民主党は今回の選挙を政権選択の選挙と位置づけ、二大政党制の実現を訴えてきたけれど、新聞社の調査によると民主党は議席は増やしそうだけど政権を奪取できるほどではないようです。しかもその議席は自民党からではなく、社民、共産両党から奪う議席です。これでは政権交代は起こりえず、55年体制の再来になってしまうのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>しかもその議席は自民党からではなく、社民、共産両党


>から奪う議席です。これでは政権交代は起こりえず、
>55年体制の再来になってしまうのではないでしょうか?

私もそう思います。
ただ55年体制の再来にはならないでしょう。

55年体制下では、自由主義・資本主義経済を堅持する自民党と、
社会主義・計画経済を推進しようとする社会党では、イデオロギー
が完全に水と油でした。

幸いなことに自由主義を捨て社会主義を選択する国民が
過半数を越えなかったため、社会党は野党の立場を脱する
ことができず、現実性のない政策主張を繰り返すだけでした。

しかし民主党は、まだリベラル的な雰囲気が残っていますが、
その主張する政策は、いくぶん現実的です。
安保政策など、重要な課題では自民党と歩調もとって来ました。

個人的には民主党内のサヨク分子をもう少し整理して欲しい
ですが、将来的には自民党がコケた時に政権党となる可能性
がないとは言い切れません。ただ今回の選挙で一気に政権を
獲得するのは、たぶん無理でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに55年体制下では対立軸がはっきりしていたけれど、今の自民、民主両党では共産党が主張するように政策に違いがないところもあるようですね。しかし、どうも民主党の政策は本当に実現できるのかと思うところがあります。

お礼日時:2003/11/07 13:51

 


 私も、民主党が一気に単独過半数は難しいと思います。なぜなら、前回の選挙は森内閣でした。森内閣の時でさえ単独過半数が取れなかった野党側が、森内閣よりパワーアップした小泉内閣に勝てるのは、相当な裏ワザがない限り・・・・
 ただ、自民220・民主180の議席を獲得したら、これはすごいことになります。ここまで与野党伯仲した国会はこれまでありませんでした。
 さらに今回の総選挙の半年後に参議院選挙があります。ここで自民党は89年以来の単独過半数奪還を目指してきます。そのため、青木さんは自分の政策をかなぐり捨ててまで小泉さんを支持したのですから。

 その参院選で自民党が過半数獲得できず(それどころか大敗し)民主党がかつてのマドンナブームの社会党以上の議席をとれば、ひょっとして・・・なんてこともあります。この場合、キャスティングボートを握るのは公明党です。自民・保守新グループか、民主・社民グループにつくかで政権交代もありえます。もし、民主・社民グループに公明党がつくなら、最低条件として今の神崎さんは代表職を、坂口さんには大臣を降りてもらい、新鮮なイメージのある人がいいでしょう。たとえば非学会員議員を代表に据えるようなサプライズ人事とか。

 実現うんぬんは別として、考えてみるだけでも面白いとおもいますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回の衆院選では民主党の政権獲得は無理そうですが、来年の参院選の結果によってはまだ可能性がないわけではないですね。イラクに自衛隊を派遣し、犠牲者が出るようなことになれば自民党は大敗し、社民党が大幅に議席を伸ばすことも考えられますし…。とりあえず、今回の選挙結果を見守りたいと思います。

お礼日時:2003/11/07 14:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング