品ではない。写真家の作品である。

なるほどな、礼儀正しいというのは謝礼を渡したことを言ってるんやな~
と思ってしまいましたです。
ま、人間やからね。

お礼日時:2011/09/02 19:06

>神社・寺・美術館・動物園・遊園地などでも頼めばもらえるんでしょうか。


とにかく聞いてみる事が第一です許可得られれば自分で書類用意しておいて必要事項だけ記載してもらう様にしておくと手続き早くすみますよ

一つだけ注意してほしいのは建造物の場合所有者だけではなく設計者(もしくは建設会社)に著作権が有るという事
ビル等の場合所有者だけではなく著作権者にも許可が必要だという事です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>一つだけ注意してほしいのは建造物の場合所有者だけではなく設計者(もしくは建設会社)に著作権が有るという事
ビル等の場合所有者だけではなく著作権者にも許可が必要だという事です

建物でも個性的なものに関しては著作権が生じる場合もあるそうですが
写真を撮ることは著作権を侵すことにはならないのだそうです。
著作権侵害になるのは同じ建物を建てた場合だそうです。

また、ナンバー1の方のお礼に書いたように、「楓の木事件」の判決では、無許可で楓の木を撮影した写真集を出版することは、所有権の侵害にならないという判決が出たそうです。

ただ、彫刻などで50年を経過していないものを撮影した場合には、著作権の侵害になると思います。

プロパティリリースを申請されたときに料金を要求されたことはありますか?
あるとすれば、それはどのくらいの金額でしたか?

お礼日時:2011/09/02 18:51

こちらも、有益な情報を提供していただき、ありがとうございます。


どっちが、回答者か分からなくなってきますね。

写真は、光で描くものです。
つまり、3次元の物体に、どのような光があたるかで、ものの見え方は違っていきます。
建築物や、像等を、撮影する場合、それらにどのような光があたったときに、いい絵になるかは、撮影者が考えます。
そういう意味で、写真と建築物そのものは、違うものになり、「写真の著作権は、撮影者の物となる」というのが私の解釈です。

これらの考えを持つに至るまでに、参考にした本があります。
煮え切らない書き方で、意見もあるかもしれませんが、それだけあいまいというのが私の解釈です。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83 …

しかし、ストックフォトサイトに写真をアップするときは、気持ちよくアップしたいものです。
そういう意味で、「商用目的の撮影を許可しない」と書かれている場合は、リリースを取るようにしています。
勝手にアップしたことはありません。

横浜異人館の写真にいいものがあるので、近々、リリースの承認をお願いしてみようかと考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

>写真の著作権は、撮影者の物となる

たしかに。
法律を調べてもそうですし、光の扱い方でまったく異なる写真になりますしね。

ご紹介していただいた本は読んでみたいですが、ちょっと古い本ですね。
法律はちょくちょく変わるものではありませんが、
写真のマナーやルールは日々変化しているので、その点が少し気になります。

10年ほど前、写真教室の先生に肖像権についての質問をしたとき
「公序良俗に反しなければいい」と回答を頂きました。

そのときの認識はそのとおりで、フォトコンなどに出すにもモデルリリースなど要求されませんでした。
しかし、今、「公序良俗に反しなければいい」などといっても通りません。

>「商用目的の撮影を許可しない」と書かれている場合は、リリースを取るようにしています。

それでいいと思います。
書かれてなくてもリリースなしはダメ、という方もいらっしゃるかもしれませんが
ストックフォトの会社のほうで、はっきり禁止にしていないので。

リリースを申請されたときに、料金を求められたことはありますか?

