小泉首相が憲法改正することを目指しています。憲法的には日本は軍隊なるものがないのですが、実際のところは「自衛隊」という名称の軍隊があって特に日本は島国ということもあって海軍国らしいです。日本は同規模の他国から見ても世界的にも有数の軍隊を持つ軍事大国でもあります。
世界中で政府として軍隊を持たない国は、永世中立国であるスイスとオーストリアであるときいたことありますが、政府ではない国民としての軍隊があります。しかし純粋に軍隊の無い国なんてあるのでしょうか?警察位は当然あると思いますが、ヨーロッパや太平洋上離島の非常に小さな国家にも軍隊はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ええと、「現代用語の基礎知識・2000年版」の付録についてた「世界事典」によりますと、(ですから1999年秋ごろの時点です。


「モーリシャス共和国」が警察の別働隊である特別機動隊と湾岸警備隊だけ。
「リヒテンシュタイン公国」はスイス連邦が代行。
「モナコ公国」「アンドラ公国」が、外交と軍事をフランス共和国に委託してる形になっています。
「アイスランド共和国」は完全非武装だけど米軍とオランダ海軍が駐留。
「ハイチ共和国」が暫定治安部隊・沿岸警備隊・国家警察部隊だけ。
「プエルトリコ」は米軍が駐留。しかも男子は合衆国軍の兵役義務あり。
「アンティグア・バーブーダ」は米軍の基地があるだけ。
「セントクリストファー・ネイビス」「セントルシア」「セントビンセント・グレナディーン」は単に軍隊は無いとあるけど、どうしてるんだろう?アメリカの庭先だから必要ないのかな?
「ドミニカ国」は無しで、アメリカが後援する地域安全保障体制に参加してる。
「グレナダ」は警察隊が軍を兼ねてるらしい。
「コスタリカ共和国」は国家警備隊と地方警備隊だけ。
「ソロモン諸島」「バヌアツ共和国」は無し。
「サモア独立国」は無しで有事の際はニュージーランドが支援。
「ツバル」「キリバス共和国」は不明。
「ナウル共和国」は無しでオーストラリアが安全保障を。
「マーシャル諸島共和国」「ミクロネシア連邦」は財政援助と引き換えに米が軍事権を。
「パラオ共和国」はアメリカに委任。
また、厳密に国家と云えるかどうかは疑問ですが、「バチカン市国」「マカオ」もありません。ただし、バチカンにはスイス兵が駐留し、マカオには治安部隊があります。
やはり小さい国は警察程度か、他国に肩代わりしてもらう場合が多いようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

非常に参考になりました。やはり小さな国家は業務委託してるんですね。軍隊が無いのは国家にあらずという見方もあるのですが、小国では人員的にも予算的にもどうにもならないのでしょう。佐渡島や淡路島に独自の軍を配備するようで笑える話です。
しかし軍隊の無い国なんて国家といえるのだろうか?政府として警察と同等の絶対の必需品なのに。

お礼日時:2001/05/01 00:28

参考文献を御紹介します。


草の根出版界「 母と子で見る-軍隊のない国コスタリカ」早乙女勝元著
中学生ぐらいから読めるように書いてあります。
 中米諸国は中東に匹敵するくらい政治的、軍事的な衝突の激しい地域だと思いますが、そのまっただ中にあるこの国が、軍隊を持たないことを憲法で定め、守り抜いていることは本当に驚きです。
 そして周辺諸国が軍事抗争や軍事費による財政的な圧迫で社会の荒廃を招いている中、コスタリカは比較的豊かで安全な社会を築き上げていることが、彼等の選んだ道の正しさを示していると思います。
 searchingboyさんのいうとおり、コスタリカがこうした道を選択する上で、日本国憲法が大きな影響を与えています。アメリカ国内にも、「アメリカにも日本のような戦争放棄の憲法をつくろう」という目的で、「憲法9条の会」というのがつくられているというのを、聞いたことがあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

<アメリカにも日本のような戦争放棄の憲法をつくろう」という目的で、「憲法9条の会」というのが

戦争放棄なんていざというときは不可能な行動だと思いますよ。生きるのが人として生物としての権利なのですから。
戦争も単なる外交の一種であって、平和のための人道的な戦争なら間違った行動だとは思えません。

