料理のレシピに「ココアパウダー」を振りかけるとありました。

そこで疑問に思ったのですが、スーパーで売っているお湯で溶かして飲むココアとの
違いはなんでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

お湯に溶かすだけで飲めるミルクココアには、あらかじめ砂糖や脱脂粉乳などが入っています。


それを変わりに使うと、ミルクのせいで風味が変わったり、甘ったるくなってしまうので

パッケージ裏の「作り方」に、
小鍋で暖めたミルクに溶かして砂糖を加えてください、と書いてあるような
ピュアココア(純ココア)を買ってくると良いですよ。
ピュアココア=レシピ上のココアパウダーです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をいただきありがとうございました。

早速買い物に行ってきます。

お礼日時:2011/09/03 11:58

ココアパウダーは、ココアそのもので(ピュアココアとか純ココアとか表示)、


溶かして飲むほうは、砂糖などを混ぜて飲みやすくしているということです。

ココアそのものは苦いですよ。。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をいただきありがとうございました。

違いが良くわかりました!

お礼日時:2011/09/03 11:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qココアとココアパウダーの違い

明日はバレンタインということで生チョコを作ろうと思います。
でもココアパウダーを買い忘れていて....orz


そこで質問なのですが、
生チョコにまぶすパウダーは普通のココアでも大丈夫でしょうか?


普通のココアなら家にあるけどココアパウダーが無いってことです;;
今日、午後から作ろうと思うので回答お待ちしてます!!

Aベストアンサー

普通のココア飲料のココアは、砂糖が入っていたり、乳化剤が入っていたりして、甘く作られています。
溶かして使う事が前提なので、そのままでは舌触りが悪いので、製菓で使うならすり潰して舌触りを良くすると良いと思います。

製菓用のココアは、舌触りも良くて、乳化剤などが入っていないので、製菓の時にケーキの泡を潰したりしません。

生チョコにまぶすには、どちらも問題はありませんが、普通のココアではレシピの出来上がりよりも甘くなります。
また普通のココアは吸湿性が高いので、湿気を吸いやすくなります。早めに食べれば問題ないと思います。

Qクッキーを焼くときに無塩バター使いますが・・・

クッキーなど焼くときに無塩バターを使いますが、普通の(塩の入ってる)バターを使ったらどうなるのでしょうか?
塩の影響で上手く焼けないとか、ポロポロになっちゃうのでしょうか?
ただ塩辛くなるだけなのでしょうか?

素朴な疑問ですがどなたかご存じの方いらっしゃいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

クッキーなら問題ありません。
少し塩味&独特の癖(コク)が増す程度です。
バター(メーカー)によっても味はかなり変わりますけどね。
レシピに別に塩があるようなら、それは入れなくてもいいです。
分量、焼き時間等は全て変更する必要はありません。

バターケーキ(パウンドケーキ等)になるとちょっと塩味がキツイかなとなります。
食べれないと言う事は全くないけど。

風味、コクの違いは大雑把に言えば。
強い←ーーーー→あっさり
発酵バター、有塩バター、無塩バター、製菓用マーガリン、ショートニング

サクサクのあっさりクッキーにしたいならバターではなくマーガリンやショートニングを使うといいです。
量が代わらない範囲でバターと半々で混ぜてもいいし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報