お礼日時:2011/09/02 18:41

前回の質問で、「自己責任」と回答したものです。



後の、お礼に質問者様がかかれたように、プロパティーリリース無しに、所有者が存在するものをUPし、それが使用されて、問題が発覚したとき、当然、ストックフォト運営も迷惑をこうむります。こうならないためにも、プロパティリリースは必要です。このような場合、ストックフォトの運営側も、そのような商品をUPしたクリエーターに責任をかぶせてくるでしょう。

しかし、所有物の権利は、人物ほど、明確でないことも事実です。istockphotoのプロパティーリリースに関する記載も参考にしてみてください。こっちも、原則「取って下さい」ですが、「識別可能な所有物が画像に含まれる場合、できる限りプロパティリリースを取得することを推奨」とあります。識別可能か否かが判断の分かれめです。istockphotoは、プロパティリリースの有無で、審査も厳格に行われています。他のサイトでOKでも、istockphotoでは、リリースを取ってくれと要求されるケースが多いです。

http://nihongo.istockphoto.com/help/sell-stock/t …

さて、質問に対する回答ですが、「あたって砕けろ」です。商品にされて問題があるかどうかは、当事者に聞かないことには分かりません。各地の名所では、既に所有者側が、写真を持っていて、何かに使用する場合は、それを使うように勧めているため、プロパティーリリースの署名に同意してくれない場合もあるようです。

参考になるブログがあったので、記載しておきます。(勝手にリンクして申し訳ありません。)

http://mixaphoto.exblog.jp/tags/%E3%83%97%E3%83% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたび回答くださりありがとうございます。
回答者様もストックフォトをやっておられるのですね。
同じ様にストックフォトをしておられる方と情報交換できてたいへん嬉しいです。

法的にどうなっているか、というのは別質問で回答を得ました(ありがとうございます)

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6979465.html

建物でも個性的なものには著作権が発生する。
しかし、そういう場合にも写真に撮ることは著作権の侵害にはあたらない。
著作権の侵害にあたるのは、同じものを建設した場合のみである。

そうなのか~、と思ってさらに調べたら、かえでの木事件というのが見つかりました。
http://www.jfpi.or.jp/property/about/pdf/no9.pdf
他人が所有しているかえでの木を許可なく写真集として出版し、訴えられた。
しかし原告の訴えは認められなかったそうです。

なので寺社の建物の写真(仏像の彫刻などは著作権があるかも)をプロパティリリースなしで販売し、
もしも訴えられても負けることはなさそうです。

しかし

神社仏閣、美術品や文化財の場合は、撮影やその写真の利用について礼金を支払うことが慣習的に行われている場合もあります
(上記より引用)

とも記されています。

>お礼に質問者様がかかれたように、プロパティーリリース無しに、所有者が存在するものをUPし、それが使用されて、問題が発覚したとき、当然、ストックフォト運営も迷惑をこうむります。こうならないためにも、プロパティリリースは必要です。このような場合、ストックフォトの運営側も、そのような商品をUPしたクリエーターに責任をかぶせてくるでしょう。

確かに。
istockphotoさんはプロパティリリースに一定の基準を設けて審査しておられるんですね。
私はistockphotoさんは親切だと思います。
私が利用しているのは別のサイトですが、最近になってプロパティリリースの提出が不要になりました。
私が利用を始めたのも最近のことなので、以前にはどのような写真にプロパティリリースの提出を求めていたのかわからないんですが
「責任はとりたくない、でも売りたい」というのがミエミエで~
istockphotoさんに替えようかな。

まだまだ明確なルールがない、というのが現状なのでしょう。

貼っていただいたブログはたいへん参考になりました。

余談ですが、知恵袋でも同じような質問をしたんですが
プロパティリリースをとるのは当たり前だという回答はいくつもつくんですが
自分はプロパティリリースをとっている、という回答がひとつもないんです。
おもしろいですね。

お礼日時:2011/09/02 11:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寺社の写真を許可証なく販売しても大丈夫?