お礼日時:2001/05/01 00:19

僕の記憶違いかも知れませんが、スイスは中立国ですが非武装国ではなく、徴兵制であったと思うのですが・・・

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうです。徴兵制ですね。日本や大体の国は志願兵制ですが、日本も不景気で職が見つからない時代に職が見つかるまでの間、徴兵制にして金を稼がせてやるのもいいかもしれません。金は稼げる、国や公共心の向上につながるいい機会だと思います。

お礼日時:2001/05/01 00:23

中南米にコスタリカという小国がありますが、ここは本当に警察だけのはずです。


始めから無いのではなく、クーデターか何かを機に解体されたはずですが。

あとは大体あるようですねー。
アンドラには十数人の軍隊があるそうですし、バチカンの傭兵は有名です。
またサンマリノは戦時には国民皆兵だと聞いたことがあります。
南の方の島国でも結構軍隊があって内戦やクーデターまでやったりしてますね。
何かの本で読んだ話ですが、
「個人は本来暴力を行使する権利を持っている→国家を作る時にその個人の暴力を軍隊と警察に統合する」
というのが社会契約論に基づく軍隊の解釈だと聞いたことがあります。
つまり”本来あるもの”だと言う理屈ですね。フム…。

蛇足ですが、一般にはどこの軍隊も何らかの形で政府というより”国民の軍隊”という位置付けをされていると思います(共産圏では党の軍隊というのもありますが)。時々軍部が文民政権を倒して軍政を敷くという例がありますが、これも単なる権力闘争とばかりは言いきれず、主権者(国民や王室)の直接の代理として腐敗した政府と対決する、という構図が多少なりともあるようです。(トルコやタイなどがよく話題になりますね。その是非はまた別の話でしょうが)

日本では軍隊が”ない”だけにこの辺の市民と軍隊の関係というのは逆につかみにくいですが、このあたりも調べてみると面白いのでは?
私自身門外漢ですし、これは全くの余談ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大抵の民主国家のように日本の自衛隊もシビリアンコントロールによる国民の軍隊という位置付けではないでしょうか。市民と軍隊の関係といっても、自衛隊は職業軍人であってサラリーマンなのだから特別な関係とは思えません。

お礼日時:2001/05/01 00:39

中米の国コスタリカは日本の憲法の影響を受けて,軍隊をを廃止しています。


下記参照

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/costarica/data. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカ押し付けの矛盾した憲法を参考にしたのでしょうかね。大きな間違いをしてると思います。

お礼日時:2001/05/01 00:42

少なくとも「コスタリカ」は半世紀以上


非武装・中立を継続している様子です。

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/kosutarika7.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非武装なら警察も銃を持つな、というところですがそこまでは無理でしょう。

お礼日時:2001/05/01 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラン・イラク・トルコ・シリアにまたがって居住する、国家を持たない民族

イラン・イラク・トルコ・シリアにまたがって居住する、人口約2000万人の独自の国家を持たない民族は、なんですか?

Aベストアンサー

人口から見てクルド人でしょう。
彼らは何度も独立や建国を試みましたが挫折しています。

これは居住する国が数カ国にまたがっており、民族として独立する障害になっています。
またどの居住国でも分離独立運動を弾圧しています。

Q今の日本国憲法が押し付け憲法だと言う人がいます。 日本国国民が日本国憲法は押し付け憲法だと本当に認

今の日本国憲法が押し付け憲法だと言う人がいます。

日本国国民が日本国憲法は押し付け憲法だと本当に認識しているのなら70年も放置してて今頃になって言うのでしょうか?

日本国国民が押し付け憲法ではないと認識していたからこそ70年も守り続けて来たのではないのでしょうか?

