業務請負会社をつくりたいのですが、どの機関に届出必要でしょうか?また、医療関係で業務請負をするのに何か問題はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



医療業務関係での請負会社とのことですが、具体的にはどの様なものなのでしょうか。
場合によっては届出が必要になるものもございますので補足をお願いします。

なお、医療用具の修理に関しては修理業の届け、販売業なら販売業の届け、賃貸なら賃貸業の届けなどがそれぞれ必要になります。
ご参考に医療用具修理業届(東京都)について記載されたURLを添付しますのでご参考にされて下さい。

届出先は各都道府県庁の薬務課(呼び方は多少異なります)などです。ご質問の内容についてもそこで相談に乗って頂けると思います。

参考URL:http://www.kenkou.metro.tokyo.jp/yakumu/yoshiki/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましたしらべて見ます。

お礼日時:2004/07/24 15:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務請負と派遣 企業側のメリットは?

こんにちは。
業務請負(アウトソーシング)と派遣、
利用する企業側はどう使い分けているのでしょうか?

つまり、企業側にとっての業務請負と派遣のメリットってそれぞれ何でしょうか?
どちらも同じように思えるのですが。

Aベストアンサー

 まず、発注側の企業の業種や規模・発注内容により、どちらが馴染むか、という見方があります。

 例えば発注者が製造業や専門性の高い業種(医療事務等)の場合、請負で特定の企業と契約する方が安定的な業務遂行を期待できます。請負契約に沿って納期は守られ、一定水準以上の成果が得られます。これは請け負った側が何が何でも帳尻を合わせて仕事の完成をさせるから。品質管理・生産管理の上で、これは大切なことです。

 一方、第3次産業を中心として、この部分に誰か人を欲しいという場合、派遣をとります。派遣社員に発注側の企業の指揮命令が及ぶので、自社社員と同様に使えますし、スキルの低い人の場合はチェンジができます。ただ派遣社員の成果は、指揮命令する発注側企業の使い方次第であり、派遣元に保証されません。よって、請負ほどの期待が出来ないので簡単な業務にしか使えない。逆に製造業等でも、簡単な業務なら派遣の方が向きます。

 契約上で考えると、派遣は使いたい時だけ使えますが、請負は1年間の反復契約などになるため、業務量の繁閑に対応が効きづらいといえます。

 これらの点を考えての使い勝手がメリットですね。

 まず、発注側の企業の業種や規模・発注内容により、どちらが馴染むか、という見方があります。

 例えば発注者が製造業や専門性の高い業種(医療事務等)の場合、請負で特定の企業と契約する方が安定的な業務遂行を期待できます。請負契約に沿って納期は守られ、一定水準以上の成果が得られます。これは請け負った側が何が何でも帳尻を合わせて仕事の完成をさせるから。品質管理・生産管理の上で、これは大切なことです。

 一方、第3次産業を中心として、この部分に誰か人を欲しいという場合、派遣をとり...続きを読む

Q生産業務請負会社

最近、工場の生産ラインや倉庫内作業・引越し作業など多種多様な業務請負会社
が存在していますが、その殆どが暴力団の2次・3次組織の舎弟起業もしくは
同組織の幹部構成員が取締役をやっているところがありますが、
この様な業種を100%暴力団組織抜きで、起業・運営していく方法をご存知の方
教えて下さい。

Aベストアンサー

成功しているところは、「設計・開発」「生産管理」などの「現場業務でないデスクワーク」を中心に業態を組み立て、生産実務については最も人数が多い部署でありながら、デスクワークの副次的な位置づけにしてやっていますね。

暴力団関係者は「頭数さえ揃えればいい」と言う発想でシノギをあげようとしますから、技術や知識、ノウハウをメインの売り物にすると良いようです。

Q「業務請負」現場での仕事は、実際どのようなものでしょうか? また、かなり神経使う仕事でしょうか?