ピクスタで写真を販売しているものです。

質問
(1)寺社の写真(撮影禁止でない堂塔など)を販売することは法的に問題がありますか。
(2)寺社の写真を寺社に無断で広告や本に掲載することは法的に問題がありますか。

ピクスタには次のような説明が記されています。

●公園や商店、美術館や寺社仏閣、動物園など、管理者によって管理されている場所で撮影を行なう場合には、撮影者のマナーとして、下記の点に該当しないかどうかを事前に確認のうえ、必要な場合には許可を申請してください。また、許可が取れない画像はアップロードしないでください。

・その場所での写真撮影行為自体を禁止していないかどうか
・撮影自体を禁止していなくても、撮影作品を商用素材として販売することを禁止していないかどうか

http://manual.pixta.jp/?page_id=53より引用

つまり、寺社が写真の商用販売を禁止している場合には許可証をもらう必要がある。
寺社が写真の商用販売を禁止していない場合には許可証はいらない?

Aベストアンサー

PIXTA等で販売を行う場合は、私有地内で撮影したものについては、プロパティリリースを得ておくに超したことはありません。
しかし、自分で危ないと判断するかどうかです。もし、プロパティリリースを得ていないことで問題になっても、PIXTA等のサイト運営者は、一切責任を持たないといっているだけと思っていいのではないでしょうか。自分でリスクを負いたくない場合は、チャントプロパティーリリースを取るか、UPしない選択をすれば良いんです。

横浜異人館など、「個人使用目的の写真撮影は許可するが、商用に撮影する場合は、許可を得てください」と明確にうたっている所もあります。そのような撮影地で撮影したものを、PIXTA等のサイトにUPした場合、クレームが付く可能性があります。
ところが、明らかに異人館で撮影されたと思える写真が、プロパティーリリース無しに売られていることも事実です。そのようなクリエーターは、後々トラブルに巻き込まれる可能性があります。(可能性です。)

それでは、「何も撮れないじゃないか」となってしまいそうですが、敷地外から見えるものを撮影することは撮影者の権利として認められています。例としては、横浜のランドマークタワーのような被写体です。

要するに、個人所有の敷地内で撮影したものを販売したい場合は、敷地所有者のプロパティーリリースを得たほうが良いということです。

得ていない場合は、自己責任でUPするということです。

PIXTA等で販売を行う場合は、私有地内で撮影したものについては、プロパティリリースを得ておくに超したことはありません。
しかし、自分で危ないと判断するかどうかです。もし、プロパティリリースを得ていないことで問題になっても、PIXTA等のサイト運営者は、一切責任を持たないといっているだけと思っていいのではないでしょうか。自分でリスクを負いたくない場合は、チャントプロパティーリリースを取るか、UPしない選択をすれば良いんです。

横浜異人館など、「個人使用目的の写真撮影は許可するが、商用に...続きを読む

Q観光地で撮影した写真を広告に用いる場合の法律

観光地で撮影した写真(人物は写っていない)を広告に用いたり、雑誌などに掲載する場合、それぞれの施設に書面による許可を得る必要があるのでしょうか。
法律はどうなっているのかを知りたいです。
※報道写真ではありません。
※マナーについての質問ではなく、法律についての質問です。

たとえば次のような場所で、撮影禁止ではない場所で撮影した写真だとお考え下さい。

寺・神社・公園・動物園・歴史的建造物・民家・海水浴場・山・橋・城

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

施設の許可、というものは不要です。


建物にも、独創的なものについては著作権が発生する場合はありますが、写真にとって複製することは著作権の侵害にならず、したがって許可などは要りません。ダメなのは、その建物と同じ建物を建築する場合です。


著作権法四十六条  (略)建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。
一  (略)
二  建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合
三  前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合


歴史的建造物についてはそもそも古すぎて著作権も認められない、という側面もありますけどね。

Q自分で撮った建物などの写真を勝手に販売するのは違法??

自分で撮った街などの風景写真をネットで販売しようと思うのですが。
町内等を撮った写真の場合、民家やアパート、マンションなどが映ってます。
○○マンション とか ○○ハイツ など マンション名とかが映ってるとまずかったりしますか?
また、建物自体、映ってるのがまずかったりしますか?