Aベストアンサー

例え、「押し付け憲法」と最初から国民が知っていても現在もなお憲法改正していなかったと思います。
必要があったら、もう既に改正していることでしょう。
しかし、今日まで改正していないのは、それだけ多くの国民がこの「押し付け」と呼ばれる今の憲法を長期間、支持してきたからです。
外国製であろうが「押し付け」だとしても、日本国憲法は日本人が認めていた憲法です。
改正する必要が全く無かった訳です。
今もなお、日本国憲法に「押し付け」という装飾語をつけて「押し付け憲法」というのは
自衛隊の海外派遣を「海外派兵」と呼称するのと同じで間違いですよ!
高卒の素人凡人である私でも25年ほど前からGHQ案と言う認識を持っていました。
最終的には日本人が決断したことです。
決して押し付けという内容ではありません。
少なくとも25年間はあなたの主張通りの「放置」状態です。
その間、国民は何をしてたんや!と言うことです。
あなたに同調します。
しかし、日本国憲法には日本人の心は何一つありません。
日本人らしい憲法に改正すべきです。

Q軍隊を持たない国

憲法9条について考えていたときに沸いた疑問です。

現在世界で(一応日本を除いて)、軍隊を持っていない国はコスタリカ意外にありますか。


また、差支えがなければ憲法9条改定の是非、そしてその理由をお答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

持たない国と言われているのは基本的に日本と一緒ですよ。
・憲法上「軍隊」と名乗っていない、あるいは武力の充実した警察・警備隊が存在する
・アメリカなどに依存している
・軍事機構や経済機構に所属することで保障をもらってる
などになります。
アイスランドの例
http://www.asahi.com/international/update/0930/009.html
コスタリカの例
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/sindou.html
http://obiekt.hp.infoseek.co.jp/peacemaker/costarica.html

こちらの資料によれば25カ国だそうです。大半は公国や島などの極端に小さな独立国が殆どです。
http://www.geocities.jp/wpmhtur/pf0102.html

憲法9条改定の是非については是です。あまりに現実と隔離しすぎていおり字義解釈だけで成立しているような言い訳をするのもバカすぎます。もし憲法を変えないなら現実の方を変えるべきです。守る気がさらさらない憲法を持っている方が弊害が多いと思います。憲法すら守れないのに例えば非核三原則なんて誰も信用してくれません。
で現実を変えるよりも憲法を変える方がはるかにコスト的には楽だからです。

持たない国と言われているのは基本的に日本と一緒ですよ。
・憲法上「軍隊」と名乗っていない、あるいは武力の充実した警察・警備隊が存在する
・アメリカなどに依存している
・軍事機構や経済機構に所属することで保障をもらってる
などになります。
アイスランドの例
http://www.asahi.com/international/update/0930/009.html
コスタリカの例
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/sindou.html
http://obiekt.hp.infoseek.co.jp/peacemaker/costarica.html

こちらの資料によれば25カ国だそうです。大半...続きを読む

Q永世中立国になるには?

スイスのような永世中立国になるにはどうすればいいんでしょうか?
過去の歴史を振り返るに、ベルギーのように永世中立国であるにもかかわらず侵略された国もありますが、
現在のスイスの発展を見るに最強の選択に思えます。
国連に申し出ればいいのでしょうか?
もっとも日本は領土問題や、台湾問題により不可能でしょうが・・・

Aベストアンサー

永世中立を保つ場合、他国から喧嘩を売られても受けて立つだけの力が必要です。
つまり軍備増強が必要です。
スイスなどは、そのために核兵器所有も検討されました。
常備軍を持ち、一定の兵力と質を保つ必要があるため、徴兵は必須でしょう。
それだけの軍を養う予算も必要です。
それがゆえに、スイスは税金がすんごく高いです。

また中立ですから、どこかに紛争があっても、隣の国が占領されても何一つ発言は出来ません。「遺憾だ」すらも。
中国VS亜米利加の戦争が起きても、どちらの味方もできません。
PKOやPKFへの参加もできません。
つまり戦争がおきても、しらんぷりしてなければなりません。
国連の要請があると軍を出す必要があるので、国連からも脱退が必要ですね。
2003年までスイスは国連に加盟していませんでした。

こうなると貿易相手が居なくなる可能性もありますので、エネルギー、資源、食糧自給の手段も考えておく必要があります。

さらに「日本が中立を保ってくれないと困る」状況を成立させる必要があります。
スイスの場合は銀行が役目を果たしてくれました。
現在の日本にはそういうものがありません。

