人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

恋愛ものがどうしてもだめです。(架空の話だと割り切れず、読んでいて、しんどくなってしまう)
ミステリーも、ぜんぜんおもしろいと思えません。
SFは、たくさん出てくる空想の言葉についていけなくて苦痛になってしまいます。
また、想像力そのものが無いのかも知れません。

と、読書の好き嫌いに偏りがあります。特に、好きな作家と言うのは居ません。
これまで夢中になって読めたのは、「少年H」「博士の愛した数式」など。
平凡すぎる淡々とした話は好きではなくて、上記のような、緩やかな中で
深い感動、悲しみ、などが伺える話が好きなようです。

急に時間ができたので、本をゆっくり何冊か読みたくなりました。
簡単なあらすじと、タイトルを教えてくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「日曜日たち」(吉田修一)


「赤ひげ診療譚」(山本周五郎)
「スティル・ライフ」「バビロンに行きて歌え」(池澤夏樹)
「彗星物語」(宮本輝)

あたりで・・

「バビロンに行きて歌え」

http://www.shinchosha.co.jp/book/131811/
    • good
    • 0

丸山健二『夏の流れ』。

大岡昇平『野火』。スタインベック『エデンの東』『ハツカネズミと人間』。ディケンズ『大いなる遺産』。ゴールディング『蝿の王』。吉村昭『羆嵐』『漂流』。新田次郎『強力伝』『八甲田山 死の彷徨』『山が動いた』。フォークナー『八月の光』。北杜夫『楡家の人々』。三浦綾子『塩狩峠』。幸田文『おとうと』。なかにし礼『長崎ぶらぶら節』。
    • good
    • 0

「コンビニたそがれ堂」(村山早紀・ポプラ文庫ピュアフル)少しだけファンタジーが入っていてもOKであれば、おすすめです。

(特別な用語は皆無)黄昏時にだけ現れる不思議なコンビニ、たそがれ堂を訪れるひとびとの、ちょっとさみしいけどあたたかいお話です。
「キッチンぶたぶた」(矢崎存美・光文社文庫)「なんてことない」日常のなかの、ちょっとした出来事を描いたシリーズで、「ぶたぶた」さんという「変わった男性」がでてくることのみがシリーズの中で共通していて、どの巻から読んでもOK。この巻は、食べ物に関連した話になっています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメのせつない小説

ただ今、せつなくなる小説にハマっています。
ぜひぜひ皆さんのオススメを教えて下さい。

<希望>
中短編で、後味のいい物、だと嬉しいです

<好きな書籍>
乙一のホラー以外の作品「さみしさの周波数」「Caling you」等
氷室冴子「海がきこえる」シリーズ
村山由佳「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ

Aベストアンサー

NO7です。
読んでいただけたんですね。とても嬉しいです。
wowowでドラマ化されました。もし機会があったらレンタルしてみてください。
ツキコ=小泉今日子
センセイ=柄本明
http://www.wowow.co.jp/drama_anime/sensei/contents.html


再度、おススメを考えてみました。
伊集院静「乳房」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061855174/250-6024458-5777831?v=glance&n=465392&s=books
短編集です。この方は、亡くなった夏目雅子さんの元旦那さんです。

連城三紀彦「恋文」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101405042/250-6024458-5777831?v=glance&n=465392&s=books
こちらも短編集。こちらもドラマになったので観られたかな?


人気Q&Aランキング