考え方を変えれば、勝手に人のマンションを写真に撮ってそのマンションの写真を売ってるように捉えることもできると思いますし…。

もちろん通行人などの人物は映らないようにしていますが。

著作権などの問題になるのでしょうか?

Aベストアンサー

建物に「肖像権」や「パブリシティ権」が発生するというのはおよそありえません。肖像権やパブリシティ権というのは原則として人について発生します。競走馬の名前にパブリシティ権があるかどうか争われた事件もありますが、建物についてはおよそ考え当たりません。

海外ブランドの看板が写っていたら・・・別に海外であろうがなかろうが「商標権」の問題にはなりえますが、そのブランド名(商標)を自分の商品を示すものとして使用しているわけではないので、侵害にはならないでしょう(商標の部分をでかでかと乗せれば別ですが、風景としてなら大丈夫です)。

また、人が写っていないのなら、肖像権は問題ありません。

ただ、住人が特定できるようなもの(表札とか)も一緒に写っていた場合、その住人からプライバシー権の侵害を主張される場合が考えられます。そのあたりは写らないようにするか、住人の同意を取るという配慮は必要でしょう

著作権についても、そもそも一般の建築物には著作権は発生しませんし、仮に発生したとしても写真にとって販売することは建物の著作権を侵害することにはなりません。#2の人の回答で正解です。

建物に「肖像権」や「パブリシティ権」が発生するというのはおよそありえません。肖像権やパブリシティ権というのは原則として人について発生します。競走馬の名前にパブリシティ権があるかどうか争われた事件もありますが、建物についてはおよそ考え当たりません。

海外ブランドの看板が写っていたら・・・別に海外であろうがなかろうが「商標権」の問題にはなりえますが、そのブランド名(商標)を自分の商品を示すものとして使用しているわけではないので、侵害にはならないでしょう(商標の部分をでかでか...続きを読む

Qお寺や神社の撮影はいいのでしょうか?

閲覧ありがとうございます。
今度京都に写真を撮りにいこうと思うのですが
神社やお寺などでの撮影は控えたほうがいいのでしょうか?
もちろん撮影禁止の看板などの有無はちゃんと確認します。

看板が見当たらなくても
神社の方や巫女さんに一度
お寺(神社)を撮影してもいいですか?と確認したほうがいいのでしょうか?

カテゴリが違っていたなら申し訳ございません。

Aベストアンサー

禁止されている場所以外は、他の参拝者などに支障がなければOKです。
公開する場合は移りこんだ人の顔の処理もお願いします。

それさえ守れば、基本的にかまいませんよ。
その他の留意点は以下のとおりです。

お寺の場合は小さな所では個人住宅兼用の場合があるので注意しましょう。
普通の神社で私たちがお参りしているのは拝殿です。拝殿は“神様の居る場所”ではありません。
ですから不敬でもなんでもないのです。

不敬に当たるのは神殿、しかし正面でなければ問題ありません。
「昔から決まっている常識」という人が居ますけど、カメラが世に出て一世紀程度ですから昔からそんなきまりなどあろうはずがありません。
ただしご本尊やご神体に対しては「直視しない」という礼儀がありました。これは帝に対しても同様です。
このことから「写真も撮るべきではない」という解釈にいたったのです。
つまり、拝殿はもちろんのこと、本殿も扉が閉まっているとか御簾が下がっていれば、真正面でない限り、この風習に触れることもないと理解できます。
神社好きの人々はどんどん撮っていますから。

私の場合、鳥居の外では自由に撮っています。
鳥居をくぐり、手水を使った後は写真を撮りません。
まず参拝をし、「写真を撮らせていただきます」と申し上げ、その後拝殿やその他の施設を撮影します。
私は本殿にのみ賽銭を差し上げ、摂社・末社は参拝のみですが、撮影は必要を感じれば撮影しています。