簡単に言えば永世中立というのは「どこにも誰も味方が居ない」状況になるのです。

永世中立を保つ場合、他国から喧嘩を売られても受けて立つだけの力が必要です。
つまり軍備増強が必要です。
スイスなどは、そのために核兵器所有も検討されました。
常備軍を持ち、一定の兵力と質を保つ必要があるため、徴兵は必須でしょう。
それだけの軍を養う予算も必要です。
それがゆえに、スイスは税金がすんごく高いです。

また中立ですから、どこかに紛争があっても、隣の国が占領されても何一つ発言は出来ません。「遺憾だ」すらも。
中国VS亜米利加の戦争が起きても、どちらの味方もできま...続きを読む

Q指揮棒を持つ指揮者・持たない指揮者

近年、オーケストラの指揮者は指揮棒を持たない人が増えたような気がします。

例えば、
・ゲルギエフ
・ブーレーズ
・小澤征爾 (若い時は持っていた?)
・アーノンクール
・ノリントン (持っている動画もある)
・ブリュッヘン

1.これは歴史的に見て、持たない指揮者が増えてきたということでしょうか?
2.個人的には指揮棒を持たないと、後ろにいる演奏者は「ビート(拍)」が見づらいのではないかと思うのですが、「持つ・持たない」のメリット・デメリットはなんでしょう?

3.また、合唱では指揮者は基本的には持たない気がしますが、なにかお気づきの点はありますか?

(※個人的な感想で結構ですので、こうではないかとお考えのことがございましたらお知らせ下さい)

Aベストアンサー

私個人としてはたまたまそういう時期なのかなと思います。
指揮棒を持つ人が増えるのか減るのかは、まだ判らないと思います。

持つデメリットですが、バロック時代のリュリは指揮杖で自分の足を強打してその怪我がもとで亡くなっています。
また最近になると思いますが、著名な指揮者でも手や額に突き刺って流血したりする事件が発生していて、
指揮棒はグラスファイバー製になったりして強度が増している分、自らを傷つける凶器にもなりますね。

私は指揮棒を振るう指揮者が格好が良くて憧れますが、指揮棒を持たない指揮者はオケに対して繊細な要求をしている感じがしますね。

Q日本は永世中立国になれない?

小泉さんが、憲法9条改正について言及したことで、
ふと思ったんですが、
日本はなぜ永世中立国にならないんですか?

永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
(気のせいだったらゴメンなさい)
ということは、自衛隊は、海外に行かなければ、いいんですよね。

多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?

それから、永世中立国になると、経済的、政治的に不利になるのでしょうか。
スイスとかオーストリアは、あまり発言力がないですよね。
なにも輸出入まで制限されるわけじゃないから、
少なくとも、経済的に発言力があってもよさそうです。

これだけ「平和」を叫びつづける日本のくせに、
なぜ先頭を切って永世中立国の宣言をしないのか、
不思議でなりません。

明確な回答は存在しないかもしれませんが、
みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

経済的、政治的にいかに不利か、については既に他の方の説明で御納得のことと思います。

> 永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
逆に言うと、永世中立国には他国に頼らずに自衛するための強力な軍隊が必要になります。
現在の日本がその様な軍事力を保有することは経済的に不可能です。
(自衛隊は災害救助とアメリカの使い走りで精一杯の軍隊です。)
日本は地理的に攻めやすく守りにくい国であり、本気で他国の侵略に備えるならば長期の徴兵制や莫大なコストの兵器が大量に必要となります。
軍事力に金をつぎ込むぐらいならば、外交で国を守る方が遥かに安上がりで現実的です。
(過去のODAの様に安易に金をばらまくのが国を守る外交だとは言いませんが)

> 多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
> 日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
> これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?
たぶん、これが一番難しいと思いますよ。
9条を改正して自衛隊を合法化するよりも、(あるいは9条に従い自衛隊という名の軍事力を廃するよりも)日米安保を破棄することの方が難しいんじゃないかな?
元々、日米安保自体、国民多数の反対を押し切って結ばれ、今や完全に依存してますからね。
日米安保を破棄すれば、今までのようにアジア諸国の感情を無視した自己中心的で無神経な政治は出来なくなります。(内政・外交問わず)
アメリカという強引で凶暴な大国が日本のバックに付いているために身を引き裂かれるほどの屈辱に耐えている人々はアジア全体では少なくありません。
正しい歴史教育を受けていない無知な政治家の不用意な発言が即深刻な国際問題になってしまうでしょう。
近隣諸国とあまり仲が良くないことにさほどの危機感を感じない日本が日米安保を破棄するのは極めて危険です。