「業務請負」クライアント内でのフルタイムパートか契約社員を検討している者です。
業務請負というと、過酷な事務作業、あるいはルーティンワーク、軽作業等を
イメージします。また、クライアントの会社内での業務なので、色々と神経を使い
ストレスが溜まるイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?
私が希望している所は、事務処理、データ入力等という表現になっています。
以前、業務請負の現場社員経験あるのですが、肉体労働が主体でしたので、あまり参考に
なりません。パソコンの基本操作は可能です。
お詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

おじさんです。
事務処理、データ入力等という仕事をしようとしているのですね。
「業務請負というと、過酷な事務作業、あるいはルーティンワーク、軽作業等をイメージします」
→その業務請負という言葉にあいまいさを感じますね。
つまり、仕事は法的には請負、派遣、委任という区分けになります。
ご質問にある業務請負が民法上の請負を指しているのかどうかがポイントだと思います。
実際の仕事では、請負はとても少ないものです。
ほとんどが派遣業務なのです。
ところが派遣というと警戒されて応募者がいなくなるので、業者は業務請負という曖昧な表現をして働く人を公募しているのが実態です。
さて、ご質問に戻りますが、請負なのであれば、仕事の内容がはっきりと決められています。
決められていないのであれば、実態は派遣業務だと思いますね。
つまり、こういう社員を派遣するので好きなように使ってください、というものです。
そうすると、何でもかんでもをやらされることになります。
もし、今回が派遣業務であれば、事前に仕事の内容を明確にはされていないと思います。
具体的にどういう仕事なのかを確認してみましょう。
もし、曖昧な答えが返ってきたら、ほぼ間違いなく派遣業務だと思いますよ。

おじさんです。
事務処理、データ入力等という仕事をしようとしているのですね。
「業務請負というと、過酷な事務作業、あるいはルーティンワーク、軽作業等をイメージします」
→その業務請負という言葉にあいまいさを感じますね。
つまり、仕事は法的には請負、派遣、委任という区分けになります。
ご質問にある業務請負が民法上の請負を指しているのかどうかがポイントだと思います。
実際の仕事では、請負はとても少ないものです。
ほとんどが派遣業務なのです。
ところが派遣というと警戒されて応募者がいなく...続きを読む

Q業務請負業の開業について

私が責任者として、業務請負業を新規事業展開することになりました。
既に、保険代理店として事業を行っている会社です。
事業展開にはどのような手続きが必要なのか、
また、どのような法律が適用されるのか、
是非アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

2の続きでご回答します。

漠然とした請負業というのではよくわからないので、たとえば参考URLのところにある日本標準産業分類などで、どれにあたるのかをまず決めることが必要だと思います。

その上で、再度質問等なさったらよろしいのでは?

ただ業務請負と言っても幅が広く、産業分類に該当しませんので。。。

また、何業であっても事業企画上私だったらこうします;

1、まず事業企画書をまとめ、具体的な運営イメージをはっきりさせる。
2、その上で関係しそうな人達、上司、想定顧客企業などの意見をできるだけ多く聞いて歩く。
3、必要な手続は上記のプロセスの中で指摘されることが多いので、その後に検討する
4、許認可等の必要な事業の場合は、その企画書を持って直接監督官庁の相談窓口に行く

と、いったところでしょうか?

(あんまり参考にならなくてスミマセン)

参考URL:http://www.oshima.pref.hokkaido.jp/os-srkko/link/class.htm

Q業務請負

民法632条の請負と業務請負(アウトソーシング)の違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

 民法の請負は、仕事の完成が目的であり、そのために請負人が注文者から独立して仕事を出来る点が特徴です。
 仕事を完成すれば良く、注文者の望む結果を達成できる限り、請負人は自由に注文者から独立して仕事をできます。
 対して、アウトソーシングとは、ある仕事の完成を目的として発注することもあるでしょうが、外注することで経費節減や専門家の高等技術を利用できるからということで、外注するのでしょうね。
 違いはと聞かれると、正直申し上げて、一概には答えられません。それはアウトソーシングの態様によって千差万別だからでしょうね。
 しかし、外注に出すときは、経験的に必ず具体的な指示・指揮をすることがつきものです。あえて外注する以上、注文者としての希望・達成レベル・方法等の制約を付すのが普通ですから。
 したがって、基本的な違いというのは、アウトソーシングには、仕事を完成する上での請負人としての独立性は無いか、あるいは制限されていることが多い、という点であると思われます。
 

Q業務請負会社の設立

業務請負の事業をしたいと思っているのですが、申請とか許可みたいなものはあるのでしょうか?また、個人事業主としてか法人としての方がいいのか分かる方教えてください。

Aベストアンサー

横から割って申し訳ないです、何かの参考になればと思います。

>ちなみに請け負う仕事は短期軽作業請負です。(倉庫、引越、搬入、イベント等で>す。)この場合は申請とかどうなるんでしょうか?お時間がございましたら教えて>ください。

手っ取り早く仕事をしたいのであれば、特に申請は問題無い筈です。但し、倉庫内のリフト運転や、引越しドライバーなどの絡みは解りません。

一般的に、派遣会社が認可を取る前には、業務請負としてクライアントなどから
上記の様な仕事を受けていますよね。

また、認可後、業務請負の会社を下請けとして使う場合がありますので、営業
してみては如何でしょうか?