禁止されている場所以外は、他の参拝者などに支障がなければOKです。
公開する場合は移りこんだ人の顔の処理もお願いします。

それさえ守れば、基本的にかまいませんよ。
その他の留意点は以下のとおりです。

お寺の場合は小さな所では個人住宅兼用の場合があるので注意しましょう。
普通の神社で私たちがお参りしているのは拝殿です。拝殿は“神様の居る場所”ではありません。
ですから不敬でもなんでもないのです。

不敬に当たるのは神殿、しかし正面でなければ問題ありません。
「昔から決まっている常識」...続きを読む

Qピクスタはモデルリリースがなくても写真を売る?

ピクスタに登録して写真を売っています。

風景写真の中に小さく人物が写りこんだ写真があって、これくらいならモデルリリースはいらないだろうと思って登録したんです。
すると、サムネイルにモデルリリースが必要だというマークがついていました。

モデルリリースはとれないので削除したんですが、すぐには削除にならなくて、月末に削除になるようです。
そして削除になるまでの間に写真が売れてしまったんです。

え?モデルリリースの書類送ってないのに?とびっくりしました。
でも売れた写真のサムネイルを見ると、モデルリリースが必要だというマークがいつのまにか消えていたように記憶しています。

人物が小さくて顔が識別できないので、いったんはモデルリリース必要のマークをつけたものの、あとになって取り消したのではないかと思っていました。

しかし、下の質問を読みますと、どうもモデルリリースの書類がないのに写真が売れたようです。
(もしかしたらモデルリリースの書類を偽造したのかも?)

ピクスタはモデルリリースの書類がなくても写真を売るんでしょうか?

Aベストアンサー

 ピクスタのマニュアルを見てみましたが、この表現だと、モデルリリースがなくても売れますね。
 http://manual.pixta.jp/?page_id=49
 このページの中程に、モデルリリースがない場合はどうなるの?という項目があり、
  使うのが怖い写真と認識され売れない。
  撮影者が訴えられる可能性がある。
 の2点が指摘されています。
 ということは、極端な話、買う人と売る人が「肖像権なんか知ったことか」と言い切れば、売買そのものは成立してしまいそうです。

 そして、規約の第11条では、肖像権が取得できていないコンテンツは削除「することがある」とあり、更に、その5項では、チェックできっこないから、肖像権に関わる争いにはピクスタは関与しないとあります。売り手たる撮影者と買い手と被写体の間で勝手に解決しろ。でも、うちには責任はないし争いにも加わらないというわけですね。
 プロバイダ責任にかかわる法の問題があるから、削除することがあるという表明をしている感じですね。要するに、権利者から要請があれば削除するというスタンスなのでしょう。(5項の「使用許諾が得られているか否かは完全に確認できていません。」という表現と、「削除します。」ではなく、「削除することがあります。」と書かれている事から、そう思われます。)

 危ないことは指摘してあげました。後は、自分で責任を持ってね。いい大人なんだから。
 ということですかね。

 ピクスタのマニュアルを見てみましたが、この表現だと、モデルリリースがなくても売れますね。
 http://manual.pixta.jp/?page_id=49
 このページの中程に、モデルリリースがない場合はどうなるの?という項目があり、
  使うのが怖い写真と認識され売れない。
  撮影者が訴えられる可能性がある。
 の2点が指摘されています。
 ということは、極端な話、買う人と売る人が「肖像権なんか知ったことか」と言い切れば、売買そのものは成立してしまいそうです。

 そして、規約の第11条では、肖像権が...続きを読む

Q電車にも肖像権はあるの?

