業務請負会社をつくりたいのですが、どの機関に届出必要でしょうか?また、医療関係で業務請負をするのに何か問題はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



医療業務関係での請負会社とのことですが、具体的にはどの様なものなのでしょうか。
場合によっては届出が必要になるものもございますので補足をお願いします。

なお、医療用具の修理に関しては修理業の届け、販売業なら販売業の届け、賃貸なら賃貸業の届けなどがそれぞれ必要になります。
ご参考に医療用具修理業届(東京都)について記載されたURLを添付しますのでご参考にされて下さい。

届出先は各都道府県庁の薬務課(呼び方は多少異なります)などです。ご質問の内容についてもそこで相談に乗って頂けると思います。

参考URL:http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/yakumu/yoshiki/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましたしらべて見ます。

お礼日時:2004/07/24 15:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務請負会社の設立

業務請負の事業をしたいと思っているのですが、申請とか許可みたいなものはあるのでしょうか?また、個人事業主としてか法人としての方がいいのか分かる方教えてください。

Aベストアンサー

横から割って申し訳ないです、何かの参考になればと思います。

>ちなみに請け負う仕事は短期軽作業請負です。(倉庫、引越、搬入、イベント等で>す。)この場合は申請とかどうなるんでしょうか?お時間がございましたら教えて>ください。

手っ取り早く仕事をしたいのであれば、特に申請は問題無い筈です。但し、倉庫内のリフト運転や、引越しドライバーなどの絡みは解りません。

一般的に、派遣会社が認可を取る前には、業務請負としてクライアントなどから
上記の様な仕事を受けていますよね。

また、認可後、業務請負の会社を下請けとして使う場合がありますので、営業
してみては如何でしょうか?

但し、タマ(頭数:エントリースタッフ)を集めるのには、苦労すると思います。

Q業務請負業の開業について

私が責任者として、業務請負業を新規事業展開することになりました。
既に、保険代理店として事業を行っている会社です。
事業展開にはどのような手続きが必要なのか、
また、どのような法律が適用されるのか、
是非アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

2の続きでご回答します。

漠然とした請負業というのではよくわからないので、たとえば参考URLのところにある日本標準産業分類などで、どれにあたるのかをまず決めることが必要だと思います。

その上で、再度質問等なさったらよろしいのでは?

ただ業務請負と言っても幅が広く、産業分類に該当しませんので。。。

また、何業であっても事業企画上私だったらこうします;

1、まず事業企画書をまとめ、具体的な運営イメージをはっきりさせる。
2、その上で関係しそうな人達、上司、想定顧客企業などの意見をできるだけ多く聞いて歩く。
3、必要な手続は上記のプロセスの中で指摘されることが多いので、その後に検討する
4、許認可等の必要な事業の場合は、その企画書を持って直接監督官庁の相談窓口に行く

と、いったところでしょうか?

(あんまり参考にならなくてスミマセン)

参考URL:http://www.oshima.pref.hokkaido.jp/os-srkko/link/class.htm

Q業務請負業を始めるにあたっての運営方法

現在、会社は経営中です。別事業としてアウトソーシング事業を始めたいと
考えています。営業会社ですので、営業に抵抗はないのですが、細かい運営
方法がわかりません。いくらくらい派遣する人の時給にのせて顧客から頂くのが普通なのか、とかスタッフの教育期間や方法、スタッフを顧客につれていく方法、紹介方法、そんな日常業務からお教えいただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、回答にはなりませんが、私が見た派遣関係の本にマージン率が記載してありましたので、お教えいたします。その本によりますとバブル時は60%ということも在ったようですが、現在は、25~30%だそうです。以下に参考になりそうな事柄を記載しました。


※{(派遣先からもらう日給)-(派遣で働く人の日給)}×労働日数-{(交通費)-(社会保険料)}=利益

※業務の種類別派遣料金の平均(一般労働者派遣事業)

[区分:号] [派遣料金(円)]

[ソフトウエア開発:1] [23,372]
[機械設計 :2] [19,500]
[放送機器等操作 :3] [23,858]
[放送番組等演出 :4] [20,533]
[事務機器等操作 :5] [14,810]
[通訳・翻訳・速記:6] [24,983]
[秘書 :7] [17,081]
[ファイリング :8] [14,291]
[調査 :9] [16,115]
[財務処理 :10] [15,176]
[取引文書作成 :11] [16,359]
[デモンスト
レーション :12] [17,521]
[添乗 :13] [14,863]
[建築物清掃 :14] [13,776]
[建築設備運転
・点検・整備 :15] [17,896]
[受付・案内
・駐車場管理等:16] [14,659]
[研究開発 :17] [18,821]
[事業の実施体制
の企画、立案:18] [21,658]
[書籍等の制作
・編集:19] [17,186]
[広告デザイン :20] [18,068]
[インテリヤコーディ
ネーター:21] [16,362]
[アナウンサー :22] [27,592]
[OAインストラク
ション:23] [21,217]
[テレマー
ケィング:24] [14,699]
[セールス
エンジニヤ:25] [21,904]
[放送番組等の
大道具・小道具:26] [16,350]
[全体の平均  ] [16,761]


※1.派遣料金は、派遣労働者1人1日(8時間)当たりの平均数。

※2.99年労働省調べ

こんにちは、回答にはなりませんが、私が見た派遣関係の本にマージン率が記載してありましたので、お教えいたします。その本によりますとバブル時は60%ということも在ったようですが、現在は、25~30%だそうです。以下に参考になりそうな事柄を記載しました。


※{(派遣先からもらう日給)-(派遣で働く人の日給)}×労働日数-{(交通費)-(社会保険料)}=利益

※業務の種類別派遣料金の平均(一般労働者派遣事業)

[区分:号] [派遣料金(円)]

[ソフトウエア開発:1] [23,...続きを読む

Q人材派遣会社ってなんでもうかるの?

友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこの世の中では人材派遣会社がこんなにふえたのでしょうか?理解ができません。
求人をうって募集を募り採用した方が人材を選択できるでしょうしコスト面(人件費)では安くできるのではないでしょうか?
いちいち求人広告→面接→採用→不採用通知→研修という流れをしたくないという会社なら理解できるんですけどね・・・

人材派遣で働いたことのある方や人材派遣の会社を経営しているもしくは経営側の関係者の皆様のお声をお聞きしたいと思います。

変な質問かとは思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこ...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。
しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応援手当て、応援に行った先での宿泊施設の支払いなど余分な経費が発生します。
そこでそれまでは設計などでしか認めていなかった、派遣という方法を生産現場に導入してしまったのです。
正社員は必要最低限にして、不足した分は派遣で賄う、過剰になったら断ればよい。
正社員では簡単に首にはできません、しかし派遣なら派遣会社に断ればそれでOKです。
これで味をしめた大企業はリストラと称して正社員を首にし、派遣会社を別会社で設立し正社員をそのまま派遣会社に移動させているのです。
若い人は派遣会社の「自由に働き先を選択できる」などの派手な宣伝文句と、簡単に正社員になれないという状況の中で派遣会社を選択しているという状況です。
    
しかし、今までは労働者が余剰でしたから成り立っていたのです、今後団塊の世代が退職し労働者が不足してくると労働者の奪い合いになります。
今までは派遣会社に頼んでいた企業も、派遣会社では埒が明かなくなると正社員として雇うようになります、そうなると派遣会社は人員不足となり、成り立たなくなってくると私は思います。
人材派遣はどこまでも労働人員過剰の時代に咲いた仇花だと思うのは私だけでしょうか?

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。
しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報