但し、タマ(頭数:エントリースタッフ)を集めるのには、苦労すると思います。

Q派遣社員が時期を重ねて同じ会社から別の業務請負?

派遣社員(労働契約)が時期を重ねて同じ会社から別の業務請負(請負契約)の仕事をもらってもよい?

派遣と請負についてお詳しい方教えてください。
派遣社員としてフルタイムの労働契約をしている者が、派遣契約内容にはない号数の仕事を依頼された場合、業務請負(請負契約)として別の契約を結ぶことは可能(違法などではない)のでしょうか?
ちなみに、業務請負の内容は、翻訳(テクニカルライター)です。

Aベストアンサー

わが国の憲法は職業選択の自由を保障しており、同時にいくつの職に就こうと法律上の問題点は何もありません。
翌年の春に、確定申告を怠らないことだけです。

ただ、会社によっては会社の裁量において副業を禁止している場合も多々あります。
派遣元と派遣先、まあ派遣先は問題ないのでしょうけど、派遣元に一応お伺いを立てておけば安心できます。

Q業務請負契約の請求書

ある企業と業務請負契約を結んでいます。
その際、請求書に消費税を入れるべきなので
しょうか?

それとも業務請負契約書にある契約金額
(消費税については言及していない金額)を
そのまま請求すべきなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

契約書に、消費税別途、と記載されておらず、企業相手なら、請求書には消費税も加えて請求します。その際、うち消費税いくら、と表示して下さい。
契約書に消費税のことないから払わない、という企業は少ないですよ(そんなこと言うのは、まともでない企業)。

Q求人欄を見ましたら事業内容が業務請負になっていましたが業務請負業は自分で税務署に申告をしなければいけないのですか?

求人欄を見ましたら事業内容が業務請負になっていましたが業務請負業は自分で税務署に申告をしなければいけないのですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

何を馬鹿な。

その会社のメイン事業がどこかの会社の業務を請負うという事ですよ。
あなたが個人が誰かの業務を請負い誰かから依頼料を貰うのであれば、税金申告がめちゃくちゃ大変な事になりますが、
会社が請負って、会社からあなたに賃金が渡るんですから、税金の心配とか一切いらないですよw

Q人材派遣と業務請負について

現在、通訳・翻訳の業務主体に派遣をしているのですが、これの他に英会話に関する人材派遣(企業や塾などを派遣対象に)を行おうと考えています。

そこで自分なりに調べてみたのですが、派遣業法で政令26業務以外は
派遣期間が原則1年(最長3年)という項目がありました。

この26業務の中で翻訳・通訳という派遣期間制限なしというのには
該当すると思うのですが、人材派遣だけを考えた場合は26業務には該当しないので派遣期間が1年になるのだと思います。

そこで、翻訳・通訳の業務は継続したまま人材派遣を行った場合は
派遣期間はどうなるのでしょうか?

(1)個別に考え、翻訳・通訳は期間なし。派遣は期間ありと考えるのか。
(2)それとも一緒にして考え両方ともに派遣期間制限なしと考えるのでしょうか?

期間制限にあたる場合、1年間の制限日になった以降は一切派遣できなくなるのでしょうか?
また、派遣元・派遣先の双方の利害の一致により、制限日移行派遣する
方法はあるのでしょうか?

(3)上記のことに関連して、業務請負という方法があるそうなのですが、
請負の方だと期間制限などは無いのでしょうか?

よろしくお願いします。

現在、通訳・翻訳の業務主体に派遣をしているのですが、これの他に英会話に関する人材派遣(企業や塾などを派遣対象に)を行おうと考えています。

そこで自分なりに調べてみたのですが、派遣業法で政令26業務以外は
派遣期間が原則1年(最長3年)という項目がありました。

この26業務の中で翻訳・通訳という派遣期間制限なしというのには
該当すると思うのですが、人材派遣だけを考えた場合は26業務には該当しないので派遣期間が1年になるのだと思います。

そこで、翻訳・通訳の業務は継続し...続きを読む

Aベストアンサー

派遣契約ごと、派遣業務従業員ごとに派遣業法を確認しましょう。
他にどんな業務を行っていても関係ありません。あくまでも派遣業務のみを派遣業法でくくられるのです。

請負には派遣業法の制限は関係ありません。しかし、実質派遣なのに契約だけ請負では、ヤミ派遣です。もちろん違法行為です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報