子供が電車が大好きで、電車に関するHP
を作ろうかなと思うのですが、
そこで載せる電車には肖像権ってあるのでしょうか?
写真やビデオはもちろん自分で撮影したり加工したり
したもののみで作るのですが…。
他の人のHPを見ると、普通に載せていると
思うんですがどうなのでしょう?
どなたか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

肖像権は人格に付随するものなので、電車などの無機物には存在しません。この場合問題になるのは著作権ですね。

著作権法によれば、建築や公共物、公共的施設については「写真として活用する推定的承諾がある」とみなされ、撮影・公表することに制限は設けていないそうです。著作権法には建築物についての規定はありますが、電車などの交通機関、機器についての記述が見あたらなかったので、ちょっと「?」なんですが、基本的には前述の範囲が適用されるのではないかと。

ただし、複製物としての販売を目的として複製することは禁止されています(著作権法46条4号)。たとえば電車の写真をポスターやカレンダーや本にして売ることは無許可ではダメ、敷衍して有料サイトに掲示することもダメでしょうね。
逆に言えば、無料の個人サイトで、自分で撮影した写真のみであれば全然問題はないはずです。

参考資料:「ホームページにおける著作権問題」インターネット弁護士協議会・編著、毎日コミュニケーションズ、1997

参考URLは社団法人・著作権情報センターの著作権関連法令のデータベースです。

参考URL:http://www.cric.or.jp/db/fr.html

肖像権は人格に付随するものなので、電車などの無機物には存在しません。この場合問題になるのは著作権ですね。

著作権法によれば、建築や公共物、公共的施設については「写真として活用する推定的承諾がある」とみなされ、撮影・公表することに制限は設けていないそうです。著作権法には建築物についての規定はありますが、電車などの交通機関、機器についての記述が見あたらなかったので、ちょっと「?」なんですが、基本的には前述の範囲が適用されるのではないかと。

ただし、複製物としての販売を目的...続きを読む

Q観光地や街の建造物の写真を使う場合の慣例

街中・観光地の建造物などの写真を自分で撮るか、写真家撮影のものを購入して、それを商品(キーホルダー、皿)に印刷して販売する場合、通常どの程度の許可が必要とされるのでしょうか?
正式な決まりと、世間で実質行われている慣例など教えていただきたいです。
都会の絵葉書などにはいろいろ写っていますが全部許可をとっているのでしょうか?
次の各例についてまたその他のご意見をお願いいたします。
1.東京タワーと富士山が写った写真なら企業所有の電波塔(観光タワー)というよりも風景の一部なのでそのまま使える?
1-1.東京タワーを中心に都会の風景としてとった場合は?
2.金閣寺の写真はその寺の許可をとっている?
3.黒部ダムは国土交通省?または県?の管轄なのでそこの許可が必要?
4.横浜の広範囲の風景写真にランドマークタワーが移っていたら所有する三菱地所の許可が必要?
4-2. ランドマークタワーだけの写真は三菱地所の許可が必要?
5.横浜のヨットの帆の形をしたホテルが風景写真に入っていたら、そのホテルの許可が必要?
6.新幹線が鉄橋を走る写真はJRの許可が必要?
7.東京の浅草寺の門(や赤い大ちょうちん)を正面から撮った写真は寺の許可が必要?
などです。
よろしくお願いします。

街中・観光地の建造物などの写真を自分で撮るか、写真家撮影のものを購入して、それを商品(キーホルダー、皿)に印刷して販売する場合、通常どの程度の許可が必要とされるのでしょうか?
正式な決まりと、世間で実質行われている慣例など教えていただきたいです。
都会の絵葉書などにはいろいろ写っていますが全部許可をとっているのでしょうか?
次の各例についてまたその他のご意見をお願いいたします。
1.東京タワーと富士山が写った写真なら企業所有の電波塔(観光タワー)というよりも風景の一部なのでそ...続きを読む

Aベストアンサー

同様の質問がありましたので参考にしてください。
(質問はイラストになっていますが、写真でも同様です)
http://okwave.jp/qa4300096.html

Qフリーカメラマンへのギャランティについて

フリーのカメラマンの方で
いわゆるギャランティが普通レベルの方に、
半日拘束(10:30~16:00位)で
撮影をお願いした場合、
お支払いの料金は
どのくらいが相場なのでしょうか?