経済的、政治的にいかに不利か、については既に他の方の説明で御納得のことと思います。

> 永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
逆に言うと、永世中立国には他国に頼らずに自衛するための強力な軍隊が必要になります。
現在の日本がその様な軍事力を保有することは経済的に不可能です。
(自衛隊は災害救助とアメリカの使い走りで精一杯の軍隊です。)
日本は地理的に攻めやすく守りにくい国であり、本気で他国の侵略に備えるならば長期の徴兵制や莫大なコストの兵器が大量に必要...続きを読む

Qクレジットカードを持たない主義の人

こんにちは
クレジットカードを持たない主義の人に質問です。
私も持たない主義です。
みなさんが持たない理由は何ですか?
教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は便宜上クレジットカードは"作って持っています"が、普段は持ち歩きません。
他の方の回答と同じく、使う機会がないからです。
クレジット会社のCMにあるような、急な出費って意外と無いものですからね。

Q永世中立国の果たす国際的な役割って?

スイスは永世中立国と言われていますが、国際社会の中でスイスはどのような
役割を果たしているのでしょうか?

中立ということは、A国がB国に対してトンでもない国際法無視の侵略をして、世界が
B国を守らなければならない情况にあっても、中立国はそれをだまって見ている事しか
出来ないわけですよね?

もし世界でそういう情况が起こったとき、スイスはどのような政策をとるのでしょうか。
そういう情况が解決したときに、スイスはA国、B国の復興に対して同等の支援をするのでしょうか?

また、なぜスイスは国際社会の中で「永世中立」を貫き通せるのでしょうか。
スイスの食料自給率や、エネルギー自給率は世界に比べて高いのでしょうか。

スイスには徴兵制があり、軍事力も世界有数と聞いた事があります。

これについても詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

 大体のことは先の人が述べていますので、私は少し補足させていただきます。まず中立に関してですが、中立というのは敵の他国への侵略に関して無関心でなければならない他、多くの人が忘れていることですが、戦争当事国の自国の利用も阻止しなくてはなりません。ですから、もしA国がB国に対して、国際法を無視して侵略したら、中立国は基本的に何もすることはできません。ただし、A国が自国(中立国)を利用しようとしたら、具体的には自国の領海内、領空内を通過するとかしたら、それを阻止するために行動しなければなりません。これは中立国としての地位を守るために必要な措置であり、また中立国としての義務です。また当然のことながらA国やB国に対して、軍事力はもちろん、軍事力以外の物資、つまり食料や武器などを援助することもできません。自国の民間会社がA国やB国の武器を製造していた場合はどうなるかはちょっと分かりませんが、やはり敵にしてみれば利敵行為であるので中立とは言えないと思います。よって政府は中立を守るためにその会社に対してA,B両国に対し禁輸措置を取るだろうと思います。それと紛争解決後の支援ですが、これは中立だろうと参戦国であろうと別に関係ないと思います。A国は侵略国だから援助しては駄目だ、という規則はありません。
 よって中立国としての地位を守る為にはどうしても軍事力が必要になります。理論的には「非武装中立」というのは有り得ません。自国は他国を侵略しなくても、軍事力がなければ他国の利用を阻止することができないからです。もちろん卓越した外交力がその国にあればいいのかもしれませんが・・・ ですからあくまでも非武装中立は厳しい言い方ですが、「運頼み」の中立政策と言えます。あくまでも非武装中立を通そうとしたら、現実的には他国に自国の安全保障の代行を依頼するしかないと思います。この場合も自国で軍事力を持たないだけで、軍事力に守られていることには変わりありません。
 さてスイスが第二次世界大戦中も永世中立を守り得たか、という点ですが、スイス自体が山岳国家で天然の要害であったこと、強力な軍事力を保有していたことがあげられると思いますが、厳密な意味でスイスが中立を守っていたか、と言われると甚だ疑問が残ります。というのもスイスはナチスドイツと取引があったのではないか、と疑われるからです。もちろんこれは中立の「当事国に自国を利用させない」という定義に引っかかりますから、このようなことがあれば本来は「中立」とは言えなくなります。で、疑わしい点というのはナチスドイツが被占領地から収奪した莫大な資産がスイス連邦銀行に預けられていた、ということです。これは公に認められていることですが、当時のスイス政府が「ナチスの資産を保管する代わりにスイスを侵略しない」という約束をナチスと結んでいた可能性があります。
 スイス以外にも第二次世界大戦で中立を宣言し、最後まで中立を守りきった国はわずかながらあります。しかし本当の厳密な意味で中立を守りきった国はあっても一カ国、あるいはないかもしれません。北欧のスウェーデンにしてもここには大きなボールベアリング工場がありました。ここが製造するボールベアリングはほとんどがナチスドイツに輸出され、彼らの機動力の素であり、当初の快進撃を支えた戦車に使われました。スペインも中立を守りきった国のひとつですが、当時のフランコ独裁政権は内戦で枢軸国の支援を受けた経緯があり、ヒトラーはフランコに対し、参戦するようにたびたび働きかけていました。ですからフランコの参戦を得るためにたまたま枢軸国が侵略しなかっただけで、ほとんど枢軸国側とみなして構いませんでした。たさ参戦はしていませんし、連合国も敢えて敵を増やすようなことはしたくなかったので、攻撃はしませんでした。そういうことでスペインはどちらの攻撃を受けることもなく中立を守りきったわけです。皮肉なことに第二次世界大戦で一番中立を守りえたのはスペインかもしれません。