内容は、ある1つの霊園の撮影です。
細かい内容は、
●霊園のメイン風景を撮影  3箇所
●霊園のその他施設の撮影  数箇所
●お墓(商品)を撮影    8箇所
●その他の撮影       5箇所ほど

撮影枚数は、合計で20~30カットです。
施設の一部は屋内撮影です。
※交通費などは別途

上記のような内容です。
是非、宜しくお願いいたします。

もちろん、カメラマンの方それぞれに
ポリシーやプライドが有りますでしょうし、
相場なんてものは、ないのかもしれず、
大変失礼な質問かもしれません。
ですが発注する立場としましては、
だいたいおいくら位なものか、
把握していたいのです。

何枚撮ったといった計算でも、
半日拘束でグロスで、でも
どちらでもかまいません。

説明不足かもしれませんが
どうぞ、宜しくお願いいたします。

フリーのカメラマンの方で
いわゆるギャランティが普通レベルの方に、
半日拘束(10:30~16:00位)で
撮影をお願いした場合、
お支払いの料金は
どのくらいが相場なのでしょうか?

内容は、ある1つの霊園の撮影です。
細かい内容は、
●霊園のメイン風景を撮影  3箇所
●霊園のその他施設の撮影  数箇所
●お墓(商品)を撮影    8箇所
●その他の撮影       5箇所ほど

撮影枚数は、合計で20~30カットです。
施設の一部は屋内撮影です。
※交通費などは別途

上記のような内容で...続きを読む

Aベストアンサー

いくらで仕切りたいのでしょうか?
10万円なら10万円まで。20万円なら20万円までと決めて、交渉すればいいのではないでしょうか?
多分初めてのお付き合いになるのでしょうから、手始めにご挨拶料金でお願いできませんか?ってのもありだと思いますよ。こっちだって上がりが見えない状況でお任せするワケですし、相手にとってはmm5963さんは新規顧客です。ビジネスですもん。

撮影内容からすると物撮りカメラマン1日拘束で、10万~20万(東京)(感材費別途)程度が妥当な線かなと思います。それ以上のギャラを要求するプライドいっぱいの方にオファーする案件ではないように思うのですが。特別なイメージやアングル発想が必要でもなさそうだし、ミスってたら再撮できる案件みたいですし。そこそこ来てればマックで補正できますもん。
さらにデジカメkOK且つ、mm5963さんが欲しいアングルをきっちり指示できるなら、さらに交渉はしやすくなるかと。

 
無論版権フリーで。
撮影スタートは9時現地集合くらいにしとかないと
なんだか押しそうな感じに思えます。
  
それから東京と地方では料金感覚違いますよ。
 
がんばってくださいね。
 

 




 

 

 

 

  

いくらで仕切りたいのでしょうか?
10万円なら10万円まで。20万円なら20万円までと決めて、交渉すればいいのではないでしょうか?
多分初めてのお付き合いになるのでしょうから、手始めにご挨拶料金でお願いできませんか?ってのもありだと思いますよ。こっちだって上がりが見えない状況でお任せするワケですし、相手にとってはmm5963さんは新規顧客です。ビジネスですもん。

撮影内容からすると物撮りカメラマン1日拘束で、10万~20万(東京)(感材費別途)程度が妥当な線かなと思います。そ...続きを読む

Q家屋や建物の外観に肖像権などはある?

はじめまして。
個人で地域サイトを運営しているのですが、
街角スナップ写真などをウェブサイト上に掲載したいと考えています。
その時、個人宅や商業施設などが写っている写真を、無許可でウェブサイト上に掲載してしまってもよいものでしょうか?
もちろん、個人宅などは特に居住者の名前などを掲載するつもりはありませんが、商業施設などは名称を付加したいと考えています。
何か法的に問題があるようでしたら、教えてください。

Aベストアンサー

1.肖像権とは人の姿にかかわるものですから、建築物はそもそも該当しません。
建築物については、著作権や意匠登録が関係します。

2.建築物の写真の公開について
著作権法
第46条
美術の著作物でその原作品が前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。

一 彫刻を増製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
二 建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合
三 前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合
  四 専ら美術の著作物の複製物の販売を目的として複製し、又はその複製物を販売する場合

つまり写真の公開はOKということです。わざわざ「利用することが出来る」と明文化されているのはありがたいですね。

ただ個人住宅は場所を特定されない等の工夫をした方が賢明です。
というのも、もし公開されたことにより、窃盗そのほかの犯罪が発生した場合には賠償責任を負わされる危険が伴うからです。
あと違法でなくても家の所有者からのクレームは十分考えられますので注意が必要です。

公共建築物は広く知られているものですからその可能性はありませんが。

1.肖像権とは人の姿にかかわるものですから、建築物はそもそも該当しません。
建築物については、著作権や意匠登録が関係します。

2.建築物の写真の公開について
著作権法
第46条
美術の著作物でその原作品が前条第二項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。

一 彫刻を増製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
二 建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物...続きを読む

Q商品のロゴ制作に使用するフォントについて

ある電気製品のペットネームのロゴのデザインを行なっております。
ロゴは製品には入りませんが、
パンフレットや商品の箱には入る予定です。
その時、フリーフォントや、既存のフォント(主にCD-ROMで購入)などを使用した場合など、
フォントメーカーに確認を取らなければいけないのでしょうか。
それとも、お金を出して購入したフォントなどは、
勝手に使用しても問題ないのでしょうか。

少し前に、auの携帯電話で、サイトウマコト氏が使用したフォントの件で、
裁判になったりしていたので、少し不安になり、質問させていただきました。

どなたかフォントの著作権などに関して、
ご存じの方がおられましたら、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)発行の『グラフィックデザイナーの著作権Q&A』という本にある文を引用します。

Q. 既成書体を使ってロゴを制作することは許されますか?
A. 既成書体の数文字をそのまま利用する場合は、慎重に対応した方がいいでしょう。変形して利用する場合は、許される範囲はかなり広いと考えられます。

その他色々書かれていますが、要約すると「書体の著作権は認めるがその権利範囲を狭く解釈する」という事だそうです。これはコンピュータプログラムなどにもよく適用されるとのこと。

  ・既成書体でロゴを作ってもいいが、商標登録等をして使用に制限をかけることはできない。
  ・書体の著作権は認めるが、万人の共有財産とも見なせるので、これを数文字変形してロゴを作るのは構わない。
  ・が、既成書体の全文字に手を加えて別のひと揃いを作るのは明らかに著作権違反。

とのことです。

あとサイトウマコト氏の件ですが、あれはサイトウ氏がデザインした携帯電話の数字キーの数字に既存のフリーフォントを使用したにも関わらず、「サイトウ氏が数字までデザインした」という記事が出て、フォントの作者がクレームを出したものです。しかし裁判まではいっておりません。サイトウ氏とauが即座にミスを認めフォントの作者に謝罪をし、作者も受け入れ和解しております。

参考URL:http://www.jagda.org/copyright/copyright.html#copyright

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)発行の『グラフィックデザイナーの著作権Q&A』という本にある文を引用します。

Q. 既成書体を使ってロゴを制作することは許されますか?
A. 既成書体の数文字をそのまま利用する場合は、慎重に対応した方がいいでしょう。変形して利用する場合は、許される範囲はかなり広いと考えられます。

その他色々書かれていますが、要約すると「書体の著作権は認めるがその権利範囲を狭く解釈する」という事だそうです。これはコンピュータプログラムなどにもよく適用される...続きを読む


人気Q&Aランキング