 大体のことは先の人が述べていますので、私は少し補足させていただきます。まず中立に関してですが、中立というのは敵の他国への侵略に関して無関心でなければならない他、多くの人が忘れていることですが、戦争当事国の自国の利用も阻止しなくてはなりません。ですから、もしA国がB国に対して、国際法を無視して侵略したら、中立国は基本的に何もすることはできません。ただし、A国が自国(中立国)を利用しようとしたら、具体的には自国の領海内、領空内を通過するとかしたら、それを阻止するために行動しなけ...続きを読む

Q法律に根拠を持たない独立命令 法律に根拠を持たないとは法律を無視するということですか?

法律に根拠を持たない独立命令

法律に根拠を持たないとは法律を無視するということですか?

Aベストアンサー

法律に根拠を持たないとは法律を無視するということですか?
     ↑
少し違います。

法律に根拠が無いからというのは
無視とは違います。

法律でダメだ、と規定しているのに
命令でヨシ、と規定していれば
それは無視になりますが、
法律が白紙の場合、命令で規定して
いても、それは、無視とは言えません。

つまり、法律の授権がなくても命令
出来る、という場合があり、それは無視した
とは言えない、ということです。

Q永世中立国は自国に軍隊もってないんですか?

スイスのような永世中立国は自国に軍隊もってないんですか?

Aベストアンサー

「永世」に「中立」ってことは、「永久」に「誰とも組まない」、つまり、永久に誰と組まなくても独立を保ている、すなわち、「永久に一人で最強」でいるってことですよ。

例えば、あなたはボブ・サップとケンカしようと思いますか?
つまり、強い人は自ら動かなければずっと平和でいられるんです。
では、あなたに仲間が10人いたら、あるいは、あなたが銃を持っていたら?今度はボブ・サップの方がケンカしようとは思いませんね。
ですから、永世中立国とは永久に一人で誰よりも強くならなければなりません。

ただ、何も国防には軍事だけでもないんです。例えば、スイスは税金が安いです。そして有名なスイス銀行がありますよね。こうすることで、世界中の金持ちがスイスに財産を移します。そのスイスが侵略されて銀行などが凍結したら、世界中の金持ちが困ります。そこで、世界中の金持ちがスイスとは戦争しないように圧力をかけるかもしれません。
では、日本もそうすればいいと思うかもしれませんが、なかなか単純にそうはいかないようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報